5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

子供のころの変な記憶★その7

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 11:50
さあ、大いに語ってくれ
前スレ【その6】
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053518815/

過去ログ

【子供の頃の変な記憶】
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1026097457/l50
【その2】
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1027265121/l50
【その3】
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1044154866/l50
【その4】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044937362/l50
【その5】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1048859757/


2 :小倉智昭:03/07/21 11:54
この新スレは私個人として興味あります

3 :ゆき)ノ ◆PXh7AWqOEQ :03/07/21 11:54
( ・(エ)・)σ゛

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 11:58
>>2
前スレ埋めてね(はぁと

5 :小倉智昭:03/07/21 12:51
飯食べる時間無くなりそうです

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 13:14
>>5
1000取れなくて残念だったね


7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 16:41
最近になって母親から聞いた話(聞くまで私はまったく忘れていた)
小学校に上がるかどうかの頃。父の転勤で新しい社宅に越したばかりだった。
私は部屋で絵本などを読んでいたそうなのだが、いつの間にか部屋の隅に向かって
「うるさーい」とか「やめろー」とか言い出した。
母が「どうしたの?」と聞くと私は
「変な声がああしろ、こうしろと、ぼくに命令してくる」
と言ったそうで、それまでにそこでチョットした不思議体験を幾つかしていた母は
震え上がったとのコト…
そう言われてみると、当時は頭の中に色んな命令をしてくる「声」が居た覚えがある。


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 17:00
今でも謎だけど、ある一時期の記憶が
すっぽり抜け落ちてる。
祖母をなくして、実家が焼き払われたあとの
数週間が。
精神的ショックになるようなことはなかったはず。

その家で飼ってた猫を捨てたからかな。

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 17:08
私は殆ど自分の周りのことに興味がない。
念のため言っとくけどヒキーではないよ。
社会生活に支障無く生活してるけど、愛想よくうわべの付き合いしかしないので、
転校した時期や仲良くしてた友達の名前、担任教師の名前、
彼氏と付き合ってた期間、ぜーんぶ覚えてない。
全てバーチャルにしか感じられない自分は異常だと最近気づいた。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 17:14
>9
ふりをするな


11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 17:19
>>10
お前あちこちで粘着してるね。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 18:30
小さいころ風引くと大きな黒い玉が突然見えるよね?
そんな記憶があります。

13 :けな:03/07/21 18:41
>12
……あの世へ続くトンネルみたいですね。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 19:05
その黒い玉はあの世に住む人を食う蟲ですよ
子供はよく召還してしまうんだよね

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 20:40
>>12
ラウンジでそんなスレ見たことある。
結構見る人いるみたいですよ。

16 :にゃん:03/07/21 22:36
四歳か・五歳くらいの頃、近所の公園で、ピンクレディくりそつのおねえさんに遊んでもらった記憶があります。
それ以降・そのおねいさんには全く会わない(;;)本物だったのかな??
まじ綺麗だったVミイちゃんケイちゃん

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 23:07
5歳までの記憶だと思うんだけど、夜中に目が覚めたら布団のすぐ横に置いてあるタンスに
よく晴れた空港の様子が映し出されてた。ANAの飛行機の尾翼の部分とかよく覚えてる。
なんでタンスに、それも空港の様子が投影されていたのか・・・不思議。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 23:29
ここでの話題と違うかもしれないのですが私の記憶です。

確か私が小学校低学年の頃だったと思います。
時々寝ている時にうなされる事がありました。
内容はちょっと気持ち悪いのですが今でも覚えています。
木で出来た巨大な歯車が迫ってきて最後には巻き込まれる。。。
その時は(母が言うには)寝ているところから飛び出し
何かに脅えながら(夢の内容に、だと思います)走り回ったとのこと。。。
ここからがオカっぽいのですが見かねた母は
私を病院ではなく御祓いに連れて行ったのです。
御祓いされた事は私自身も覚えています。
そしてその後はぷっつりと悪夢を見なくなりました。

メンヘル板向けかな。。。とも思ったんですが
最後のあたりがオカっぽいのでこちらに書いてみました。
ちなみにこの件以来私は霊というもの信じるようになりました。
(見たことはないんですけどね。。。)

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 00:41
>18
それってアリスじゃないの?

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 00:55
アリスではないだろ。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 01:16
子供の頃家の入り口にオカンが立ってて笑顔で包丁を振り回している夢をよく見てた

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 01:31
>>18
すごい似た経験があります。
私ではなく弟なんですが、小さい頃から夢遊病の気があったんですよ。
幼児期の夢遊病はよくある話だから、家族は「寝ぼけてる」程度の認識しかなかったんですが
私が小学校4,5年くらいだったか、ある日、母に宿題を見てもらっていて
弟は机の後ろに布団敷いて寝てたんです。(私とは5歳ちがいます)
そしたら突然、弟が何も言わずにもの凄い勢いで布団の上に正座して
『九字』を切り始めたんです。(もちろんこれは後から「あの時のものは九字だった」と知りました)
私は当時、「変な事してる〜あはは」と笑っていたんですが、それを見た母が血相を変えて
弟を押さえつけたんです。私に「笑うのを止めなさい!」とすごい剣幕で怒りながら…
その後、弟は文字通り九回動作をした後何事も無かった様に寝てしまいました。
その時は弟の変な動きより、母親の顔の方が怖かった…
そんな母も、今年で十一回忌。↑こんなことを書くと決まって怒られるのでフォローもしとこう。
え〜…お世辞抜きで美人でした。美人薄命とはよく言ったもんです。ハイ。
私もあなたに似たかったよ。…ふぅ

今では社会人の弟に、上記の出来事を聞いてみると
夢遊病だけに覚えてないそうです。
でも、彼はコントロールの出来ない霊視をします。
あのころから強かったのかも、と思ったり思わなかったり。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 02:57
前もそのカキコしなかった?

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 06:06
大したことないんだけどね。
小さい頃母にお風呂で髪を洗ってもらってて、シャンプーが目に入って
母と口げんかになった。もう洗わないでいいよ!と泣きながらお風呂をを飛び出した。頭は泡だらけでもちろん裸。これだけのことなんだけど
不思議なのはね、私はこの記憶はずーっと覚えてて忘れたことないんだけど高校生くらいになって気が付いたのだ。その当時の家具の配置から時間まで全部覚えてるんだけど、なぜ私は自分がお風呂から出ていく自分の後ろ姿を覚えているんだろうって。
スレタイ通り、子供の頃の変な記憶でした。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 09:40
漏れが厨房の頃の話なんだが、
自転車を軽快に飛ばして学校からの帰宅中に、
あるカーブに差し掛かったところで急に自転車の前輪がロック!
前転しながら2m程吹っ飛んでしまった。
打撲と擦り傷を負いながら自転車をチェックしても何も異常は無く、
おかしいなぁ・・・と思いつつ倒れた所の傍の側溝を見ると、
朽ち果てた猫の死体があった。
・・・きっと気付いて欲しかったんだろうなぁ・・・

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 10:02
じてんしゃ、じでんしゃ、どっち?

27 :22:03/07/22 11:21
>>23
初めて書き込みました。
こーゆー子供、けっこういるのかもしれないですね。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 11:49
40年近く前の話なんだけど、その日はなぜか一人で遊んでいた。
ふと向こうの通りを見ると、建物と建物の間をブースカが歩いてるのが見えた。
「えっ。何でこんなところにブースカがいるのさ?」ってビックリしたけど
子供ながらに、他人に言ったらキチガイ扱いされるんだろうな・・って思って
誰にも言わなかった。
・・・ってか、今でもキチガイ扱いされるわな。
でも・・・・・・・見たんだもん・・・。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 12:14
ブースかってなんやねん

30 :なまえをいれてください:03/07/22 12:14
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 12:17
>>12
私は子供のころ、熱を出したときに
黒い雨がいっぱい降ってきたのが、見えたことあります。
小さくて丸い黒い雨です。
バック(周りの景色)は白っぽく……ちょうど実際の雪が降ってきたとき
雪が白く、バック(空とか)は黒っぽく見えるでしょ(?)
その逆みたいなかんじ。
うなされてるからだと思ったけど、なに?蟲? >>14  ギョ〜

>>18
>巨大な歯車
これもよく見た。やっぱ具合が悪かった時かな…(ちなみに普通の健康児でした。今も)
隣の幼馴染と「こうぐるぐる回るの(歯車のこと)見えるよね〜!」と言ってたら
「見える見える!」って言ってたんで、当時は誰でもみるのかと思ってた。
今は子供特有の(?)めまいとかふらつきとかで見えてた(本当は見えてないが、
子供なりのめまいや具合の悪さなどの表現だったのでは?と思うが)  

自分ではそう思って処理してたけど
まさかマジへんなのついてないだろうな……。

32 :なまえをいれてください:03/07/22 12:41
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 13:14
30年以上前、4歳くらいのときかな?

夏のあるとき祖母とともに山奥の山荘に泊まった。そこは山の中腹が開けたところで木を伐採して周りの山々がパノラマに見えるところだった。
晴れ渡ったいい天気だったのがしょぼしょぼと小雨混じりになった、いわゆる【狐の嫁入り】というやつだ。
濡れるのが嫌だったのか、俺は小屋のほうに引き返した。
そんな俺を呼ぶ祖母の声。
「見てみぃ、あれが【狐の嫁入り】やに。滅多に見れるもんやないでお前は運がええわ」
声につられて興味津々で行ってみるとそこにはパノラマに広がった山の中ほど、右から左に延々と続く青白い炎?の行列。
炎?にちらつきが美しくもあり儚げでもあった、それがかすかに移動しているようにも見える。
いったいどのくらいのあいだ続いていたのかはわからない、ただ呆然と見つめるだけで声も出なかった。怖さなど微塵もなかった、ただ「きれいだなあ」と。
祖母は「よかった、よかった」と繰り返すだけ。
それは小雨が止むとともに消えていった。

科学的根拠に基づく話なんだろうが、今にして思えばたいへん素晴らしい自然のファンタジーを見ることができたいい思い出として大切にしたい。


34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 14:01
>>33
マジ?すげー羨ましい。。

35 :33:03/07/22 14:07
>>34
マジですよ。
岐阜県の付知峡というところです

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 14:40
>>33
トトロな世界だな

そんな話モアきぼん

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 14:58
小学生の頃、
友達と放課後校庭で遊んでいた時、ふと右耳の後ろを触ると、
耳の付け根にそって縦に1〜2cmの長さの乾いた傷(ほぼかさぶた)があるのに気付いた。掻きむしったような傷ではなく、刃物で切られたように綺麗な細い線だった。
そんな所を切った覚えがないのでとにかく不思議に思った事を良く憶えている。
その後、霊を見たとか、不思議な声を聞いたとかはないけれど、
寝ている時に空を飛んでるような幽体離脱の経験はしょっちゅうだった

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 15:01
6歳ぐらいのときだったかな、妹に体のっとられたんだ・・・。ここ良スレだねage

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 15:17
昔住んでいたアパートにはエアコンが無くて、
夏の夜は窓を開けっ放しで寝ていたんだが、
決まって深夜2時頃になると、
首を絞められたような苦しい息遣いの犬か何かが、
「ゼハー、ゼハー」と唸りながら、
アパートの周りを何周も徘徊してました。
そしていつも同じ方向へと消えていくんですが、
そこには壁があるだけ・・・。
毎日気が付いたけど、見る勇気は無かった〜よ。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 15:26
友達かなんかよんでみろよ!!

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 16:53
>>31
私は、白黒の世界は、貧血を起こした時によくなります
(黒い雪?はないけど)、それかなぁ。

でも歯車はわからないなぁ。。。

42 :41:03/07/22 16:58
貧血を起こす時は視界が白黒反転の世界になる。
その反転の感じが似ているような気がした。

書き込みを意味不明に分けてしまってスマソ。

43 :店長 ◆drCKcCHuBo :03/07/22 17:01
小学生の頃、おばあちゃんちに行った時、夢をみた。
マッチでお線香に火をつけようとして
マッチをおとし、床が燃えてしまったっていう夢。
次の日の朝、起きてマッチに火をつけようとしてふと下を見ると、
ジュータン?が少しこげていた。。
ぞっとしました。。。
それ以来微妙にマッチ恐怖症。

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 17:23
>>38
ブラッドベリの短編にそんなのなかった?
(妹に身体をとられる。万聖節だっけ)

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 17:49
>>44
あったあった。
一族でその子(のっとられた方の男の子)だけ
魔法が使えない出来損ないなのね。


46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 17:49
>>33
うちの母、祖父、祖母が数十年前に見たって言い張ってる光景にそっくりだ。
いままで全く信じてなかったんだけどねえ。今から当時のことを詳しく聞いてみようと思う。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 17:59
水の中にいて 自分の吐いた息が気泡になって上がっていった
苦しいとは感じなかった

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 18:11
まだ低学年の頃だったと思うのだが、田舎からの帰り道、ウチの車の前にトロトロ運転のトラック
がいた。父親はかなりの短気者で何度も抜こうとしていたが、道は一本道でクネクネ曲がる道路
だったので中々抜けずにいた。今思うとへタレドライバーだったなオヤジ…
そのうち疲れた漏れはウトウトと寝てしまったのだが、そのとき不思議な夢を見た。
ウチの車の前を走っていたトラックがUFOに吸い上げられていくのを、他人の視点で見ている夢だった。
小一時間も経ったのだろうか、夢から醒めた漏れは母親に「前のトラックが誘拐されちゃたんだよ」と
泣いて訴えた。運転していた父親は「そういやあのトラックいつのまにいなくなったんだ?」と言い、
抜いた記憶も途中で曲がったような事もなかったハズだと言う。(一本道だから)
父親にからかわれたのか、ちょっと前に矢槌のUFO特番見たせいなのか?未だに謎だ…



49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 18:16
たまに家族に言って聞かせてる話なんだが・・・

俺が幼稚園の頃、家族でクリスマスのパーティー開いた。
家は(今は建て替えたけど)以前病院だった建物を使っていて
待合室かと思う広い部屋を応接室にして、そこに家族みんなで集まってた。
そしていよいよプレゼントをもらう時間に。(サンタさんから預かってるよ、なかんじかな?)
おばあちゃんが「はい、どうぞ〜」的なニュアンスの言葉を言って出入り口の方に注意を促すと
おばあちゃんがカートに乗せてプレゼントを持ってきた。

・・・あれ?おばあちゃん2人居ないか?

確かに今俺の隣で「出入り口の方見てごらん」的なこと言ったおばあちゃんが
その向こうからプレゼント持ってやってくる。
当時は「サンタさんがおばあちゃんに変装して」持ってきたのかと思っていた。
しかもその時すでに「今おばあちゃん二人居なかった?」と聞いたような気もする・・・
俺は気になって親にも割と頻繁に話していたんだが「不思議だねぇ」でかたずけられてしまっていた。
この記憶はホント子どもの頃から不思議だ。
ただの記憶違いだろうか。

ちなみにおばあちゃんはまだ元気。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 18:24
幼稚園かそれ以前のことで記憶も薄れてきているんだけど
ある日の夜、両親と私で車に乗って、見知らぬアパートの前に
停車していて、アパートのドアが開くようになるのを待っていた。
少し時間が経つと、母が車を降りてドアノブを回しに行くけど
車に乗ってる父に「開かない」と首を振って…ということを
何度か繰り返していたら、だんだんフロントガラスが
スクリーンのようになってきて、というかフロントガラスから
見える外の様子が変だった。
紫っぽい背景で、すごい巨大な浮世絵の人みたいなのが居た。
私が「ママー何あれー」と言っても母は「はいはい」みたいな感じで
両親とも別に変に思ってないようだった。
夢っていうのとは全く違ってリアルな感じだったんだけど…。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 23:18
俺が幼稚園くらいだったとき、ある日の夜寝てたらなんか気配がした。
怖くなって起きて母親を起こそうと思ったら、母親の寝顔の左頬に
食虫植物みたいな口?がパクパクくちを開け閉めしてる。
んで、そのときは恐怖とかなくて「何だろう?」って感じで触ろうと思った。
そしたら母親が気づいて、「なにしてるん?」といわれたので、
「何もない」といって寝直した記憶がある・・・。
あれはなんだったんだろうと今でも思う。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 23:49
小さい頃(幼稚園くらい?)母の留守中に部屋の中で母の声が聞こえてた。
アイスは2本も食うな!とか今日の夕食カレーで良い?とかつまんねぇ事言わ
れてたけど(藁)
そして本当に夕食がカレーだったりした。
そして漏れはそれが普通だと思って全然気にして無かった。
今から思うと(意識みたいなのを)飛ばしてくるくらい心配しててくれたのか
なぁと思う。
くだらん話の上に微妙にスレ違いスマソ。

53 ::03/07/23 00:23
>>51
あんた、そそっかしいから心配なのよ!

54 ::03/07/23 00:24
>>52
そそかっしいのは遺伝だったみたい。
ごめんね。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 01:36
母ワロタw

>52、何かほのぼのするいい話じゃないかw

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 02:05
>>24
子供の頃のある記憶を、他者の視点で記憶していることは、
よくあることだそうです。
漏れも川に落ちたときの記憶は、他者視点でした。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 16:02
既出かな?ここ読んでると
諸星大二郎の「僕とフリオと校庭で」っていう漫画を
思い出します。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 22:10
夜布団に入りながら押入れの障子を見たら虫の影がぞわぞわ〜っていっぱい写った。
「あ・・」って言って指をさして隣のお母さんに教えようとしてるのに
驚いた拍子におならをしてしまったので、お母さんは笑っててそっちを見てくれなかった。
お母さんも起きてたので、夢ではないんだよな。


59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 22:48
小さい頃、病気で一時は命も危なかった時(もちろん命が
危なかった事は後で知った)、部屋の四隅に黒い人影が
一体ずつ見えた。

そもそも病気でも何でも無い折からいろんな黒い影は
そこらじゅうに居た。電柱や塀などの陰からこちらを
覗くように見ていて、こちらが影を見るとサッと隠れる様な
感じだった。上述の病気の時の黒い人影とは若干受ける
感触が違いましたが。

60 :31:03/07/23 23:42
>>41
そうなんですか?
でも貧血らしい貧血を今まで起こしたことないです。
黒い雨は高熱をだしてうなされてる時に見ました。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 11:46
>>59
昔、そんな話を聞いたなぁ。
散々我侭し放題だった末期がんの患者さんが、
突然しおらしく「いままで迷惑をかけてすまなかった」と言うようになり、
看護婦さんが「何言ってるんですか〜」と言うと、
「部屋の四隅にお迎えがきているんだよ」
と言って、その後直ぐに息を引き取った・・・と言うのを覚えている。
どこで聞いた話だったかなぁ。

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 12:30
昔から、よく晴れた日になると透明なぐにゃぐにゃしたものが見えます。
別に気持ち悪くはなく、それは視界の真中から外に流れていくように移動して、そのうち消えてしまいます。
自分は現在にいたるまで視力は良いです。
子どものころは、よく説明できないながら母親に、
「このとうめいなのが空気なの?」とたずねたりしては困惑されていました。
今でも時々見ます。手で触れようとしてもつかめないし、距離感がないので、
いったい何なのか良く分かりません。
こういうのが見える人って他にいますか?
ってか眼科か?飛蚊症等とはどうやら違うようですが・・・

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 18:39
かげろう

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 20:22
まあ、網膜の血管ですよ

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 21:00
>>59>>61
病室の四隅に...、私が知ってるのは淀川長治さんの話。
淀川さんのお母さんが余命いくばくも無い時、淀川さんはつきっきりで
一緒にいてあげてたの。夜寝る時もスーツにネクタイ、ちゃんとした格好で。

ある晩、お母さんが寝入ってる真夜中、病室の四隅に異形の者がいるのに気が付いた。
それが、カラス天狗みたいな奴らなの。山伏みたいな服装で。
片膝立ててうつむいてる。そのうちの1人が顔を上げて、
「迎えに参りました」。
淀川さん、怖くて仕方なかったけど無我夢中で
「お願い。あと6ヶ月待って!」
「...承知した」。
それからきっかり6ヶ月後にお母さん亡くなったの。

平野威馬雄の「おばけをまじめに考える本」という題の本で読んだ。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/24 23:57
>「お願い。あと6ヶ月待って!」
不謹慎だけど、この喋り方にワロタ。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 00:32
この前初めてカノジョにフェ○チオされた時思い出したんだが、
ガキの頃近所のおねーさんに同じことされてたような・・・。

深く思い出すのも怖いので、それ以降考えてないが

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 07:24
>66
淀川さん、その時ほんと怖くて必死だったんで後になって
6ヶ月じゃなくて6年とか60年とか言えばよかったのに...
と思ったそう。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 12:29
>>67

ぜひ深く思い出して!

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 14:23
2mのネコを見た

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 15:06
>70
西表島の方?

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 15:07
開店セール見に来て500円から販売―――!DVDを見ようー!GO!
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
開店セール1枚 500円より→→→http://www.dvd-exp.com 
アダルトDVDが500円より激安販売→→→http://www.dvd-exp.com 
最短でご注文いただいた翌日にお届け!→→→http://www.dvd-exp.com 
セルビデオ店の人気商品が24時間お買い物が出来ます。
見やすい画面・注文簡単・時間をかけてゆっくり選んでください!
          http://www.dvd-exp.com←へGO!


73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 15:23
スレ違いだと思うが、
ガキの頃、どうしようもない虚言癖を持った奴がいた。
当時は皆そいつの言う事を信じていたんだけれど、
今となって考えれば、どう考えても嘘だったと分かるようなショボイ嘘だった。

そこで思ったのですが個人の利益に絡まないような虚言癖を持つ人って
オカルトではありませんか?

たまにいますよね。その嘘の目的が見えない人物って。

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 15:43
>>73
前にそんな感じのスレなかったっけか。別の板だったかな?
ブサイコスレが今だと近い気もするが。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 16:03
ガキの頃ではなく、昨日のウチのガキの話ですが、
仲の良い友人が先週出産しまして昨日病院にいったのですが
丁度来月二歳になる次男と妻と一緒に向かった病院ってのがその次男が、
生まれた病院でして、たどたどしく階段を上がる次男に、「タイちゃん(次男の名前)は、
ここでうまれたんだよー。覚えてるカナー?」
と言ったら、タッタッと走りながら当時の自分の個室部屋の前にいき、「ココォ」
と言いながら部屋を指差した・・・階には大小あわせて、20室程あり三叉路もある
入り組んだ形なのですが見事に当てました・・・続いて友人に面会後、新生児室
に移動したのですが私たちより先に走る形で次男は友人の赤ちゃんの寝ているベビーベッド
の前で止まり。背が届かない位置に寝ている友人の赤ちゃんを覗き込もう
と、背伸びしながら・・・「マキ、マキ」(当然知る訳ないし、字が読める訳でも
ないのに、真城ちゃんの名前を連呼・・・)

実は長男も以前この友人の最初の妊娠が死産になることを言い当てた(当然、当人夫婦
には言ってないのですが自然分娩での死産を一月前に予言した・・・)

ウチのガキどもはなんか不思議な・・・・

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 16:37
小さい頃、おじいちゃんちに遊びに行ったとき、
みんなは居間にいて、なんだか退屈だった私はひとりで
隣の座敷に行った。
そしてふと柱を見たら、10センチくらいのムカデみたいなのが這っていて
じーっと見ていたら、だんだん透き通ってきて
そのまま柱の中に消えていった。
柱に穴が開いてるのかなーと思って調べたけど
穴なんてどこにもなかった。
あの虫は一体なんだったんだろう・・・

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 18:50
虫にも霊があるのかなあ
つっても人間にもあるのかどうかはわからないけど

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 19:45
消防のころ、弟と外で遊んでいたら
突然竜巻(?)が発生して、自分だけ竜巻に巻き込まれあっという間に
家の屋根くらいの高さまで浮かび上がった。
下にいる弟が何か言っていたのだけど、フッと記憶が無くなって、
気付いたら道路の上で寝っ転がってた。

その時は「自分は空中に浮かぶことが出来たんだ!」
と本当に信じ切っていましたが・・・w
未だに夢だったのか現実だったのかよくわかりません。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 20:12
漏れが4〜5才の頃、近所の空き地で遊んでいると
とても綺麗なお姉さんが話し掛けてきた。
昔風の美人ではなく、どちらかというと今の美人タイプで
とてもいい匂いがしていたのを覚えている。

お姉さんが「ジュースがあるからおいで」と言ってきて
漏れはそのままお姉さんの自転車の後ろに乗せられ、
けっこう離れたお姉さんのアパートについて行き、
結局ジュースだけでなく、お菓子やケーキまでよばれた。

夕方になってきたので家に帰りたいと言うと、
「お母さんに電話してあげるから、もうちょっと居たら?」と言ってくれ、
マンガやプラモもたくさん買ってくれたので、
夜まで飽きることなくお姉さんの部屋で遊んでいた。
そんな漏れをずっとニコニコと見つめてたお姉さんに
なんだか薄気味悪いものを感じていたのも事実だった。

夜になって銭湯へいっしょに行って、帰りにラーメンを食べた。
銭湯では背中を流してくれたり、深い湯船ではずっと抱いててくれた。
ラーメンのチャーシューをくれたり、汗を拭いてくれたりと
本物の母親より母親っぽかった。ところがその後が全く記憶にない。

気付いたら翌日のお昼で、元の空き地の草の上で寝てた。
親にはめちゃくちゃ怒られた。捜索願を出す寸前だったそうな。
一番不気味だったのは、漏れが前日とは違う服を着てたこと。
最初から計画的に連れ去られたんじゃないかと思う。
でも基本的に悪い人じゃなかったように思うのだが・・・

80 :79:03/07/25 20:25
実は後日談があって、そのお姉さんを探したことがある。
その事件から数年が経ち、小学2年くらいのときに
記憶を辿りながら自転車に乗ってアパートを探し出した。
ところがアパートは見る影もなく廃屋状態になっていて、
とてもじゃないが数年しか経ってないようには見えなかった。

で、問題のお姉さんなのだが、実はそれからも見かけている。
中学を卒業する頃までに10回以上見かけているのだが、
それってストーカーみたいなものなのか???
不思議なのはお姉さんが全く歳をとっていないこと・・・

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 20:39
物心がようやく付き始めるくらいの頃、
親戚と旅行に行って何処かのホテルに泊まったんだが、
なぜか、ふと激しい恐怖感を感じてクローゼットの中に親戚と一緒に隠れた記憶がある。
よく憶えてないのだが、誰かがノックしたのが恐怖心のキッカケになったような気がする。
確か、なんか身体がゾワゾワして「それ」が通り過ぎるのを息を潜めて待っていた。
親戚はそんな俺を微笑ましく笑っていたな、俺はかなりマジだったのに。
旅行自体は全く記憶にないのだが、そこだけぼんやり記憶の隅に残っている。
あの時は幼い子供だけに分かる霊感みたいな物が残っていたのかも。

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 20:52
>銭湯では背中を流してくれたり、深い湯船ではずっと抱いててくれた。

抱かれたい・・・お姉さん何歳くらい?

83 :らむ ◆SAKURA499. :03/07/25 21:06
>中学を卒業する頃までに10回以上見かけている
詳細キボン。
てか、80=81じゃないよね?

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 21:40
>>75 3歳くらいまでの子供は自分が母親のお腹の中にいた頃の事も覚えてるらしいですよ。聞き出してみそ。字が読めたのと予言の事は不思議としか言いようがないですが(´・ω・`)

85 :79、80:03/07/25 22:04
>>82
さすがに正確な年齢はわからないけど、
20〜23歳くらいじゃないかと思われ。
自分の母親より若干若いかなという感じですた。
えーっと、ちなみに乳はでかかったですw

>>83
そのお姉さんは漏れが住んでいた田舎にはいないような
都会的な美人だったので、出くわしたらすぐわかりました。
(緑茶のCMに出てきそうなタイプの人だった)
夏祭りや運動会や初詣によく見かけました。
見かけるというか、むこうが「待ち構えてる」て感じが近いかな。
偶然前を通るふりをして、ちらっとこっちを見て微笑むような感じです。
夜に親父のタバコを買いに行かされて、自販機の前で出くわしたときは
「わたしのこと覚えてる?」と聞かれ、怖くなって首を横に振ったら
とても残念そうな顔をされて自己嫌悪に陥ったことも・・・

それと81は漏れじゃないっす。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 22:33
おれが幼稚園に通ってた頃の話
授業中におなかが痛くなってトイレに駆け込んだ
ですっきりして流し終わったあと、フゥ・・・と思ってると
上から声が聞こえる
「おまえパンツ落ちてるよ」
ハァ?と思って上をみると年長組のやつが覗いている
で、さらにハァ?と思って下をみると
おれの真っ白なブリーフがなぜか便器の中で水につかっている・・・
勿論ズボンなんか脱いじゃいない  おろしてるだけだ
もう一度上をみたがもう誰もいない
おれはブリーフを拾い上げると、手洗い場で思い切りしぼった
午後はノーパンでいこうと堅く決心してそれをポケットにねじこんだ・・・
何が起こったのか今でもよくわからない



87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 22:55
>85
萩尾望都の「マリーン」というマンガを思いだします。

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 23:19
漏れが幼稚園の頃。
台所にいた母のところに行こうとしたら
怖い顔で「こっちに来ちゃダメ!」と言われた。
しばらくして母は何かをがさがさと新聞紙に包んで
外のごみ箱に捨てに行った。
よく見ると、台所から玄関まで床に血が点々と落ちていた。
ものすごく怖くて何をやってたのかは聞けなかった。

ま、今考えれば鳥でもさばいてたんだと思うけどw

89 :_:03/07/25 23:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku09.html

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 23:33
>>79
そりゃぁあれだな、そのお姉さんが本当の母親だな。
お姉さんは若くして妊娠したが事情で育てられず、
子どもを欲しがっていた裕福な夫婦に生まれてきた赤ん坊をやってしまったんだ。
そして三両の金を受け取り、二度と姿を現しませんと言う証文を書いて姿を消した。
しかし月日は流れ、江戸に出てきたお姉さんは越後屋の若旦那に見初められ
大店のお上さんになった。そうなると手放した我が子のことが気になる・・・

91 :らむ ◆PFttKzspkQ :03/07/25 23:36
>>85
レスありがと。
ただの子供好きな近所の巨乳ねぇちゃん、ってのはダメ?

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 23:37
子供の頃、暗闇の中で目を見開いていたら目の前で幾何学的な模様が
動いていることなかった?

大人になってから、マジックマッシュルーム喰って見た幻影がこれとそっくりで
驚いたことがあった。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/25 23:42
>>92 あった。寝る前にそれ見るの普通に楽しみにしてた。


94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 00:14
>>62
わたしも透明なぐにやぐにゃ(?)見えます
自分の場合天気とか屋内外問わず(常に見えるわけではない)
>>62さんの言ってるものと同じかどうかはわかんないけど
流れるように動くとか同じ

距離感がないってゆーよりは3次元に存在してるものじゃないような感じがします
自分の見えてる視界(?)が映画とかのスクリーンだとしたら、
実際に見えてるものはスクリーンの中で展開されてるシーンで「透明なぐにやぐにゃ」はスクリーンに貼られた半透明シール みたいな…
(実際は透明だけど)
もし、「それ」が見えてる状態で指を眼球直前まで近づけたとしても「それ」の方が指よりも手前に見えそう
厚みも感じられないし

視力は高校卒業のころまではすごく良かったけど、ここ1〜2年で少し衰えたっぽい
いつから見えてたかは覚えてないけど、小学校の高学年ではすでに見えて不思議に思ってたYO
そして現在進行系っす

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 00:17
>>92
あー、俺もあったな
最初赤い点々が見えてきて段々それが六角形みたいになってくヤツ
目ェ瞑ってても見えるし

今もだけど

96 :94 :03/07/26 00:18
>>92
それもあったな〜
ノートとか教科書にいきなり現れることもあった
動いてるってゆーか、いろんなカタチがすごいスピードでコマ送りしてるみたいな感じ

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 00:35
>>92
おいらは、赤と青の☆が群集になって、画面の手前から向こうへと流れていきますた。
それが必ず眠る前に起きていた。(20歳前後まで)
大人になって、ドラッグ(?)やってる子にそれを言ったら非常に驚かれた。
自分はきのことか食ったことないけど、つまりは食った時出る脳内物質と同じ物が、リアルで出てた、ちゅーことなのかな?

