5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洒落になる位の怖い話を集めてみない?part1

1 :1:03/06/17 18:54
このスレは、洒落になるくらいの怖い話を集めるスレです。
洒落にならない怖い話とは、全くの別物です。

それでは、スタート!

2 :ゆき♯かいるr:03/06/17 18:55
ゆきがいま〜すぅ☆



3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:55
2

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:06
浮気・不倫・売春婦にする拷問で、鋭い刃がついたマジックハンドもどきをマソコに差し込み思いっきり刃を開く!
そのままぐりぐりかき回し、二度と淫乱な行為が出来ないようにマソコの中をズタズタにする。
あと、筒状の金具を肛門にさして、糞垂れ流し。
そのうち化膿して肛門が腐っちゃうらしい。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:12
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7709/blueb21c.swf


6 :1:03/06/17 19:34
こわいよ〜洒落にならないじゃんよ〜


7 :1:03/06/17 19:49
↑4さんについてです

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:52
下校中尾けられてる気がしたので、タイミングを見計らって
後ろに蹴りかましたら、友人だった。顎が外れたらしいよ(;´∀`)

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:54
・・・・・・8はDQN

10 :ちょ:03/06/17 21:44
>8
いまとなっては話のねたになると思って

11 :yari:03/06/17 22:32
age

12 :1:03/06/17 22:50
俺も話しましょう、消防のころ原っぱで遊んでたらボールがあったんで
思いっきり蹴ったら急に飛び散ったんだよ、皆ぎゃぁぁって叫びながら逃げたら
蹴った奴の体にはミミズがくっついてたんだよ

そう、ボールの正体は、ミミズの塊だったんだよぉぉ

13 :ルーイン ◆G9/zak/lKQ :03/06/17 22:51
最近バス釣りに凝ってるんです。
で、そこそこ近所(30km位離れてる)の池に釣りに行くんですよ。
その池って山沿いにあって、1周しようと思うと
林の中を通らなきゃならないんですね。
で、いつも通りポイントを攻めながら林に入ったんですけど、
今日に限ってやけに蜘蛛の巣に引っかかるんです。
いつもはぜんぜん無いのに。
以前蜘蛛の巣が多いときは霊気が濃くなってるときだ、
って聞いたんでもうビクビクですよ。
しかもルアー投げても全然食ってこないし。
やべ、なんかおかしい、と思ってたんです。
で、その林を抜けるときに小さな鳥居をくぐるんです。
うわっ!この鳥居に蜘蛛の巣がびっしり!
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

さて、帰ろうか、と思って、車に近づくと、車の中になにやら影が。
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

じゃあ、出発、と思って、ヘッドライトをつけると、
そこには水死体を思わせる男の幽霊が、
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

帰り道に前を走ってる車が、やけに脇道にそれていくんです。
やべ、俺の車の上に何か乗ってるんじゃ、
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

14 :ルーイン ◆G9/zak/lKQ :03/06/17 22:53
俺って小心者なんだな、って改めて実感した一日でした。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:26
このあいだ、タロットを買ったんですよ(3つ目)
そしたら、呪われてるタロットらしくて…1500円なのに。
2回占ったあたりから不可解な現象が起き始めたので
後日友人に押し付けました。
なおさら酷くなってショボーン

16 :ジョン:03/06/17 23:41
洒落になる話だって?
ならいい話があるZE!!

ついこの間の話さ。
オレはその日ボブの野郎と飲みすぎちまったせいで、夜中にトイレに起きたんだ。
その途中ふとリビングの方に目をやると誰か浮いてるんだよ!!
暗くてよく分からなかったが女のようだった。

オレは昔っから霊感が強くって、よくこういうモン見ちまうんで
無視して寝たんだ。そうしたら翌朝ビックリさ!!
リビングで浮いてたのはカミさんの首吊り死体だったんだyoHAHAHAHAーーー!!!!

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:46
アメリカンジョーク キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:27
>>ジョン
それ普通に洒落になっとらんだろw

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 20:24
浅草の浅草寺に、昔幽霊が出たことがあると、
六区で商売をやっている古老に聞いたことがある。
「それはいつ頃の話ですか?」
と尋ねると、古老は青ざめた顔をして、こう答えた。

「せんそうじ」


20 :あるアニヲタの死:03/06/18 21:50
30歳を過ぎて無職だったU君は、無類のアニメおたくだった。
とくにCCさくらのファンで、さくらタン、ハアハアというのが口癖だったが、
ある日自宅でひっそりと死んでいるのが発見された。
武蔵丸事件で世をはかなんで自殺したのでは? 
とも言われたが、真相は、寝食も犠牲にしてひたすらアニメグッズを買いまくったための
栄養失調死だった。

相当現世に思いが強かったらしく、その後、彼の幽霊を見たという者が何人も現れた。
幽霊ならば、夜中に自分が住んでいた部屋にでも現れればいいものを、
U君の幽霊は事もあろうに真昼間の有明・コミケ会場に現れた。
最も目撃情報が多かったのは、コスプレ広場の近くの、
ホールの日陰になるあたりで、疲れきって休息する一般参加者に混じって、
痩せこけたU君がボーッと立っていたのを、友人が見かけたというものである。
声をかけようとすると、人ごみに紛れて見えなくなったという。
西館のブースで、オカルト本を売るスタッフの中に紛れ込んで、
うらめしそうな顔をしてこちらを見ていた、という情報もあるが、
これはどうも眉唾くさい。


21 :あるアニヲタの死:03/06/18 21:51
U君を目撃した者によると、彼は生前好きだったCCさくらのプリントTシャツを、
はじめは着ていたというのだが、奇妙なことに、コミケが回を重ねるにつれて
(U君の幽霊は継続して、夏にも冬にも現れた)
シャツの柄は、その時代に合わせて、「まじかる☆アンティーク」だったり、
「彼氏彼女の事情」だったり、「NOIR」だったりした。
果たしてU君が、新しいキャラクターグッズを買う術を心得ていたのかどうかは定かではないが、
CCさくらはともかく、U君の着るシャツのキャラは、
どうも今ひとつ大ヒットには結びつかないようだということが評判になり、
製作会社のスタッフは、次にU君がいかなるキャラのグッズを身に着けて現れるか、
恐怖におののいたという。


22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:42
こ―――ゆ―――スレか?!

こ―――ゆ―――スレだったのか ?!!

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:45
池田先生が鎌倉市にある、往時、日蓮大聖人様が弟子達との会合に使われた庵の跡を訪れた際、池田先生は、
「あの時は、六人だったかのう」
と、鎌倉時代を懐かしむように、言われました。

そして小湊にある、日蓮大聖人様のお生まれになった場所を訪れた際、池田先生はそこに生えている松ノ木を手でぽんぽんと叩きながら、
「大きくなったのう」
と、やはり鎌倉時代を懐かしむようにおっしゃいました。

池田先生は、鎌倉時代の記憶をお持ちです。
だから、日蓮大聖人様の生まれ替わりなのです。


今こそ池田先生の名言を、21世紀に伝えましょう。
20世紀の奇跡です。

奇跡!700年前の記憶を持つ男!
00000000000000000000000000000


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:03
中国に行っちゃいな

25 :もこ:03/06/18 23:20
ある日のこと・・・僕はふいに目が覚めた。だが布団の横には見知らぬ女が。おかんやった。

26 :ダヌル・ウェブスター:03/06/18 23:26
池田大作が死んだら、学会員は北朝鮮の人々のように嘆き悲しむんだろうか。

だとしたら、見てみたいなぁ。(笑)

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:48
>>13が好き

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:18
N県のK湖畔に出ると言う幽霊の話。

夜中に水辺を通りかかると、黒っぽい服を着た男が釣糸を垂れている。
こんな時間におかしいなと思いつつ、横目で見ながら通り過ぎると、
しばらく行ったところにまた黒服の男が立って釣りをしている。
どうもさっきの男のように見えるのだが、時間的、距離的にありえない。
変だと思いつつ、通り過ぎると、また黒服の男が釣りをしている。
さすがに気味が悪くなり、早く帰りたくなったが、
逆に好奇心も湧いてきて、男の近くにおそるおそる近づいてみた。
何だか男の下半身が闇に溶け込んでいるように見える。
こちらには気づかないようで、一心不乱に釣糸を垂れている。
勇気を出して、
「釣れますか?」
と声をかけると、男は勢いよく竿を上げて


29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:25
わくわく

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:37
はやくっくるー。くっくるー。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:38
               
     /⌒彡   __
   /  冫、) /__/
   /   ` /)/   /|  スタークロストラバーズを奏けてくれないか?
  /    ヽヽ,   /|  ジャズはいいね。癒されるよ。
  ヽ_ニつ旦    /|
  | /      /|
  /       /|



32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:59
つづきまだ――?

33 :28:03/06/19 22:03

「釣れたあ〜〜〜〜! 釣れたあ〜〜〜〜!」

男は(゚∀゚)アーッヒャッヒャッと笑いながら、
狂ったように竿を振り回した。

男の竿の釣糸には針がついていなかった。








34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:04
立ちションかと思った…
ホモ話期待してた漏れは真性ホモ…

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:06
やったーーーーー

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:08
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:49
オフィス・オートメーション殺人事件

オートメーションの粋をこらした、近代的なオフィスでも、
その寸分の隙もない精巧さを逆手に取った恐るべき完全犯罪が・・・。

N物産の社員Aは、ささいなことから同僚のBと口論になった。
興奮したAは、手近にあったFAX用紙のロールを手に取ると、Bの後頭部を強打した。
打ち所が悪かったのか、Bは血も流さずに昏倒し、そのままコロリと死んでしまった。
Aはとっさに機転を働かせ、Bの遺体を隠すとともに、
Bを撲殺したFAXロールを何食わぬ顔で、FAX機にセットした。
凶器を隠滅するためである。

翌朝、仕事をしていたオフィスの女子事務員が突然悲鳴を上げた。
ファクシミリから排出されてくる用紙は、真っ赤に染まっていたのである。


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 00:33
>>37
ど こ が オ ー ト メ ー シ ョ ン の 粋 だ ?

39 :mogera~:03/06/20 17:26
あげましょう


40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:33
たまには窓拭きでもするか、とベランダに出て窓の方へ向き直ったら
ガラスに点々と血の様な赤いのが付いてますた。何だろう?
ここしばらく、手に怪我なんてしてないです。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:47
ここの三つ目の人は、どういう思考をするんだろ?
ttp://www5.plala.or.jp/OBA9ANI/sideshow/face/

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 21:10
「ある種のサボテンには知性がある」
ということは、植物学的に証明されている。
霊的、超聴覚的な機能により、人間の言葉を解し、反応を示すというのである。
嘘だと思うのなら試してみるといい。
サボテンの鉢植えを窓辺に置いて、語りかけてみるのだ。

「お――い、サボテン。そんな所で何やってるんだ?」
「うん、サボッてん」


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 02:03
>>41
これは本物?すごい…

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 04:15
誰か42に突っ込んでやれ。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 06:00
洒落になるくらい、じゃなくて、こんなクソおもんないダジャレじゃ

    コ  メ  ン  ト  で  き  ま  せ  ん

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 08:04
洒落になるくらい、じゃなくて、こんなクソおもんないダジャレじゃ

    コ  ン  ト  で  き  ま  せ  ん


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 10:22
>>42
これは本物?すごい…

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:25
今年で74になるうちのじい様の話。

じい様が20代の後半の頃だから、もう40年以上前。
左官をしていた彼はその日の仕事を終え、バイクにまたがって家路についた。
当時は道路も舗装されてなくて、また街灯もない。
暗い夜道をバイクのヘッドライトだけを頼りに走っていた(8時過ぎだったらしい)。

川沿いの道を走っていた時、一瞬目の前の道がわからなくなった。
どこが道路でどこが川なのか判らなくなったらしい。
どうやら道から川に下りるスロープ状の通路があって、そこに入ってしまってたらしい。
よく見ると彼は川の中。といってもほとんど枯れ川のような状態なので水に浸かったりはしなかったらしい。


49 :48:03/06/21 11:30
しかし、その川は道路から3メートルほど低くなっている。
当時彼が乗っていたのは250ccのバイク。
今のよりもずっと重いから、川から道までバイクを上げるには誰かに手伝ってもらわなければいけない。
一番近い集落まではちょっと離れていて、ここから呼んでも聞こえそうにない。
かといって呼びに行けば、バイクの重み+荷台の道具の重みでスタンドがめり込んで倒れてしまう。
どうしよう・・・としばらく悩んでいたそうだ。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:30
>>42これって、やばくない・・・?

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:32
やばいよ やばいよ

52 :48:03/06/21 11:36
しばらくそうしていると、道のほうで女性の声がした。
どうやら近所の寄り合いの帰りか何かのご婦人たちが数名いるようだ。
助かった、これで助けを呼んでもらえる。
そう思って彼は真っ暗な川の中から彼女たちに声をかけた

「おーい」

「ぎゃ〜〜〜〜〜!」

彼の声を聞いたご婦人方は大きな悲鳴を上げて一目散に走って逃げたそうだ。

10分ほどして、さっきのご婦人方と、鍬やら鎌を持った近所の男衆十数名がやってきたらしい。
で、彼は事情を説明して助けてもらった。

以上、ウチのじい様の笑い話でした。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 14:21
>>41
ttp://www5.plala.or.jp/OBA9ANI/sideshow/face/will/
後から描いたんだって。

54 :mogera~:03/06/21 17:39
agerunn

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:44
D氏にはかねてから悩みがあった。
食卓のキャベツには醤油をかけるべきなのか、ソースをかけるべきなのか?
コロッケの場合はどうなのか? 醤油をかけてはいけないのか?
寿司には醤油を用いることになっているが、なぜソースではいけないのか?
両者を区別することによる精神的ストレスの大きさに人は思い至るべきではないか?

ある日、D氏はひらめいた。
それなら醤油としてもソースとしても使える調味料を販売すればよいのだ!
D氏は巨費を投じて、新製品「ソー油」を開発、売りに出した。

・・・半年後、D氏は自宅で首を吊って自殺した。


56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:46
F氏にはかねてから悩みがあった。
毎日料理に使う味噌はなぜいちいち専用の桶に保存して、
調理のたびにヘラですくって使わなければならないのか?
似たようなものでマヨネーズやケチャップは直接ビニール容器から搾り出すではないか?
味噌を容器に貯蔵することによる主婦の労力の大きさに人は思い至るべきではないか?

ある日、F氏はひらめいた。
それなら味噌も搾り出し式の容器に入れて販売すればよいのだ!
試作品の実験の結果、味噌は勢いよく容器からほとばしり出た。
これはいける! F氏は巨費を投じて新製品を売りに出した。

・・・半年後、F氏は自宅で首を吊って自殺した。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:54
教訓:見た目も重要。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:19
で、俺は今味噌汁を飲んでいるんだが。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:22
>>57
でも、カレーはQPから出てるよな。パンに塗るやつ。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:31
チョコのもでてますわよ

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:01
リアルさの差と、味噌が日本の伝統的食文化である点の違いと思われ。

62 :京都人:03/06/21 21:07
姉貴の友達が昔、祇園祭に行こうと思って、仕事のあと家に帰って
シャワー浴びて水色の浴衣来て、洗い髪をさらりとなびかせ
タクシーを停めようと道に出て手を挙げた。
しかし来るタクシー来るタクシー、すべて彼女を見ると停まるどころか
猛スピードで走り去ってしまう。

そりゃそうだ。
彼女の家は深泥が池の側だった。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:19
>>62
どゆこと?

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:32
「あたしってぇ ゲラ子だからぁ」

そう言って、素っ裸のままゲラゲラと笑い転げた豆タンクのブスはと言えば
てるみにそっくりのカバ面(づら)で
異様に大きく薄茶色の乳輪から、7センチはあろうかという剛毛が1本だけ生え
ケツには赤黒い吹き出物がブツブツと

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:03
>>64
神降臨ですか?


66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:21
飼ってるタランチュラが逃げた、アレは怖かった
¥8000もしたタランチュラだったし

67 :東京人:03/06/21 22:27
>>63
−浴衣を着た髪の濡れた女が、花魁淵の近くに立っていた

そんなの見たら速攻逃げるだろ?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:51
>>66
タランチュラって2〜30万くらいするって聞いたけど

69 :66:03/06/21 23:22
>>68
たしかにその位のも多いが、俺には¥8000が限界
米、欧で養殖されてるのは若い個体は5000〜1万が普通。

70 :agemasyiu:03/06/21 23:46
ageagepa

71 :age:03/06/22 01:43
age

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 17:33
>>56は分かるけど、>>55のD氏が自殺した理由が分からん。
誰か解説キボンヌ

73 :洒落にならん・・・:03/06/24 17:35

64 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:03 ID:X7zMTvw/
友達のハムスター食べた。(実際には噛み千切ったまでで、飲み込んでは
なかったらしい)


67 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:34 ID:vuZWp+1l
>>64
あ、あの・・・


68 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:35 ID:Ua7XHsZN
>>64
ひいいぃぃぃぃ!ハムスターが可哀想!!



74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 17:35
>>72
ソー油は失敗だったんじゃないか。せめてマヨケチャップだったら・・・

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 20:40
たまには掃除でもするかと部屋を引っかき回してたら、
セブンイレブ●で売ってる100円シリーズの
フライドポテト(ビニール袋入り)が出てきた。
私の記憶が正しければ、これを最後に口にしたのは数ヶ月前。
ビビってたら、ビニール袋の端から強い粘性の黒い液体が。
即効でゴミ袋に突っ込んで表に出した。
しかもその物体からクサイ匂いがまるで感じられなかった。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 22:15
>>75
それはもしやゴキブr(ry

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 02:33
昔、知り合いの家で1年前のフルーツ牛乳なら飲んだ。
冷蔵庫開けたら入ってたんで、紙パック持ちながら飲んでたら
ふとそれを見た友人がなにやら固まって絶句。
味も舌触りも普通だったので何喰わぬ顔でゴクゴク飲んでた俺。
賞味期限表示を見ろ、と。その後お互いにギャー。
2〜300mlくらい一気に飲んだけど、結局腹は壊しませんですた。
俺の体異常なのかもしれん。

つーか捨てろよな。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:08
age

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:17
>77 がコワー!

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 17:25
>77
他人の家のモノ勝手に飲むなよ。
・・・っていうか、冷蔵庫を開けるところからして、何か間違ってると思う。

81 ::03/06/26 22:55
ageagepannmann

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 23:03
>>77
食品添加物の入りっぷりがコワー

83 :ma :03/06/27 17:04
agepannmanndayoli

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 18:00
韓国って水死体の身元調査のために平気で駅とかに
水死体写真(モザイクなし)を貼るんだよ。
まぁアジアでは格下の存在だけど、それでも文明社会にある
国じゃんか。旅行したときその写真見てびっくりしたよ。
妻もモロそれ見て、初日に見たからもうその後台無し。
ロッテワールドに行っても焼肉食べても
顔がパンパンに張った水死体の顔がちらつく。
チョンの脳がどうなってるのか洒落にならんくらい怖いと感じた
旅行だった。


85 : :03/06/27 20:33
何でも書いていいそうだ
http://8414.teacup.com/meiget51/bbs


86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 20:54
先日、ワイフとテレビで野球観戦していたんだ。
三振ばかりしている4番バッターに向かってオレは言ってやったんだ、
「オレだったら子供用のバットでホームランを量産できるのにな!」
そしたらワイフがこういったんだ
「あら、あなた野球のルールも知らないのに?」
オレは言い返したね
「何言ってんだ、これでもガキの頃はスラッガーで通ってたんだぞ。
 野球のルールなんて生まれたときから知ってたさ!」

そしたらワイフが言ったんだ

「あら、それはごめんなさい。あなたが子供用のバットだなんて言うから
 野球では自前のバットと同じサイズの道具を使わなければならないと
 勘違いしているのかと思っちゃったわ。」

ってね。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:23
>>86
人造人間とその女房

88 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/27 21:24
大阪での話しだ。
化け猫の怨念のはなしや。
こわいぞ〜、ションベンちびるかもしんない。

ええか、よく聞くんやで、、、じゃあ、話すで。
わてがな、御園座いうたらとこの横にある居酒屋の二階に居候
してた頃の事や。
夜遅うに帰ってきて、真っ暗な店を通って2階へ上がろうとした時や、

あのなあ〜、かいだんに ねこがおんねん。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:34
>>88
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:35
学校の階段


























ぷっ!笑っていいぞおまえら、
ほれ、遠慮すんな、笑え。

91 :淫槍ぐんぐにる ◆MIHOsEVEpo :03/06/27 21:36
裏返し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030627-00000076-kyt-l26

92 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/27 23:30
この話は、元妻から絶対に話さないでくれと念を押されていた。
妻は2年前に高速道で追突されて、半月後に死んでしまった。

その妻が結婚して間もない頃に、始めて郷土料理を作ってくれた。
もち米に山菜を入れて炊いたご飯だった。

わたしは、できたての「山菜御膳」を口にほうばった。
しかし、水が足りなかったのか、

「こわくて こわくて、、、、、、」。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 23:37
>>92
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル


94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 00:19
>>92
東海地方では、「硬い」ことを「こわい」と言いますね。
うちの婆ちゃんがイカ刺し食う時によく使います。

95 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/28 00:46
新婚の頃は、毎日お互いに貪り合う様に身体を求めて抱き合った。
わたしは或る夜、妻にバイブを使おうとした。だが、妻はかたくなに拒んだ。
「わたしはそんなの使うのは嫌、絶対にゆるせない。馬鹿にしてるの。」

それでも、どうしても使いたかったわたしは、嫌がる妻を捻じ伏せるように
して強引に外陰部に押し付けた。それから数分後、妻は信じられないような
喘ぎ声を出して果てていった。
その後は、妻の方から要求するようになった。どうも人一倍敏感な性感を
あそこに持っていたらしくバイブの虜になった。

妻が事故で死んで納棺する時に、誰にも知られないように、身体の下に妻の
お気に入りのバイブをそっと入れておいた。黄泉の国へ行っても不自由な思い
をさせたくはなかった。焼却前にそっと出せばいい。

焼却室に入って、簡単な読経が済んだ後、わたしは棺の蓋を少しをずらして
もらって、最後のお別れに妻の両脇をそっと抱いた。そして下に手を差し入れて
バイブを出そうとした。しかし、あるべきところになかった。車で搬送中に動いて
しまったに違いない。しかし、いつまでもゴソゴソ探している訳にはいかない。
妻の遺体から離れた。

その時だ、どういう訳かバイブのスイッチが入ってしまったらしい。
ウイ〜ンという音がしたかと思うと、棺おけの底板が共鳴しだして、ガガガガガ、
ブルブルブルブル〜〜〜グイ〜〜と、あの独特なノイズが静かな焼却堂いっぱ
いに響きだした。

親戚縁者一同は、凍りついた様に固まってしまった。妻の妹を見たら、肩を揺す
らせて下を向いていた。泣いてるのではなく、必死に笑いをこらえているのだ。
何が起こっているのか分かっているのだ。他にも何名かは事態を察したらしく、
後を向いて肩を揺らしていた。

その時の、義父の顔は実に怖かった。


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 10:34
>>95
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル


97 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 19:19
蛇か、性悪な生き物ですね。
これほど忌み嫌われる生き物も、余りない。
輪廻転生があるとすれば、前世は何をやったんでしょうか。

太平洋戦争真っ只中の事です。アメリカ軍は、日本本土上陸を決行しました。
沖縄です。激戦でした、悲惨な戦闘の代名詞になってます。

沖縄に上陸する米海兵隊の間でも、恐れられていた事があります。それは毒蛇です。毒蛇に咬まれたら
咬まれた所を切り落とすか、死ぬしかない。毒蛇の中でも、特にハブは恐れられていた。

スチーブン一等兵も、上陸の際には、上官から毒蛇ハブにはくれぐれも注意する様に教育されていた。
そして上陸後、民家の石垣から蛇がニョロニョロと頭を出した。
スチーブン一等兵は、ビックリして、思わず英語で聞いた。

「おまえ、ドク持ってるか。」 :ENGLISH

ヘビが答えた。「イエス、 アイ ハブ。」

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:28
老婆は朝食の支度を急いでいた。
七歳になる孫がいつもより早く目覚めたのか目をこすりながら老婆に問い掛ける。
「おばあちゃん、今日はなんの味噌汁?」
「今日、フの味噌汁」

恐怖の味噌汁・・ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:30
男はいらつきながら街をさまよっていた。
パチンコ屋の前で立ち止まると吐き捨てるように呟いた。
「開くの10時か・・」

悪の十字架・・ぎにゃあぁぁぁぁぁぁ!!!!

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:31
100get!!

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:38
子供が輪になって遊んでいた。
無邪気にはしゃいでいる様子が微笑ましい。
子供「わーい」
子「わーい」

こわーい話・・ぐげらぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:42
老婆は七歳になる孫に尋ねた。
「おなかすいたかえ?」
「うんなんかちょーだい」
「ゆでたまごをたべる?」

茹でた孫を食べる・・あんぎゃぁぁあぁあぁぁぁぁ!!!

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:43
誰かつっこみやがれ

104 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/29 20:44
駄洒落スレになってるw
こういう子供っぽい駄洒落けっこう好きだなぁ

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:46
>>103
ごめん、笑ってた

106 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 20:58
あるところに おじいさんと おばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしば刈りに おばあさんは川へ 洗濯に行きました。

おばあさんが 川で洗濯をしていると 川上から 大きなモモが
ドンブラコッコ エッサッサ ドンブラコッコ エッサッサと流れてきました。

おばあさんが モモを お家に持って帰って 切ってみると、
中から桃太郎が あらわれました。、、、 とさ。


え〜〜〜〜〜!! モモの中に ももたらう がいたんけ。 植物の桃からに・ん・げ・んが〜〜〜
キキキキキ、、、、、キモ〜〜〜〜、キモイでつ。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 22:16
しかも服着てんだよね。
たぶん誘拐されたあと桃の中に入れられたんだと思う

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:13
ももを割ったら中の桃太郎も「さっくり」と割れていました
つーのをしらんかえ??

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:20
今上天皇がディスコ(伝聞ママ)に行きました。
陛下はノリにノラれ、フィーバーしまくってます。
侍従が痺れを切らして「もうそろそろ帰りませんか」といいました。
陛下は答えました。

「今ノってんのぉ」 =今の天皇

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:24
昭和天皇がショーパブに行きました。
しかし時既に遅く、店はもう閉まってます。
陛下は残念そうにおっしゃりました。

「ショー終わってんのぉ」

111 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 23:28
「ポン!」  :膝を打つ音
なーるほど。そーゆう事でしたか。
そこまでは、わたくしめも考えが至りませんでした。

イヤ〜〜、これはパパ一本取られちゃったなあ、あっはははは、、、、、はぁ〜ぁ。


112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:31
大正天皇が魚釣りに行きました。
立派な鯛が1匹釣れました。バケツに収まりきらないほどです。
陛下は鯛を抱えると背中に背負い、答えました。

「鯛しょってんの」

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:35
明治天皇が部屋に篭もられ、何やらモゾモゾやっています。
案じた侍従が「お上、何をなさっているのですか」と尋ねました。
陛下は答えました。

「目いじってんの」

114 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/29 23:39
く、くだらね〜w

115 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 00:27
最近の都会に住んでいる人達には、「コメ、ヌカ、ミソ」が不足しています。

なーんでか? よいこのみんなには、ちょっと難しいかな!!


116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 00:43
>>115
つづきは?

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 00:49
どうせくだらないオチなんだろう。…ツヅキボンヌ。

118 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 00:51
>>116
えっ!
だ、だから なーんでか?って、、、

タイムリミットは、6/30の20:00まで。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:03
>>118
質問です。
それまでにこのスレが埋まってしまったらどう責任をとるのですか?


120 :いい人:03/06/30 01:08
な、何だろ??
えーっと、みそが無いから、NOみそ(脳みそ)とか?
んなわけないよね??
ちょ、ちょっと待って、ヒントまだ出さないで!!

121 :いい人:03/06/30 01:12
こめない・ぬかない・みそない・・・。
ああ〜駄目だぁ!!!意味が全然通らない!!

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:59
クラスのなかでいじめられっこの女の子がいた。このこをA子とする。
直接いじめていたわけではないが、いじめを見て見ぬ振りをしたり、笑ったりしていた女の子がいた。このこをB子と呼ぶ。
ある日B子が道を歩いていると、A子がマンホールの上で

「きゅー!きゅー!きゅー!」

と叫びながら楽しそうに飛び跳ねていた。
「あんた、なにしてんのよ」
「きゅー!きゅー!きゅー!」
「ちょっと!なんとか言いなさいよ!」
「きゅー!きゅー!きゅー!」
あんまりA子が楽しそうに飛び跳ねているので、B子は思った。

いつもうつむいて唇をかんでいるA子が、とても生き生きとして見える。
マンホールの上で「きゅー!きゅー!きゅー!」
と叫びながら飛び跳ねることは、実はとても楽しいことなのかもしれない。

「ちょっと!あんたどきなさいよ!あたしがやる!」
「…」
「どきなさいって!」

そしてB子は元気良く飛び跳ねた。
「きゅー!きゅー!きゅー!」

次の瞬間、目にも留まらぬ早さでA子はマンホールのふたを開けた。
もちろんB子はマンホールのそこへまっさかさま。

すばやくふたをしたA子は、ふたたびマンホールの上で、楽しそうに飛び始めた。
かけ声が変わった。

「十!十!十!」

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 02:07
まむしが出てきた。
「おまえ、毒もってんのか!?」
「イエス。アイマムシ」

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 03:53
( ´Α`)

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 04:11
>>122
改悪
>>123
馬鹿


126 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 08:24
>>119が「いい質問」をした。

オレも、地元の町内では、「仏の山さん」と呼ばれて、ちっとは名が知れた男でとおってる。
このあいだも、お年寄りと道で会うと、オレの後姿に手を合わせて拝んでいるじゃあねえか。

「じっつぁん、 そんな事をしちゃあいけねえ、オレは人様から拝まれる人間じゃあねえよ。」
そう言って、オレはじっつぁんをおんぶして送って行った事があった。

なあ、「仏の山」と言われたオレが、こうやって頭を下げて頼んでいるんだ。
今夜の20:00までの辛抱だ。
20:00になったら、おめえもオレもドーッと大笑いよ、腹の皮がよじれるぜ。楽しみだなあ。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:07
あと10時間か。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:16
>>16
ブラックジョークスレに、友人の目玉をくり抜いたとかいうベストつまらん話を書いて話を修正
されてたアホだな。
最後に大騒ぎすれば面白いと思ってるアホ

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:19
 ∧ ∧  
( ・ v ・ )
(___)          ワクワク

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:22
>>23
すげえな。尊敬。
松ノ木とかもいいが、歴史的事実をいろいろ聞きたいね。
宗教的なお話は信者の方々に伝えてあるのだろうから、一切(w お聞かせ願えなくて結構。
当時の生活習慣とかを知りたいから、一ヶ月間当時と同じ生活して見せていただきたいなー。
山小屋と鉈くらいは提供するから、そこから当時と同じ生活をはじめてみてほしい。
当時の口語も、今の日本語と同じだったか知りたいから、当時の話し方もしてみてほしいね。

131 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:42
>>116.117.119
回答です。

都会の人たちに不足しているのは
「こめ、ぬか、みそ」と言う事でしたね。

では、モニター見ながら、声に出して言ってみましょう。ハイ
「こ〜め〜、にゅ〜か〜、みーしょー」

次ですよ
「こお〜めい〜、にゅ〜け〜、みーしょう〜」

ハイ、最後になります。大きな声で
「こぅ〜みぃ〜にゅ〜けぇ〜しょん」

そーです
「コミニュケーション」です。都会の人には足りないですね。
もう大爆笑です。う〜〜腹が痛いでつ。


132 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:43
>>131

ワッ、ワッ、ワッ、ワアーーー。すごいです、!
友達にすぐ電話して、教えて上げなきゃ、、、。

感激したです。これから「師匠」って呼んでいいでつか。
洒落を作るコーディネイトは、こうでねえといけないんですね。勉強になります。


133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 19:45
>>131

思わず拍手してしまいました。いま、友人が転げまわって笑ってます。
わたしも「師匠」と呼ばせて下さい。


134 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:46

ははははは。君たち「師匠」と呼ばせてくれだなんて、困ってしまうなあ。
でも、せっかくそういうのだから、次回作からは「師匠」にするよ。
いやー、ほんとに、まいったなあ。


135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:14
>>131

いい。
いままでのにちゃんには見られないセンスです。
現代の都市空間に対する社会性も盛り込まれていて感心します。
次の講演使わせて頂きます。
次第にこのスレもアカデミックになってきましたね、喜ばしい事です。


136 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/30 20:24
>>131
素晴らしいセンスですね。。まさにオカルトです。。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:51
>>131
正直がっかりしました。
ありがとう、>>131!!

