5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part17

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:05
******************************************
ありえない場所、もう会えない人、今ではない時間、
幼い頃の不思議な記憶、見えるはずのないもの。
そんな、怖くはなくても奇妙な経験を書き込むスレッドです。
******************************************
◆煽りは放置。 できれば、点数つけもやめよう。
◆金縛り・幽霊はなるべく別スレで。
◆それと、論評もほどほどに。

[前スレ]
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part16
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1060279020/
過去スレは >>2 以降

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:05
不可解な体験、謎な話〜enigma〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1005/10052/1005282490.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part2
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10114/1011415660.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part3
http://curry.2ch.net/occult/kako/1019/10198/1019891278.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part4
http://curry.2ch.net/occult/kako/1023/10235/1023599400.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part5
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1026842308/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part6
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029514246/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part7
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031470261/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part8
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1037471207/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part9
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1040093555/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part12
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1051619681/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part10
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044337340/

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:06
3

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:06
3

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:06
やったー!1さんありがとー!

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:06
クララがたった

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 18:09
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part11
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1048345677/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part12
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1051619681/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part13
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053493853/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part14
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1055552551/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part15
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057928254/
enigmaスレ過去ログサイト
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/enigma/index2.htm


8 :◆ldIBuAcZTY :03/09/06 18:50
スレ立ておつ!

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:05
おつ!

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:20
待ってたYO!ありがd♪

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 19:58
               i''./:::::::::::::::::::::://::::::l:l'i::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::l丶
 お尻の穴に       〉!:::::::::::::::l:::::://l:::::/ll .lヽ:::l !ヽ::::l:ヽ::::::::i::l::l
  指をいれて        ヽ::::::::::::::l:l::::/:l .l:::/ l  l,ヽ:l-l-l:::lヽ:ヽ::::::l:l.ll
   匂いを嗅ぐと      l::l.l:::::::ll.l:::l''l~~∨' '  ' _,-'i-∨ l::::l::::l:l,,l_
                _l::l .l::::l .l,l:l''~(~~i''     l ヽノiヽ.l:::::l:l:l::::::~''-,_
  新スレですよ    _,-'':::l:l l:l.l '~l .ll||ll l     l l|||l.ノ l:::::l-''''''''---,,'-,_
            ,-':::::_,,,-ヽl::::::l  ヽ,,,,,,ノ      '--''  l::::::l       ~
             /-''''~   l:::::::l.l      ____'___    ./l:::::::l
                    l:::::::l'ヽ.     l   l   / l:::::::l
                   l:::::::ll  ',,- ,_  ヽ-'  _,-''--,,ll::::::l ~

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 21:07
スレ立て乙〜!!
ここまでにレスしてる香具師の中でホストで引っかかって
スレ立てられなかった人数は少なくとも5人位いると見た。(ソースなし)
実は漏れもなんだけど。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 21:13
↑えねまぐら

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 21:14
スレの更新しなかったせいでとんでもない悲劇が

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 21:31
>>14
どうした?

16 :12:03/09/06 21:51
なんと!漏れがえねまぐらに!!いきなりエニグマな話だw

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 22:00
>>16
ワラタ

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/06 23:46
>>12
はいはい!漏れも!

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 00:44
>>16
ナイタ

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 22:14
enigmaスレもとうとう終わりか。
終わりでもいいか。

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 22:29
いいと思います。
あおりも無し。ネタも無し。また1からの出発ですね。
最後のAGE

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/07 22:30
2ちゃんねらーをボロクソに叩いたクレーマーがHPの疑惑点を指摘され意味不明の言い訳を・・・(w
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1056190021/137


http://muchan.net/bbs/higai2/
最近うちの掲示板に批判文を書いていくソーテック擁護派がウザすぎ。
臭いんだよお前ら2ちゃんねらーは。プンプン臭うんだよ。
生きてる価値のないクズの集まりなんだよ。
いつまでこんな掲示板でオママゴトやってるつもりだ?
どうせお前等全員高校も出てない知障ばかりなんだろ?
2ちゃんねらーがうちの様な高等な掲示板に脚を踏み入れること自体、恐れ多いってこと気づけよこのクソ虫!
二度と来るなよ!

↑知障はテメエだろと小一時間・・・



23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:03
あれー?盛り上がらないねー
今は洒落怖が荒れてるからこっちは大変よい環境なのにねー

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:05
enigmaって何?

25 :477:03/09/08 06:06
「今日午前5時に何もありませんでした」スレで見事に霊視されちまった・・・
何もやる気起きないし、分からんけど死にたい気分だよ

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:07
誰でも当てはまりやすい事象を言ってるだけ

27 :477:03/09/08 06:09
>>26
いや、煙草の銘柄までピタリと当てられた・・・

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:10
適当に言っただけだろ

29 :477:03/09/08 06:12
>>28
JPSなんて適当にいって当たる銘柄じゃないんだよ。

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:13
オレも当てて欲しいなあ

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:14
あなたが自演の主でしたかw

32 :477:03/09/08 06:15
>>30
ズバリ当てられたら生きた心地しないぞ・・・
言いようのない鬱だ

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:16
>>31
何?

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:16
はいはい 自演だろ? わかったわかった
その当てた人すげーなー! これで満足か?

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:17
霊視スレか第六感スレにいきなされ

36 :477:03/09/08 06:18
>>34
別にどうでもいいよ

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:20
あほらしい

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:21
おまいら!7時になっても冷静でいろよスレが立ち早くも祭りの様子を呈してる模様です。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:21
>>37
漏れが透視してやろうか?

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:22
ここも避難所でつか。気持ちのやり場に困ってる人が大勢いらっしゃるようで。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 06:32
はいはい避難民は霊視スレにいってねー

42 ::03/09/08 09:51
あれは、私が高校生位の時(正確な年齢と時期は忘れました)です。
平屋だった我が家に2階が2部屋追加され、階段を挟んで
姉と私の部屋として使用し始めて、暫くしてからのことでした。

いつものように、部屋でごろ寝をしながらマンガを読んでいました。
すると、部屋がカタカタと音を立てて揺れています。
マンガを読むのを中断しましたが、揺れが弱いので安心し
「ん?地震か。 まあ、弱いみたいだし、直ぐ収まるかな」と
楽観的になり、再びマンガを読み始めました。
すると、突然、ゴーっと言う音をたてて揺れが大きくなり
部屋の調度品や、机の上の物がバタバタと倒れて転がりました。


43 ::03/09/08 09:54
続き

「ヤバイ! 崩れる!」と、机の下に潜り込んでやり過ごしていると
揺れは収まりました。
直ぐに横の姉の部屋へ駆け込み、「地震、凄かったな! 大丈夫やった?」と聞いたところ、
姉はキョトンとし、「何言うてんの?揺れてへんで〜」
見ると、姉の部屋には揺れ多様な」形跡は有りません。
不審に思い、自分の部屋に戻ってみると、やはり、
揺れで散乱した物品が・・
階段を下り、煎餅をかじりながらTVを見ている母に
「揺れたよな? 地震凄かったよな??」と問いましたが
やはり、母も揺れを感じていなかったようです。
それどころか、私の部屋の真下に板にも関わらず、
物が倒れる音なども、聞こえていないようでした。

未だに、あれは、何だったのか不思議で仕方有りません。
一体、何だったのでしょう?

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 09:58
うーん
何かの念か呪いか


と、捻ってみた
ただのポルターガイストじゃつまらんレスかなってw

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:10
小さい頃から人間の将来がわかってしまう
最初は妄想だと思っていたが
成人してから数年たった今、それは妄想でないことが次々と具体的にわかってくる

これはネットでもあてはまるか・・・
ためしに私に未来予測をしてもらいたい方いますか
今なら無料で

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:14
>>45
お願いします(*´ー`)

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:16
>>46
右手に気を付けて下さい
右手にケガをする可能性があります
しかし致命傷ではありません
跡が残るでしょう

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:17
>>47
もっといい事無いのかよ!

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:17
こゆのもいいだすかね?