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 07:53
>>88 それは多分母親がコップか何かを台所
でわって怪我をしてかたずけていたんだろうと
思います。


99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 16:17
消防の頃
長期の休みに、いとこの家に泊まりに行くことがあった。
その家に小さなバルコニー?みたいなのがあって、そこから見える
外の壁に、変なシミみたいなのがあった。
別に不思議に思わなかったが、2,3年たって、触ってみると
バッタのような虫だった。

漏れの記憶ではずっと同じ形で同じ場所にそのシミがあった気がする。
昆虫が死なずにずっとそこにいれるわけが無いし。

変な記憶


100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 16:23
体調が悪い時に、太いアイスキャンデーを飲みこまされるような
感覚に陥ってた。アイスキャンデーというか、楕円形のつるつるしたもの。
はしかの時もおたふく風邪の時も。熱がある時だったかな。

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 16:34
なんかこのスレは安心するなー・・・
空中のグニャグニャも目を瞑ったときのもわもわも普通の現象だったんだ
子供のころ見てたの思い出したよ・・・
やっぱり子供の頃坂道で転んで頭から出血したときの記憶が他人の視点だったのも訳わかったし

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 16:35
>>100
扁桃腺が腫れているとき唾を飲み込むとそんな感覚になるような気がする

103 :ななっすぃ:03/07/26 17:05
板違いかもしれないけど・・・

学校で『離人症』について習った。
子供のころの記憶がそっくりそのままその症状だった、、、
(他人視点で自分を見てる、自分以外は全部ロボットだ!という思い込み)
そういうヒトっているかなぁ??
離人症について検索したほうがはやいかな・・・・・・

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 17:49
>>98
きわめて冷静かつ論理的なレスありがとうございマッスル。

包丁を使ってたんで何か切ってたのは確かだと思うんだけどね…

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 20:19
授業中になぜか「さとうきび」が食べたくなった。
一度も食べたことのないさとうきびを。
んで一人でさとうきび食べるまねとかしてた。
なんなの俺

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 21:04
>100
オレは奥歯が口の中で異常にでっかくなる様な感覚になるなあ、そういう時。
硬めの消しゴムみたいな弾力つきで。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 22:28
>>79
おれもおんなじような体験がある。
外にいて気が付くといつも同じ若い女の人が
こっちを見てる。
見られてるだけで
おれはそれ以上の接近はなかったが。
小学校にはいるころには
もうなかったけど。

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 22:32
>>100
それわかる。宇宙のような空洞が喉元にふくらんだかんじ。


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 22:49
透明なぐにゃぐにゃについて長々と書いてる人がいるが
たぶん胎児の段階で眼球内に残った(?)血管。眼球とおなじ動き方するでしょ?
かなり多くの人は見えてるらしい。200Xでやってた。
漏れは幼稚園ぐらいから見えてたが
かなりハッキリ血管の形が見える。血管の中の細胞みたいな変な粒まで見えるときもある。

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 23:05
>>103
ちょっと違うけど、俺は6歳くらいのとき、「自分は何かの実験体で、
周りの人間は俺の前ではみんな演技してる」って漠然と思ってた頃が
ありますた。

111 :ななっすぃ:03/07/26 23:21
110さん>>
あー。わかる。。。
あと、熱出したときに壁とかタンスがぐぁぁぁ!!って近づいてくるみたいな。
そんな感じが常にあった。(っていうか今も)

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 23:25
>>103
やばいんですか、それ。私、今でも時々そう思う事あります。
やっぱ病気だったんだ……どうしよう。
自分以外ロボットも勿論あるし、今現在というのは夢の中で、実際は
眠ったまま手足を動かしてるんじゃないか、とかもうこれ以外にも色々…。

113 :ななっすぃ:03/07/26 23:31
112>>
一緒です!!夢が覚めたらめちゃ金持ちの子供なんだ!っていう思い込みとか
離人症?だかどうだかわからないけど、他にもいろいろ症状有り・・・

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 23:51
>>94 
それは目についたゴミっしょ・・
俺もみえることあるし


115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/26 23:58
>>85
それは君のお父さんの不倫相手だったのでは?とか言ってみるテスト。

俺も子供の頃、俺に対してすんごく優しくしてくれるどこかの若いお姉さんが居た。
後でオヤジの愛人だった事が判って、鬱になった。
家庭内は修羅場になるし、「大人はわけわかんない!」って思ったよ。。。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 00:01
>>112-113
君達は精神科に行った方が良いかもです。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 00:20
>92
見えてた見えてた。最近は疲れてすぐ寝ちゃうから見ない。
キノコやっても見えるものなのか。なんだろうね?あれは。

自分の場合だと、デフォルトの状態が空中に小さい(スーパーボールくらい)球がたくさん浮遊してるかんじ。
白っぽくて半透明。すこし砂嵐みたいにザザッとなってる。博物館とかにあるホログラフみたいに。
これの他にも、いろんなものが見えた。紙袋をぐしゃぐしゃにしたみたいな物や、人の形をしたものも。
空間いっぱいの虫が出てきた時はイヤだったなー(虫大嫌い)。

自分ではこの延長だと思うんだけど、横向いて寝てたら、シーツの上を親指くらいの人が
6〜10人くらい隊列を組んで歩いていったのをよく覚えてる。
何人かが旗印を持ってて、みんな赤い制服を着てた。
その時は何とも思わなかったんだけど、最近友人に話したら『おかしい!』って言われた。そうなの?普通だよね?
普通じゃなきゃ怖いよ。今更ながらに。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 00:34
>>92私もあります!!私のは皆さんと少し違うかもなのですが、
目をつぶると野球場に張られている巨大ネット(白)がゆっくり
でも早くも無いスピードで動いてて、目をつぶっているのに
目をこらすと、そのネットの中にカラーボール(なんとなくカラフル?)
が無数にあるのが見えるんです。ちなみに大きさは野球ボールくらいで、
ネットと一緒に動いています。 
もう小さい頃から現在(19)まで見続けています。。
なんとなくカラーボールを見るのが楽しくて、寝る前に目をこらしています。。

そしてまた「なんとなく」なのですが、そのボール達は「人間一人一人の
オーラ」みたいな認識が昔からあるんです。。。

だれか同じような方いませんか??

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 00:50
>>117

自分も、子供の頃枕元を「小人の大名行列」が通るの見たことある!

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 01:24
>119
あのー…
「小人の行列」じゃダメなんすか?なぜ大名行列!?

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:16
>>120
まさに小人の大名達だったのではないでしょうか。

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:37
>119-121
それが豆こまです。
的場スレへだうぞ

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:56
ほとんどの場合飛蚊症だと思うが。漏れも飛蚊症で同じようなもの見えるし

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 02:59
スレ違いかもしれんが7才くらいのころ林の中で
超巨大なめくじを見た。長さが25cmくらいあった。
周りの奴らには「夢でも見たんじゃないか」って
言われたけどね。

125 :次元リンクか?:03/07/27 03:20
俺はオサーンですけど、20歳すぎから夜覚醒したとき、目をこらして天井
付近をみつめていると、色々不思議な物体を見ました。幾何学的な形状した
ものとか、赤いボールが天井から目の前まで回転しながら下降してきて、また
上昇して消滅したりとか、電灯の笠から何十本ものくらげの足みたいなのが、
降りてきたりとか、消滅の時は、足先からぱらぱらと上のほうに向けて消えていき
ました。あと、我が子が産まれるひとつき前にわたしを覗き込む小さい顔があったとき
、その時は悲鳴を上げましたが、(妻がびっくりしてた)きっと生まれる前に
親父の顔覗きにきてたのかなと思っています。
他にもいろいろ見ましたが、真昼間、昼寝から覚醒した時に見た、カーテンレール
に入っていくぎらぎらしたねこのしっぽのような物体は何十秒か凝視してましたので
、ほんとびっくりしました。
眠いのでここらへんで失礼します。乱文スンマソン。

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 03:30
>124
25センチはデカスギだがヤマナメクジは信じられないぐらいでっかいぞ。
子供の目線だったのでおおきく見えたのかも。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 04:00
幼稚園の頃?向かいの家の玄関に大きな白い鳥(ペリカンとかコウノトリのイメージ)が
2羽とまっていた。近所の人がいっぱい来て騒いでいた。

都会のド真ん中で動物園から逃げ出したりしない限りありえないと思うのだが・・・
家族に聞いても知らんと言う。夢か・・・


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 05:12
>90,115
>「お母さんに電話してあげるから、もうちょっと居たら?」
の所から愛人でも、生みの親でもないと思われる。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 05:27
>>128
読みが甘い。

僕は母説を押したい。 
きっと不倫だよ、不倫、DNA鑑定してみると楽しい結果になりそう。


130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 05:51
>>129
読みがもちょっと甘いよ
俺は宇宙人の母説を押すよ。
次の日、違う服着て公園で寝てた。
しかもそこまでの記憶だけ飛んだ。
オネエさんはとしをとらない。
80よ、お前は実は宇宙人の子だったんだ。

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 05:57
>129
DNA鑑定で、地球人には無い塩基配列が見つかる。(w

132 :79、80:03/07/27 06:20
漏れは母方の祖父に激似なので実の母説はないと思う。
愛人説もどうかなぁ・・・親父はそんな甲斐性ないしw
親父の元恋人という線はないとは言い切れない。
ただなんていうんだろう、自分の子供を失った女性のような気はする。
少し歪んだ母性みたいなものを子供ながらに感じていたよ。

というのも、あとでわかった事なんだが、漏れを可愛がってくれた
祖母の家の横に住んでた人が、実は祖父の愛人だったということがあって、
その人の漏れの可愛がり方とよく似ていたから・・・
ちなみに祖父の愛人はわかってるだけで6人いますた。

・・・・もしや謎のお姉さんは祖父の隠し子?( ̄∇ ̄|||)

133 :79、80:03/07/27 06:24
あっ!そういえばさっき扇風機にむかって声を出したら
宇宙人の声になったよ!!漏れは宇宙人だったのかぁああ!!

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 06:51
小学校のとき体が猫で顔が犬の動物を見たことがある
誰も信じないと思って今まで話したことなかったけど

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 07:20
↑チワワ

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 07:23
>>135
正解

137 :134:03/07/27 07:29
違います
顔は雑種でした

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 09:12
突然変異なチワワ?

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 09:16
犬面猫

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 12:18
子供のころ熱出して寝ると、決まって同じ夢を見てた。 真っ白の景色の中、黒い
線だけで書かれたような坂道を横から見てる。 右からやはり白い車(軽トラ)が
何台も何台も坂道を登っていく。 最初はゆっくりなんだけど、だんだん早くなっ
ていって、最後はスピードに目が追いつかなくてグルグルーってなって、ハッと目
が覚める。 今じゃまったく見なくなったけど、あの夢を見るってことはとまだ体
調が良くなってないんだなぁって子供ながら思ってた。 でもなぜ軽トラ? フェ
ラーリとかじゃあかんのか?  

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 12:34
子供の頃のお前はフェラーリと軽の区別もつかんだろ

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 12:40
>>141 いやいや、子供の時の俺はミニカー収集が大好きだったから、子供ながら
に車には詳しかったよ。 特にスポーツカーは大好きだったね。 一番好きだった
のは、ランチァ・ストラトス(って名前だった気が・・)って車だったよ。 

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 12:59
>>142
やっぱりデトマソパンティーラでしょ

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 13:07
小学校の時、普段は給食なんだけど
月一で弁当の日があったんですよ。月に一回だから
どのお母さんも腕によりをかけて弁当作るんです。みんな豪華でしたから。
でも、何時も汚い格好していたY君ってのがいたんだけど、お母さんが
作ってくれなかったんだろーなー。ひとりだけキャラメルコーンでした。



145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 13:15
甥っこ(小2)の友人♀が魔女を見たと言ってるらしい。
電車の中で吊革につかまって立っていたら、窓外に箒にまたがった
魔女(黒装束で絵に描いたよな)がdでたそうだ(併走か?)。
驚くその子の方を見て
「シーーーッ・・!」とでも言うやうに口に指をそえたそうだ。
その魔女はやがて輪郭だけになり・・消えてしまったという・・・。
つい最近のことだそうです。


146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 13:15
幼稚園のころプールの後に
同級生の女の子が座りながら水着を脱いでいた場面に遭遇し
すじまんを見てしまったような記憶がある。

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 14:43
>>119

小人の大名行列、横切ったらやっぱり無礼打ちになるのだろうか・・・

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:35
自分以外ロボット…消防の時普通にそう思ってたよw

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:43
俺さ、リングってホラーがあったじゃない?
あれでリングが上映される前に、宣伝があってた頃に
確かに俺はリングを見た記憶があったんですよ。
でも家族が、見てるはずがない、これは初めて上映されるのだからと言うのです。
でも確かに記憶があったので、見る前にそれを話しておいたんです。
そしたらのちに見た時に、完全に当たっていたから驚いていました。
そしておそらく元ネタのようなものがあったのかな〜とも思ったんですけど
見つかっていません。


150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:49
ドラマもあったし世にも奇妙でもあったし。。
世にも奇妙な物語、略して「よにきみょ(よにきも)」って言ってました。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/27 17:50
いとこが大嫌いだった。
幼稚園の時。
いとこは当時六年生。ワタスは7才ころか?

泊まりとかいくと夜に
いとこは「○○ちゃんあーそぼ☆」と言い寄ってきて
布団に一緒に入る。
やだよぉ。眠い。とか言っても楽しいから!楽しいから!といって
取り合ってくれずに
「ほら服の中入って」
その頃は年上には絶対服従というヘンな意識があり、されるがまんまで
いとこの服に入りこむ。
「おっぱい押してください」だの
「ぼたん(多分乳首だった)押してぇ〜」だの言ってきて、
それもされるがまんm(ry
そのたびに
「ぁぅん」だか「うぅっ」だとかガキの糞大人びた喘ぎ声をだすいとこ。
当時は何も思わなかったんだろな。
セクースとか知らんかったから。
ただエチーことだとは思ってたみたいで誰にも今まで言ってない。

いとこは今、美容師専門学校行ってます。

152 :Y君:03/07/27 20:16
>>144

 ヽ(`Д´)ノ

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 00:15
>>149

映画になる数年前に、テレビの2時間ドラマであったよ。
全然話題になる前だったけど、すっごく面白かったのを記憶してる。


154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 00:23
夏のホラースペシャルみたいな企画であったね。リング。
主役は高橋克典、超能力の研究してる人が原田芳雄だったはず。

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 01:51
>>151

それはむしろうらやましい記憶では・・・・

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 08:08
>>153
うん。私はあのリングが一番おもしろかった。
貞子が両性具有にする必然性がよく判らなかったけど。
何故か録画してたので友達に貸しました<正しいリングの見方

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 13:59
貞子が両性なのは原作に沿ったから

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 16:56
>>157
そうだったっけ。ありがと。
原作もその後読んだ筈なんだけどすっかり忘れてた。

3歳頃、近所の女の子3、4人が白い紙につつんだ
黒い餡子のようなものを両手に持って、
紙ごとしゃぶるようにして食べてた。
生八橋みたいな感じ。でも紙部分は本当に紙みたいだった。
あれ何だったんだろうなあ。・・紙につつんだ餡子???

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/29 02:21
>>150
ウチも家族全員「世にきも」って言ってる。

>>153
うん。一番見ごたえがあった。

ぴあで「リング」と「ザ・リング」の比較を在日アメリカ人がやっていたけど
そこにテレビ版を入れればもっと変わったように思う。。

160 :&lro;:03/07/30 00:54
 

161 :&lro;:03/07/30 19:20
 

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 01:22
ほげ

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 01:35
僕が幼少の頃、冷蔵庫にマンコが入ってました。
マンコは取り外しが可能だと思ってましたが、驚きは
夕食時に起きました。な、な、なんと食卓でマンコを
父も母も姉も全員でおいしそうに食べているのです。
僕が涙目で家族に「なんで食べちゃうの?」と
聞いたら、母が「アンタはムール貝よりアサリのほうが
いいわね」と言いました。
後にムール貝をニタリ貝と呼ぶ事を知ったのは社会人に
なってからのことです。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 01:42
>>163
それ、ほんとの万戸だよ。
ショック受けないようにムール貝といっただけ。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 01:50
>>164
そ、そ、そうでしたか!

最近本物をちょくちょく食べますが甘酸っぱいですけど。。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 02:17
臭いも形も同じようなものなんだが。

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 18:57
僕は男ですがちょくちょく松茸食べます。

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 23:13

ともぐい。

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/31 23:50
>>168 不覚にもワロタ

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 14:06
>>153
貞子が水野さやか(AV嬢)だったやつだよね。
俺ら小学生だったから、メチャメチャ興奮したよ。
きれいなオパーイでした。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/01 20:04
>>170
ああ、あの人あれでしか見たことなかったから
気になってたよ。
私は女だけど、キレイな胸だなあと思った。
大きい人のでキレイだと思う事は少ないんだけど。

172 :山崎 渉:03/08/02 00:05
(^^)

173 :&lro;:03/08/02 01:17
 

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 06:31
>>170
あの貞子役は三浦綾音(AVじゃないけど脱ぎ中心の女優)だよ
そういえば最近見ないな

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 06:42
三浦綾音、勝新がヌード写真集のモデルに起用してたなあ。それがピークか。

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/02 16:37
綺音

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 02:04
俺は二人兄弟の兄なのだが、幼稚園の頃、たとえばおつかいに行ってプリンとかをみっつ買って来たり
車の後部座席に弟と座るとき、真ん中にまでつめて乗ってしまったりすることが多かったそうだ。
まるで3人兄弟かのような間違いをよくしていたそうだ。

じつは大きくなってから聞いたことだが、
俺には、生まれてすぐ病死したふたつ上の姉がいた。
そのことを知らされたのはたしか小学校2年生だったか。

いちど幼稚園のお絵描きで家族の絵を描いたとき、4人家族の絵を描いた隅っこに
ひとりでちょこんと座っている女の子を描いたことがあったそうだ。



178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 03:31
君、その姉ちゃんの生まれ変わりなんじゃないの?
それか君には見えてたんだよ

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 04:24
そういえば自分も、家族5人とも揃っているのに、一人足りないと感じる事があった。
成人したいまでもそれはあるのだが・・。

180 :177:03/08/03 06:33
>>179
姉の事を聞いた晩、大泣きして眠りについたのだが、それからは一切そういうことはなくなりました。

>>178生まれ変わりなんじゃないの?
まさかー

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 11:21
前のほうで出てた、目の中?に映る変な模様とカラフルボール
(白いざらついた壁状のものから、祭りのスーパーボール釣りみたいに赤青の点が無数に流れ出す)

あと子供の頃はデジャヴが非常に多かった。次の日の給食を夢に見てた。



182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 12:56
高校受験の勉強をしていたある冬の夜中。
うちの家って玄関の上が吹き抜けだったんだけど、突然家中響き渡るような音で
「ガコン!ガコン!ガコン!」
って大音響が響き渡った。
洗濯機の脱水で、バランス悪いときガンガンいうでしょ?あんな音。
部屋から半身出してみたけど、吹き抜けから見下ろすと家中真っ暗。
階下には人の気配もない。
なのに、大音響は鳴り響いてる。5分ぐらいは続いてた。
誰も起きてこないんだよね(当時4人家族)。
2時とか3時だったから、家族を起こすのも下に降りるのも
勇気がなくてできなかったんだけど、何だったんだろうなあ。

(翌日家族に話したけど、誰も知らないって。
けど夢じゃなかった自信はある)


183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 13:10
>>182
そこは降りて確認しなきゃダメだろ。
キチガイが侵入しようとしている場合もあるんだから。

184 :182:03/08/03 13:22
うん、今となっては
「何で見に降りていかなかったんだ〜!」
って思うんだけど、その時はなんでか 見に行ったらスゴク怖いものを
見るような気がして(怖がり)行けなかった。

外から響いてくる音じゃなくて、完全に家の中からの音だったんだよなー。


185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 13:43
>>177
プリンは3つセットで売ってることが多いからね

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 13:46
降りなくて正解だよ。>182
幽的だったら脅かされるだけで済むが、侵入者が生存中の人類(キ印や泥棒)だったら
殺される可能性だってあった。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 13:58
生まれた直後なのかはわからないけど、
自分の持ってる記憶で一番古いものがなんか変なんです。
迷彩服を着た兵士が倒れていて、その後ろを戦車が走っている、そんな場面を記憶しています。
これが何なのかいまだにわかりません。
身近に戦死者はおろか他の原因で死んだ人もいません。
また、生まれたばかりのはずなのになぜかそれを見たとき「戦車」という言葉が頭の中にうかんだ記憶があります。
生まれたばかりなのでそんなことば知ってるはずありません。
前世の記憶かと思ったりしたこともありますが、どうなんでしょう

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 14:21
ガキの頃、かーちゃんと一緒に風呂にはいっていて
飴玉をしゃぶりながら湯船につかっていた。
飴玉を湯船の中に落としてしまったらそれがチンチンの中にすいこまれていくんです。
んで睾丸が3つあった。
20年くらい前の記憶。

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 14:29
>>187
なんで一番古いってわかるの?
単なる映画の断片的記憶でしょ

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/03 22:09
>>187
その場面にソクーリで、しかも>>187が何年生まれか分からないけれど、およそ古い記憶なら
J.A.C.の千葉ちゃん主演の「戦国自衛隊」という映画を目にして、それが脳裏に残っている
んだと思いまつ。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/04 07:13
いい金蔓になりそうだ

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/04 07:51
age

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 16:58
あげー。


194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 22:04
小学生の頃、全く霊感の無い自分が3日間だけやたらと感が冴えたことがあった。
友達と遊びに行くとき、何だか胸騒ぎがしたり奇妙なことが連続して起こったり。
今思ってもあんなに感が冴えたのはあのときの3日間だけだったなあ…
何だったんだろ。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/06 22:38
ガキの頃、親の目盗んでタイツだけ履いて変身ポーズ取ってたな。ノーパンにタイツ、子供ながら妙に興奮したのを今でも覚えてる。 そして、そのカッコのままに外に出て児童書を他人の家に配った。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/08 17:53
私もテレビの2時間ドラマのリング覚えてます。
その影響で単行本買ったし、
面白かった、映画よりもあっちの方が好きだったな。
ビデオでないかな

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 06:26
>>158

>3歳頃、近所の女の子3、4人が白い紙につつんだ
>黒い餡子のようなものを両手に持って、
>紙ごとしゃぶるようにして食べてた。


多分これでしょう。
http://www.carayoko.com/totugeki/mita/mita.html
子供のころよく駄菓子屋で買い食いしたよ…安いし(当時20円でした)。


198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 06:32
>>197
補足。紙はオブラートです。
今でもコンビニでたまに売ってたりします。
一度召し上がってみては?

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/10 18:32
>>197
ほへー!ありがとう!
まさか30年来の謎が解けるとは思いませんでした。
見た感じじゃ判らないけど食べてると中が黒っぽくみえるのかな。
どこかで見かけたら食べてみます。ほんとありがと。

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/11 19:43
200get


201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 00:19
少々長くなりますが・・・・。
小学校入学前、夏頃に祖母と家の近くにある畑にいたんですよ。
さて、そろそろおやつの時間だということで家に向かおうとすると
真っ白なワンピースを着た女性がいたんです。
子供特有の誰にでも声をかけてしまうということを、何も考えずにした
と思います。そしたら、その女性は裸足だったんです。
祖母がそれを見て、少し休んでいくようにいい、家の玄関で
小さい椅子に座って、3人でオレンジジュースを飲みました。
その後の記憶がありません。消えたというわけじゃないんだけど、
なんか玄関で違う場所に行ったような、失われた数分というか。

変な記憶というので、こんなことを書きました。

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 00:59
>>201
久々に良レスがついたです。

ちょっと文章が分かりにくいですけど、淡々とした口調というか、
文そのものが、何か白日夢のような不思議な感覚ですね。

漏れも同じような経験があります。
田舎は時間がゆっくり流れていたから、街で暮らす子供は所々
時間経過と自分の感覚の歯車が合わず、記憶が飛ぶのではな
いかな?と思います。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:10
今まで、5人くらい言ったんですが信じてもらえません。
赤鬼見たことあります。。。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:12
>203
詳細キボンヌ

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:19
中学2年の時お風呂上がりで、自分の部屋で
ドライヤーで髪の毛乾かしてたら、すごい勢いよく
襖の開く音がしたので、そちらを見たら鬼がいました。
これ言ったら「お父さんだろ??」って言われるんですが
普通まちがえませんよね〜。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:20
>>203
是非聞かせてください。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:21
>>205
どんな鬼?よく鬼の絵とかあるけどそんな感じ?

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:30
C.W.ニコルですか?

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:46
>>207
かわいい鬼ではなく、怖い鬼です。


210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:51
良純じゃないの?

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:53
誰ですか??

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 01:54
>>205
なまはげ?

ttp://www2.odn.ne.jp/aps-akita/akita/kobaweb/K-11namahage.htm
ttp://www.shirakami.or.jp/~obako/page12.htm

213 :マヂデッスッテマヂ:03/08/13 01:59
約二年前、母が車にはねられて病院へ担ぎ込まれた時(軽少ですんだ)
病院から電話がくる十分ぐらい前まで母が確実に家にいた!!!
母は自室にいたはずです!しかし母の証言によると
「一時間ぐらい前からスーパーへ出かけていた」と言うのです!
世に言う【ドッペルゲンガー】でしょうか?

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 02:38
>>177
・゚・(つД`)・゚・

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 03:10
スレの趣旨に合わないかもしれないけど1つ。
20年ぐらい前、自分が5歳ぐらいの時に近所の兄さん達と材木置き場で
遊んでいたんだけど、しばらくすると自分と同じ年ぐらいの年の男の子と女の子が
漫画の単行本を満載(2,300百冊以上あった)にしたリヤカーを二人で押しながら
歩いてきたんだよね。「漫画要りませんかー、タダであげますよー」って大声で叫びながら。
見に行ったら中身が、当時発売されたばかりのキン肉マンの10巻とか新品の本ばかりだった。
結局誰も貰わなかったんだが、今思うと凄く不思議なんだよ。
なんで、5,6歳児のガキ二人がリヤカー押して漫画をタダで配り歩く必要があるのかなって。
盗品を処分てわけは絶対にないだろうし、コレクションを引っ越しの為処分?
いろいろ考えたんだけどわかりません。怖くないしオチないしすんません。

216 :トルエンX洋子:03/08/13 03:25
私、小5の時からほぼ毎日オナニーしてるわ。。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 04:09
>>215
いやいや、ちょっとこわいよ
漫画要りませんかー、タダであげますよー」ってセリフもぐっときます。


218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 04:13
私は小学2年生位の時、アソコを病院で切られたような記憶がある
でも何の為だかは覚えて無いんだよね
病院のボールに切った赤いものが浮いていたような。。。?
ただ母親につれて行かれた記憶があって
おしっこするのに暫くしみてしょうがなかったから
間違い無いと思うんだけど
なんだったのかなぁ?
今さら親に聞くのも恥ずかしくて謎のままです。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 09:12
>218
失礼ですが、あなたは男性ですか?女性ですか?
もしかしたら、元は半陰陽だったのかもしれませんよ
本人には内緒で、半陰陽の子供を手術で男性か女性にしてしまう
のはよくあることです

もし、本当にそうだとしても、強く生きてください
今では半陰陽(トランスセクシュアル)の人たちの自助グループも
あります

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 10:09
>>218->>219
それじゃぁ、切り取った赤い物ってチンp(ry
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 10:57
>>205
普通間違えません


つまり、あなたのお父さんが赤鬼なのです

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 14:52
>>219
女性です
生理もあるし、体つきも女っぽいと思う
ただ手足の毛が異常に毛深い(男の人みたい)かも
実際凄く悩んでるし
母親も毛深いけどそこまでじゃない
毛深いのはただの遺伝だと思ってたけど
実は違ってたのかな。。。まじで凹んでます



223 :219:03/08/13 15:34
219で訂正ひとつ
トランスセクシュアル → インターセクシュアル
間違えました。すみません

>222さん
凹ませてしまい、ごめんなさい
生理があるのなら、生まれながらの女性だと思います
しかし、一体、なんの治療だったんでしょうね?
皮膚病の治療かなぁ?

ご自分の性に関して、もし、心配でしたら
 橋本秀雄「男でも女でもない性」青弓社、1600円
を読まれて、症例を確認されてはいかがでしょう?
あるいは、以下のサイトをご覧になるとか
ttp://home3.highway.ne.jp/~pesfis/index.html

224 :たぶん224:03/08/13 17:15
小学2年生になるくらいまで頭の中にもう一人別の人がいた記憶がある。
頭の中で話しかけてくるが話が難しすぎてさっぱり分からなかった。
毎日頭の中でもう一人の人間と話していたが小学校に入ってふと気がついたら
普段急に話しかけてきていた頭の中の人間がいなくなっていた。
気づいた瞬間はとても不思議でした。
それまでは頭の中で質問すると答えていたのに急に音沙汰なしになったので。

ちなみに私はあたまがよくないです。
もう一人の人格があったなら知識だけでも置いといてほしかったです。

それと、最近気がついたのが実家に帰って親父の本棚を何気にみたら「太古の宇宙人」
という本に目がいったのですがなぜかすごい愛着を覚えました。
昔からあったらしいけど読んだこともなかったです。
別人格の自分が読んでいたのでしょうか気になりました。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 19:30
統合失調症では?

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 20:55
過去の一番古い記憶は、子宮の中にいる?記憶だな。
ちょっとそこら辺曖昧だけど、
その時に自分の性別を選択した記憶がある。
なんか、上からゆっくりと川を流れるように玉(←自分)が流れてきて、
その先の道が二手に分かれてて、男 女 ってゆう文字が書かれてたな。
で、アドバイスとして「男はカコイイ」、「女はカワイイ」て聞こえてた。
そこで悩んで真ん中で漂ってたら、時間制限みたいなものが聞こえてきたんよ。
選ばなかったらえれぇ事になるなぁと思ってちゃっちゃと男に決めたんだけど。
選んだあとに、病室の風景が見えて・・・。
多分あれは産婦人科なんだろうなぁ。
その後に、起きて母に「母さん?」と聞いた。

ちなみに、この記憶の後から物心ついた記憶が始まってます。
皆さんは、物心ついた瞬間って覚えてる?

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 21:02
桃太郎氏でつか?

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 21:09
鬼見た者です。やっぱり、誰も信じてもらえないですか。。。
ここなら、もしかして、と思ったんですが。
お父さんは、見た赤鬼の2分の1ぐらいの大きさなんで
やっぱり、見間違いではないです。


229 :p:03/08/13 21:09
ルーズのはき方が街を歩いている女子校生並にマッチしています。
顔は少しふけ気味ではありますがなぜかセーラー服がよく似合います。
こういうなんちゃって女子校生もたまにはいいでしょ?
オマンコの具合はよさそうだし・・・
無料ムービーはこちらから
http://www.pinkschool.com/


230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 22:00
>>228
だ〜か〜ら〜、なまはげじゃねえの?っつってんだよ!

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 23:01
>>228
恐いのは分かりましたが、もっと具体的に話してくれないと
ちょっと分かりづらいです。それとも、あまり暗くて見えなかったとか・・?
状況をもっと明白にお願いします。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 23:24
俺は小さい頃から忘れない夢がある
それは自分が地獄で罪人を処罰する係で、悪党どもを厳しく罰してた
仲間(炎に包まれた人達で同じ監視人)(もしくは炎に包まれた場所)に
「俺○○(人間界の事?)に行くようになった」なんて話してる。
そして死んだらそのに戻るような気がする
これまじなのか?俺は霊界ではそんな仕事についてたのか?って思うよ

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/13 23:33
絶対なまはげじゃないですよ〜。
具体的にですか。。。
夜の9時ぐらいなんで電気をつけてました。
ほんの3秒ぐらいの出来事なので。。。
見た時怖くてすぐ違う方を見たんです。
そしたら、いなかったんです。
大きさは襖1枚分はありました。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 00:59
>>233
周りの状況じゃなくて見た鬼の姿形とかの詳細もっと詳しく知りたい。

でも襖一枚ってそれほど大きくないんじゃない?

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 01:06
顔のでかさが襖一枚分

236 :230:03/08/14 02:32
>>233
そうか、なまはげじゃないことは信じるよ。
なんだか233はマジぽいので、嘘ついてるとまおもわんが、
実際問題、鬼は居ないと思われるので、233の何か
恐怖の幼児体験を象徴しているのかちオモタ

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 04:33
子供の頃、何度も繰り返し見る夢があったなぁ

公園で遊んでると、空が暗くなってきて
上を見ると合体変身ヒーローものの巨大ロボット
みたいなのが飛んでいる
それが怖くて必死で逃げるって夢

当時合体ヒーローもののテレビは大好きで
よく見てたけどね

ちなみにその上を飛んでるロボットの顔が
自分の恐れている人間の顔だった

ストレス感じてたのかな、当時幼稚園〜小学校
高校に入ってみた時は流石に懐かしかった

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 04:55

                 ,,,,;;;;jjj|||jlliij;;;,,,
     ,,,,,;;;jjjjiiilll|||li    il||jji゙゙゙'''''
     ..,,,;;;ijjiiiillll|||llii     '''゙゙゙iiiiii||||||llii;;,,
              :
              ,
             :;:,    .,:;i;、,.
            .:;'      ,,, "゙、;:..   合体完了!
           :; .'.:;il|lji;;,..,;jil|li'''  ゙ ;:
                        ;:          
            ....,,,,,,,,,,:::;;,,,:::;;jjjiiii゙゙'''''
           ゙゙'':illl||||||||lllllllljjjjii:゙゙
              ゙:illl|||||llliiii:゙゙


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 05:06
幼稚園生の頃に園の外でお遊戯してたんだが外壁に巨大な
ゴキブリがいた。自分と同じくらいの大きさ(1m以上やね)

他に、同じ時期に遠足かなんかで外出した時カラフルな色のゴキブリを複数
見た。それぞれみんな違う色だった。

記憶としてはちゃんとあるんだが状況を考えると有りえない事
(お遊戯中なら他のやつらも見てると思うので。全然騒ぎにならなかったし)
なので子供の頃に見た夢かなんかを本物として記憶してしまったんだろうと
思っています

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 10:55
>>233
だからさ、お父さんの正体が鬼なんだってば・・・
つまりあなたは自分では気づいてないけど鬼の子なのよ

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 12:25
>233
鬼つっても色んなデザインあるだろ。どんな感じだったんよ。
角があったとか、牙を4本くらいむきだしてたとか、毛深いとか、それを聞きたい。
あと、やっぱ虎縞なのかな? 鉄棒持ってたんか?

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/14 13:07
鬼ぃのパンツはいいパンツぅ強いぞぉ強いぞぉ

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 09:31
ゴム人間?は見たことある人多かったみたいだけど、
赤鬼はあまり聞かないね。
だから見たってのはスゴイ確率なんじゃない?
なんで家にいたのかなあ。
山の方の家とか?(偏見)

244 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 12:03
>>219
なんか気になります。
私も女性だけど、足が男性みたいに毛深くて(気にしてます)そんでおかしな記憶がある…
小学生低学年か、幼稚園くらいのころ
キャーキャー騒いで走り回って興奮してると
母親が慌てて私を捕まえて、いわゆる「ドテ」の、真中より横にずれたところをぐりぐりして
「グリグリが大きくなっちゃうから、走り回ったりしないの!」と怒られてた。
確かに騒ぐとその部分に丸くて硬いものが膨らむことは感じていたけれど
自分では全然気にしなかった。

この記憶ってなんなんだろう。
もしかして未発達の睾丸とかがあったのか?(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

246 :245:03/08/15 12:05
ゴメソ、あげちゃった(´Д⊂

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 13:00
え?
ネタだろ!?

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 13:26
小さいころ、といっても幼稚園くらいの頃だったか。
決まって雨の日に家に一人でいると、外を下駄だけが歩いてきて、
しばらくすると帰っていくのを見た。カランコロンと景気よく聞こえるので、
あ、来たな。と当時は、息を潜めてみていた。えらく怖かった。
透明人間って感じだろうか、下駄は男物だったよ。特に害はなかったな。

昔から、透明人間らしきものと出会う感覚はある。みんな信じてくれないけどね。

>205

鬼だけど、記憶違いかもしれないけど、俺もある。
場面は家の中で、最初は母親かと思った。でも形相は鬼だった。
後から気になって、母親に部屋に来たかと尋ねたら来てないという。
そんなことが何度かあった。やはり害は無い。

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 14:01
10歳くらいの時。
車の上に乗って父の洗車を手伝っていたところ、足を滑らせ落下。
気が着いたら地面に座ってた。かすり傷もなし。
落ちた瞬間の記憶は全く無い。怖くて忘れてしまったんだろうか。
でも本当に、気がついたら座って地面を見ていた。

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/15 23:05
>>245 それはヘルニアじゃないですか?
足の付け根の薄いとこから腸が飛び出すんですよ、子供はそこの筋肉が
発達してないから。臍ヘルニア(デベソ、腹の筋肉の薄いとこから腸が
出る)のと同じです。力を入れると飛び出すからお母さんも注意して
いたんだと思います。すぐ手術が必要な子もいますが、筋肉が発達する
まで経過を見る子もいます。

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 23:36
>>245
自分もヘルニアで入院したことあります
幼稚園のときでした
ぐりぐりが出てきて手術しました
同じ感じですね
ちんちん関係はあってますが、記憶の錯乱?でしょうか
これでほっとしましたか?

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/15 23:47
ちいさいころ羽の生えた白いタマゴみたいのをたびたび見てた。
近くによるとにげるから少し後ろをつけていったら
昼寝してる近所のおじさんの口にはいってった、
もちろん誰も信じてくれなかったね

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 04:33
>>252
おもしろい、もっとないの?