138 :師匠:03/06/30 21:43
あーよかった、安心安心。大成功だった。
正直ホッとした。

バカ、うぜえ  なんて言われて、石ぶつけられたら
どーしようかと思たよ。
にちゃんで、話を引っ張って、んこ厨房の逆鱗に触れたら、
理由もへったくれもなく、ポアされちゃうからね。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 00:55
>>138
おもしろかったんですけど
師匠、調子に乗るのもエエ加減にして下さい。


140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 04:53
師匠に勇気を出して一言(;´Д`)ノ

  ひ ね り す ぎ

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 12:46
このスレ。良いスレ。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:40
ジョン 「ヘイ、サム、君の家の前に戦車が止まってるけど、一体何が起こったんだい?」
サム 「オー、ジョン、あれはミーのワイフだよ」

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:58
>>122
今、ようやく意味がわかった。
それなりに怖いな。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:59
洒落にならん位寒い話だ。



嫌じゃないけどさ。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 15:25
実際にはマンホールの蓋はひどく重いので、少女が持ち上げることなど
できないよ。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 18:18
>>145
特注カーボンのマン穴蓋なんだな・・・これが

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 20:58
>>143
つかあの話は元ネタがあんねん…とマジレス。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 21:53
男は、黒社会の大物だった。
彼の指令ひとつで、何人もの血が流された。
人は彼のことを「死神」と呼んで恐れた。
そして男は、警察や、彼をつけねらう殺し屋の魔手を避け、
完全に地下に潜伏していた。
彼は日々居場所を変え、彼と連絡をつけられるのはごく限られた側近だけだった。
ところがその日、彼の秘密の潜伏先で電話が鳴った。
馬鹿な! ここに自分がいることは、まだ誰にも教えていない!

男はおそるおそる電話に出た。
「もしもし」
「・・・ですか?」
先方は自分の名前を知っていた。
「どうして・・・ここがわかった?」
男は、震える声で訊いた。携帯電話を握り締めて・・・。


149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:35
マトリックスみたいだな。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:36
>>145
10倍海王拳使えば持ち上げられるよ。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:18
侍従の方より伺いました話によりますと、
今上陛下はたいへん英邁におわし、
開明的なお考えの持ち主でいらっしゃるとのことでございます。
湯浴みなどをなされます時も、お付きの者が湯殿にてお世話をいたしますのですが、
けしておごり高ぶるような振る舞いなどはなされません。
つねに周囲をお気遣いあそばします。
「陛下、前のほうをお流しいたしましょう」
「朕は、自分で洗う」


152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:31
>>147詳細キボンヌ

153 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/07/01 23:48
>>148
ブラックな人柄なのにまぬけなとこにワラタ!!


154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 01:43
>>152
147じゃないけど漏れもどこかで読んだ。新耳か超怖だったっけ?

155 :熱血漢 ◆4VKAoQd01U :03/07/02 03:42
>>152
黒人が白人を落とすバージョンが元ネタじゃないかな。
>>154
ブラックジョークのスレにあったと思う。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 19:08
父から実際に聞いた話です。

木工職人だった父が夜遅く作業場の片づけをしていると、
背後で人の歩く足音がします。
オガクズを踏みしめるさく…さく…という音がはっきりと聞こえます。
こんな時間に人が来るなんて。不気味に思った父が振り返るが誰もいない。
足音も止みました。
そしてまた片づけを始めると足音が。
振り返ると誰もいない。
何度かそれを繰り返しているとだんだん面倒くさくなってきました。
いくら足音がしても振り向きません。
そのうちに相手もしびれを切らしたのか
今度はかりかりと木を爪で引っ掻くような音がします。
そこで父親が振り向くと、どう考えても背が届かない高さの窓に、
男の顔がのぞいていました。
父が、「なんだお化けか」と言うと
「なんだとはなんだ」と怒られてしまったそうです。

繰り返しますが実話です。
その後父は特に変わったこともなく先日は釣りに行ってミツバチに刺されました。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 20:58
最後の最後でワロタ

158 :**********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 12:00
『なんだとはなんだ』キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!!

159 :師匠:03/07/08 19:08
遊歩道の途中から、沢へ降りる細い道が伸びている。いわゆる獣道のようなもので、
地元の山菜採りか、岩魚の穴場狙いの竿師しか通わない道である。既に日は暮れかかっていた。
滑るのを気を付けながら30分ほど降りていくと、川の水が流れる音が聞こえてきた。
やっと沢へ辿り着ける。これで冷たい渓流の水で顔を洗って、一息つけるな、とホッとした。

何気なく足元に目をやると、カエルとナメクジとヘビが歩いていた。でも、どこか様子が変だ。
歩いてきた跡に、ところどころ鮮血がポタリポタリと落ちている。三人の内の誰かが怪我を
して血を流している。
誰が怪我をしているのだろう。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 20:46

蛇の道はヘビ

161 :師匠:03/07/08 21:36
ブ〜〜〜、です。
あと もーいっかい回答できます。

162 : :03/07/08 21:50
山菜採りのおばさんの生理の血


163 :師匠:03/07/08 22:12
ピンポ〜〜ン、にしたいのですが、
土地のおばさんは、葉っぱみたいのしか食ってないので、栄養不良で
とっくに生理が上がってた、とさ。

当たったら、ガセネタでないほんまもんの心霊写真をうpします。

164 :  :03/07/08 22:19
じゃあ竿師のサオからの流血


165 :師匠:03/07/08 22:38
う〜〜ん、すばらしいセンスをお持ちです。

「竿師のサオ」なんてセリフは、並たいていの学問で言えるセリフじゃあ
ありません。
仕立て屋だからいとなむ、傘屋だから張りなむ、竿師だからサオです。

で、回答です。
「ヘビ」です。

へー、ビー、チー、デー、、、、、なんちって、ははははは、大笑い!!!
(A,B,C,D)


166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 23:17
私は、以前このオカ板に来て、あるスレを立てました。
それ以来、頻繁に私の周りで奇妙な事が起こりました。
たまりかねて、お寺の住職さんに、事実関係を話し徐例して下さいと電話で
依頼しました。返答は
「うちの宗派では徐霊できません、あなたの気の迷いです。」と言われ、
「もし、あなたの気がすむのであれば、似たような事はします。」
と言われました。そして「本気で徐霊する意思があれば、神社を教えます」
と言われました。早速その神社を教えてもらい、最後に「おか板の他のスレット
から影響されている」と言われました。今まで住職さんが言っていた事とは、
矛盾する発言で驚きました。
明日、教えられた神社で徐霊してもらう事にしました。


167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 07:53
昭和初期、戦争の影は、演芸の世界にまで押し寄せてきた。
落語界では、当時、時局にそぐわないとされた数々の噺が、
寄席にかけることを禁じられ、東京では噺塚と言われる塚に葬られた。
言論統制はこういうところまで、徹底して行われたのである。
禁止ネタの多くはバレ噺、つまり男女の情交を描いた色っぽい噺であり、
とりわけ間男を扱ったネタなどは、出征兵士の帰りを待つ妻が多い時局柄、
洒落にならんということで弾圧された。
ところが上演禁止にされたネタの中には怪談噺も含まれていたそうである。
上方ネタで、歌舞伎役者・坂田藤十郎を主人公にした噺だが、
噺が著しく不道徳、かつグロであったことから禁演となったものらしい。

男色家でもあった藤十郎が、ある夜、男娼との情交ののち、片膝に大きな腫瘍ができる。
それはやがて人の顔のようになり、口のようなところから大量に血膿を吐き出すようになる。
刃物で何度切り落としても、顔はその痕に浮き出してきて、さらには全身に転移する。
藤十郎は悶え苦しみながら狂死していく…という内容であったらしいが、
実際の藤十郎伝にそのような記録はなく、
脱疽で手足を切った江戸の役者沢村田之助が
モデルではないかと言われているが、詳細は不明である。
上演が禁じられた噺には、戦後になり解禁されたものが多いが、
この噺はもともと演ずる者が少なかったことから伝承者がおらず、
今日ではまったく聞く事ができない。


168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 07:55
戦前に上方の桂萬紅(代数不明)という噺家が持ちネタにしていたということであり、
彼の速記の一部が残されている。問題の噺の断片らしきものもあるので検証してみよう。

「と・・・藤十郎様! い、いったいそのあさましいお姿は?!」
「おお、佐吉か。見ての通りの有様や。
わての身体中に巣くった人面瘡が、夜な夜な血ぃと恨みの言葉を吐きよる・・・」
「お・・・おいたわしや――っ!!」
「親の因果が子に報いたんか・・・わてが踏み台にしてきた女どもや、
役者どもの恨みが積み重なって、繰り言恨み言を言わせるんか・・・。
いずれにしても役者としての藤十郎はしまいや・・・」
「藤十郎様・・・そないに気をおとしはったらあきまへん」
「しかし、このざまではわてはもう舞台にはあがれんのだぞ、佐吉」
「そうや、ひとつ冷たい蕎麦でも食いに行きまひょ。
何ぞええことでもあるかもしれません」
「何? 冷たい蕎麦とな、そりゃまたどういうこっちゃ?」
「よういうやおまへんか。『じんめんそーめん冷やそーめん』て」

なお萬紅は、終戦直後、酔っ払って進駐軍のジープにはねられて死んだということである。


169 :師匠:03/07/09 12:30
落語に造詣が深く明るい。わたしなんか聞きかじった程度で実に暗い。どこかで提灯でも借りてこない
とまともに歩けません。

「あーめん そーめん 冷やそーめん」
遠ーい昔に聞いた事があるような、懐かしいはやし言葉です。ノスタルジーがあります。
わたしは落語の語り口が好きです。冗長なようでいて、一元半句の余分な言葉のない研ぎ澄まされた語
り、絶妙の間、二言三言の言葉で、登場人物の人となりが目の前にぱーっと広がってくる語り口は見事
です。

「人面瘡」の萬紅さんは、進駐軍のジープに跳ねられたのですか、合掌です。
戦後の新作落語の雄であり「純情詩集」で熱狂的な人気を得た「歌笑」という方も、銀座で、アメリカ
兵のジープにはねられて即死してます。

「おでき」を扱った噺には、「なめる」というのがあります。男が、大家のお嬢さんに芝居小屋で見初
められるという事になって、見知らぬ寮に連れ込まれて、お乳の下のおできをなめてくれと言われる。

「じつは、あたくしの、、、、、あのう、、、、お乳をなめていただきたいのでございます。」
「え?  お嬢さまのお乳を? 、、、、、へえ、、、あのオッパイをでござんすか? このあっしが、
、、、。」

この噺、なめるのは女陰であったという。なんかその方が面妖な風情があっていいように思うのだが、
、、。
その「なめる」を念頭において書いたのが、本家「死ぬ程洒落にならない恐い話パート43」の>186〜
>187だ。


170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 13:13
なんだこの糞つまらない捨てコテは。
マジ勘弁。

171 :師匠:03/07/09 14:22

>>170
「マジ勘弁。」だって、ぷっ!!!
どっかで拾ってきたようなセリフを言いやあがって、「大物」ぶってるのかおめえは。
いかにもにちゃんのお目付け役って格好つけてるな。
このスレなんかだーれも見てねえぞ、おまえだって分かってるだろうが。

それなのに、「マジ勘弁」だって、笑わせてくれるなあ!!
こんな小さいだーれもいないような板で、大物ぶって『マジ勘弁』だって!!
こんなとこでしか荒らせねえか、常連コテハンの前に行くとマジびびっちゃうか!
男なら、荒らし甲斐のあるところをやってみそ!

情けね〜〜、おまえみたいなヤツの事を『お・と・こ・の・ク・ズ』という。


172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 15:26
何やら取り込み中のところのようですが・・・
ここでいいかな??
昨晩「オカルトだ・・・」って体験しました。
ラブホ行ったのね?なんか緑にライトアップされてて。
で、普通に部屋番号押したらキーが出てきて
部屋に行ったの。311号室の案内に何故か
「アイスコーヒー」と書いたプレートが下がってて
「なんだろ?くれるのかな?」って。
で、部屋をあけたらエアコンはガンガンに効いてるのに
本当に何も見えないぐらい真っ暗闇。
電気どこどこ??ってそれすら見えない。
携帯の撮影用ライトで照らすと、電話が見えたので
彼がならすもフロントがでない。
ここで「しまった!玄関あくか?!」って言われて
慌てて携帯で照らしながらドアに・・・
「開いた!開いたよ!!」「よし出よう」と出たの。
フロントに降りても誰もいないの。
鍵を置いて逃げたよ・・・怖かった!
不思議だったのが車もあって、利用者もいた感じ。
何だったんだろう・・・本当に怖かったんです。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 15:54
↑狐に騙されたんちゃうの?

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 15:58
↑タヌキでしょ?

175 :172:03/07/09 16:06
>>173
狐に騙されたってこんな状態?!
狐でもたぬきでもいいけどもうご免だよ
今も震えてるよ

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 17:12
age

177 :´l`布い:03/07/09 18:43
集中力が無く優柔不断な人は化かされ易い。

178 :桂萬紅:03/07/09 19:16
>>169
あんなあ師匠。167-168 はネタでっせ。
本気にせんといてください。

179 :師匠:03/07/09 23:03
>>178 桂萬紅

ネ、ネ、ネタでつか、、、、。恐れ入りました。

枕もあって、上手い噺です。
「萬紅」は、字面にそこはかとない格調があって、短命の卦が出てます。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 23:21
晒しアゲ

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 23:32
月日は流れ長崎幼児殺害事件の少年は大人になり結婚をし、息子もでき父親になった。
世間の人はもちろん、本人もこの事件のことは忘れていた。
父親となった少年は、家族みんな仲良く、ごく普通の幸せな生活を送っていた。
息子が4歳になった誕生日に、父親は息子と二人で大型玩具店へとプレゼントを買いに行った。
抱えきれないほどたくさんのおもちゃを買ってもらった息子は、
早く家に帰りたくて立体駐車場にとめている車へとはしゃぎながら走っていった。
父親があとから車の所に着くと、息子は後ろを振り返りこう言った
「今度は落とさないでね」



182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 01:09
「夢十夜」でつね。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 07:37


184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 10:07
亀だが、
チューブ式の味噌が出ない理由は見た目ではない。
味噌は発酵するので、密閉容器に入れると容器が膨張して破裂してしまうからだ。






・・・いや、オチなんて無いっスよ?
何も無いです何も。ログ読んでたら気が付いたから突っ込んだだけ。そんな目で見ないで。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 11:11
>>184
ふたつきの売ってるよ
出汁入りのヤツ
マルコメかどっかで

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 11:58
>>184
マジレスすると、発酵する味噌としない味噌があるので50点

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 12:13
昨日、彼女とドライブにいったのさ
先輩から教えてもらってたデートスポットに入ってみた
湖のそばなんだけどね
一昨日から振りつづけてた雨がシトシトと降ってるのさ

まぁ少し怖いフインキしてたんでCDかけてたのよ
彼女と下らない話ばっかりしてたけど
段々と蛙の鳴き声が大きくなってきたのさ

ゲコゲコゲコゲコ クワックワックワ

もう大音響・フルオーケストラという感じ
こりゃ〜たまんねぇ
CDのボリューム上げようと思って手を伸ばしたのさ
その時彼女がボソリ

か え る の お ん り ょ う

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 12:41
>>187
味噌の話がどこにも入ってないですよ

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 23:12
age

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 23:18
>>188
先輩から教えてもらってたデートスポットに入ってみた
湖のそばなんだけどね

入ってみた
湖のそば

みた
そば




191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 23:22
みそばたー

192 :師匠:03/07/13 00:03
「淵」
わたしが浄蓮の滝の近くで淵を見付けたのは偶然ではない。なにか得体の知れない物に導かれていた
ような気がする。

それは三年前の事だった。わたしは始めての天城縦走に挑んでいた。真夏の皮膚に刺すような日差し
が、容赦なく照りつけていた。リュックが肩に食い込んで、疲れと暑さで頭がくらくらする。天城縦走を始
めて三日目、浄蓮の滝がもう間近だ。

昼を過ぎた頃、汗を拭きながら潅木の茂みに目をやると、腰の高さ程の下草が、丁度そこに一本の細
い道が通っているように生えていた。
あんなところに道が通っている。きっと道なりに下って行けば、沢に出て冷たい水に出会えるかもしれな
い。行ってみようか、どうしようかと迷っていた。迷っていたはずなのに、足は既に動いていた。
斜面をずるずるずると滑り降りて、人一人通れるかどうかの細い道に出ていた。
歩みは更に勢いを増して道を下っていった。まるでそこに淵がある事が分かっていて歩いていくという
感覚だった。一時間余り歩いただろうか、鬱蒼と垂れ込めた潅木の向こうに明るく開けた空間が見えた。


193 :師匠:03/07/13 00:05
切り立った山腹の下にそれほど大きくはない淵があった。生き物の気配はなく、淵は透明度が高く真っ
青な水を満々と湛えていた。岩の上から見るとかなりの深さがある事が分かる。
汗を流して、身体を冷やすには丁度いい。わたしは着ている物を脱いで裸になると、淵に入っていった。
よく見ると、淵の山側の底はえぐれている。
そのえぐれた窪みからチラチラと白いものが見える。わたしはその白いものに向かって潜って行った。
途中まで潜った所で、その白いものは窪みにすっと入ってしまった。

その時である、水が恐ろしく冷たい層に変わった。氷水の中に手を浸けた時の痺れるようなジーンとした
冷たさが顔を襲った。その冷水槐に全身がどっぷりと浸かったところで底に着いた。
先程の白いものがチラチラしていたくぼみの中を覗いた。

ぼやーとした視界に移ったのは、花柄のワンピースを着た長い髪の女だった。仰向きに窪みの天井に
くっつくように横たわっていた。わたしが手足を動かすたびに、長い髪が海草のようにゆらゆらと揺れた。
その時、真っ白い腕がわたしの方にふわーと伸びてきた。細く長い指がわたしの目の前に迫った。
瞬間わたしは水をがぶりと飲んで、足で底を蹴っていた。夢中で水をかいで水面に向かった。
わたしは岩の上に上がって、もう一度淵の底を見た。白い手は、まだちらちらと揺れていた。
わたしを呼んでいるに違いない。わたしに来てくれといっているのだ。



194 :師匠:03/07/13 00:07
直ぐにでも逃げ出したい気持ちと、もう一度事態をはっきりさせたい気持ちもあって、暫く岩の上に佇ん
でいた。
わたしの頭には、女の顔が強く印象に残っていた。ぼやけた視界ではあったが、面長で鼻筋がすーと
通った端正な美しい顔立ちであった。そして目は開いたままだった。
わたしは意を決して、もう一度潜る事にした。

そして再度潜っていった。心臓が止まるのではと思うような冷水槐に身を浸して女に近づいた。底の窪
みに半身を入れるようにして女を見た。眠っているような穏やかな表情をしていた。女の視線は窪みの
天井の遥か向こうを見つめていた。
わたしは二の腕にそっと触れてみた。意外にも柔らかかった。本当に眠っているだけなのではないかと
思った。胸の膨らみにも手を伸ばして、掌で包む込むように触れた。乳房独特の柔らかさと張りが感じ
られた。

その時である、女の身体がスーと底に沈み始めた。しかし数十センチほど降下すると女の身体は止ま
って、大きな戸板を引っくり返すように、ゆっくりと正面をこちらに向けてきた。まるで、スローモーション
を見ているような緩慢な動きであった。
わたしは女と向き合った。すると女の目が動いて、わたしに視線を合わせた。
わたしは思わず仰け反った。その拍子に後頭部を窪みの天井にぶつけた。鋭い痛みが後頭部を襲い、
鼻の奥で火薬の臭いがした。
わたしは慌てて底を蹴ると浮上した。頭に手をやると、ヌルっとした感触があった。切れていて多少の
出血があった。


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 00:08
おあとがよろしいようで。

196 :師匠:03/07/13 00:10
わたしは淵から出ると、岩場や周りの叢をくまなく探した。あの女の持ち物があるのではないかと思った
からだ。暫く探したが何も見つからなかった。諦め掛けた頃に、淵から少し離れた木下に、半分埋まる
様にして籐で出来たバッグを見つけた。朽ち果ててぼろぼろだったが、土の中からは真っ赤に錆びた
口紅を始めとした小間物が数点出てきた。これがこの女の持ち物だという確証はない。わたしは錆び
た口紅をリュックに仕舞うと、残りの小間物をまた埋め戻した。

このバックが女の持ち物だとすると、小間物の外観から判断して、数十年も前のものだ。
わたしはこの女に愛着を覚えた。こんな山奥の誰も来ない淵で、たった一人で数十年も過ごしてきた
のかと思うと愛しささえ募った。

わたしは、もう一度潜る事にした。
わたしは冷水槐の中で震えながら、息の続く限り、その女の手を握っていた。女の長い髪は、ゆらゆら
ゆらゆらと気ぜわしく漂っていたが、わたしが手を握ると間もなく動きが止まった。もうこれ以上息が続
かないなと思ったところで、女の腕を手繰り寄せて、女をそっと抱きしめた。そして、また窪みの奥へ戻
した。


197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 00:20
おわったとおもったw

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 01:06
正直余所でやれと

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 03:57
師匠さんてすごいですね

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 04:48
すごい空気読めない人ですね

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 05:00
ちょー暇な時に、2chに長時間入り浸っていると
たまにだーれもカキコしない『空虚な時間』がある。
さっきまでみんなレスばんばんだったのに、
ふとした瞬間から何回リロードしてもスレが流動しない
一瞬怖くなる。(w

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 07:20
師匠て人は、最近2ちゃんを始めたんだろうな・・・

それで、住人の、暇つぶしの誉め言葉をまともに受けて。。。

心中、お察しします。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 07:24
2ちゃん住民は、素人を持ち上げておいて、
いきなりはしごを外すなんてこともやっちゃうからな。
叩かれて受けるダメージのほうがマシだろうなあ。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 07:48
感動しますた。

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 09:04
>>203
チーコも得意だ

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 09:57
>187
パタリロ何巻だっけ?その話。

207 :師匠:03/07/13 10:43
>>205

チーコも得意だ ってか。

クズが、自分のバカさ加減を晒してうれしいか、
調子に乗って、いい気になってるなよ、

>198以下のクズは、コピペクズなの、頭の中は空っぽなの
いま説明してやるから待ってろ。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 10:47
とりあえずサンプルムービーで逝っときなさい
http://www.k-514.com/sample/sample.html

209 :師匠:03/07/13 11:02

>>202 のクズよ  >心中、お察しします。 だってか、、

掲示板なんだから、少しは自分の言葉で煽ってみたらどうだ。能無しが!
相変わらず、どっかで聞いた事があるコピペを貼り付けてやがる。

この前も言っただろう、いかにもにちゃんの常連ぶって格好つけてんじゃあないって、

おまえのおっかさんが、パートでいじめられてやっとこさ稼いだなけなしの金で買って貰ったパソコンでやってる事が、
友達にも話せないようなにちゃんのゴミレスか、情けねえ。

本家筋の「洒落44」では、崩壊寸前になんとか持ち直して、今では厨房が頑張って仕切ってるから、おまえらみたい
なコピペ専門のクズは、完全スルーで相手にされない。
それで、こっちに流れてきたのか。
常連のクズは、にちゃんの変化にまるで気付かない。他の板でも、次第にしっかりした板が増えてきている。一生懸命
自分たちの板を築こうとしてるとこが目立っている。そういう変化に気付きもしないで、相変わらずのコピペ煽りの荒らし、
煽り荒らしに進歩が無い。オリジナリティーが無い!

言ってみれば、「バカのひとつおぼえ」なんだよ、おまえたちのは。
「せんずり」教えたサルといっしょなの、死ぬまでやってやがる。


210 :師匠:03/07/13 11:06
いい加減に、自分が人間のクズの役立たずだって事に気付けよ。
いい年こいて、恥ずかしくねえ、クズが!

おまえらクズ(>>198,199,200,202以下の)は、

基本的な読解力がないから、小話なんか読むと頭が痛くなる。
読解力が無いって事は、にちゃんの楽しみであるROMが全く出来ない。
当然、「気の利いた一行レス」なんてとても書けない。
家庭が凄く悪いから、親に似て性格が歪んでいる。特に人が楽しんでいるのを見ると、無性に腹が立って、陰で邪魔を
する、これは自分ではもう抑える事が出来ない。
でも、にちゃんが気に入ってる。

すると、どーなるかっていうと、ゴミ箱の底をあさる様にして、腐ったレスを拾ってきて、さも自分がにちゃんの常連大物
であるかのように腐れレスをコピペして存在を誇示する。
だって、そーでもしなければ、ゴミにもなれない。
それで、「きょうもコテハン煽ってやったよ、ざまあねえ、」って自己満足に浸るか、
笑わせんじゃあねえ、『人間のクズ』が!

おまえらは向上心がまるで無いから、自分で何とかなろうって事は絶対やらない。じーと引きこもって、人のやってる事
を邪魔して、人をおとしめるだけ。

おまえらみたいな貧乏人の子せがれの人間のクズは、黙って引っ込んでろ。
それがイヤなら、『死ね』。


211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 11:09
何かにぶつかり…山形新幹線に遅れ

 12日午後10時20分ごろ、JR奥羽線天童−乱川間で、東京発新庄行き山形新幹線つばさ127号の運転士が、衝撃を感じ、臨時停車した。
 現場付近の確認を行い約70分遅れて出発。後続の普通列車一本も67分遅れるなどした。

 JR東日本山形支店によると、運転士は何かにぶつかったような衝撃を感じたといい「人と思った」と話している。天童署が付近を調べている。


http://www.sankei.co.jp/news/030713/0713sha009.htm

いったい何があったんだろうな。スピード速いと粉々になるとはよく言うが。

212 : :03/07/13 11:16
すばらしい「自己」分析だなw

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:08
          ☆ チン

       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ ___\(\ ◉∀◉)<おまえのオマンコ激しく臭いよ! 
            \_/⊂ ⊂  )_ \______
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . |
       |  和歌山みかん|/



214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:12
          ☆ チン

       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ ___\(\ ✡∀✡)< >>213目がきもい! 
            \_/⊂ ⊂  )_ \______
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . |
       |  和歌山みかん|/



215 :師匠:03/07/13 12:22
(´・ω・`)ショボーン

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:28
怪談だよ…同人って非常識っつーかサイコが多いのか?

http://jbbs.shitaraba.com/computer/bbs/read.cgi?BBS=1872&KEY=1057712965&LAST=100

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:31
>>215 師匠
(´◕ฺω◕ฺ`)ショボーソ


218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:42
ass

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:43
師匠
話し終わったんなら
おあとがよろしいようで
っていわなきゃネ

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:47
きょうもコテハン煽ってやったよ、ざまあねえ

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:50
>>207
チーコ知らないの?
( ´,_ゝ`)プッ

222 :O塚:03/07/13 12:54
http://elife.fam.cx/a005/





223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 16:24
>>132
自作自演ですか?

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 16:43
>>223
ここまで誰も突っ込まないから
そういう芸風なのかと思ってたよ。
なんだ、自己認定なのか、「師匠」

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 16:51
>>131
コミニュケーション
|
| ∧∧
|(´・ω・`)
|o   ヾ  そ〜〜・・・
|―u'   コミニュケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
| ∧∧
|´・ω・`)
|oュo
|―u'   コミニ ケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

|∧∧
|・ω・`)
|o ュo.   スス…
|―u'   コミ((ニケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
|
|
| ミ
|     コミュニケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

226 :師匠:03/07/13 22:25
>>212〜225 十束まとめて

なんだ、 おまえらまだウロウロしてるのか。
おまえらまだ俺らに相手にして貰えると思ってるのか。

クズは、どこまで行ってもクズだな。人としての誇りが無い。

以後、放置!!
いつまでもキャンキャンほえてろ!  バカが、『死ね』

能無しのクズは、この掲示板をよく読んで勉強しろ。
http://www.union-jp.net/home/yukino-t.html


227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:38
おいおまいら。バカコテは放置汁。
ただでさえ粘着サイコが多い板なんだから、
犯罪者予備軍の背中を押すようなマネをしてやるな。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:49

>>227 おまい恥の上塗りだな。とろくさい香具師。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:50
早く
おあとがよろしいようで
っていえよ師匠様!

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 23:46
>>227

おいおい、なんなんだ、みっともない事かいてるなあ。

おまいらで散々クソコテ煽っておいて、挙句の果てに返り討ちにあって、
「放置」だなんて先に言われちゃったもんだから、

あわてておまいらも放置汁だって、  もー、 大笑いさせてもらったYO。

もっと粘着して煽れ煽れ、 ガンガレYO、馬鹿は馬鹿なりに。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 23:50

>>229

雑魚は黙ってチンコでもにぎってろ。邪魔、シッ、、、。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:00
★メディアが報じない「えひめ丸」事故にも匹敵の大事故★

7月2日、巻き網漁で停泊中の日本漁船にパナマ船籍の韓国貨物船が衝突。
貨物船の見張りは「認知はしていたが、よけてくれると思った。」と証言。
全く減速もせずに激突し、そのまま漁船は沈没しました。
被害は死亡1名、行方不明6名。重軽傷者8名。
見張りの航海士1名は逮捕されましたが、行方不明者は見つかっていません。

その4日後、行方不明者を捜索中の水産庁取締船「からしま」が
別の韓国貨物船に衝突され沈没。重軽傷者数名を出しました。
しかも、その場からは2隻の不審船が立ち去るのが確認されています。

これ程の連続した大事故であるにも関わらず、
不思議なことに、TVや全国紙ではほとんど報道されません。

ネットでしか語られない真実が下記にあります。
やはりにちゃんねらが一番頼りになる味方になると思います
ぜひ皆様のお力とお智恵をかしてください。

http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1058056796/l50 ←本件スレ、「宣伝見て来た」って言えば歓迎されます
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1983/
flash http://www.kokueki.com/swf/genkai.htm

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:05

>>229

231だ。言い忘れたことがある。

おまいの改行とか言い回し読んだだけで
ちょっと知能障害を持った子だなって分かるぞ、

いわゆる精神薄弱児だ。早くお母さんに薬を飲ませてもらえ。
ほっとくとまた癲癇の発作が起きるぞ。


234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:10
知障が熱くなってまいりますた

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:36
>>233
お前は
おあとがよろしいようで
言い忘れてるぞ
癲癇もおきるぞ
師匠様
精神薄弱です
それで




236 :師匠:03/07/14 00:43
おまえらはばかだ
ねこだいすき
がまんにもげんどがあるぞ
いいきになるなよ
いまによくないことがあるからな
じっとしてるとおもうなよ
つきよばかりじゃないんだ
てきにまわしたことをこうかいさせてやる

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:45
誰だよこのバカ持ち上げたヤシ
電波を調子付かせるなよ



そしてまたオカ板に、糞コテが一人加わった…

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:49
ねこだいすきキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:54
┏━━━━━━━━━━━┓
┃簡易電波測定結果報告書┃
┃       被験者:師匠   ┃
┃                      ┃
┃       測定結果       ┃
┃電波レベル■■■□□.  ┃
┃         低      高   ┃
┃電波帯域 . ■■■■□.  ┃
┃         守      攻   ┃
┃電波振幅 . ■■■■■.  ┃
┃         現      妄   ┃
┗━━━━━━━━━━━


240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:57
俺「釣り」とか「釣り師」っていうのは、
   釣り師→ ○  /|←竿
          ト/  |
          │.  ~~|~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          八   §←餌(疑似餌)     >゚++<

の組み合わせだと思ってたんだけど、
最近自称釣り師がダイレクトで自分の本音を攻撃されて「釣れた!」とか
言ってるの多いよね。
 これは、どっちかというと、

      ..釣れたよ〜・・・│
      ────y──┘
 
       ・゚・。 ○ノノ。・゚・
    ~~~~~~~~~~│~~~~~~~~~~~~~~~
           ト>゚++< ミ パクッ
     ジタバタ  ハ
         ノ ノ


241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:06

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   もしや!  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__   「師匠」の存在=洒落になるくらいの怖い話では!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_  
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:23
>>241
ハズレ。
洒落にならない上に、怖くも無く面白くも無い。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:30
>>241
な(略

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:31

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   もしや!  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  失敗したのでは!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_  
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 02:06
師匠щ(゚Д゚щ)カモォォォン

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 06:01
何のお師匠さんですか?

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 06:59
>>246
電波

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:37

一人恐ろしいぐらいの「粘着」がいるな。
しかし、イタイ事にリサイクルコピペばっか、、、アホカ!