小学校低学年の頃、近所の裏山に友達10人くらいで遊びにいったのね
防空壕とか洞穴とかがあって、探検♪って感じで

んで懐中電灯とかもって洞穴に探検に入ったんだども、
恐がりな奴が一人入らなかったの

で、そいつを無理矢理連れてったんだども、中で泣き叫ぶのね

しょうがないから一旦外に出て、そいつを入り口で待たせて、オラ達は
もう少し探検しちょったんね

10分くらいかな、みんなで出てきたら、そいつの姿が無いの

あれぇ?帰っちゃったのかなぁ?って思って、そいつの家にいったの
そしたらそいつの家、空家になってた

今考えると、引っ越ししたにしても時間的に辻褄合わなくて変だし、
翌日学校行っても、そいつの存在は無くなってるし・・・

でも小さい頃はそういう不条理も、そんなモンかって受け入れてたけど・・・

変だよね?
探検に行った10人みんな今でも覚えてる出来事

50 ::03/09/08 10:18
>44
 例の部屋が、風呂・トイレのほぼ上に位置していますので、
 「ひょっとすると、水神様が騒いだのかな」とか、無理矢理思ってみたりしてました。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:29
>45
激しくスレ違い
よそいってやってね
今朝の祭は終わりましたw

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:33
>49
風の又三郎みたいな子かなー

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 10:47
>>49
そういうことって小さい頃あったような気がする

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 11:19
記憶の引き出しがゴッチャになってるだけじゃないの?

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 13:12
>>51
別にスレ違いじゃないと思うけど…
ネットで将来が分かるなんて不可解じゃん。
私も見てほすぃ…

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 14:15
不思議かどうかわからないんだけど、
私子供の頃の記憶がほぼないんだよね。
あっても夢の中みたいに、自分を自分が眺めている再編成された画像しかない。
それが本当にあったことかもわからない。

正確に記憶できているのは中学生から。それ以前はさっぱり。
まるで唐突に世界に出てきたような感覚を、中学のときに体験してから、
急に周囲の世界と自分を意識できるようになった。

自我の発達が異様に遅かったからかなと思ってる。
でも急に世界が現れたんだよね、、あれはなんだったんだろうか。

57 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/09/08 17:03
>>56
俺は1989年、5歳のころ、その年より以前の記憶が急になくなったことを覚えてる。
なんか奇妙なんだけどさ、記憶が無くなったってことを覚えてるんだよね。

君のと似てる。俺も新しい世界が始まったんだ。
なんかあぶない感じがあするけどwほんとのこと。


58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:13
記憶DISCが抜かれたのさ

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:25
>>29
自分以外でJPS吸ってる香具師初めてみた。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:29
>55
未来が見える人のスレがあります
霊視スレや透視スレも
それ系たくさんあるから鑑定はそちらでやってね
みて欲しいとかもそっちいってね
自演は不思議でも何でもないがねw

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:43
幼稚園の頃の夢で、自分の住んでいるマンションのエレベーターに兄と乗った。
自分が住んでいるのは7階。しかし一向に着く気配がない。不思議に思った自分は
兄に「何でまだ着けへんねやろ?」と聞いた。すると、たった4歳しか離れていない
兄が子供とは思えないような低い声で、私の方を一切見ず「1000階やからまだ着けへん
に決まってるやろ」と言った。

と、ここまでだとただの変な夢で終わるんだけど、そのあとがどうも不可解だった。

気持ち悪い夢見た〜と思いつつ、家族で朝食を食べていると兄が突然「変な夢見た」と。
夢の内容はというと、兄は父と自分の住んでいるマンションのエレベータに乗った。
自分が住んでいるのは7階。7階から乗ったはずなのになかなか1階に着かない。
不思議に思った兄は父に「何でまだ着けへんねやろ?」と聞いた。すると、父は
異常に低い声で「地下1000階に行ってんねんからまだ着けへんに決まってるやろ」
と言った。兄は降りるにつれ徐々にエレベーター内が熱くなるのを感じたらしい。

同じ日に、妙にそっくりな夢を見たのがどうも不可解。たまに思い出しては兄と
一体何やったんやろ〜と不思議がってます。

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 17:53
今年の2月ぐらいの話です。9年前ぐらい(当時15歳)に家を出ている兄。
兄は4年程前ぐらいから親との確執も溶け、1年に数回家に帰ってくるようになった。(電車で約1時間程の距離)

今年の2月の末、その兄が突然帰ってきた。
呑み会の帰りに、降りる駅を寝過ごして実家の方に来てしまったらしい。んで電車が無いので泊めてもらおうと思ったそうだ(笑)
丁度その時は、田舎の爺が危篤で、父が帰郷している時だった。
父の報告は「爺の峠は超えた命に別状はない。その代わり婆が体調を崩して入院した。」との事で、母も自分も帰郷するほどの事はないだろう、と思っていた。

兄には爺の危篤、婆の入院の事は伝わっていなかった。概要をメールに書いては送っておいたが、まだ見てなかったそうだ。
そしてその事を兄に伝えると、兄は「帰るの?」と聞いてきた。
自分と母は「今考えてるけど、帰らなくても大丈夫だと思う。」と答えた。兄は「ふーん」とだけ言い、風呂に入った。

30分ほど経った頃だろうか、兄が風呂から出てきて言い放った。
兄:「今から帰るぞ。今行かないと駄目だ、後悔する。」
俺と母:「は?え?だって夜中だよ?電車もないし、それに峠は超えたんだよ?」
ちなみに夜中の2時頃、そして平日。
兄:「五月蝿い、車があるだろうが。早く準備しろ。帰るぞ。」

一度決めた事を曲げる兄ではない。自分と母はぶつくさ言いながら準備し、田舎へ向けて出発した。(片道約600km)
朝9時だったか10時だったか、婆の病院に到着した時、婆の容態が悪化して人工呼吸器をつけた所だった。
兄と母と自分は、言葉を交わす事は出来なかったが、挨拶をする事ができた。

そして婆はその後すぐに意識を失い、意識が戻る事なく、その日の夜に亡くなった。

兄が戻ってこなければ、帰ろうと言わなければ、婆の死に目に会う事は無かった。
虫の知らせと言うのはこういう事を言うのだろうか…。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 18:28
兄カコイイ

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 19:54
            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )さすがだな兄者
     (*´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /   / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃

65 :FMV:03/09/08 20:08
61の兄者と62の兄者は同じ人なのですか?

66 :61:03/09/08 20:34
別人です・・・私の兄は今も実家に居ます。現在22歳。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/08 21:29
お兄さんはその後も不思議な事を言ったりしますか?
その時だけ?
どうしてわかったのか何か言ってませんでしたか?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 03:20
ブリヂス○ン丸焼けage

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 08:59
>>56
たしかロッドマンも、子供の頃の記憶はほとんど無いらしいがな。
つらくて記憶がぶっ飛んでしまったとか。
>>49
これ変過ぎ。

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:03
>>56>>57
1989年以前の記憶がなくなったのなら納得
あの時期そういう儀式をやったんだよ 国家レベルで
1989年以前の記憶を国民総出で消した
で、90年代からはまた不幸な記憶がうごきはじめたってわけ


71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:13
不思議な夢を見た。
電車にのっている。外は明るい。千尋の乗った電車のようなものだ。
たくさんの人がほがらかにすごしていて笑っている。雰囲気はよい。
その中に小さな女の子がいた。それは小学校の時の恋人だった。
にこにこ笑っている。その時思った。
「あ〜君といっしょにいたかったんだな俺。結婚したいな」
って思った。

夢の中で、一緒に電車にのっていろんなところへ行った。11歳の時の気分がもどったようだった。
実際成人しているが、姿形が小学生であることに気にとめることはなかった。
明るい麦畑や広い野原に行って遊んだが、今考えれば、
その場所はお互いがつき合っていた時代の風景だったかもしれない。

目が覚めるといつものように自分の部屋のベッドの上にいた。
とてもいい気分だ。
そのとき電話が



72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:15
小学生なのに恋人だと〜

( ´_ゝ`)∂ チョットこいや…

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:23
>>71
湯船でうな垂れてろ。

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:24
不可解な体験ねぇ・・・

自身の体験話しをする場で、突然、自分が見た夢の話しをしだす
人がいたんだよねぇ

理解できなかったよ

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:38
996

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:48
>>74
で、内容は?

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 11:54
ひがんでるやつがいるな

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 15:41
内容がナイヨウ。

79 :62:03/09/09 16:29
>>67
> お兄さんはその後も不思議な事を言ったりしますか?その時だけ?

言った訳ではありませんが、一つだけあります。
>>62で亡くなったのは父方の祖母なんですが、
その二ヶ月後に母方の祖父が亡くなっているんです。
その亡くなる前日ぐらいに兄から自分に電話があり「母さんは?」と聞いて来ました。
私:「爺(母方)の容態が悪くなったらしく見舞いに行ってる。なんか用?」
兄:「それならいいや。家に掛けても誰もでなかったからさ。」
私:「あ、そう。。」

こんな感じの会話がありました。これだけだと何の変哲もない会話なんですが、
爺の容態が悪くなった事など連絡してませんし、
兄は面倒が嫌いなので、が電話を掛けてくる事なんて数年に一度あるかないか。。
そして次の日、祖父は亡くなりました。

この事を聞いた時は、別になんとなく電話しただけ、と言ってましたが…。

> どうしてわかったのか何か言ってませんでしたか?