254 :245:03/08/16 11:46
>>250-251
ありがd
ヘルニアだったのか! 勝手に自分が毛深いのと結び付けてた。
幸い私は手術まで至らなかったんだけど
まれに(数年に一回程度)今でもその部分がうずく時があって
もしや摘出してなかった睾丸が自己主張してたのか!?とかと
このスレ読んで思ってしまいましたが、そうじゃなくてひと安心です。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 13:01
>>254
まだ決まったわけではない

256 :251:03/08/16 14:20
>>254
確かに決まったわけではないけどさ
自分が手術したときに、手術後に生ゴムのパンツみたいなのをはいてた
小さかったので記憶がほとんど無いが
又の手術後と生ゴムパンツの記憶が鮮明に残ってる
同じならきっと脱腸だ!

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 14:38
漏れは何かホントどうでもいい予知夢なんか見れてたよ
自分の意志じゃ出来なかったけど

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 18:19
 小さい時に、コタツにもぐって暗闇で目を見開いてたら、
羊の顔した人間とか西洋の地獄に絵に出てきそうな物が
見えてました怖さに耐えられるぎりまで見て遊んでました。
 あと、仏壇の上のひいじいさん、ひいばあさんの口がパク
パク喋るってるように見えたました。
 あと小学生の時金色の人間が駄菓子屋の壁の所から上半身
だけウンニョリでて、動いてました。
 小5の時、宇宙人に頭に直接、古典的な宇宙人の声で話し
話しかけられました。
 ちなみに、あの目を、ぎゅーっとおすと幾何学模様が見え
るのは、あれはなんなんでしょう?皆さんは何が見えます?

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 18:23
目をぎゅっと押すと幾何学模様、見えますよ、普通に。


260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 18:55
いや、普通の事だと思ってきてます。

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 18:56
まちがった。
いや、普通の事だと思って聞いてます。


262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 19:44
小学生の時。
なにを思ったのか、黒の雨傘をひろげ、それをロケットの先端に見立てて、
下り坂を全力疾走した。(当然前は見えない)
うぐぁ!☆
腹に衝撃が走った!
駐車中のクルマのボンネットに激突したのだった。
あのころから俺はアホだった。

263 :直リン:03/08/16 19:45
http://homepage.mac.com/maki170001/

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 19:48


☆ ☆ ☆   裏   技   ☆ ☆ ☆

携帯番号から住所、名前を調べる方法
携帯アドレスから住所、名前を調べる方法
http://hagisan.fc2web.com/

☆ ☆ ☆  大  反  響  ☆ ☆ ☆

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 19:56
3歳くらいの頃。
父方の祖母が遊びに来た。両親と祖母は居間にいて、
私は2階の部屋にいて、電気を消してライトスタンドをつけてた。
多分親が読み捨てた、成人向けのバイオレントなマンガを読んで、
読み終えると本を閉じて、
「お父さんもいない、お母さんもいない、おばあちゃんもいない」
とつぶやく、マンガを読む、閉じる、またつぶやく、何度もくりかえしてた。
今思い出すと何考えてたのか不明で、不気味だ。

266 :1/5:03/08/16 20:05
友人のサイトから許可もらってコピペ。
ちなみにユウキとは友人本人の事らしい。


 今回お話しするのは、ある少年が11歳の時に体験した話である。彼の名を仮にユウ
キとしよう。

 ユウキは大変好奇心の旺盛な子供だった。何かと発見した事があれば日記に書き留
め、それを人に教えず自分だけの秘密にしておく子だった。 ユウキの家から踏切を
挟んで少し離れたところに広い麦畑があり、ユウキは夜(20時頃)そこへ出掛け、星を
見るのが好きだった。麦畑には何本もの農道が碁盤状に走っており、その殆どは鋪装
されておらず、夜になると車は愚か人の通りもなくなる。だからユウキは農道に寝転
び、何時間も星を眺めていた。
 その日もユウキは星を見るために、夕食を済ませると麦畑へ駆けて行った。

267 :2/5:03/08/16 20:06
(さげるの忘れてた;)


 ユウキが農道に寝転んで星を眺めていると、誰かがユウキに近付いて来た。その人
物はユウキのすぐ隣で立ち止まった。ユウキが起き上がって見上げると、それは白い
ロングのワンピースを着た、髪の長い女だった。 どう見ても30過ぎ。そして彼女は
夜なのに、白い日傘を差していた。ユウキは見た目で人を判断したりしなかったが、
この時はさすがに変な人だと思った。

268 :3/5:03/08/16 20:07
 その女は決して美人ではなく、『気さくで話し易い近所のおばさん』と言う印象。
彼女が纏っているレースのついた白いワンピースは、とても不釣り合いな物だった。
 彼女はニコニコしながらユウキを見ていた。ユウキはどうしていいか分からず、
ぼんやりと口を開けたまま彼女を見上げていた。すると彼女の方から「今晩は」と言っ
てユウキの傍に座り込んだ。ユウキも「今晩は」と答えた。
 すると彼女は突然意味不明な事を話し始めた。「天守閣にある私の部屋の窓から月
に手が届いたから、明日は雨が降る」とか。しばらくの間、ユウキは『可哀想な人な
んだな』と思って聞き流していたが、熱心に話す彼女に恐怖を憶えた。

269 :4/5:03/08/16 20:08
「僕、そろそろ帰らなくちゃ。」ユウキはあまり関わらない方がいいと思い、腰を上
げた。「おばさん、さよなら。またね。」ユウキは感情を読み取られまいと、平静を
装って家の方へ歩き出した。
 途中振り返ってみると、その女は開いた日傘を自分の隣においたまま、まだ膝を抱
えて座り込んでいた。ユウキはまた歩き出した。踏切の手前まで来て、ユウキはもう
一度後ろを振り返った。何だかあの女が気になって仕方なかったのだ。

270 :5/5:03/08/16 20:08
 するとあの女は四つん這いになって、ユウキのすぐ後ろまで追いかけて来ていた。
髪を振り乱し、物凄い形相だった。と、警報が鳴って遮断機が降りて来た。ユウキは
遮断機をくぐり抜け、慌てて逃げた。女も後に続き、踏切の中に入った。とその時電
車が来た。既に踏切から出ていたユウキは、女が轢かれると思って目を閉じた。とこ
ろが電車は何事もなかったかのように通り過ぎ、女の姿はもうなかった。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 21:56
>>270
すんげー怖い…

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 22:30
うん、こわすぎ。このスレのネタにはもったいないくらいの怖い話だ。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 23:34
赤鬼の特徴ですか・・・。
確か角は2本でした。牙が上下長かっと思います。
昔の人?が書いた絵そのまんまなんで
ホントにいたんだ・・・っておもいました。
鬼のパンツ(イメージはヒョウ柄ですが)はあんまり
記憶にないです。ごめんなさい。
でも、なにかはいていたと思います。
鬼を見た人ってあんまりいないですよねぇ。
その頃、私はよく女の幽霊とか見てたんですよ。
でも、今は全くみないです。


274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 23:43

四つんばいになって、物凄い形相で追いかけてきた

という一文を物語に入れればあっという間に怖い話の出来上がりの
ような気がする。


275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 23:52
朝、目が覚めると、台所に母親がいた。
僕が「おはよう」と声を掛けると、

四つんばいになって、物凄い形相で追いかけてきた


>>274
ほんとだ!

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 00:58
隣の家のチワワに石を投げたら

四つんばいになって、物凄い形相で追いかけてきた

…あんまり怖くないぞ

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 02:01
>>276
「二本足で追いかけてきた」にしたほうが怖い。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 12:19
友人がインド旅行した時、足が逆関節になっている人(つまり犬のように曲がる)
が四つんばいで何処迄も付いて来て怖かったと。夕方だったので周りに人がいなく
恐怖で叫びそうになって、全速力で逃げたら、あちらは、ふた言み言大声で怒鳴ってクルッと
向きを変えて付いて来なくなったと。
おなじくインドで雨の日に川(多分インダスかガンジス)を傘をさした人が直立したまま
腰くらいまでしか水に漬からずに遥か沖合いを通り過ぎていったと。訳が解らん話しだ。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 13:21
>>278
なにげにコワヒ

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 13:34
怖いので実話はよしてください

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 13:40
モウしなさい。

282 :(//・ω・ ):03/08/17 13:45
ガンジスでは普通に死体が流れてますの。岸辺で火葬もしますの。
それは、どちらも尊いことで 騒いだり触れてはいけませんの。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 13:55
幼い頃の記憶なのではっきりしませんが、
夜中によく母親に首を絞められていたんですよ。
力は入ってないから死にはしないんですけど、
たぶん恐ろしい形相でしたね。
それでも眠っているフリをしていたと思います。
目を完全に開けたら、本当に殺されるのでは?
いや、当時は殺すなんて概念がないから、
子供ならではの勘ですかね。
あと、父親を包丁で刺した記憶があるんです。
夜中、寝ている所に。
何故かは分からないのですが・・・。
けど父親は幼い頃に本当に死んでるんですよね。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/17 13:58
わお
殺人者来た

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 00:03
スレ違いかもしれないが・・・
ガキ(といっても小学校5、6年の頃)の頃リポビタンDのCMに
Mrオクレが出ていたのを見た記憶があるのだけれど気のせいだろうか?

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 01:51
>>285
マジレス・・・大村こんじゃないの?

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 03:20
>>285
ワラタ、これでしょ。
ttp://www.ca.sakura.ne.jp/~kamo/kamonegi/otsuka02.jpg


288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 12:50
期待age

289 :241:03/08/18 18:02
>>273
おお、レスあんがとよ。
最初にそれを書いてくれればおかしなレスもつかなかったと思うんだが。


290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 18:08
昔眠っていて目が覚めるとよく鼻の穴が3つある感覚があった。
手で触ると鼻の穴は2つしかなくて「あれ?2つしか鼻の穴無かったっけ漏れ…」
と思って鼻の穴が2つある自分を新鮮に思いつつ寝なおしていた。
正直アレはなんだったんだろう…

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 18:37
マジな話、親父からフェラされた記憶がある・・・

292 :285:03/08/18 23:34
>>286、287
大村昆でもなくオロナミンCなく
確かにMrオクレが確かにリポビタンDのCMで
「ファイトいっぱ〜つ」と叫んでいた記憶があるのだが・・・
(表情まで覚えている。いんちきブルースリーのようだった)

まあ普通に考えればあり得ないしやっぱり夢か記憶違いがなぁ

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/18 23:47
>>292
ひょうきん族じゃない?

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 14:49
変な記憶というかスレ違いかもしれないけど…

昔(4歳位)、従兄弟達と4人で外でかくれんぼをしていた。
俺は従兄弟の家の飼い犬の犬小屋の影に隠れて息を潜めていた。
俺以外全員が見つかってしばらくが経ち、「おーい〇〇、降参だから出て来てー」
と鬼役が叫んでいたが、何故か出て行ってはいけない気持ちになり
その後2時間くらい犬と一緒に小屋の傍らに居続けた。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 14:55
続き

そのうち他の3人は俺を探すのにも飽きたらしく
(心配されてないのが不思議だけど歳の幼い子供ばっかだったから)
他の遊びに没頭し始めた。俺は犬の頭をなでたりしながら
何故か懐かしいような寂しい様な不思議な気分で時を過ごした。

3日後、その犬が老衰で亡くなったと従兄弟の家から連絡があった。
もしかしたら俺と会うのも最後だと思って奴が俺を引き止めていたのかなと思う。
すごく可愛がっていたから。

長文スマソでした。

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 15:01
>>294-295
いい話やん・・・(つД`)

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 15:07
家の近所を虎ぐらいの大きさのドーベルマン?(まぁ黒い犬)が1匹で歩いていたのを見た。
恐くて恐くてすぐ逃げ出した。

夢だったんだろうか・・・・・。

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 15:10
小さい頃、何度と無く同じ夢を見た。
内容は・・・
とりあえず、俺が家で寝てる訳。
そしたら、いきなりシーンが変わって何故か車の中で寝てて、どっかのデパートに向かってた。
で、そのデパートの入口付近に変な肖像画が飾られてた。
で、俺がそれを見上げてなんだろ?って思ってて、そこを通りすぎようとした途端
飾ってた絵が、ガタンと通路に落ちる。
俺が「あ、落ちた」と思ってたら、その絵が一人で起きあがった。
で、俺の方に向かってその肖像画が向かってくる。
俺は必死で逃げるんだけど、結局追いつかれる。
で、数センチ後ろに迫ったところで夢が覚める。
小さい頃は、その夢が怖かった。

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 17:18
>>285
確か元気が出るテレビ(違ったかも)の企画でそんなのがあった。
深夜の時間帯で一日だけ流れたはず。
本放送でも紹介してたから、たまたま見たのが記憶に残ったのかも。

300 :299:03/08/19 17:27
補足するならオクレの貧弱なイメージを塗り替えよう!てな企画だったと思う。
どうやって撮影したかは覚えてないけど、オクレ以外は普通のCM。
本物のCMのマッチョな人が「ファイト〜」
オクレが声裏返りながら「いっぱ〜つ」
で、「タウリン1000mg・・・」につながるのは爆笑もんだった。

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 18:04
>>290
3つめってどこらへんにあるわけ?
マイケルジャクソン?

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 20:04
そういえばオロナミンCに卵入れるCMあったよね

303 :285:03/08/19 23:37
>>299
やっぱり記憶違いじゃなかったのか!
すっきりしたよ。ありがd!

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/20 00:12
>>302
あったねー。オロナミンセーキだっけ?
当時は「(゜д゜)ウマソー 」と思ったけど、今考えるとキモチワルイ。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/20 03:46
美味いぞ

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/20 23:28
みんな、騙されるな!「ママは卵の黄身でオロナミンセーキ」という言葉を
信じて実行したために、おっ俺の妹は、うぅっ…。

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/20 23:46
私の一番古い記憶で、赤ちゃんの頃の話です。
祖母に抱かれて散歩していると、祖母が急に立ち止まり誰かと話しているのです。
私は誰と話してるんだろうと思い、相手を見るとその相手は人の形をしているのですが真っ黒でとても恐ろしかったのです。
怖いな、と思っていると祖母が急に抱っこして貰いなさい。と言ってその黒い人に私を渡すのです。
私は怖くなって大声で泣き叫びました。すると、黒い人は困ったような声で「泣いたねぇ」と言って祖母に私を返しました。
そこで記憶がとぎれています。

で、先日母が昔話をしてくれた時のことです。
私には、私が生まれてすぐに亡くなったひいおばあさんが居たとのこと。
「そういえば、ひいおばあちゃんに抱かれた時だけ大泣きして、ひいおばあちゃんが悲しんでたよ。」
と、母が言うので私は上記の話を母にしました。
母はオカルト系の話を一切信じない人なので、笑ってすまされると思いきや、
「何でおばあちゃんに抱かれて散歩に出たのを知ってるの?話してなかったよね?」
と、不思議そうにしていました。
曾祖母の死期が見えていたのかもしれません。

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/21 00:34
実はひいおばあさんは黒人だった

…ごめんよう、ちゃかしちゃってごめんよう

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/21 05:15
>308
じゃあ、最初っからすんな。

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/21 21:45
>>306
> おっ俺の妹は、うぅっ…。
産まれたのか?

311 :306:03/08/22 01:47
・・・3児の母になりますた

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/22 02:10
>>311
オメ

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/23 11:28
超あげ

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/23 21:37
Mrオクレが、俺の妹と結婚した夜
肖像画をみながらオロナミンセーキを飲んでいたら
曾祖母が四つんばいになって、物凄い形相で追いかけてきた

今思うと黒人だったのかもしれない。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/23 23:45
フランス人では?

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/24 02:28
>>314
まぜれば良いのか? と小一時間(略

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/24 02:48
>>283
なんか羊の歌を思い出した俺
>283は千砂さんですな

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 20:28
電波臭いこと書くけど、
近所の野良猫と遊んでるとき
「背中かい〜」って喋ったンデスヨ。
それから、動物って皆喋れるもので、人間の前では喋れないふりをしてるんだと、
小学校中学年くらいまで信じてた。
今でもちょっと信じたい。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 20:51
ゴミ捨て場のビール瓶に一つ目のおっさんの首が生えていた。
それがポロッととれてころころ転がり、車にドキャとひかれた。
幼稚園に上がる前の記憶。夢だったのか?

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/25 22:31
鬼太郎のお父さんだったんだよ 可哀想に

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 02:30
水族館に行った。魚ではなく自動車が泳いでいた。

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 02:37
子供のころだと思うんだが、イヌかネコみたいに泥水を舌ですくって飲んで
いた(ような記憶がある)。実際はそういうことはなかったらしいが。
大人のそれもいい中年になってから見たのは、蚊みたいに飛んでいて、
いきなり、パチッ、って感じで一瞬真っ白になって後は静かな時間が数秒
続いた。1階に置いておいた電撃蚊取り器のせいかも知れんが。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 10:42
>>322
あなたは文章をまとめてから投稿する習慣を身に付けると良い。

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 12:50
おばぁちゃんが黒い着物を親戚の叔母に着せてもらっている記憶。
おばぁちゃんは立っていて両手を上げており、叔母は帯を巻いてあげている。
母の膝の上でそれを私が見ている。
でもおばぁちゃんは病気で私が二歳の頃に病気で亡くなっていて、
それ以前の記憶だとしても私が生まれた頃にはもう立てなかったらしい。
記憶違いかなぁ

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 13:11
>>318
猫は一生に一度人間の言葉を話すという迷信?を聞いたことがある。
ホントだったらちょっと面白いな。

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/26 15:13
中学にあがるまで母親は何かのスパイ・忍者だと思っていた
母親がトイレや風呂に入ると多分違う人間に変わってるんだなと思ってて(母親の顔はマスクだと思ってた)
ドアをいきなり開けて何度か確かめた事があった
その度怒られたけど
なぜそんな事を思っていたのか、もう思い出せない

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 16:05
>>326
そりゃ怒られるわな(笑)

子供のころ似たようなことを考えてた。
自分以外の親戚がすべて宇宙人か何かで、普段は仮面をかぶっているが
仮面をとるとものすごく怖い顔。
思うにそのころ見た特撮アクション系テレビ番組に影響されたのかなぁと。

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 16:54
私子供の頃、大人は全員子供に触れると考えが読めるもんだと思ってた。
サイコメトリーだっけ?何故だかあれを大人は全員使いこなしているもんだと。
だから親と手を繋いでる時とか肩に手を置かれている時はよこしまな考えは
しまいと必死だった。
なんでだろう。

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 17:22
その日はたまたま母と私だけで留守番だった。
そんな時に限ってお客さんが。
大体ウチに来る客は顔の広い祖父の客だから、出かけていると説明した。
そう説明すれば大方客は「祖父がいる時にまた」と言って帰ることが多いんだが、
なぜかその客は「かまいませんよ」と上がりこんできた。
確か風貌は、シルクハット?みたいなのをかぶり、ステッキを持った老紳士。
子供心に不思議な客だなと思いつつ、母にせかされ挨拶をした。
その後、母はそのまま老紳士の話し相手になり、私は別室で遊んでいた。

母に「客に麦茶をだせ」と言われ、台所へ。
するとそこには、超巨大な黒猫が!
足が異様に長くて毛並みが綺麗。足先?から耳までの高さが4bjはあったと思われ。
ビックリして母を呼ぼうとすると、なぜか声が出ない。体も動かない。
猫は大きな目で私を見つめたあと、台所の壁をすり抜けて(!)いなくなった。
その瞬間体が自由になった。
急いで母のところへ走ると、なぜかあの老紳士がもういない。
母曰く、私が台所へ言っている間に帰ったとのこと。
しかも置き土産が。それは黒い猫のぬいぐるみ。
私へのプレゼントだという。それが先ほど見た巨大猫をちょうど小さくしたようなもので、ビックリ。

後で、祖父への客だったのではと祖父に尋ねてもそんな人物は知らないとのこと。
巨大猫とあの老紳士は一体なんだったんだろう・・・
ちなみに、猫のぬいぐるみは既に行方不明です・・・何年も前のことなので・・・


330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 17:24
1.幼稚園に入ったばかりの頃、近所の駐車場のフェンスに結んであった風船を
 ふくらませて遊んだ。何年か後、風船の正体を知った。使用済みだった(泣)

2.小学生の頃。神社でセミを捕ろうとしているお爺さんがいた。
 ぜんぜん見当違いのところで網をバサバサやっていたので、
 友達がおじさんの網でセミを捕ってあげた。
 去る時、振り返って見たら
 お爺さんがセミをばりばり食べていた。 


331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 17:43
>>325
一生に一度が「背中かい〜」か。
よほど痒かったのだろう。

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 17:50
>>328
手が触れるどころか、目の届く場所では大人は子供の考えが読める、と私は考えてました。
何の根拠もなくです。

それって、自分の内側と外側をはっきり区別してなかったってことかもしれない、と
今思います。

333 : :03/08/26 17:50
子供のころと言っても俺は現在工房なので最近〜現在のことだが、よく予知夢を見る。
見た日から一ヶ月〜半年ぐらいの間に夢が現実になる事が多くて、その場面になると以前この光景を夢で見たんだなと気がつく。(といってもかなり日常的な夢だが)
今まで定期テストの点数などを夢で見たが、つい昨日も夢で見た状況と全く同じ事をしていた。
別の話だが、俺は3〜5歳ぐらいの時同じ夢を見つづけていた。
母親と二人でデパートへ行って,そこでエスカレーターに乗る。
乗ったとたんに母親は消え、エスカレーターはどんどん速くなり、地面に激突する寸前で目が覚める・・・と言った内容だった。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 17:59
小学校低学年の頃、学習机に付属の椅子の金属のパイプを
親指でへこませた。親指の形にへこんで指紋もついた記憶がある。
その時は全然不思議に思わなかった。
何年か後に「あれっ」と思った時にはもう椅子は捨ててあって、
確認ができなかった。いまでも不思議だが、すごくクリアな記憶。

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 19:19
>>329
台所の天井が4bもあるの?!

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 19:49
>>330
沖縄のほうじゃ普通にセミ食べるしな
俺のとこもじぃさん達の世代は食べてたそうだ

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 19:53
ふと目を覚ましたら病院らしき場所のベットで、ん?ここ何処だ?ああ・・・俺
生まれ変わったのか・・・と普通ーに思った記憶がある。俺は生まれてから入院
した事が無いから、生まれたての時の記憶だと思う。その後頻繁にベットを
覗き込む人(医者と思われる)に、何だこのおっさん?と思っていた記憶も
ある。まじです 赤ん坊にベットとかおっさんとかと言う単語が頭の中に在る
訳が無いので、なんだったのか不思議で仕方ない。今でもあの目の覚めた時の
不思議な感覚は忘れられない・・・

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 19:58
小1の秋
家の屋根にこすりそうな高度で、すぐ真上の空を
星の光が集まって出来た不恰好な飛行機が飛んでいった。
綺麗だった。

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 20:29
昔、修学旅行で、ある宿に泊まった。
その宿に勤めているであろう人たちは皆どことなく暗く、
気味悪く思いながらも消灯時間になり皆寝た。

夜中、ふとトイレに行きたくな部屋を抜け出すと、
遠くの方に居た宿の人と目が合った。

その時っ!!!

↓↓↓

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 20:30
↑↑↑

四つんばいになって、物凄い形相で追いかけてきた

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 21:24
結局それかよ。

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/26 23:07
>337
俺もその頃から記憶ある。
オムツ替えてもらった記憶とか。ビニールの部分が皮膚にペタペタくっついて気持ち悪かったなあ。硬くて痛いし。
でも、喋れないからその事を訴える事が出来ない。だから、泣いた記憶がある。

そのころ色んな事がわかってたな、俺。いまではわからないこの世界の法則とか仕組みとか、人間関係ってモノについてのノウハウとかスゴイ事・・。
そのあと1歳2歳くらいで馬鹿になって(この頃の記憶は無い、ここで忘れたみたい)そこから普通に成長して今に至るってカンジ。

昔、タモリも同じようなこと言ってた。ちっちゃい頃は大人でもわからんような事がわかったって・・。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 00:18
>>326
>>327
俺も中学から高校へあがるくらいまで
自分は精神病かなんかで隔離されていて(でも外は自由に歩きまわれるらしい)
自分以外のみんなに一挙手一挙足が観察されている
って考えていた。

トイレに入っているときそいつらに見られるのがいやでいやで・・・

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 01:46
>>337

スレ違いで申し訳ないが、本気で間違って覚えてるといけないので念のため指摘しておくと、「ベット」じゃなく「ベッド(Bed)」な。


345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 02:14
>>342
解ってもらえて嬉しい。何か訴えたくても泣くしかないと言うのは俺もあった

>>344
失礼しますた

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 02:58
>342

子供の頃は前世を覚えているってテレビで
見たことあるのでそれかな?

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 03:44
>>333
( ´_ゝ`)(´<_`  ) 兄者それデジャヴってんだ。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 04:27
>>196
亀ですまんが、うちの近所のビデオ屋(つぶれた)で貸し出ししてたから出てるよ。
たしか完全バージョンとかで18禁だった。

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 04:36
目をぎゅっとおすと、
縦幅が無限大に長い円柱を横にしたのが上下に二つ合って、それがギリギリ接しないぐらいで延々と回転する感じみたいなものがみえませんか?

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 04:51
>>349
網膜剥離になる可能性高し。やっちゃいけないんだよ。忠告する。

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 06:54
>>349
(((゚д゚;)))ガクガクブルブル
もうするなよ・・・。

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 07:35
子供の頃深夜に目を覚ましてあたりを見たら
異国の服(中国っぽい)を着ている人がいて白い霧みたいなの
をかけられた記憶がある。あれはなんだったのか。幽霊?

353 :349:03/08/27 07:58
>>350-351
Σr(‘Д‘n)
よく座りながらうつぶせになる時に目を腕にあてて寝ますよね。あれでも見えるんですが。
やめとこう
(((( ;゚Д゚)))

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 12:30
>335
ウチは建ってから50年以上年月がたってるんで…
昔風のつくりをしてるからかなり天井が高いです。
一番高い部屋で5bはあるかも。

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 13:35
>>349で思い出したけど、私昔夜寝る時よく押してた。
しばらくすると満点の星空みたいなのが見えてきて、
目の裏側と夜の空はリンクしてて綺麗だなーとか考えながら寝てたよ。

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 16:00
目を抑えすぎたらまずいかもしれないけど、少しだけならツボ刺激でいいはずだよ。

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 16:18
>>356
ツボがあるとしても、眼球そのものに振動を与えるのはやめといて。
こめかみとかをちょっと強く押さえるぐらいならいいんだけどね。
目は大事でしょ。さわらないほうがいいですよ。



358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 16:30
ツボといっても、それは目の*周りの骨*に沿って
中指でゆっくりと、そっと押すだけ。決して*眼球*を押すのではありません。


359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 20:53
幼稚園の年少の頃、外国は空にあるもんだとてっきり・・・

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 21:03
外国には骸骨があるとおもってまいた

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 22:28
小学生の頃のお話です。
私は足が遅く、50M走ではいつも後ろから1〜2位でした。
しかし運動会ともなれば本番はもとより練習にも参加はしなくてはなりません。
ある日の練習の時、いつも同様嫌々ながら位置についてヨーイドン。
そこで違和感を感じました。

妙にスタートの切れが良く、
足の裏にバネでも仕込んでいたかのような瞬発力が出て、
スタートに助けられた&謎の俊敏さでそのまま6人中2位。
一着とは行かなかったものの、他の選手にも常々負けまくりだったので
この結果は不思議な記憶として残っていました。ナンデショネ。

もちろん本番ではビリでした。
再現しようと試みても無理でした。嗚呼。
とにかくものごっついスタートの心地良さだったんだけどなあ・・・

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 22:49
>361
私も同じような経験あるよ!
後ろから数えた方が早い番号だったのに
ある日、突然練習の時に自分でもビックリするくらいの速さで走れたことがある。
まるで疲れも感じなくて、体が浮いてるようなくらいいい気分だった。
普段の私とのあまりのギャップに友達からも拍手喝采。
それ以来そんな速く走れた記憶は無いな〜…

あれは一体なんだったんだろ…(´д`)

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 23:02
>>362
おお、同様の体験ですか。びっくり。
あの時はとにかく「体が冴えた!」という感じでしたよ。
疲れを感じなかったというのにも同意です。
放っておけば変な場所にでも行きそうでした。
疲れの無さなどはある意味、夢の中での行動に性質が似ていたと思います。


364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 23:11
>>363
放っておけば変な場所にでも行きそうでした。
疲れの無さなどはある意味、夢の中での行動に性質が似ていたと思います。

そうそう!!!まさにそれだ!
全く同じ経験ですな・・・

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/27 23:29
マトリク(ry

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 00:08
>>364を目覚めさせるな

367 : :03/08/28 00:36
そんな妄想は誰でもしょっちゅうある。これから妄想だけを頼りに生きたりすんなよ。

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 00:41
>>361
私もある。
元々遅くもなく早くもなくな位置だったんだけど、小5か6の体育の授業で
その感覚にとらわれてトラック競争一着ゴールイン。
ホント足にバネが入ってるみたいなんだよね。バチィンって。

ゴールした後に先生や皆から「めちゃめちゃカッコよかった!」って言われた。
何かフォームが陸上選手のように綺麗だったらしい。でもあの後は一度もないよ…

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 00:46
Welcome to the rea(ry


370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 02:48
幼稚園ぐらいの時、熱を出して、夜寝ていると、
決まって同じような夢を見ました。
それは、天井位の高さの目線で、ふらふらと家中を歩き回っている夢でした。
歩くと言うよりは、宙に浮いていたと言った方が正しいかも知れないが・・。
そして、しばらく家中徘徊して母親の寝室に入ると、眠っている母親が突然
目をさまし、俺の方を見つめて言いました。
「早く自分の部屋に帰りなさい。起きれなくなっちゃうから・・。」

夢はここで終わるんですけど、この夢は今でも鮮明に覚えていて、
体の具合が悪い時などに寝ていると、たまに見ることがあります。

母親はすでに他界してますが、ちょっと懐かしく思ったりします。

長文スマソ。



371 :370:03/08/28 04:15
これも幼稚園位の時の話。

自分の家で近所に住んでた1歳年上の従姉の姉ちゃんと
2人きりで遊んでいた時のことだった。
テレビ観たり、絵本見たりとしていたのだが、何故か喧嘩になってしまい
コタツに潜り込み、俺はイジケて泣いていた。
すると従姉の姉ちゃんもコタツに潜り込んできて、
泣いている俺をなぐさめ始めてくれた。

彼女はスカートをまくり上げ、パンツをずり下げると、俺の手を取り
「はやく泣き止んでよ。ココ触っていいから。」と言って
自分のマムコに俺の手を持っていった。
マムコを見たのは、そのときが初めてだったので、触ったという記憶は
残念ながら、あまり残っていません。
今でも嘘のような出来事で、誰にも話していませんでしたが、
たまにエロマンガなどで「私が慰めてあげる。」等の会話が出てくると
今でもあのときの記憶が鮮明に蘇ってきます。

長文スマソ。








372 :370:03/08/28 04:19
これも幼稚園位。

目玉がぽこっとはずれた。

373 :370:03/08/28 04:29
幼稚園に魔女がいた。

短文スマソ。

374 :370:03/08/28 04:58
実はいまも幼稚園に通ってる

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 05:12
不可解な体験に書いたけど、どっちかってーとこっちだと思い手直しして書き直します。

小学生の頃なんだけど。漏れの家の斜め後ろの山が古くからある墓地なんですよ。
日当たりが良く、公園みたいな感覚でたまに行って遊んでたんだけど、
そこに社っていうのか祠っていうのかわからないけど神社みたいな様式の小さな
建物があったんですよ。今もあるけど。。そこは墓地の外れで、草木が茂っていてそこは山の中って感じの
所だったんだけど、ある日初めてそこから奥へ続く獣道みたいな道を通ってみたんだ。
倒れた木とかをまたいで10Mぐらい上ったら、また同じような建物があった。
おお、2つあったんだ!なんて思いながらその建物を一周してみたりして、また奥へ続く道を進むと、
今度は木とかも倒れてなくて進みやすい。そして、また同じような建物があった。
おおお!3つだったのか!!なんてのを繰り返し、それぞれ、古びていたり、新し目だったり
日当たりよかったり悪かったりって建物が計6つもあった。
すごく満足した漏れは6つめの建物の裏から隣の町内の友達の家が見えたので山を降り、
自慢しようと思って(今思えば何の自慢だったのか?)友達を呼びつけ同じ道を
最初に進んだ墓地側から進んだ。しかし建物は1つしかなくて、木の倒れた奥へ進む道を
進むと6つめのはずの友達の家の見える場所だった。
久しぶりに実家に帰って、昔の絵日記みてたら思い出した。丁度20数年前の今日の
出来事だったのにもびっくりした。

長文スマソ



376 :370:03/08/28 05:12
幼稚園はフランスにある

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 07:57
>>375
まだあるなら、もう一度行ってみて欲しいなー。
そういう現象が昔から起こる場所だから
その祠が建てられたのかも・・?
あー行って見たい。

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 09:40
>>361
私も同じ経験があります。
小学校高学年頃の長距離走で。
トラックを何周回っても疲れるどころか息切れ一つしませんでした。
途中からぐんぐんスピードをあげ、驚くみんなをごぼう抜き。
先生が朝礼台から「無理すんなよー」と声をかけてきましたが、
体と足の軽さが快感でスピードはあがる一方。

つい先日、ジョギングを日課にして3年になる友人とこの話をしたばかり。
30歳を越えている彼女が3年間に1度だけ、この状態になったとか。

いったいどんな力が働いたんだろう。

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 10:37
>>371
菩薩のような子だ


380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 10:48
>>378
団地で立ち話していた主婦が、偶然ベランダから落ちはじめた赤ん坊を見つけ
救おうとして猛ダッシュ、無事にナイスキャッチ!
後て落下速度と主婦の走った距離を計算すると100mのスプリンターでも
追いつけない程の早さで走っていた。って話をTV(特命リサーチ)でやってた。
火事場のバカ力とかも重い金庫を一人で担ぎ上げたとかタンスをまるごと
抱え挙げたとか、人間は信じられない力を発揮する瞬間があるそうな。

勿論これは緊急時の話なんだが
なんかのはずみで脳からGOサインが出たのかもね。



381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 12:30
>>379
弁天様だろ?

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 12:31
赤ん坊は体重が軽いからゆっくり落ちたんじゃないの?
ランニングとかの問題じゃないと思うんだけど。
さらに言わせて貰うと、そんな簡単な事もわからないで大人なって恥ずかしくないの?
間に合うにきまってるだろうに。体重の重い大人が落ちるのとはわけがちがう。
なんか恥ずかしいねー本当に。日本の教育ってどうなっちゃってんだろう。
つまり何が言いたいかっていうと、大した教養もない人がTV番組作っちゃだめだって事。
理化もわからない人が科学的検証とかいって笑えるしw


383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 12:46
382って「釣り」だと思うけど、初心者ゆえ、どうやって釣られればいいのか、
よくわかりません
ごめんなさい

そもそも、釣られるべきなの?
スルーすべきなの?

そういえば、ピサの斜塔から、軽い木の球と重い鉄の球を同時に落下
させるという実験をしたのって、だれだっけ?
そもそも、あれって、ピサの斜塔だっけ?

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 12:56
>>382
> 赤ん坊は体重が軽いからゆっくり落ちたんじゃないの?