前レスも読んだが、2,3分おきに必死になって書き込んでる。
かつてのバスジャック、猫虐殺気違い男のパターンそっくり。
たぶん、自分では気が付いていないはず。
ピュアな情緒障害を持っている。

その腐った臭いを嗅ぎ付けて、馬鹿どもがわらわら集まってるな。
荒らしAAまで貼ってあって、もはや板としては一人前。

こういうのがいるからオカ板はやめられないなあ。
おもしろい、クソコテよ黙っててないで、もっと煽ってやれ、



249 :age:03/07/14 08:41

板 ・・・・> スレ

スマソ

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:52
>>248
師匠がんばってるね(・∀・)ニヤニヤ



251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:52
ツマンネ

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:56
>>248

禿同

ところで>248よ、ニュー速板でお祭りが始まろうとしてるの知ってる、
12才の少年のホムペの書き込みを晒した香具師がいる。
このキテガイ少年も2,3分おきに書いてるな、>>235の真性気違いと同様の症状
まだあぼ〜んされてないはず、いってみ

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/6678/bero.html

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:56
おまえらクソスレageんなよ。
邪魔だから。
なんだと思って見ちまったろ。

254 :age:03/07/14 09:01
>>253

馬鹿は見るだけ

アホは荒らすだけ

黙ってみてろ、いちいちうぜえカスが。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 09:03
>>254
かっこいいな自演電波

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 10:40
あはは!まだ続いてる。w
花火あげちゃいたいくらい。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 11:08
hanabiage

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 11:50
hanageage

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 12:38
今日一発目に見たスレがここ。

駄コテの腐臭を嗅ぎ付けられるようになった折れは一人前ですか?

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 12:42
偉い!エライな!

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 18:49
おうおう、それでも結構かかってるな。 雑魚6匹

じゃ、次のエサ   ほれ!

>>255  10文字

>>256   25文字

>>259   おまえが最初に見たいと思ったのが、こんなクソ板なのかよ
       自分の馬鹿を世間に晒してうれしいか、 ゴミが。          

>>260   8文字

情けないくらい文章力がない。しかも使い古されたコピペばっか、
なんか拍子抜けしちゃった。
最初に荒らしたクズは逃げたか、戻って来い!!

もっと、ガツンとくるような煽りをいれてみろよ、





262 :師匠:03/07/14 20:59
>>261
なんか偽者がいるみたいだな。
そんなんじゃ全然駄目だぞクソがw

263 :師匠:03/07/14 21:01
>>261
おまえこそなりきるなら日本語勉強しろや、このクソ三国人が!

264 :師匠:03/07/14 21:22
>>261-263
お前らこそ偽者ッ!
雑魚は雑魚なりに、スーパーの安売り刺身にでもなって
売られてしまえッ!!!


265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:25
どうでもいいけど洒落になる位の怖い話してくれ。

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:50

はいはい、四匹 バカ雑魚ね。

明らかな厨房の口げんかみたいなのばっか、あ〜〜ぁつまらん。

次のエサ投下  ほれ!

>>264 かっこつけて、こんな時にsage だって、笑わせるな、クズが。
>>265 てめえが書け、書けるもんならな、
     いつも くれくれ君の貧乏人の小せがれが!!

まあ、こいつらは今はコピペで人の感情を切ったり刺したりしてるが
いずれ、12才少年と同じ様に、ハサミで幼児のチンコを切ったり刺したり
するようになるな。
そうゆう前兆予兆が、スレにありありと出ている。

劣悪な家庭環境で、一度も優しくされたことが無い、暖かい言葉を知らない。
だから、心の中が真っ暗闇。
人を傷つける事が、止めようとしても止められない状況だな、、、

図星だろ、クズが!



267 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 21:55
今日、金魚買ってきたよ。

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:57

ダヌル、、、てめえ

ややこしくなるから、あっちいってろ。

269 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 21:59
ごめん。

でも和金って安いんだね。
10匹で450円だった。

270 :師匠:03/07/14 22:01

ダヌル?ただのバカ雑魚だろ。

まあ、こいつのような奴がどんなにあがこうと
使い古されたコピペを張るだけのクズと変わらないな。

社会の底辺に生まれて愚痴をこぼす無能め!




271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:03
このように、夏は近付いてきているわけで。

272 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:03
>ダヌル?ただのバカ雑魚だろ。

違うよ、買ってきたのは金魚なんだよ。(笑)


273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:04

    ↑

そんなこと言ってるおまえが

バカ雑魚でクズで無能だって事に気が付けよ!!!

いい年こいて、そんなことも分からんか。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:05
>273は

>270へだからね

275 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:08
>273
気に障ったらごめんよ。

んで、10匹のうち2匹は背中に黒い斑点があってさ。

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:13
>>275

だから、さっきも言っただろ ダヌルが来るとややこしくなるって

まず、緊張感が薄れて、闘争本能が萎えるの、

てめえの毒にも薬にもならねえレス見てると。

277 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:14
>まず、緊張感が薄れて、闘争本能が萎えるの、
>てめえの毒にも薬にもならねえレス見てると。

そうか。

じゃ、一緒に肉まんを買ってきた話は控えたほうがいいのかな。


278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:15
師匠が支障を来しております。
おあとがよろしいようで。。


279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:15
>>277

せっかくだから、それだけ話してけ。許す、

280 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:17
>279
でも、金魚の話がまだ途中なんだ。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:19

>>280

だろ、、、俺もそう思ってたよ、聞きましょう。どぞ、

282 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:28
>281
ただ、スレの流れを邪魔しちゃ悪いし・・・。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:33
>>282

いいの、まあいまのところは取り込み中なんだけど、、、

こういう取り込み中は、スレの流れなんかすぐに戻る、
どっかのバカ雑魚が書き込めばそれで即戻。

早く書けYO!

284 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:37
じゃあ、どうして何の変哲もない和金を買ったか、そのへんから
書くね。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:37
師匠とダヌルが馴れ合いはじめますた。



















キモッ

286 :森文彦:03/07/14 22:48
なんだかオレに似た野郎が居るじゃねーか、ダッシャアッ!!!
嫁のまんこ舐めてから寝るぞ、ダッ!!!

287 :山崎 渉:03/07/15 08:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 12:38
とりあえず師匠が話を書け。ダヌルはそれからだ。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 14:58
>>288
192から読めますよ。読む側の顔が真っ赤になるほど恥ずかしい駄作が。

290 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 22:34
10匹のうち、1匹死んじゃった。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 22:58

きょうは、バカ雑魚二匹、、、

ほれ、きょうのエサ

>>288  というフレーズも、どこかで聞き覚えがある。今一ピンと来ない。

>>289  中途半端な煽り、具体的な指摘に欠けるので迫力が無い。
      「や〜〜い、や〜〜い、おまえの母さんデベソ」と小学生が囃しているのと同レベル。

      もっと、構成や展開の脆弱さをビシっと指摘してやればいいんだよ。
      駄作なんだから、簡単にいくつでも見つかるぞ、
      やってみろ、出来ないか、やっぱおまえもバカ雑魚の仲間か!!!

      しっかりしろよな、






292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:00

>>290 ダヌル

ばたやろ〜〜〜うぜえ!

おんなの腐ったのみたいに、いつまでも 金魚の一匹や二匹で うじうじうじうじ してやがって

もういいから二度と来るんじゃあねえ。 帰れ養護院へ! 


293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:02
わりかしダヌルのまったり加減が好きと言ってみる。

294 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:03
>もういいから二度と来るんじゃあねえ。 帰れ養護院へ! 

でも、そうしたら金魚の世話を誰がみるんだい?




295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:03
ダヌルにはあまい師匠

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:04
師匠なんかちんこ臭そうだねw

297 :師匠:03/07/15 23:04
や〜〜い、や〜〜い、おまえの母さんデベソ

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:06

>>294

近所のネコに 呉れちまえ、

どうせ おまえには 飼えない。

299 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:12
>298
いや、逆にそのネコも飼っちゃおうかな。

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:16

>>299

ネコを飼ったら 金魚を食われるだろうが そういう矛盾が おまいには分からないか?

自分の中での論理の破綻に気が付かないか

病気がそこまで進行しているのか? 

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:17
ダヌル叩きもうおもしろくないんだけどー。。。



叩かれて一番楽しいのはダヌルなんじゃないかと思うと、心が痛い。(w

302 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:17
>病気がそこまで進行しているのか? 

そうなんだろうな。(笑)


303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:22

>>302

じゃあ、薬飲んでから おいで。

304 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:24
看護婦さんに座薬を入れてもらうのは、楽しいねぃ。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:46
とっとと洒落になるくらいの怖い話しやがれ

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 01:12
うんこ苦い

307 :288:03/07/16 08:03
やれやれ、単純に話が見たかっただけなのだがな。
もう誰が師匠で誰が知障なのか訳分からん。
本物はトリップつけろ。

308 :師匠 ◆adhRKFl5jU :03/07/16 08:14
つけたぞ。
これでいいか、馬鹿どもが。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 14:40
それでいい。
つけたなら、さっさと話を書き込め!屑!!

310 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 20:39
なんで和金を買ったかっていうと、やっぱこれから暑くなってくるから、
まるい大きな金魚ばちに水をいっぱい入れて、そのなかをゆらゆら泳ぐ金魚を見て涼をとろうかと思ったからなんです。
まるい金魚ばちの底には白い丸石を敷いて、あばら家の模型も沈めました。
程よい量の緑鮮やかな水草がゆらゆら揺れて、青い空気の泡がゆらゆら上がっていく中を
紅い金魚がゆらゆら泳いでいる様子は、見ていて実に涼やかな気分になります。

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 21:16
いやおまえじゃなくて( ´д`)

312 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 21:24
(´・ω・`)

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 21:29
このスレ読んでると、少しダヌルが好きになる














でも他のスレ逝ってホスィ

314 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 21:48
Σ(゚д゚lll)

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:20
小学校の頃の話。 
学校の怪談のたぐいで音楽室にあるベートーベンの絵の目が光る
というものがあった。
好奇心旺盛なオレたちは肝試しに放課後音楽室へ。
3人くらいでみてみるとマジに光っていた。
びびりまくったオレらは一斉に逃げ出した。
次の日音楽の時間おそるおそる絵を見てみると・・・







目に画鋲がささってました。



316 :師匠 ◆adhRKFl5jU :03/07/16 22:23
>>315
つまらんなあ
もっとひねってかきこめよ


317 :315:03/07/16 22:25
すまんいっぱいいっぱい。。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:27
だぁってぇーほんとなんだもーん、誰が文句を言えようかぁ。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:32
つーか師匠えらそうだな。
なんだおまえ。

320 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 22:33
>310
和金を買った理由を説明してくれてありがとう>ダヌルちゃん

ついでに肉まん購入の理由についても説明してほしいね。(笑)

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:37
つーか師匠とダヌルはウザいから消えてくれ。

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:42
とりあえず師匠きえろだな

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:55
面白半分に持ち上げたら調子に乗った間抜けな夏房=師匠

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 00:26
ダヌル氏の金魚の描写には感銘をうけてしまった。
才能の使い方まちがってるよ?

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 01:05
          ダヌルワッシヨーイ!!
     \\  ダヌルワッシヨーイ!! //
 +   + \\ ダヌルゥンワシヨーイ!!/+
                            +
.   +   ∧_∧   ∧_∧  ∧_∧  +
      ( ´ω` ∩(^ω^∩) ( ´ω` )
 +  (( (つ   ノ(つ  丿 (つ  つ))  +
       ヽ  ( ノ ( ノ |   ) つ )
       (_)し'  し(_)  (_)_)


326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 04:00
師匠氏ねよp

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 04:05
ダヌル好みのあばら家が気になる

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 05:01
携帯にまつわる怖〜い話してやろうか?これマジ怖いよ

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 05:31
聞きたくないなら別にいいけど・・・

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 06:10
俺は別にいいや。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 07:15
聞きたい。

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 08:54
◆ 山崎渉板ができました!(^^) ◆

            ∧_∧
     ∧_∧  ( ^^  )   これからも僕を応援してくださいね(^^)・・・っと。
     (  ^^ ) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  山崎  / .| .|____
      \/       / (u ⊃

山崎渉@2ch2掲示板(^^)
http://bbs.2ch2.net/yamazaki/index2.html

山崎渉板(^^)
http://www.bs1.net/noa/

333 :胡椒:03/07/17 10:07
俺のは中学校の時の話になる。
やはり音楽室の肖像画の目が光るという話はあったんだ。
どこにでもある話で、もう完全にネタじゃねぇか・・・といいたいところだが、うちは違った。
ベートーベンの目がマジで光る。
光の反射なんて物ではなく、なんていうのか、眼光?光を出しているというレベルでだ。
部活や行事なんかで夜遅くまで学校にのこってる奴はよくそれを見たし、俺も見ちまった。
暗闇の2つの光点がうっすらと顔の輪郭を浮かばせて怖い怖い。
アレは確かに、何も知らん女の子だったら失禁する罠。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 10:11
画鋲

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 10:24
蛍光塗料

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 10:36
何度もバカ雑魚ほざいてるバカがいるな・・・
ガキの喧嘩みたいに雑魚雑魚言って恥ずかしくないんかな?
人にいい年してとかほざいてるけど
お前こそいい年して雑魚雑魚わめいてんじゃねぇよ
「雑魚」って言葉そんなに好きか?
ああ、オレは好きだったな リア厨の頃はな(w
ああみっともねぇ はずかし〜 みてらんねぇ〜 みてて痛々しいよ
哀れ

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:03
「いい年」って・・・
師匠はまだ中学生だYO!

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:09
中学生って・・・
師匠は落研で孤立して三流大学行かなくなったリアヒキだYO!

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:11
自分の事を面白いとでも思ってるかのような口ぶりがキショイです>師匠

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:11
かんかはするな

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:14
>>340
心配するな。全部師匠のジエンだ。

342 :師匠 ◆adhRKFl5jU :03/07/17 11:14
>>340
一緒にカンカンノウ踊るべ

ちなみに俺は偽者の方ですよ
師匠#baka

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:26
本物の師匠は、文章に電波が滲み出ているのですぐわかる罠。

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:34
師匠も煽ってる荒らしももうやめようよ。
2ちゃん歴がどうこう言ってる人とかいるけど
それ何の自慢にもなってないし、みっともないよ。
>>339
あんたとかも自分の書き込みをまず読みなよ。
すげえきしょいよ。
師匠も「持ち上げて→落とす→踏む」っていうのに
腹立ったんだろうけどちょっと切れすぎ。

ケンカするんじゃないお前ら!
このスレすげえ面白いんだからな!

345 :キバ香具師 :03/07/17 11:42
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

ちょっとまて、いま読み返して気がついた事があるんだが・・・。これを見てくれ。


320 :ダヌル・ウェブスター :03/07/16 22:33
>310
和金を買った理由を説明してくれてありがとう>ダヌルちゃん

ついでに肉まん購入の理由についても説明してほしいね。(笑)

346 :縄ヤ:03/07/17 11:43
            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/    !!!!・・・・これは・・・
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l     さり気なく、ダヌルも2人いる!!
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i u       ´    ヽ  !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /

347 :その他:03/07/17 11:44

  /ミヽ,,,〃ヽ.   ヽ      ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!         /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
/|/    u   ヽト、│       cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・        //`'ー---‐''´⌒ヽ.   ヽ
==ッ   r===:|ヽ!      __    _                               _      /'   u       ヽ  !
         │    、-‐ヽ``v'´ /-‐z                    <.⌒ヽr'´/-‐;z.._   |r===   r===  /   |
─‐-     -─ |   ∠⌒         >    ,. -───‐- 、     <⌒`         <.   r===__r====t=r‐ 、 |
    !  l     |   /   NヽNヽl\l\N 、ヽ    / ,r‐-、_  ,. -‐、ヽ.  ∠,.   , ,イ. lヽ. .    ヽ   l (´_・ [二{ __・_) l || r、.! !
 u  |   |   |   i  ゞ -─‐-  -─-ト!   i /     ̄  u ヽ ! ∠-ァ ∠|/u ヽ!-ゝl\   !   ! ー--イ  ̄ ト---‐'´ || レ,リ |
,r一' ー-‐' ー-、 |   | .r‐;、===  ===.|   |〈. -─‐   ─‐- .〉|   /イ´,:==   ==、 | r‐、|   |    l   l  u  |!_ン |
二二二二二) l !   ! {6|| `‐゚-1  ト゚-‐' |   i⌒!|. (  ̄。  。 ̄ ) |i⌒!  |.( 9    9 } !|f',リ|   |...........`ー-‐' .................|ヽ   |
   ___    /   :| ヽ_|!L._   L.___」 u イ  ヽ_|!   ̄ / ヽ  ̄  lLノ   |  ー l  | ー ' u |!ン |  l:::::(二ニニニ二)::::::|. ヽ !
    ̄ ̄   /、   |  /|  r;ニニニニニつ |    | u   ー-‐'     |      | u' (  )     |ヽ.│   !:::::::::::ー一:::::::::::::::::l   ヽ|
─────'  l  /ヽ/ !. ヽニニニニニソ |   /l.  ⊂ニニニニ⊃ l\    ! ⊂ニニニ⊃  l ヽ|\. ヽ、:::::::::::::::::::::::::::;ノ    /ヽ
     / │  |`''ー-、 \. \   ー一  /,.. -‐'! | |\  ー  ./1 |`'ー- 、\  ー一  /  /  |`ー-/ ̄l ̄ ̄ ̄ _,,. ‐''´  ,,.ゝ

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 21:21
>>347
確かにダヌルは複数いますが、それがなにか?

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 21:25
ダヌルとぼるじょあは複数意識の集合体であって個人ではありませんが、それが何か?

350 :キバ香具師:03/07/17 22:33
 ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

      俺だって・・・既知の事実を知らないときもある・・・

351 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/07/17 23:04
(・3・) アルェー 誰か呼んだー?

352 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/07/17 23:34
(・3・) エェー 呼んだけど呼んでないYO−

353 :もこ :03/07/18 13:23
第1章 もこの体験した怖い話 「夜釣り」

高校の友人と夜釣りに行くことにした、仮にその友人をAとする。
ある日突然Aから電話がかかってきた。「あ、もこ?俺だよAだけど
明日夜釣りしにいかん?」
もちろん承知した最近誰とも遊んでなかったもこはその友人の誘いに
ありがたく便乗することにした。ひさしぶりのイベントで心が高鳴ってきた。
翌日の夜の10時、Aと待ち合わせした場所につくとAがいた。「よお、
もこ早かったじゃん」Aは懐かしそうな様子で俺を見た。
それから俺らは小型の漁船をチャーターし沖に出かけた。ここではおいしい
アナゴがつれるらしい。俺は釣り道具一式に手伸ばそうとしたその時、岸の
ほうからなにやら・・・

354 :もこ:03/07/18 13:24
さわがしい。「なんやろもこ?」「わからん」
大勢の人達がにぎやかに騒いでる感じで、
中には笑い声もまざっていた。
俺とAは懸命に岸の方向を見ようとしたが暗闇で何も見えない。
しかしまだにぎやかな声は聞こえていた。
「もこ、てめえ船頭さんに聞いてこいよ!」
「わかった」
俺はぶっ飛ばされると困るので船頭さんの所まで聞きにいった。
船頭さんには声が聞こえてないらしく、声のことを話すと驚いた様子だった。
「お客さん、声が聞こえちゃったのかYO!メェン!」船頭さんはそう言いながら、
ガクガクブルブル震えだした。「もう一人のお客さんが危ないZE!チェケラ!」
俺はそれを聞いてAのもとへと急いだ・・・

355 :もこ:03/07/18 13:24
おれはAの隣にもどったが、別段変わったところも無く
ただ、向こう岸が騒がしい事もあり魚は思ったようには(というか全然)釣れなかった。
こちらも先ほどからイライラしてたし、気分転換に餌を付け替えようと
「まいったなぁ・・・」と進退窮まった自分に言い訳するような気持ちで呟き、餌箱を見た。

大体の海釣り好きがそうなように、俺も疑似餌は嫌いで釣りの度にイキのいいのを調達する。
Aもその辺りの趣味は同じで、つまり今日は生餌のハコが2つ、のハズだった。
しかしそこには3つめの箱があったのだ。
俺はAに聞いてみた。
「なぁA、お前、今日餌箱2つ持ってきたか?」
「ウッセーボケ。1コしか持ってきて無ぇよ。慣れなれしい口聞くな。もこの分際で。」
無論俺も1つしか餌箱は持ってきて無いし、船に乗ったときは何も無かったから
もとから船にあったとも考えられない。俺は3つ目の餌箱が気になりフタを開けようと手を伸ばした。

その時船頭が叫んだ「Yo!メン!ナイスグルーヴ!お連れの方気をつけな!」

356 :もこ:03/07/18 13:26
船頭の声に驚き俺は一瞬固まったが、どうしても餌箱が気になった。
その瞬間、船の上の空気が明らかにこれまでと変わり重く張り詰めた。
Aも空気が変わったのが分かったらしく、顔が凄い形相になっていた。
「もこ、餌箱捨てろ!海に投げ捨てろ!速くしろ!」
Aは必死になって叫ぶが、俺はその餌箱にどうしても触れる事が出来なかった。

その時だった。いつの間に近づいたのか船頭がすぐ側に立ち餌箱を手に取っていた。
船頭はなんのためらいもなく餌箱を開けて中を覗き込んだ。
その瞬間、岸から聞こえていた声が怒声に変わり一斉に叫び始めた。
俺とAの位置からは餌箱の中は見えなかったが、船頭は中を確認すると
蓋を閉めて海に向かってトルネードで投げ捨てた。
「お客さん、このことは早く忘れなYo!チェキッコ!」
船頭はそう言うとまた仕事に戻っていった。
しかし岸からの叫び声はまだ聞こえていた。

その時だった!

357 :もこ:03/07/18 13:26
水面から、腕が出てきたのだ。
左手ばかり。それも無数に。
その腕はすべて餌箱を持っている。
船は先ほどから動いていない筈だが、声がどんどん近くなってきていた。
だんだん何を言っているのか聞こえてくるようになった。
「お前が捨てた餌箱はコレかえ?」
「コレかえ?」
「コレかえ?」
「早く選びなしゃんせ」
「早く」
「早く」
「船を沈めちまってもよいのかえ?」
「早く船を沈めなっせ」
「沈みなっせ」

俺は本当に怖くなった。船頭に助けを求めようにも目をそらすことが出来ない。
その時釣りざおを持ったままのAが叫んだ。
「そんな餌箱オメェ等にやるよ!とっとと失せろ!死人の分際で釣りの邪魔すんな。負け犬が!」
すると無数の左手たちは餌箱を持ったまま、帰っていった。
対岸からの声は鮮明さを増し、脳に直接響くような声で語りかける
「解りゃんした。道中お気をつけなっせ。」
「沈みなっせ。」
「食われなっせ。」
と・・・。
そして、今度は右手が、先ほどの左手の数以上に水面から伸びてきた。

358 :もこ:03/07/18 13:28
冬なのにタンクトップ姿の船頭さんはもうあてにならなかった。船の舳先で
縮こまって動かない。その間にも迫りくる右手に俺立ちは一瞬顔を歪めた
なんとその手にはひしゃくが握られていたのだ、そのひしゃくで船に水を入れる
ことで沈めようとしているのだ。「おい!もこ、てめー何とかしろ!」
俺は慌てていたがふと死んだおばあちゃんのことを思い出した。
「もこや、よくお聞き、世の中には不思議なことがあってなー。夜船で
沖へ出ると船幽霊がでてひしゃくで船を沈めてしまううんだよ。」
「黙ればババア」
「その対策法はなぁ・・・」
「もういいよ、あっち行って!」

肝心なところを聞いてなかった。俺はとりあえずひしゃくを取り上げようと試みた。

359 :もこ:03/07/18 13:32
俺はすぐ目の前にある手からひしゃくを取り上げようとしてみた。
だが手を伸ばすとすぐに別の手がひしゃくで俺の手を殴ってきた。
Aの方を見るとAもひしゃくを取り上げようと奮闘していた。
仕方なく船頭に助けを求めようと振り返ると、
船頭は舳先に座って夜食の弁当を食べ初めていた。
「Aやばいよ!船頭の奴、弁当食っとる!」
「うっせーボケ!お前がコンビニで買ってくるの忘れるからだ!」
Aはおかしくなってしまったのか、俺が弁当を買って来なかった事に腹をたてていた。
やばい!どうしよう!婆ちゃん助けて!俺が心の中で必死に助けを求めていた時だった。
「もこや・・・もこ・・・」
目の前に婆ちゃんが現れたのだ。
「婆ちゃんごめんよ、俺が悪かったよ!」
「カァ〜〜〜〜〜ペッ!」
婆ちゃんは唾を吐くと消えていってしまった。

俺は泣きながらひしゃくを持った手と格闘していた。
何時の間にか弁当を食べ終わった船頭が俺の方に脇に立っていた。
「お客さん泣いちゃってるじゃんかYO!手を貸すYO!ゲロッパ!」

360 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/07/18 18:48
(・3・) アルェー 長いしつまらないYOー

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 20:06


age

362 :新宿歌舞伎町発:03/07/18 20:13

@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@
人気爆発新作ベスト5 入荷
 白石ひより SNAPSHOT 岡崎美女 POISON 宝来みゆき パンドラ
 持月真由 水中SEXのAQUASEX 超売れ筋 無修正DVDなら 新宿歌舞伎町直送
  店頭販売の売れ筋のみ厳選してみました 安心の後払い
      http://no1.to/first
   白石ひとみ 小森詩 山田まり 長瀬愛
@@ 及川奈央 レジェンド @@ 堤さやか 東京バーチャル 依然大好評
     http://fry.to/first
  サンプル画像充実  見る価値あり  最高画質

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@       


363 :三村:03/07/18 20:13
よんだにかよ!

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 20:32
1年前、機械音痴の妹がバイブを買った。
どうやら嬉しいらしく、あえぎながらいろいろと使ってた。
何日かして電池が切れたらしく
「どうすればいいの?」と遠慮気味に相談してきたが、
「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
さらに「つまらないものばかりオカズにしてるからだろ!」
とも言ってしまった。

そしたら「・・・ごめんね」と一言。

そんな妹が先日嫁にいった。
実家の部屋整理してたらバイブが出てきて
何オカズにしてたのかなあと中身を見たら
俺の寝顔が写ってた・・・
射精が止まらなかった。


365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 20:40
そのコピペがどうした?

366 :ぼるじょあ ◆VBGo3bjTdQ :03/07/18 21:10
(・3・) エェー 師匠ともこよりは面白かったYO−

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:05
ダヌル、もこ、ぼるじょあの(悪)夢の狂宴だねぇ。
師匠、たすけて!!

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:08
↑師匠襲来

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:09
師匠の頭のいい小話聞きたいなー

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:17
俺は師匠じゃないYO!

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 05:14
ここがIDでる板だったらよかったのになー。
師匠素人っぽいから気付かず堂々と自演しそう。

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 06:34
師匠、おねがいかまって

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 06:35
まちがえた いじって

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 07:18
師匠

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 07:27
うりうり

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 08:39
俺も師匠になろうかなー

377 :師匠:03/07/19 16:06
師匠光臨だテメーら!!クソコテどもに一斉砲火!!

>>ダヌル
クソぬるい一行レスなんかどうでもいいんだよ、ボケ!
さっさと長文で情景描写しやがれ!!

>>胡椒
一味違うってか(プッ
じらしてねーで早く落とせ!もったいぶってんじゃねーぞ、脳内故障野郎!

>>ぼるじょあ
お呼びじゃねーんだよ!このチンカス!
クソくだらねえこといってねーでテメェもなんか話してみろや!!

>>もこ
ガイシュツ舟幽霊話か?おめでてーな。
まあしかしあのノリは好きだ。さっさと続き書き込めよ、ノロマ!!

>>師匠
さっさと降臨して話書き込め、クズ!!
それともこのまま逃げるのか?負け犬が!かかってこいや!!!

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 16:25
コワイ話かい?知ってるぜ。

ある朝、起きたら僕の彼女がシャワーを浴びていたんだ。
なぜだかわかるかい?

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 23:05
アアヵいあいきy7rrfyyいいぴぴ;pっぴいぃぃっぉ・・・うぅぅうううm

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 04:52
もこってリアルでも蔑まされてるんだな

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 17:43
これは私が体験した真の体験です。
学生時代に彼女(元モデル(爆)とふたりで歩いていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし、「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(彼女・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は暗黒の騎士を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 17:44


340 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/17 11:11
かんかはするな



383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 17:50
>>381
何回見ても名作だな。完成度高過ぎ。

384 :******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 11:26
地震、大火事・・・悲惨な事件は実はある時間帯をはずして起こることになっております。
東ではその昔、関東の大地震が昼時、最近ではオウムの地下鉄サリンは朝8時過ぎ。
西にまいりますというと、阪神淡路の大震災も朝方でしたし、
記憶に新しいところではミナミは道頓堀中座のガス爆発は未明のこと、
天ぷら屋から火が出て法善寺横丁が灰になりましたのが、午前11時の火災です。
午後のおやつの時間には起こらしません。

惨事は三時には起こらない。
これはつまり、ある駄洒落を言わせんがための謀りごとやと思います。
そして、118人が亡くなった昭和47年の千日前デパート火災が夜の11時前・・・。

「11時に起きても、『だいさんじ』とはこれいかに?!」


385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 11:33
世界陸上の槍投げ、金メダルがかかった一投。
選手の投げた槍は高々と弧を描き、地上に落下・・・
おっと! 審判員を串刺しにしてしまった!
しかし、これは世界記録だあ!

「やりィ!!」

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 14:38
師匠キター

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 16:09
師匠...。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 16:13
このスレを初めから一気によんで思ったこと
馬鹿を調子に乗せちゃいけない

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 18:51
師匠!
新しい芸風もおもしろいですね!!
最高です!
もっともっと僕たちを楽しませる小噺をしてください!!!

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 19:44
隣り合う家同士という間柄でございますが、
親御さんの仲がえらい悪うて、愛を確かめ合うことのできない男女がおりました。
ロミオとジュリエットみたいなもんですな。
ところがこの男がえらい立派なイチモツの持ち主でございまして、
おのれのイチモツをおっ立てて、お互いの2階の窓と窓に、
橋にして渡しよりました。

さあこのナニを渡って来て、ナニをしようよ、というわけです。
女は喜びいさんで男の部屋へ行き、二人はその夜めでたく結ばれたんですが、
あいにく少々支障がありまして、
女は自分の部屋に帰りつけず、2階から落ちて死んでしまいました。


391 :なまえをいれてください:03/07/22 13:19
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 22:41
アメリカは好き勝手に戦争できていいね〜

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 23:43
Q.中国人と韓国人とフィリピン人が車に乗っていました。運転しているのは誰?

A.警察

394 :age:03/07/23 15:46
age

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 20:33
近所にある市営の集合住宅の一室から火が出て、住人の中年男性が焼死した。
消防の放水により、辛うじて他の世帯への延焼は免れたが、
火事を出した部屋は黒焦げになり、隣接した部屋も水浸しになった。
焼けた部屋は4階建ての4階だったのだが、
俺がこわかったのは、死人が出たこと云々よりも、
最も浸水等の被害をこうむったはずの、直下にある3階の部屋の家族が、
火事の直後から何事もなかったかのようにそこで生活を続けていたことだ。
それも年末年始の寒い時期だったにもかかわらず・・・。
おまえら頼っていく親類すらないのかよ、と他人事ながら思ったものだ。

そこの父親と立ち話をする機会があったので、
家族に寒い思いをさせていいのかよ、という非難もこめて
言ってやったんだが、親父いわく
「男子三界に家なし」だそうだ。




396 :ちがうよ:03/07/23 21:06
消防署の人は、下の階が水浸しにならないように
防水シート張って水を部屋の外に誘導してくれるんだよ。
上の階が火事になった友達が教えてくれました。
まじ感動してた。

397 :395:03/07/23 22:08
>>396
なるほど。ためになりますた。

ただ、冷蔵庫の氷を溶かしただけで床から下の階に水漏れして
文句言われる集合住宅で、消火のための放水でまったく浸水なしとは
とても思えんし、上の階で死人が出たんじゃ気味も悪かろうし、
当然改装のための工事も入るだろうし・・・
そんなに自分の家がいいかな、
一時だけでも立ち退きゃいいだろにと思ったしだいです。

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 22:15
別に出ていく必要もないだろう
なんでそこまで人を卑下するような書き方をするんだ?

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 22:20
子供の頃2度見たモノ。
北の空に太陽のような丸い発光体が昇っていき、ある程度昇ると
花火のように、その○から同じ大きさの光がワーと滝のように下に落ちる。
これ何・・・?よく分からんけどその落ちる速度と量が
半端じゃなくて無性に怖くて、誰にも言ってなかったんだけど。
なんかこの世のモノではない、みたいな気がした。

400 :◆MOON./.MTU :03/07/23 22:30
400
(σ・∀・)σ ゲッツ!

401 :ダヌル・ウェブスター:03/07/23 22:37
> 師匠光臨だテメーら!!クソコテどもに一斉砲火!!

> >>ダヌル
> クソぬるい一行レスなんかどうでもいいんだよ、ボケ!
> さっさと長文で情景描写しやがれ!!

長文が好きなのか。そりゃ残念だったなぁ。





402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 22:54
金魚の描写は感動した。あれをきんたまでやってほしいな。

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 00:02
神田神保町に「金玉堂」という画材屋の看板が出ていて、
彼女と歩いている時指差して「あれはなんと読む?」
と聞いたらなぐられた。
ええと、まあ正解は「きんぎょくどう」と読むんだけどね。

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 03:18
子供が三輪車に乗って遊んでいた
横を追い抜いていったおじいさんがこう呟いた
「のろいのぉ、三輪車」

呪いの三輪車…ぎゃひぃぃぃぃいぃぃい!!!

