5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(*  ̄▼ ̄ *) レイキヒーリングの効果は?

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 22:41
レイキヒーリングしたことある人
話し聞かせて
http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%A5%EC%A5%A4%A5%AD%A5%D2%A1%BC%A5%EA%A5%F3%A5%B0


869 : ◆nswvqFUMEI :03/09/13 21:34
>>741を忘れてた(笑
一見、同じ問題に直面しても、人によって原因や対処法は異なります。
私が今まで 「人それぞれ」 という言葉を多用したのも、それを意識してのことです。

体系的な修行法を用意してない教室が多いことも原因のひとつでしょう >>303
レイキの神に全てを押し付け、自分でやるべき事まで放棄する責任転嫁型の人間は
効果をあまり体験できない。

>>791>>799>>820>>822-823 は興味深い意見ですね。
魂は自身の幸福を願っているため、常に「癒し」を選択します。
不幸を選択するのはカルマの仕業です。

自分のカルマは自分で作ったものである以上、自己責任で解決する必要があります。
しかし自己責任の本当の意味を知らなければ、相手サイドの責任転嫁・責任回避のマインドを増長させてしまいます。
(※責任転嫁は霊障も呼び込みます)

典型的な例が、PCソフトです。
もともと欧米のシステムから生まれたので、利益ひとつ取っても「権利意識」の産物なのです。
ユーザー側に自己責任を強要することにより、自分は責任を回避する。
同じ土俵でのシーソーゲームです。

870 : ◆nswvqFUMEI :03/09/13 21:39
>続き
業を清算するには、見たくないものにも直面せざるを得ないです。
「真実」とは、人間の業・欲望を満足させるために存在しているのではありません。
真実は真実として純粋に存在します。

Aさんが愛する男性が、殺人事件を起こした。
男は法の裁きを受ける。
マスコミからも叩かれる。
ところがAさんは必死になって否定する。
「彼がそんな事件を起こすはずがない。絶対に信じられない」

しかし、いくら否定したところで、事実を消すことは出来ない。
否定しようと肯定しようと、事実は事実として存在するわけです。
>続く

871 : ◆nswvqFUMEI :03/09/13 21:42
因果論を説くと、必ず反発する人がいます。
感情論に走ってしまう。
>突き落とされて殺された4才児は、前世で殺人者だったのか?
>被害者に対してそんなヒドイこと言うなよ

因果応報論は、身分制度・ 差別を正当化する道具にされた歴史があります。
大きな問題を内包しているわけです。

でも因果律や自己責任を否定するなら、修行自体が成立しません。
自己を省みる必要性が無くなってしまうからです。

宗派によっては、例外(?)もあります。
親鸞は 「悪人こそ救われる」 と言いました。
この思想には問題がないのでしょうか?
あります。
これを悪用して、犯罪に走る連中がいたのです。

どんな教えにも、プラス面があればマイナス面もある・・ということです。
>続く


872 : ◆nswvqFUMEI :03/09/13 21:49

殺された4才児が、前世に殺人者だったのかどうか、私は知りません。
ただし事実として明白な事柄に関しては、捏造することは出来ません。

小さな子供に降り注ぐ不幸は、年齢的にも本人の力では防止できないし、解決も出来ない。
しかし・・何でもかんでも 「全て相手が原因」「環境が原因」 としてしまうなら、人間の尊厳など成立しません。

不幸の原因が自分にあるなら、自分で解決できるチャンスも存在することになります。
もし相手側に全ての原因があるなら、問題解決の主導権が自分には存在しない訳です。
相手の改心を待つしかない。環境が変わるのを待つしかない。

もし改心しなかったら、永久に問題が解決できないことになってしまいます。
こんな馬鹿げた世界には 一切の価値も尊厳も存在しない。

最大の問題点は、復讐を正当化する要因になってしまうことです。
憎悪・怨念・復讐心は、「自分は悪くない」「相手が悪い」という思考から生まれることが多い。

本当に復讐したら、どうなるでしょう?
今度はその人が犯罪者になってしまいますよ。

>続きは日を改めて書きます。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)