すごーいw

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 13:14
      ( (
      わ    り
  ふ     ) )    
 
      ( (
       ___          ||
     /ノへゝ       ||  l||l
     | \´-`)ゝ   ||l       l||l
     \__ ̄ ̄ヾ.      ||||  ∩)
      \__/       /  つ
                 ∧∧ /
              Σ(゚Д゚;,)つ
                ∪

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 13:15
↑グッジョブ。さ、次の話題。

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 13:18
>>382
・・・釣りだよね・・・


388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 13:52
>>381
観音様だろう

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 14:31
>>383
ガリレオじゃなかったっけ?

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 15:04
ふと思い出したんだけど、昔ぬ〜べ〜に
動物の呼吸法を人間がすると、その動物と同じような能力が発揮できるって話があったんだよね。
馬の呼吸法でめちゃ速く走れたり、熊の呼吸法で怪力になったり、うさぎの呼吸法で高くジャンプできたり…
それを無意識のうちの偶然していたのでは?とかなり単純な仮説を立ててみる

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 16:07
馬の呼吸法で僕の
ムスコを馬並にしてみようと重います。
すーすーはーはー


392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 17:11
>>391
成功したら晒してください

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 21:22
>>391

むしろ「ぶひひんぶひひん」と呼吸すべきではないかと。


394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 21:41
>393
不覚にも禿しくワロタ

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 22:08
小学生の頃、たんぼで遊んでいるとYSー11がものすごい低空飛行しているのを
真下から見上げたことがある。
高度は30メートル位だったろう。
普段は、うちのほうは航路に入ってないので、飛んでくる筈はないのだが・・・。

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 22:27
よど号じゃないのか?

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 23:13
ニュートン


398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/28 23:44
小学生のときの話。ある日、通学路に猫か犬(?)の、全身の毛皮がはがされた死体が
横たわってた。その死体は死んでから何日か経ってたみたいで、腐りかけてて異臭を
放ってた。
そこで、学校が終わってから、父親と一緒にその死体を近くの公園の花壇に埋めてやったん
だけど、次の日になると、なぜか昨日と全く同じ場所に、同じような毛皮のはがされ
た死体が横たわってた。
はじめは「誰かが死体を掘り起こしたのか?」と思ったけど、その死体には土が全くついて
ないし、掘り起こしたような跡も無いっぽかったんで、掘り起こしたわけじゃ
なさそうだった。で、その死体も同じように公園に埋めた。
ちなみに、その次の日は死体は横たわってなかった。
いったいあの死体はなんだったんだろう…。

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 00:04
15年程前、小学校の帰り道
西の空から東の空に凄い速さで黒い何かが飛んでった。
ほんの数秒だった気がする。
戦闘機だったのか?形は不発弾みたいな感じに見えた。

    ,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /i
   ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
   '、;: ...: ,:. :.、. .. .:: _;.; ';. ‐'゙  ̄  ̄
    `"゙' ''`゙ ''`゙`´´  
これの黒い感じ。不発弾AAってどっかにあった気がしたけど…
見当たらないのでエビフライAAで代用。
友達と一緒だったけど、友達は見なかった。
なんかこわくて誰にもいえなかった。
あまりにも飛ぶ速度が速かったし。なんだったんだろう。
東の空に消えていくとき、世界は終わるのかと思ってた。

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 00:04
>>361です。
>>368 >>378
似たような記憶のある方は結構おられるものなんですね。驚きました。
で、折角ですのでその事について少し考えてみたのですが・・

ああいった体の感覚は、陸上選手など、
日常的に競技として走っている人にとっては案外普通の出来事なのかも知れません。
私などはそうそう競争で走る事はないですが、
選手にとっては例の状態も単なる「良いコンディション」なのかも。
 また、ランナーズハイ(走る人に訪れる強烈な高揚感)というのも近い気がします。
走り出した直後から感じたのは自分でも不思議ですけれども・・

>>390
それとは少し違いますが、以前どこかのスレで、水中に長く潜るコツとして
わざと急激な呼吸をして一時的に過酸素の状態になって・・というのを
見かけたのを思い出しました。緊張で無意識にやってたのかな?
 呼吸法自体も、太極拳や道教の教義実践で色々言われていますし、
何か不思議な効力があるのかもしれませんね。

他に考えられる事は、もちろん人体の潜在能力かも知れませんし、
願望が映したただの以下略かも知れませんが・・・ナンデショネ。


401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 00:19
>>400
いっぱい呼吸してからもぐるのはオ○ムもやっていた。

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 01:23
>>399
つくづく美味しそうなAAだ・・・
失礼ながら、話の深刻さが伝わってこないよ

403 :399:03/08/29 01:36
>>400
私もそう思いつつ書いておりました…。

太陽に照らされた黒光りした飛行物体…本当になんだったんだ。
なによりもその、異常な飛行速度が怖くて怖くて。
それを見たとき、
当時読んでたエスパー魔美に出てきた不発弾の形がパッと頭をよぎりました。
でも弾丸が空飛んで、落ちた音もしないなんてへんだし、
やっぱり戦闘機か…。
西に何かあったかな…。ちなみに神奈川で見ました。

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 01:49
>>403
音はしてた?
戦闘機がそれだけの速さで飛んでたら、辺り一面すさまじい音がするはず。

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 02:13
>>387
縦読み汁!

406 :399:03/08/29 02:21
確か音はなかったと思います。
この地域は飛行訓練とかでたまにうるさいこともあるけど、
あの時はなかったはず。
夢の中の風景を見てるような気分でした。
普通に飛んでる飛行機では在りえない速さで飛んでいたのに。
住宅も密集していないので、空は見晴らしがよくて、天気もよくて、
飛行物体が見えなくなるまでずっと見てました。(ほんの数秒だけど)



407 :399:03/08/29 02:22
>>404
>>406ですが
3行目、
 あの時は飛行物体の音はなかったはず
です

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 02:32
それって黒い気球だったんじゃないか? 参照スレ↓
http://curry.2ch.net/occult/kako/1014/10145/1014587021.html

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 05:27
ボクが小学校くらいのとき
あまり、中のよくない友達の家に遊びにいったことがある

最初は普通に遊んでいたんだけど
何かの拍子に喧嘩みたいになって
その友達の頭突きを食らった

そしたら、妙に頭がすっきりして(言葉ではあらわせないくらい)

その日、一日自分がバカになったんじゃないのか心配でたまらなった


410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 05:36
>>409
俺、生粋の日本人だけど
今でも十分バカだと思うよ

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 06:57
>>382
あか







か・・・・・・・・・・・・

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 08:36
>>406
俺も似た経験ある。見えたのは不発弾じゃなくて、ひし形の四つの発光飛行物体だけど。
  ♦
♦   ♦
  ♦
こんな感じで編隊を組んで、東から西にありえないスピードで飛び去っていった。
音も全くなし。17、8年前の北海道です。

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 08:45
>>412
堺まちゃあきがロウソクの火を消したあとだろ。

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 08:51
>>412
それはたまに見ます。普通の飛行訓練でしょう。

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 09:00
死んだと思ってた同級生が転入してきた話なんだけど
それって、同級生が転校して行った時に誰かが
「○○君は、遠くへ行っちゃったのよ」みたいなことを言ったか
転校の意味を理解できず、もう会えないってことだけで
遠くへ行く(もう会えない)=死んだ ってことで皆に広まったとかではないかな?
それなら葬式へ行った記憶がないっていうのもわかる気がするんだけど・・・
ありえないかな?

遅レスだし、既出とか間違いだったらごめんなさい。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 09:43
>>414
音は全くなかったし、そもそも昼間なのにはっきり発光してたんだよ。
あの速さ(およそ4〜5秒で東の空から西の山へ消えていった)だし飛行機ではないと思う。

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 10:05
>>413
かくし芸でやってたもんな

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 11:20
>>415その話だけど、最初は「葬式に出た」って書いてなかった?だから、ネタ確定だと思ってた。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 13:36
そういえば、ペリーが浦賀に来た時にもらったアクセサリーがあるが、
そんな事実は記録に残ってない・・・
このアクセサリーはいったい・・・

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 14:33
>>419
お前いくつだ?


お前といっちゃ失礼か・・・

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 15:55
記憶かどうかわからんけど、今でも調子が悪くなったときに見るのは、
母が怒りの表情で自分を早口でまくし立てるドアップの顔・・・
それを見ると、心臓が早くなり、その映像もだんだんと早送りになる。
早送りのスピードが上がり、それと同時に恐怖も・・・
最高速になると、映像がフッっと消える。
夢で見るとかじゃなくてフラッシュバックって感じ。


ってスレ違いジャン(゚д゚)

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 18:09
すごく小さい時正月に赤の着物の上に橙のちゃんちゃんこみたいなのを
着せられて、祖母に抱きかかえられて二人で親戚のお寺に御参りに
連れて行かれた記憶があった。
そのことを小学生になってから祖母に話したら連れて行ったのは一つ上の姉
の方だといわれて、ムキになって反論するも祖母がアルバムを持ってきて
開くと私と祖母が写っている。以前にも見たことのあるそれをこれ私だよと
言った。


423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 18:12
だが、さらに話を聞くと姉を御参りに連れて行ったのは1月1日の私の出産
予定日の日であり私は1月5日に生まれたからその時は母のお腹の中にいた
ことになる。写真に刻まれた赤い表示も私の生まれ年の1月1日を示してお
り、首をかしげた。今も覚えている記憶だがやけに上からふわふわ浮いて見
下ろすようなアングルだったので生まれる前に散歩にでも行ってたのかなあ
と最近思うようになった。

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 18:15
>>422-423 はヨハン


425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 18:38
だぁ

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/29 20:29
>>419
大阪の怪しい故買屋を知っているか?

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 01:30
幼稚園のビニールプールで友達や先生と遊んでいるとき、
そのうちの一人(当時の親友)が
「水ん中で息する方法見つけた!!」
と言い出したので、やってみたところなんと本当に息ができた。
それからは潜ったりして二人で思う存分楽しんで、
「この方法は俺達だけの秘密な」
みたいな感じでその時は終わった。
そして月日は流れ、小学校の水泳の授業でクロールを習ったとき、
『水中で呼吸する方法』を実行しようとしたが思い出せなかった。
当時教えてくれた親友も別の小学校へ行ったので確かめようがなかった。
思い出したい・・・水中呼吸法。

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 02:02
朝鮮人ならエラ呼吸ができるってTVで言ってた

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 02:17
>>427
ビニールプールは底のほうに栓があるから
そこを外して使えば水中で呼吸できるよ。

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 02:54
>>418
ありゃ、読み間違えたんだな。ごめんなさい。
しかも、どうやら誤爆までやらかしたみたいです。ほんとすいません。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 03:26
小学3年生の時のことです。長文です。
親や兄弟にも内緒で、悪魔の降霊の儀式を行う事を決めた俺。
放課後に一人で通いつめてた学校の図書室で手に入れた、
色んなおまじないの書いてある本の通りに事を進める。
本には時間は夕方、太陽が沈む直前から始めて、日の沈むのが
見える場所で行うようにと書いてある。
ぎりぎり、2階のお姉ちゃんの部屋なら大丈夫そうだ。
紫色のもの敷き、床より少し高くすること。
うん、これは、お盆で親戚がたくさん集まるときに使う
座布団がちょうど良いな、なんて考えながら準備。
用意が整い、どきどきしてくる。

悪魔を呼ぼうとしたのは、子供ながらの好奇心と、
何か願い事を聞いてもらうためだったと思う。
本には、他のおまじないも紹介されてたけど、
「どんな望みも叶う」のは、悪魔だけだった。
なので俺は悪魔を選びました。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 03:26
(続き)
日が暮れてきた。
幸い、いつも部屋に入るなとうるさいお姉ちゃんはまだ帰ってこない。
お母さんは1階。
今なら出来そうだ。
どきどきしながら暗い部屋に入り、座布団に座る。
どきどきしながらも、ま、何にも起きやしないと思っていた。

目を瞑って悪魔さん降りてきて下さいとか唱える俺。
日は暮れて、部屋はもう真っ暗。
開けている2階の窓から、生暖かい風が入ってくるのが分かる。

突然、まぶたの裏というか頭の中に、暗い人型が浮かんだ。
羊のような顔をしたそれは、膝を抱えるように座っていて、背中には
こうもりみたいな翼があり、先が矢じりみたいな尻尾がある。
それがにやっと笑みを浮かべ、俺に話しかけようとしてきた。
心臓をぎゅっとされたようにびっくりした俺は、怖くなって真っ暗な部屋を出て、
一気に1階のお母さんの部屋に小走りでもどりました。
いつもと変わらないお母さんをみて、なんか普通の場所に戻れたって実感しました。

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 03:27
(続き。最後)
あれが何だったのかは説明できないけど、部屋はホント真っ暗で、
まぶたの裏も真っ暗で何も見えないはずなのに、あれは、真っ暗よりも
暗い漆黒で浮かんできたのに驚いてしまった。
さらに後年、良くある「悪魔のイラスト」を中学生くらいになって見て、
「あ、あれとそっくり!!」となってぞっとした。

霊体験とかない俺だし、そうゆうのあんまり信じない人なんですけど、
この話は信じてもらいにくいし、説明しにくいので、今まで誰にも言ってません。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 04:08
    _       _
  /ヽi|\    /ヾイ\      
 /=/_,iニ_i__|ニi、 i三| ( こ
 iヨ/    ::::::::::::::::\ iEi' 
 レ |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|ヽ|  ┼'っ 
  |  '"⌒` ,: '"⌒` :::|     l
.   |  , 、_:< __,、  .::|  
   \ /\i_i_i_/ヽ ::/  l | 
   /`ー‐--‐‐―´\    ノ

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 15:23
>>434
わりといい奴そうだね

436 :自分を疑え。:03/08/30 18:04
>>435
何故気付かない?
既成概念を捨てろ。心を解き放て。

437 :435:03/08/30 18:17
何を言われてるのかわからない・・・( ゚д゚)

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 18:54
子供の頃、羽の生えたトカゲを見たんだが
誰も信じてくれん!


439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 19:04
>>438
安心しろ! 俺も見た。
周りの誰がなんと言っても俺だけは
常にお前の側にいてかばってやる。






そしてこう言うんだ「俺も見たよ、夢で」

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 19:52
>>438
紫色のノコノコを食ったんだろ。

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 19:55
>>438
天使になったトカゲの一郎だな

442 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 20:05
>440
青色だろ

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 21:34
>>431
お前のせいで日本が不景気になったんだあ!!

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 21:58
>>431は魂を売ってしまったのか?

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 22:07
>>438
ドラゴンだよ。
龍の騎士 JJがそのうち来るよ。

447 :438:03/08/30 22:25
夢でもないし、ドラゴンでもねぇ!そしてノコノコも食ってねぇ!
だいたいノコノコって何だよ

絶対見た!小さなトカゲで、トンボみたいな羽が生えてたんだ!
信じてくれぇー!

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 22:55
>>447
ノコノコも知らないような馬の骨にうち娘はやれんな。

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 23:13
>447
・・・おまえ『ノコノコ』知らねーのか? 『ノコノコ』知らねーやつがよおー この日本にいたのかよォー
  グレート!本当かよ 信じられねーやつだぜ・・・こんなやつと会話したくねーって感じだな!
  ガキのころ何見て育ったんだ?育った文化が違うっつーかよ
  ガリガリくん食ったことあんのか?スーパーマリオって知ってっか?おめーっ

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 23:32
ノコノコ好き。パタパタに乗りたい。メットを見るとはらたいらを思い出す。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 23:50
>>447
おまえが今朝食べたのがノコノコだよ・・・・

452 :438:03/08/30 23:58
うっせーな!マリオぐらい知ってるよ!
ピョンピョン跳ねるイタリア野郎だろ!
ノコノコも思い出したわ!

ところでガリガリくんって何だ?教えろ!

嫁はもらう!

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 23:59
>>449
サーフィス

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:24
>>452
ガリガリ君もしらんような奴に俺の肛門はやれん。

455 :438:03/08/31 00:34
>>454
お前、ガリガリ君、知ってんのか!?
教えろー!
肛門はいらんから、おしえろー!!!


456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:34
>>452
スーパーマリオのマリオは・・・・・







マリオネットのマリオから来ている・・・





イタリア人とは関係なかった・・・・


16へぇ〜



457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:36
>>455
肛門もいらないような奴にはガリガリ君はおしえられんな!

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:39
キーワードは「ドカスカジャン」


来週も絶対みてくれよな!!

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:47
>>455
ガリガリ君も教えんような>>457には
肛門はもらうな!

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:49
>>455
必死だな

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 00:49
>>458
ボカスカジャンだな

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 01:06


・・・・もういい


463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 01:30
>462
よしよし。泣かないの。
ここをごらん。
http://www.akagi.com/html/garigari/index_cm1.html
ブラクラじゃないから安心してね。


464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 01:37
>>462
ガリガリ君はソーダがチュキです。
おためしアレ!

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 02:04
>>456
以前NHKでみた話。
アメリカ任天堂で倉庫整理をしていたおっさんがいたんだが、
そのおっさんが任天堂で当時開発中だったゲームのキャラに
そっくりだったそうだ。
そこで、そのおっさんの名前をもらって「マリオ」にしたんだと。

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 02:17
>>62
漏れもその透明なやつ中一の頃見た。

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 02:25
>>463
ありがと
これがみんなの言ってたガリガリ君か
感謝感激っす!
2ちゃんもすてたもんじゃあないね

あっガーリガーリくん♪(ガーリガーリくん)
ガーリガーリくん♪(ガーリガーリくん)


468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 02:31
>>467
てゆうか普通にぐぐればすぐ分かるだろ

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 07:34
>>467
この分だとうまい棒ももしかして知らないんじゃないか?

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/31 09:27
>>469やおきーん

よっちゃんいかに一票

471 :バトラコトキシン ◆n3VYsMSBOQ :03/08/31 09:30
どうも、おはようございます。
いま一分間にあくびが一回でています。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:06
 元気が出るテレビ、お面白かったなー。伝説だよ・・・・(涙)
 ウゴウゴルーガ、お面白かったなー。伝説だよ・・・・(涙)
 
 とび蹴りゴッテス、最近の物だけどお面白かったなー。伝説だよ・・・・(涙)

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:09
 ギルガメ、お面白いわけじゃないけど。伝説だよ・・・・(涙)
 テゥナイト、お面白いわけじゃないけど。伝説だよ・・・・(涙)
 今の中学生かわいそうに・・・・(涙)

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:10
俺はシャワータイムとフラッシュタイム

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:11
ウイークエンダーの再現VTR

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:17
元気が出るテレビの「こんな〜はいやだ」で
失禁しそうなくらい爆笑してた、俺、なつかしい

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:17
鉄拳?

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:26
たしろ食堂

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:26
保健室で休息中の少女に何が起こったか・・・
当然のようにHな事態に発展していくのですがいやーリアルリアル。
オマンコからダラダラ流れ出るマン汁、青筋の浮き出たチンチン。
現実ではあり得ないシチュエーションにリアルさがある秀作!
エロアニメがいっぱい。セーラー服美少女実写版も大好評。
今すぐ無料ムービーを!!
http://66.40.59.76/index.html

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:29
↑すごっ

481 :あなたの後ろに名無しさんが・・・:03/09/01 21:40
リア厨の頃、通学路にあった用水路に金色の鯉がいるのを見た。
誰も信じてくれなかったけど。

さらに昔、何でか知らないけど女の子が大声で泣き喚いている夢をよく見た。

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/02 00:49
ガリガリ君、ぶどうが美味かったよ(´∀`)

昔みた夢、では親に置いてかれる夢かな

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/02 18:08
昔、森の中に何かの動物の真っ白な頭部がおっこってて、
次の日行ったらもう無くなってた。
気味悪かった。

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 09:31
庭にオバケムカデを一瞬見たが誰も信じてくれず、
数年後、図鑑で発見したときの感動は忘れない。
ああ、別の生き物で大きさも普通なのかと。

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 13:12
>>412
私も似たようなもの見たこと有ります。
三角形若しくは矢印型の飛行物体(10機以上あった)が大きな三角形の編隊を組んで
高速で音も無く私達の頭上を飛んでゆきました。機体は真っ白で(発光していた可能性有り)
トニカク美しくて暫く呆然と見とれていました。場所は愛知県知多市の周囲が山だらけのパーキングエリア
深夜11時ごろです。状況からして鳥でも飛行機でもない様で一体アレはなんだったのか、今でも謎です。

ちなみに10年前の話です。

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 13:31
>>485
自分も同じようなのを見た!
三角形の変体を組んで無音で空を駆け抜けていった。
子供心ながら流れ星と思ってたけど、後で考えると飛行物体にしか思えない。
音が無くスーッと移動する感じ。

17・8年前の仙台での出来事す。

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 18:33
>>52
留守電


488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/03 19:34
母:ヒルネ中
父:妙な表情で母をいぢり始めた
母:「やだ」「やだって」

幼い頃の不思議な思い出さ。


489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 00:16
昔、熱出したときによく見てた夢。
全身ピンクの女性が草も壁もテーブルもピンクの家の前に立ってて、そこから進むと
軽そうな発砲スチロールっぽい物が何段にもずっと積み上げてあって、小さな音が鳴ってるんだけど
もう少し進むと鉄筋とか段ボールとかが積み上げてあるところがあって、そこに行くと
凄い大きな低い音が聞こえる。
幼き頃の漏れはそれが怖くて、何度もそこで起きたっけなぁ…
意味不明でスマソ

490 :485:03/09/04 12:39
>>486
全国で目撃談があるんですね。それにしても何なんでしょうね
アノ時間にアノ場所に飛行機が飛んでるなんてありえないし・・。

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 12:40
>>489
不思議の国の〜

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 13:02
ガキの頃、人面フクロウみたいなのが羽をゆっくり動かしながら
浮かんでるのを見たことがある。尻尾の先が悪魔みたいな矢印の
形をしていた。で、キーキーって金属をすり合わせたような声で鳴いてた。

それだけならガキの妄想なんだが、つい最近同じようなモノを見たことが
あるという人を見つけた!!なんなんだろう。
マイナーなアニメのキャラかなんかか?
それとも...。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 13:08
小学校の頃、学校の帰り道でいつもと違う森の中で見つけた石の棺みたいなモノ。
中には水と髪の毛らしき物や白い骨???があって気味悪くなりいっしょにいた友人と逃げた。
あれから2度と行かなかったけどあれはなんやったんやろ?

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 13:55
ガイシュツだったらごめんなさい。

私がリア消の頃(約20年前)、通学路に怖いポスターが貼られていたんです。
そのポスター、目のドアップに注射針がもう間近に付けられていて、確か針から液が
ちょっと垂れていたと思います。
なんかフレーズ書いてたのですが、何書いてたのかまでは思い出せないです。
もう見るたびに怖くて怖くて、何のためにこんなもの貼ってるのかな?と思って
ポスターを観察したのですが、結局何かが分からなかったのですよ。
今思えば映画か何かと思いますが。
丁度その頃目には水晶体があるという事を勉強しましたので
「ああ、水晶体を取るんだな」と変に納得させてましたが、
しばらく経って偶然付けたテレビで、同じく注射針を突き立てて何かを取り出してる
のを目撃してしまったんです。
しかも病院なら分かりますが、普通のスタジオなんですよ。
番組は最後だったみたいで、
30くらいの女の人の目に注射針を突き立てて何かをぴろんと取った後
司会者の人が「ありがとうございましたー」と言ってテロップが流れてました。

あれはいったいなんだったんでしょう。
スタジオで水晶体取るなんてもってのほかですし、コンタクトレンズを取るにしても
注射器なんて大袈裟過ぎますよね。

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 16:04
目に注射器!?((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 17:55
コンタクトが眼に吸い付いて取れなくなったとき、
吸盤みたいなので取ることはあるけどねー。

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 18:21
>>494
その映画は多分「ゾンゲリア」かな。
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/worst/zombie/buried.html

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 18:36
>>145
俺も幼稚園か小学校低学年の時に、まったく同じ経験をした。
地下街の店員専用の非常口みたいなところに、童話に出てくるまんまの
魔女みたいな、腰の曲がったばぁさんがいた。黒装束に黒い帽子、鉤鼻・・・


499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 18:54
>>497
うーん。ポスターみたんですが、こんな感じじゃなかったですねえ・・・。
ただ目のドアップだけ。
内容も分からないんです。
確か見たのは小学校五年か六年頃。
86年〜87年の間ですね。
季節は夏か秋だったと思います。

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 18:55
俺が7〜8歳くらいのときだろうか、祖母の家に泊まっていて
夜になったときに蛍狩りに行くことになった。
祖母の家から歩いて10分くらいのところに綺麗な川が流れていて
そこまで歩いているときに変な物を見てしまった。

月明かりの下、荒れた田んぼに佇む立派な格好をした「侍」がいた。
当時ガキだったので「ああ、田舎にはまだお侍がいるんだなぁ」と思ったが
いくらなんでもチョンマゲまで結っている奴はいねぇだろと・・・・


501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 22:30
ああ、侍ね。たまにいるよね。
時々変人としてテレビに出ることあるよね。

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 22:55
>>492
似たような話をここの板で読んだ気がするが・・・

あれもキミの投稿か?

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 00:31
小学校入学前後5、6歳くらいのときに何かを見ました。
俺、母、父と布団を並べて寝てた時、
横向きに寝てた俺の目の前に人の気配がしたんですよ。
ゆっくりと薄目を開けて見てみると、目の前には確かに足が2本。
怖くなりギュッっと目を瞑ってしばらく耐えてると、「キー、バタン」と
玄関のドアの音が聞こえたので、恐る恐る目を開けると誰もいない。
父と母が眠っているだけ。
次の日起きてドアを確かめに行くとちゃんと鍵は閉まってる。

その時は、何故かそれのことを鬼だと思い込んでました。
また不思議なことにその日は親戚(といっても自分は一度も会った事無い)
のおじさんの葬式から帰ってきた日の夜でした。
かといってその頃は人が死んでも怖いなんて感情も無く、ちゃんと玄関に塩もまきました。
今ではリアルな夢ということで納得してます。

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 04:36
子供の頃眠れずに、窓をあけてぼぉーっと月を見ていたら
次々と人の顔が現れて見えたことがある。
一人だけはっきりわかったのがエジソン。後年伝記本を
読んだ時、「あーあのときの顔」って思った。
なんでエジソンだったんだろ?

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 09:01
>>494のポスターがゾンゲリアであったかどうかはともかく、
スタジオで注射針使って目から一体何取ってたのか物凄く気になるぅぅぅぅ
な、何を摘出してるの????
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルオシッコジャー

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 19:06
注射針だろ?
どうして目から何かを取ろうとするって発想になるんだ?

ガキの頃の思い込みはともかく、505のアタマの構造が分からん。


507 :ワルキューレ ◆mci....ll. :03/09/05 19:19
>>494のポスター、見た覚えあるんですけど。。。

508 :ワルキューレ ◆mci....ll. :03/09/05 19:32
目というか、つくりものっぽい大きなむきだしの眼球がすこし左を向いてて、
その目の向いてる方から垂直におおきな注射器が近付いて・・・って感じのポスターでした。
針の先からは透明な液体がしたたってたような。
すごく小さい頃の記憶だったとおもうのであんまり正確じゃないかも。

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 20:49
幼稚園〜小学校低学年の頃、
緑色の大きな格納庫に戦車やロボットがあった夢をよく見た
何故かゴオオオって言う音が聞こえて引き込まれるような感じがした
引き込まれたら死ぬような気がして嫌だった

それと小学校中学年の時に学校の真上を巨大なヘリ(緑に大きな赤丸(日の丸?)の模様)が屋上すれすれに
ババババババババと飛んでいった。友達は見たか解らないけど妙に記憶がはっきりしてる

あともう一つは幼稚園か小1,2の頃の記憶で
先生や友達と学校の周り探索をしていたら白い車が物凄い勢いで道を走ってきて、横転。
横転というか2,3回転くらいしていたからそのまま着地、ボロボロのまま走り去っていった

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/05 21:54
>>508
公共広告機構のポスターだったりしてね。
注射針=覚せい剤、ってことで。

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 11:59
幼稚園くらいの頃、黒装束に大鎌持った骸骨といういかにもな死神に追いかけられて、
死んだ振りしたら「まだ切ってないよ」と可愛い声で注意された夢を見た。

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 13:31
誰か「バリ・ゾーゴン」って映画(?)知らないですか?ポスターが怖かった記憶が…

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:22
>512
行きはよいよい、帰りは怖いって書いてたね。
後便所の浄化槽がどーのこーのって。
大学のときに見ました。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 22:21
>>512
当方23歳。高校2年の時に観ますた。
まあ・・なんだ、観たら罵詈雑言てことだった・・・

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 16:31
小さい頃、一人でお風呂はいるの怖くてドァをゴミ箱で押さえて開けて入ってた。
その日もいつも通りそうやって入ってた。
何故かドァの方が気になって振り向いて頭ガシャガシャ洗ってたら、
ニュゥゥゥっとまん丸い頭の真っ黒な影がのぞき込んできた。(本体?は見えない)
その時は家族の誰かだろうと思って普通にあがって親に尋ねた。
自分「さっき一階に誰かおりてきた?」
ママン「知らないわよ?誰も階段おりる音しなかったし」
…そぅいえば、一階には誰もいなくて、階段を下りる音も上がる音もしなくて、
家の柔らかい照明の中では考えられないくらい真っ黒な影でした。
頭の形も家族の誰にも当てはまらないし。

真っ黒な影は工房になった今でもたまに見るんですけどね。
昨日も登校途中、路駐したワゴンのドァが開くと同時に
犬みたいな真っ黒なの(チワワ大)が勢い良く飛び出してた。
犬嫌いな自分は、「おいおい放し飼いかYO!」とか思いながら
そのワゴンに近づいた。(通学路だからそこを通らなきゃいけないの)
そしたら飛び出たところに犬はいないし
ワゴンも荷物運んでさっさと出発しちゃうし。
今思うとその犬もありえないくらい真っ黒で毛の質感もなくて目とかもなかった。

この真っ黒なのって何なんでしょう?霊感ゎぁんま無いと思います。金縛りとかないし。
スレ違いだったらゴメンナサイ。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 20:18
ドァ

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 20:30
それはきっとまっくろくろすけだよ!

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 02:09
15年位前 小学校の裏山に、薬莢のようなものが
たくさん落ちていました。
当時小学生だった我々の間では
戦時中の鉄砲のタマだという暗黙の了解があったんだけど、
そこはド田舎で軍事施設なんかあるわけないし。
狩猟というのも多分ありえない。
あれ、何だったのかな?

519 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/09/08 02:24
>>515
俺の友達もそういった真っ黒のを見るって言ってるんだよね。
なんなんだろうね。

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 02:26
記憶はかなりあいまいで、薄れてしまっているが、先日おふくろに言われて「あっ」と色々と思い出したんですけど、ちと奇怪なお話を・・・。
何でも、私は幼稚園へ通っていた頃、途中半年くらい行かなかった頃があるそうな(記憶あり)。その頃毎日遊んでいたようこちゃんという子がいたそうだ(記憶あり、顔は思い出せない)。
がお袋は一度もその子の姿を見たことが無く、我が家にようこちゃんが来たときもお袋はジュースを2人分入れて、一人遊びしている私を不思議そうに眺めていたそうだ(一緒に家で遊んだ記憶あり)。
マジに、オヤジと「この子は頭が・・・」と話し合ったこともあったそうだ。
「ようこちゃん家はどこ?」と聞いても私は「しらない」と答えていたそうだ。
その後、私は引っ越してしまって、すっかりその記憶はとんでいました。
お袋は今になって「気味悪かったわよ。なんだったんだろうね・・・」って言うけど、私も何があったのか良く思い出せないのです。所詮子供の記憶だからね。
でも、確かにようこちゃんと何度も家で遊んだことは覚えているのです。
なんだったのでしょうか。

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 02:43
当時母と父はうまくいってなかった。あの時母は愛人に会いにいこう
としてたのだろう。三歳位だった私の手をひいて長い隋道(トンネルって
いうような感じじゃなかった)をとおりゃんせを歌いながら歩いてた。
その後、母が愛人とあっていたかとかの記憶は飛んでしまったのですが
帰りの道中で母が私に当時流行っていたボーリングパンというスナック
パンみたいなのを買ってくれた。なんかせつなくもノスタルジックな
思い出です。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 09:13
ウソという前提で。
ようこちゃんはまだ520さんと一緒にいます。っていうか、時々様子を見に来る感じ。
理由はわからないけど520さんがとても好き。ガッカリしてる時とか、慰めにきてるぞ。

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:16
>>518
そこが狩猟区だったらパンパンやるんじゃない?
私の家の裏山は戦前戦中と昔練兵場だったらしいけど今はその影もないよ。
それがあった所の近くにキャンプ場があるんだけど、今でも足のない兵隊の霊が
出るなんて話を聞くなあ。

524 :523:03/09/08 10:18
何か尻切れだなあ。
つまり、自分の裏山が今はその影がなくとも、昔練兵場だった可能性もあるということです。

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:41
子供が空想の友達と遊ぶことは珍しくない。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 14:04
>>522
君はマジで言っているのか? ただのジョークだったら今すぐうそだといいなさい!
俺があんなことや、こんなことしている姿も見られているのか?