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 15:08
10年以上前の俺が高校生だったころの話です

全寮制の男子高校に通ってたんですがそれは高3のときだったかな
10時消灯なので電気消してとりあえずみんなベットへ

4人部屋で俺の隣の奴は切替早いので直ぐ寝付く
電気つけると怒られるので暗い中、布団に包まって
対面の二人と3人で小声で雑談しながらだべってた
話も尽きてきたのでさーて寝るかって相談して
俺は頭から布団かぶってた
そうしないと窓から漏れる街灯の明かりがちょっと気になるから
5〜10分たった頃かな
対面の二人が小声で話し始めた
「おい、今の見たか?」
「ああ」
その時の俺は、まだばっちり起きてたからそのままの体勢で聞いてみた
「どしたん?」
少し間があいた後
「今、幽霊が出たんだ・・・・背中しか見えなかったけど」
「お前のベットの前に出てそんで直ぐスーッて消えた」
慌てた・・・怖くて布団はかぶったままで聞いた
「マジで?・・・・もうおらへんの?」
恐る恐る布団を下げて確認すると一人が
「ちょっと先生呼んでくる」
そう言って1階の宿直室に行った。

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 15:09
残った一人に
「どんな奴やった?」
「そらーもうおっそろしいスーツ姿のリーマンやったな」
「恐ろしいスーツのサラリーマン?」
ああ、茶化してる余裕はあるんだなっと思ってた
「うん、スーツケースもっとってお前の方見とったよ」「俺を?」
とか話してる間に先生呼びに言った奴が戻ってきて
「塩持ってきた!!」とかビン詰めの食卓塩はしゃいでるんです
「先生は?」って聞いたら「こねえ。塩ふって寝ろってさー」
部屋のそこらじゅうに塩ふってそれでその日は、お終い


407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 15:09
その頃、麻疹が流行ってて集団生活してるもんだから一人がなると複数人病気が重なるもんです
俺も流行に乗遅れず、その2〜3日後にめでたく発病→隔離室(寮の空き部屋)入りに・・・・
であんまり暇なので寝ながらそのリーマンが誰なのかとか何しに来たのか考えてました
うちの家系、親類筋でサラリーマンなのはまずいないはず殆どは兼業農家な肉体労働派
誰なのか思い当たらないので置いといて目的の方を・・・・
多分、麻疹の警告しに来た守護例さん?かなあなどとノンビリ考えてました
卒業してガテン系な仕事に入隊してそれっきりその事は忘れてました。

で・・・・8年目に退職して知合いのつてで再就職し今に至るんですが・・・・
リーマンになって会社から備品予算余ったからスーツケース各自に配布するって
今までスーツケースじゃなくデイパックか肩掛け鞄使ってたんですがスーツケース手にして思い出しました
高校のときの幽霊騒動・・・・アレハ、オレダッタノカ?
死期が近いって事か知りませんが怖くてスーツケース使えねえぇええええ!!!

そうそう霊感なしな俺が幽霊と接触?した事件はそれ以降も以前もありません

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 16:28
>>405-407
キチガイ


409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 20:25
このスレは大好きなのだが、
時々こうやって勘違いしたヤシが勘違いした文章を残すのが耐え難い

>>405-407
他のスレへ逝ってはどうですか?自分でサイト立てるとか
面白くも怖くも後味悪くもないですよ

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 20:33
で、師匠はどうした

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 20:40
アパートの共用風呂。
外の小屋に風呂が備えてあって、住人がカギを共同管理するあれだが、
ある夜この風呂場の中で、人が死んでいるのが発見された。
アパートの住人同士はお互い顔を知らず、
被害者が誰なのかすぐにはわからなかったが、
実は外部から勝手に侵入した人間であった。

風呂場だけに、浮浪者であった。


412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 20:57
そうとう親密な関係じゃないかと思うのだ。

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 20:59
でーたー
ボケ殺しやー

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 21:28
アパートの井用風呂。

(=゚ω゚)ノぃょぅ

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 22:16
東京下町のとある生活保護世帯の話だ。
電気もガスも電話も止められ、もちろんテレビなんざありゃあしねえ。
座して飢え死にするのを待つばかりてえ気の毒な母娘が住んでいたんだが、
どういうわけか日々の新聞だけはきちんと購読していた。
母娘にとって、新聞記事だけが自分たちと世間とをつなぐ
唯一のきずなだったってえことなんだろうが
ある朝どうしたことか待てど暮らせど新聞が届きゃあしねえ。
まあ、それもたまにゃあることで、新聞配達が忘れただけのことなんだろうが、
貧しい母娘にしてみりゃあ、世間との最後のつながりが断ち切られた思いがしたんだろう。
可哀想に、その日のうちに二人して首をくくって死んじまった。
つまり新聞が来なかった日が、母娘にとってこの世の終わりの日になったってえわけだ。
え? どこの新聞を取ってたかって?
そりゃあもちろんおめえ、めい日新聞よ。


416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 22:26
>>415
文体から腐敗臭が

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 23:23
師匠きたかw

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 06:23
その方面の人間に言わせると、激痛が快楽に変わる瞬間を味わったらSMはやめられないそうだ。
鞭で叩く、などの生易しいものでなく、ペニスを五寸釘2〜3本で板に縫いとめ、亀頭をすこしずつ爪切りでむしるという。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 03:44
>>399
その話、妙に興味湧いた
どのくらいの高さなの?太陽って思うくらい?

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 12:05
「昔からおこもさんが橋のたもとに住むっちゅうのは、あれはホンマやな」
「なんのこっちゃ」
「見てみい、関西ではいま区画整理や自治体の環境対策で住んどる街を追われた
ホームレスや何やかやが、橋の近くに流れ込んできとるわ。難儀なこっちゃ」
「ああっ!なんや、そりゃ京都の話かいな」
「なんでやねん?大阪だっておんなじこっちゃ」
「せやかて大阪には橋はないでえ。京都には三条大橋、五条大橋・・・あるけどなあ」
「なにぬかす、大阪にかて心斎橋、淀屋橋・・・日本橋なんちゅうのもある。
京都にいっこも引けは取らんでえ」

「アホかいな。ありゃあみんな・・・『ばし』やないかい」





421 :師匠:03/07/26 12:16
おあとがよろしいようで。


422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:05
小学生11歳と中学生13歳の
つるつるオマ○コが見れたぁ!(*´Д`)<ここ最高ぉ!
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/turuturu/


423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:29
家の前の家は田舎なんで結構離れているが首吊り連続で借り手いなく
不動産屋が騙して貸しても、おしゃべり爺が居るので皆出て行った。
数年前それ知ってて安く買い叩いた奴が入ってきた。
そこの敷地の端には道祖神と石仏があったが地域の人の反対も聞かず
「邪魔だ」と粉砕。結局人間関係がうまくいかず一年程で引っ越した。
捨て台詞「迷信カッペ共は閉鎖的!」
こんな奴の方が曰く云々より遥かに怖い。

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:31
はじめまして。オカルト的な話ではないのですが、
先日ちょっと妙な体験をしました。

私の名前はさゆりといいます。
先週のことですが、仕事中(携帯SHOPで働いています)に
携帯にメールが入ってきたメールの送信者が知らない人で、
「迷惑メールかな・・・?」
と思って見てみると、
『サユリは二人もいらない』
という本文でした。

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:36
職場の人たちが「誰か友達のイタズラじゃない?」と言うので、
とりあえず「誰?」と返事を送ってみたところ、
あて先エラーで送ることができませんでした。

「気味悪いねー」とかいいあっていると、
解約のお客さんが来たんです。
35歳くらいのキレイな人で、手続きが終わったあと、
「そこの角を曲がったところに今日からカフェをオープンしたので
よかったら皆さん来てくださいね。」
とOPENチラシみたいなのを店員全員に渡して帰られました。

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:39
そのまま普通に仕事をしていると、母から電話があり、
町内のおじいさんが亡くなったそうで、お通夜があるから
あんたも来なさい。という内容でした。

最近はまったく私とは接点がなかったのですが
小さい頃よく遊んでもらったおじいさんなので
仕事を終えた後、すぐに歩いて葬儀場まで行くことにしました。
(職場から歩いて5分くらいのところに葬儀場があり、
 たまたまそこでお通夜と葬式をするとのことでした)

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:41
7時過ぎに仕事が終わり、母とは7時半に葬儀場で待ち合わせをしていたので
すこし急ぎ目に歩いていると、例のカフェがありました。
「ああ、ここにできたんだな」
と思いながら通り過ぎようとすると、
さきほど解約をしに来た女性と、若い女の子がチラシを配っていて、
その若い女の子が、私にもチラシを渡してきたんです。

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:45
ただ、私は急いでいたのと、カバンを持たずに向かっていたので
お通夜にチラシを持って行くのもどうかと思い、
「ごめんなさい、先ほどあちらの方からいただいたので」
と言ってその場を通り過ぎようとしました。

そしたら、その女の子が私の歩く方向に一緒になってついてきて、
「そこの携帯SHOPの店員さんですよねー?」とか
「どのへんに住んでるんですかー?」とか聞いてきて、
急いでいた私はちょっとムッとしながら、
「ごめんなさい、急いでるんです」
と言って、彼女を振り払おうとしました。

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:49
社会性が欠如しているせいだとは思うんだが、
どちらも譲る気0なのが怖い

落伍者は生きる価値無いよ

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:50
そしたらまた彼女が、「お名前なんて言うんですか〜?」と
聞いてきたので、「さゆりです!」と半分怒鳴った感じで答えると、
「えー偶然ですねー。私もさゆりって言うんですよ〜」と言ってきました。

別にさゆりなんて名前はめずらしくもなんともないので
そのまま無視して歩き続けたら、今まで以上に彼女が私に近づき、
ニコニコとした表情を一転、
とつぜん私の顔を覗き込むような形ですごい形相で

「さゆりは二人もいらねえっつってんだろ!」

と言って、今来た道を去って行ったんです。

私はかなりビックリして、しばらく彼女の後姿を呆然と見ていましたが
振り返ることは一切なく、角を曲がって彼女の姿は消えました。

長文の上、オチがなくてすみません。
あれから怖くてカフェの近くを通れません。
一体なんだったのかなあ・・・?
(ちなみに彼女とはまったく面識がないので、私のメールアドレスも知らない
はずなのですが・・・)

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 04:39
>>424

怖いです……

432 :師匠:03/07/27 04:56
おあとがよろしいようで。

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 06:41
え〜と、オカ版は初心者なので、この微妙なノリについてく自信がないのですが...
とりあえず、ネタ一つ振ってみるので、皆さんで(特にコテの方々で)料理してください。

A氏はアメリカの総合病院に勤める外科医であり、その地方では名医として知られていた。
腕前も患者への対応も申し分なく、高額の給金を受け取っていたが、誰も多すぎるとは思っていなかった。
ある朝、その病院は子どもの急患を迎えた。交通事故であり、運転手は被害者の父親だった。
先に家を出た、学校へ向かう途中の我が子を轢いてしまったのである。
手術はきわめて困難なものになると思われた。執刀はA氏に任せられた。
緊張した面持ちで手術室に入ったA氏だが、患者の顔を見た瞬間、顔色が変わった。
「先生、どうされました」
看護婦の言葉に、A氏は震える声で答えた。
「この子は、わたしの息子だ」

認知心理学の講義で聞かされた話です。
「合理的な」解釈はすぐにわかると思うので(てか、たぶん有名な話だろうし)、
「オカルトな」解釈を期待します。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 08:28
俺はそれより給金の部分の文章の無意味さに後味が悪かった。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 09:14
>>429=さゆり?

436 :433:03/07/27 09:27
>>434
ごめんなさい、適当に端折るべきでした。
実験の素材として使うなら、キーになる部分の一つなのですが。
(認知に関する社会的バイアスの実験に使う話です)
なんかそのことばっかり覚えてて、推敲のほうが二の次になってました。

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 09:56
>424
さゆりって言葉を含むメアドが欲しかっただけなんじゃないの?

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 12:42
見知らぬ人から名前を聞かれて、姓名の名の方を名乗るか?

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 12:49
社会的バイアスって、お金持ちで社会的地位がある人なら
おまんこして出来ちゃっても、責任取らないだろうとかそんなこと?

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 13:05
A氏が子供の母親だってことだろ。
それにしても読みにくい文だ。

だいたい「オカルト的解釈を期待します」って
ただの例文にそんなの求められてもなぁ。
いったい、何がやりたいわけ?

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 13:07
あるある大辞典であったな、その話

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 13:18
認知心理学とか統計学とかメディアリテラシーとか齧ると自分が賢くなったように感じるよね。
隣の愚鈍な奴は簡単に信じちゃってるけど俺には偏向してるってことがワカル。みたいな感じで。
でもバイアスに従ってたほうが生活上、有利な場合が多いんだけどね。実際のところ。

443 :433:03/07/27 14:20
最初に聞いたとき、心霊写真を見たときのようなゾクッとした感覚を味わったんで、
なんか面白いアレンジでも出来ないかなと思っただけです。すんませんでした。

後、遅レスですが>>424
怖いです。オカルトもいいとこです。洒落になってないけど、GJ。

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:14
>>435
429は私じゃないです。

>>437
メルアドにさゆりは入れていません。
飼っている2匹の犬の名前と自分の生年月日です。

>>438
書き足りてなかったですね。
確か「下の名前はなんて・・・」と聞かれたと思います。
普通は私も苗字を言うと思います。



445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:28
>>433の話し意味わからないんだけど誰か訳してちょー・・

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:43
つまり、文章を普通に読むと、(認知的バイアスのせいで)
A氏が男性のように思えてしまうので、不倫?隠し子?という解釈になって
しまうのだが、実はA氏は子供の母親であった、というオチ。
前段の給与云々はA氏を男性と思わせるための伏線。

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 18:51
>>433>>446
なるほど、そうすると、「その子を轢いたのは自分の亭主だった」
という訳だ……後で夫婦喧嘩のタネになりそうだな。

それより、こういう話の展開にするのなら、もう少し話しを続けて
「最後の方で女性の話し言葉を入れて暗に説明…」などの方がスマートだと思う。
でもこの話しの場合、「性別にそれほどこだわる程の話しか?」とも思う。
これは一つの提案だが、話しの展開を……

ある医師が手伝いの為に人里を離れた病院に来ていた。
   ↓
そこに交通事故にあった子供が運ばれて来る。轢いたのはその子の父親。
父親は自分の妻にこの事を知られたくないため、
「人里離れた病院をわざわざ選んだ」事を看護婦に説明して子供を置いて帰る
   ↓
医師が手術しようとすると自分の息子!
   ↓
「実はその父親は妻に内緒で、保険を自分の子供に掛けていた」等の背景を説明
   ↓
最後の部分に「女性の話し言葉」を入れて、この医師が女性だった事を暗に説明

などというような展開だと、よりスリルの有る展開になるのでは?と思うのだが…
どうだろう?

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 18:54
社会的、経済的な高評価=男性というバイアスを例にとっているわけだが
例文では「A氏」という表現をしているのが気になる。最近は女性にも
「氏」をつける場合はたまにあるけど、やはり「氏」といったらその時点で
その人は男性に限定されてしまう。また、加害者とAが別人であることが明
示されていないのでこの点でも設問の意図が損なわれる。

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 19:02
だめ押しの設定を入れるなら、
「その子はその日以降、数ヶ月間は外国にホームステイに行く事になっていた」
なんてのを入れると、更に良いかも知れない。ここらへんは書き手の好みで……

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 19:05
>>448
うーんそれも有りますネ。この場合、「ある医師」だけで通した方が…

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 19:31
最後の部分に、
医師の携帯に父親から「息子は無事に旅立った」とのメールが入っていた…
なんてのが有ると、現代的かな?もちろん「父親が空港まで車で送る」設定も…

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 20:12
あるカーペット業者が、ある家庭のリビングにカーペットを敷いた。

部屋いっぱいにカーペットを広げ、家具等を元の位置に戻し、
ひと休みして一服しようとするが、タバコが無い。

見ると、カーペットの一部が盛り上がっている。

もう一度家具を動かすのも大変なので、平らになるまで足で踏み付けた。

...ふと、横の机に自分のタバコとライターが置いてあるのに気付いた。

その家の子供の声が聞こえる。
「ママー、ハムスターがどっかいっちゃった?!」

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 21:52

>>433

あなたはY下ゼミ生ではないよね。
まさかね。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 21:54
>>444

怖いッス。
この話は洒落になってないと思う。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 22:01
>>453
率直に言って、中学生でも知ってる奴は知ってる。その程度の有名な話。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 00:29
何より問題なのは>433が全然恐くない事だと思うんだがどうよ

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 01:10
てか、へ り く つ だ ろ 。
認知心理学かなんか知らんが。 

458 :447、449、451:03/07/28 03:02
>>455
うん、それは言える。人に恐さを与えるには、
「生きている人や、霊の怨念を感じる要素」が必要だと思うのだが、
この話しにはそれが少ない。傑作と言われる怪談には、この「怨念」が、
読み手の想像によって、無限に広がって行くような構造が入っているはず。
得体が知れない→恐い になるわけだ。433 には基本的には謎は無いと思う。
ただ「性別の引っ掛け」が有るだけだ。でも、頑張って続けて欲しいと思う。

459 :447、449、451:03/07/28 03:06
>>456 だった。スマソ…

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 03:55
いいんじゃない、面白いトリックまがいで。たまにはこういうのも。
つかお前等ネタ無いくせに口だけは偉すぎだな。

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 04:34


462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 04:35


463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 04:44
>>452
子供は、ふと、横の机にハムスターがいるのに気付くわけだが。



464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 07:01
>>463
で、絨毯の下からぺちゃんこになったママが発見されるわけだな。

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 07:10
1001ストッパーが壊れた!?

漫画サロン板のとあるスレで、1001ストッパーが壊れ
1001以降もまだ書き込みできている模様。

1001 名前: 1001 投稿日: Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1006 名前: マロン名無しさん 投稿日: 03/07/28 06:42 ID:Z0CeMHS7
何これ 

1014 名前: マロン名無しさん 投稿日: 03/07/28 06:42 ID:AxlwdY4A
お〜い、まだ書けるぞ?

書き込みは1300レスを過ぎた今も続けられている。
↓のスレに直行し、2ちゃんねるの歴史に名を残そう!
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1059322343/

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 07:23
>465
薄々陰謀のにおいがする

467 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/07/28 07:29
>>465
なんだコレは!騙されちまったじゃねーかチクショウ!
オイオイ。勘弁してくれよ。
万歩計持ち歩きながら一万歩を目標にして
散歩してたら熱中症で倒れるのとコレはやめてくれよ。
夏に散歩する人へ
体は大事にしようぜ…熱中症はホントに怖いよ…
だから>>465よサウナは体に良いらしいぞ。



468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 13:40
745 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


746 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


747 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


748 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


749 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


750 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


751 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


752 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん


753 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 18:07
age

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 18:55
>>460
そこまでいわれちゃしょうがねえな。俺もネタを出してやるよ。
確証バイアスを応用した洒落になるくらいの怖い話しだ。
いや、別に怖くないがよ。

世の中には食べ合わせというものがあります。
特定の食べ物同士を一緒に食べると良くない、というものです。
中でも、じゃがいもを焼いてみそをつけて食べるというのはいけません。
これは最悪の食べ合わせです。死にます。
詳しい統計はありませんが、これをやって死んだ人は日本人の中にはかなり多いのです。
信じられないかもしれませんが、僕の友人の医者も、現に実例を見たといっています。
その人は今年98歳になる老人でしたが、12歳のときに焼きじゃがいもにみそをつけて食べたのを悔やんで亡くなったそうです。


471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 19:31
師匠の自演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 19:33
自分では面白いと思ってるんだろうなぁ…

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 22:12
>>470
ジャガイモって焼いて食べるのか…。
そんな食べ方したことないや。

ってかジャガイモ嫌いだから関係ないね… ┐(´∇`)┌

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 22:22
http://mypage.naver.co.jp/niceday/
このサイト何?

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 23:14
怖くないけどちょっとしたオカルト話をしてやろう。

25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
htt(略)

476 :    :03/07/29 06:05
ドッペルゲンガーですかね・・

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/29 09:21
怖いもなにも、433は別に怪談じゃないわけだが

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 00:05
これはさっき俺の身に起こった話なんだけどさ

冷蔵庫開けたら
着けた覚えもないのにもやしが漬物になってた

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 01:27
怖いもなにも、478は別に怪談じゃないわけだが

480 :&lro;:03/07/30 01:29
 

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 02:27
478は怪談じゃないけど怖い話だYO!

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 05:41
>>470 種明かしをするのは無粋か?
マリファナ作家の中島らもの作品
朝日新聞日曜版に20年位前に載ってた、「らもの、明るい悩み相談室」のひとコマ。
この後日談が色々あるのだが、知りたい?









教えん!!

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 09:53
怖いもなにも、482は別に怪談じゃないわけだが

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 14:24
>>482
誰も聞きたくない、というかマジで忘れていると思われ
空気読めよ

485 :LL COOL J太郎:03/07/30 20:37
本スレから誘導されてきました。ここを「一人百物語」スレとします。
内容:私が力を込めて書きあげた恐怖小説「龍伝説!斬るなら俺を斬れ!鎮魂歌」や数々の恐怖話を書き込むスレ。
みなさんの応援が励みになります。しくよろ!

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 20:51
>>485
(・∀・)カエレキ○ガイ

487 :LL COOL J太郎:03/07/30 21:14
第1話 「龍戦士覚醒」

これは私が体験した実話です。
私が高校の頃、学校の近くに森に小さな祠が祭ってありました。
そこは昔から武者の霊がでると噂される場所で、あまり人が寄り付かない場所だったのです。
そして夏休み。
いつも遊んでる友達と肝試しにいく事になりました。
夜の八時ぐらいに森に入り、懐中電動を頼りに進み、なんとか祠にたどり着きました。
祠について、ふと祠の中を見ると鎧兜が祭ってありました。
友達が興味本意でその兜を被ってしまったのです!
最初はふざけていたんですが、そのうちだんだんと無口になり友達の顔がまるで鬼のような形相になり、こう呟いたのです!!!!!
「ゆるせん、我が眠りを妨げた奴は許せん!!」
そして他の友達に襲いかかってきたのです!
みんなは逃げ出せたようなのですが、私ともう一人の女の子は足がすくんで動けなくなってしまったのです。
そして奴は女の子に襲いかかったのです!!
「これはまずい」
私はなんとか立ち上がり彼女を突き飛ばし叫びました!
「斬るなら私を斬れ!私の命であれば安い物だ!」
すると祠が光輝き、祠が囁いてきました。
「君の真の勇気!しかと見届けた!そなたに力を授けよう!」

488 :LL COOL J太郎:03/07/30 21:15
すると祠から日本刀が出現しました。
私がその日本刀を受け取ると、体から物凄い波動が沸き起こりました。
「こ、こ、これは!」
私は襲いかかる奴にむかい刀をふりかざしました
刀は金色に輝き、友人の体から兜が離れていきました。
そして兜からは黒い塊のような霊体が私に襲いかかってきたのです!
霊体は私に襲いかかり、私の体は傷だらけになってしまいました。
いよいよこれまでと思った時彼女が叫びました。
「まだ諦めちゃ駄目よ!最後の力を振り絞って!」
その言葉に答え私は最後の力を振り絞り刀をふりかざしました。
今度は刀がさらに強い光を発し、私は叫びました。
「食らえ!龍光霊刀!」
眩い光がまるで龍の形になり
霊体を貫き、霊を消滅させる事ができました。
それからみんなを無事に帰らせ、なんとか家に帰りました。
部屋に戻るとなんと、あの日本刀があったのです!
そしてふと胸をみると、そこには龍の形の痣がくっきりと浮き出ていました。
これは私の霊体験の序章にすぎなかったのです。

次回予告
覚醒したのは、幼い頃に助けた龍の力か。胸に刻まれた戦士の証に古き思い出が蘇る!
第2話 「白龍邂逅」、お楽しみに!

489 :&lro;:03/07/30 22:09
 

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 23:30

村はずれにあります龍神さんの池・・・
池の主である龍神さんがお怒りになりますというと、
雨が降らなくなるっちゅうことで、お百姓はえらい難儀でございます。

「あ〜、なんや、雨降り源兵衛っちゅうのはおまはんのことか?」
「これはお庄屋さんやおまへんか。いかにもわてが源兵衛で」
「おまはん、この、なんや、雨を降らせるっちゅうのはほんまのことかい?」
「ええ、まあ世間ではそんなことも言いよりますが」
「こん夏はさっぱり雨も降らんでえらいこっちゃ。
ひとつおまはんに雨を降らしてもらいたい。
もちろんタダとは言わん、
うまいこと雨が降ったら、わしの可愛い可愛い娘のお花を
おまはんの嫁にやろうやないか。
そのかわり、振らせられなんだら、おまはんを生贄っちゅうことで
龍神さんの池にほり込むでな」
「そんなあっさり」




491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/30 23:32

「なあ、吉な、聞いたか。お庄屋さんもうまいことやりよった」
「こら徳さん。雨降り源兵衛もえらい難儀なこっちゃ」
「お庄屋さんとこのお花坊ちゅうたら、あら行き遅れの箱入り娘、
ちゅうか人三化け七の大醜女やないかい。
なんぼ雨降り源兵衛でも、そう簡単にこの日照りで雨が降らせられるもんかい。
龍神さんの餌にされるのがオチやで。
それに間違って、うまいこと雨が降りよったら、これはこれで
お花坊を源兵衛に片付けられるちゅうこっちゃ」
「しっかし源兵衛も物好きなもんでんな、あのお花坊と夫婦になるちゅうんは・・・
わしならためらわずに龍神さんの池に飛び込むでな」





492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 08:07
師匠・・・

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 08:16
神社・仏閣板より  3ワラタ

寺の皆さ〜ん、聞かせて〜〜!!
1 名前: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日: 03/07/04 19:23
もらって嬉しいお中元(お供え?)って
何ですか?
2 名前: 2 [sage] 投稿日: 03/07/04 19:33
get
3 名前: 名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日: 03/07/04 19:37
若い未亡人、
坊さんに「無くなった主人に何をお供えしたら、喜ぶでしょう?」と聞いて
住職「そりゃ、奥さん、若いんだから観音様でもお供えしなさい」と言った。
奥さん、お墓で着物のすそをたくり上げてご開帳。
そこへ住職が襲い掛かる、
奥さん「何をするんですか?」
住職「お供え物は坊さんがいただくんが決まりじゃ」



494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 11:55
エロエロなサイトをついにハッケーーーーン!
女子校生の毛の無いツルツルおまんこ!(☆∀☆)無毛われめ!
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/wareme_tatesuji/omanko/


495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 13:44
バイトの面接を受けようと、フロムエーか何かを見て電話をかけた時の事です。
「もしもし…」などと言ったのですが、返答がありません。
ただ受話器の向こうから赤ん坊の泣き声が聞こえていていました。
しかも受話器の遠い所からです。不思議に思いかけ直してみたら、
普通 に職場にかかりました。その話しを友達にしたら、
同じような体験をしていて、 気味が悪くなりました。一体なんだったのでしょう?

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 15:02
混線

497 :膣太郎:03/07/31 19:52
中学生の息子がHな本隠してた。
家族5人揃った晩ごはんの時、

今日あなたの部屋を掃除してたら
こんなもの(Hな本数冊)が出てきたんだけど、どういうことかしら?
こっそり隠れてこういうの見てたのね。まだ中学生でしょ、信じられない。
こんな、やらしい本見て何してたのかはっきり答えなさい!と怒鳴りつけても
下を向いたまま口を開かない息子。お父さん、お義母さん、
何か言ってあげてください。私には言えないみたいですから。と冷たくさめきった口調で話を振りました。
そのあと父親に強く叱られ、 「ごめんなさい、ごめんなさい」と泣きながら反省してました。

もう二度とこのようなことはしないようにと強く念を押し部屋に戻しました。
それ以来息子の生活態度は変わり以前より真面目になったと思います。
家族全員の前で恥をかかすというのが我が家の罰です。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 20:26
>>497
おまいは分かってない。。。分かってないよ。
中学生だぞ、中学生。性の目覚めの時期だ。
その大事な時期をおまいが邪魔していいのか?

息子がかわいそうだ。

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 20:32
シコらせない方が息子のためだと思うんですけど。

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 20:35
500get!!

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 21:15
>>497
最悪・・・
息子といえど
お前に性の目覚めを邪魔していい権利がどこにある?
てめぇだって、そういう性の目覚めがあって、何人も恋人作っては性交しながら
今の旦那と子供作ったんだろ
旦那とセックルするまで処女だったとしても、何もしらなかったわけじゃあるまい
てめぇがそうするならせめててめぇ自身が息子に対してしっかりと
性教育するべきだろ
それも出来ないのに息子の行動を咎める権利はてめぇにはない
と、マジレスしてみる





しかし、漏れの母親は>>497みたいな香具師じゃなくて本当によかった
オナニー現場何度もみられてるが何もみてないフリしてくれる母親にマジ感謝

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 22:19
>>497の息子が抑圧された性の本能を変な方向に爆発させないことを祈る・・・
しかし事実だとしたら、息の詰まりそうな悲惨な家庭だな。

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 22:36
オレの姉ちゃん遊びで親父やオレや兄貴の金玉揉んでくるんだけど(服の上から)
こういう家族って世間的にどうだろう


504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 22:43
ダメだろ

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 23:35
ダメだな

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 06:34
ダメだね

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 12:31
だめずら

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 12:36
ダメなりよ

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 12:45
だめぽ

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 13:51
>>497
ネタじゃん!
ネタじゃなかったらそののHNの方が
家族全員の前で恥をかかす我が家の罰に値すると思う。

ダメッ子

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 15:39
280 :名無し物書き@推敲中? :03/07/30 12:19
まんこ道さんに質問です。
まんこ話でなくて申し訳ないんですが、
ち○ちんってどのくらい力を入れて握るとどのくらい痛いのかとか教えて頂けないでしょうか。
当方女なんですが、フクロのほうはちょっとの力でもかなり痛いらしいという程度は知っています(むしろそれくらいしか知りません)。
話を書くのに必要になりまして、でも手近に聞ける人がいないので質問させて頂きました。
不快ならスルーして下さい。失礼致しました。


281 :まんこ道じゃないけど :03/07/30 21:09
個人的な感覚としては
たってない時はおもっきり握ると結構痛い>>唇をつまむのと同じくらい
勃ってる時はさおの部分は結構耐えれる>>親指くらい
      頭の部分は微妙な感じ  >>耳たぶくらい

な気がする


282 :名無し物書き@推敲中? :03/07/31 02:43
>>281
ありがとうございます。とても分かりやすいです。
使わせていただきます。m(_ _)m



283 :教えたはいいが、 :03/07/31 22:04
  ↑ 
…何に使うんだよぅ…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 20:41
私の家は呪われているんです。

だって、鍵穴がぬるぬるするんです。



513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 21:53
すまん、穴と見るとつい発射してしまう癖があるんだ

514 :山崎 渉:03/08/02 00:02
(^^)

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 00:33
くだらねーなおい、低能が面白いと考えるネタは幼児用の積み木くらいのレベルだな。今時、チンパンジーですらもう少し高等な遊びするぞ。一度死ねよ。プププ。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 01:00
age

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 01:15
age

518 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/08/02 01:39
あげとくか・・・

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 12:28
その夜、僕たちはいつものように新橋の交差点近くで
いつものようにナンバープレート鑑賞をやって遊んでいた。
ナンバープレート鑑賞とは何か?
交通量が多く、自動車が速度を落とす交差点付近の歩道上に
たたずんで、通り過ぎる車のナンバープレートのみに注目し、
レアな県外ナンバーとかが通ると、
「イヨッ! 群馬ナンバー!」とか、
「イヨッ! なにわナンバー!」とかはやし立てる
小粋で金のかからない遊びである。

その夜、僕たちは黒塗りのセダンが袖ヶ浦ナンバーだったので、
「イヨッ! 袖ヶ浦ナンバー!」と、いっせいにはやし立てた。
すると、その車が路側に急停車し、中からヤクザさんが降りてきた。
僕らは蜘蛛の子を散らすように逃げ出した。

運悪くヤクザさんは僕のほうにねらいをつけて追いかけてきた。
烏森神社のところで、僕はとうとう息が切れて
ヤクザさんに追い詰められてしまった。
やられる! 僕は命の危険を感じて、身を固くした。

「おいッ! てめえ!!」
「なッ…なんでしょう?!」
「俺だってなあ…! 俺だってなあ…!」
僕はヤクザさんの様子が変なのに気がついた。

「俺だって、好きで千葉に住んでるわけじゃねえんだ!!」

見ると、ヤクザさんは、大粒の涙をぼろぼろこぼして泣いていた。



520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 15:42
>>519
なるほど…「嫌いだけど住んでいた」わけだ…苦労が多いのう…

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 01:00
俺の家は江戸時代から戦前にかけて信仰心強く(記録に残ってる上で)
寺社参りの人を無償で世話し鑑定団であるような胡散臭いお宝も
たくさん有る。
近くに某有名氏族発祥の地があり、そこの神社に遊びに行ったとき
石垣の柵に何か引かれて、いつも座る石柱があった。
ある時友達が「専用席にいつも座るなぁ」と言うので、よく見たら俺の
四代前が二百両寄付した記念に立てた柵の石柱だった。
自然に定位置にしてたので気持ち悪かった。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 09:31
けじらみは毛根にすみつくんですよ。
隠毛握ってガッ、とむしるとまあ、5〜6本抜けるじゃないですか。
じーっと見てると全部の隠毛の根に蟹の小さいやつみたいのが、うじょうじょうじょうじょ動くんですよ。
女の人はさほど痒くないらしいんですが、男は気が狂う程痒いです。

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 17:04
友人から伝授された毛じらみ対処法

移されるかもしれない行為をした後忘れず殺虫パウダーを陰毛に塗すそうでつ
対処より予防が肝心だそうな・・・

そのパウダーは成虫にしか効果が無いため卵を産み付けられる前に成虫を駆除しなければならないとのこと

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 17:15
まあ一番の予防策はうつされそうな相手とはスルナと

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 18:35
あきらめて剃れ。
俺はそうした。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 18:36
たいへんかゆいです

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 21:44
学校帰りに駅の売店で見慣れない氷菓子を買った。
それを開けようとした時に側面に毛が付いていたので取ろうとしたのだが、
水滴で濡れていて中々取れない。仕方なくそのままで食べ終わった。
しかし口の中に残る感じがあるので取り出してみたら、今さっきの毛だった。
毛は

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 21:49
ちぢれ麺

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 21:59
平麺

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 22:04
太い

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/04 00:11
うーん、側面から口の中に毛が瞬間移動!!! 毛にも瞬間移動能力が有るのか?w)

532 : uyh:03/08/04 23:48
uy7u7y

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 03:45
age

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 08:24
まだpart1だったか?