婆(父方)の事は不思議だったので色々と聞きましたが、
5,6年ぐらい帰ってないから今死なれたら困る、成人した俺を見せてない。
爺(父方)は別に心配してない、婆(父方)が心配。(兄も私も婆っ子)
と言うようなことを言ってました。死ぬ事がわかったとは言ってませんでした。

兄の↑のような単純な考え方を考慮した上でも、やはり不思議な出来事です。
兄が家に帰ってきた時点では「婆の容態」は安定していた。
容態が悪化したのは翌朝いきなりなんです。
兄が帰ってこなければ、兄が行くと言わなければ、婆の意識がある時に会えなかった訳なので…。

結局は偶然が折り重なっただけなんでしょうが、
不思議な出来事と言う事で投降してみました。それでは消えます。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 16:33
>>71つづきは?


81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 21:14
>79
そっかー
私も似たようなことがあってね、入院してた父の呼吸が止まったから来てくれと深夜に病院から連絡あったとき
不思議なことはあったけど、電話受けるまで、今のは何だったんだろーなんて
ぼーっと考えてるだけだったから
まさか父に何かあったとは思いつかなかった
昼間見舞いにいったときに大部屋に移されたばっかりだから安定したんだと思ってたし
お兄さんすごいね、私にはわからなかったから……

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/09 22:19
実際殆ど別の夢を見たのに、兄が夢の話を語る中で「エレベーター」とか
幾つかのキーワードが自分の夢と重なった場合

「あ、自分も同じような夢見たな」→「きっと同じ夢を見たに違いない」

って変換されていって、見てもない夢のディティールが出来上がることはありそう。
なんといっても夢なんておぼろげなものだし、ストーリーの細部は覚醒後に補完された
ものであることは多々あるそうだ。

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 12:12
小さいときに私自身が経験した不思議な体験です。
文章書くのが苦手なのでわかり辛かったらごめんなさい。

夕焼けのとき、空だけじゃなくて空気の色自体が赤っぽく見えるコトとかありますよね?
幼いころの私にはそれがすごく不思議で、違う世界に来たような気がしたので、
喜んで庭で遊んでいたんですね。
だんだん暗くなる中、自宅の目の前の山(標高1000m。高さ的には400mくらい)をぼーっと見ていたんですけど
その山の頂上になにか動物がいるのが見えました。
双眼鏡もなにも使っていないのにくっきりと、です。
驚いた私は父親を呼んで
『お父さん!山の上に隣の家の犬がいるよー!』といいました。
そのころの私にとって4本足の動物ですぐ思いつくものといえば隣の家の犬でしたw

父もそのときのコトを覚えていて、今聞いてみたところ、
私の指差したほうを見ても何も見えず、
まさかそんなものが山の上にいるわけはないと私に言ったそうですが、私が余りにしつこく言ってくるので
しかたなく双眼鏡を持ち出して山の上を見ると、そこには1頭のカモシカらしき動物がいたそうです。

山までの距離もそこそこありますし、どんな状態であれ頂上にいる動物が見えることは考えられません。
ものすごく目がよかった覚えもないんですが・・・あれは何だったんでしょうか。



84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 14:14
この後夕焼け色の空気にまつわる不思議話が始まるわけだな。
楽しみだ。

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 14:50
>>83べたべたで悪いけどしし神様かと思われ

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 16:38
>>85
黙れ小僧。

87 :おれも:03/09/10 17:16
>>83べたべたで悪いけど、大角の旦那かと思われ。
>>87黙れペータ。

88 :nunu:03/09/10 18:48
よく見る夢
高い建物のらせんになってる階段を大勢の人が降りているのを一緒になって降りている
地下になりどんどん降りていくとそこに大勢の人がいる
それはダンスホールだったり戦後の闇市だったり様々なのだが
共通はどんどん降りていくと地下に広場があり人がいる
色んな夢は見るけれどこれはしょっちゅう見ます
人の夢なんて聞いても面白くないかもしれないけど・・
ここ読んでたら思わず書いてみたくなった
失礼しました

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 19:06
>夕焼けのとき、空だけじゃなくて空気の色自体が赤っぽく見えるコトとかありますよね?

ない

>しかたなく双眼鏡を持ち出して山の上を見ると、そこには1頭のカモシカらしき動物がいたそうです。

ふつー山を双眼鏡で見ても木がアップで見えるだけ
パパンはしょーがないからカモシカがいるって言ってあげたんだよ。
あなた自身は何か見たのかもしれないけどね。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 19:27
夕焼け色の空気の話まだ?

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 21:33
>>89カモシカはいなくてもカモノハシならいるかもしれないだろ!!

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 21:44
だろう運転じゃなくて
かもしかない運転をしましょう

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 21:51
>>92
かもしれない の間違いでは?

94 :83:03/09/10 21:58
>>89
父は今聞いてもカモシカがいたっていうんですけどね・・・
小さいときの思い出の中でもかなり鮮明に覚えている出来事なので書いてみたんですけど。
そう言い切られてしまうと元も子もないようで寂しいでつ(´・ω・`)

空気赤っぽく見えることないですか??
塵に光が反射して空気も赤く見えると聞いたことがあったのですが。
私の地元だけなんでしょうか?

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 21:58
>>93
かもしれない

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/10 22:17
おまえにはできないかもしかない

97 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/09/10 22:20
>>94
黄砂ってのあるよね。
ゴビ砂漠だかどっかから飛んでくる砂で、空が黄色くなる。

確かそれと同じようなので空が赤くなるのがあったような、ないような。

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 00:11
戻ってこないかもだ

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 00:24
>>94
言いたいことはなんとなくわかる。

ところで質問だけど、カモシカが見えたのは日が沈む前・後どっち?
あと、そのカモシカが見えた山って太陽が沈んだのと同じ方角?

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 00:42
100カモシカ

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 00:50
>>99
カモシカが見えたのは日が沈む前だと思います。
山の方角は南側(ちょっと西寄りかも)です。



102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:11
子供の頃は夢を現実だと思ってしまうんだよ。。

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:12
でも父ちゃんも覚えてる

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:18
とうちゃんも現実じゃない・・・

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:21
家族全員で食事していた。
飯を食ってる部屋の隣にはばあちゃんの部屋がある。
突然、飯も食い終わってないのにばあちゃんが立ち上がり、「来た」とか言って
暗い自分の部屋に歩いて戻ってしまった。
母ちゃんが「おばあちゃんどうしたの?」と声をかけたけど、返事なし。そのすぐ後に
「来るのかーーーー!!」というばあちゃんの絶叫が聞こえて、慌てて部屋に駆け込むと
うずくまった状態でばあちゃんが死んでいた。
トラウマでいまだにその部屋には入れない。

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:23
いわゆる「お迎え」ですね

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:24
死に神が来たのかーーーー!!

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 01:54
寝た後に、ものすごい恐怖感に襲われて目が覚めることがあります。
目が覚めた後、その恐怖感の理由が全くわからないのがまた怖いです。
ただ、背中を擦ったような感覚がかすかに残ってるんです。

で、あるとき何かで、名前忘れたけど、眠りに入った直後に錯覚みたいな
恐怖で目が覚める症候群、みたいなのがあるって読んだんですよ。
確かに、恐怖感で目が覚めてから時計を見るとベッドに入ってから20分
くらいしか経っていないことが多かったので、ああ、医学的にそういうのが
あるんだって納得しました。

109 :108:03/09/11 02:00
それからしばらく経ったある夜、また例の恐怖感に襲われて目が覚め
ました。怖かったけど、これは錯覚だと自分に言い聞かせて、これまでの
ように飛び起きずに、目を閉じたままそのままじっとしていたんです。
そうしたら、ふと、身体が持ち上げられるような感じがした後、突然シーツ
が強く上に(つま先から頭の方向に)引っ張られる感じがしました。起きた
後に残っていた、背中を擦ったような感覚とはこれだったのです。
更に我慢していると、何回も引っ張られるわけですよ。布が擦れる音まで
しているような気がしました。
というか、引っ張られる度に、確かに「ジュルッ」とシーツの擦れる音が
しています。間違えようがなく、確実に何かに引っ張られていると確信し

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 02:04
確信し?

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 02:11
気になる〜w!!!