>>525
そうだったのかもしれないような気がしないでもないが、結構リアルな部分の記憶もあったりするからな・・・。うまくいえないが、相手(ようこちゃん)の人格は当時の俺では想像できない、俺の中には無かったはずの人格の子だったような・・・。
写真でも撮っておけばよかったな。今ならビデオか。

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 15:28
>>520
俺も似た経験あるよ。
小学校4年のとき、田舎に遊びに行った時に近所に住んでいるっていう
おない年の女の子と仲良くなってね、一緒にスキーしたり、雪だるま
作ったりしたんだよね。
冬休みの間中、ずっと田舎にいたわけだけれど、その子の家にも遊び行った
記憶がある。

だけど、後で親や田舎の祖父母に訊いたら、その遊びに行った家には
当時女の子はおろか子供がいなかった、という事なんだ。
おそらく、何か違う記憶がくっ付いているんだろうと思うけどね。

もし、その女の子がそういった類のものであったにせよ、
子供の時の楽しい思い出として残されていることは確かなんだが・・・。


528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 15:55
520や527と同じ経験を大人側から報告します。
私小学校の教師ですが、たクラスの担任の先生から同じような相談を受けました。

日曜日のたびに親や先生には見えない(本人には見えている?)子供と遊ぶ男の子です。そのこと意外は特に変わったところの無い普通の男の子なのですが、自分にだけ見えているという特別な意識も無いようでした。
相手は女の子で、名前はリエちゃん、住んでいる家は「遠く」とだけしか教えられていないそうでした。
ためしにビデオで、一緒に遊んでいるところを撮影して男の子に見せても、やはりその子にだけはリエちゃんだ見えているようで、細かくなるので省きますが、さまざまな引っかけをしてもまったくひかからないで、明らかに見えているといった印象でした。
どこかでうわさを聞きつけた雑誌の方が見えたのですが、騒ぎが大きくなるのを避けるために、親、先生たちと「虚言症」ということにして帰ってもらったこともあります。
一緒に遊んでいるところを見ても、明らかに演技をしている様子はなく、会話もし、何らかの物体が「そこ」にいるという行動でした。むしろ、なぜ家に先生がいるのか? のことのほうが不思議なようでした。
ある日「リエちゃんがいなくなっちゃった・・・」と担任の先生のところへ相談に来たのを境に、ぱったりと「リエちゃん」は遊びに来なくなったそうです。

当時の感覚では霊とかそういったものの感覚はあまり感じませんでした。むしろもっと純粋な楽しいもののような感覚がありました。
その後さまざまな文献を調べるうちに、医者でも「確かに何かと・・・」という例はたくさんあることを知りました。
いまだ、当時のことが不思議でなりません、また、今後同じことが起こったらどのように対処をしたらいいのか不安でなりません。
どなたか、適切なご意見を。


529 :522:03/09/08 16:58
ウソです!
>>526
その通りで全部見られてる。けど、行為はどーでもよくて嬉しいとか楽しいとか、
悲しいとか悔しいとかの感情を見てますから、オナニーでキモティイイ!時とか
「ヨカッタネー」と思ってるよ。だからあまりマイナスに気にしないで、
いるなら嬉しいよーとか思えば向こうも嬉しがるよ。

>>528
本人が見えてて楽しいと思っていて、実害がないならまっっったく無問題。
というかリエちゃんは本当にいます。「直観像資質(素質)」を持ってる子どもはにとっては
リエたんは実在する人物で、現実と空想の区別がハッキリしていないから、
たいした理由もなく「もう会ってはいけない」なんて言っちゃだめなのですよ。
本人にとっては理不尽な大人の命令としてトラウマになったりするから。
だから520さんのお母さんがジュース二人分出してさしあげてたってのは、
最高にイイ具合の対処だぜ。私が男ならそのお母さんとケコーンしたい。

今後周囲が不安がるようなら「直観像資質(素質)」は子どもの内は多かれ少なかれ
みんな持っている子どもの才能の一つ。
だから小学校低学年(場合によっては中学年)までは肯定してあげた方がよいこと、
高学年まで続くようなら肯定的に否定してあげるとすぐに消えてしまうこと、
一度消えたら二度と現れないことを伝えればいいですよ。
ほら、サンタクロースを信じてる子どもって、純真でしょう?
〜くんはとっても純真な子なんですよ奥さんんっ!とでも言っておきましょう。
つーかメラ長くてスマソ。

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:16
>>528
よかったねセンセ

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:19
4歳くらいの頃、スペ○スマウンテンで火傷した記憶がある。
5年位前までは痕がはっきり残っていた。


532 :515:03/09/08 21:14
>>517
ソレダ!(・∀・)!!
犬型とヵ8等身のまっくろくろすけ…ガクブルモノダw

>>519
ャッパリ見えるのは自分だけじゃなぃんですね!
なんなんですかね??ャフーでぐぐったら出てくるかな(´_'?)


ぁと小学生の時、蛍光オレンジのキツツキを見た事もぁります。(他のスレでも書いたケド)
小さい頃って何でそぉゆぅ不思議なモノばっか見るんでしょうね?

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 21:33
>>529
そうなのですか・・・。わかりました。変に刺激しないのが一番ですね。
それにしても「引越し解決」が多いような・・・。まっ、いいや。

で、最後の疑問が残っているのですが、結局、子供たちが見ているものは何なのでしょうか。ただの空想遊びでしょうか、大人にも何らかの方法で感知可能でしょうか?

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 21:50
脳内のお友達ね、人間ならまだいいよ
いとこの子供はポケモンでしたから
ピカチュウとかと遊んでるようでした……
いとこはえらく心配してましたよ
不健全なんじゃないか、人間の友達を作って欲しい、って
確かにピカチュウじゃねー……
よそで話すとイカレてると思われちゃうから、人前でポケモンの話するのよしなさいって言ってました
もう小学校低学年で、そんなちっちゃい子じゃなかったので
私は、そう長く続くもんじゃないからやらしとけば?って言いましたが
母親が再婚して子供(弟)ができたときだったし
いかんせん他人事になってしまうので複雑でした

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 21:55
あーそれ俺も知りたい。

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 21:55
まぁ何にせよ、そのときのその子には、その脳内のお友達が必要なんだと思うので
温かく見守る、に賛成です

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 22:12
どこかで脳内の友達はそのままにしておいたほうがいいと
読んだことがあるよ。自然にいなくなるみたい。

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 22:13
私は現在25歳、あの体験は5歳か6歳の時でした。
今思い出して見てもぞっとするのですが、
その日も、私は近所のお友達と、夕方まで、家の近くの公園で
おままごとをして遊んでました。
日も暮れかけてきて、友達と、そろそろ帰ろうか?
っと言う話なり、立ち上がった瞬間、誰かに見られてる感じがして
それは友達も感じてたらしく、二人同時に振り向いたら
おかっぱ頭に、モンペ姿の女の子が立っていたんです。
見た感じがすすけた感じで、何とも言えない異様な感覚だったのは
今も覚えています。
女の子は、私達に向かって
「ねぇ…もう帰っちゃうの?もっと遊ぼうよ」って言ってきたんです。
私達は、その異質な女の子のいでたちと
この子と遊んじゃいけない!って気になって二人で
走って逃げました(おままごとセット放置したまま)
その日はただただ怖くて、親と一緒に眠ったのを覚えてます。
次の日、ままごとセットがそのままだったので取りに行ったのですが
何事もなかったように、そのまま放置されていました…・
毎年、その日になると思い出す事なんですけど、
成長していくにつれて、その日が何の日なのかと言う事が分かり
女の子が何者だったのかと言う事も、はっきりとわかりました

その日は終戦記念日だったんです
そして女の子は…

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 22:34
おにいちゃん
どうして蛍すぐ死んでしまうん?

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 22:40
私なんぞは小学校に入学する直前、知らないおじさんの大きくなったナニを握らされたぞ!
しっかりと覚えてるぞ! 何かいけないことされている感覚があった。
で、オチがそれが元で同性愛に目覚めたってならいいけど、しっかりと人一倍の女好きに成長しました。

あっ、子供心に「大きくて気持ち悪い」と感じたが、今となっては「ふっふっ・・・」程度の大きさだったような。

ところで、大人でも感知できるんですか?

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 23:13
えーっ、全部見られてるわけ! いくら行為じゃなくて感情の方といわれても、やっぱりあの姿は誰にも見られたくないな・・・。
女連れ込んでもようこちゃん怒っていないのかな、あんなことやそんなことさせても、怒らないかな・・・・。
って言うか、やっぱり一人エッチのときの姿を見られるのはイ・ヤ・ダ!!

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 23:13
--------●○●別れさせ屋●復讐代行業務●○●----------

●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
●  http://www.blacklist.jp/i 【ファイルにコピーして開いて下さい】
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■各種データ・電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
ジャンプしない場合にはファイルにURLをコピーして開いて下さい★☆★
●  http://www.blacklist.jp/i  ●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
●  http://www.blacklist.jp/   ●復讐代行・人生相談・駆け込み寺
--------------------------
●リンク⇒ http://999999999.jp 出張OK【占術&人生相談】●●●
---------------------------


543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 23:37
一度現れなくなるともう二度と見られなくなるのが殆どなのです。
だから大人で見る人は希有。
子どもってよくママゴト遊びするけど。
それも同じ類で、子どもは常に大人がしている事をちゃんと見ていて、
常に興味を持っていて、同じ事をしたいと思って真似するんだけど、
たまに泥団子が本当の団子に見えてしまって食べちゃってホスピタルって事がある。
それは子どもがまだ多くの物を見ていないのと、目に入る全てのものを疑わずに
素直に受け入れている(そうしないと脳が成長しない)からなせる技であって、
虚像と実像の認識が曖昧で、偽物と本物の区別がつかないから起こること。

ガチャピンを見て、あの中に人が入っているなんて思わない子がいるよね。
ガチャピンは自分と違う生き物だけど、ガチャピンという生き物が
この世界にいると思っているのと一緒なのです。
だから子どもにとってはピカチューがこの世界に実在してもおかしくないから、
頭の中で考えたピカチューが実際に目の前に現れて自分と遊んでくれるんです。
子どもの目には見えているんだから、それは子どもにとって本当のことなのです。
気を付ける事は、もしも突然ピカカチューにいじめられたとか言って
泣き出したら要注意。何かのSOSだと思って間違いないですよ。
あるいはマジでオカルトって事も有り得るし。実際そゆことあったから。

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 23:38
今から20数年前のことです。
テレビのアニメで、コーラを飲んでいって
バッタバッタ人が次々に死んでいくアニメ
がありました。
で、そのアニメの中でのコーラのCMで、
「ゴックーリゴックリゴックン、コーラジュ〜スッ!」
とかいうフレーズのCMを日本全国に流すのですが、
それを見てコーラを飲んだ人が次々に死んでいった。。。
俺はこんなアニメは実在せず、デジャブかな?ってずっと
思ってたんですが、何年か前姉にこの話をしたら姉も見た
って言ってました。でもなんのアニメかはわかりません。
もし実在するのでしたらどなたか教えて下さい。

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 23:51
小さい頃に一家で一つの部屋で寝てた時に、
自分と母が床に二人で寝て、兄と姉で二段ベットの上下で寝てる訳だ。
別に漏れん家が狭かったとかいう訳じゃないぞ。
んで、漏れの足元にタンスが有って、
ある日夜中目が覚めると、そのタンスが招き猫になってたんだよ。
天井まで届くぐらいの招き猫で、そんなスペース物理的に存在してないし。
たかが夢だと言われたらそれまでなんだけどさ。
でも何故かやたらと意識が覚醒してたんだよなぁ。

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 02:44
>>544
それって映画では?
近くの児童館でみたような。。。
やはり20数年前の話。
ジュースのCMは、
「ゴーックリゴックリゴックリ、ボアジュースッ」だったような、、、、
あと、「ジュースを飲んで海底旅行にいこう!」みたいな台詞もあったような気がします。
また、飲んだ人たちが泡になって死んでいったような気も。
タイトルは覚えてないっす。うる覚えスマソ

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 02:48
>>544
釣りか?

'69年公開の東映まんがまつり作品「空飛ぶゆうれい船」
コーラじゃなくてボア・ジュースな。
ま、コーラを揶揄ってるンだが。
レンタル屋で探せばあるぞ。わりとナニな感じのアニメだが…。

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 03:03
釣りじゃないと思われ。
自分、なんか544の気持ちはわかるよ。
ボア・ジュースがコーラになっちゃったっていうのも
子供の頃の変な記憶って感じでいい感じかと。

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 06:28
前の方のレスで運動能力が一時期上がったみたいな話があるけど
人間には本能的に力を抑制してしまう本能があるらしいです。
本来、筋肉などを最大限に使えば人間はかなりの速さで走ることが出来るそうなんですが
それをしてしまうと筋肉や骨に負担をかけて怪我などをしてしまう恐れがあるので
普段は本能的に力を最大限に発揮出来ないようになってるそうです。
こんな説をテレビか何かで聞いた事があります。


話はかわるけど自分の子供の頃の不思議な事
幼稚園の頃から小学校低学年頃までのことだと思うんだけど
寝る前に目を閉じて高い所から落ちることを想像すると
実際の体にも50cm位の高さから落ちだ様な衝撃を感じることが出来たな。
そんなことを寝る前にやってから寝てた記憶がある。


550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 18:17
小学1年生の頃、友達のお兄ちゃんに犯されかけたような記憶があるんだけど、
それが夢だったのか現実だったのかわかりません。友達が呆然と見てて、私は
泣きながら必死に逃げたけど、玄関のところでつかまって、そこから記憶ない
です。やたら鮮明に覚えてるので夢にしてはリアルだったような気がするし。
でもその後親にも言わんと普通に暮らしてたので、夢だったんかな〜とも思い
ます。でも小1でそんな夢って見るもんなんでしょうか?現実に起こった事だ
ったらかなり嫌ですけど。

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 18:23
直接聞けば

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 18:38
>>550
ネタ乙
もし実際に体験したなら「夢だったんかな〜」なんて程度の認識で済むはずがない
克明に現実として記憶してるはず

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 18:42
リエたんと同じような話しなのだが、私の場合は犬だったよ。
多分五つか六つの頃、自分より大きな犬が毎日庭に遊びにきてくれて、
とても嬉しくて背中に乗ったりして遊んだ記憶がある。
実は今思い出すと凄い怖いんだけど、その犬は全身赤茶色の犬で、
三角の耳が真横に出ていて、うる星やつらのラムちゃんみたいな
黄色い角が二本、頭から立てに生えていたのよ。
その角に触るととても嬉しそうな顔するから、何回も撫でてあげた。
勝手にパトラッシュって呼んでた。
何本あったかは忘れたけど、尻尾が一本じゃなかった。
小学校にあがる頃には来なくなって、悲しくて毎日泣いてたんだけど、
その事を母親に言っても全然覚えてなくて、お前はいつも庭でよく一人で遊んでたって言う。
そんで怖かったのは、中学生になった時。
お婆ちゃんとその事について話したんだけど、
私が空に浮いてはしゃいでる姿を何回も見たって言ってたのよ。
なんか怖いんだけど、懐かしい話しですた。

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 19:27
>550
マジレスですが、
あまりにショックが大きいと脳は自己防衛の為に
記憶を改竄することがあります。
詳しい話は板違いなので省きますが
もし550さんに対人恐怖やウツに代表される
心理的な症状、困った事があるのなら
一度専門家に相談なさってはいかがでしょうか。
そんな症状は全く無くて毎日楽しいよーん、だったら
きっとほんとに夢だったんでしょう。

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 00:20
オイこそが 555げとー   

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 00:41
>>553 なんだよそれ。普通に怖いよ。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 00:48
聞いてください。
俺は小2から小5まで香港に住んでいました。
僕が住んでいたマンションには裏山があり、よく遊びにいっていました。
ある休日の日、父と二人で裏山に遊びに行っていました。
すると草むらの上をすばやく走るトカゲがいたんです、
僕は網でトカゲを捕まえると、
「カゴもってきて!!」
と父に取りにいかせました。 
そして5分ほどでしょうか、しばらくその場で網をおさえていると後ろからガサガサとこちらに近づいてくる音がきこえたので、
父かなと思い振り返るとそこに
顔が灰色で目が無い民族衣装を着た男の子が立っていました。

すぐに逃げて帰りました。あれはなんだったんですか?


558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 00:53
中学生くらいからずっと続いてるんだけど、寝ようと思って目をつぶっていると
今まで見たことのある漫画のシーンがどんどん積み重なって見えてくるようになった。
しかもたちが悪いことにすべてのシーンが異様に濃ゆい。たまらん。黒すぎる。
しかもそれ見たあとにはきまって気分が悪くなる。

ちなみに北斗の拳はイイ感じ。

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 00:54
ねえ、このスレ本当に恐いんだけど・・・

560 :544:03/09/10 00:58
>>546>>547>>548
レスサンクス!!
これで長年の謎が解けそうだよ。。。
しかしコーラじゃなくてボア・ジュースだったとは・・・
まぁそれ飲んで死ぬんだから、コーラじゃまずいよな。
さっそくレンタルビデオ探してきます。
でもこれ見てほんとにこの記憶と合致すれば感激もんですね。
なんか子供の頃の、夢か現実かもはや区別がつかない記憶の
場所とか出来事が現実のものだということをまのあたりに
する瞬間って、なんともいえない感激というか恍惚感を感じます。。。
さっそく姉にも話してみよっと(^∀^)

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 01:08
>>515
自分も部屋の窓から真っ黒い物体が沢山入り込んできた記憶あるよ

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 01:17
浅い眠りの時にバスの後部座席でまるまって寝てる風景が頭の中に浮かんだことがあって
布団に入ってる感覚はあるんだけど、バスに揺られている感覚もあった。
んで、バスが急ブレーキ踏んだ、と思った時は布団の中を思いっきり転げまわったね。
あれはあれで楽しかったです。
あと寝ぼけてツバを地面に吐いたつもりが真上に吐いていて自分の顔についたこともあった。

563 :544:03/09/10 01:18
なんか今「空とぶゆうれい船」ググッてみたんだが・・・

'69年公開の東映まんがまつり作品
原作:石森章太郎
アニメーター:宮崎 駿


うーむ・・・意外というかガカーリというか・・・
ま、子供の頃の記憶なんてこんなもんなんだろうな・・・


564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 01:21
>>553
空想ペットor友人って奴(ややこしい名前だったん出覚えてない)ですね、
結構臨床心理学では教科書にのってるくらい有名な事例ですよん
一人遊びの相手を人格として作り上げる幼児特有の能力です
この手の事例を調べるとXファイル的な事例が出てくることが多いそうで
ググルだけでもちょろちょろ出ますし調べてみるとなかなか面白いですよ

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 01:27
>>564
>>553の場合空想ペットとは違うと思われ。
だって空に浮いてたなんて心理学でも説明つかないだろ。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 01:35
>>565
いや564にも「Xファイル的な事例が……」とか書いてあるし。

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 01:52
みなさんスルーしてますが、>>557怖くない? なんか映像が浮かんできた。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 02:09
>>567
呪子(生け贄的な巫女の意)ですかね
呪術で目を抜くのはあちこちの国にもありますし

569 :二刀流 ◆BY.7zmBRXQ :03/09/10 04:20
>>558俺、同じようなことあった。
最近はないんだけど目をつぶると漫画みたいにコマ割りされててやけに線が太くて粗い絵。そして濃い。
あと俺の場合は狂ったようにでかい音で効果音が聞こえるような気がした。
もしかしたらそれに合わせて自分もあ゙ー!とか言ってたかもしれない。

570 :二刀流 ◆BY.7zmBRXQ :03/09/10 04:51
あと、思い出した消防ん時の夢の話。
でこぼこと山がいっぱいある(丁度スポンジのでこぼこしたヤツを真上から見下ろす感じ)自分がそこを歩いている。
回りにはしらない人としってる人がパラパラいる。
すると突然異常にでかい鳥の影が見える(何故かアングルは見下ろし型)。
周りの人に聞くと、「アレはコンドルだよ。大きいんだ。人は食べない。おとなしいんだ。でも君は小さいから危ないかもしれない。」何度聞いてもそれしか言わない。
何度も見たんだけどいつもそこで終わり。



571 :二刀流 ◆BY.7zmBRXQ :03/09/10 04:56
同じく夢。
おじさんの家に行くことになった。近所に住んでいたからちょくちょく行く。むしろ行ったらしい。自分は全然覚えてない。
でも覚えてることがある。行く人(父母兄祖母自分)がなぜか迷路(人がやっと通れるくらいの狭い四角い水道管みたいの)を進んでいかなければならない。
でも自分以外はするするとクリアー。最終的に自分だけ間に合わずに前と後ろに仕切りみたいな壁ができてしまい閉じ込められる。
そしてわずかについていた電気が消え真っ暗に。
そこで終わり。いまだに良く分かりませぬ。閉所恐怖症かな?

駄長文スマソー

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 05:27
シュールでつね・・・

早朝age

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 06:00
俺の最古の記憶。
空港の屋上でカミキリ虫を見つけてハイハイしながら追いかけるところ。
たぶんやっと立てるようになったくらい。
その記憶の視界が狭いってことが不思議だなぁ。今の半分位?
見えない部分は黒く塗りつぶされてる感じ。

574 :sage:03/09/10 06:09
544>>そのアニメ私も見た記憶があります
ごっくりごっくりこんのボーアジューウース!
飲むと体が溶けてしまいませんでしたっけ?確か?!


575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 08:18
ハクション大魔王の「それからどしたの!?」とかゆうヒゲのオッサンが・・・

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 12:21
>>575
それからどしたの?

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 15:11
・・・・・いや、なんでもない。

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 22:27
小学生の頃、望んだら見られる夢があった。
どこかのデパートの地下に降りていくの。
階段とか踊り場は橙色で、降りた先には真っ黒な部屋が
あり、そこにぴかぴか光るロボットがいっぱいあった。
ちょうど、銀河鉄道999の、機関部みたいな感じで。

すごく綺麗で、そこに行くといつもわくわくしたのを覚えてます。


579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 22:47
夢が多くなってきたなーw

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 22:56
消防の頃、昼休みにグランドに出ようとしたら、一瞬太陽光が眩しくてめまいがした。
そしたら次の瞬間だれも居ない教室に居た。
訳がわからず誰もいない廊下を走って泣きながら家に帰った。
家の時計を見ると夜の6:00頃。
いったいなんだったのか?
因みに今でも病院とか図書館とか、とにかく本来人が居るべき場所で一人ぼっちで居る夢を見ます。
あの記憶はなんだったの?

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 23:19
>>580
こっちもいいかも。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062839105/l50

582 :553:03/09/11 05:37
これは父の記憶で、私は全然覚えてないからスレタイとは違うんだけど、
父と話してたら、パトラッシュのこともっと出てきたよ。

父の記憶だと保育園に入る前らしいから、3歳とか4歳で、私の
記憶とちょっと違うみたい。
ジュースを自分でコップに入れる時、何度言い聞かせても私は
二つコップを用意して、片方になみなみジュースをそそいで、
少ない方が自分の分で、多い方がパトラッシュの分だって言いはって
父が目を離した一瞬の隙に多い方のジュースがなくなっていたことが
3回くらいあったって。
だから父はゾッとしながらもパトラッシュの事を半分信じてたんだってw

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 13:56
すごいね。パトラッシュの話もっとキボン

584 :553:03/09/11 16:45
パトラッシュとの、とてもたわいのない会話をいくつか覚えてる。
私が「お外は暑いねえ」って言ったら、
パ「そうか」
私「うん。パトラッシュは毛がいっぱいで暑くないの?」
パ「暑くない」
私「ふーん、いいなあ」
私はお喋りな子供で、いつも一方的に私が話しかけて、パトラッシュは
時々テキトーに相づち打ってくれていた気がする。
あとパトラッシュの身体は触るとほんのり温かかった気がする。
あの頃は犬とか猫とか鳥は、普通に時々喋るもんだと思ってたよ。

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 20:14
今日の「ごきげんよう」で、小堺が子供の頃の変な記憶話してたよ
友達みんなと神社の境内?で遊んでたら急にだれもいなくなってひとりぼっちになったんだって
しばらくしたらみんな出てきたけど、「今どこ行ってたの?」ってきいたら皆「ずっとここにいたよ」って答えたらしい

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 20:46
そこまでくるとパトラッシュって脳内友達じゃなくて
なんか別のモノだったんじゃ…
でも遊んでくれたんだからきっといいヤツに違いない。

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 21:41
>>553=さくら。で、オヤヂわ錯乱坊(チェリー)w

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 21:57
2〜3才の頃。近所のお兄さん(20代半ば位)が
家の窓から、家の中で遊ぶ私を毎日覗きに来ていた。
名前は知らない。親は知っていたと思う。
だから私はジロッと見て行くので
「ジロッにいちゃん」と呼んでいた。
子供ながらにちょっと凄いかも 。
んで、そのお兄ちゃんはよく散歩に連れっててくれた。
あずけるなよ、か〜ちゃん!!
まだちっちゃいから抱っこで散歩。


それが・・・


パンツの中に手が入ってきて、お尻を直にさわさわされてた記憶が・・・。


589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 22:44
子供の頃からマンションに住んでて、高さの恐怖感っていうのが全く無かった。
10階建てマンションの屋上のフェンスの奥にある、
溝のある30pくらいの幅しかない土台から、
一人で地上を眺めて遊んでたり、走り回ったりしていた。
あれは幼稚園に入ってないくらいかな?
フェンスに登れなくて、下の隙間を余裕でくぐれたし…。
それに屋上までボタンが押せなくて、8階から一生懸命歩いて行った記憶があるんだ。

そんな楽しい子供時代、腑に落ちない思い出があるんだ。
おれ、飛んでる(落ちてる?)んだよね。その屋上から。
「あ!っ」て思った次の瞬間に、ふわってその場所に戻るような感じ。
コツがあったような気がするんだ。やり方の。
なんだか楽しくなってしばらく遊んでたら、ある日親に殴られた。
「危ないから二度と屋上で遊んじゃダメ!落ちたら死んじゃうんだよ!」
何が危なくて、何で死んじゃうのか理解できなかったけど、親が泣いてるので、
「遊んじゃダメなんだ…。」って感じで遊ばなくなったのを覚えてる。
屋上にも入れなくなったし、きっと管理人さんにも迷惑かけたんだろうな。

あの頃出来たへんな遊びって、ことごとくやり方忘れたよ。
どうやってたんだっけ…?

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 23:33
>>553
パトラッシュって、麒麟…?

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 00:09
12国記みたいだ〜

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 00:52
動物と会話してた記憶なら俺にもあるよ。
俺の場合は猫だった。
父方の田舎で飼ってる「長者」って名前の黒猫。

両親と田舎帰るたびに、長者と一緒にじいちゃんの蔵に勝手に入って色々話してた
記憶がある。

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 00:57
>>592
どんなお話ししたの?

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 01:29
記憶のかなたに「どうしてもどこだか分からない」場所の記憶あったりするよな

思い出そうとしても、その記憶の一場面しかないから思い出しようが無い

もどかしい

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 01:46
日当たりのいい、広ーいフローリング。前面窓からは大きな庭が見える。
今思えば住居というより、バレエ教室?みたい。
大きな家の大きな部屋に居るのはニコニコと笑う丸顔の女の人と私二人だけ。
女の人は私にビンに入った牛乳をくれた。
私は子供のくせに牛乳が嫌いだったんだけど、その部屋の気持ち良さにリラックスしてたせいか
牛乳をはじめておいしいと思って飲んだ。

小学生くらいまでずっと、親戚の家だと思ってた。
が、そんな広い家に住んでいる親戚はいない。
だいたいその女の人は、親戚にも知り合いにもいない顔だった。
今でもあの笑顔を思い出すと、不思議と穏やかな気持ちになる。
もう一度、あの家のフローリングで日向ぼっこしたいなあ。
永遠に、行き着くことがなさそうな場所って気がするけど。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 02:01
>>593
「小学校でドッジボール大会があった」とか「近所の川でザリガニをとった」とか、
話すると、「強いんだね」とか「雨の降ったあとは川に入っちゃ駄目だよ」とか優しい口調で答えてくれた。
一人っ子だった俺はお姉さんが居るみたいで、長者と話をするのが凄く好きだったよ。
あの頃はいつも長者といっしょに行動してた。

あ、そういえば長者は明日の天気を当てる名人(猫?)だったなあ・・・
いつも「明日は晴れる?」って聞いてたようなきがする。

ここに書き込んでたら色々思い出してきた・・・。

597 : :03/09/12 02:17
つまらない話ですが、このスレ読んでて思い出しました。

たぶん小学校2,3年の頃だったと思う。実家の押入れから屋根裏に忍び込んだ。
なんでそんなことをしたかは忘れた。屋根裏は当然のことながら真っ暗で、俺は柱を踏み外さないように
家の中央部に向かった。
するとちょうど居間の真上あたりに奇妙な見慣れないものを見つけた。
それは真っ暗ななか、光を放つ径50cmほどの円盤。
ちょうど未知との遭遇に出てくるUFOのミニチュアのよう、映画のように様々な色は放ってなかったけど
円盤の表面に窓がありそこから白い光が漏れていた。
当時はUFOが何でうちの屋根裏に!と思って怖くなって、それ以来二度とそこには行かなかった。
そのうち家の増築があり、その場所は屋根裏じゃなくって普通の部屋になった。

いまだにあれは何だったんだろうと思う

598 :RR:03/09/12 02:22
>>596
なにやら心が和む話ですね。きっと今もあなたの傍にいてくれてるとおもいます。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 02:28
>>597
室内灯の配線部分かなんかで
下の部屋から光が漏れてきてたんじゃねーの?


600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 02:35
ガキの頃、道を歩いてたら、小さいカマキリの様なカマを持った白い虫を発見。
「お、カマキリの幼虫だ。去ねやぁ!」
と、何の躊躇もなくそいつを踏みつぶしたんです(今思うとヒデエ話w)。しかし!何度も力強く踏んでも、その虫は死なないのです。踏んでも踏んでも、威嚇するようにカマを上下に動かした思うとそのまま歩いていってしまう。
今思うと不思議なことなんだけど、当時は偉い諦めがよく、俺はそのまま帰ってしまった。
なんだったんだろう。あの虫・・・。つうか、ホントに虫だったのだろうか。

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 02:40
>>595
遠野物語にマヨヒガの話が出てくる
山を歩いてると、無人の家があって
家に上がると、火鉢に湯が沸いていたり、人の気配がしたりする。
その家にあるものは、何かしら不思議な力があって
例えば、この家の碗で穀物を量ると、いつまでも穀物が減らず
金持ちになれたりする。
「マヨヒガに行き当たりたるものは、必ずその家の内の什器家畜何にてもあれ
 持ち出でて来べきものなり。その人に授けんがためにかかる家をば見するなり。」

その牛乳瓶を持って帰ってきてれば
今頃牛乳飲み放題だったのにねぇ


602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 02:47
>>591
なんだろと思ったらNHKでやってるアニメだね。
パトラッシュは多分でかいシベリアンハスキーくらいの大きさかな。
私が小さかったから大きく見えたのかもしれない。
いつも昼寝が終わって庭に行くと縁側の下からのそのそ出てきた。
庭というか、木が生えているところから来る時もあった。
尻尾を束ねて引っ張っても全然怒らなかったから、さんざん引っ張って
遊んだのは覚えてる。結んだりもしたw
一番やったのは、おもちゃのボールを転がすキャッチボール。
前足の片手でスッと受け止めて、そのまま転がしてくれた。
私が投げて弾ませても追っかけないで、のそっと歩いてあくまでも手で転がして
返してくれた。
というか、パトラッシュの歯を見た覚えがないよ。舐められた記憶もない。
あと私が鼻にチューしても嫌がらなかった。 

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 04:08
>>1
過去ログおかしくね?ニュー速とか混じってんぞ

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 04:11
>>603
ぬーそくからひっこしてきたようです

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 10:46
幼稚園生だったとき。
ある日、何故かそうしなきゃならない気がして家から出て、
周りをうろうろ、何をするでもなく歩いていた。
そして、ふと気付くと口の中に何かがある。
なんか、肉をかみ砕いて飲み込む寸前みたいなもの。
その時は対して疑問にも思わず2〜3回咀嚼してから飲み込んだんだけど、
あれは一体なんだったのか。

ついこないだ、このことをふと思い出したのでばあちゃんに話してみたら

「ああ、それは「たんでん様」だ。たんでん様の贈り物だ。けど大事にしちゃならねえぞ。
お前はあまこだから早く出さないと、子供生めなくなるぞ」

って言われました。ばあちゃんはその後遊びに行っちゃって
そのまま帰っちゃったので詳しく聞けませんでした。
たんでん様って何者なんだろう?

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 12:57
>>605
俺それ何回かあるよ。
吐き出すと黄色い塊なの。
通称臭い玉って呼ばれてるらしい。
確か生活板にスレがあるから言ってみるといい。

607 :605:03/09/12 13:15
>>606

へー、結構あることなんですねぇ。
スレですが、生活板でいろいろキーワードを変えて
検索したんだけど無かった(´・ω・`) スレタイヒント下さい。


608 :◆ldIBuAcZTY :03/09/12 13:36
>>607
俺もあったよ。

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 13:55
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1055294494/l50

はい

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 14:23
あれ臭い玉っていうんだ・・・
小学校の時に二三回出て以来見てない


611 :◆ldIBuAcZTY :03/09/12 14:34
>>609
ありがとー

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 14:57
幼稚園のころ、鬼見たー。
天を突くほど大きくて、山をまたいでた。
あぁこれが鬼かぁと思った。
鬼がまたいでる山のトンネルに、どんどん自動車が吸いこまれていく。
私と妹と両親の乗った自家用車も当然のごとく近づいてゆく。
誰も騒がないので、特に怖い存在ではないんだなと(両親も一緒だったし)
安心して眺めた。
やがて自動車は鬼の股をくぐってトンネルに。


613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 15:07
ふぁんたじぃ

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 15:21
そういえばこの前不思議な夢を見た。完全にただの夢だと思うけど
いちおう書いちゃうね。西武の松坂が西武のユニ着てて、イスにすわってて
ドアが近くにあって、そのドアからたぶん他の球団のユニ着た男とかが
階段から登ってきて俺に銃を向けて撃ってくる、俺も撃ちかえして
一人に命中した。そして部屋に戻って松坂の前にすわって
松坂に銃を向けて撃とうとしたら、逆に松坂に銃で頭を撃たれた・・・
その撃たれた感じが夢にもかかわらず、撃たれたことなんてないけど
すっげーーーリアルだった。すごい銃声で、速攻で飛び起きた・・・
でも松坂は嫌いじゃないし、逆にファンなんだけどなぁ。
夢ってすげえよ、撃ったこともないし、現実に見たこともない銃なのに
まるで実際に撃ったことがあるように、撃たれたことがあるように
感じさせるとはね。

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 15:24
そういえば小学校三年生くらいまでは誰にも見えない友達がいたなぁ…。
親に説明したら変な顔された記憶がある。最終的にはそういうもんだと思ったみたいだが。

名犬ラッシーとNHK番組に出てたアルフを足したような犬みたいな奴だった。
簡単に説明するなら、ドラえもんとのび太君みたいな関係に近かったかもしれん。

宿題とか放っておくと「やらなくていいのか?」とか口煩かった。
凄く頭のいい奴で、その問題の答え間違ってるぞ、とか横から口挟んでくるの。
基本的に無口でニコニコ笑ってるんだけど、悪いことしようとしたら煩く怒るんだよ。
台所からお菓子を探し出して摘み食いするときだけは一緒になって探してくれるんだけど。
何か、段々これから会えなくなるって言い残して、気付いたらいなくなっちゃったな。

それからは、ちょくちょく忘れかけた頃に遊びに来てる。声だけだったこともあるな。
最近は姿も声も出さずに周囲をウロウロしていたらしい。勝手に本を読んでるみたいだし。
本棚から本を出したら、ちゃんと元の場所に戻しておけと何度言ったら(ry

初対面だと誰も信じないけど、長く付き合ってる友達連中は「いるらしい」と思ってるみたい。

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 15:54
不思議な友達うらやまスィ(・ε・)

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 16:52

先月、友達夫婦の家に遊びに行った時のこと。
その夫婦には4歳になる娘がいる。
夕方になって、友達夫婦がすぐ近所まで買い物に行くというので、
その間、僕が子供の相手をすることになった。

活発な女の子で、家の中を走りまわったりするので、
相手をする僕は疲れて居間で休んでいた。
しばらくは、その女の子の声と、走りまわる音が聞こえていたんだけど、
その声と音がパタリとしなくなった。

どうしたのかなと思って女の子を探してみると、玄関にいた。
彼女は、その場に立ちすくみ、
下駄箱の上の何もない空間をジッと見つめて、
子供らしい無邪気な笑みをうかべ、さらにその方向に向かって、
まるでそこに誰かがいるかのような素振りで手を振るのである。

そして次の瞬間には、彼女は何もなかったかのようにまた家中を
走りはじめた。

この出来事を友達夫婦に話したら、時々あることらしく、
とくに気にしてはいないようだった。

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 18:15
このスレ見てて思った・・・

昔、従姉妹(当時小学一年か二年)を追いかけまわして強引に抱いたりキスしようとしてたりした。

あの子は今でもその事覚えているだろうか・・・

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 22:11
ソクラテスのダイモーンみたいな・・・

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 00:41
>>618
当時のチミが幾つだったかによってその子の心の傷の深さも変わってくるな・・・
同世代くらいならまだしも見た目的に年齢の違いがはっきりと見て取れる位の相手に
そんなことされたら・・・・ガクブル。

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 01:09
>>605
似てるようで似てないんだけど
自分が小学生の頃、いきなり口から唾がだらだら流れ出したことがあった
まるではいているようで、ものすごい量
ちょうど休み時間だったので水道で口を下にして出したが
まるでジュースを口から出してるようだった
2,3回あったな〜
口に何があったのか?いまだに不思議

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 01:14
>>618
 
まぢで.
オレ,追い回したり抱っこしたり股間を密着させてスリスリしたりした.
オレ中1,従姉妹小1.