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 10:28
携帯ピッチ板の悪の枢軸
豚負け&イト犬

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 11:37
亀頭を蚊に刺された。

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 17:50
スポーツサイクリングをやっていたが、ちょっとオフロードでもと思って、
西多摩郡の刈寄山頂を目指すことにした。

見込みよりもちょっと厳しい山道を、汗と土埃にまみれて登っていくと、
狭い道一杯にパワーシャベルが塞がって、作業しているのに行き当たった。
自転車に跨ったまま呆気に取られて眺めていると、気付いた作業員さんが
こちらに注意を向けてくれた。

「済みません!ちょっと通してもらえませんか?」
「えっ!?」と一瞬後ろの重機を振り返って「通るって、どこ行くんだ?」
「こ、この先へ...あの、ちょっと...行ってみたくて」

途方もないことを言われたかのような剣幕に、しどろもどろで応えたが、
なおも訝しげな表情で...
「行かれねぇよ」
「あ、あの...通れませんか...」
「いや、無ぇんだよ...この先は...無ぇんだよ」

言葉を失った私に、彼は手招きをした。
「見えねぇか...こっち、来てみな」

重機の先は木が生い茂っていた。
私は道を間違って、新しく林道を開いているところへ入っていたのだった。
作業員さんは、山頂までの道を親切に教えてくれた。

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 17:57
>途方もないことを言われたかのような剣幕に、しどろもどろで応えたが、
>なおも訝しげな表情で...

日本語が不自由なのか言語障害だかは知らんが、夏休みが終わったらキチンと学校行けよ

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 21:10
夏休みの宿題が、「2chの観察」だったりしてな

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 21:46
家で仲間5人とAV見てたら(洗濯やけんちゃん)誰もいないはずなのに足音が・・
やばい、ばあちゃんが帰ってきたと叫ぶT君
せえので2階から飛び降りました・・・5人とも骨接・・・
後で分かったのですがばあちゃんはまだ帰ってきていなかつたのです・・
あの足音は・・ちなみにAVの持ち主はうちのエロおやじのでした・・・・

541 :安眠魔:03/08/06 21:53
すいません、骨折の折まちがえました 安眠魔よろしくです

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 22:03
骨折ってこの字しか 変換できんけど

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 22:47
先週の日曜日に公園にあるテニスコートでテニスしてたんです。
暑くて喉が渇いたので近くの自販機でコーラを買いました。
で、手にとって良く見ると・・・なんとそこにはっ!






  「ガンバレ日本!長野オリンピック」
と書いてありました。
怖くて飲めないので、代わりになっちゃんを買いました。
しかし、あけてみるとスゴイ臭いが!!
なっちゃんが茶色くなってました。


544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 22:49
ビデオ消せばええやん

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 23:57
ところで、>>497にマジレスしてた連中は、497の名前に気づかず書いたのか。
・・・「膣太郎」だぞ??どこが厳格な母親なんだいったい。

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/07 01:27
>>498のメル欄参照。

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/07 13:06
さすが夏休み!

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 00:18
中央線って自殺者が多いことで有名ですよね。
中央線にはさまざまな奇怪な話も多いようで・・・
そんな怪奇な中央線にまつわる話をひとつ。

中央線のとある駅のホームに残業で遅くなり終電をまっていた男がいた。
はやく電車が来ないかと電車が来る方向に男が目を向けると
ホームの端に1組の男女のカップルが見えた。
カップルは何処となく元気がなく二人とも下を向いたまま
何か考えているような感じだった。。。
男はなんか陰気くさいカップルだなと思ってそのカップルを見ていた。

しばらくすると電車がホームに入ってくるのが見えた。
するとカップルがスッと動き出した。
それを見た男は「まさか!?」と思いそのカップルに近づいていき
そしてこう言った。

「お前ら!・・・はよーチューをせんのかい!電車きとるがな!」


チューをせんのかい?→中央線の怪・・・お粗末でした。m(_ _)m



549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 00:20
小噺かよッ・・・!

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 04:44
その後、電車の中でしましたがなにか?

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 05:26
何気に面白いスレだなw

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 08:19
スレタイは期待できるんだが、勘違いしてる奴が多くてつまらないな。

553 :  :03/08/09 20:42


学生時代の友達である時、ゴキブリとバッタとムカデが
たまに会ったから酒で飲もうやって事になった。

三人?三匹は久しぶり会った事で、お酒もすすみ
話も進んだ。
誰かが、「おい、楽しく話ししてるけど、酒なくなったな」
そうすると、「おぉ、誰か酒買ってこいや」って感じの
話しになりました。

最初はゴキブリが・・「俺が買ってくるよ」っていい立ち上がると
バッタが「ちょっと、まてや・・おまえが行くと店主がいやがるぞ」
ま、ゴキブリが行くと不潔だって事が言いたかったらしくて
ゴキブリ「それも、そうやな・・」って事になった。

次に、バッタが「んじゃ、俺が行くよ」って事で
立ち上がった。
立ち上がると、ムカデが「おい、ちょっと待てよ!」
「おまえが行くのはええけど、瓶が割れるぞ」
確かにバッタが酒の瓶を持って、飛び跳ねると
地面に瓶がぶつかり割れる事は、想像できた。

続き

554 :  :03/08/09 20:44
続き

そうすると、ムカデが「俺が行くよ」っていいながら
立ち上がり、部屋を出て行った。
ムカデなら割れる事もなく、不潔感がないから
誰も止めなかった。ゴキブリとバッタは残って
昔の話しに花を咲かせ、楽しく待っていた。
そうするうちに、帰りがあまり遅い事に二人が気づいた。
バッタ「おい、あいつ遅いなぁ」
ゴキブリ「そうやな、なんでそんなに時間かかるねん」
二人して、事故でもあってないか心配になり
じゃ、ちょっと迎えに行きがてら、見に行くかって話しになった。

二人が迎えに行こうとして、玄関に通じるドアを開けた!!







そこには・・「靴が履けない」って泣いているムカデがいた。

おわり

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 22:02
古くてつまらない小噺をするスレですか?

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 23:36
ムカデで思い出したけどこんな話しもありましたね。

昔、ある学者がムカデの研究をしていた。
ムカデを観察しレポートを書いていた。

その学者はまずムカデの足について研究しはじめ
まずムカデの足を数本取ってそして言った。
「歩いてみろ」ムカデは数本の足を取られたがモゾモゾと歩いた。

今度は右足の全部を取ってみた。「これでも歩けるかな?」
ムカデはなんとかまたモゾモゾと動き出した。

次に学者は左足も全部取ってみた。「歩いてみろ!」
ムカデはじっとしたまま動かなかった。
もう一度「動いてみろ」
やはりムカデはうごかなかった。


そこで学者はレポートに書きこんだ。
レポート:ムカデは足を全部取ると耳が聞こえなくなると・・・。

お後がよろしいようで。。。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 23:40
師匠が来た辺りから、このスレ腐敗したよな

558 :sage:03/08/09 23:40
sage

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 23:40
age age

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/09 23:57
sageと書き込むと下がるとでも思い込んでいるマヌケが紛れ込んでいる模様。

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 08:03
>>555
くだらない小噺をしながら
師匠の降臨をまつスレです。

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 11:40
とある町に有名な盲人がいた。
彼は初老の男性で、いつも白い杖をついて
商店街の道の真中を闊歩していた。
その歩き方は自信に満ちたもので、杖をカツカツいわせながら、
胸を張ってものすごいスピードで歩いていた。
周囲の人間は当然自分をよけてくれるという確信に満ちたもので、
実際、彼と突き当たって彼にひどくなじられる者もいたし、
用を足すときも周囲が気を使うのが当たり前と考えていたようである。
本当は見えているのではないかという噂もあったし、
あまり彼のことを好きでなかった人も多かったようである。

ある日のこと、彼がいつもどおり通りをのし歩いていると、
向こうから歩いてきた勤め人のグループに突っ込んだ。
彼はいつもどおり、たいへんな勢いで勤め人を罵倒し始めたが、
この日はいつもと様子が違った。
逆ギレした男たちが、「なんだとこの野郎!」と、
彼に対し、殴る蹴るの暴力に出たのである。
彼は助けを求めたが、周囲の人々は遠巻きにしているだけで助けようとはしない。
とうとう彼は杖を放り出して逃げ出した。

「なんだこいつ、見えてるんじゃねえか!」
彼は簡単につかまり、ますますボコボコにされた。

瀕死の重傷を負った彼は、警察に犯人の逮捕を訴えたが、相手にされなかった。
盲人として障害者認定を受けている彼の証言に、
信憑性なしとされたからである。



563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 14:06
>>562
その爺自体に関してみれば「いい気味だ」と感じるが
障害者自体に証言能力がないと言われるともの凄く後味悪いな・・・

法に詳しい香具師いたら、精神障害以外の障害者の発言能力について
本当に証言能力に欠如が生じるのかどうか気になるので(あくまで個人的に)何かしら説明キボンヌ

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 15:18
>>563
盲人だから犯人の人相や服装に対する証言に信憑性がない、の意だろ。
読解力ないのか?

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 15:37
↓洒落になる?
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030810-00000004-yom-soci

566 :563:03/08/10 16:04
>>564
なるほど
本当にバカだな漏れって・・・
正直すまんかった
ありがとう

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 16:07
ttp://yamago12.hp.infoseek.co.jp/IMAGES/namename2.JPG

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/12 05:37
>147
ショートムービー集で見た事あるよ
ボウヤがおっさんを中に入れちゃうやつ
数字は忘れたけど…
おっさんに「見る?」
って言ったボウヤの笑顔が恐かった

ちなみに外国産でつ

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/12 21:55
私がカンボジアでエビの買い付けの仕事をしていた頃、
現地で知り合った日本人にM氏がいる。
M氏はちゃんと結婚もしているのだが、
実は困ったことに極度の幼女愛者であった。
カンボジアくんだりまで観光にやって来たのも、
この国が最近タイやフィリピンといった国になり代わり、
その手の愛好者にとって、聖地となっているという話を聞きつけたからだった。
飛田や信太のチョンの間あたりに行く感覚で来られても困るとは思ったのだが、
彼は私にガイドを依頼して、プノンペンの郊外にある、
その筋では有名な村に勇躍して乗り込んだ。
「処女がええ」というM氏は、現地のやり手婆に話をつけ、
あらかじめわたりをつけてあった家から、
日本人なら小学生くらいの女の子を引っ張ってこさせ、
安宿の一室に姿を消したのだが・・・。

あとでM氏が憤慨していたので聞いてみると、
その幼女はすでに処女ではなかったそうであり、
さらに恐ろしいことにM氏は、幼女からある病気をうつされ、熱を出してうなっていた。
日本では信じられないほどの貧困がはびこるその土地で、
M氏がもらってきた病気とは・・・

「感冒じゃ」




570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/12 22:09
オチがわからん なに かんとくって?

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/12 22:44
>>570 ネタ?

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/12 22:52
ねてないよ

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 14:58
感冒ってどんな病気?

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 15:38
きっとあれだ
冒険心を感じるんだよ
「オラ、なんか知んねけどわくわくすっぞ」 みたいな

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 20:24
すげえ>>574物知りだな

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 21:15
・・・みんな、知っててボケてるんだろ?
そうなんだろ? そうだと言ってくれぇぇ!

感冒とはな、じつは・・・うっ!(激しく痙攣)

(返事がない。ただの屍のようだ)

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 21:31
小学生の会話だな

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 23:08
どうやれば冒を「とく」と読めるんだ?

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 23:22
フィーリングですよ 奥さん

580 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 13:28
自己責任・・・じゃなかった。
おじゃま道草ってどこ行きゃ読めるかね?

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 14:14
>>581
ぐーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぐれ

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/21 00:41
>581 某サイトだ

584 :歓句:03/08/23 14:28
家にある日本人形がどうにも怖い。
昔から家族で俺だけがその人形を怖がっていた。
だってその人形でずっと見つめていると目がツーンとなって睨むんだぜ!?
俺を!!
俺だけを!!

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/23 19:42
たいした事じゃないかもしれません。
東京都世田谷区の環八沿い(二子玉川近辺)にある
シャトーイン○川(ホテル)は非常にやばい場所だと思います。
行った人なら知ってると思いますが、やばいです。
僕も一度しか泊まったことはないですが、あの近辺
ホテルが無く、当時ラブラブだった彼女とどうしても
イチャイチャしたくて行きました。
部屋の扉が非常に低くて、中に入ると異様な空気の漂う
部屋でしたが、すかさずイチャイチャし始めました。
しばらくして、扉をドンドンと叩く音がして(尋常じゃない
叩き方で)びっくりしましたが、おそるおそる開けるとだれも
いませんでした。不思議でしたが、ちょっとおっかなくなり
寝る事にしました。
小一時間位が経過したでしょうか、うとうとした時です
また、「ドンドン!ドンドンドン!」・・・・。
普通じゃないです。彼女はすっかり怯えてしまい、
僕も非常におっかなかったのですが、
頭にきたのもあったので、扉を勢いよく開け、外に
飛び出しました、誰もいません。
でも、その時廊下のカーテンが風も無いのにふわーっと
持ち上がったのです。
その時同時に囁きのような声が聞こえたのですが
聞き取れませんでした。
後日ですが、僕は後悔してもしきれない事に
遭遇して、彼女を失いました。
その内容は、まだ話したくありません。
その一件とは関係無いと思いますが、
今は、まだ話したくありません。


586 :観句:03/08/23 22:24
584の続き
さっき書いた日本人形の事なんだけど本当に怖かったのはここからなんだよね。
日本人形の置いてある所は和室のちょうどタンスの上で、その横にもう少し高さ
のあるタンスがある。
だから高さのあるタンスのせいでその日本人形が置いてあるタンスの方は死角で
ほとんど見れない。
つまり日本人形もギリギリ髪の毛程度しか見れない。
この前、和室の横にあるリビングでパソコンしていて、ふと和室の日本人形の方
を見ると人形の髪の毛とおでこが見えた。
その時はああ、俺も背が伸びたから人形のおでこまで見えるようになったんだ程度
しか思わなかった。
数日たってまたリビングからタンスをみると今度は人形の目の所ぐらいまで見えた。
さすがに今回はまた背が伸びたとは思えなかった。
気になってさらに数日たった時、タンスに近づいて人形をタンスから降ろして、見て
みた。
人形の足から首元までは変わった所はない。
ただ、首元から顔までにある首がどう考えても変なぐらい伸びていた。
なんなんだ?と思い人形の首を軽く引っ張ってみるとスッと抜けた。
構造上、こうなってんだなと思ったがなぜ人形の首が伸びたんだろうか。
そして人形の首を元の所まで押して、またタンスの上に置いた。
だが、今も人形の首は伸びている。
今日も鼻の少し上あたりまで見えている。
その様子はまるでタンスの陰からを首を長くしてずっと俺をみているようだ。



587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/24 23:17
>>586
こえ〜

588 :uyh:03/08/24 23:29


589 :太郎:03/08/25 00:10
いいかーよく聞けー。
死ぬほど怖いぞー。
おばちゃん三人組が一台のチャリに乗ってスーパーに買い物しに行くところ
を三日連続で見たぞ。




590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 14:54
>>586
死ぬほど洒落にならない怖い話しを集めてみない?49
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061656934/l50

こちらの方に書き込んだほういいような話と思われ。

591 :観句:03/08/25 19:48
>>590
だよね、俺も後で気がついた。
スレ違いすみませんでした。
死ぬほど洒落にならない怖い話しを集めてみない?の方にコピペします。

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 19:57
>>586
お前のことを心配して見守ってくれてるんだよ。

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 22:23
だとしたら、「心霊、ちょっといい話」スレの方だな。
大変だな、観句。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 01:28
消防の頃って人に知られて、うんこするのはタブーだったので
林間学校という行事の時夜中抜け出して誰も居ない階の便所で
予備灯のみの暗さで用足したり、庭にある公園の離れ便所で用足した。
これが怪談として語られてたけど俺の仕業じゃないのも、かなり有った。
皆やってんだなーと安心したが公共施設の怪は実はこれ大きいんじゃないか
とも思った。

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 01:38
>>586 怖えーよ!!普通に怖いんだよ!!オレ怖がりなんだから手加減しろよ!

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 01:40
俺の小学校時代は「出した糞をみんなに見せる」のを条件にして
見張りに数人立つって掟があった。俺のアイデア。今思うと意味不明だよな。

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 12:31
オレの学生時代は、なんか学校行事の旅行で
起きたら部屋にうんこが・・・

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 13:59
>>596
おもろい

599 :JUST:03/08/29 11:24
近所に、長い階段がある神社がある。夜は、空気の温度のせいで音が遠くまで聞こえ
る。夜中、受験勉強をしていると、月に1、2回はカン、カン、カンと音が聞こえる。
丑の刻参りだ。その時僕は、あせっていた。願書を出した大学に入れるかどうか。こ
の音が憎かった。
親父のスパナを持って、長い階段を駆け上がった。高校生は元気である。音のする方
向へ近づくと、足を忍ばせた。映画で見た通りの格好をした女が釘を打っている。
頭を打つと即死するので、背中全体に力がいきわたるように、スパナでその女をたた
いた。ぎょっとしてこちらを見るが、倒れた頭に2、3発けりを入れるとたいていす
ぐにぐったりとなった。打ち付けてあるわら人形をスパナで抜き、手の甲に打ち付け
た。4人ほど同じようにしたが、警察沙汰にはならなかった。大学には合格した。

600 :JUST:03/08/29 11:24
ついでに600ゲト!

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 11:26
実際頭にろうそくなんて立てようものなら
ろうでベタベタになるため、あんな格好できないわけで・・・
あと連続カキコでキリ番ゲットすんじゃねぇよ、クズ。

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 11:27
……などと、軽い煽りを楽しんでいたときのことだった。
そうとも、ここは2ちゃん。匿名で毒を吐くのも自由のはず。
しかしそのすぐ後に起こった出来事によって、
俺は自分の考えが甘かったことを思い知らされた。

「ん? 何だ?」

突然、何の操作もしていないのにスレッドが開いた。
タイトルは空白。
下を読んで行くと、ただひたすら意味の無い文字や記号の羅列が大量に並んでいる。
それも、延々とどこまでもだ。
ブラウザは勝手にリロードを繰り返し、物凄い勢いで不気味な新着レスが増えていく。
ウィルス? ブラクラ? だがこんな例は聞いたことも無い。

レスが700を越えた頃、俺の脳内で何かが警鐘を鳴らし始めた。
これはヤバイ。単なるPCやネットの異常などではない。もっと別の、何か……
次の瞬間、モニターを見た俺はそのまま凍りついた。
初めて、まともな文字の書き込みが現れたのだ。

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01


992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01


993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01


994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 11:28
背中と顔中から冷たい汗が吹き出した。
いけない。
このままこのスレを1000まで行かせては、恐ろしいことになる。
俺はそう直感していた。
しかし、読み込みは止まる気配は無い。

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
シ 

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 11:29
だめだ。
俺は思わず目をつぶった。

…………。

ハードディスクがガリガリと音を立てた。俺はゆっくりと目を開け、モニターを見てみた。

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02


1000 :山崎渉 :03/08/29 11:03
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援してくださいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

1001 名前:1001投稿日:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

605 :鏡時計 ◆NxzP.sLFPk :03/08/29 13:02
>>602-604
ちょっと笑った。

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 16:19
>>602-604
むちゃわろたよw
カレマニさんの紹介文で誰かと思えば・・・w

607 :とくなが:03/08/29 16:35
ワロタ!!!
同じくカレマニさんの紹介で来たが、マジでワロタ。
つーか山崎もすっかり2ちゃんの一部だよな〜。

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 16:42
禿藁!!上の2人と同じくカレーマニアさんのサイトから来たが、山崎だったのか…めちゃくちゃワロタw

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 17:10
>>602-604
はげしくワロテしもたよ

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 17:22
俺のおじいちゃんは、たこ焼きが大好きだった。
ある日、おじいちゃんにたこ焼きを買っていってあげようと思い
8個入りを1パック買って帰ってんだ。
その帰り道、俺はなぜかたこ焼きが気になって、中を確かめた。
すると7個しか入ってなかった。
「ちっ、たこ焼き屋のミスだな」と思ったが、わざわざ戻るのもめんどうだったので
またフタを戻し、歩き出した。

なぜかまた気になってきたから、もう1度開けてみた。すると6個になってた・・・。
数え間違えたはずはないんだが・・・。
なんか気味が悪くなり、フタをして見なかった事にした。

最悪だ。また気になってきた。確かめずにはいられない。
不安は的中。中身は5個に減っていた・・。
俺はこれを繰り返し、家に着く頃には、中身はゼロになっていた。

もう俺は何がなんだかわからなくなっていた。そして家に着いたわけだが、
玄関で俺の帰りを待っていた母親に聞かされた
「おじいちゃんが亡くなった」と。

葬儀の日の朝、俺はなぜかおじいちゃんの眠る棺桶が気になった。
気になってしかたがない。本当は開けたくなかったが、やはり開けてしまった。


そこにおじいちゃんはいなかった・・・。






良く見たらフタにくっついてた。

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 17:23
ワラタ
山崎でも役に立つんだな。

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 17:41
>>602-604
禿藁。
緊張と緩和が上手すぎ。ピューて。

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 17:57
>>602
ワタタ

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 18:02
>>602は神


615 :くるーえる ◆.7fAcruel2 :03/08/29 18:26
>>602-604
不覚

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 18:56
>>602-604

久々のヒット!!
面白い。時々思い出し笑いしそうだわ〜

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 19:16
>>602
マジワラタ
>>610もなかなかなのにかき消されてかわいそうだ・・
つーかなんでじいちゃんがふたにk(ry

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 19:18
>>602
鼻でワロタ

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 19:42
そこまで笑えない俺はマイノリテイ

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 20:01
カレマニアって誰だ?

621 :◆meOCPOuAJw :03/08/29 20:06
おかるてぃっくなエロい人。

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 20:26
>>610
人肉シューマイって話で見たことある。

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 20:26
アイス落としたら飛び散って目に入った。チョコ味だった。

624 :魯迅1881年 ◆R9vDB.WT8M :03/08/29 20:33
>>602-604
大声出してワロテしもうた、恥ずかし。

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 20:54
>>602
ざぶとん3枚

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 21:32
>>620 http://www.currymania.info/index.html



627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 21:33
そんなに面白くない。

628 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:33
思い出したくもないあの日の事。
思い出すのも怖いが語っていくとしよう。


--そう。あれは去年の今頃だった。
俺は友人は肝試しに行ったんだ。

そこは噂では夜な夜な鳴き声が聞こえてくる墓場だった。
あたりが暗い。

いや暗いだけじゃない。
なんだか不気味な気配が漂っていた。

風の音だけが辺りを包む

二人とも一言も喋らない。
沈黙が包む墓場ってのは不気味な世界だ。。

俺は「もう進むのやめようぜ。早く帰ろう」

そう言おうとした時だった。

629 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:36
赤ん坊の声が聞こえたんだ。
何かをしきりに呟いている

怖い。もうダメだ。
俺はその場で腰の力が抜けて動けなくなってしまった。

友人は「うわぁぁぁ」って言って俺を見捨てて逃げ出していってしまった。

終わりだ。一環の終わりだ。

助けてくれ。だんだん近づいてくる。

赤ん坊の声はとうとう俺の耳元まで近づいてきた。

630 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:39
嫌だ。死にたくない。
でも動けない。

助けてくれ…

誰でもいいから助けてくれ…

あぁもうダメだ。ウワァァッァァァ

その時俺は赤ん坊が何を言っているのか聞き取れた。

『Rock'n ROLL is Dead…』

あまりの恐怖に俺は失神して倒れてしまった。

そして今、その赤ん坊はテレビで活躍していることを誰も知らない…


631 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:41
…ちょっと落ちが分かりにくかったかな?

ではもう一ついかせてもらいまふ





632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 21:41
……(;´Д`)

633 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:47
あれは前の彼女とのデートが終わり
アイツを家に送り届けた所から始まった。

『あっ、忘れ物してきちゃった』

『心配すんな。俺が取ってきてやるよ』

とりあえず50万円で買った愛車を走らせ俺は俺の家に戻った。

忘れ物を家から取ってアイツの部屋に戻る途中、俺は寒気を感じた。

尋常じゃない。

この季節になんて寒さなんだ…

ふとバックミラーに目をやると一つのバイクが俺の後をついて来ていた。

『怪しいヤツだな。』

俺はそう思いながらも不気味な空気を感じていたので

できるだけ飛ばしてアイツの部屋に向かうことにした。




634 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:51
『ウザったいヤツだ。』

そう思ってスピードを上げてもぴったりついてくる。

なんなんだコイツは?

時刻は深夜1時。田舎の道には他に誰も走っていない。
こんな田舎には暴走族も居ないはずだ。

その時俺はふと気付いてしまった…

ヤツに首がついてない!!!!!!!

635 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:54
「なんで俺ばっかり」

俺は意味不明な事を呟きながらスピードを更に上げた

もうダメだ。こんな恐怖には耐えられない。
後の首なしライダーは相変わらずピッタリついてくる。

更にスピードを上げた。
ダメだ。また追いつかれた。

死んでしまう。殺される。誰か助けてくれ!
畜生!なんで俺がこんな目に遭わなくちゃ行けないんだ!


636 :叩かれ屋 ◆hwGmv.3QG6 :03/08/29 21:58
そうしているとヤツが俺を追い越しにかかった。

追い越されたら死んでしまう。

そう直感した俺はアクセルをめいいっぱい踏むが無駄だった。
ヤツが追い越してきた。

今真横にいる。

神様助けて。神様助けて。

そして祈り虚しく首無しライダーは何かを呟いて俺を抜かし
俺は意識を失ってガードレールに激突した。

ヤツが何をいっていた言葉はひとときも耳を離れたことはない。

     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援してくださいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉




637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 22:17
>>602-604笑い越して泣けたw感動して。w便乗して>>610にも藁田。


638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 22:17
首あるじゃんヤマザキ

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 22:29
叩かれ屋先生、暗黒四天王編書いてください。
例のスレで。

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 23:37
>>638
頭はあるが首はたしかに無さそうよ。

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 23:48
ナルホド・・・

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 00:45
二番煎じは全く面白くないなハハハ

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 01:31
私もカレーさんちから来たよ〜。


644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 03:07
超常現象に割り込める山崎に乾杯

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 03:45
>>610
良く聞く話

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 04:35
トリビアの泉@同人板
505 :名無しさん@どーでもいいことだが。 :03/08/27 21:57 ID:f6xPzI7A
何処のスレか忘れたが、2ちゃん同人板で読んだ話。
池袋で某イベントが開かれる朝。並ばされた一般参加の兄さんたちで
いっぱいになった公園。そこは「いわくつき」の公園だった。
通りすがった霊感のある人が驚きの声をあげた。






「……霊が怯えて公園のすみっこに集まってる…」

霊感のそんなにない人にも灰色のぼんやりした影が公園の端っこでうろうろと漂って
いるのが見えたとか。


647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 05:36
オタク>>霊かよ

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 07:03
あげ

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 07:04
「死ぬほど洒落にならない怖い話しを集めてみない?49 」のパート2を
誰か早く作ってください。

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 07:26
弱小サイトの宣伝ご苦労様(プ

651 :649とは別人:03/08/30 07:44
スレタイ

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?50

でどなたかスレ立てお願いします
テンプレは
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061656934/1
の前スレの部分を変更するだけで十分です

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 08:54
>602-604
禿藁
>610
その話、20年くらい前に神戸で流行ってたんだけどまだ残ってたのか!?

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 10:06
>>652
>>610の話って全国区?
三重でも20年くらい前に流行ったぞ。
でも、たこ焼きの話が基本形で、
棺桶はそのアレンジバージョンみたいなものだったけど。

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 10:30
よーするに「たこ焼きは全部フタ裏にくっ付いてた…」ってか。
いま気が付いたよ。ヤレヤレ…(;´Д`)

>>635 そんなに昔から有るの? w)

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 10:39
>>653 でした。スマソ!

656 :653:03/08/30 10:47
>>654
うん。俺が消防のころに流行った。
確かその頃は、クイズっぽく「たこ焼きはどこへいってしまったんでしょう?」
みたいなバージョンもあったなぁ。


657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 10:56
スレタイ

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?50

でどなたかスレ立てお願いします
テンプレは
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061656934/1
の前スレの部分を変更するだけで十分です

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 11:06
亀だが>>602-604ワロタw

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 11:09
>657
もう立ってるよ。

死ぬほど洒落にならない怖い話しを集めてみない?51
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062205735/l50

660 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 13:48
>>602-604



662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 13:57
〜から来ました系の記念カキコは、2ちゃんねるでは大抵嫌われる。
元サイトの管理人さんに迷惑かけたくなければ、控えよう。

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 14:34
別に嫌われないと思うが

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:06
山崎渉マンセー


665 :なおこみん:03/08/30 15:11
みん(^^)

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:13
>>662
嫌われねぇよバカ。 しったかこいてんじゃねよクソガキガ!

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:15
ガルマ専用ザクのコックピットは夜中になると
ガルマ・ザビ大佐の霊が現れるという・・・。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:19
>>667
坊やだからさ。

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:26
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも人命救助に頑張りますね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:29
マジ話。

某スレで、次々と失踪者が出てる。
あのビデオは相当やばひ。

671 :666:03/08/30 15:36
俺はエロサイトからきましたー

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:37
>>670
どこのスレ?
アク禁されてるだけじゃねーの?

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:39
>>672
違う違う。段々ほんとに怖くなってきたよ。

魔眼スレ。

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:50
>>673
見てきた、なんともいえないな
今アク禁祭りの最中だから少し様子を見よう

■■アク禁祭り開催中 10■■
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1061997589/

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:59
>>673
オラモチェックスルナリ

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 16:03
みんな宿題で忙しいんだろw

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 16:08
>>674

漏れもそっちみてきたよ。祭りというほどではないが、最近多いよな。アク禁。

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 16:17
test


679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 16:44
おいおい、

例の邪眼スレ、アク禁とかのレベルじゃないみたいだ。

生き残りが証言を始めたぞ。

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 17:18
>>670
>>679

読んできた。相当危険な香りはするが、
残念ながらスレ違い。

あれが本当なら、死ぬほど洒落にならない話スレだろ。

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 17:21
>>680

うわ。ここのスレタイよく読んでなかたよ。「洒落になるくらい」
…スレ汚しスマソ。逝ってくるね。

682 :ワルキューレ ◆mci....ll. :03/08/30 17:41
邪眼スレ見てたけどなんかスレ違いな方向にいってたように見えました

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 17:49
↑ どういうところがスレ違い?

684 :ワルキューレ ◆mci....ll. :03/08/30 18:00
>>683
邪眼は接触型の魔術だとおもってるけど
途中でビデオの話になって、ビデオを見た人が戻らないとかなんとか
ちょっとちがう分野なんじゃないかなーと。

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:15
ワルキューレさん
>邪眼は接触型の魔術だとおもってるけど
これがもう、間違いかもしれない。
向こうのスレで、実際に失踪中の人がいなくなる前に書いた
>447->449を読んだら、邪眼=接触タイプ
というものでもないんじゃないかという気になった。

確かに>668以降はスレ違いになってる。

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:19
>>679
>生き残りが証言を始めたぞ。

ワロタ

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:21
↑ なんでワロタ? 自分はあれ読んだ時ぞっとしたけど。

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:22
よそでやってくれ。
もともとここはオカルトを茶化した視点で見るようなスレだろ?