112 :108:03/09/11 02:46
たすけtw

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 06:18

夕焼け色の空気の話・・・。
私も、5歳くらいのときに、見たことがあります。夕方ではないんですが、夜、寝ていて急に目が覚め、部屋の障子を開けて外を見たら、空気全体が真っ赤だったんですよ。庭の木々は夕暮れ時みたいに黒でシルエットになってました。
まだ子供だった私はそれを異常と思わず、「あ、真夜中の景色ってこんなふうになってるんだ」と納得してそのまま寝てしまったのですが、大人になってから思い返してみると本当に不思議です。
それとも、(夜中の出来事だと思っていましたが)もう時刻は明け方になっていて、朝焼けを見ただけのことだったのでしょうか・・・。
しかし後にTVで、霊現象が起こるときにはオレンジ色の光が見えることがある、とどなたかが言ってらしたのを聞いて、あれは何らかの霊現象だったのかもしれないと思うようになりました。





114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 10:26
自分が見た夢の話は、他人には全く無価値なものだと自覚しましょう。
不可解でも謎でもない。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 10:33
>>74

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 11:51
私も夢なんですが。
ある夜、夢枕に男の人があらわれ、「京都の六波羅蜜寺のとなりは、昔、髑髏(ろくろ)町と
いったんだ。お前はそこに住んでいたんだ。(前世)」といわれました。
「ドクロ(髑髏)と書いて、ろくろ、ね?」となんども復唱している間に目が醒めました。

しばらくこの夢を忘れていたんですが、ある日京都の観光ガイドをみていて、轆轤(ろくろ)町を
偶然、発見。なんと、場所も、夢で教えられたとおり、六波羅蜜寺のとなりでした!
はじめは字が違うや、と思ったのですが、歴史を調べると、むかしこのあたりは風葬地で、
「髑髏町」といわれていたのを、江戸時代になって、あんまりな名前だと、幕府の役人が
轆轤(ろくろ)町、に字を変えたそうです。
つまり、中世までは髑髏(ろくろ)町だったそうです。
…我ながら、ぞっとしました。今でも時折、不思議な体験をしたと思い出します。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 13:05
(トリビアと夢と前世の三題話とは、楽な方法考えたもんだ・・・)Oo。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 13:35
小堺一樹がごきげんよう番組内で話していた幼いころの不思議な記憶。
いつものように近所の神社で仲のいい友達と遊んでいると
いつのまにかそれまでたくさんいた友達が一瞬にして消えたそうだ。
『あれ?』と思いその場にたたずんでいたらまた元のように消えた友達はその場所にいたそうだ。
「みんなどこいってたの?」とわらいながら尋ねると、
「ずっとここにいたよ?なにいってるの?」とまじめな顔で返されたそうだ。
違う世界に一瞬迷い込んでたのかしらね〜とゲストに言われてた。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 15:01
>>116
普通に受け止めればいいとおもうけど

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 18:42
>>118
焼肉ダレのCMむかつくからまたそこ行って帰ってこないで欲しい

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 20:43
>>120 おまいは!! それだけの理由で!!

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 22:34
俺が小学校低学年の頃のある日、母と二人で、どこか遠くの家に行った。真夏の炎
天下、バスを何本も乗り継いで。その家は、郊外と思しき一戸建て住宅地のなかに
あった。そこには知らない一家が住んでいて、そこのお母さんと、うちの母親は知
り合いらしく、居間で仲良さそうに話をしている。その家には三人兄弟の子供たち
がいた。俺は彼らとすごく仲良くなって、家の前の砂利道で日が暮れるまで遊んだ。
いじめられっこで友達のいない俺にとって、この日はすばらしい思い出となった。

後年、母親に、この一家は母とどんな関係があったか、今どこに住んでいてどうし
ているかとたずねた。母はそんな一家のことはまったく知らないという。あれは、
学校ではいじめられ、家では親父にぶん殴られていた俺が作った、妄想だったのだ
ろうか。今でも、あの日のことを思い出すと、とても懐かしくなる。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/11 22:44
じゃあ俺はごきげんようがむかつくから帰ってこないで欲しい

124 :99:03/09/11 23:45
>>101
だったら本当に見えていたのかも。
カモシカがいたところに木が無くて、後ろから太陽の光に照らされていた場合、
影が拡大されてその影を見た可能性がある。
スポットライトの前に立つと、影が大きくなるのと同じ要領で。

なんだか夢のない事言ってすまそ。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 00:10
>>124
影でつか・・・
そういうこともあるんでつねー!
不可解な体験ではなくなってしまったけど、あれは夢じゃないと言ってもらった気がしてうれしいでつ!
ありがd(・∀・)



126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 01:14
>>71
で、続きは?
>>109
で、続きは?


127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 01:20
いまドアの外から「あ け て(開けて)」って声がした。
ドアを開けたら、廊下に飼ってる猫がいたんだよ。
ちょっと考えたんだけど、「ひゅーひゅーひゅー」とか「きゅきゅきゅ」とか、
かんだかい音が3回すると脳内変換されて女の声で「あけて」と聞こえたんだと思う。
猫は偶然だな。

これが、低い音だったら、男の声で「こ!ろ!す!」とか「しね!ぼけ!かす!」
って聞こえるんだろう。
窓も開けてるし冷蔵庫もあるし音源はいくらでもある。
俺は怖くなんかないよ。
みんな、びびbり過ぎなんだよ。

128 :108:03/09/12 01:32
昨夜は途中で切れてしまってすみませんでした。
>>109 の続き書きます。

確実に何かに引っ張られていると確信した私は、ついに我慢できなくなって
思い切って目を開けました。目を開けると、そこはいつもの寝室。
目を開ける前までの異常な状況が嘘のように、何と言うか、普通だったんです。
目を開いた瞬間は、あのシーツと背中が擦れる「ジュルッ」という音が確かに
耳に残っていたような気がしたのですが、それもすぐに消えて、30秒もすると
もう夢だったのか現実だったのかわからなくなりました。

手でシーツの状態を確認すると、特に引っ張られた様子はありませんでした。
ただ、見上げた天井がいつもと少し違って見えました。それに、頭の下に枕が
ありません。手で枕を探すと、それは頭のずっと上の方にありました。
その瞬間、私は、シーツが引っ張られていたのではなくて、自分の身体が頭から
足の方向に真っ直ぐに移動していたことに気付きました。

129 :108:03/09/12 01:47
え!?と思って身を起こした瞬間、恐怖に身体が凍りつきました。
目には見えなかったのですが足に残った生々しい感触は今でも忘れられません。
それまでの間、目が覚めた後もずっと、何者かの手が私の足の裏にそれぞれの掌が
あたる形でぎゅっと掴んでいて、その手が、私が身を起こした瞬間にぱっと離れた
のです。離れるときの感触があるまで、掴まれていたことに全く気が付きません
でした。
その後、明かりを全部つけて調べたのですが、当然ながら部屋は私一人だけ
だったのです。

今思うと、私の身体はあの手によって下へ下へと引っ張られていたとしか
考えられません。それも何回も執拗に。あのままずっと我慢せずに目を閉じた
ままでいたらどこに行っていたのだろうかと考えると、もう怖くてあの部屋
では眠ることができません。

130 :108:03/09/12 01:52
>>129
下から3行目
誤 「あのままずっと我慢せずに」
正 「あのままずっと我慢して」

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 03:17
父方のご先祖様の墓には、毎年お参りに行っていた。
 父には4歳のころ、病気で亡くなった双子の妹がいた(仮に「さとこ」と呼ぶ) 私は物心ついたころから「おまえはさとこにそっくりだなあ」と言われて育った。
父親似だったから、そういうこともあるだろう。
 高校生くらいのころ、父方の伯父の家に先祖の墓を移すとかで、最後のお参りに行ったとき、何を思ったか、
墓の後ろの引き出しというのか、何かを入れておくような(もちろん遺骨を入れるところではない)を、母があけた。
 中には、茶筒が丁寧にビニール袋に包まれて入っていた。 父も母も、お寺さんもなんだかわからなかった。
母が、そのビニールを解いて、茶筒の中身を見たら、それは骨だった。

 「だれかが分骨して入れたんだろう」「でも、誰が?これ、ビニール入りだから新しいでしょうに」「へんだなあ」
などという会話があって、結局、お寺さんに報告をして、だれか親戚筋のものではないかということで、話がつき、
骨を下の方(ほんとに遺骨をまく方)に入れ、あらためて供養をしてもらった。

 数年後、ふと、気になって「あのとき、出てきた骨って、だれのだったの?」と尋ねた。
 母は「ああ、あれね、さとこちゃんの骨だったんだよ。お父さんの養母の人が分骨して入れたんだって」
 しかし、父の養母は、そのときは既に他界していたので、いつ、どういう
タイミングで養母に尋ねたのか、時間が合わないのだった。
 つまり、骨が出てきたとき、すでに養母は他界していたのだ。