トラウマになっとんのかなあ....


623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 01:42
家の階段から落ちたんだけんど、そのまま浮いてゆっくり
下に着地できた。足が異様に痺れたのを覚えている。
で、後日、また飛んでみたくなって今度はわざと階段から
落ちてみたけど、見事骨折。入院しますた。
幼稚園くらいの時の記憶です。

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 02:16
幼稚園ぐらいの頃だっただろうか。部屋で一人でヒモを使って遊んでたんだ。
デパートで商品の梱包に使う青い色で細いやつね。
なんかの箱を縛ったんだけど、かた結びしちゃって取れなくなったんだ。
で、仕方なく結び目の所をハサミでばっさりと切ったんだ。
そして外してみると元の一本のヒモに...
切れ端があるだろうと思って探したけど何処にもなかったよ...
子供ながら納得いかずにずっと不思議だった。

まぁ、そんな漏れは大人になっても縛るのが好きでつが。(笑

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 03:28
>>621
昆布を大量に食べるとしばらくしてからすんごい唾液だらだらでるよ
胃がおかしくなって地獄

みんなも昆布にはきをつけろ
お菓子の昆布な

スレチガイサゲ

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 03:46
これマジマジの大マジの話。

小学校1年のときに、めちゃかわいい人気の女の子がいて、「ファーストキスは○○○○ちゃんとがいい!」って言ったら、「私もファーストキスだけどいいよ・・・」って返事が返ってきて、2人で階段の踊り場で30秒くらい唇だけ合わせたキスをしました。

その女の子、今、女優・・・・。

俺、サラリーマン・・・・・・・・。





笑うな!!!!!

あーーーーー、思い出すと、今でも胸がキュンとします。

私の人生のバブルは小学校1年生でした・・・・。

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 03:51
>>626
それは夢のあるいい話じゃないか。煽りではないよ。
心底うらやましい。

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 06:35
女優の名前を聞きたい。是非!

629 :サマヨエルサボテン:03/09/13 07:03
小さい頃(3歳くらぃ?)に父のエロ本を見てた記憶がぁりまつる…。しかも
そばに父もいて(ぇ)ニヤニヤしてた気もするし時々母もいて白い目?でサボテンを
見てた気もする…
てか止めてょ!!お父上!!
あなたも見てないでさ〜母上!!
ちなみにサボテンゎれっきとしたオナゴです(^0^)
わけのわからん文ですみません↓

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 07:30
>>626
あなた何歳?

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 07:30
>>629読んで私が小学校2年位の時兄と2段ベッドで寝てて、
何度かHした事思い出した・・・。兄は5つ上で
なんか興味があったんだろうけど今思うとやばい事してたなー

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 08:32
>>629
・・・ごめん・・・。
あんたの文章、ちょいキモい・・・。

633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 08:34
幽霊に、しちゃった・されちゃった話 0.5
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053519093/l50

347からの、姉弟でキスの話がエロくてヤヴァく怖くてちょっといいよ。

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 11:37
626です。

絶対に教えません!! ダ・メ・デ・ス!

彼女がデビュー?する半年くらい前に突然電話があって、色々とお話をしたときに、「覚えてる?」って聞かれた。「うん」って答えた。
彼女は私がそのことを誰にも話をしたことがないことを知って、笑ってた。「人に言いふらしているんだったら、私も言う。言っていないんだったら私も言わない」って言ってた。
2人でお墓の中まで持っていく思い出にしようってことになりました。それから半年位して、彼女が雑誌に出始めて、びっくり・・・。
今でも、半年に1回くらい電話がかかってきます。1時間くらい近況報告とグチの言いあいをしています。

この件についてはこれで最後。もう書きません。
では・・・・・。

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 15:08
>>634
チクショーメw うらやましいぞw

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 15:28
>>634
アマズパーイ想い出だね。

確かにここで公言してしまうと祭りになるわな(藁

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 17:02
考えてみたら、芸能人を含めて有名人すべてにこのような異性がいるわけだからな・・・。
俺にもチャンスがあるか?







無いな・・・。


638 :618:03/09/13 17:22
従姉妹と俺は3歳違うから当時小学四年か五年だと思う。



○とみちゃんごめん!あの当時は俺もエロガキって事で許して。

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 18:31
俺もファーストキスは消防の時だったな。
男とだったが!
くだらん遊びが流行ったものだ。

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 21:50
>>639
ウh(ry

良スレだ、、、、。

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:06
>>634
俺の昔の彼女(25年位前)はある歌手をセフレにしていた奴と付き合ってた
セフレだったので都合のいいときに呼び出してしていたそうだ
でもデビューの話が来て「もう会えません。忘れてください」と電話があって
別れたそうだ。そいつと付き合ってる時に聞いたんだって
「わたし○○と兄弟なんだ〜」って言ってた
もう古い話なのでその歌手が誰だかは書かないし、たとえ書いても今は活躍して
いないので ふーーん っで終わってしまうので書かないよ


642 :ダヌル・ウェブスター:03/09/14 00:07
>641
奥村チヨか?

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:23
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
 ただいま、警戒期間中です (9/14〜19)

いつ地震が起きても不思議ではありません。
落ち着いて行動しましょう。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★



644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:23


645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:27
ファーストキスした日にファーストフェラ、ファーストクンニを経験した。
女に触れたことも無い童貞だったのが、一日でランクアップだ!
数日後、せくーすも体験。

相手が大人だといろいろとウハウハ。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:40
よかったなーーーー。
おめでとう!!!
これからだぞ、大変なのは。
どんなに臭いのや、黒いのや、下手なのや、毛深いのや、乳輪がでかいのや、声がでかいのや、マグロや、乳の小さいのや、太平洋や、ババアとすることになってもめげるな!


647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:43
子供の頃によくあったのですが、夜中に目が覚めて訳の分からない言葉が突然
頭の中に思い浮かぶんです。そしてしばらく経つと(10−15分位か)隣に寝ている私の母親
や父親が私の頭の中に浮かんだ言葉と同じ言葉を寝言で言ってました。予知能力?か
どうなのかさっぱりですがあの頃は、「あ、お母さんがもうすぐこの言葉を寝言でいうぞ」って
分かってました。全く不思議だな。

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 00:45
  /⌒ヽ
  / ´_ゝ`) ちょっと分身してみますね・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U
  /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U
  /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U


649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 02:41

質量のある残像だと!?

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 21:16
>>649
それ、何だっけ?

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:05
F91?

652 :650:03/09/15 00:33
>>651
soreda!

653 : :03/09/15 01:33
防波堤で釣りをしていたら、根掛かりして、テグスを切らないように慎重に上げたら
太い海草の根っこのようなものを釣りあげた。とりあえず傍らに捨てて釣りを続けた。
ちょっとしてから、視界の隅で何かが動いたような気がしてふとそいつを見ると、
その固まりが動いていた。いや性格にいうとその固まりから生えている枝状のものが動いているのだ。
近くに寄ってよく見たら、それは今まで見たことの無い枝状の生き物。
目もありくちばし状のような口もあったが、胴体は柳の枝を円形に繋げたものに手足が生えているような
見たことのない形状、それ全体がさきの海草の根っこのようなものに繋がっていた。
そしてそれは自分の体を海草の根っこから引き剥がそうと必死になっていた。
俺は気持ち悪くなって、それごと海に蹴り落とした。

しばらくたってそれにそっくりな生物の出てくる漫画を読んでぞっとした。
それは諸星大二郎の怪奇ハンター「ヒルコ」という漫画..................

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:47
そういうことするから貴重なUMAが失われていくんだぞ。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:57
海に戻してあげたんじゃない?

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 12:12
ヒルコさまは古墳から出られたのかい
稗田よ、もう一回封印してください

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 17:25
あります。変な記憶。
あれは小学校高学年のときでした。
午後8時ごろ、友達の家から帰る途中のことです。
友達の家は、高台の団地にあり、帰り道にはかなり勾配の急な坂があります。
もうすっかりあたりは暗く、頼りになるのは、街灯の明かりだけでした。
坂にも街灯はあるのですが、たった一つしかなく、しかもその街灯は大きく
カーブした道の奥にあるのです。
坂にさしかかりました。あまりにも暗いので、僕は自転車からおり、歩いて
坂を下ることにしました。ところが、下れども下れども街灯の明かりは見えて
こず、逆にあたりはどんどん暗くなってきます。何かおかしいと感じましたが
もう少し行けば明かりが見えてくるだろうと思い進みました。そのうちに、
側溝に足がはまり、生垣に顔を突っ込んでしまいました。そのときぞっとした
のは、目の前にあるはずの生垣も自転車も自分の手のひらさえも全く見えない
ということでした。コレはだめだと思い、引き返しました。坂の上まできた
時、後ろを振り返ってみると、道の奥にある街灯の明かりがはっきりと確認
でき、薄ぼんやりとそこに続く道も確認できました。その後、何の問題も
なく、その道を通って帰りました。目の前にあるものも見えないほど真っ暗
になったわけがわかりません。
はっきりと覚えていますし、記憶違いとも夢とも思えません。
ちなみに鳥目だとか、そのときは街灯がついてなかったとかも考えられません。
なぞだ。
長文失礼。

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 20:50
>>657
自転車のライトは点けなかったの?歩いて押しててもそれなりに
光ると思うけど。対向車に見つけてもらうためにもチャリの夜間点灯は
大事だぞゴルァ

でも不思議な話だね。

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 21:45
>>653
それ、シードラゴンじゃないの?

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 22:56
小学生の頃、田舎に帰ったんです。暇だったから、実家に電話したら
カチャって音がして(ここでかなりびっくりしたんですが)老婆みたいなガラガラした汚い声で
「誰や〜」という声がしたんです!びっくりして慌ててきったんですが、あれは恐かったな〜。
よく確かめてダイヤルしたんで掛け間違いはしてません。
もうその時、おばあちゃんなくなってたからおばあちゃんが出たんかな〜って思ってます。

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 23:34
>>660
よくわからん。実家って「田舎」じゃないの?小学生が「田舎に帰る」って、
両親のふるさとに帰った(遊びに逝った)ってこと?で、留守にしてる現住所に
電話した、ってこと?おばあちゃんとは同居してたの?解説求む。

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 00:03
田舎→両親のどちらかの実家
実家→自分の家
おばあちゃん→両親のどちらの実家、つまりもともとはおばあちゃんの家
じゃないかな?、とすると661の認識でいいと思うよ。
実家が二つあるから書き方で混乱するね。
それを無意識に避けようとして田舎を使ったのかな?

663 :661:03/09/17 00:33
>>662
なるほど。了解しますた。ありがd

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 01:17
>>660
5行目の「から」という接続詞は突っ込むところか?

665 :657:03/09/17 02:51
>>658
あまりにも暗すぎてゆっくりゆっくりと進んだ記憶があります。ライトは
ついていたのですが、道を照らすほどの光量はなかったと思います。
それに、2度目は何の問題もなく道を下ることができたので不思議です。
道の脇にお墓があったのでとても怖かったです。

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 12:37
小学一年ごろの記憶ですが。。山寺に参って下山する途中の地面に、燻し銀色に輝くの小さい髑髏(2センチほど)が三つ三角状並んで落ちている。
奇妙に思って顔を近づけた途端に、そのうちの一つが跳ねて口に飛び込んできた。しかも余りに突然だったのついゴクリと飲み込んでしまう。
私はパニックに陥り一緒に居る家族に何やらわめきつき、地面を指差したのだが、残りの髑髏は忽然と消えていた。 アレは白昼夢だったのか?変な思い出だ

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 14:31
小学校の4年くらいの時ゲーセンでピンボールをやってた。確か999999が最高で3マンで1げーむ追加だったかな。その日異常に調子が良くて、なんと数字を0まで戻してしまった、つまり999999を突破してしまった。
いつも6マンくらいが最高だったのに、この時何か回りの空間が違うのをカンジタ。妙な、不気味な感覚。絶対終わらない、延々と続くゲーム。狐につままれたようだったなぁ。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 18:32
>>664
なんで?

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 23:29
>>668
漏れも小学校3〜4年の頃、異常に調子が良かったときがあった。
漏れの場合体育のマラソンだったんだけど、
普段は持久力が無くてマラソン大嫌いだったのに、
そのときはただ延々と走り続けられた。
疲労もあまり感じなかった。

きっと、何かのはずみで脳からGOサインが出た、
ということだったのかなと思ってるよ。
このスレ360〜380あたりにも同じような話しがあるよ。

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 23:38
4,5歳の頃、そういえばここ(階段)から以前転げ落ちたとき
痛くなかったような気がする。
あれは本当かどうか、また試してみようかな、やっぱできないな
あれって本当の記憶かな?と疑問に思っていた記憶。


671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 23:49
4歳くらいの時、部屋の隅に落ちてたピンクのゴム袋を「ばーばぱぱ」と呼んでいた。
「ばーばぱぱ見っけ!」と無邪気に叫んだりしたが、なんとなく触るべきではない物と認識していた。

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 01:32
>>668>>669
その会話は成り立っているのか?

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 11:07
>>671
近藤さんですか?

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 17:38
>>672
ただのレス番号の打ち間違えだろ。

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 18:37
>>667
子供の頃じゃないけど、つい最近同じことがあったな。
ピンボールなんだけど、延々と続くの。何ゲームもボーナス追加されまくって終わらない。
普段なら十分近くで終わるのに、ず〜っと三時間近くやってたな。疲れも全く感じなくて、周囲の空気が
嫌にゆっくり流れてた。ボールがどう反射して、どこに向かうのかも手に取るように分かる。
何か、嫌な予感がして近くの見知らぬ奴に台を任せて交代したんだか…。

たま〜にあるよな。感覚がめちゃくちゃ冴えて、自分の感覚が自分のものじゃなくなるような時間って。

676 :671:03/09/18 19:14
>>673
そうでーす♪

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 20:55
>675
俺はアケ板を主に廻ってる者だが、そういう事は時々ある。
誇張でナシに未来が見えるくらいの感覚。
俺はそれを覚醒モードと呼んでいる。

自在には出せない。 徹夜明け等で身体が疲れているが
精神はゲームで高ぶっていると時々発現する。

たぶん火事場の馬鹿力の精神版みたいなものなんじゃないかな〜?
そのモードが終わるまで続けると、かなりガッツリと疲労が残る。

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 21:58
>678
あ!漏れも格闘ゲームやっててそういうことあった!
漏れの場合は出が早すぎて見えないような技が見て躱せたりした。
やっぱり滅多にそういうことは無くて、たま〜にだったな。
たまにあっても長くはもたなかった。

何か、相手の動きがスローに見えたな。

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 23:42
>覚醒モード
高坊の頃、ゲーセンでゼビウスやってて、そのモードに入ったことがあるよ
(我ながら話が古いな)
全ての動きがスローに見えて、
14面あたりから、敵の弾がどんなに多く降ってきても、
すべてを見切ってヒラリヒラリとかわせる。
ただ、周囲の音がほとんど聞こえなくなり、
視野も狭くなってた覚えがあるよ。

この感覚を自在に出せるようになれば、おもろいだろうな


680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 23:59
覚醒モードっていい呼び方だね。
私は数学の問題解いてるときたまになるよ。
文字がくっきりして遠近感がなくなる。
脳みそは冷たいけど身体は限りなく常温で、脳と感覚が乖離してるような感じ。
気付かないうちに深呼吸になってるから、はた目にはキモイと思う

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 00:08
子供のころ、本を読んでいるときによく覚醒モード入ったよ。
読み終えると、眠いような怠いようなぼやけた感覚になる。
覚醒モードで読んだ本の内容は、今でも本のどのあたりのページの、どのあたり(何行目
とか、挿絵のレイアウトとか)に書いてあったかまで思い出せるほどくっきり脳に焼き付いた。
読む速度はあまり変わらなかったけど(元から平均より速い)、とにかく異常に憶えられた。
だけど教科書読んでて覚醒モードはなかったな…モッタイナイ( ´・ω・`) 。

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 01:08
部活でいい具合?になってくると覚醒できた
視野は広いんだけど目はボールとか人の動きにピントが合ってる感じ
実際は速いのに、先が読めてくるようなスローな感覚
余分なものを消して凄く集中してる時、まさに覚醒中なんだろか?

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 11:36
クロックアップてやつですかね。
みんなが羨ますぃ。

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 12:07
覚醒モードにクロックアップ・・・
おまいらカッコいいですね

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 15:17
覚醒モードって、脳がα波を出していて、
リラックスしながら集中している状態のことだと思うよ。
確かにそれが自在に出せるようになると便利だね。
でも動物の身体はそんなに便利にできていなくて、
有意識中にα波を出し続けると、異様に疲れたり意識が拡散して呆けたりするね。
アーティストか芸術家とか、モノを造る人がおしなべて短命なのは、
アイデア出したりモノを創造したりするには無理矢理集中しなければならなくて、
それが身体を痛めつけているんだと思うよ。
逆にぼーっとあんまり考えないでいれば長生きできるってことかもw

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 16:34
俺、2ちゃんやってる時ってすっごくα波出てる。

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 17:28
ヤバイ。漏れも2ch中、結構なα波が出てそうだ…


ところで前に超能力者の脳波を調べてみたら
通常では出ないところ(?)からα波が…って
テレビでやってたような気がするんだけど、
それって覚醒モードと何か関係あるのかな?

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 19:16
うわっ。
何が怖いって、ちょうど昨日たまたま買った
怖い話の本にそれ書いてあったよ>687

超能力を使っている時の、超能力者の
扁桃体という部分の脳波が明らかに違う

んだそうだが・・・好みのタイプを決定する場所
だよね?扁桃体ってw

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 21:14
>>687
別にイイんじゃない?ヤバクないと思うよw

>>688
扁桃体って情動発現に関係するとされている部位だよね。
好き嫌いっていう一見単純で感覚的な感情と超能力って、
どんな関連性があるんだろう?
自分でその能力をある程度受け入れていないと、使えないってことかな。
確かにいやいや使ってるってのも想像できないから、
そうかもなっては思うけど。

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 00:01
俺も覚醒モードの話が2つ
ひとつは中学の部活で陸上部だったころ、2千メートルをトラックで練習中
妙に体が軽くなり気がついたら200Mトラックで俺以外を周回遅れにしちまってた
怖くなってとまってしまった。もしあのまま走ればものすごい記録がでたかも
もうひとつはHの時
腰を振ってるのにちっとも疲れず、気がついたら1時間のドラマがおわり
その後にやってたドラマを後半に・・・ つまり2時間近くたってた


691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 00:22
>>690
緑の猿が・・・・

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 04:23
幼稚園時に見た夢がまだ覚えている。

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 16:03
つい最近、両親が父の実家について話していたので
「ああ、おばあちゃんの家の入ったとこの3つのかまどが…」
などと話にわって入り、祖母の家の間取りを話していると、
それは建て替える前の間取りで、
建て替えたのは私が産まれる何年も前だと言われました。

子供の頃の記憶だと思っていたのに…

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 21:41
>>693
不思議だね

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 21:55
>>693
誰かの生まれ変わり?

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 09:28
>>695
卵子の元だったころの記憶…だったら怖いな

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 14:40
>>693
それ、似た感じで私もある。
私がまだ生まれる5年も前の、家族が住んでいた家の記憶。
どんな間取りなのか映像で覚えていて、視点が高いのよ。
そして風呂釜で火傷した事まで覚えていて、火傷の跡まである。
母親の小指に殆ど同じ火傷の跡があって、それが風呂釜でのものと
知った時は家族全員で驚いたよ。
因みに私の火傷の原因は、誰も知らなかった。
でも前世の記憶とかじゃないよね。
だって、母親生きてるしさ。なんなんだろう?
生まれる前、私は母親だったってこと??
記憶が私にコピーされてるのかな?火傷さえも?

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 16:09
>>697
母子で同じ魂の一部共有しちゃったんじゃないのかな

私の聞いた輪廻転生のメカニズムって、死んだ人の魂はいくつかに分割されて
魂の海みたいな所でシャッフルされて偶然くっ付き合った魂の欠片が人間一人分になったとき転生するというもの

前世の記憶とかがある人ってのは偶然に分割前の魂がくっついちゃって朧になるはずの前世の記憶が比較的鮮明に残っちゃうから
なんだそうな


699 :697:03/09/23 04:33
>>698
輪廻転生かあ…………ないよりも、そう言うことがあった方がなんか楽しいね。
レスありがとう。

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 18:18
う〜ん。ロマンだ。

昔、死ぬ前の体重と死んだ直後の体重を計る、という実験があって
死んだ直後は少し体重が減った、という結果が出たらしいんだけど
それって魂の重さだったら面白いのにな。
…と当時からオカルト好きだった漏れは思ってしまった。
何せ昔の実験だし漏れの記憶もあやふやだから
実際は違うかもしれないけどさ。

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 20:55
>700
漏れが聞いた話では、生き物が死ぬと自分自身を形作る情報を
失うから、生き物が死ぬと理論上、その情報と等価な質量が失われるはずだそうだ。
情報が移動すると半分が熱になり(CPUは熱くなる)、
エネルギー(=熱)は質量と相互変換可能(E=mc^2)と言うことを説明するのに
某大学の工学教授が使ったお話でした。

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 20:28
>>701
自分自身を形作る情報とは何かが分からないが…。記憶などの、文字通りの「情報」ならば
全体の質量は変化しない。(記憶というのは脳細胞間のニューラルネットワークに過ぎない)
ただし、ある程度の熱は発生する。腐敗するからね。細胞間の接続が断ち切られる、という
観点から見るならば「自分自身を形作る情報が失われた」と換言することも可能だろう。

それが工学教授の言いたいことだったのかな?

703 :701:03/09/25 02:32
>702
ここでいう情報はどちらかというと記憶やなんかより
ホメオスタシス云々と言う単細胞生物でも持っている
生命システム自体の情報のことでした。
(細胞内情報伝達でなぜATPの化学エネルギーが消費されるのか、
と言うようなことがメインな講義だったはずなので。)
一応前者のような神経系による情報のことも
ふくみは持たせた話をしていましたけれど。

704 :700:03/09/25 04:10
オイッ!話が難しくてよくわかんねえぞ!!



いや、ありがとうレスしてくれた701。

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 18:30
つまり、愛は大事ってことだろ?

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 19:54
ラブ

707 :700:03/09/25 23:21
わかんねえ!わかんねえよ!!

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 23:37
愛なんかいらない、やりたいだけだ、というのが何故わからないんだ?

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 00:17
まあ今の愛という概念を作ったのはキリスト教だけど
愛は大事

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 00:24
俺子供の頃体弱くて、頻繁に喘息の発作が出てたのよ。
んで発作が出てる夜に限ってみる夢があったのさ。
なんかうちの婆ちゃんと一緒に螺旋階段上ってんの。
その螺旋階段って、どこまでつながってるかわからん程
すげー長い階段なのね。
んでなんか話ながら上ってくんだけど、途中でばあちゃんが
「忘れ物したから取ってくるから待ってて」
みたいな事いって降りてくの。
んで俺しばらくボーっと待ってるんだけど、
あんまり遅いから螺旋階段の真ん中から見下ろしたのよ。
そしたらなんかの拍子にウワーって落っこちて、そこで目が覚めるの。

今思えば、あそこで落ちなかったら俺天国逝ってたんじゃないかなーと。
ばあちゃん抜け駆けしてるし。
ちなみにうちのばーちゃんは今でもまだまだ健在です。

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 00:26
>>710
抜け駆けって言っていきてんじゃねえか!
ワラタ

712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 01:41
ばーちゃんは孫を置き去りにして自分だけ生きようとしたってこと?

わかんねえ!わかんねえよ!!

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 02:01
>>712
わかんねぇ。ばあちゃんが忘れ物して俺を引き止めてくれたんかもしれん。
ただこの夢をちいさい頃何十回もみますた。

714 :712:03/09/26 02:06
700氏のセリフが粋だったので、ちょっとお借りしました

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 14:45
小さい頃、階段をものすごい勢いで降りる事ができた。
最初の1〜2段で前方向に助走をつけて、後はバランスをとって重力に任せるだけ。
足は前後させずに階段一段一段の角の上を滑るように移動して降りるんだけど、
今考えると、なんであんな事ができたんだろうと思う。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 14:59
>>692
そういうのある。
おれも幼稚園の頃に見た夢で今でも覚えてるのがあるけど、
その夢を見た日になぜか「この夢は忘れてはいけない」と
感じたのを覚えてる。

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 15:17
>>715
そういう人いた!!

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 16:02
>>715
鷲もできたぞ。
でも今は怖くてできない。

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 16:08
>715
私いまでもやるよ。
遅刻しそうなときとか。

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 16:40
子供の頃2段ベッドの上で寝てた。
朝目覚め、しばらくはそのままの状態で布団の温かみなんかを楽しみながら(冬)
何とはなしに部屋を見下ろしていたんだが、
ふと机の電気スタンド(傘がかかったような白熱球の丸いやつ)をみると、
ちょうど電球のあたりに白い煙のようなものがグルグル回っているのを見た。
直径3センチくらいの円を描きながら音も立てずに同じ位置でグルグルグルグル…
煙が唐草模様を描きながら高速で回っているような感じかな。
いつ消えたのかとか覚えていないがその様子は今でもしっかり覚えてる。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 18:13
パトラッシュとかドラエモンに似た友人とかの話をもっと聞きたい。
それって、もしかして家族が昔買っていたペットが霊的に昇格して
恩返しに来てるのかな?


722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 16:03
長者のはなしもききたいな。

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 01:21
これは昔、友達から聞いた話なんだけどさ、
ある日、部屋の机の上に栗がのってたんだと。
イガ付きのやつが。
でもそいつん家の近くには栗の木なんて無いし、
家族に聞いても首を傾げるばかりで
結局何で机の上に栗が置いてあったのかはわからなかったらしい。

まあ、栗を置いてかれた友達本人は
「きっと座敷童子が持ってきたんだ!」
と喜んでいたから良いんだろうけど。

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 01:39
5歳くらいのころ、6つ年上の兄貴とその友達と3人で、
「近所のビルの屋上(5階建てくらい)から物を落とす」という遊びをしていた。
記憶の中の投げたもののなかにいくつか意味不明なものが混じってる。
自転車…とか…投げた覚えがあるようなないような…。あ、危ないよね…。
あと、ものすごくでかいバナナ(一本が普通の一房分位ある)とか、
投げた後どうしたか全く覚えていないあたりもちょっと怖い。

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:23
子供の頃にこのスレに書き込みしたことがある様な
気がするんですが、どなたかご存じないですか?

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/05 04:27
いまふと振り向いたら、窓の外を逆さ吊りになった人が落ちていった。
目が合ったかもしれん。

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/05 17:23
うーん
スレ違いだな

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/06 00:43
>>725
そう申されましても私どもとしては対処の仕様がありません。

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/06 22:28
>>725
今も子供のくせに、引っ込んでろガキは

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 07:23
>>729
漏まいも子供のくせに、引っ込んでろガキは

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 13:18
おお、殺伐としてまいりました!

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 21:41
たまにはageでネタ募集

733 :あなたの皮下組織から名無しさんが…:03/10/07 22:30
これは昔本当にあった話しなんだけど

小学校4年のころ身体が弱かった俺はよく学校を休んでばぁちゃんの部屋に寝てたんだ
北西にあったから部屋はいつも薄暗かった。
そこで寝ると必ず同じ夢を見てたんだけど
その夢っていうのが恐ろしくて今でも思い出しただけで鳥肌が立つんだけど血走った目
だけが追いかけてくるんだ。最初はうしろの方で誰かが見てるような感じがして振り向く
んだけど誰も居ない。何度か振り向いても誰も居ない。もう1回見てみる。誰もいない。
前を向いた瞬間、その血走った目が現れたんだ。うわー
逃げても逃げても追いかけてくる。辺りは真っ暗で何も見えない。遠くの方に灯りが見えた
「家だ。家がある」 無我夢中でその灯りに向かって走った。「たすけて、たすけてください」
息を切らせながら俺は助けをもとめた

後半へ


734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 22:39
後半まだ

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 23:13
hage

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 23:55
733は暗殺されたから後半はこないよ。

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 00:22
733追悼age

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 01:21
脳内友達って「解離性障害」のこと?


739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 05:17
透明なぐにゃぐにゃしたものが見えるって報告いくつかあったけど
俺も見えます。今でも見ようと思えばすぐ見えます。

幼稚園のころにぐにゃぐにゃに気付いて親や先生に質問したけど、誰も答えてくれず。
小学校でも謎のままだった。

だが中学で気付いた。

1.ぐにゃぐにゃは眼球の動きに連動して動く
2.眼球を動かさずにいると、ぐにゃぐにゃはゆっくり下に動いていく
3.目の焦点を超至近距離に合わせると、ぐにゃぐにゃはよりはっきり見える

結論
これ眼球についたホコリです。目薬いっぱい付けて泣くと、ぐにゃぐにゃの数減ります。
目の焦点の自由度が高い(目が良い)人ならいつでも見られます。私も視力両方2.0

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 05:40
後半まだ?>>733さん

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 05:56
このスレにあるようなすごい記憶は無いのだけど、ひとつだけ未だに腑に落ちない記憶が。

昔、幼い頃両親に連れられて でかい岩の前に居たことがあるのを覚えてる。
で、「このでっかい岩は何?」と母親に訊くと、「これはお墓なんだよ」と教えてくれたことも覚えている。

完全にそれは経験したことだと思っていて、小学4、5年の頃に同じようなのが
テレビに出ていた時、「昔こんな場所見に行ったことあるよね」と親に言うと、
そんなことはないという。
地元にもそんな場所はないし、特に社会とか嫌いな子どもだったから、そういうの知っていたとも思えないんだよね。
不思議。

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 08:34
続き

そこでいつも目が覚めるんだ。
汗を流しながら息もぜーぜー言いながら目覚めて、周りを見渡すんだけど、もちろん
ばぁちゃんの部屋にそんな目だけがあるはずも無い。
でもある日、俺はいつも出てくる灯りが見える前に目が覚めてしまったんだ。
目が覚めてもしばらくは目を閉じたまま心臓がどきどきしてるのを落ち着かせようと
してたんだけど、その時俺のそばで人の息遣いが聞こえた。
うわーなんだろう怖いなーと思いながら薄目を開けてみると、俺のばぁちゃんが
じーっと俺のことを見てるんだ。そして、その目は・・・

まさに、夢に出てくる血走った怖い目だった。



743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 08:34
どうやらばぁちゃんは俺が寝てる間いつもじーっと見てたらしい。
なんでかは知らないけどね。それからはばぁちゃんの部屋では寝ないことにしてたん
だけど、それでも時々血走った目の夢を見ることがあった。そしてそんな時はいつも
ばぁちゃんが俺を見てるんだ。すごく怖い目で。
ばぁちゃん普段は優しかったけど、もしかして本当は俺のこと嫌いだったのかな。

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 11:40
明るいところを見ながら目を細めると小さい気泡やゴミが見えるよ。

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 01:00
うちの近所の神社の神木に、でっかいウロがあって、
小さい頃そこに入って遊んでた。
ウロの内側に板が打ち付けてあって、
その板の隙間を覗くと、ススキ野原が見えた。
小さい頃はそれを見に通ってた。
でも今見ると、ウロはあるけど、板なんて打ち付けてない。
も一度見たい景色だ。

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 01:39
>>739
それって飛蚊症。
目の内部のガラス体に原因があって起こる症状。
ちなみに、光があたっている白い紙や壁を見ると沢山見ることができます。
光源を直接見ても見える。顕微鏡を覗いているときも見えるときがあります。

当方、強度の近視(0.04ぐらい)だけど透明なぐにゃぐにゃが見えます。
この数が急に増えたりしたら、失明の危険があるのですぐに病院へ行きましょう。

747 :あなたの皮下組織から名無しさんが…:03/10/09 18:17
733の続きは気持ちが落ち着いてからにします
本当にあったことなので人に話していいものか…
>>734>>740すいません

怖いよー

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 18:22
>>746
>この数が急に増えたりしたら、失明の危険があるのですぐに病院へ行きましょう。

まじで?こいつ、このごろ数が増えてきたんだけど((((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 23:05
このスレ見てたら脳の使ってない部分に電気走って、
昔の事を少し思い出してきたよ。

俺は小4の頃事故で頭打って、その頃の記憶が滅茶苦茶なんだけど、
近所のおねいさんと布団に入っておっぱいに顔埋めさせてもらった記憶がw

時々遊び行ったら「今日もぎゅーってする?」って言ってくれて以下略

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/10 22:59
>748
本当、眼科に行ったらすぐ検査してもらえる
確か2千円ぐらいだったかな

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 03:27
小学校の低学年だった頃、曾祖母の喜寿だったかなんだったか(赤いチャンチャンコ着る
やつ)で市内の旅館を使ってお祝いの席が開かれた時の事。両親とか親類の大人
とかは酒飲んで宴を楽しんでいたんだけどそれに混ざれない子供の俺は一人で旅館
内を歩き回ったりして暇を潰してた。そしたら同じように旅館内をウロウロしている
同年代の子供に気が付いた。同じ境遇同士だし一緒に遊びたいなぁとは思ったん
だが変な警戒心が働いて、気付いてはいるものの無視しながら相手の様子を
伺ってた。そしたら相手も同じような動きをみせるので「ははーん、こいつも俺と
遊びたいんだな」と思って少し歩いては振り返ってそいつを見る、また少し歩いて
は振り返ってそいつを見る、という行為を繰り返し段々と距離を縮めていった。


752 :751続き:03/10/12 03:27
それから少しの間記憶が無いんだけど、何でかそいつの部屋みたいな所に行く事
になってた。「アレ?こいつ旅館の息子か?」と思ってついて行ったらそいつの部屋
っつーのがうちの親類縁者が宴をしている部屋のまん前なのよ。これが不思議で
さっきはそんな所に部屋なんて無かったしそもそもその部屋の在り方自体が何か
不自然なの。ロビーっつーか天井の高いホールみたいな場所のど真ん中に何故か
その部屋があるの。言葉では言い表し難いから極端に例えると「人が普通に運動
している体育館の真ん中に何でか小部屋がある」みたいな感じ。子供ながらこの
旅館は設計がおかしい、客間と店側のプライベートルームが隣接している、しかも子供
部屋。って思ったけど子供だからどうでもよくってその部屋に入ろうとしたの
そしたら中にそいつの妹らしき女の子がいて俺と一緒にいるそいつに「何で連れ
てきたの!」みたいな事を言ってるっつーか雰囲気で伝えようとしているという
か、とにかくその中の女の子が俺がその部屋に入る事を嫌がってるのね。仕方が
ないから俺は外でそのなかのやり取りを見てたんだけどその部屋の中っていうの
がまた妙な雰囲気でドラえもんの未来の世界にあるような部屋なの。この辺も言葉
では表し難いなぁ、とにかく「未来っぽい」雰囲気の部屋なのね。結局俺はその
部屋に少しだけ入ったんだけど部屋のギクシャクした雰囲気に慣れなくてすぐ出た。
外で遊ぼうと思って。てっきり「そいつ」も出てくるもんだと思ってたらそいつは
部屋から出てこない。俺はそいつを部屋の外で待つ、そいつは出てこない。
何故か扉のないその部屋の外と中で俺とそいつが遊びたい気持ちを爆発させながら
もずっと睨みあってるの。そんでそのまま宴会が終わって俺は帰ってきたんだけど
そいつに手を振った記憶もないしバイバイと言った記憶もない。そもそも結構一緒に
いたにも関わらずそいつと喋った記憶もない。どちらかと言うと喋らなくてもよか
ったって言った方が正確かもしれない。

753 :751最後:03/10/12 03:28
とこの話を思い出したのが今年の夏の成人式の日で、あーうちの地方は成人式を夏
にやるんですけども酒が飲めるようになった俺はその旅館で成人のお祝いを受けた。
今度は親戚ではなく中学の頃のクラスメイトが宴会場で騒いでる。「アレ?」と
思って宴会場の外に出てみるとそこは中庭に面した廊下、おかしい、ここはホール
みたいな場所だったはず、と思って仲居さんにその旨を尋ねてみるとそんな事は
無いし無かったという返事。あの記憶は何だったんだろう、と思ったけど今度は
大人なので酒飲んでどうでもいいことにした。
なかったホールと不自然な部屋、あいつら何だったんだろ。長文スマソ。

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 03:30
>>753
エンポリオだ

なんかやけに
ゴゴゴゴゴゴゴゴとかの効果音なってなかった?