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:23
ありえへん

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:26
>>688
茶化スレしたというか、
包茎者が皮にチン毛巻き込んで痛かったとかそのレベル

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:29
>>684 貴殿は妄想世界で確信を深めていく
実に困ったチャンだと判明いたしました。顔を洗って
次の新ネタを用意して出直してくださいませ。




てめーら,スレ違いなんだよ!

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 19:14
>>684 マンガやゲームの遣り過ぎ。
>邪眼は接触型の魔術だとおもってるけど
見た事もないはずのものをどうやって分類してるんだ?
この手の「他の人の言う事は間違ってる、自分が正しい」
って言い分は一昔前に流行った前世少女ブームを思い出して鬱になる。

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 19:29
おそらく空想の中に存在するサイキック学園の住人で・・・・

694 :ワルキューレ ◆mci....ll. :03/08/30 19:50
メデューサやバシリスクに見られる神話としての邪眼
魔女狩りの時代に罪状の1つとされた歴史上の邪眼

真偽はともかく、これらは霊的な毒の注入、もしくは吸血行為と私は解釈してるけど
邪眼スレで騒がれているのは催眠術とかの共感・感染型の現象に思えます。
邪眼返しの猫目石をもってビデオを見てもなんだか効き目なさそーだし。
逆に、どんなお守りもっとけば安全に見られるんでしょうか。みたいな。

あのスレこんどは暗殺者関係のはなしになってて書き込める空気じゃないし・・。

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 20:01
よばれて飛び出て じゃじゃじゃが〜ん

696 :ワルキューレ ◆mci....ll. :03/08/30 20:06
  ( ゚ Д゚)、;.o:。 ブー
  ( つ旦O ゚*・:.。
  と_)_)

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 21:49
(´◕ฺω◕ฺ`)ショボーソ

698 :鏡時計 ◆NxzP.sLFPk :03/08/30 23:05
>>697
……その顔は何だ?

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/31 00:03
これは俺が去年の夏休みに実際にあったことだ。断じてフィクションなどではない。
洒落にはならないのかもしれないが、それを認識した上でこれを見てくれ。


去年の夏休み、俺はいつものように親に内緒で深夜に2chをやっていた。
もう3時を回った頃だろうか、のどが渇いた。
一階にある飲み物を飲もうとして階段を下りた。
俺は基本的にきれい好きだ。
手が汚れていたので、洗面所で手を洗った。月明かりが綺麗だから電気はつけなかった。

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:10
俺はのどが渇いたのも忘れてすっかり月を見入っていて、手を洗ったあともしばらく月をみていた。
そして俺はゆっくりと洗面所を離れていった。
が、『ビチャッ!』という物音とともに、右足の裏に妙な感覚を覚えた。
水では無い。そもそも室内だ。多少の液体のようなものもあり、動いていて、不思議な触感だった。
動いている。湿り気がある。だが熱は感じられない。
俺は暗闇の中独りその『物体』の正体を考え、脅えていた。
  「とりあえず、見てみよう」
俺は電気をつけた。

……足の裏には驚愕な『もの』があった






ゴキブリだ

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:17
月光仮面ですか

702 :ヘルニアさん:03/08/31 00:31
カコイイ

703 :鏡時計 ◆NxzP.sLFPk :03/08/31 03:34
靴を履いたら、中にヤツがいたことがある。

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 12:55
つーか、FFXI以外の場所でワルタンを見掛けたことが驚きな訳だが…

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 14:52
>>694
>真偽はともかく、これらは霊的な毒の注入、もしくは吸血行為と私は解釈してるけど
>邪眼スレで騒がれているのは催眠術とかの共感・感染型の現象に思えます。

霊的な毒というのは何だか???だが、これが病原菌などの感染症とすれば
説得力が増してきますな。
共感・(心理的)感染型でも邪眼は邪眼じゃないの?
色んなタイプがあるって事で。あそこで話題になってるビデオは共感・暗示の感染
にもうひとつプラスアルファがあるかと思うが、いかが?
 ところで、暗殺関係者の話はもう済んだよ。
今は>1に非常事態宣言を出せという話になってる。

>邪眼返しの猫目石をもってビデオを見てもなんだか効き目なさそーだし。
>逆に、どんなお守りもっとけば安全に見られるんでしょうか。みたいな。
 武術や気功を身に付けて、邪眼を破るテクニックを身に付けるしかないのでは?
というレスがあった。たぶん、武術家の頂点クラスの人ががビデオを見て、
「面白いものを見せてもらった」といった逸話(意味深ですな)、
武術的な技を持ってる人は邪眼を向こうにする技を知ってるの意味かもしれない。

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 16:08
あの邪眼スレ・・・ギャグとシリアスを交えながらどんどん怖くなっていってる・・・。
(((( ;TДT)))ガクガクブルブル

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 16:50
>>706
あっちに書きたくないからここに書かせてもらうけど、
ビデオって武道板のやつらが見たのと違うのか?
武道板のやつらはみんな元気みたいだが。

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 17:03
>>707 見てる奴も見てない奴もいるみたい。
どうも消えてる奴は消えてるんじゃない?

>>705 の最後の行あたりをよく見れ。
>>逆に、どんなお守りもっとけば安全に見られるんでしょうか。みたいな。
> 武術や気功を身に付けて、邪眼を破るテクニックを身に付けるしかないのでは?
>というレスがあった。たぶん、武術家の頂点クラスの人ががビデオを見て、
>「面白いものを見せてもらった」といった逸話(意味深ですな)、
>武術的な技を持ってる人は邪眼を向こうにする技を知ってるの意味かもしれない。


709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 20:38
すれ違いだが本スレに・・・・
武道家は笑ってたらしい

379 名前:1 ◆JAGANoBVDs 投稿日:03/08/20 11:14
こんなん見つけたんだけど・・

>誤伯焔氏の実演ビデオを観た某流派の宗家は「面白いものを観させていた
>だきました」と笑っていたし、、、(^○^;

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 21:03
スレ違いだが、

>誤伯焔氏の実演ビデオを観た某流派の宗家は「面白いものを観させていた
>だきました」と笑っていたし、、、(^○^;

これについては、武術というには幼稚すぎる内容だということらしい
あえていえばお遊戯会というレベルとのこと

呉伯焔氏が「○○老師と」っつって写ってる写真もまったくの別人だったっていうしw

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 22:14
しかしあのスレに書き込むと空気読めないだの茶化してるクズだの叩かれそうだからこっちで書くけど、
たかだか数人2ちゃんにその後のカキコがないってだけで(死体が発見されたわけでもなく、場所柄ネタ説や偶然説も濃厚なのに)
連続失踪しただの非常事態宣言だの、痛過ぎて見てるこっちが寒くなる。
ネタに悪ノリしてるだけなら笑えるけど、どうも本気入っちゃってるっぽいし。
オカ板住人ってあんなんばかりだと思われると正直鬱だ。。。
もともと邪眼ビデオなんて洒落になる位の怖い話だろ?

と強引に締めてみたけど微妙にスレ違いゴメソ。


712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 22:53
それは一側面しか見ていないからだ。
呉氏にはただのインチキ説と
高手だが、インチキに貶められた説の2種がある。
これは本スレでも、武道板のスレでも色々といわれている。

武道板の凡その結論では、かつての弟子達や、呉氏と接触した経験のある
本物の武術家たちの証言をまとめ、
 呉氏の提出する資料や写真、由来などは嘘八百。
それは、武術家にとって真実の全てをあからさまにすることは危険である事による。
また、呉氏自身が、資料にはいくつものフェイクが混ぜてある事を最初から明言してるので、
写真が嘘だの経歴が嘘だのと追求する事は無意味である。

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 23:04
しかし、武術の腕は紛れもなく本物で、現代では失われた技術を幾つも伝承しており、
その伝承事態が奇跡的とも言えるところもあるらしい。
 また、呉氏の嘘であるが、真実を隠すためだけでなく、
本人に性格の問題や妄想癖がある事にもよるらしく、弟子達はとんでもない苦労や
信じられぬほどの嫌がらせ、嘘を教えられたり、高額の金銭的な要求を受けていたらしい。
もともと、他人を貶めたり、雑誌での執筆時も、他社や同業者の悪口を
実に過激な口調で繰り返していたためであり、予期された事でもあったらしい。
 それでも弟子がついてきたのは偏に、その高い実力故で、
台湾の名手に呼び寄せられ、その実力を買われ、最後の伝承を受けたり、
香港の他門派の入門式に、立会人として正式に呼び寄せられたりといった証言もあり
一言でいえば、数多くのフェイクの向こう側にいる人物であり、
われわれの常識のみを持って、呉氏という人物像を判断する事は危険である
という実情が浮かんできてはいる。


714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 23:11
 以上は武道板で何度も論議された内容であり、公正な姿勢を持って確かめられたく思う。

最後に、呉氏と面識の有る無しに関わらず、
武道板でのコテハン達や、実際に名乗り出た、経験豊かな武術家達のレスを要約すると、

「全くのインチキ、恥知らず」「全て妄想の武術、独学で造ったもの」というものから、
「師系は確かめられており、非常に高い内容の武術を伝承されている事だけは確か」
「他派から見て、許せないほどの嘘やインチキはあるが、それを推し引いても、
価値のある、高度な内容をも、同時に発表している」
「でたらめ三昧で、それと同じ位に本物」
「多くの功罪を垂れ流したが、同様に実に多くの価値ある技術論を提示した」

等など。

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 23:20
以上、故に
>>710氏には、呉氏へのマイナス評価のみに偏らず、
プラスの評価にも目を向けて纏めるべきであり、

>>711氏には、確かにネタ説や偶然説も有効だが、
そうではなかった場合の事もしっかりと考えて欲しい。
 例えば、もし死んでいたとしても刑事事件でもないので、
死体の発見が報じられる事もなく、
 明らかな事故や変死でなければ、(恐らく自然氏の状態で発見される確率が高いのでは?)
したがってその後の事がこの掲示板で明らかにされる事は考えにくい。
といった旨も考慮に入れて戴きたい。

 少なくとも、本スレでは住人の多くが、異常事態や、何らかの不可思議な兆候を
感じとって怯えている。つまり、怯えるだけの何かが有ると感じる者が多いのは確かなのであるのだから。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 23:39
こんな所で五百円ネタの遭遇した事に戦慄!

717 :711:03/08/31 23:41
>>715
>>そうではなかった場合〜後の事がこの掲示板で明らかにされる事は考えにくい。
 それって「ネタでした」という当事者の告白が無ければ、
ビデオの仕業か否かの証明がなされる術もないわけで…。
 考慮に入れて戴きたい、と言われても、結局その場合は
時間と共にこの騒ぎが忘れ去られるだけで、根本的に我々
には何の解決手段も取り得ないと思うんだが。
(呪いのビデオは存在した!とマスコミにでも騒ぎ立てるのか?)
 まあ、面白半分で騒ぎを大きくする心情もわからんわけではないが、
本気で怖がっちゃってる奴も少し冷静になった方がいいと思うんだな。
ネタもデマも容易にまかり通っちゃうこういう場所ではさ。

重ね重ねスレ違い&長文スマソ


718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 00:09
>>717 先ずはその、>面白半分で騒ぎを大きくする心情もわからんわけではないが、
 という考え方を辞めれ。

>>>そうではなかった場合〜後の事がこの掲示板で明らかにされる事は考えにくい。
> それって「ネタでした」という当事者の告白が無ければ、
>ビデオの仕業か否かの証明がなされる術もないわけで…。
 この解釈も間違ってないか?
そうではなかった場合=本当に誰かが死んでた場合・・・の事であって
例え死体が出てきても、よほどのことがない場合、
ビデオと死体を関連付けて考える奴がいない、ということだろ? 

一番間違ってるところは、
ネタであればネタでもかまわないんだよ。誰も死んでないという意味だからな。
万が一、そうじゃなかった場合を心配してるんだよ、みんな。

719 :711:03/09/01 00:30
>>718
>この解釈も間違ってないか?
「そうではなかった場合」を当事者以外は判断できない、ゆえにこのような不確定なことで
無闇に騒ぎ立てるのはどうかなという意味で書いたのだが何かおかしいか?
あと「ネタであればネタでもかまわないんだよ」と言いながら、片方で他人に
>>面白半分で騒ぎを大きくする心情もわからんわけではないが、
>という考え方を辞めれ。
 というのも矛盾しているんじゃないか?
 まるで当事者の心配よりもネタ疑念の方が少しでも強い奴は許さないような物言いだ。向こうのスレもな。
 とにかく不確定なことで熱くなりすぎて自分たちの意見に反するものは排除しようとする空気がありありと見えて、
 向こうにも書き込めないこの状態が嫌で愚痴っただけさ。
 結局当事者のカキコ待ちぐらいしか現実に取るべき手段はないんだからちょっとはモチツケ。
 

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 00:39
>>719 矛盾はしていないと思う。何故なら、
>面白半分で騒ぎを大きくする心情もわからんわけではないが、
この考え方がある限り、こちらの考え方を受け入れられないだろ?
どうせネタの癖に、どうせ面白がってるんだろ? と。

主張は一貫してる。当事者が心配なんだよ。

それが伝わらないから、
>まるで当事者の心配よりもネタ疑念の方が少しでも強い奴は許さないような物言いだ。
>自分たちの意見に反するものは排除しようとする空気がありありと見えて 
と受け取ってしまうだろ? 
とにかくその考え方(面白がってるんだろ? ネタだとされるのが許せないんだろ)
という堂堂巡りのパターンを辞めろという事。

このままだと、当事者を心配する声がかき消されてしまう。
自分では常識的な考え方だと思ってるんだろうが、実はかなり歪んでいるぞ?
>自分たちの意見に反するものは排除しようとする空気がありありと見えて、
 これは自分自身だという事実が見えてるか?

まあ、ただの愚痴だと信じたいが……。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 00:42
>>711
常識ぶっているが、実は穴だらけで、物凄く冷酷な香具師なんじゃなかろうか?

もまいら少し落ち着いたら?

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 00:55
>まるで当事者の心配よりもネタ疑念の方が少しでも強い奴は許さないような物言いだ。向こうのスレもな。
 とにかく不確定なことで熱くなりすぎて自分たちの意見に反するものは排除しようとする空気がありありと見えて







そう見えるのは>711だけではないのか? 当事者を心配する言葉が具体的に載ってるが・・・無視なのか?
あんた洒落にならん程怖い。

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 01:11
洒落になる位の怖い話が続いてるね。
失笑、苦笑の類だけど。

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 01:13
それは犠牲者がいるかもしれないのに、
それを踏みにじって苦笑してるって事だよね?
それともただの平和ボケ?

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 01:20
っつーか、向こうのスレでは信じて心配してるやつらと
馬鹿にして見下してるやつらに分かれてるだけ。

>>719にはそういう現実が見えてないのだろうか?
馬鹿にするよりは、騙されてるかもしれないと解りつつ(まさか解ってるだろ)
それでも心配して待ってるやつらに、俺は好感を持つけどな?

726 :711:03/09/01 01:42
短期間にこれだけの反対意見痛み入ります。
掟破りとは知りつつ絨毯爆撃レスしていきますんで、
ROMの方にはスレ違いとは重ね重ね承知していますが今暫くご辛抱を願います。

>>720
>>この考え方がある限り、こちらの考え方を受け入れられないだろ?
>>どうせネタの癖に、どうせ面白がってるんだろ? と。
 ああ、書き方がまずかったな。これ書いたときには真に受けている人にも幾分かの疑念はあると考えていたので、君のように100%信じ込んでいる人のことは埒外だったんだ。

>>とにかくその考え方(面白がってるんだろ? ネタだとされるのが許せないんだろ)
>>という堂堂巡りのパターンを辞めろという事。
 視点の違いがはっきりした今、その要請には答えられない。すまんな。

>>このままだと、当事者を心配する声がかき消されてしまう。
 そうか? 心配する声のほうが圧倒的に多いぞ? 

>>自分では常識的な考え方だと思ってるんだろうが、実はかなり歪んでいるぞ?
 視点の違い、ですな。もっと信憑性のある流れだったら俺も心配してると思う。
>>これは自分自身だという事実が見えてるか?
 こういう議論の場合は往々にしてお互い様、ということがあるが、あのスレを支配してるのは圧倒的に肯定派という現状を鑑みてくだせえ。

>>721
>>常識ぶっているが、実は穴だらけで、物凄く冷酷な香具師なんじゃなかろうか?
 穴だらけなのは自覚してるし、冷酷かもしれん。
 少なくとも呪いの中国武術邪眼ビデオ連続失踪事件、で踊らされるほどには優しくないみたいだ(笑

727 :711(続き):03/09/01 01:42
>>722
>>あんた洒落にならん程怖い。
怖くてゴメンな。でもこちらとしては不確定なことにここまで一様に皆「呪いの連続失踪!」と右往左往してしまう現状の方が怖いんだ(苦笑
オカ板ってオカルトなことにもう少し距離を置いて楽しめる住人がもっといると思い込んでいたものでね。まあ、今はそういった人の声が少ないだけなのだといいけど。

>>725
>>馬鹿にするよりは、騙されてるかもしれないと解りつつ(まさか解ってるだろ)
>>それでも心配して待ってるやつらに、俺は好感を持つけどな?
 たしかに俺みたいにひねた奴よりは人間的に好感持てるかもな。だが、上のやりとりでわかるように720氏は100%信じ込んでいるようだぞ。
 それに、心配するにしてもそれに相応しいネタというのがあると思っているので。なんでもかんでも心配すりゃ人格者ってわえじゃないだろ?
 まあ、俺が圧倒的に空気読めてないのは認めるが。。。


 えー、どうやらこれだけの反響を見てると、ますます自分と各レスしてくれた人たちの視点の違いが浮き彫りにされて興味深いっす。
 まあ、これスレのタイトル的には

「呪いの中国武術邪眼ビデオ連続失踪事件」

 が洒落になる結末を迎えて欲しいというのが俺の私見としてレスを締めさせていただきます。









…………(;;゚Д゚).。oO(洒落だよな?

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 01:58
>>720だけど、もちろんネタかもしれないと思ってるけど、それでも心配してる。
>このままだと、当事者を心配する声がかき消されてしまう。
これが一番の言いたい事。心配する声と馬鹿にする声、どっちが多いのか?
半々な様な気もする。あるいは、馬鹿にする方が多いんじゃない? その方が常識的だし。
>>727で最後の行に、>…………(;;゚Д゚).。oO(洒落だよな?
って書いただろ? 要するにみんな、同じ気持ちなんだよ。
或いは、最初からネタとして、ノッて楽しんでかだな。

でも信憑性はないな、全く。しかしオカルトとは何時でもそんなもの。
実は、こうやって反目してたようだが、根っこのところでは同じ気持ちがあるのではないかと思う。
なんとなく、気持ちよく終われて良かったよ。有難うな。

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 02:05
>711は独善的だが、イイ!香具師と見た。
これからもがんばれよ(…………(;;゚Д゚).。oO何を?)

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 02:29
> ああ、書き方がまずかったな。これ書いたときには真に受けている人にも幾分かの疑念はあると考えていたので、君のように100%信じ込んでいる人のことは埒外だったんだ。
> だが、上のやりとりでわかるように720氏は100%信じ込んでいるようだぞ。
 
結局全て>>711の思い込みだったと、証明されたわけだが。。。
もう繰り返すまい。せっかく良い形で終わったものな。

    このひねくれ者っ (゚∀゚)つ)^∀^) だって2ちゃんねらーだもん♪


731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 02:36
洒落になる話で終わりましたな。

732 :711:03/09/01 02:39
多分、これで最後のカキコ。

>>728
 時間をおいて向こうのスレを読み返してみたが、思ったほど肯定派が圧倒的というわけでもなかったな。
 先入観で毒されてたみたいだ。本当に落ちつけっての俺(苦笑
 あと向こうを読んでて、信憑性の多寡はともかく心配すること自体に否定的になるほどでも
 ないなと思い返したよ。こういう場でそういう意見が多いことももう少し評価すべきだと思った。
 久しぶりに2ちゃんで熱くなったけど、こちらもいろいろ得るものがあってよかったと思ってる。口悪く言ってゴメンな。 

>>729
ありがとう、2ちゃんでイイ!香具師と言われるのは正直嬉しいよ(笑
実際は独善的でひねくれた香具師だガナー
おまえもがんばれよ(…………(;;゚Д゚).。oOだから何を?)

>>730
(゚∀゚)つ)*ノノ*)イヤン 


それでは名無しに戻ります。おまえらお休みノシ

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 02:56
>>599-604
誰かこの一連の流れを吉里吉里でつくってくれんかのう。


734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 14:57
しばらく見ないうちにレス伸びてるなぁ・・
と思ってみてみればこれかよ。
雑談&スレ違いの話はするなよ。

ま、このレスもスレ違いなんだけども。

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 15:04
爽やかな後味でいいと俺は思ったがな?
まあ、そうひねくれるな。人間には、時にこの種のムダさも必要なのだよ。

736 :  :03/09/02 08:06

σ(^◇^;) りニューアル
http://k.fc2.com/hp.cgi/littlebit/



737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 02:30
「恐怖新聞」のビデオが発売される時、宣材として恐怖新聞を模したチラシが
作られたので、知り合いの郵便受けにそれを突っ込んでおいた。

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 08:39
>>737
俺は夜中の2時に
しんぶ〜ん
と言って投げ入れた。
帰りに警察に職質された。
スキンヘッドだからか。。。

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 17:13
>738 あんた洒落にならん位、恐い。

740 : :03/09/03 17:22
>>738は住職

741 :ちっぱん ◆dcpChnLpNk :03/09/03 18:33
今日は朝から激しくゲーリー。
昼過ぎになって倉庫の整理をしていて、重い文書の束を持ったとき
つい腹具合のことを忘れて踏ん張ってしまい、
「ブチョッ」
って感じで湿度100%の屁が出てしまった。
尻に伝わる感触に冷や汗が出た。

と、よく考えてみると、去年の今頃大阪で研修を受けてたときも、同じ
ような悲劇に遭遇したことがあった。研修所から彼女に送ったメールを
見直してみると(いい歳してそんなこと報告してる自分に鬱だが)、
なんとちょうど去年の9月3日だった!

驚くべき偶然のウンチ。いや、一致。

もうすぐその彼女とケコーンするし、今年で30歳だし、もう二度と実は出すまい。

742 :初心者:03/09/03 19:16


743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 20:42


744 :フリーティン:03/09/03 23:15
最近、アダルトサイトを見ようとすると、
必ずラップ現象が起きる。
今も起きた。
ヤヴァイ・・・
同じような体験ある人、いるよね。

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 23:37
ラップ現象などのポルターガイスト現象などの霊現象は若い男女少年少女の
もてあまされた性のパワーが綿密に関係しているとの研究報告があるんだ。
発散するとラップ現象も起きないんじゃないかな

746 :チャーリーズエンジェルフルスロットルビーバー ◆SAVJNX/C0Q :03/09/03 23:41
それじゃ例現象に悩まされてるやつは
欲求不気味ということになるじゃないか。
それがもし本当だとしたら
迂闊に霊体験なんか話せない世の中になるぞ
自己申告?( ´,_ゝ`)プッ

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 23:42
YO! YO!


748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 00:06
あれか
オナーニの振動で家がきしんで音が出るのか

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 00:53
金縛りは性的欲求不満ともいうからたまりにたまった欲求不満が
理想の異性像を映像化して視覚化させたものが映像化した霊じゃないかな。
だからたまりにたまったら爆発するのを恐れて先生達は
クラブ活動などのスポーツを奨励、性エネルギーを昇華させようとしているんだ。

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 04:30
ところで生霊がもっとも出そうな場所ってよー
国 会 議 事 堂 じ ゃ な い か ?

どう思うよ?

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 10:46
>>750
そりゃないでしょ。
死霊や生霊なんかよりよっぽど怖い連中がうようよ居るんだから…

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 11:50
>>751
いや、欲が満ちてるということで

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 14:40
>>750-752
導き出される答えは

生 霊 な ん て 存 在 し な い 。


悲しいけど、これ現実なのよね。

754 :1/5:03/09/05 02:30
これは友人から聞いた話。

ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった。
3年後湿地帯でその男の遺骨が発見され、遺留品も回収されたが、
そのなかには、テープレコーダーがあった。
テープには大声で助けを求める、男の声が録音されていた。
男はどうやら何かけがをして、動けなくなったらしかった。
テープことはマスコミにも公表されたが、遺族も警察関係者も
公表をひかえていた部分があった。
そのテープには助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。
何かに非常におびえた男の声だった。
どうやら夜に何かがおこっているようだった。
男は必死にテープにむかって口述している。

755 :2/5:03/09/05 02:31

一日目
「夜になると人の声がする・・・
呼ぶ声がする・・・
こんな夜中に誰もいないところに・・・
だれもいないのに・・・」

756 :3/5:03/09/05 02:31
二日目
「たすけて・・・
声がする。
夜になるとあいつがやってくる・・・
暗闇から呼んでいる・・・
昨日より近くなっている・・・
おそろしいよ・・・
おねがい、たすけて・・・
とてもこわい、とても・・・
だれかたすけて・・・」

757 :4/5:03/09/05 02:35
三日目
「近くまで来ている・・・
たすけて・・・
人が・・・ヒッ・・・
・・こわい・・
近くまで来ている・・・
おねがい、たすけて・・・
おねがい、おねがい
よぶ・だれも・・・
ひ・あいつ・・ちか・・・・こわいよ・・たす
すぐそばまで・・たすけ・
こえが・・・
おねがい、・・た・・・・て」

758 :4/5:03/09/05 02:35
こうしてテープはそこで切れている。
それ以後、男はテープに何も録音していない。
警察はこのテープをくわしく分析した。
テープはずっとその男の声だけで、他の怪しい物音は
入っていなかった。
しかし、三日目のテープが最後に切れるところで、
これまでとは違う音が録音されていた。
そのことに関して、分析家も理解不能だった。
それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声だった。
レコーダーのすぐそばで発せられている。
耳元でささやかれたかのように、はっきりと。







「すいません、ちょっとここ通りますよ」

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 03:10
まあ、二匹目のどじょうは、
なんとかだな。

 ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 03:26
これってがいしゅつだっけ?

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 03:30
  ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
 ( ´д)ヒソ   ,、,、  ヒソ(д` )
( ´д)ヒソ   (・e・)   ヒソ(д` )
( ´д)ヒソ    ゚しJ゚    ヒソ(д` )
 ( ´д)ヒソ        ヒソ(д` )
  (   ´)ヒソ(   )ヒソ(`   )



762 : :03/09/05 12:50
面白いと思う俺は逝って余地。

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 15:29
(・∀・) へえーすげえや!

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 19:05
>>758に『4/5』って書いてあったせいで
オチをオチと思わなかったのは俺だけか

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 22:41
>>764
俺もそう思った

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 11:13
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U

そもそもこいつ人間じゃないじゃん

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:17
>>768
俺もそう思う。

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:21
>>769
俺もそう思う。

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:21
>>770
俺もそう思う。

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:50
>>769
俺もそう思う

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 20:07
>>771
俺もそう思う

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 20:51
>>800が良い事言った!!

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 20:52
>>772
激しく同意

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 20:54
>>1001
いつもご苦労様です

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 23:34
>773
さらに禿同!

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 01:29
>>775
厳しく同意

777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 01:46
>>876
確かに、そうとも言えるけど。。。


778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 03:29
>>956
このリアル中が!


779 :UMA(馬) ◆6l0Hq6/z.w :03/09/07 21:21
aa

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 01:02
>>777
しかし、>>875-874で結論がでているじゃないか。
これ以上、議論をする余地はないと思うが。

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 03:58
この日記の9月6日に注目

http://www5d.biglobe.ne.jp/~albireo/nikki10.htm

782 :( ´・ω・`)(´・3・` ):03/09/08 04:08
え…讃岐うどんが怖いって話?
どこが怖いのかな〜

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 12:22
まあまて、オマイラもちつけ!
>34が降臨するまで待とうや!

>782
その画象充分怖いな

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 17:53
邪眼スレってどこだ?

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 11:55
>>784
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1055843688/l50

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 12:12
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1060158494/l50
だった…

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 14:49
25歳にもなって滑り台から落ちて骨を折った

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 15:22
赤い部屋はどう

789 :784:03/09/10 19:44
>>785THX
でも倉庫行きか…残念。


790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 20:31
二週間前、共犯のAに頼まれて俺は奴をハンマーで
しこたま殴った。可哀想に、奴は最早別の物体といってもいいくらいに
なってしまった…。奴の体を小分けに刻んで、自宅に隠していたのだが、
どうやらそれも限界のようだ。明日、この世から消さなければならない。
勿論、Aにも最後までつきあってもらう。言い出したのはお前なのだからな。







誰かモチいりませんかつД`)⊃ □

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 21:34
なんでこの残暑にモチ…

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 02:03
俺の部屋の壁には血痕がある








壁に止まった蚊を潰したからな

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 14:39
オレの手が蛾の鱗粉だらけです。
何故か今年の夏は大量発生してやがる・・・。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 14:16
丸3日書き込みがないな
どうした?

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 18:46
syあれにならじあでないくなっやyから

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 23:08
高校の頃の友人にしつこく宗教に勧誘されてます。
ある意味怖いですよね。

797 :あなたのうしろの名無しさん:03/09/19 19:07
ヴァゲ

798 : 1:03/09/19 19:22
1です、はっきりいってこのスレがこんなに伸びるとはおもわなカタデス。
個人的には602サンのレスがオモロカタデス。

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 19:35
昔高校のクラスメイトだった浅田君(仮名)はガチャピンと呼ばれていた。
当時レーザーポインターという赤いレーザーのペンライトがはやっていて
クラスの誰かの目にあてたりするのが日常だった。
そんなある日誰かがガチャピンの顔にレーザーをあてた。
次の瞬間それを見ていた友人が悲鳴にも近い声で叫んだ
「浅田が火を噴いた!!!」
そう、それはレーザーが浅田の出っ歯にあたり反射したのだった。
笑い死ぬかと思った

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 22:14
師匠光臨しる

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 22:27
昔親戚にとんでもないおじさんがいてさ、そいつが子供拾ってきて、育てたら
その子がまたいい子で、おじさんの手伝いよくやるんだよ。
んで、子供が9歳のとき躾。
おじさんが子供をかわいがってる所に突然紙袋被った気持悪いおばさんが来てな、
子供は私のでごんす、返して下せえ、返さないならお命頂戴って言うわけだ。
おじさんびびって子供を返しちまったんだ。子供は泣きながらおばさんに引き取られたんだ。
それから、おじさん凄くショックで毎日酒飲んで俳人同然になってさ、
ある日ついに人殺しちゃったんだよ。んで、護送中に逃亡して、半年後
には山菜とりしてた3人のジジババ殺して、警察に捕まったんだ。
んで、もう当然死刑ね。それから10年経って、いよいよ死刑執行の日だよ。
執行前に坊主が来るんだが、その坊主が爺さん見て涙流すんだ。
爺さんわけわからず戸惑ってると、坊主が涙ながらに言ったんだ。
「おじさん、あのときのおじさんですね。私はあなたに会いたかった。」
おじさんは自分の醜態を見せらんねえんだ。ずっとうつむいてんだよ。
んたら坊主が言うんだ「私はおじさんのした事は許せないが、せめて
恩返しだけはしたいんです。どうか、死んだ人への償いの気持を忘れないでください」
んで、執行日。おじさん死んだよ。んで地獄に落っこちてる、坊主がやってきて
おじさんの手を引くんだ。おじさんが手に引かれて天国に登ろうとすると、
おじさんの手足を4人の人間引っ張るんだ。坊さんも引っ張るもんだから、
胴体残し手足首全部吹っ飛んだ。おじさん、生首だけ天国に言ったんだ。
そしたら、女の体が手招きするもんだから、いって見たら首がないんだ。
びっくりしてると、その体がおじさんの生首を自分の体にくっつけた。
おじさん、女になったんだ。気がつくと、おじさんは生き返ってた。
遠くに子供づれの親子がいるんだ。
そしておじさん黙って近くに落ちていた紙袋を拾い、それを被って言ったんだ。
「坊や・・・」


802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 03:28
世にも奇妙な物語なテイストが漂うな

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 22:48
>>801 いいね

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 01:46
ギャハハハハハハハコリャ傑作!_(__)ノ彡☆ばんばん!
(^∀^)ゲラゲラ         (^∀^)ゲラゲラ
          イキデキネーヨ        (^∀^)ゲラゲラ
ハライテ-       ゲラゲラ                      (^∀^)ゲラゲラ
   ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
  (´∀` ,,)、     ( _ ;)        シテクダサイ     (^∀^)ゲラゲラ
  へ,, へ⊂),    _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
 (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
                                (^∀^)ゲラゲラ
( ´,_ゝ`)プッ  ( ´,_ゝ`)プッ  ( ´,_ゝ`)プッ
  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
 ( ´∀`) ( ・∀・) <ヽ`∀´>
 /,   つ /,   つ /,   つ
(_(_, ) (_(_, ) (_(_, )
  しし'    しし'    しし'




805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 18:49
上げてもいい?