 妙に思った私は、「でも、そのときおばーちゃん(養母)死んでたでしょ?」と母に尋ねると、母は「そうだよ。
おまえがおばあちゃんから聞いたって言ってたんじゃないか」と言った。

 私にはそんな覚えはない。
 重ねるように父は「おまえはさとこにそっくりだからなあ」と言った。
 でも、私は断じてそんなこと言った覚えはないんである。

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 04:44

.: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

だれか、>>131の話を時系列にまとめてくれ・・・

133 :71:03/09/12 06:35
彼女は・・だ。

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 06:46
朝っぱらですが、話しを一つ。
これは私の友達の先輩(私とは面識無し)の話しです。
この話しはその友達づてにきいたんだけど、怖いというか不思議な話し
なのでこっちに書きますね。

先輩(女)は十代の頃に中絶した事があった。
それから数年経ち、先輩にも好きな人が出来て結婚する事になった。
程なく先輩のお腹に赤ちゃんがいるって分かったんだ。
旦那は凄く喜んでくれてたんだけど、先輩は嬉しさと悲しみで一杯になったみたい。
こうやって祝福されずに殺めてしまった我が子が過去にいるんだから。
忘れようと思っていた過去だったけど、また子を授かった幸福をきっかけに
毎晩寝る前に中絶した赤ちゃんに手を合わせるようになったんだ。
でも、悲しい事にその時お腹にいた赤ちゃんの方は流産してしまった。


135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 06:48
落ち込む日々を重ねて数年経つとまた先輩は妊娠した。
そんなある夜のこと、眠りについた先輩は息苦しさで目を覚ました。
するとお腹の上に赤ちゃんが乗っている。その時全く怖くはなかったそうで、
逆に生まれて初めて感じるような激しい愛おしさが込み上げてきたそうです。
言葉も出ない先輩は、それでもその赤ちゃんの顔を見ようと暗闇の中目を凝らした。
すると頭の中に声が届いた。「お母さん、悲しいけどお腹の赤ちゃんはまた死んでしまう。
でも悲しまないで。次にまた赤ちゃんが出来た時は元気な子が必ず産まれるよ。」
その声は小さな子供の声だったそうです。その友達に対して先輩は「その赤ちゃんは
中絶した時の子だと思う。私を許してくれるなんて。」と泣いたそうです。

そしてその言葉通りまた流産をした先輩でしたが、今は元気な男の子の母親として頑張っています。

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 10:26
アドレスを入れるところ(http://〜)に不思議な文字が出たことがあるという人はいないでしょうか?

後ろの部分からバックスペースで消していったときに、全部消えて空白になる瞬間に文字が出たことがありました。
「未来は???」と見えたのですが、あれ以降見えたことはありません。

もう一年位前のことになります。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 13:56
>>136みてたHPのアドレスにそういう文が載ってたとか、、?
タイトルとか

138 :136:03/09/12 14:34
>>137
何しろかなり前のことなのでよく覚えていませんが、そういうことなのかもしれませんね。
ときどきその事を思い出し、そしてこのスレを見つけたので書いてみました。
レスどうもでした。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/12 15:12
>>119
レスありがとう。私もそうすることにしています。本当の話なんです。
あれから、前世の自分ってどんな人生を送ったのか、と時折気になりました。
思い出せないですけどね。

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 03:17
http://yukawanet.com/img-box5/img20030912215336.jpg

指が六本ある・・・。
ガクガクブルブル・・・。シチュエーションも意味不明だし、なんか怖いよ。

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 03:21
>>140
なんかPhotoshopぽいな。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 03:30
それだったらいいんだけどね・・・。

なんでポットが沢山あるんだよう・・・

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:17
>>142
レタッチだよこれ。
ポットもよく見れば2〜3個を増殖させただけだし。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:20
>>142
そうなんだよね
他のスレにも貼られてたけどそっちの方が不気味w
なんだろうね?

不可解って言うかなんて言うか、俺もちょっとある
数年前に彼女に振られる時に言われたのが
「私はもうこの娘の中に居られない…さようなら」
だった
その後も再アタックしたが別人のように冷たくあしらわれた
そういう演技なのかなんなのか…
もともと彼女から告白されて付き合った
何かの時に運命の人にやっと会えたみたいな事を言われたが…
いや、そういう振り方なんだろうね

ていうかポット多すぎ

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:24
女心の一番不可解なとこだな。ある意味うらやましいかもしれん。

それにしても、ポット多いなぁー

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:25
>>142
ポットを良く見ると、写ってる角度が全部同じ(左右反転してるだけ)
あと、左手前の湯飲みの奥に写ってるポットなんかは、天井の部分が
もっと見えないとおかしいし、奥のポットは大きすぎる。

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:26
ただ、この編集を行った人物が、何故ポットを大量に貼りたくなったのか
そっちの部分での怖さはある。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:32
おまいら!ポット、ポットってうるせえよw

しかし作ったヤシもなんでポットに、こんなこだわったんだろ?

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:37
このポット不可解だ…
何かのメッセージかも

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:40
ありえない風景なんだよな。それがエニグマ。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 04:51
>>139
気楽にするがいいさ
幽霊だの謎だの云ったって
あなたにあらわれたのはれっきとした人間じゃないか
普通の会話が成り立ってるとおもうよ
ただあいさつが下手みたいね

俺もよく幽霊に会うけど
勝手に部屋入ってくるので怒って追い出します
人間の感情がわかるんですから 連中も人間とかわりありませんよ

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 05:39
>>147
元画像もポットが3つあって「ポット多すぎ!」となった。
さらに増やした。そしてポット以外にも色々増やしてみた。
結果できたのがこの画像ってわけです。

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 06:47
ぁゃιぃ。。。
ttp://purelove2.hp.infoseek.co.jp/haikyo07/koku13.jpg

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 08:02
りっぴ(´Д`;)ハァハァ

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 09:13
ポットは少年のちんこの暗喩なんだよ
あの写真は少女の願望、つまり全裸の少年に囲まれて生活したい、ということを表現したものなんだ

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 11:36
民宿かなんかの朝食風景なんじゃねーの?
だからポット3つあったんじゃねーの?>元画像

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 11:52
>>153
まさに天国への階段だな

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 12:42
>>152
目が三つなら面白かったのに。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 15:42
>>140
まっさきに萌えてしまった漏れは異常でつか? (´Д`;) ハアハア

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 18:11
>>140の元画像らしきもの(一部間違いあり)

http://www.connect-wired.net/2ch-hariita/src/1062775878128.jpg

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/13 18:19
>160
名古屋はええのお

162 :名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 01:18
>>160
ねこぢる・・・・・・。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 01:27
つい最近の話なんだけれど、少しお話させてください四、五日前でしょうか
友人の家に行った時に友人がニヤニヤしながらこれみようぜといって
変なビデオを持ってきました、ラベルははがれかけてぼろぼろだし、見た目にも古臭い
なんか怖かったんですが、止めろともいえず、友人はビデオを再生してしまいました
ビデオには、鏡の前で髪を梳かすところとか、古井戸(?)のようなものと
人の目のアップがうつっていました、私はなんだか怖くなったので友人が止めるのも聞かず
ビデオを止めてしまいました。その後、特にこれと言って異変はないのですが、
ひどく不安ですどうしたらいいでしょうか、、?

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 01:47
>>163
それって聞いたことあるよ。「呪いのビデオ」じゃないか?
やばいよ?

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 05:41
>>163
仲間由紀恵に謝って来い

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 11:04
まだ俺が4〜5歳くらいだったときの話
その日は日曜日だったので朝10時くらいまで寝ていた
さらに2時〜4時くらいまで昼寝していたのでその日の夜はまったく眠くなかった
仕方ないから布団の中でずっとおきているとそのうち朝が来た
だがその朝の来かたが異常だった
本当ならまず空がコバルト色になりその後徐々に明るくなっていくはずが
その日はいきなり外にテレビ局にあるライトが当たったように一気に明るくなり
およそ30秒ぐらいで夜が明けた
その日はまったく眠くなかったし夢を見ていたような感覚もない
あれは一体なんだったんだろう

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 12:29
普通の夜明けじゃん。

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 17:01
いまさっきあった話。

買い物のお釣りの500円玉をキーボードの横に置いて、しばらくネットをしていた。
で、のどが渇いたのでジュースを買いに行くことにした。

しかし、その500円玉がない。
5分くらいキーボードを持ち上げたりして探したが、見つからない。
仕方ないので財布からお金を取り出して、ジュースを買いに行った。

帰ってくると、キーボードの横に500円玉があった。一目でわかるところに。
今家には俺一人。
あれだけ探したのに・・・・。

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 17:10
探し物は最初に探したところから出てくる。
でも最初に探すときには出てこない。
何とかの法則。忘れちゃった。