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 03:33
>>753
セワシ君では?

756 :751:03/10/12 03:34
>>754
エンポリオってなんだい(´ー`?)
音はしなかったなぁ、小奇麗な部屋だったよ。


757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 03:39
>>756
ジョジョネタですた
スマソ

758 :751:03/10/12 03:43
>>755
セワシ君だったらその旅館の息子の所にきてたのかも知れんね。
そういえばあの旅館は息子いるんだろうか。
>>757
スタンド使いだったら怖いなぁ(´ー`)
妙な能力だ。

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 06:26
なんか子供の頃からずっと「9時47分」っていう時間が忘れられない。
なんか気になるのだ。たぶん浅じゃなくて、午後9時47分。
別にその時間を毎日気にしてるとかじゃなくて、時々ふと思い出すのだ。
別に自分が生まれた時間とかでもないし、その時間に何かがあった記憶もない。
始めてこの時間を意識したのは小4くらいだった気がする。
突然9時47分っていう時間が気になって、その後もずっと「あ、私が気になる時間
って何時何分だっけ?」と思い出そうとするとすぐに浮かんでくる。
今わたしは21歳だけど、相変わらず9時47分がなんとなく自分にとって
何かある時間のような気がしてならない。これってなんなんだろ。
長文スマソ

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 07:48
なんでもかんでも飛蚊症にしたがるヤツ多いけど、たいがいただの眼球上のホコリだってばw

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 10:54
バーニング・ダウン・ザ・ハウス

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 01:24
幼稚園の年少組の時の記憶です。
幼稚園の外の遊具で遊んでいるのですが、
私が高いところから落ちるのを自分自身が見ているのです。
異様にスローペースなんです。
そして『落ちた私』も大泣きするし、『それを見ていた私』も大泣きしているんです。
母に訊くと、私は遊具から落ちたということはないそうです。
けれど妙にリアルな記憶で、あれはなんだったんだろうなと今でも思います。

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 02:29
>>762
同じ記憶がある…。
私はジャングルジムから落ちて泣いてるの。
それを上から見下ろしてる記憶もある。
落ちたのは自分だと思ってたのに
母に聞くとそうでない。
落ちたのは友達だったらしい。
でも自分だと思ってた。

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 02:44
幼少の頃「ふはははははは〜!!」
・・という突然の笑い声を、何度か聞いた事ある。
仮面ライダーとかに出てくる、悪役の笑い声みたいな。
もちろんTVも付いてないし、周りにも人はいなかった。
聞こえる度に、全力疾走で母親の元へ行き
「また怖い声聴こえた〜!!」と泣きじゃくりました。
今は聴かないけど、あの時母は不気味に思ったろうなぁ・・。

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 04:30
>>760
739の1,2,3の症状は飛蚊症の代表的な症状なんだがw
飛蚊症の症状をあげるならコレ、と言うほどだけどw

第一、眼の表面についたホコリに焦点が合うなんて近視の人でも無理。
また、眼をずっと空けてると眼球の表面が乾燥して水分が失われるから
ホコリが下がり続けることは考えにくい。表面張力のこともあるし。
わずかに湿ったコップに付着したホコリが下に下がるかどうか考えれば分かる。

まあ飛蚊症の条件を後一つ加えるとすると、ぐにゃぐにゃの形は常に同じであると言うことだな。
739の場合もそうだったら確実に飛蚊症。

ただ、目薬をつけてなくとぐにゃぐにゃの数が減るってのは試したことが無いからしらん。

766 :765:03/10/13 04:32
空けてる>あけてる

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 08:36
765は眼科医かい?
漏れも飛蚊症なのかい?
子供の頃から見えるけど?眼球なんてそう簡単に乾燥しない。
めんたま開けてりゃホコリも下がってくるよ。
球面なんだから。
めんたま動かせばぐるっと動くし。
コップの水滴上のホコリは下がるだろ?
漏れコンタクト使用者だから、定期的に検査してんだよね。
例え君が飛蚊症で、同じものが見えるとしても、
顔が見えないネットで何の責任もないからって
素人が文だけ見て診断下して病名つけるな。
医者が直接診たって誤診はあるんだ。
心配だったら病院行く、だけは同意だけどね。

スレ違いで長々ごめんなー

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 10:41
にごりが眼球の動きとめてても動いてたら本物のほこり
目で追っていってもどうしても追いつけないにごりなら典型的な飛蚊症
近視が進んだ時、経年によって出てくる症状なんだって
でも近視が進んでなくても見える人は沢山いる

飛蚊症のように人影が見えてたことは昔あったなあ
視界の端にたまに人がいるの。学校にいるときは女子学生が見えたし
家にいるときは黒い人影

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 10:45
小さい頃、3〜5歳くらい。まだ幼稚園に行ってないくらいだと思うが、
夜の8時頃に家族で車に乗ってスーパーへ行って、
そのときの満月が真っ赤だった。
それで、「どうして今日の月は赤いの?」って、親に聞いてたし、
家族全員、その赤い満月を見たはずなのに、最近になって聞いてみたら、
まったく記憶にないと言う。
でも自分のその記憶は鮮明なので、絶対見たはず、、、、。

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 13:10
>>769漏れも赤い月を何回か見たことがある
その月を見てから1ヶ月内に絶対に自身が来た

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 15:00
親に聞いた話なんだけど
私が赤ちゃんのとき、母に連れられて家の近くのお寺を散歩していたら
誰もいないのにお墓のほうに手を振っていたらしい。
今は霊感とか全然無いんだけど
昔はあったのかなぁ・・・

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 17:45
>>770
地震の前は大気中のイオンの関係で月が赤くなることがあるらしい。
でも私の記憶で、その後地震がきた記憶ってのはないんです。
しかも親は覚えてないし、、、。
赤い月はそれ以来見てないなぁ。

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 22:20
>>770
赤い月はもしかして出たばっかりの月だったりしませんか?
それだったら割と頻繁にある現象なので家族が覚えてなくても
不思議ではないはず。
(地平線付近の月は時折赤く見えるので)
てっぺん近くの月が赤い場合に限っては大気中のイオンが〜で
その後地震が〜とかいう可能性もあるらしいですけど。

日頃から空見てるとたまーに面白いのありますよ、
ピンク色の夕焼けとか彩雲みたいなのとか。
スレと関係ないのでsage

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 00:19
赤い月ってときどきあるし。
やけにデカイんだよね。

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 01:02
確かに赤い月って月が出たばっかくらいの時間に見るかも。
で、見ると何だか嫌〜な気分になるんだよな…

776 :765:03/10/14 01:55
>>767
いや、煽る気はないんだよ。
739は飛蚊症の可能性が高く、気をつける必要があるから言ってるの。
とりあえず、ぐにゃぐにゃが常に同じ形であるかだけでも確かめてみな。

俺も、739と同じく中学の時にぐにゃぐにゃが見えて、ホコリだったらいいなって
思って色々検証したことがあるから、739の気持ちがよく分かるんだよ。
誰に聞いても知らないっていってたしね。不安は大きかったよ。
で、眼を洗った直後は見えなくなるが、次に見えるときも常に同じ形で見えるから、ホコリじゃないって確信した。

ちなみに、水滴上のホコリは動くけど、水分が表面を薄く覆っているだけの
時は動かないよ。
あと、医者でもないのにホコリだと断定するのも素人判断だぜ。もし
739が飛蚊症で放置して酷い目にあっても767も責任とれないだろ?
とりあえず、767も見えるのなら次の検診の時に聞くだけ聞いた方がいいよ。

同じくスレ違いsage


777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 02:14
チビッコの頃、トトロに出てくる「まっくろくろすけ」を見ました。
そのときはトトロができる前だから、まっくろくろすけとは言いませんでしたが。
風邪をひいたりして寝込んでいるときに、
タンスとかテレビなどの家具の裏からチョボチョボ姿を見せてました。
そんで、小学生の頃にテレビで初めてトトロを見たとき、
まっくろくろすけが登場した瞬間、一緒に見ていたアニキと同時に
「見たことある〜!」と絶叫。

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 02:21
自分は飛蚊症持ちで医者の指示も頂いているけれど
飛蚊症は本当に蚊と間違うような黒っぽい小さなゴミがヒュンと
飛んだりと分かりやすい。
飛蚊症とは違うホコリはホコリで見えまする。
近視の人やら歳いった人は網膜がはがれやすいので
皆軽度の飛蚊症はあるものだそうで。
(だからといって皆失明するわけでは無いです)

普通に生活をしていて目の中に大量のゴミや
大きなゴミが始終見えるとか、視界がちょっとゆがんでるとか
視界が狭くなったとか
そんな人でなければものすごく心配しなくても大丈夫。
ゴミが多少飛んでいてもそんな人はけっこういますから
すぐ失明には繋がらないので安心したらよいです。
網膜ははがれてきた場合はレーザーなどで留める処置をするそうな。
どうにも心配な時は一度お医者に行って安心したら良いです。
簡単な検査です。

但し検査後は検査薬で瞳孔が開いてしまうので暫し眩しくて歩くのが
大変でオモシロイっすよw

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 04:45
>>774
地平線付近にある月の場合は、まわりに大きさの比較対象となる
ビルだのなんだのがあるのでデカく見える

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 04:47
>>779
悲しい事いうなー

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 05:17
確かに俺は覚えている。親父は知らないと言ってたが・・・
小さい時、家族三人でリビングにいた時の出来事。いきなり掛け時計が高速で回りだして恐かった・・・
あれなんやったんやろ?

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 07:11
>>290
亀レスですまんが超ワロタ
いやー柿もっさん思い出した
「鼻の穴がみっつあるわ」

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 07:37
保育園の時に
ちょっと普通の子と違う顔立ちの子がいた。

その子、遊んでた時に、ちょっとした事で手に切傷を負ったんだけど
流した血が赤ではなく、青だった。

その時驚いたけど、顔立ちが違ったのもあったので、そうゆうもんだと思っていた。
その子は知らない間に保育園には来なくなっていた。

今思い出すと、グレイとに似てる顔立ちだった気がする。
あまりにも鮮明に記憶に残ってるんだが、、

784 :782:03/10/14 08:01
自分もひとつ
小学校5年くらいかな?学校のアスレチックジムで遊んでて
手がすべって顔面からもろに落ちたんだけど
驚いたことにまったく痛くなかったんだよね
実際は落ちたときに歯が唇にグサッとつきささって
血がドバーでてたんだけど

で、学校早退して病院いくことになったんだけど
ラッキー思って寄り道して当日発売のジャンプ立ち読みしたりした
いや5針縫うくらいの怪我だったんだけどね

785 :782:03/10/14 08:06
あと4年の時に体育のハードルでこけて
肩から落ちて鎖骨骨折したときも痛みはなかった
給食くって午後の授業も受けたしね

脳内麻薬大量分泌されてたのかなあ

今はちょっとのことでもものすごい痛がるヘタレですw

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 08:16
>776
俺は「ホコリだ」なんて断定はしてないが。
たいがいホコリのことが多いと言っただけ。
心配なら病院へ、とも言った。
煽りでないと言うならよく読みなさい。
責任とれるのか?って、くやしまぎれにしか聞こえない。
素人が文面だけで病気診断するなという意見は絶対撤回しないよ。

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 09:27
>>783
マジで?ネタじゃないよね、信じるよ、君の記憶にはそういう体験があったって。


788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 10:40
>>786ほか
飛蚊症はもういい!スレ違いじゃ!

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 17:42
>>788
やだやだぁ!飛蚊症の話するんだぃ!

790 :786:03/10/14 19:03
周りにかなり迷惑がかかっているのでコレで最後。

俺もあんたが飛蚊症だなんて言ってない。
言葉が足りずに悪かったが、煽る気がないのは739に対してだ。
責任とれないだろ?ってのは、例え飛蚊症だったにしろ、ホコリだったにしろ、
786も俺も責任をとれないって事が言いたかったわけだ。
飛蚊症と思えば気をつければいいし、思わなければほっとけばいい。
自分の健康管理は自分で。

>素人が文面だけで・・・
別に意見を撤回してもらおうとは思わないよ。
俺も変えるつもりないし。そうじゃないかと思ったら、手遅れになる前にいう。
ネット以外で。

ま、素人であれなんであれ、自分に出た症状からある程度の判断が
できるようにならにゃいかんわな。

>>788
すまん、マジで。


791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 21:05
はっきり言うと、オカ板中級者以上は飛蚊症の話は嫌って言うほど目にしてきたんだよ


792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 22:01
!すると漏れはオカ板中級者以上なのか!
ヤッタd=(^o^)=b

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 00:00
おお かんうよ!しんでしまうとは なさけない!

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 00:07
>>773
いえ、記憶の中の赤い月は地平線近くの膨張した月とはまったく違います。
まず、もう南中に近い位置でしたし、すっかり小さく締まってましたよ。
それでいて、真っ赤なんです。信号の赤を闇に溶かしたような、、、。

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 00:12
( ´,_ゝ`)プッ
月が赤いなんてよくあることだ

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 00:53
そうなのかな、、、
すみません、ずっと気になってたので、、、。

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 02:49
>>790
>ま、素人であれなんであれ、自分に出た症状からある程度の判断が
できるようにならにゃいかんわな。

大間違い
罹患者と医者は違うの!
症状は千差万別十人十色なの。
素 人 は 病 気 診 断 す る な
お前みたいのが自分と同じ症状だからって
自分が病院で処方された薬を他人に飲ませるんだ。
それは間違いなの。

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 02:56
とびかしょうはもういいよ

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 04:42
飛蚊症のことばっか言ってる香具師は
【オカ板】雑談なんでもあり最前線【番外地】
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1063279537/
ここでも行ってくれ。

>>764
低い位置にあるんじゃなくて 南中の位置の赤い月なら
珍しいと思う。

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 05:05
>>52
典型的な、生霊を飛ばしていた状態かと…。
スレ違い例だと、不倫カップルの双方に別々にその男の妻が「飛んで行って」、
同じ映像を見せたり、とか…。
私の聞いたのは、屈み込むような姿勢で、たんすの引き出しの中を、
必死で探し物をしている女性の姿(旦那には、妻の姿)を、
それぞれに飛ばしたっていう、(出張先や、自宅とかに) そんなのですが、
それのもっと強くて健全なものだと思わずにはいられません。
女性のほうが、この能力は多いらしいです。
亀レス、スレ違いすみません。

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 08:15
当事者ではないが一言。
素人判断で病気を診断するな厨はどっかいけ
他人に処方された薬を飲むなってのは当たり前だ
あくまでその可能性もあるから診て貰えば?ってのは
診断でも何でもないアドバイスだと思うんだが?
人のアドバイスにいちいち食ってかかるなよみっともねぇw
ウザけりゃ放置もできねぇのか(オレモナーw)

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 10:25

誰かが こっそり 小道に木の実埋めて
小さな芽生えたら 秘密の暗号 森へのパスポート
不思議な冒険始まる〜

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 11:39
>>801
ハイハイ、消えて。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 16:15
ぬるポ


805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 22:23
ぬるポ

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 23:57
ヌルぽ

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 00:02
>>801

746 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/10/09 01:39
>>739
それって飛蚊症。


 ↑こいつはこのように断定してるんだよ。
だからお前は医者か?と言ったのだ。
心配なら病院にいけ、ってのには同意もした。
よく読みもしないで煽るなウンコヤロー。

以上!終了!

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 00:07
医者は勝手に診断する素人が大嫌いですw

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 00:58
まだちょっと先の話だろうけど、次のスレでは
飛蚊症話はNGにでもしといた方がいいのかな。


子供の頃の記憶で、どうしても気になるワンシーンがある。
映画かドラマの勘違いでもいい。
広い庭から、狭い湾が見下ろせる、古い日本家屋。
その縁側から落ちて、ひざをパックリと切った。
その痛みも、キズもうっすらとだけど残ってる。

でも親戚一同全て山の中。海沿いに住んでる
知り合いもいない。もちろん親も知らない。
どこだか知りたい。フルサトって言葉を聞くと、
どうしてもあの家にたどり着いてしまう。ずっと探してる。

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 01:41
>>809

幼い頃、家族と海の見える小高い丘の料亭に
湯豆腐を食べに言って、809は飽きちゃって、縁
側に足を投げ出して座って足をブラーンブラーン
させてたら振りが付いてしまって縁の下に足を
ヒョイッと格納して、前のめりに倒れ込んだん
じゃないか?

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 04:38
>>701
その喩え、普通逆じゃないか?

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 04:52
>>715
俺も小学校ぐらいの時やってた。
ジャングルジムと滑り台が合体した遊具の一番上の段、70cmぐらいの強間隔で横棒がならんでる上をぴょんぴょん飛んで端から端へ。
そんでこの前久しぶりに友達と小学校行った時に挑戦してみたが、怖くてできんかった。
成長したのか退化したのかわからないです。
ちなみに、その遊具で遊んでた時に後ろから押されて転落して、最初で最後の意識喪失を経験しました。

子供の頃の不思議な体験と言えば、塾とかスイミングスクールの帰り道、バスを降りてから家まで歩くわけだけど
その道のりが邪魔草かったので、目を瞑って少し歩くとワープしたように一気に行程を進んだような気になりました。
目を瞑るって書いたけど、完全には瞑らずに薄目を開けたりしながら上の空になる感じ。

最近そういう感覚に陥ったのはバイト終わってバイクで帰宅中。
危なかったです。事故起こさなくて良かった・・・

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 06:18
>>812
ジャングルジムと滑り台が合体した遊具?
S県F市の小学校じゃあるまいな・・・・?

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 06:29
小学一年か二年の頃、友達と近くの河原へ遊びに行きました。
その河原では護岸工事をしていて、土手の土が広範囲に渡って掘り返してありました。

ふと掘り返された土手を見ると、なんとそこには泥まみれの人骨があったのです!
頭がい骨、ろっ骨、両腕の骨と、割と完全に近い状態で、土から露出していました!

友達と僕はさほど驚きもせず、『泥で汚れているから奇麗にしてあげよう。』と、空缶に水を汲んで来ては人骨にかけていました。

そうすると、そこへ僕らよりちょっと年上の小学生がやって来て、『それはナントカ君のお父さんが探していたから勝手に触っちゃ駄目だぞ!』と言って去って行きました。

今思うと、ナントカ君のお父さんとその人骨がどういう関係にあったのか不可解です。
殺人死体遺棄事件!?
でも家の近所でそんな事件があったとは、新聞でもテレビでも一度も聞いた事がありません。

長文カキコスマソ。

815 :812:03/10/16 08:04
>>813
K府です。
この遊具って全国的に広まったものだと思う。
さらに、同じように落ちちゃった人も多いと思う。
あれはびっくりするよな。体が傾いたかと思うと格子状に組まれた鉄棒の中を通ってく。
最後は地面に頭打ったけど、もし少しずれてたら土台の鉄棒をヒットしてたところだった。

って、今思ったんだが俺を後ろから押した奴って誰だったんだろ。。


816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 08:06
>>814
今からでもいいので警察へ

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 12:51
まだまだ逝かない、天国社〜♪

818 :813:03/10/17 04:45
>>815
全国的なのか・・・・俺が行ってた小学校の遊具って巨大だったよ。
高さ四メートルは有ったか・・・幅は10M×5Mくらいで。
鎖のネットと登り棒、運梯、ジャングルジムと滑り台、滑り棒(滑り
台様だけど棒4本)が一つになってる。
やけにでかくて怪我人が続出してたのに取り壊されたりしなかった・・・。

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 05:13
あー、よくあるね、ぜーんぶつながってんの。

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 16:10
それって飛蚊症?

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 23:19
キム・ヨン・ジャ?

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 01:08
亀だけど>810ありがと。809です。
何故に湯豆腐?とワロタw
後半はちょっと似てたからビックリしたけど。
仰向けに寝っ転がって片足ブラーン以下は同じで。

でも小さい頃、家族でどっか行くって、親戚の家しか
なかったんだよね・・・びんぼーで・・・。
絵でも描いてHPでも作って情報でも集めるしかないかな・・・はぁ。

823 :810:03/10/18 02:00
>>822
幼い頃の変な記憶は漏れでもあるよ。
でも変に記憶をたどらないでおいてる。
変な小屋とか、変な小川とか、そういう
映像、覚えてるし、行ったのは確か。
でも思い出はねじ曲がってたりもする
から、思い出そうとしてその場所に行っ
て、思い出とエラく違ったりしたら、後味
が悪かったりするので、そういう大人の
目で見る現実は避けてる。
初恋の人なんか30過ぎて見てみそ?
腹立たしいやら恥ずかしいやら・・・。

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 03:23
初恋の人は、ハゲデブオタになってました。
目つきが違うのよ…、あのころと。

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 14:09
俺もハゲデブオタになったひとりだが、そう責めるなって
体系はともかくはげはしかなたないだろ
確かに昔は陸上部でバリバリ走ってたけどな
今じゃ走れない  で結局オタ

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 14:20
(つД`)

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 15:51
俺が起きたとき、家族のみんなが車に乗ってるとこだった(俺は居間)
カーテン越しに呼びかけたけど誰も気づかない
外に出て走り出した車を追っかけるも全く気づかず、
200mくらい追っかけても絶対止まらない
泣きながら帰った記憶がある

でも母親に聞くとそんなことはなかったという
俺もどう家に帰ったのか記憶にない
でも夢じゃないと思うんだけどな・・。

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 15:52
>>825
清潔にしとけば禿げにくいってのは
カツラ屋さんの陰謀ですか?

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 19:07
でも、ハゲてるレゲエのオジサンて見かけないと思わない?
どの人も、見事なくらいボサボサ髪がタプーリだったりする。
中にはひきずるくらい長い人もいたりするし。
どう見ても清潔にしてるようには思えないんだけど。


830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 19:27
>>829
なるほどー

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 19:28
じゃあストレスで禿げるってのはどうだろう?

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 19:38
まあ高1で既にきてる奴もいるから
気にするな

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 07:41
ハゲたひとはおもいきってスキンヘッドにしちゃおうYO。
うちの親父、神経性のハゲが出来てしまって、そのあとすぐにつるつるに剃っちゃったよ。

ギャングのような迫力がついて少し怖いと思った反面、結構カッコも良かった。

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 08:39
>>833
確かにひとによっては剃ると迫力がでる
しかし似合わん香具師は本当に似合わんw
普通慣れると違和感なくなるもんだがいつまでも違和感ありまくりw

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 17:52
普通眠りに就く時に「そろそろ眠い」→朝っていう感じだけど
俺が小さい頃は何度か眠りに入る瞬間ていうのがわかった。
仰向けで寝るんだが眠りに入るとへそを中心に横に回転して
そのまま下へと沈んでいって眠りに落ちる感じがわかった。

大きくなって関口誠のラジオ番組の中でまったく同じ投稿があって
こんな体験俺だけじゃないんだ〜って思ったことがあったよ。

836 :怪盗キッド ◆r1smOzpKPM :03/10/19 17:55
多分意味不明なレスになるが
一応書きます。
子供のころ塾に行ってました。
それである日お母さんと一緒に塾に行きました。
その途中に変なおじさんが居ました。(2人組)
そのおじさん達は変な盾?みたいのを持ってました。
その盾は真ん中が攻撃する部分です。
なぜかそのおじさん達はコートを着て怪しい感じでした。
そしていきなり・・・・
「ここから先は通しません」
などと意味不明な事を言ってました。
そして真ん中の攻撃する部分が準備を始めました。
そしていきなり追っかけてきました。
僕たちは必死で逃げました。
・・・ここで記憶はないんですが・・・
それがどうも尿なんです・・・
なぜかお母さんに聞くと記憶がないらしいのです・・・
未だに謎の記憶です・・・

837 :怪盗キッド ◆r1smOzpKPM :03/10/19 17:57
>それがどうも尿なんです

修正  それがどうも妙なんです

誤爆スマソ

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 18:09
確かに意味不明
修正しても意味不明

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 19:43
弟が、7、8才だったころ。
夕方、遊びに行っていた裏山から、大泣きしながら走って帰ってきました。
いわく、「ほねおりぞんが出た〜!」
痩せて、体中の骨が折れたおじさんだったそうです。
弟は何をみたんだろう?

840 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 19:49
>>839
笑わせられました

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 20:02
>>835
俺は今でもたまにわかるよ
俺の場合脳がびりびりしびれるんだよ
体が動かなくなってそのまま意識を失うと寝てる

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:41
眠りに落ちる瞬間どこか遠くの方から歌が聞こえてくるのは俺だけですか?

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 00:37
キミだけだよ。
オレは音楽聴きながらでも眠りに落ちる瞬間を自覚できないんだけどね。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 00:38
            _, ,_
           ( ゜Д゜) う ん こ ボ タァ 〜
           /,   つ
          (_(_, )
            しし'
          _人
       ノ⌒ 丿
    _/   ::(
   /     :::::::\
   (     :::::::;;;;;;;)
   \_―― ̄ ̄::::::::::\
   ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
  (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
 / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
(        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
 \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 01:08
俺が中学生の時の話
早朝新聞配達をしてたのですが配達中にたまにふと人の気配がして
その方向を見るとモンペに絣すがたの戦争中の人みたいな女の人が立って居て
恐怖のあまり目をそらしてもう一度同じ場所を見ると消えてた事が何回かありました。
しかもその女の人がいたのは民家の塀の隙間やアパートの階段の下やら人がいるはずもない
所ばかりやったですよね。
この事を母親に話したら姿形聞いてそれは守護霊さまかな???って・・・(確かに
母の妹が戦時中か終戦直後位に亡くなってる。)それ聞いてからも2回ほど見ました
が恐怖感は無くて「今日も居るな・・・」位の感覚になってました。
一年ほど同じ集落を配達してたけど病院の窓から落ちる黒い人影?を見てしまい
警察に通報したけど何も心あたりないって言われたり何か色んな経験したなぁ・・・
なんやったんでしょうねあれは??高校くらいになってからは見なくなったんですがね


846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 02:11
>>837
ワラタ

真面目に読んで、
「え?盾の真ん中に穴が開いててそこから放尿してる変態さん?」
ってところまで考えてしまったよw

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 13:00
>>290>782
超遅レスだが…
私も夜中目が覚めると鼻の穴3つある感触ある。
しかもここ2、3年前から…。
これは大人になった今の話なので…
子供の頃の変な記憶を

幼稚園の頃、ぐるぐるまわる遊具で遊んでいたら
酔ってしまい校庭でゲロリンピックした。
先生に「吐いた〜」と、言いに行って吐いたところに
戻ってきたら…無くなってた。
確かに吐いたのに…吐いた痕跡も無く
誰かが砂かけたような形跡も無かった…。
酔ったから吐いたって自己暗示でもかけてたのかな。

怖い話じゃなくてスマソ。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 14:35
>>846
読解力のない漏れには
未だに意味不明
攻撃できる盾って何?

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 21:26
盾は攻撃に使うぞ

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 00:06
>>839
笑った   でも

よく読んだらこわかった

851 :>848:03/10/21 23:36
真ん中にデカい針みたいなやつがある盾じゃない?

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 23:39
スパイクシールド!

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:31
>>836
で、なんの塾だったんだ? 学習塾でないことは確かだな
>>839
「ホネオリゾン」ってカタカナで書くと怪しい外国語みたい

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:38
小学校5,6年生の時のこと。
夜中にふと起きた、目を開けるとやけに周りが明るく感じる。
頭の方に窓があったので、上向きだった体をねじり起こし、うつむきつつひじを立てる感じで
その窓に目をやると、外が異様に明るかった。
光は二階の窓から見る向かいの空き地を中心に光っていて、
周りは真夜中の闇だった。
光の周りに人影がいた、曖昧な記憶なので人数はよくわからないが、
3人から6人ぐらいいたと思う。
その光を中心に人影が回っていた。
その直後ぐらいに、2、3人が自分の部屋に飛んできた(?)
二人の顔が窓ガラスの直前にまで迫り、その後ろに一人の飛んでる顔が見えた。
記憶はそこまでしかない。

今は夢であったのだろうということにしているが、
いまだに忘れるコトのない不思議な夢です。

顔は凹凸が無く、目だけが異様にぎらついた顔でした。

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:42
う・う・うちゅーじん!?!?

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:59
小学生の頃、近所の用水路にて異常に太くて長い蛇?を見ました。
太さは両手親指と人差し指で輪を作ったぐらい。
長さは途中から見たので頭は見えず不明(10M以上はかるくあった)

子供の頃の話なので記憶ちがいか又は夢だったのかわかりませんが
今だによく覚えています。



857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 02:04
それ俺のちんちんだYO

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 02:26
夢とか妄想だと思いたいが、まだ幼稚園児くれーの頃に
友達の妹犯そうとする記憶があるんだよなぁ・・・。

途切れ途切れかつ曖昧で何とも言えないが、服剥いたあたりで号泣されて
帰りにお菓子か何かあげて帰らせたような・・・
ガキの頃は両親共働きで家に親居なかったし犯行は十分可能   ・・・('∀`
しばらくして妹の方は一家全員引っ越ししてって音信不通になったのでそれっきり

曖昧なあたり妄想なのか、忘れたくて半分忘れてるのかわからなくてスッキリしない。
マジだったらそれはそれで、事の重大さがわかる今となっては申し訳なくてかなり後悔するが・・・。


つかガキの手の届くところに大量にエロ漫画置いておくなよクソ親父と言いたい('A`)
そんな事しようと思ったのも、エロ雑誌見たからだった気がする。
長文スマソ

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 03:02
幼稚園児がセクースのやり方を知ってたとしたら怖い。
確かに家庭環境が・・・

って、釣りかしら?w

860 :怪盗キッド ◆r1smOzpKPM :03/10/22 11:26
>>853
一応学習塾ですけど・・・

861 :変かな。。:03/10/22 22:24
みなさん、子供の頃(4-6才位)ふらふらと一人で
遠くへ行ったことありますか?

漏れ、その年の頃、一人すごく遠くまで行ってたらしい。(母親談)
肝心の記憶がなくって、パトカ−で帰ってきたのは覚える。
微妙に電車か、新幹線に乗ったような。。。
誰に連れて行かれんたんだろう、と思う今日この頃。

862 :変かな。。:03/10/22 22:25
あら、

×  覚える
○  覚えてる

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 23:36
ちょっと前にそんなニュースがあったような

5歳の子供が新幹線に乗って名古屋だか
どこかに行っちゃってそこで保護 みたいな

861は自分で行ったのではないの?
誰かに連れて行かれたような記憶があるの?

864 :変かな。。:03/10/23 01:01
863
曖昧だから訂正。
誰かに連れていかれたんだろか?ですね。
でも、漏れ怖がりだから一人無理ポッ。
小学校まで、泣き虫だったからねぇ-。(藁
まして、幼い頃。。。ガクブル


865 :848:03/10/23 13:19
>>851
なるほど
やっと理解できた(想像付いた)
ありがd

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 13:33
小学校2年生か3年生のころの話。
ある夜ベッドで寝てる弟(当時幼稚園児)を見たら、
何故か無性に首を絞めたくなった。
別に喧嘩したわけでもないし仲が悪いわけでもないのに。
そんなことしたら死んじゃうとか親が悲しむとか思ったんだが、
どうしても絞めたくてしょうがない。
我慢してたらそのうち自分の首もしめたくなった。
そのうち、昼間の間もその事を考えるようになってきた。
なんとなくずっと気分が重かった。
そのうちそういう気分の時はおもしろい本を読むとおさまるとわかって、
そういう気持ちになることもなくなった。
ちっちゃいころはよくあることなのかな。







867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 13:34
すまそ、下が空いちゃった・゚・(ノД`)・゚・

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 19:17
無性にハサミで自分の着てる服を切りたくなったことはあったな。
歯医者で削られてる時、舌がそっちの方に行っちゃったり。

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 21:53
>>868
あったあった。w
安全カミソリで畳を切り刻んで、スゲー怒られたっけ…。

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 22:52
子供の頃両親とデパートに買い物へ行ったとき、母の買い物に付き合うのが
面倒になった父が、私を連れて最上階の休憩所へ行ったことがあったんですが
いつもは8階までしか行ったことがないのに、その日父は私を9階に連れてったんです。
私はその時初めてそのデパートに9階があることを知りました。
けど、その9階には何もないんです。売り場も何も。ただ白い床のフロアが
広がっているだけで、居るのは私と父だけ。
「なんか変だ」と思いつつ数分そこで暇をつぶしてから母の元へ戻ったんですが
さらに変なことに、後日そのことを話題にだしても両親が覚えていませんでした。
私はあの時暇をつぶすために階段の手すりにぶらさがって遊んだことや
何もないフロアの床の白さや、「なんでここには何もないのー?」と父に聞いて
見事なまでに無視されたことなんかをはっきり覚えているのに、両親は
「そんな場所行った事も見た事もないよ」の一点張り。
しかも次にそのデパートへ行ったときには8階までしかなかった・・・・・・。
なんだったんだろう・・・・あのフロアは・・・・今でも不思議です。

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 22:52
離婚訴訟中の妻を・・・

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 05:12
>>871
埋めて、掘って、犯したんだね。

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 13:19
>>872
むいて、むいて、しまうだけ♪

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 18:59
消防の頃、家にお客さんが来て、母親にお菓子のお使いを頼まれた。
面倒だなと思ってると、なぜか部屋にビスケットがあったんでそれを出した。
自分も一枚食べたんだけど、その後自分の顔が猫に見えたり
お客さんの顔が馬に見えたりした。

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 19:34
>>874
その後、は、今もそのままなのか?