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 13:36
1どこ行った

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 14:44
1どこ行った

808 : :03/10/02 15:23
100どこ行った

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 16:40
999はまだか?

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 18:36
今、エロ画像見てチンポしごきながらこのスレ見てたら
ちっこいクモがチンポに飛び乗った。
びびった。

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/06 01:09
hosyu

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 19:33
なんでかわからないけど、>>156の最後の一行が無性に面白かった。
なんでか理由考えてもわからん・・・。

813 :ヨシ:03/10/17 22:22
別に眼精死勁功は睨み殺しの技ではないんですけど・・・。


814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 22:44
やべーことに、それはひろしでした。


815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:22
age

816 ::03/10/20 03:53
俺ん家の前神社なんだけどさ。
0時過ぎそろそろ寝ようかって思ってベットに横になったんだけど、
なんか神社の方からパンパン聞こえる。
俺の部屋は2階で窓から神社の境内が見えるんで
なんだろうと思って見てみた。
そしたら神社の電灯に照らされて人影が見えた。
なんか社と鳥居を往復して、社の前まで来ては手を叩いている。
電灯は社に付いてる奴一個だけなんで、
鳥居のとこで何をしてるのかまではちょっとわからなかった。


817 ::03/10/20 04:07
「お百度参りかあ。珍しいなあ」と思ってまたベットに横になったんだけど、
どうにも手を叩くパンパンという音が気になって眠れない。
しばらくして、音が止んだので、
「おっ、終わったのか」と思ってまた窓から見てみた。
すると人影は手にビニール袋を持っており、
神社の裏手の藪の方へ行くとそのビニール袋を茂みの中へ投げた。
そしてそのまま歩いてどこかへ帰ってしまった。
しばらく見ていたが遠くに見える電柱の街灯に照らされた後ろ姿は
このあたりのどこにでもいそうな田舎のおばさんかおばあさんのように見えた。
「なんだあの袋?中身は?あの人近くに住んでる人なのか?」
その日はこの事が気になってほとんど眠れなかった。

818 ::03/10/20 04:34
翌日の夕方。
神社の隣の広場ではいつものように近所の子供達が野球をしていて、
境内からでもその平和な嬌声が聞こえる。
人一倍好奇心の強い俺は境内に昨夜見たような怪しげな人影が誰もいない事を確認すると
意を決して神社の裏手へ足を運んだ。
あった!
それはどこにでもある普通のスーパーのビニール袋のようだった。
簡単に縛ってあったのでそれをほどく。
すると中からは小さな箱が1個だけでてきた。
紙でできた縦20センチ横10センチくらいの箱。
心臓がバクバク鳴るのを押さえその箱の蓋を開ける。
中には釘をめちゃくちゃに打たれたわら人形が入っていた。

819 :ヨシ ◆KLy5Ke5vbk :03/10/23 09:19
500円のことは武板で話そうね。

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 21:32
あああああ
僕はもうダメです
昨日のんだ薬がすごく古かったんです!
大正製薬でした・・・

今朝飲んだ牛乳がすごく古かったんです!
明治牛乳でした・・・

さっき食った寿司がすごく古かったんです!
元禄寿司でした・・・

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 08:06
(´▵ฺω◕ฺ`)

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 13:05
>>601-604みたいな例外もあるが基本的に1レスに収まらんネタはつまらんな。
特にずっと文章でグダグダ言われると返ってオチが弱くなる

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・:03/10/31 13:22
>>820
(≧Σ≦)ぶっ!ツボにきたょ!!

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 02:12
>>602-604
ガイドラインから来ました。
禿ワラタ

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 10:33
こっそりage…

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 10:39
もっこりage

827 :重複誘導です:03/11/14 15:53
重複しています。続きはこちらでどうぞ
スレタイの形容詞を変えても中身は同じです。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1068510246/l50

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 22:01
>>827
> スレタイの形容詞を変えても中身は同じです。

…読んでもいないくせに

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:45
出たな自治厨!!

死ね 市ね 子ね 氏ね 士ね 紙ね 師ね 志ね 刺ねぃ

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 12:02
>>827
キチガイ死ね。

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 23:42


832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/20 23:25
来年の4月から、年俸性という名の賃金カットをすることになった。
家族手当や住宅手当、通勤手当に残業代までカットされるようだ。

そちらかというと、洒落にならない話だけど

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/22 15:04
洒落では済まさん

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/02 21:33
さっちゃんの話しようか?
多分死人でちゃうけど…話していいか?

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/02 22:02
>>834
たぶん死人なんかでないから話してみ

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 02:02
高校の時、友達がいきなり
「石焼きタツヒコちゃん」などとのたまい、
不謹慎にもほどがあるのがまた面白すぎたため、
笑いすぎによる呼吸困難で死線をさまよった所感。

837 :長文スマソ:03/12/03 13:00
「昔、ある村にさっちゃんという女の子がいた。
さっちゃんはバナナが大好きだったが、当時バナナは高級品。めったに食べられなかった。
ある時、さっちゃんは病気にかかった。死に至る病だった。医者もあきらめた。
病の進行は止まらず身体は衰弱してゆく一方。
ある日さっちゃんは母に告げた…
─バナナが食べたい…死んじゃう前にバナナ食べたい…
母は家を飛び出しバナナを買いに行った…

バナナを抱えた母は急いで家に帰った。娘の、もう何度見られるかわからない笑顔が目に浮かんでいた。
だがそんな母を家で待っていたのは…
─娘の死だった。

838 :長文スマソ:03/12/03 13:23
という訳でさっちゃんは死んでしまった。だが悲しいことにさっちゃんは成仏できなかった。
最後にバナナを食べれなかった事がそうとう無念だったのだろう。
さっちゃんはその後何十年間も現世をさまよい続けた。
ばななを食べさしてあげれば成仏するだろうけど…それはもうできない。

さっちゃんがさまよっている間、日本はどんどん豊かになっていった。
いつしかバナナは簡単に手に入りどの子どもでも食べられるものとなっていた。
さっちゃんは始めは羨望の眼差しでバナナを食べる子ども達を見ていた。
だがそれはいつしか憎しみに変わり…子供たちに逆恨みするようになった。
(わたしもこの時代に生まれたかった…)
(わたしだってバナナ食べたかったのに…食べたいのに!)

なんで!こいつらだけ…!!

─気がつくと…さっちゃんは鎌を持っていた。
とても大きな…人ぐらい簡単に殺せそうな…鎌。

839 :長文スマソ:03/12/03 13:41
…てゆー話。聞いたことある?」
とある小学校で一人の男子が放課後、クラスのみんなに話をした。
「ないない。」
話を知ってる生徒は誰もいなかった。
「マジで?かーっ!まいったなぁ、こりゃ。」
「はぁ?何でお前がまいるの?」
「つーか、怖くないじゃん。かわいそうな…まぁ、バナナバナナ言うからそーでもなかったけど。」
「いやさ、でるのよ。この話聞いた奴の所に…必ず。」
「なにが?…ってまさか…」
「うん。さっちゃんね。鎌でな、殺しに来るぜ。絶対に。」
「来ねーし。」
「いや、ぜってー来るって。まちがいねーって!」
「100%?」
「200ぱーせんと来るって!」
「じゃあ、何でお前は生きてるわけ?」
「そーだな、何でだ?作り話だろ?」

840 :長文スマソ:03/12/03 14:03
「だからさ、助かる方法があるのよ。一つだけ。」
「何それ?早く教えろや。」
「あれ?そんなに怖いの?そんな急かしてw」
「もうすぐ塾の時間なんだよ!だから頼むって!」
「わかったよw 雅史を死なせる訳にはいかねーからな。方法は簡単。寝る時バナナを枕元に置くんだよ。」
「それでバナナか…」
「バナナは本物じゃなくて絵とか写真でもいいよ。
さっちゃんは寝てる時に襲ってくるんだけどさ、バナナっぽい物をそばに置いとくと退散するんだよ。」
「なんかさっきの話と矛盾してねー?」
「まー、いいから信じろって。じゃなきゃ殺されちゃうぜ?
そうだな、俺がお前の分のバナナ描いてやるよ。」

「バナナか?これ。」
「大丈夫!上手下手は関係ないって。」
「…死んだら怨むぞ。」
「みんなもちゃんとバナナ描いてねーっ!こんな絵でも大丈夫だからーっ!」
「はぁ…」(家で描き直すか…)


841 :長文スマソ:03/12/03 14:23
ここでクラスは解散した。
─帰り道
「お前、この話誰から聞いたの?」
「ん?いとこから。」
「お前は枕元に絵を置いたのか?」
「決まってんじゃん。じゃなきゃ死んでるって。」
「そーか。来るのは話を聞いた日だけなのか?」
「そーみたい。俺は一週間絵を置いてたけど、兄貴は一日だけだったぜ。でもまだ生きてるw」
「ふーん。」
「…まだ信じてない?いいから置いとけって。減るもんじゃねーし。」
「あぁ、そのつもりだよ。」(信じちゃいないけどな)
「つもり…じゃなくてさ。あっ、俺家こっちだから。じゃーな。」
「あぁ、また明日な。」
「死ぬなよー!」
「絵を置きゃいーんだろ!わかってるよ!」(大声で「死ぬなよ」とか叫ぶなよ…恥ずかしい)

842 :長文スマソ:03/12/03 14:54
ここは田舎。子ども達は疑うことを知らないw
その晩、話を聞いた生徒はみなバナナの絵ないし実物を枕元に置いた。
そのかいあってか、さっちゃんはどの子の所にも姿を現さなかった。
…だが話を聞いた人、全員が助かったわけではなかった。
少年が話をしていた時、ろうかで聞き耳を立てていた者がいた。
それはこのクラスの担任の女教師だった。

(ふっ、子どもが考えそうな話ね…)

当然担任はバナナを置く気もなければ、絵を描く気もなかった…

彼女はその日遅くに家に帰った。
(明日も早いし…もう寝よう)
そして彼女は眠りに落ちた…


丑三つ時、彼女はふと目を覚ました。
しかし身体が動かなかった…

(あら?これって…金縛り?何年ぶりk…えっ!?)

彼女は気づいた。目の前に浮かんでいる女の子に…
女の子は鎌を持っていた。月光を浴びたその鎌は…
とても大きくて…人ぐらい簡単に殺せそうで…

どす黒い赤の血で…まみれていた。





843 :長文マジでスマソ:03/12/03 15:16
(この子は…?幻覚?私も疲れてるのかな…)
少女は黙ったまま。
(鎌…今日あの子達が話してた子みた)

ボタッ

何か液体が口元に落ちた。
(なに、これ…血の…味…えっ?)

─…じゃえ。
(えっ?今何か…)
─死んじゃえ。
(!!)
─死んじゃえ。死んじゃえ。死んじゃえ!
(いやっ、いやーーーーーーーーーーーっっっ!!!!)
─しんじゃえしんじゃえしんじゃえ死んじゃえ死、死死死死死死死死死死死…!
少女は鎌を振りかざす。
(!いや!身体が動か、ひっ!死にたくない!死にたくない!死に!死にしに…)
ブンッ!

…鎌は振り下ろされた。


844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 15:36
しかし、振り下ろされた鎌はねらいを外し、布団をばっさりと切り裂いた。

(た、たすかったの・・・?)

そして、再び鎌が振り上げられた。

(今度こそもう終わりだわ!!)

・・・・・・

しかし、何も起こらない。
すると、声が聞こえてきた。

− バナナ バナナが! バナナが! ギャァァァァァー

叫び声を残して人の気配が消えた。
体も自由に動かせる。

呆然として、ふと切り裂かれた布団の隙間を見る。

ウイーン ウイーン ウイーン
そこには、音を立てて動くバナナが転がっていた・・・・・・



教訓:バイブの電源は切ってから寝よう

845 :長文マジでスマソ:03/12/03 15:40
─翌朝
「…25,26,27,28,29,30,31!よし!みんな生き残ったな!」
「そりゃそーだろ…絵なんか要らなかったんじゃねぇーか?」
「バーカ。俺が描いてやった絵がなかったら、お前死んでたぞ?」
「…はぁ」
「それに安心しろ。一回回避すりゃもう出てこないから!さっちゃんは。」
「さっちゃん?…あぁ、そんな名前だったっけ。」
「…よく生き残れたな、おめー。」
「…はぁ」

ガラガラッ
教室の戸が開く。
「おらーっ、早く席について静かにしろ。大事な話がある。」
クラスは一瞬にして静まる。
「あれ?松田先生は?休み?」
「あー、大事な話ってのはその事だ。昨晩、松田先生がお亡くなりになられた!」
えーーーーーーーっ!?
一瞬にしてクラスはざわめきを取り戻す。
「騒ぐな!俺も詳しいことは知らん!葬式は明後日の予定だ。保護者に伝えろ!以上!」
男性教師はそそくさと教室を後にした。

「なんであいつあんなに焦ってんだ?」
「…さぁ」

846 :これで最後:03/12/03 15:54
葬式が終わった後、妙なうわさが広まった。
「松田先生どうやら殺されたらしいぜ?」
「えっ?殺人?」
「しかも四肢切断だってよ。」
「なにそれ?」
「さぁ?大人に聞いても教えてくんないし。」
「…手足が胴体から切り離されてんだよ。バラバラ殺人ってヤツだな。」
「ば、ばらばら?あわわわわ…」
「しかしそんなあのひと恨み買ってたっけ?やな先生じゃなかったよな。」
「無差別じゃない?今、流行の。」
「ひでぇ…」
─バナナ置かなかったからだよ…
「ん?お前何か言った?」
「あ?いや、何も…」
「あっそ。」




「なぁ?」
「ん、何?さっき言いそびれてた事?」
「あぁ…」



「怖い話、聞きたくない?」



847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 15:57
以上、オナニーでした。
じゃけんこれだけは守って欲しい。
今夜寝る時は必ず置いてくれ。死んでも絶対責任とらんからな。


848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 18:56
懐かしいな。ポンキッキーズか。

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 20:56
師匠、本気だったんですね……

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 13:14
つかその話って学校の怪談(昔ポンキッキであった花子さん)のパクリじゃん。
学校の怪談でも確か担任の女教師が死んだよな。バナナではなかったと思うけど。

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 17:02
雷が、走ってきたんです。
恐怖で目がぴかぴあ

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 17:27
<丶`∀´> ウンコ食いたいニダ

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 21:39
>>636

854 :5:03/12/04 23:29
;

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/05 01:46
>>844
流し読みしてたら騙された

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/05 12:58
>>602-604

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/06 14:39
>>855
俺も騙されたよ・・

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 02:16
>>855>>857
なんというか、>>845-846なしで、>>844でオチをつけて終わった方が、
この話は秀逸だと思ったのは俺だけ?

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 13:43
>>858
同意…つか、
自分はもう、844が真のエンディングだと思ってるし。

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 08:30
>>837>>844でギャグの落ちで笑わすために、作った話だと思う。

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 21:28
>>602-604
FLASHにしてみました。
http://whoisthis.hp.infoseek.co.jp/flash/yamazaki.swf
感想キボンヌ

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 23:08
>>861
どうなんだろう、ね。

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 23:16
>>861
最初のタイトルはいらないかも。
これにピッタリなBGMがあればグッド。

864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 02:37
≫861
ワロタ。1作目のほう特に。(いまさらっすか?)

865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 02:40

                                ジサクジエン王国
          ___
  ヽ l /       |(・∀・)|
  -: * -     | ̄ ̄ ̄、i , ジサクジエン王国
  /.i ヽ     △   .- * -.
   i     △l |    ´i` 
   _i__△|_田. |△.__i___
     |._|__門_|__|_____|     ジサクジエン王国

ジサクジエン王国


866 :861:03/12/10 23:00
修正シマスタ
音楽and効果音が欲しい。

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/11 22:34
まぁ1〜ずっと見てみたが一部を除きオモシロイスレデスナ。

俺の実体験をひとつ。
ちょっち前に妹が恐怖のメールとかいうのにハマッちゃって。
んで俺にもそのメールを見せてくれるんですけど
なんつーか俺怖いのだめでそういうのとか本当に駄目なんですよね。
んで俺が怖がるのを妹が楽しんで怖いビデオとかよく一緒に見させられるんですけど。
まぁその話は置いといて。その恐怖のメールなんですけど
「このメールを最後まで読んでしまった人には私の声が届きます。
私の声が聞こえたらアナタは死にます」
といった内容なんですけど、普通にみれば「ナニソレネェ?( ´,_ゝ`)ップ」って感じなんですけど
俺はそういうのめっちゃ怖くて。
その夜怖くて夜眠れなかったんですよね。
そしたら俺の部屋のどっかから
「・・・・こ・・・ば・は」
「き・・えま・・ね?」
って声が聞こえてきたんです。
俺はッハとなってあたりを見回したんですけど誰もいない
でも声は聞こえて
「あ・・し・ます・・よね?」
としっかりと聞き取れない声が聞こえて
しかもその声はだんだん大きくしっかりと聞き取れるようになっていって
「メール読んで頂けました?」
「声も聞こえてますよね?」
と、俺に話しかけるように喋って
「死んで・・・死んで。」
なんか全身がゾワっとして
「死んで死んで」
周りから笑い声も聞こえて
「死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで」
もう怖くてしかたなかったんです。

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/11 22:34
声はさらに聞こえて。
「死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで」
冷や汗がすごくでてきて・・・・
「死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで死んで」
そしたら俺の部屋のドアがドンドンドンドンとノックする音が聞こえて。
だめだ。ドア開けちゃだめだ。そしたら俺は死ぬんだ。
そして「死んで」っていう声はもう何回も何回も繰り返されてて。
ドアに鍵は掛かってないんだけどドアノブがガチャガチャ音を立て始めてて。
俺はそこで意識を無くしました。気絶して・・・・・。








ちゃんと生きてます。
後になって知ったんですがあの声は妹が怖がる俺を見たいためにおもちゃの無線
を俺の部屋に隠して俺の様子を見ながら無線でブツブツ言ってたそうです。
笑い声は俺を見て面白がってた声でしたよ。
自分が情けなかった・・・・。(´・ω・`)ショボーン
長文すみませんでした。

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/11 22:51
867−868
ただのいたずらでよかったね。 と言いたいところだが
ショックで心臓発作でも起こしてたら笑い事じゃすまなくなる罠。(((;゜Д゜))カクカクフルフル

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 02:44
高校生だった頃の話なんですけどね。
当時、文化祭委員をやってたんです。
だから、文化祭が近くなると結構遅くまで学校に残ってるんですよ。
で、飾り付けの指示とか色々するわけですから、学校の色々な所を走り回るわけです。
18:30くらいだったんですけど、急に腹が痛くなり始めたんです。
でも我慢して作業してたら、本格的に痛くなってきたんです。
で、たまたま近くにあったのが中学部校舎の地下トイレ。
ここは中学部校舎と外の両方から入れるトイレなんです。
中学部校舎がボロいのと、日中でも非常に暗い事が災いして誰も来ません。
先生なんかが「昨日トイレで煙草の吸殻がみつかった」なんて言うと、みんな「ああここだろうな」と思う。そんなところです。
だから、そんな所は入りたくなかったんですけど背に腹は変えられないので行くことにしました。
階段をくだり、古めかしいドアをきぃっと開けて中を覗くと、予想通り真っ暗でした。
黴や埃の臭いがむわっとしてきました。
電気をつけると、ただでさえ暗いのに電灯が2本切れ掛かってじぃじぃと音をたてていました。
で、適当な個室に入ってしゃがんで用を足そうとすると、切れました。電灯が。
丁度個室の目の前にあった電灯です。
個室の中の明るさはかなり減りました。

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 02:45
で、とっとと出してとっとと去ろうと頑張っていると、中学部校舎側のドアか窓がガタッと揺れた音がしました。
かなりビビりましたが、中学生がいるんだろうと考えました。
が、よく考えればその日は中学生は学年行事があり、登校しているわけはないのです。
そう思った次の瞬間、「ガタガタガタ!」とドアが大きく揺れ、しかも外の方のドアがバタンと音を立ててしまりました。
もう、緊張は極限状態です。
急いでケツを拭いていると、目の前で何かが動いています。
それは、目の前の排水レバーのあたりにいるように見えましたが
よく見ると、排水レバーに映った景色の中で動いています。
丁度、俺の個室の30cmぐらい上を黒いバスケットボール程度のサイズの丸いものがふよふよと円を描くような動きをしているのです。
そして、なにやら呼吸音のようなものも聞こえてくるじゃありませんか。
流すどころじゃありません。俺はパンツとズボンを大急ぎではいて、一目散に駆け出しました。

で、別に呪われた土地だったとかそういうのはないんですが
うんこはちゃんと流れてました。

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 02:58
俺、文才ないから洒落になる程度にさえ怖くならなかった…

_| ̄|○

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 03:42
僕の友人の体験した話をしようと思う。

友人Yは夏休みを利用して「怖い噂がある場所」を何人かの友人と巡るお遊び企画を立てた。
数日かけて男女数人、車2台で色々な場所を旅するのでなるほど中々面白いハズだ。

さて各所回って辿りついた1つの「噂の場所」、ここも幽霊が出る事でそこそこ有名だった。
そこは周りに民家が少なく、両脇は林に囲まれた旧道だった。友人Yは車を止めて林の中へ
歩いて行った。他の友人達もYの後に続き、ライトを照らしながら林の中へと入っていく。
今までの場所と同じ、「マジで出そうだよな」 「やめてよー」などと他愛も無い話をしながら
奥へ奥へと進んでいく。しばらく進むが特に怪奇現象は無い、これも普段と同じことだ。

友人Yは今回も何も無い事に少しの安堵と不満を込めて仲間達に強気の発言を繰り返していた。
「全く何も起こらねーなぁ」言い放ちながら落ちていた石を拾い、林のさらに奥へと投げ込んだ。

次の瞬間だった。「ガサッ、ガサガサガサッ、ザー」何かが近づいてくる音だ。しかも速い。
その場に居た者たちは恐怖にかられて走り出した。「マズイ、何かマズイ!」死んだ心地だ。
猛スピードで車に乗り込んでミニバンのスライド式ドアを閉めた瞬間だった。「ドン!!!ドンドン!!」
何かが激しく車にぶつかっている。Yを含めて全員真っ青になって叫ぶ「早く出してよ!」
「車を出せー!」 Yの車は猛スピードで走り出した。何が起きたのかなんて知りたくもない。

・・・・・数分後、静まり返った車内で後部座席の1人が口を開いた。「後ろの車、ついてきてないよ・・」
まさか見捨てて帰るわけにはいかなかった。恐怖に口を閉ざしたまま引き返す事になった。
引き返してしばらくすると仲間のもう1台の車が見えてきた。車の横には一人の男性の姿が見える。
どうやら幽霊ではないようだ。恐る恐るYは男性と仲間の車に近づく。「どうした、何があった?」
男性は車の運転手であるYの友人の顔をチラリと見た。そして友人が口を開いた・・・・・・・

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 03:43





「あの林の奥、右翼の支部だってさ」




875 :edry:03/12/12 05:12
僕は全く霊をしんじていませんでした。
あれは3年前ぐらいやったかのお。2月か3月ごろ。夜中、3時頃、急に目がさめた
のね。それでいきなり金縛り。初めてやったから「おおー、すげー」っておもっ
たりしてたんよ。そしたら、突然、部屋の中で足音。ヒタヒタヒタって聞こえて
くんの。俺、壁にむかってねてたし、当然金縛りやからうごけへんやん。確認で
きんかってん。なんか、部屋中歩きまわってんのよ。気配でわかんのよ。「何し
てんねん」なんておもってたら、なんか近づいてきてる気配がすんの。それで近
づいてくるにつれて、気分がめっちゃ悪なってん。「まじでか。勘弁してくれ」
なんておもってたら、もう、顔に近くに顔があるんよ。(当然、金縛りなんでみれ
ません。横むいてねてたし) もうめっちゃ気分わるなって(恐怖と)、「おかんと
こ、いってくれー」めっちゃ祈った。そしたら「キャハハハハハハ」って耳もと
でいって(頭の中できこえたかんじが強かった)ドアからでていくかんじがしたの
ね。「俺、おちょくられてたんや」なんておもってたんよ。そこで金縛りから解
放。それで、うちのおかん、ちょっと、霊感みたいなんある人なんよ。「助かっ
た」なんておもってたらおかんが「だれや!」って叫んでん。「ほんまにおかん
とこいきよった」おもて、朝、きいたんよ。「なんで昨日、さけんでん?」ほな、
おかん「誰かはいってきたんよ。おとんか泥棒おもてん」っていいよった。昨日
のこと、「夢 ちゃうかってんな」おもてしまいました。生涯最初で最後の心霊体
験でした。


876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 06:03
>875
最後かどうかなんて、まだわかんないじゃない

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 06:04
↑なんでこっちにもかいてんの?

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 10:44
「バスで行く恐山幽霊ツアー」という企画に参加しようと旅行会社に行ったら

「あら、ご存命の方ですか?
それですと料金のほうが少々お高くなりますが…」

と足元を見られた。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 11:07
>>878
わろた。

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 11:09
>878
うまい

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 11:57
>878

ゲッ ゲッ ゲゲゲのゲッ♪


882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 14:28
>>878
劇団ひとりを思い出した

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 22:21
今日郵便受けに、千切ったノートに書かれたマンガが一枚入ってた。

マンガ自体は病的だけど他愛無いもの(迷路みたいな体の子供が「ねずみとりを探しに行こう」
とか言ってたり、体の中にサンタ? が入っていったり、無意味な内容)なんだけど、
最後に「続く」っていう字に似た文字が書かれてる(漢字の間違い)のだけが怖い。

明日も届いてたらどうしよう……

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/13 00:11
郵便受けに「イラネ」て貼っとけ

885 :ARES ◆QCuj8gGVNE :03/12/13 02:55
スレタイに騙された……_| ̄|○

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/13 03:14
>>885
騙されついでに>>602-604でも読んでけ。

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/13 20:49
>>873−874
八王子だろ有名だよそこ。

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/14 23:50
>>887
水子供養の寺院後に右翼。

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/18 13:01
             _,,..,
       ,,..-ーγ´。rー、.__
 (⌒`ー-/    '';, (___,,)  ペタっと匍匐保守。
 `ー---(  )..,,,_ ー、,゚Д゚)‐、
      ```    ` '''.  ` '''

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/20 11:25
>>889
解ってる…わかってんねんで?
それは「ほふく」保守であって決して「ぶどう」とはちがうんやって。
匍匐と葡萄は全然違う字なんやって。
わかってるねんで!!

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/20 20:50
お前の気持ちはなんとなくわかる

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/12/23 04:08
別に怖くも何とも無いがとりあえず書いておこう。

この前\100の店で手鏡を買おうとしたら・・・・・・紫色しか無かったよ。
無意味にラメとか入ってたりしてた。

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/24 09:10
>>892
20歳までに忘れなさい。

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 18:40
よくわからないが俺は事故現場に行くと体の特定の個所が痛くなる。

目…頭…胸…お腹……時には複数箇所一緒に痛みが走ることがある。

前に気になって調べてみたら、なかなか高確率で負傷者の怪我の個所と一致していた。

先日、会社近くの交差点で軽トラックと普通四輪が衝突して、軽トラックがひっくり返っていた。

その時は何ごとも無く横を通り過ぎたのだが、次に通ったときいつもの痛みがきた。









_| ̄|○ 股間強打…?   イタタタタタ...

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 18:54
((((((((((((((((((((((((((((((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/29 22:09
age

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 07:39
昨日まで、しつこいくらい甘えまくってた飼い猫が今日、私をみると、毛を逆立てて逃げ回るんです!!かなり、むかつくんですが(`´)ってか、なんか とりついてるんですかね!!

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 07:42
>>897
あなたの後ろに走行中の新幹線ひかりの緊急ドアを強引に開けた
酔ったおっさんの姿が見えます。

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 07:47
猫って毛を逆立てると三倍くらいに、ふくれあがるね

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 08:36
1000取り合戦スターーーッ

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 11:48
>898
時事ネタわろた

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 12:50
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 13:56
セントリーノ

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/30 18:53
>>898

酒 落 に な つ た ?

905 :いい!!:04/01/06 14:11
 

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 15:08
1000げっと?

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 15:49
気が早過ぎ(w

908 :906:04/01/06 16:56
冗談です。
では気を取り直して。
ここに書く話は僕が体験したことです。あ、ちなみに僕は文才がないので、文章変でもお許し下さい。

僕が中2の頃の話です。そのころ僕は心霊現象などは全く信じてませんでした。8月のある日、僕はクラスの仲間のMとKと一緒に、ネットでいろいろと心霊スポットを検索していました。するとMが、
「なあ、これからNホテル行かね?」
と言い出しました。Nホテルというのは、僕の住んでいる町の3つ隣の町にある霊が出ると噂の廃墟ホテルです。
時計は5時半をさしていました。
「う〜ん、どうすっかな〜」
「でもまあ、3人で行くから大丈夫っしょ。」
「じゃあ・・・行くか!」
こうしてNホテルに行くことが決定した僕らは、とりあえず懐中電灯だけもってNホテルへ向かいました。

909 :906:04/01/06 21:54
Nホテルでは白髪白衣のいかにもマッドなお爺さんが、人造人間を創ってました。
「うわ〜、なんだこりゃ〜」
僕らは叫び声を上げて、大慌てで逃げ出しました。
「見ろよ!入り口閉まってるぞ!」
「え〜・・・マジかよ!」
そう、僕らはお爺さんの罠に嵌められてしまったのです。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 05:49
>>670あたりに書いてある邪眼スレってどこにあんの?


911 :894:04/01/07 18:30
最近よく通る道路が、右目から後頭部にかけて貫くような痛みが走る。
どんな事故があったんだろ……。

ちなみに冷や汗をかくほどの痛みであるにも関わらず、目に腫れや充血は見られず。
体の痛みでも、全く見た感じ異常も無し。
漫画だとこういう体質ってミミズ腫れとかできるらしいんだけどなぁ。


912 :906:04/01/07 19:21
Nホテルは入り口が開いていたので意外にもすんなり入ることができました。
とりあえず1階を探索してみたんですが、お菓子やコンビニの弁当の食べかすがあるだけで何もなかったので、探索を続けました。
今思えば、あそこでやめておけばよかったと思います。
3階の探索をしていたときです。Kが、
「今なんか変な音しなかった?」
と言ったんです。
「ええ、マジで!?」
「どんな音?」
「なんか、はってるよう音」
「本当か?」
「ああっ、また聞こえたっ」
Kがあまりに怖がるので、ぼくらも聞き耳を立ててみました。すると・・・
ズルッ・・・ズルッ・・・
「!!!!!!」


913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 22:13
c:\windows\win.iniとファイル検索すると

[ぬるぽ]
ぬるぽ=C:\

[山崎渉]
山崎渉=C:\とでるなんなんだ。

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 22:35
>911
鼻を強打しただけ…と思いたいねぇ。
しかし、便利なんだか不便なんだかわかんない能力だなぁ。



>913
マジレスすると、ウィルスに感染してるから。
ttp://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.hllw.antinny.html

まだ残ってたんだなぁ、ぬるぽウィルス。

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 04:39
age

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 05:35
小さな洋服店を営んでいます。
店は交通量の少ない、見通しの良い交差点の前にあるのですが
年に3〜4度交通事故が起こります。
幸い死亡事故は起きていません。しかし、車でこの
交差点を通る時思うのですが、なぜこんなに見通しが良いのに
事故が頻発するんだろうと不思議でした。
しかし先日体験した不思議な出来事のせいで、どうも
悪い気のようなものが溜まりやすい空間で、そのせいで事故を誘発してるのでは?と
感じるようになりました。
 ある初老のご婦人が来店されました。
突然入ってきて、興奮気味に「ここは妹と最後に買い物をした店なの。
セーターを買ったのよ。あの後妹は病気になって死んでしまった。
最後はやせ細って本当に可哀相で・・・」と一気にお話されました。
私はご婦人の顔を覚えていませんでしたし、なんと申し上げれば良いか
言葉が見つからず、お礼を申し上げるのが精一杯でした。
話し終えると戸惑ったような表情で、さっと出て行ってしまいました。


917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 05:37
入れ替わるように常連のA様が来店されました。
「今の方が着ていたセーター素敵ね。まだあるかしら?」
「セーターですか?」
あのご婦人は黒いコートを着ていましたから見間違いではないかと思いましたが
たった今「妹さんとセーターを買った」と聞いたばかりでしたから
ザワッと悪寒を感じました。
「ピンクのセーターよ。今出て行った二人連れの方が着ていたでしょう。」

 あのご婦人は確かに一人でした。私にとって、こんな奇妙な体験は初めてでした。
二の句が継げずにいると、A様は
「ああ、あったわ。これね。素敵なピンクだわ。」とラックから一点の
セーターを手に取りました。草木染シリーズの人気商品で5色入荷していました。
ですが、通常なら真っ先に売れるはずのピンクだけが
売れ残ってしまって、妙だナァと思っていたのでした。
A様は大変気に入って、迷うことなくお買い上げになりました。


918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 05:38

A様が帰られて一人店内に残された私は、恐くて恐くて
自宅にいる母に電話をして気を紛らわせました。母は偶然と勘違いのせいだと
結論付けてしまいましたが、無理もありませんね。
しかし、売れ残っていたピンクのセーターが、あのご婦人が去った直後に
売れたことは偶然としても、A様が私には見えなかった「ピンクのセーターを着たお客様」を
見たことは事実です。あの短い時間に、この世では起こりえない事が
私の目の前で起こったのです。
 ピンクのセーターを着た妹さんは、お姉さんと一緒に
思い出の店で買い物をなさったのかもしれない・・・そんな気がします。

こんな経験をすると今まで気に留めていなかった事も、少し恐く感じるようになります。
例えばスーツをオーダーしたお客様に、出来上がったので
電話を差し上げてみると「今入院中です」と言われ、しばらくして
再度連絡をすると、電話が繋がらなかったり。
店の奥の部屋で仕事をしていて、ドアベルが鳴り急いで店内に行くと
誰もいなかったり・・・。 こちらは思い過ごしかもしれませんね(笑
 


919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 05:39
店員さんのお話というバージョン、語り口がつのだじろうみたい

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 08:02
>>910
過去ログの海の中。
ちなみにパート2スレも立ってるけど、前スレで皆飽きたのか、
不毛な水掛け論しか書かれてない。

邪眼パート2
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1063794156/l50


921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 17:04
午前5時から心霊体験談の投稿と
それに対するレスがつく

さすがオカルト板 早起き(寝てないだけ?)