170 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/09/14 17:24
>>168
よくあることだ。日本ではそれを「ボケ」という。

171 :168:03/09/14 20:12
>>170
よく探したのに、一目でみてわかる場所の硬貨が見つけられないわけないんだが。

帰って部屋に入って一目でわかったからな。

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 20:20
はさみを10分くらい探し続けた後ようやく手に持ってることに気づくようなもんだな

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 20:32
 o-o、
 ('A`) メガネメガネ
 ノ ノ)_

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 20:38
>>168
そんな普通の話を「やべっ不思議な出来事キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 」って
不特定多数の人に発表してしまうお前がenigma


175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 21:55
>>174
でもさ、もし万が一小人さんとかが実在したとしたら…
そうなった場合は>>168は神だな
俺の学説だとボケだな
もしくはプラズマかなんかじゃねぇの

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:00
数年前休み明けで出勤したら、私の担当個所のショウケースのディスプレイが少し変わっていた。
「あれ、昨日来てたよね。階段のショウケースいじってたでしょ。」と3人の人から別々に言われた。
聞いたらちょうど私が家で昼寝している時間だった。
その3人同士は、口裏合わせて私からかうほど互いに親しくはないし、一体彼らは誰を私と間違えたのだろう?
私に似た奴なんかいないのに。
っていうか、うちのショウケース勝手にいじったのは誰なんだ?
しかも休み前にこんなふうにしようと思ってたように。
・・・なんか書けば書くほど生き霊説狙ったネタみたいだな。ネタじゃないのに。
それに私は怖い話は好きでも、生き霊死霊全否定の人なのに。
今となっては真相も聞き出せないし。
結局なんだったんだ?


177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:08
すべての超常現象は「小人さんのしわざ」で説明ができます。
>>176などは典型的なブラウニーの仕事ですね。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:09
>>176
ごめん、それ俺。
その方がいいかな〜と思って。

179 :名無しさん:03/09/14 22:22
ああ、なかなかセンスよかったよ。

180 :168:03/09/14 22:25
>>175
一目でわかる場所にあるものを、どうやって5分間見落とし続けられるんだよ。
ボケだったら、置いた場所を忘れるだろうが。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:31
まぁまぁそうムキにならずに。

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:36
とかく「見落とし」というのはそういうもんだ

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:39
>173
o-o、
('A`)     オジイチャン アタマ アタマー>
ノ ノ)_

184 :168:03/09/14 22:40
もうこれで最後にするけど、ボケってのだけは納得いかん。
置いた場所を覚えてて、そこを探してもなかった。

帰ってくると、やっぱりその場所にあった。
机の上だぞ?500円玉が移動したとしか思えん。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:40
>183
o-o、!?
('A`)
ノ ノ)_

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:43












o-o、
('A`) アタマ アタマ
ノ ノ)_

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 22:49
アメリカ的ギャグだな。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:06
職場での出来事です。
タバコを吸い終えて、廊下まっすぐ進み、
トイレに向かった。
うつむき加減のわたしは、トイレに入っていく、
ベージュのズボンの男の足を見た。
一人でゆっくりしたかったので、嫌だなと思ったが、
私もトイレに入った。

誰もいなかった。

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:15
>>184
まあ、なんだ。
マジレスするとだな。
目で見えていても、脳が認識しなければ見えないってこった。

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:20
「めがね掛けててめがね探すなんてあり得ねーー!!
 視力が悪いんだったら、掛けてるかどうか分かんだろうが!!」

とずっと思ってたよ。





自分がめがねをかけるまでは。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:20
enigmaってどういう意味?

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:23
>>191
もーいやになるな、この質問

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:23
 o-o、
 ('A`) メガネメガネ
 ノ ノ)_



194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:34
>>191
謎って事

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:39
>>191
人に聞く前にまずはネット辞書で調べろと。
過去スレを参照してもいい。
これまで何度も何度も説明されているし。
つうかスレタイにも答えが出ているし、読めば推測着くだろう普通・・・

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/14 23:40
中学生のころ(20年くらい前)、よく面倒を見てくれた理科の先生(男性)が
夢の中に出てきた。なんの変哲もない授業中の風景だった。
起きた時、「変な夢だな」と不思議な気分だったのを覚えている。
で、その日もいつものように登校したわけだけど、なんと、その先生が前夜から
今朝の間に猟銃自殺したと担任教師から説明を受けた。
S先生がオレにお別れを言いに来たのでは?と思ったよ。

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:11
絶対見間違いだとは思うが、ベッドと壁の間20cmぐらいの所に
何か中年のおじさんの顔みたいなものがあった。
チラッと見ただけなんだけど俺の方を凝視してた。

今日は別の部屋で寝ます。

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:22

探すのをやめたとき
見つかることもよくある話で
踊りましょう 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:24
>195
enigmaってなぁに? (・∀・) ニヤニヤ

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:24
>>196
猟奇自殺ってどんなことしたの?

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:34
>>199-200

o-o、
('A`)     オジイチャン アタマ アタマー>
ノ ノ)_

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:38
>>199
猟奇自殺ではなく猟銃で自殺。
当時の新聞にも載ってたよ。



203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:41
>>199→X
>>200→○

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 00:55
さっきからボケばっかり見る気がするのは気のせい?

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:01
あなたがボケてるんでしょう。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:04
失礼な。人のことをボケ呼ばわりしないでください。
ところでさっきからボケばっかり見る気がするのは気のせい?

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:10
猟銃自殺といえばタイムショックだけど
その息子が自殺した親父と別れるとき脚が消えて見えたって言ってた。
鬼気迫ってた。
あ〜Eキモチ〜って歌ってたアイドルも自殺してた。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:43
猟奇自殺って見えたんだもん。

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 01:45
猟奇自殺といえば自分の頭を電動ドリルで刺し30個だかの穴を開けて
死んだってのを思い出したよ。これが猟奇自殺か。

210 : :03/09/15 01:48
ガイシュツかもしれないけど、劇場版・呪怨のDVDに入ってる
伊東美咲のインタビューの時に窓に一瞬映る手はヤラセなの?それとも偶然??

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 02:10
うp

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 02:22
伊東美咲と言えば鼻フックで有名。フック船長ってのがいたなぁ。
キャプテンフックか

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 02:27
>>199
うるせーな、スタンドだよスタンド

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 03:15
つい先日なんだけどね
ウチはエアコンが無くてさ、俺は暑い夜は窓開けっ放しで寝るんだけど
こないだの夜寝ようとしてたら窓とは反対側の引き戸がカタカタ揺れてんの
でも、それは窓から風が入ってくるからなんだけどね
そんな感じで気にもせずに眠りにつこうかと思ったとき何か寒気を感じたの
しばらく我慢してたらその風(?)は吹き止んだ
あ、そういや今日は涼しいから窓しめた方がイイかなとか思って、ハッとなった
「…俺、風呂はいる前に窓しめたじゃん…」
すぐに起きて窓を見ると、閉まってるしカギもかけてある…
そいで、その寒気みたいなのは風みたいに俺の身体を抜けてったんだけど、
身体のその部分を触るとひんやりしてるの…
丁度そのひんやりした部分の延長線上に引き戸があってカタカタしてた…
なんだったんだろうね
スタンドかな〜
あの妙な寒気は忘れられない…

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 09:42
>>214
立て付けの悪い窓ですね。
隙間風も入ってくるようですし。

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 11:46
>>215
ちゃかしなら別のスレに行ってね。
誰もお前を必要としてないし。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 12:32
>>216
>>216

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 14:50
これくらいの煽りで反応するくらいならネタ書き込まなきゃいいのに
自由帳にでも書いてなよ

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 17:39
o-o、 ゴルァ!!
('A`)  ワシのメガネどこに隠したんじゃぁぁあぁぁ
ノ )ノ)   犯人わかっとるんやどー
< <    大概にせーよー!!!