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 19:37
ドラえもんだろ
俺は騙されないよ

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 22:20
小学校1年の時に終わりの会の時だったけど
一人の女子を追い詰め階段の踊り場で股間を触ろうと必死になってた
自分はわれも忘れてって感じで夢中で触ろうとしていた
今考えると1年生なのにそんな感情あるのかな?って思います
その後先生に見つかり「おまえみたいなのが変態になるんだ」って怒られました
当時は変態って意味がわかりませんでした

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 22:30
動物変身クッキーだっけ?

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 22:31
ああ!!
コレで謎は解けた!!

>>874は nびた だったんだ

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 23:39
わたしなんか幼稚園のときのお昼寝タイムにさわりっこしてましたよ

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 00:48
>>880
私もしてたなー
当時どこでそんな知識仕入れたのか覚えてないけど、
みんなやってた。

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 02:45
いやいやいや「みんなやってた」ってのは無いだろう。
少なくともわたしの周りではそんなことはなかったと思う。(幼稚園時代)
やっぱ私が知識無さすぎただけなのかなあ…

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 02:50
>>882
>>881の周りの子は、みんなやってたってことなのでは?
私の幼稚園時代もそんなことしてる子、いなかったよ。


884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 02:57
同じく、なかったよー

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 04:09
幼稚園の昼寝といえば、

自分の布団にもぐりこんで、
布団に鼻くそつけてた。たくさん。
(´σ `) ホジホジ
布団を持って帰るとき、
祖母に「なにこれ?」と聞かれたが、
とぼけた。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 05:44
小学校一年でスデにレズ寄りだったけど…最初に興味持ったのはオトコのカラダではなく、オンナだったよ。けど今は違うなあ。なんで同性に興味もったのかわからん

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 06:33
小学校3年くらいまでの記憶があまりないんだよな。

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 06:54
3才の時の記憶だと思うのですが
母が弟に母乳をあげた後に
ガラスのコップに、母乳を自分で
絞って入れてました。
その後、何分経ったか判らないのですが
コップを見ると白っぽかった母乳が
赤く、血の色みたいに変色していました。

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 07:30
>>886
安心してください。あなたは正常です。
人間は生まれた時は男も女もみな「男の子」として生まれてきます。
思春期に入り、女性ホルモンが分泌されるまでは女の子が女の子に
性的な興味を抱いてもなんら異常ではない。
乳幼児期に母親とほとんど一対一で自我を形成するため、このように
子供の側が母親に対する「男」を演じてしまい、結果的に身体構造的にはともかく
性意識の上では男となってしまうのです。

男の子は何もしないでもそのままで「男性」となりますが、女の子の場合は
大人になる過程で、なにかとても「大切なもの=男の子」を捨てなければ
「女性」には届かないというわけです。
少し脱線してしまいますが、一般に思春期の女性の精神が不安定なのもこの辺に
原因があります。人格を「男の子→女」に入れ替えているわけですから不安定なのも
あたりまえ。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 08:18
羽根の生えた百足をテレビのリモコンで
叩き潰した俺はどーなる!
しかも紙で包み取って捨てようとしたら
紙ごと消えてたし

助けてドラえもん
CYBERブルーでも可

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 09:29
>CYBERブルーでも可
また偏った選定を...w
ケンシロウや慶次ではだめか?

892 :素人研究:03/10/25 10:58
>>889
自分の子供の場合ですが、長女はお人形に興味を持ち見るテレビはセーラームーン
や明日のナ〜じゃ
長男は車、電車が好きで見るテレビは戦隊物、怪獣物
誰も教えていないのに女男の区別が出来てるように思えます
2歳くらいから遊び方も違いましたし
ただし色については女は赤、男は青というのはまったくありません
長女は青も紫も好きだし、長男は赤、ダイダイの服を好みます
長女はランドセルを紫を希望してました
色に関しては男女の差は無く、大人が勝手に植え込むものだと思います
すれ違いですが一応私の意見です


893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 12:41
>889の話は、何の根拠も感じられず、極めて信憑性に欠ける。
異常なことではない、という一点のみ同意。

894 :881:03/10/25 13:40
>>882
>>883が正解です。解りづらくてスマソ
周りがえらい早熟な子供だらけだったんです。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 20:25
>>892
高碕山だっけかなぁ。
どこの猿かは忘れたけど、生まれた小猿の観察をしていると、
概ね、オスはオスの遊びを、メスはメスの教えられていないのに始めるそうだよ。
もちろんオスの小猿に混じって遊ぶメスの小猿もいれば、その逆もあるそうで、
そういう生まれついた気質みたいなものがあるらしいとのことだったよ。
人間にもあるんだろうなぁ、と>>892を見て思った。

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 01:34
実話系の話で
生まれたときに外陰部が小さかったので切除手術を受け
女の子として育てられたが
本人はずっとずっと違和感を感じており
で、裁判かなんかして戸籍上の性別を男に直したという事例があったよ
大きくなるとやっぱりホルモンの関係かなんかでつらかったらしい

写真も載ってたけど思春期ごろになるとやっぱ男っぽかったよ

ごめんねスレ違いだね


897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 20:49
年齢は分からないけど物凄く小さかった頃に親父に海岸で抱き上げられてた記憶がある。
時期や状況は全く分からないんだけどその時の事だけ鮮明に覚えてる。
天気は曇りで周囲は黒くてゴツゴツした岩だった。
親父は俺をあやしてるようでゆっくりしたリズムで体を上下に揺すってた。

ただ一つ問題が。

第三者の視点からの記憶なんだよ…


898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 04:10
>>897
第三者の視点感覚ってのは、よくあることです。
不思議でも、異常でもありません。
脳がそういう風に記憶を作り上げてしまうのです。

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 19:57
>>898
へえーなるほど。


900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 06:24
パトラッシュの話。
弟と久しぶりに長電話してたら、何気なくパトラッシュの話になったんだけど、
そしたら弟が驚いて私も驚いた。
弟もヘンな犬のような動物と遊んだ記憶があって、
私が遊んだパトラッシュよりずっと小さな子犬なんだけど、
尻尾が沢山あったり、角があったりは一緒。
しかもビビッタのは、自分からパトラッシュだって名乗ったらしい(w
たぶん3歳〜5歳くらいの時といっていたから、
その時私はもう高学年で、パトラッシュのことはすっかり忘れてたっけ。
今度弟がアパートにくるから、その時たっぷり聞いて、
パトラッシュと何したか詳しく聞いてみよう。
ヘンな姉弟だ(w

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 14:54
>>898
そう言われてみると、記憶を思い出してるときって
自分自身の姿が場面の中に出てきてたりするなあ。
自分の後ろの少し上の方からとか斜め横あたりから
自分の姿を他の誰かの視点で見てるような感じで
思い出が頭に浮かんでくるね。

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:23
>900
チミは女だったのか!!! 
ずっと男だと思ってたんでちょと驚いた。

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:30
>>900
お〜久しぶりですな。パトラッシュの話は好きだったんで
まだ話が聞けるなんてうれしいですね。
もったいないのでできれば次スレにカキコキボンヌ

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 00:50
>>900
前にも話してたよね。確かに興味深い。

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 01:16
小学1〜2年の頃、じーちゃんと山に行った。
ふと、空を見上げたら龍が飛んでた
 
・・・ヤバいかなぁ〜脳ミソ

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 01:41
いいなー、見てみたいなー
子供じゃないと見らんないのかなー

907 ::03/10/30 01:52
やばくない。他にもいるらしいよ。

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 02:31
うちの子供(5歳)よく誰もいない玄関にお姉ちゃんが立ってると言って困ってます

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 02:50
小さい頃、とあるアイドルのポスターが
自分の部屋のはられている夜は必ず悪夢にうなされて(深夜に)起きる
…という時期が数ヶ月に渡ってあった。
剥がすと見ない、貼ってみると必ず見る…
だったら剥がしたままでいいんだが、どうしても呪いとか霊的なものを
認めたくなくて何回も貼ったり剥がして実験してた。

貼ってる日は例外なく悪夢でうなされる…
これを機に俺は霊的なものを信じるようになったが
いつの間にか(貼っていても)悪夢はみないようになっていた。
数年して、それがただの自己暗示だったことに気付いたんだけどな


910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 05:11
>>908
一緒に遊べるようなら、お子さんと遊んでもらったらいいんでは?
悪い感じはしないから。

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 05:24
>>910
おまい見えるのか!?

912 :900:03/10/30 07:41
>>902
あれれ(w

>>903
りょーかいです。


913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 12:39
私はジュースを自分の分より多く分けてる様子から女と確信してたけど...
”暑くない?””暑くない”って会話とか。男の子は相手に”暑くない?”と
かって、あんまり尋ねないでしょ?”お前、暑くね?”って感じだと。
いや〜〜面白いですね。ここら辺の話。誰か霊感の有る人にパトラッシュ達の
正体を突き止めてもらえるといいですね。

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 14:33
多分小学校1〜2年の頃。今から22〜3年前の記憶。

父親と二人で車で外出した帰り、家からそう遠くない国道(広い道)沿いで、
新しく開店したらしいおもちゃ屋を見つけた俺は、父親に頼んで車を止めてもらった。
時間は7時とか8時。もう真っ暗だったと思う。中に入ると閉店間際なのか、お客の数も
まばらで、俺はあちこちの棚を見て回った。父親には「見るだけだぞ。今日は買わないよ」
というような事を言われた。店の内装はピカピカで、陳列は全て壁に造り付けのガラス棚。
さすが新しく開店したばかりの事はあるなあ。と子供ながら思っていたが、今から考えると
実家があるのは市内でも外れの方の片田舎なので、随分とおしゃれなおもちゃ屋だった。
しかも当時は80年代初頭のはず。記憶にある内装は、どう考えても90年代〜の、アメコミ
フィギュアを扱うような、こじゃれた「トイショップ」そのものだった。

並んでいたおもちゃを見ていた俺はすぐに奇妙な事に気付いた。今まで見たこともない
おもちゃばかりだ。ロボットが変形するようなもの、電池式で光ったりするもの、それらが
箱から出した状態で棚にきちんと並べられて売られている。どれも複雑な仕掛けがあって、
変形・合体おもちゃが好きだった当時の俺でも全部を試してみることは出来なかった。
そうこうしているうちに「そろそろ帰ろう」と促され、その日は家に帰った。

後日、同じ店に行こうとしたんだけど、結局見つからなかった。

あの店は何だったんだろう。

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 14:34
以上、ネタでした。

916 : :03/10/31 19:49
>>914
未来の玩具屋さんに紛れて入っちゃった感じだね。面白い!こうゆう話、好きだよ。

917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 21:14
私は小学1〜2年のときにいたずらされた記憶があります。全裸にされバイブ(?)で股間を刺激され、一部始終をビデオでとられた。ネットでながれてるかな〜?

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 22:13
>>917
そんなことをケロッといえるあなたが素敵。
現在、そのせいで何の後遺症(トラウマとか)もないなら、
本当によかったね、と思う。

酷い奴もいるなあ。憤慨。

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 22:44
↑ちなみに私(917)は男ですが、もし女だったらトラウマになってたかもしれませんね。

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 00:40
幼稚園生の頃、夜母と一緒に買い物について行って、
帰ってきたとき、マンションの中庭の公園に、
赤頭巾ちゃん?の着ぐるみを着た人がベンチに座ってた。
母は気付かずに先に階段を上ってっちゃったけど、
気になったのでこっそり様子を伺ってたら、
向こう側から狼の着ぐるみを着た人がやってきて、
嫌がる女の子(中の人が女かはわからないけど)を
無理やり連れて行ってしまった。
夢じゃなくて、確かに見た。ホントに意味不明な思い出。

これは何ですか?

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 01:05
野外プレイ

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 01:14
放置プレイ

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 01:19
ほのぼのレイプ

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 01:24
羞恥プレイ

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 02:22
バードオブプレイ

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 03:06
一年生の頃近所に住んでたアイルランド人のオッサンが酔っ払って
無理矢理ビール飲まされて吐き出したら思いっきりぶん殴られた・・
今でも白人がちょっと恐い

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 03:18
小学校4,5年生(はっきり覚えてない)のある日の水泳の時間、
私は平泳ぎで遠泳してた。50m泳げたら合格です、ってやつだったと思う。
でも私の記憶の中では「200mは泳げたな」です。
気がついたら授業は終わり、同級生は誰もいなくて先生が泳ぎ続ける私を見守っていた。
私はぜんぜん疲れていなく、まだまだ泳げるなと思ったけどそこでやめた。
次の水泳時間にも遠泳したけど、50m泳いだらくたくたになった。

そして不思議なのは、どうして授業の時間が終わっても私は泳いでいたんだろう。
自主的にプールから上がらなかったらいつまで泳いでいただろう。
そしてそれを先生はどうして止めなかったのか?
みんないない、ということは教室に引き上げて休み時間中に着替え始めているはず。
そして次の授業が始まっているはず。
私はどこで着替え、次の授業を受けたのだろう。記憶がない。
水泳の時間がその日の最後の授業ってことはなかった。

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 09:56
>>927
授業中の教室で公開着替え(ストリップ)(;´Д`)ハァハァ

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 13:55
 かなりの遅レスだが・・・

 >>195 を読んで腹抱えて笑ってしまった。(今日初めてこのスレ読んだ)



930 :SB8R:03/11/01 14:13
小学校の通学路(埼玉県)に深海魚が落ちてた。その時は変なヘビだと思ってたけど。

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 14:24
小学生の頃、家で猫を五匹くらい飼ってて
夕方に猫全部が出かけるので着いていった。
家の近所の公園に着いてしばらくうちの猫共と遊んでいたら
気が付いたら猫が20匹くらいいた。(近所では猫を大量に放し飼いする家が多かった)
そのまま晩ご飯の時間まで猫の集会に参加しました。

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 15:56
子供の頃って妙に不思議な夢って見てなかった?
まぁ大人になっても夢って不思議なもんだけど。
オイさ、中2の時まで頻繁に見てた夢があって、
オイの場合、普段は夢の内容とかって断片的にしか覚えてなかったり、
そっくり覚えてても、日にちが経つと忘れてたりすんだけど、
その夢だけは最初から終わりまで鮮明に覚えてんだ。
夢の中で感じた感情までさ。
内容は、長くなるから割愛するけど、
ある時、夢の中で「あぁ、この夢はもう見れないんだ…。残念だなぁ。」
って思う出来事があって、本当にそれっきり見てないんだな…。
いつ頃から見始めたのかは定かではないけど、
子供ならではの不安定な心理が見せてたのか、
特別な意味がある夢なのか…。
スレ違いかもしんないけど、ずっと気がかりな夢なんだ。
今でももう一回見たいって凄く思うんだ。
ちなみに今27歳。あの夢見なくなってから十年以上経ってるな。

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 17:26
小学校時代、まだ区画整理前の近所の小道(今は病院になってる)なんだけど
よく女物の下着が落ちてた。10枚以上はあったな。3回行って2回の割合で散乱してた。
なんだったんだろう。

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 19:08
>>932
猫の集会って猫タン達何やってんの?詳細キボンヌ。
ああ漏れも参加してえ…(*´д`*)ハァハァ

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 21:23
小六の頃の話。時間は午後五時くらいかな。
部活が終わって教室にランドセルを取りに行った。
時計がしょっちゅうカチッ、、カチッ、、とうるさいので、変に思って
目をやったら驚いた。
一分がもの凄い早さで経過していた。数えてみたら20秒に満たなかった。
しばらく教室に留まって数えていた。どんどんスピードが増していく。
で、時計がいかれたんだろうと思って
みんなのいる体育館に戻ったら、同じ時間だった。他の時計も確認した。

友達にそのことを話し、教室についてきてもらった。
一分は60秒に戻っていた。

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 00:02
小学校の頃に色盲の検査を担任が行った
しかし俺の名前は呼ばれなかった。全員行うはずだったし
今思えば名簿に記入しているはずなので先生に無視されていたのかも
次の年初めて色盲の検査が出来たが、当然はじめてなので
やり方がわからなかった。

937 :932:03/11/02 00:10
>>934
いや、特に何もしているようには見えなかったな。
とりあえず全部の猫触ったりしたけど嫌がらなかった。
ただじっとお互いアイコンタクト取ってる感じで、わらわら猫が居るだけ。
猫好きには結構それだけ楽しいと思う。

もしかしたら私が邪魔で何もしなかったのかな?
あれからその公園では猫の集会見ないし・・・

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 00:18
そういや10年前かな 猫の集会の コレがまさに集会だ!っていうのを見たことがある

夜遅い時間、会社からの帰途中だったかな。。近所の家のガレージに異様な物体を感じたので見てみると
10数匹の猫が皆うつぶせで、綺麗な等間隔で中心を向くように並んでる円陣集会を見た

そのとき彼女もいたんだが びっくりした俺達に気づいて猫達が一斉にこっちを睨んだ

彼女がカメラ買ってくる!っていってコンビニに走りに行ってるあいだに
うちらの企みに気づいたのか その円陣はぱっと散ってしまった。。
今だったら携帯のカメラで撮れたんだろうなあ

しかしあんな綺麗な円陣なんて白線でも書いて並ばないと無理だろうな。。
猫も犬も飼っているけど 猫は不思議なことが多いね

939 :934:03/11/02 01:03
>>932
レス有難う!
わらわら猫がいるだけかー
それはそれで不思議だな。漏れも集会行きたい!

しかし>>938の話も興味深いな。
猫の集会って地域内のメンバーの確認の為らしいけど
わざわざ円陣を組む必要はあるのかと…w

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 01:05
実際にそんな事があったかどうかについては、記憶自体があやふやなので確信が持てない。
もしかしたら、悪い夢を見ていただけかもしれないとも思われるのだが・・・・・

あれはまだ、僕が小学校3年生のころ
近くの公園にいつもひとりっきりでベンチに座っている
ぼろぼろの服を着たおじさんがいた。
みんなは彼のことをルンペンと呼んでいたが
怖くてだれも近づけなかった(もちろんそのころはルンペンの意味など知る由もなかった)。
ある日、僕が一人でその公園を通りかかったとき
突然ルンペンに呼び止められた。
恐怖で何も考えられなくなった僕は
ルンペンが言うがまま、公園の便所へと入っていった。
そして、そこでズボンとパンツを脱がされ、ルンペンにオ○ンチンをギュッとつかまれた。
あまりの痛さに思わず僕はギャッと叫んだ。
すると、ルンペンは突然手を離し、「いいか、この事は誰にも言うなよ。もし言ったら今度こそオ○ンチンをもぎ取ってやるぞ」
と、言い残して逃げ去った。
僕は、この事を誰にも言わなかった。両親にも、友達にも。
ただひたすらルンペンが怖かった。
その事があって以来、僕は公園に近づかなかった。そして、まもなく引っ越してその町を離れた。
ルンペンがその後どうなったかは、分からない。



941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 01:27
僕がまだ保育園のころ、
なぜだか知らないけど、
川崎駅の南武線6番線ホームが異常に怖かった。
なんで怖かったのかいまだによく分からないけど、
小学校にあがるころには怖くなくなっていた。

あれは一体なんだったんだろ・・・・・

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 03:53
あ、猫の集会、俺も参加したことあるよ。

中二の夏休みの時、夜中に喉が渇いて目が覚めてさ、
台所で牛乳飲んでて、何気なく窓見たら凄くきれいな満月が夜空に浮かんでんの

んで、ちょっと表に出て見てみようと思って、家の裏にある、
空き地・・・というか荒れ野みたいになってるところに行ったら
猫が15,6匹集まって月を見てた。

俺がいることに気が付くと皆サッと逃げていってしまったんだけど。
暫く月を眺めながらまってたら、1匹2匹と戻ってきて、
いつの間にか猫の集会に混じってた。

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 04:44
ちょっと公園いってくる

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 07:57
オレも微かだが変な記憶が残っている

確か小学校1、2年の時だった様な気がする
友達たちとサッカーだか鬼ごっこだかなんかをやって、帰り道の
途中で辺りが暗くなりふと上を見上げると何かとてつもなく
大きな丸い物体が自分の頭上にあった
それはSF映画で描かれるようなとても派手なものだった

こっから先の記憶がない
夢なのか現実なのか…

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 08:58
 押入れに関する変な記憶が多い。
 うちは転勤族で幼少の頃から3年ごとに家が変わっていた。
 3〜4歳当時住んでいた家の、居間の隣の部屋の押入れにばあさんが住んでいた記憶がある。(うちにばあさんはいないはず)
 押入れを開けると、中に座布団が敷いてあり、そこにばあさんが座っているのだ。
 そしてばあさんは、私を見て、いつもにこっと笑う。
 私は彼女を「押入れのおばあちゃん」と呼んで親しんでいたが、そんな私を両親はかなり気味悪がっていたようだ。
 
 5歳当時に住んでいた家の自分の部屋で、押入れを開けると中に黒い服(喪服?)を着た人が大勢
こちらに背中を向けて座っていた。あちこちにオレンジ色の提灯みたいな光が見え、子供心に「お葬式だ」と思った。
 そして、押入れの戸の一番そばに座っていた人が私の方に向き直り、お辞儀をしたのまで覚えている。
 
 どちらも夢だと思い込んでいたが・・・・

 葬式を見た方の家で、5年くらいあとに(私たちがもう出た後で、その次に住んだ人ね)、住人が押入れで
首吊りをした。
 後になってそれを知ってぞっとした。

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 10:29
子どもの頃、近所に日本の朝鮮半島支配を感謝していた朝鮮人がいた…のだけど、
昨今の情勢をみると、あの人の晩年が気になる…。
それとも夢だったのだろうか?

947 ::あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/02 14:02
釜山あたりには親日家が多いらしい。
でもその所為で他の朝鮮人から嫌われるともきいた。

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 14:12
釜山ちゅうか全羅(北南)道ね、親日というか反ソウルの裏がえしだわな
アイルランドやフィンランドが親日なのと一緒だな

金大中は初めて全羅道出身で大統領になった

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/02 15:38
私がまだ幼稚園に行く前、姉と二人姉妹だったが
姉が幼稚園に行ってるときの遊び相手は
いつもおばあちゃんの部屋にある三面鏡の中の人だった。
その人は今思うと成長した自分に似ているのだが白い着物を着て無口だった。
私はその人に向かってずっとしゃべり続けていた。
母は私が寂しいのだろうと犬を飼ってくれた。
それから犬と遊ぶようになりその人のことは忘れた。
この前久しぶりにおばあちゃんの部屋に入ったがちょっと怖くて三面鏡を覗くのをやめた。

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 17:43
>>949
三面鏡の中の人、どんな表情してたの?

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 19:12
小さい頃、お墓参りにいったとき
墓場の水汲み場にパステルカラーを
したグリーンや黄色やピンクの
カタツムリがいた記憶がある。
なんかメルヘンの世界みたいだった。

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 21:26
 親父の釣った魚の口から針をはずす時、魚が「ぐわあ」と呻いた

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 21:40
>>949
白い着物を着る頃になったら、鏡を見始めるの?

954 :949:03/11/02 22:21
>>950
無表情だったと思うよ。

>>953
うん???
着物自体滅多に着ないよ。

ちなみにその人は鏡の中の私の後ろに居たんだけどね。


955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 22:30
>>954
後ろを振り向いたことある?

956 :949:03/11/02 22:37
>>955
そう言えばその部屋では振り向いたこと無い。
もし家族の一員だったらどうしようw
家族全員集まるといつも1人足りない感じに陥るのはその所為か・・・?

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 22:51
自分の子供は某オ○ンピックのある洋服やには絶対入らない
入ると泣き出す。隣のゲーセンの入らない
その他の店は何の問題もない。この二つの店だけ怖がってる
何かが見えてるかもって思ってる

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 23:18
>>957
ここは自分の子供の話しをするスレじゃないです

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 23:46
>>954
いやぁ、
>>その人は今思うと成長した自分に似ているのだ
ってあるから、歳をとってから昔の自分に会いたくなることを想定しました。

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 01:09
>>958
いや、全然いいだろ

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 03:05
よくないだろ

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 03:36
どっちやねん!ヽ(`Д´)ノ

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 11:29
どっちでもいいだろ

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 18:30
猫集会の話もっとキボ

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 23:40
なんだか
「自分の子供がなにもないところを見てなんか言ってるんです」
と、
「自分が飼ってる猫がなにもないところを目で追っているんです」
は、同じ匂いがするな。

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 00:30

              /|       
             / |     
    |\ ̄――___/  |        
    | \ ヽ  ̄  ̄―_      
    |     ヽ    |  
    │          |  
    |   /    \ | 
    |  ― ̄    ̄― /:
     |   ●   ● }!, 
     |   ̄  〓  ̄ イ 
     ヽ/  ――  `\,イ
     //`  、 ̄  / \
       | ̄―― ̄|   
      |     |       
     |      |       
    |       |        
    |       |        
   |         |        
   |         |        
  |   |  |   |        
  |    | |   |        
  |    | |   |        
  |    | |  |         
  |    | |  |    

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 01:24
では私もふたつほど。

小学校低学年くらいの時
家の近くに広場があって、そこの隅のほうにいつもイスがぽつんとあった。
茶色い革で(ビニール?)短い4本足のシングルソファーだった。
コイツに座って遊んだ事もあるのでけっこう長いあいだ放置されていた。
ある時遊びに行こうと思ってその広場を横切った時
そのイスが2本足で逆立ちをしていた
正確には2本足で立っていたんだが、見た瞬間「逆立ちしてる!」と
驚きながら4秒くらい眺めてるとドスッと音たてて元に戻ってた
後日その話を友達に話すと風の仕業だと言っていたが
あの時風は吹いてなかった。
メルヘンチックなものはなく、ただ漠然と逆立ちしていただけだった。


968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 01:37
>>967
四ツ足のままでいるのも疲れるからな。
たまの背伸びくらい見なかった事にして。

969 :967:03/11/04 02:37
↑と同じくらいの時

この日の夜はママンが外出していた。(飲みに行ってた)
母子家庭なので姉と二人きりで留守番。
自分は姉と同じ部屋で寝ていて姉は本か何かを読んで
起きていた。時刻は9時か10時くらいですっかり熟睡していたが
突然「ッぼーーーーーーーーーーーーー」っとでかい変な音が
茶の間から聞こえてきてびっくりして飛び起きた。
それはちょうどギターとアンプをつないだ時に出る電子音みたいな感じで
自分は恐くておびえていたが姉はなぜか普通で全然驚いてなかった。
それどころか聞こえてるのに音の発信元を調べようとしなかたった。
私はこの音に長時間耐えられそうもなかったので恐いのを我慢して
茶の間に調べに行った。すると音の正体は古い大型のステレオだった。
赤いパイロットランプが点いていたが、電源の消し方が解からず泣きながら
姉の所に戻って電源を消してもらった。
いきなり電源が入って怪音を出すステレオも恐いが
一番変なのはあの状態で平然としてる姉のほうが謎。
たぶん5分くらいは鳴ってたと思うしかなり大きい音だった。
自分が泣き叫んでる時もなんか笑ってたし・・姉だけ聞こえなかった
事はないと思う。この音が何なのか一緒に話合ってたし・・・・




970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 02:41
>>969
聞こえる音の範囲には個人差があるから、お姉さんに
同じくらいうるさい音として聞こえていたかどうかはわからない。
たまに過剰に音に反応してしまう人もいるし。

971 :967:03/11/04 02:46
(;´Д`)文章きたなくてゴメン。

パトラッシュの話興味深いですな
続きが聞きたい。

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 21:37
>>967
どこが不思議なの?w

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 22:18
 夜中に喉が渇いて水を飲みに起きた時、流しの窓に親父の後姿がうつっていた。

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 22:38
>>972
よく読めばわかるよ

普段は4本の足で普通におかれてるイスが、
ある日ふとみたら何故か二本足で(横に?斜めに?わからないけど)逆立ち配置だった。
見てると4秒くらいでドスッと音をたてて元に戻った。

なぜでしょうね。
というお話。

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 23:12
よくある話で恐縮ですが私のを一つ。

その日は特別授業で幼稚園がいつもより早く終わる日で、
ママンはそのことを忘れてて迎えに来てくれなかった。
しょうがないから家までの道(子供の足で10分ぐらいの住宅街の1本道)を
歩いて帰る途中、その道沿いに開けた芝生の広場を見つけた。
白い蓮華の花がたくさん咲いていてお花畑のようにきれいで
しばらく腰を下ろして蓮華の花で冠を作って遊んでいた。
その間20〜30分ぐらいだったと思う。
その場所をすごく気に入った私は次の日にもその広場に行ったんだけど
広場があったと思う場所には塩ビのパイプが並んだ水道工事のお店があった。
考えてみればその場所はずっと前からその店があった所だ。
何かの勘違いかと思い、幼稚園への行き帰りにいつも広場を探したけど、
とうとうその場所は見つけられなかった。

あれから20年近く経ってるけど、緑の芝生に小さな白い蓮華がたくさん咲いてた
あの景色はいまだに忘れられない。




976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 00:08
>>975
不思議だけど、どこか綺麗な話でさぁね。
荒廃してきたオカ板で、ちょっとセンチな気分になりやした。

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 00:42
>825
イチノセ君・・・?

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 20:00
>>975
同じような経験あります。

小学校の頃、通学路の途中に鉄柵風の門がまえのあるところがあって、
ある日、珍しく一人で帰っていた時に通ると、門のところに女の子が立っていた。
ニコニコしていたので、話しかけると同じ小学校の子だった。

「中で遊ぼう」と言われて、門を通って小道を通り抜けて歩いていくと、そこはきれいなお庭。
ゆりかご式のブランコや鉄棒やすべりだいもあって、お花もたくさん植えてある。
家も古びてはいるが、洋風っぽい造りで、日本ではないような雰囲気でとても素敵。
なにかの物語の中の場所に来たようで、やたらと興奮してハイテンションで遊び狂いましたw
ただ、家の人はいないらしくて、家の中には入らなかったのだけど。
すっかり、その子と仲良くなって、「また、明日遊ぼう!」と約束をして帰りました。

次の日、学校でその子を探してみたけど、そんな子はいなかった。
学年も違うし、何かの間違いか、はたまた違う学校なのに嘘ついてたのかなー?
なんで?などと思いながらも、またあの庭で一緒に遊びたくて、しばらくの間は
毎日その門の前を愛おしそうに眺めながら通っていました。

1ヶ月くらいして、あの日以来、いつまで経っても会えないので、思い切って
門の中に入って、呼んでみようと思った。
「すいませーん」と言いながら、門を開けて小道を入っていったら、何か違う雰囲気。
庭まで辿り着いたら、まるでそこは廃墟。花壇の跡のような場所には、花ひとつない。
錆びれた家に、ボロボロに錆びた遊戯の数々。
とても人が住んでるって感じではない。
何か怖くなって、走って家に帰ってきたが、子供の頭で「引っ越したのかな」と思った。
だけど、たった一ヶ月くらいで、あんなに錆びれちゃうのかなーと不思議な感じがした。

しばらくして、近所の叔母が遊びにきた時に聞いてみたら、
「あそこは十年以上空家なのよー」と言われて、なにがなんだか
わからなくなって、今でも不思議で仕方ない。

979 :975:03/11/05 20:07
>978
そういうのって不思議なんだけどちぃっとも怖くないんだよね。
いい思い出になってるよ。

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 20:20
>>979
うん、そうそういい思い出。
でもさすがに、あの廃墟を見た時は、ちょっとゾーっとしちゃったけど。
今でも、あの庭や家のあたたかな雰囲気を思い出しちゃいます。

もしも実在していたのなら、そして、今でもその子と友達だとしたら、あの庭でお茶でも飲みたい。
いつまでも心に残る、本当に素敵な場所でした。

地元新宿区での話で、現在住んでるのは別の区なんだけど、訪ねていってみようかな。
今はもう、あの門もないのだろうか。

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 20:58
もう980だし
次スレ立てないの?

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 21:05
おまいら頭大丈夫ですか?

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 22:04
>982
やばいです
禿げてきました

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 22:18
985よろ。やふびな為立てられぬー

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/06 15:19
>>984
あほーBBかよ!
ってことで立ててきます。

986 :985:03/11/06 15:25
子供の頃の変な記憶☆その8
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1068099808/l50

たてました。

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/07 00:28
大きな病院に行った日の夜、かならず目が見えなくなる夢(?)を見た。そして、あまりの恐怖の為、目覚めるが辺り一面真っ白で何も見えない・・・
そして、泣きながら大声で家族を呼んでいると10分ぐらいしてから次第に周りが見えてくる-
そんな経験を何度かしました。

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/07 20:10
夜、寝ようと思って2〜3秒、目を閉じたら次の瞬間、朝になってた。
もちろん眠ってたんだろうけども、寝た感覚が全くなかった。
30年近く前の話。

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 02:37
あったあttった
完全なる熟睡、ノンレム覚醒てカンジ
でもなんかソンした感じなんだよね〜

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 04:09
>>987
良いなぁそれ。
最近不眠症気味でグッスリ眠れぬー
夢も何度も見ているような気がする

991 :sunney:03/11/08 07:15
大人になると『なにそれ、タイムスリップ?』とか『妄想癖?』とかからかわれたりするけど。
子供の頃は、そんなコジャレタ言葉や意味も知らないから、真っ向 現実に生きてる。
子供の時の不思議体験は、不思議だけど体験してる。
それって覚えてるだけでも ものすごく素敵な事だと思います。

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 07:31
>>980 もう10年前に亡くなった子と、友達になったのかもね。
図書館とか行って歴史や事件を調べたら? 近所の店とか、人に聞いて回るもヨシ

もし、ホントに亡くなった子だったら、土産・花束添えて供養してあげるもヨシ

993 :sunney:03/11/08 08:00
子供の時だけ当たり前の様に歌ってたのに実はあまり人に知られてない不思議な歌ってありませんか?
『月火水木金土日曜日 山の風 そよ吹けば 桜を踏み越えて
   ピーヒャラ ピーヒャラ 参じ出す お山の神様参じ出す。』
縄跳びの歌なのですが、川崎で歌い継がれてました。どなたか、知っている人
いらっしゃいますか? 

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:23
小学校の時。
トイレ(大)に入った直後の体育で妙な臭いがする。
俺は黄色いスナイパーに尾行されたかと思い
慌てて短パンやTシャツのすそを調べるが奴は見当たらない。
だが奴は正体を見せずに狙撃を次々と決めてくる。
におう。確実に、いる。
好きな女子も容赦なくスナイブ。不吉な臭気を指摘されてしまう。
なす術もない俺は手をこまねくだけだった。
授業も中盤になってからだろうか。どうにかレーザー照射を感じることができたのは。
頭部だ。奴らは最初からそこにいた。それも何人も。

いったいどうして俺が奴らに頭部狙撃を許したのかわからない。
今でも全然わからない。

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:32
このまえ、巨人の★
打ったら
リプ4連して「やりおった」がきた
でもそのあと
特訓が発動しなかった。

いったいどうして俺が★に特訓未発動を許したのかわからない。
今でも全然わからない。




996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:43
1000!

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:44
くまなく1000

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:48
998

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:50
くるおしく1000

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 08:50
>>996->>999 そうはいかんざき

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

316 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)