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 18:05
         ☆ チン

       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ ___\(\ ◉∀◉)<山崎渉の人助け体験マダー?
            \_/⊂ ⊂  )_ \______
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . |
       |  和歌山みかん|/




923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 19:53


924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 20:31
age

925 :y:04/01/10 01:16
yoyoyo

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/11 23:30
何かこのスレ読んでたら何か急に後ろから誰かに見られてるような気がしたから
パッと後ろ向いてみた。もちろんそこにはオレの見慣れた部屋があった。
何やってんだオレと苦笑しながらPCを見るとそこにはHIKARU(画面全体に女の顔が出る奴)が!!マジ、ビビって椅子から落ちそうになったよw





あれ・・・?でもオレ、ヒカルなんて起動してないぞ・・・

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/12 23:25
昔々、ある所に甲斐性無しのお爺さんと自虐気味なお婆さんがおりました。
ある日、お婆さんは川で人生の選択をしようと入水したところ、
川上から大きなモモがどんぶらこ〜どんぶらこ〜と流れてきたそうな。
「あと少しで楽になれたものを…思わずモモにつかまってしまったわい」
と、お婆さんはガッカリしながら家に戻ると、そこには天井から垂れる綱。
「ずるいねお前さん…先に逝っちまうなんて…」とお婆さんはその場で(ry

異臭騒ぎで村人が民家に突入したところ、中には腐乱した遺体と巨大なモモが。
あまりにも縁起が悪いため村人はそのモモをそっと川へ流しました。





どこかの村のおばあさん「川ででっけぇモモが流れてきただーよ」
どこかの村のおじいさん「それじゃ割ってみようやぁ、おばあさん」

〜〜本編に続く

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/16 14:30
コノスレも完結だな

929 :名無し:04/01/16 15:59
簡潔じゃねーよクソスレが

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 19:34
U

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 16:30
糞だ〜

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 21:04
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       /○     ○   ::::::::::::::|
  | | このスレ | ├──┤    U :::::::::::::| オワッチャッタ・・・
  | |   終了い..|U |   |      ::::::U::::|
  | | ありがと ..|  └―┘ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::         〜 終 了 〜

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 01:17




934 :ぽすと:04/01/28 14:12
こん

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 14:13


936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/01/28 15:12

 一休さんが台所を覗いてみると、和尚さんが一人でこっそり何かをなめていました。
一休「和尚さんそれは何ですか?」
和尚「うっ、一休!? こ、これは毒じゃ。
   子どもがなめると死んでしまう毒なんじゃ」
一休(あれは水飴に違いない。和尚さんは僕たちに内緒で独り占めするつもりだったんだ
   ・・・よーし)
 一休さんは一計を案じ、夜中にこっそり水飴をなめてしまいました。
一休「ウゲー! ウガッ!!」
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」

 ある日、一休さんと和尚さんは庄屋さんに呼ばれ、町に出かけました。
すると、橋の前に立て札がありました。
和尚「なになに、『このはし危険。渡るべからず』
   おお、一休。これはいけない。遠回りしていこう」
一休「ははは。和尚さん。端がだめなら、真ん中を渡ればいいんですよ」
  ズボッ グシャァ アァァ―――――
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」

 一休さんと和尚さんは、今度は将軍様に呼ばれました。
何でも、屏風に描かれた虎が夜な夜な屏風から逃げ出し、悪さをするので捕まえて欲しいというのです。
一休「さあ、将軍様。わたしが虎を捕まえてごらんにいれます。
   早く虎を屏風から出して下さい」
将軍「よし。わかった」
 グオー  ガァー
  ウギャ―――!!
 ドボッ メキメキ ギチャッ
和尚「いっきゅ―――ゥ!! いっきゅ―――ゥ!!」



937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 19:58
ワロタ

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/30 17:21
 よく有ると言えばよくある話。

 川崎市の某所に住んでいた頃、たまたま遊びに来ていた友人との話が途切れたとき、
アパートの窓の下、細い路地から数人の幼い子供が遊んでいる声が聞こえてきた。
 部屋は二階で、窓の外には狭いながらベランダがあり、すぐには路上は確認できない。
路地の幅は小型車が通るのが精一杯といったところで、向かいの雑居ビルの壁との間で
子供達の声は反響している。おかげで、路地に居るのは確かだが、どの辺に子供達が
いるのかは見当がつかない。
 楽しそうな子供達の声は微笑ましいが、カーテンを閉めてあるとは言っても外はもう
すっかり暗く、気温も下がっている。テレビを消してあったので、とっさに時間の見当が
つかなかったが、幾ら今時の子供でも、もう表で遊んでいてはまずい時間だろう。
大人の声はいっこうに聞こえない。
 確認するつもりで壁の時計を見上げ、慌てて窓を開けて外を見ようとしている友人を
止めた。おしゃべりに夢中になるうち、とっくに夜中の一時を回っていたのだ。
 二人して固まった私たちをよそに、それきり子供達の声は止んだ。

 アパートの正面は、片側三車線の交通量の多い道路で、その道路を挟んだ向こう側には
大きなお寺さんがあった。子供達の声がしていた路地は、今は大きな道路で寸断されて
いるが、かつてはそのお寺の参道だったのだと思う。お寺さんの大きな門が正面に見える、
その路地の反対側の入り口には住宅街に不釣り合いな地蔵堂がそのまま祭られていて、
その事を話してきかせた友人は、何となく納得がいくと宣った。

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/30 17:34
ganbare

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/31 15:00
 これも、やっぱりよく聞く話。

 駅からアパートへの道の途中には、春になると桜のきれいな公園があった。
昼間は子供達の声が響く、さして大きくもない公園で、その脇の道ばたには、
電話ボックスと箱形のゴミ集積所が並んでいた。
 この電話ボックス、アパートから駅に向かう方向で遠目にみると、いつも誰かが
入っている。はっきりとは見えないが、グレイのスーツの若いサラリーマン……の
ような。
 近づくに連れて、ある地点からグレイのスーツの上半分はボックス内の張り紙の
裏に、下半分はゴミ集積所の箱の影になる。でも、何が俯き加減な頭部になり、
張り紙と集積所の影との明るい隙間が、どうして人影に見えるときにはちゃんと
つながって見えるのかは分からない。
 乱視気味なので、常時眼鏡を掛けていようと、絶対そのせいだと思うことに
決めていた。が、遊びに来る友人は、皆一様にその電話ボックスを不思議がる。
張り紙の裏と集積所の影では、同じ灰色でもトーンがまるきり違うだろうという
人間も出てきたので、友人を送って駅まで行くときには、道を変えることにした。
 ある夕方、駅からアパートに向かう途中、なるべく見ないようにしていた電話
ボックスが、視界の端に入ってしまった。灰色のスーツ姿が入っている。反対方向
なのに。

 以来、その道は、連れが有るときか、日がある時間帯だけしか通らないことにした。
 ちゃんと近くで見れば、誰も居ないことは分かっているが、やっぱり側に寄らないに
こしたことはない。
――駅から一番便利な道だったのに〜…。

941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/01 03:31
アパートの天井に向かって「キキのマンコ!キキのマンコ!」と怒鳴って、
全裸になり、自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき
「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」
とハイトーンで連呼しながらベットを昇り降りした後、
クローゼットの扉の開け閉めを繰り返ししながら「ぽっぽぽっぽ」と
鳩時計のように首を振りながら言い続けること。


942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/02 01:17
今、隣の部屋からどたばた変な音がして。
何だろうと耳を澄ますと「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」
お前だったか。

943 :ドアノブ 1/2:04/02/04 10:01
よく聞く話、みっつめ。

 入社直後の研修期間中、独身寮で、女子ばかり三人一部屋、トイレ付きの2Kで
生活していたときのこと。独身寮とはいっても古いオンボロアパート。階段と二階の
外廊下は鉄板で出来ていて、歩けばカンカンと音が響いた。
 もう後は寝るだけの夜遅く、一人は台所の流しの前で歯磨き中、一人は明日の
準備でバッグをかき回し、私は玄関のドアが見える部屋で本を読んでいた。
アパートは、もう静まり返っていたと思う。

 何となく、ドアが気になって顔を上げた。別に異常ははないのだが、目が離せない。
気がつくと、横でバッグを整理していた人間も、ドアをじっと見ている。もう
一人も、ドアの脇の流しに向かったまま、歯磨きの手を止めてドアノブを注視
している。

 何だ?と思った途端、ドアノブがそろそろと回りだした。ノックも何もなかった
のでぎょっとしたが、他の二人も固まったままで声もあげない。ドアノブは音も
なく回転し続け、回りきったところで一旦静止し、恐ろしくゆっくりとドアが
引かれた。が、三人の中で一人だけ独り暮らしの経験がある私が、しつこく内鍵を
かけていたのでドアは開かない。自分の習慣に感謝した。
 一瞬、勢い良くドアノブが戻るところを想像したが、ノブはまたしても音もなく
反対に回り始め、元に戻ったところで動かなくなった。あとは、耳が痛くなるような
沈黙。もう寝静まったのか、左右の部屋もしんとしている。

944 :ドアノブ 2/2:04/02/04 10:08
 長く感じたが、多分固まっていたのは一分もないだろう。一番ドアから遠かった、
バッグを膝にのせていた人間が、真っ先に復活した。
 「なに、今の? いたずら? 男の子たち?」
 ドアに近づき、内鍵を開けようとする彼女を、歯磨き中のまま固まっていた
もう一人が押しとどめた。歯ブラシで、ドアの隣、廊下に面している流しの窓の
隅を指している。
 「誰もいないよ。そこの窓、少し開いてるでしょ。廊下はよく見えないけど、
足音も何も聞こえなかった。開けないほうがいいよ。」
 やっぱり怖いのでドアは開けず、窓をもう少し開けて外廊下の様子を窺う
が、人がいるような気配はない。しばらくしてドアを開けてもみたが、当然と
言うべきか、全く異常はなかった。
 ドアノブに注意し始めるちょっと前から、アパートでドアが開け閉てされる
ような物音は一切していなかった。後も同じ。階段を上がる音も廊下を歩く音も、
降りていく音も聞こえなかった。
 くもりガラスの流しの窓は腰の高さだから、かがんで歩けば影は映らないし、
そうでなくてもドア側から来たら窓は関係がない。足音がなかったのは、靴下裸足で
忍び足なら聞こえないかも――。
 結局、同じ独身寮にいる同期か先輩が、驚かそうとしたが不発に終わった、
ということで納得することに話をまとめて、その夜はしっかり戸締まりを確認して眠った。

 後日、同期や先輩方に冗談めかして事の真偽を正したが、当然と言うべきか
自分だという人間は出なかった。が、いたずらだったとしても、夜遅く自分の
部屋のドアを開けるところから音を忍んで、こっそりとドアに近づいてノブを掴んで、
と考えると、何だかこちらがイヤな気分になるので、考えないことにして研修期間を終えた。
 たったこれだけの話だが、ふとドアノブに注意を引かれてからの、三人
息を殺してノブを見つめ続けた数分間を思い出すと、うそ寒い気分になる。
三人揃って身に覚えのない騒音でお小言をくらったり、トイレの小窓の隅に、
埃まみれで小さなフォークが逆さに立てかけてあったり、妙なことは幾つか
あったが、概ね平穏無事な数ヶ月の同居生活でのお話。


945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/04 15:24
洒落になってませんよ?

(逆さフォークって有名な魔除けじゃないか・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル )

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 07:48
(((( ;゚Д゚)))ザクグフゲルググ

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 19:58
あるところに おじいさんと おばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしば刈りに おばあさんは川へ 洗濯に行きました。

おばあさんが 川で洗濯をしていると 川上から 大きなモモが
ドンブラコッコ エッサッサ ドンブラコッコ エッサッサと流れてきました。
おばあさんがすくいあげようとするとなんとそれは山へ行ったはずのおじいさんのお尻でした



948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 20:18
俺が大体12,3歳ぐらいだったころ、、、
俺は日暮れ前に家に帰らなければと思い、たまった尿を思い切ってたちションで済ます
事にした、あたりは森、もうすぐ真っ暗になってしまう。
と、そのとき、突然背後に気配を感じた、しかし後ろを見ても誰もいない、、、
俺は気にせず続けるけることにした、が、どうも何かがおかしい、そうおもいよくよく現場を見ると、
なんと!自分の小便が血のように真っ赤ではないか!!!!
あわててその出所を見ると、そこもまた一様に血で真っ赤だ!!
おれは半泣きになりながらチャックも閉めずに走り出した!!
しかし、しばらく走ってから、俺はやっとはな

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 20:20
しかし、しばらく走ってから、俺はやっと鼻血が自分のナニにかかっていたことに気づき、
ほとんど放心状態でチャックを閉めた、、、


950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 20:34
昨日 俺の部屋で正露丸の瓶落として割った。
寝てるとき冗談抜きに一酸化中毒になりかけた(顔真っ青)


951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 20:47
>>950
正露丸と一酸化中毒の間に
どんな複雑なドラマが
隠されていたのだろうか……。

それともたんに>>950がバ(ry

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 20:47
ハァ?

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 09:42
>>951

>>950は息苦しくなることを一酸化中毒と呼ぶ
と、信じているんだろう。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/07 13:56
便秘で、苦痛で冷や汗流しながらベッドに横になってたとき。
視界が揺らいだと思ったら全身金縛りに。
混乱して視線をさまよわせるといつのまにかベッドのわきに人間が立ってた。
性別不明。高校生くらいで、髪は黒で服は緑。
まず、「エー!幽霊かよ!マジで!」と思った。
腹痛すぎて、茶化さなきゃやってられんかった。
苦しいまま暫く見つめあってたら、奴がニタニタニターと笑った。
その瞬間、猛烈にムカついた。怒りで頭が冷たくなる位。
睨み付けて「死ねよ…」と言ったのは覚えてる。
その後すぐ気を失ったらしい。気付いたら奴はもういなかった

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/07 14:10
>>947がスルーされてるのに納得ゆきません!

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/07 14:16
>>954
便秘で死ぬぞ。
運動とか、食事、生活習慣、トイレに行く癖をつけよう。



957 :おくるみ 1/2:04/02/07 15:16
 春まだ遠い、道北での話。

 一面の雪景色の中、国道を走る車の助手席から、外を眺めていた時のこと。
 路面が圧雪状態のときに気温が下がってくると、滑って運転が難しくなるので、
ダンナは運転中はおしゃべりをしたがらない。もうあと十分ほどで家に着こうかと
いうところで、ふと前方の歩道を歩いている人影が目に入った。
 律儀に歩道も雪かきされているから、歩けることは歩けるが、ここから一番近そうな
人家までは、軽く数qあるだろう。雪道を気軽に歩きたい距離ではない。大体、
それこそ庭先まで出るのにも、きちんと厚い冬用の上着を着て出るのが当然の
この時期、何で白いシャツに厚手には見えないグレイのスラックスという出で立ちなのか。
 が、こちらの困惑など知ったことでもなく、歩く当人は全く寒そうには見えない。
 方向からして町まで出るつもりなのだろうが、距離はともかく、気温の低さが
あの薄着では相当きついのではなかろうか。
 そう思いつつ、何となく口に出すのが嫌で、歩く姿を追い越してちょっとしてから
ダンナに声を掛けた。
 

958 :おくるみ 2/2:04/02/07 15:19

「今の男の人さ、どこから歩いてきたのかな。珍しいよね、この辺歩く人って。」
「…歩いて?」
「歩道にいたじゃない。あの標識の下辺り。上着も着ないでよく平気だよね。
それに、何かへんなもの、肩に担ぐみたいに抱えてたでしょ? 
 赤ちゃんのわけないから、小型犬かな。白いおくるみにくるんでるように見えた
けど、何だか、バレーボールみたいな白い丸いものに、黒い菱形描いたみたいに
見えて。」
「……。」
「私、何を見間違えたのかな? あ、運転中じゃ細かいとこ見てないか。」
「あのな。それ以前に、歩道を歩いてる奴なんかいなかったよ! 夏場でも
キャンパーくらいしか歩かないところ、この冬場に薄着で歩きなんて、下手したら
自殺行為だぞ。そんなの、居たら絶対気づくって!!」
 急ハンドルなぞ切ったらスピンは必至なので、ダンナは路肩には気を付けて
運転していたのだそうだ。市街地を出てから、全く人の姿は見ていなかったという。
 数日は、何となくニュースや近所の噂話が気になったが、結局あの歩く人の
話はそれきりになった。それはそれで一向に構わないが、あの白いイモムシみたいな
包みの中身は、いったい何だったのだろう。無造作に抱えていて、さほど大事そうでも
なかったのだけれど。
 

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 06:05
>>945
逆さフォークって有名な魔除けなんでしょうか?
ちょっとググってみたけどよく分からない…。

フォークの取っての部分に紐をくくりつけて、
それをぶら下げるのってなんか意味あります?

960 :断然 ◆MfKOcEEe.. :04/02/08 07:14
電撃文庫「ダークバイオレッツ」では
音叉を地面に刺して結界にしてました。
あんまり関係ないですね

オタ臭くてスマソ

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/09 00:06
>>960
イメージしてみる・・

かっこいいシーンだな音叉を突き刺すって。

962 :945:04/02/09 16:47
>>959 そのやり方だと魔除けでなく、呪法の方だ・・・・













ググっても確かに出ないな。魔女系では結構有名な呪法なんだが・・・
・・・・もしかして、有名だと思ってたのは漏れだけか? ( ; ゚Д゚)

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/09 23:26
逆さフォークについてはこちら。ガクガク

ttp://www.linde.co.jp/product/cht/356h/spread/


964 :959:04/02/10 05:16
>>963
。・゚・(ノД`)・゚・。

件のフォークは近所のつぶれた工場…というか工場(コウバ)に
ぶら下がってました。
浮浪者・野良猫etc除けだと思ってたが、逆さにしたフォークって
フレーズで思い出した。
等間隔に天井(プレハブだから低い)からぶら下がってますた。
それで別段ガクブルな事件が起きたわけではありまへん。
猫の死骸はよく転がってましたが。

965 :竜崎麗香 ◆f1az7UDDaA :04/02/10 05:52
>>954
薬局で下剤買って飲んで下さい。

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/11 12:48
洒落になる程度だと思うんでこっちへ。

霊感とやらが実在するとするならば俺の霊感は強すぎもせず弱すぎもせずと言ったところだろう。
時折、絶対に在りえないところからの視線を感じたり気配を感じる程度。
まぁ人並みなのかなぁ?

そんな俺がはじめて金縛りに遭い、霊を目撃したのはハワイに留学した時だった。
俺は当時19歳。酒も飲めないし(寮や友人宅で飲むのは平気だった)、現地で人気のあったクラブにも入れなかった。
ある日、つるんでた人たち(21-23歳)がオールでクラブに行くことになった。
当然俺は行けずに、ちょっと暗いルームメイトと一緒に大人しく0時頃には寝ることにした。

数時間後、急に目が覚めちゃったんで枕元に置いた時計に目をやった。
午前2時・・・
普段なら寝入ってから2時間で目が覚めるなんてありえない。
それに室温。明らかにいつもよりかなり寒い。
何か、妙な気がした。
仕方なくもう一度寝ようと思って掛け布団を直そうとしたら手が動かない。
手どころか体全体が動かず、金縛りにあった。
うっすらと大勢の人間が歩くような物音が聞こえている。
軍靴?ふと、そんな気がした。
絶対やばい・・・。

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/11 12:50
「そういやここにいる奴に聞いたんだけどさ。この寮、○○階の角部屋に出るんだってよ」
「は?何が?」
「出るつったら霊に決まってんだろ」
「( ゚,_ゝ゚)プッ、何言ってんだよ」

数日前に交わしたやり取りを思い出す。
そういえばこの部屋、見かたによっちゃ角部屋だ・・・。
大勢の人間が歩くような物音が聞こえている。さっきより激しい。つーか走ってる音だ。
とにかくやばい。何かやばい。
俺は全力を振り絞って無理矢理ベッドの上で体を起こし、ルームメイトが寝ている方を見た。(ルームメイトは出入り口側のベッドを使ってた、俺は奥の窓のほう。
俺が無理矢理体を動かしてる間も轟音はどんどん近づいていた。
その瞬間、ドン!という音と共に部屋の扉が開きとんでもない量の軍服の兵士達が部屋を通り抜けて窓の外へと飛び出していく。
窓の外と言ってもここは12階、ありえない。

・・・・・・
最後の一人が窓の外へ消えていくと、金縛りは消えていた。
俺はとくに恐怖などを感じることもなく(繰り広げられた行動はまるでコントだったので。)眠りについた。
翌日、ルームメイトや隣の部屋の奴に足音とか聞いたかと尋ねても皆首を横に振るばかりだった。


968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/11 12:54
それ以来妙に金縛りにあうことが多い。
去年の夏ごろに出来たばっかりのマンションに越してきたんだが、そこでも金縛りにあったり女(何故かそう確信できる)の霊を見たりした。
↑の件をきっかけに霊感とやらが発達したんだな、と勝手に思ってる。

ちなみに、俺がいた寮からパールハーバーまではそこそこな距離だ。
ワイキキ付近だったからね。
つーかワイキキのホテルとかも結構出るらしいよ。注意してね。

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 03:50
高校の頃、バイト先に霊感の強い先輩が居た。
その先輩からは、色んな恐い体験や、
不可解な事を聞いた。
その1つ、先輩は、何度も何度も同じ夢を見た。
内容は、タクシーに乗り、行く先を告げる、
タクシーを下りる時、決まって、
1870円です、2000円を渡し、130円のおつりです。
(値段は、曖昧だが、こんな感じのやり取り)
タクシーの運転手さんは、いつも同じ人だそうだ。
そして、現実にタクシーに乗った時、
同じ事が、起こり、乗務員証を見ると夢と同じ運転手。
おつりを渡された時、「また、何処かで、お逢いするかもしれませんね。」
と、言われたそうだ。

970 :断然 ◆MfKOcEEe.. :04/02/12 11:06
実は夢じゃなくてホントに夜な夜な出歩いてたりして。
いやそっちの方が怖いな

何度も同じ夢を見るって事は
それが何か重要なイベントなんだろうか

971 :1/3:04/02/12 15:47
ほんとにあった話。

私がまだ中学生だったころ、雑誌かなにかの「学校の怖い噂特集」を読んでたのね。
それには、

「うちの学校の話なんですが〜(略)
   (P.N 山崎渉 ○○県 Y市 W中学校)」

みたいな感じで読者から寄せられた投稿が載ってたのね。
そのなかに、「△△県 H市 K中学校」ってのがあって、
自分の通ってた中学も○○県 H市 K中学校にあてはまるから、
まさかうちの学校のこと?ドキドキ…と思いつつ読んだわけですよ。
うろ覚えだけど確かこんな話↓

「私の学校の中庭には男の子と女の子が肩を組んでいる像があります。
 男の子の方が斜め上を指差しているのですが、
 昔、ちょうどその指を差している方向にあった教室の子が亡くなったそうです。
 それから、像はひとりでに指を差す方向を変えるようになり、
 必ず指を差されている方向の教室に不幸がある、ということが
 何度も続いたそうです。
 初めは偶然だと考えていた先生方も、あまりにも不幸が続くので
 その像の指を折ってしまったそうです。
 この話は私の学校では知らない人はいないぐらい有名な話です。

               (P.N ○○ △△県 H市 K中学校)」

972 :2/3:04/02/12 15:48
んで、これ読んで「知らんなぁ〜」と思ったわけですよ。私は。
なんか有名らしいし、じゃあうちの学校じゃないんかな?と思ったんですが
次の日、中庭に見に行ってみたんですよ。像があるか。

そしたら!
なんと!
あるじゃないですか!
男女が肩組んでる像が!
しかも男の子なんか手伸ばしてどっか指差してる…と思ったら!
ちゃんと指が折れちゃってるじゃないですか! 

まじでうちの学校の話かよ…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
速攻で友達に言いましたね。
でもみんな「え〜!怖〜い」みたいなコメントをくれるものの、
「でもそんな話はじめて聞いた」って感じでした。

973 :3/3:04/02/12 15:49
それで、6つ上のお兄ちゃんなら知ってるかな、と思ったんですよ。
家に帰って聞いてみました。
私「お兄ちゃん、中学校の中庭に男女の肩組んだ像あったの覚えてる?」
兄「おー、覚えてる覚えてる。
  
  あの像いたずらで 動 か し て 遊んだりしたな…
  遊んでるうちに 指 折 れ ち ゃ っ て。あはは」







オニィーチャーン!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

974 :もこ:04/02/12 16:20
もこが麻原しょうこうの下敷きを求めて街中を歩いていると、マンホールの上で
工員風のおじさんが薄ら笑いを浮かべピョンピョン飛び跳ねていました。
もこが尋ねます。「ねぇねぇ、おもしろそうだね?なにやってるの?」
「バカにしてんのかぁ!?こんな事が楽しーわきゃねーだろがぁ!!」
するとおじさんは鋼鉄のつるはしでもこの脳天を

と、なぜかここで話しは途切れている、不思議だ。

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 17:02
昭和40年代の生まれですが、私が小学校の頃、なぜか浣腸がはやっていました。
その流行がピークに達して男女問わず浣腸をするようになったころ、
「浣腸で事件があった。したほうは指の骨が折れて、されたほうは肛門の手術をしたそうだ」
といううわさが流れました。真偽のほどはさておいて、とりあえずその後
浣腸はしないようにと担任の先生から通達があったのですが、
つい最近、その話は本当で、それも同じ小学校の出来事だったそうです。
彼らのその後が心配です。

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 17:17
昭和40年代の生まれですが、私が小学校の頃、なぜか浣腸がはやっていました。
その流行がピークに達して男女問わず浣腸をするようになったころ、
「浣腸で事件があった。したほうは指の骨が折れて、されたほうは肛門の手術をしたそうだ」
といううわさが流れました。真偽のほどはさておいて、とりあえずその後
浣腸はしないようにと担任の先生から通達があったのですが、
つい最近、その話は本当で、それも同じ小学校の出来事だったそうです。

彼らのその後が心配です。

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 20:15
次スレいると思う?

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 20:26
電車内に一人の男が立っていた
その男は至って普通の青年風だったのだが、なぜか腰の前面に帽子がひっかかっていた。
手で帽子を持っているわけでもなく、紐などで固定している様子もなく、文字通りひっかかっていたのだ。
私は不思議に思った。だが疑問はすぐに晴れた。
電車内に一人の男が立っていた。そう、立っていたからだ。

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 20:30
>>978
つまんねーよ、ブス

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 21:03
小学校時代、友達の家に遊びに行った時の話
友達は団地に住んでいた。どこにでもあるようなぼろい団地。友達の家は三階にあった。
団地に初めて行った俺には、友達の部屋の下1/4位が曇りガラスになっている窓が印象強かった。
しばらくゲームとかして遊んでたら友達がウンコに行ったため、部屋には俺独りになってしまった。
その間ゲームをしていたら、背後の窓から異常に視線を感じた。
俺が振り向くと、窓の外から女の子が覗いていた。同じくらいの歳に見える子。
でも表情が一切動かない。一点を見つめるように俺の顔を見つめている。
一瞬何かわからなかった。でもすぐに気付いた。
本当なら体が無きゃいけない場所なのに、曇りガラスも向こうにはぼんやりと手すりが見える。
俺は思わず叫んでトイレに走った。ドアをバンバン叩くと友達がフルチンで飛び出してきた。
あの時の友達の顔が今でも忘れられない。面白かったなぁ。

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 00:21
>>980
もしもし、オチの着陸点が違うような気がしますよ。

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 01:25
なぁちょっと聞いてくれよ。
俺夕方の4時頃にwebで小説読んでたらウトウトしてそのまま眠っちゃったんだ。
で、起きてみて時計見たらもう真夜中なんだよ。

眠ったのが4時頃だったんでまだ明るかったんだよな。
当然カーテンなんか閉めてないし電気なんか点けてないだろ。
でな。

俺の部屋、マンションの角部屋で廊下に面してるんだけどさ。

さっきから曇りガラスの向こうに人影が見えるんだわ。

廊下の電気点いてるから明るさの差でこっちから丸見えなんだけど、
向こうからはこっちの様子見えないんだろうな。
結構ガラスに顔近づけたりして中の様子伺ってるみたいなんだよ。

よく見たら窓の鍵閉まってないし、ちょっとこわk

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 12:07
>>982
そういうときは、トイレに走ってフルチンの友達を呼び出せばいいよ。

984 :SMALL ◆rl41uJGz.2 :04/02/13 14:45
次スレはいらないでしょ…

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/14 08:46
(´∇`)

986 : ◆TYutQsuHy2 :04/02/14 22:29
|////| (  )ノ |////| ウィーン(自動ドア

987 : ◆cMOOhEqd6I :04/02/15 19:29
おっす!おらゴクウ

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/16 19:54
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/16 22:01
怖いよ。外から家の中覗かれんのって俺的に恐怖度MAXだよ。

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 02:44
むしろ、ガラスに顔近づけたりして中の様子伺ってる奴こそが、
フルチンの友達だと思われ。

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:17
ttp://web.archive.org/web/20001206163800/www.i-love-epson.co.jp/download/list/mj_list.htm

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:21
ttp://www2.plala.or.jp/Cool/okite/zzz/table/table07.html
ちなみに俺は約20秒@iMacDV400@下り380Kbps
1.0の時は確か数分かかっていたような...
これでやっとテーブル表示はWinIE並みになったと言えるかな。

五秒くらい
同じく、5秒程度。(Dual 2.0GHz G5/Safari1.2)
>>658
G4cube/450 12〜3秒。

669 名前:名称未設定[sage] 投稿日:04/02/07 10:29 ID:egyJJTgO
>658
PBG4/400 20秒

674 名前:名称未設定[] 投稿日:04/02/07 12:12 ID:jS5Di6lQ
>658
iBookG4/800MHzで9秒位
>>658
G5 Dual2Gで、8か9秒くらいです。

677 名前:名称未設定[sage] 投稿日:04/02/07 12:36 ID:0iGuGxyr
iMac G3 600 で20秒くらい。

678 名前:名称未設定[sage] 投稿日:04/02/07 13:02 ID:JM5CsBUN
>>658
QSG4 1.47で5秒くらい

8.86sec IE6+1.7GHz Celeron@local
13.52sec Safari1.2+Sawtooth(G4/450)@local

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:29
FX5900XTスレより

131 :Socket774 :sage :04/02/16 22:23 ID:/4/MM7vS
今日買ってきたアルバの5900XTを挿したら起動して30秒くらいで電源が落ちた。
まさかな、と思ってケース開けてみたらTXじゃなくてプレスコが焼けてた…(;´Д`)
とりあえず明日イーマスィーンに連絡か…。

マジカ…。

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:32
【本家】INTEL厨 vs AMD厨 Part13【互換】
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1076348678/

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:39
秋葉原で逝く御食事処 二十二軒目
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1074770217/

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:44
【提灯】多和田先生を応援するスッドレ【ライター】
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1075785316/

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:50
割安銘柄の紹介と、その後を報告するスレ
http://ex3.2ch.net/test/read.cgi/stock/1067339946/

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:52
【MD導入】新防衛大綱の形 Part12【3軍仲良く】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1076396700/

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:54
天皇家って何処からきたん?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/987611776/

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 13:54
禿良いポプスレからコンニチわっく。蔵8EX譜面が洒落になるくらい怖いDesうへころ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

318 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★