220 :214:03/09/15 18:44
>>215
それだったらいいんだけどねw
なんていうか冷凍庫の中みたいな乾燥した冷気な感じの風だった

>>218
とりあえず今度からは自由帳に書くよ


221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 18:54
>>218
ネタもないクズが言う台詞か。

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 19:01
>>220=>>221
後からじわじわと悔しくなって負け犬の遠吠えしちゃいましたw

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 19:18
まぁまぁ2chにもうちょっと慣れれば悔しいとも思わなくなるよ。
今度からは悔しくても我慢しようね。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 20:22
↓次のスタンド話ドゾー

225 :214:03/09/15 21:16
>>223
悔しくないよ〜
このスレは反応早くて面白いねw

川沿いの竹藪に囲まれた畑で変なモンに遭遇の回へ続く
あ、スタンド系かも

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 21:19
>>224
最近、悪霊が取りついてんだよね。
気がついたら、物増えてるしさー
あまりにヤバイと思って、自ら留置所に入ったんだけど、アメリカからジジイが来て
悪霊の正体を教えてやるとか言ってんの。
笑っちまうよなw
お付きの人かなんか知らねーが、なんだよマジシャンって?
カメラ壊すわ、星がどうとか、あげくの果てにエジプト旅行だとよ・・・
お気楽なヤツはいいよな。

まあ、ネタと思って読んでくれりゃいいけどよ・・・

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 21:26
ま た ネ タ か ・・・

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 21:44
>224
実家から、電気スタンドを送ってきた。
ワレモノなのに、ふろしきに包んであっただけで、
しかも中身は半分見えてるし、俺が宅配業者に注意されたよ。
っていうか届け先にいちゃもんつけんなよ。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 22:46
>>224
こないだ、給油がてら寄ったスタンドで、奇妙なもんを見ちまった。
俺が給油終了までマターリ車内で待ってたら、
隣にきたクラウンのオヤジが……とんでもねぇことを始めやがるんだ。
ウィンドウ全開で「ハイオク満タン!」
そう叫んだと思った次の瞬間!!
クラウンはトランクを開けやがったッ!

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 22:49
>>229
コントですな

231 :う&rlo;こん&lro;:03/09/15 23:19
会社で使うリフトのためにトランクにポリ容器入れて
ガソリンスタンドで同じような事した覚えがあるな。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/15 23:35
>>226二番煎じめ

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 01:40
>>225
>このスレは反応早くて面白いねw

めっちゃ悔しがってrなぁw

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 01:44
>>233
なんでそんなに急いでタイプしたのか知らんが。

で、別に笑い話は求めてないんだけどなあ。
誰か不思議な話キボン。

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 01:54
まぁまぁ2chにもうちょっと慣れれば悔しいとも思わなくなるよ。
今度からは悔しくても我慢しようね。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 01:56
馬鹿が釣れるスレはここでつか?

237 :あ&rlo;すぬ&lro;:03/09/16 02:10
ageてるの一人だけだから分かりやすいなw

余所のスレで煽られたのか?泣いていいんだぞ(  ゚,_ゝ゚)/

238 :214 ◆5FDtpcQCdE :03/09/16 03:32
うわぁ、なぜ俺のどうでもイイ書き込みに偽物とか出てるんだw
不可解だ
スタンド?
ちなみに>>214>>220は俺
あとは知らん


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 05:55
どうでもいいとか言ってる割にはトリップなんかつけちゃって自分のプライドだけは守りたくて仕方ないんだね

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 06:04
>239 turareteruzo!

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 10:21
>>239
サゲを覚えたんだね。もう来なくていいよ。

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 12:36
おまえら必死だなぁ〜。何時間も経ってるのにまだ煽りあいしてるw
仕事はどうしたの?って感じ。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 15:15
>の?って感じ

((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 16:49
>>242がいいことを言った!!

>おまえら必死だなぁ〜。何時間も経ってるのにまだ煽りあいしてるw
                                  ~~~~~~~~~~~
「あいしてる」
そう、愛してる
みんなを愛してるから罵りあうのは止めろ
仲良くやろうってことだよ
みんなでスタンド話に花を咲かせようぜ
わかったかこのクズ野郎ども

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 17:12
↓次の幽波紋話ドゾー

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 17:24
菓子パン買うと具が少ないのは不可解な話かな?
運の問題なんだろうけど、こういうのって何かあるような気がする
カレーパンとあんパンで明らかに具が少ないことがあった
不公平とかそういうんじゃない
もちろん単に怒ってる訳じゃない
偶然は偶然なんだろうけど俺は不可解だ
だってカレーパン食べてるのに半分まで食い進んでもカレーが出てこないなんてアリ?
あんパンもそうだった
些細なことなんだが何か負の力が働いてると取ることもできる
今でも菓子パンを買うときはドキドキものだよ
他にも高校生の時に売店で買った蒸しパンに虫(蛾)が混入していた
これが、小学生の頃だったらと思うとゾッとする
絶対に虐められてたよ、虫パン野郎とか言われてね
ちなみに、オニギリではこういった事態は起こったことはない

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 18:05
もう終わりにしよう、なぁ。
こんな言葉から、あの事件は始まった。

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 18:24
>>246
蒸しパンだけに虫パンだったとは。
考えようによってはスゲーおいしい奴だな

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 18:46
今からお前は虫パン野郎だ

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 20:28
幼稚園のころ、台所においてあったパンを食べた。
上にレーズンが乗っていて、それだけ食べたが味がしなかった。
母親が来て「あれここにあったパンは?ハエが入ってたから、
返品しようと思ったのに」と

食っちまったよ・・・ハエ

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 20:30
虐めだ!

252 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/09/16 20:38
>>250
ご愁傷様(苦笑)

253 :メージロウ ◆n3VYsMSBOQ :03/09/16 20:45
ハエ=レーズン似?
NO〜NO〜
ハエ≠レーズン似
OK?

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 21:03
つまらんコテは消えろ

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 22:25
こないだガソリンスタンドで食パンを一斤貰った
家に帰る途中、ふと思い出して彼女を公園へ呼び出した
公園のベンチに食パンを置いて彼女に見せて
「野良猫みたいだよね」といってみた
彼女の反応は「…ん〜、見えなくもないけど、どっちかって言うとパンに見えるわ」だった
パンは美味しかった
この夕暮れの食パンは猫に見えるって話は何処で見たのかが思い出せない
でも俺には夕日を浴びた食パンは赤猫に見えない事もなかったので良かった

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 22:28
>>255
微妙に意味がわかりません

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 22:37
>>252-254の流れがワラタ

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/16 22:48
>>253きもい

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 00:00
>>255
ブラックジョーク

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 00:17
そう言えば己も虫らしきものを食べたことがある。

小学校のころ、ポッキーを食べながらふと手を見ると、
手のひらの上に茶色いものがあった。
「チョコが増えたのか」と無意識に思って(この辺の思考が我ながら不可解)口に入れた。
噛み潰すと、砂利みたいな味が口に広がったのであわてて吐き出した。
その時は、寄りかかっていた土色の壁が崩れて手に落ちたんだろうと思ったが、
何年かたってそのときのことを思い出したとき、そんな簡単に壁が崩れるわけがないという
当たり前の事実に突然気がついた。
そう言えばその年は茶色の甲虫が大量発生したことがあったから、己が食べたのは
あの虫なんだろう。

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 01:36
作家の綾辻行人はゴキブリを食ったことがあるらしいよ

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 03:05
一人称が己ってのはなんかいい。

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 04:24
虫たべた ・゜゜(ゝll゚Д゚)ゝうあぁぁあ!!!

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 04:31
・゜゜(ゝlll゚Д゚)ゝうあぁぁあ!!!

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 10:29
>255
猫かと思ってよく見りゃパン…しかも一斤。

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 13:08
言われてみれば猫っぽいかも…と、思いスーパーに行ってみた
パン売り場で見るまでは、フランスパンの方がより猫っぽいんじゃないか?
とか思ってたけど、実際に見比べると、食パン一斤の方が全然猫っぽかった
間違っても見間違えることは無いだろうけど、フォルムは猫だね
それよりガソリンスタンドでパンのくだりが不可解と言えば不可解
でも、ペット禁止な人にはいいかも
夕暮れの公園でなでると気分でそう

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 15:00
ふと気付くと右手首に切り傷が付いている。
大した傷じゃないけどもう5個目。

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 15:27
ヒッキー板じゃないの?なんでここに?

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 17:48
>>267
利き腕が右なら不可解
そうでないならヒッキー

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 18:48
右利きだし、ヒッキーじゃないよ。
今週いっぱいまで夏休みだけど。
部屋が散らかってるから寝てる間に何かで切ってるんかも。
でも何故か右手首だけなんだよね。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 18:55
うちの方にもあった、パン一斤くれるガススタ。
たまに変わったものくれるとこあるよね。
ドーナツとか。
猫に・・・見えるのか〜
あとでよく見てみよう。

272 : :03/09/17 20:46
さっき風呂に入って気づいたんだけど右乳首の横からへそにかけて
スパッと刃物か何かで切られたような長い傷跡が1本だけある。
うっすらかさぶたができて治りかけてるんだけど何だろ?

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 21:43
知るかよ・・・どっか引っ掛けたんだろ・・・
そんなもん不可解でも何でもねえよ・・・

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 22:33
>>273何だその歯切れの悪さは

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/17 22:49
>>273=犯人

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 02:55
不可解だ、来年には貯金が底をつく…
それよりもパンが貰える不可解なGS情報をもとみたい

>>270
夢遊病とか、意識と無意識の狭間に、自信の持つ自傷願望のようなものが現れてるのかもね
あとは身の回りに何かあるんじゃないのかな?
俺はベッド脇にグラスを置いておいたら寝てるウチに割ってしまったことがある
気付かずに2晩ほどそのままだったけど、幸いケガはしなかった
きっとそんな感じじゃないの
あ、なんか宇宙人みたいなのに切られてるのかも

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 10:46
>>270
羽根枕で寝てない?
羽根が飛び出して切り傷が出来る場合あり。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 12:02
>>277
なんかワラタ

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 14:52
>>270
足にごつい布団針が刺さってたことならある。

280 ::03/09/18 22:18
>>277
俺はシャーペンと寝て、背中を傷だらけにしたことならある。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 22:45
>>280シャーペンで尿道オナニーとはおめでてえなおまえさん

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 23:08
足からごつい血管針だしたことならある。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/18 23:12
両手を逆方向に回して巨大な風の渦を作ったことなら何度か。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 07:48
文房具板から騙されて来ました
どこがカラス口の情報よ?画材の名前だっつーの!!

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 09:45
お手元の烏口

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 22:21
ぜんぜんたいしたこと無いけど。一年位前一人暮らしで熱帯魚飼ってたんだが、上部ろ過装置(ポンプで水槽の上のろ過装置に水を上げるやつね)
の管が無くなってんだよね。吸い込みの方は残ってたから吸い込んだ水がただ水槽から出ずに戻ってるだけの状態になってんだよ。ちょっと分かりにくいかな?
まあ、単純に部品が無くなってるってことなんだけど。それって絶対に自然になるもんじゃないし、部屋中探しても無いし、パニクったよ。部屋はかぎ掛けてるし
侵入者の形跡はないし。夢遊病かと思ったけど朝出かけるときには絶対異常なかった筈だし。
怖いから自分の中では何もなかったことにしてるんだけど・・・。今だに気になるよ。
まあそれ以外特に変わったこと無かったからもういいんだけどね。

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 23:20
金魚は無事でしたか?

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 23:28
ああ水槽でいえば小学校の時学校でめだかを飼ってたんだけど
夏のある日のこと連続して朝学校に来るとめだかがからからに乾いて
死んでるっていうのがおきてたんですよ。で不審に思ってめだか見てたら
突然チャポンとめだかが飛び跳ねて水槽から飛んできた。
どうやら死因は自殺、、だったようで。
めだかがあんなに高くジャンプするなんてちょっと不思議でした。
でもめだかが自殺することなんてあるのかな、、?

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 23:47
いや、普通だろ
うちでも同じことがあった
夜中飼ってるめだかが鉢を飛び出してあぼーん
自殺する意思なんかはない

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/19 23:53
>>288
ウチの金魚もそれやってたよ。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 00:47
外の世界を見たかっただけ

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 01:44
いや メダカだって飛べるんだって 証明したかったんだよ きっと・・・

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 14:57
>>246
菓子パンで負の力っていう発想が凄い。
十点差し上げる。

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 15:24
>>246
漏れ、シーチキンパンで具が無かった事あったぞ

財布の中の最後の60円で買ったパンだったからすごく悲しかった

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 15:37
魚が水槽から飛び出して自殺。
アメリの世界ですね。

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 16:22
>>294現物送って製造元に文句言えば段ボールいっぱいのパンに変わるところだったのに、おしいことしたな

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/20 16:27
>>296
その金もなかったものと思われ

298 :パン工場バイト:03/09/20 22:04
>>246
ごめん、それ俺だわ。
実はアレって手で包んでて、包み忘れたヤツなんかは
網に乗せる時外すんだけど。

こないだ眠かったからあまり確認せずに流しちゃったよ。

299 :246:03/09/21 04:31
>>298
キミか…
とりあえず不可解な謎は理不尽な怒りに変わった
後から嘘でしたって言ってももうだめぽ

夜寝てるときに足音が聞こえたら目を開けちゃ駄目だよ…
それとお寿司屋さんでイクラを頼んじゃ駄目
どうなっても知らないよ
これはマジかも
いいね、イクラは駄目だよ

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 05:14
サンビャク!(・∀・) b

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 13:15
>>299 いくらなんでもそりゃ可愛そうだ。

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 16:02
>>299
やりすぎ

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 18:28
>>299
謝っているんだから、許してやれよ。

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 18:34
なんでイクラなのか気になるなー

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 18:42
猫かと思ってよく見りゃパン。しかも一斤、一斤!


・・・特撮のケテルビー?

306 : :03/09/22 03:59
    ┏━━━ / |━━━━━┓
    ┗┳┳━ |_| ━━━┳┳┛
      ┃┃ /  ヽ     ┃┃
    ┏┻┻ |======| ━━┻┻┓
    ┗┳┳ ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)     ┃┃Ш
    .|| ┃┃ (/)     ┃┃.||
  ∧_∧   (/) ∧_∧  ∧ ∧
  ( ・∀・)  (/)(´∀` )  (゚Д゚ )  面白い話が聞けますように
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ ) ⊂  ⊃
  |_|_|_I(/)_|_|_|__|  |
  /////ノ,,,,,,ヽ ////||  |〜
////////////  |∪∪
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|        奉  納        |



307 : :03/09/22 04:46
               ∧         ∧
             / ヽ        ./ .ヽ     
             /   `、     /   ヽ    
           /       ̄ ̄ ̄ ||||| \
     .       l  -===-    -===-  |       
..━━━━━━━|   |||||   ノ        .|━━━━━━━━ 
  ミッ       |     <           .|
    ャッ     ヽ     __ノ       /
      ウチ    \            / 


308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 14:43
>297
>その金もなかったものと思われ

クレーム品は着払いで送っていいんじゃない? て、スレ違い。

309 : :03/09/22 15:03
アパートの1階に住んでるんだけど、一週間ほど前の朝5時に
「コンコン・・・コンコン・・・」てベランダの外側から窓ガラスを叩く音が聞こえて
目が覚めたのよ。目が覚めてからも暫く聴こえてて嫁を起こそうと思ったけど
大鼾でグッスリ寝てるから、静かに起き上がってカーテン開けたけど何も無いし
音も止んだのよ。風もないし何だろ?って思いながら外の様子を伺っていたら、
お隣さんの窓ガラスをコンコンッって叩く音が聞こえてきた訳よ。お隣さんも
気づいたらしく、窓ガラスを開けて確認して妙な現象って事で一言二言会話してる様子だった。

1階だけど道路から2メートル高い所にあるし、ベランダには日除けの大きな簾(すだれ)
が立てかけてあるから投石や、長いモノで突っつく事は出来ない。
今だに何だったのか謎。


310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 15:10
台風の影響だろ

311 : :03/09/22 16:21
カラスだ

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 16:31
ごめん、ちょっとウンコ漏れそうだったんだ

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 21:21
ごめん。ピンポンダッシュがはやってたんだ、、、

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/22 23:44
みんな間違えてるけどさ、”今だに”じゃなくて、”未だに”だよ。
俺のIMEじゃあ、候補には出てこない。


315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 00:58
今から18年位前だが、まだ大学生だった頃、7-11で深夜のバイトしてた。
当時、そこは深夜でもバイトが一人だけしか入っていなかった。
いつも朝5時頃に本が入荷して来るんだけど。
その日も梱包してる紐をカッターナイフで切って並べてたのさ。
お客さんが一人入って来たから、開梱中の本の横にカッターを置いてレジに戻った。
そのお客さんが出て行った後、戻ってみるとカッターが見当たらない。
いくら探しても見つからないから、仕方なく鋏を持って来て並べた。
珍しくその日はお客さんが来なくて、しばらく店内を清掃してたら、あった。
カッターが。
本棚から3m程離れた酒の棚に。
本棚には俺以外近づいた人はいなかったのに、何故?



316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 02:01
>>314
今だにんじんをかじれ!
今だにがそこに・・・
今だにゃあて(今じゃないよという意味の名古屋弁)

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 03:19
猫って恩返しするのな
今から5

318 :疾風怒濤のあげ:03/09/23 04:45


「本棚の中には何がある?」


「本だな」

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 04:50
神棚の中には誰がいる?

神だなw

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 04:55
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 05:01
「この帽子はドイツんだい?」

「ttp://user.tninet.se/~prv247p/hatt/hatten.swf

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 06:22
いまちょうど金縛りって奴にあいました
約一分くらい体を動かそうと金縛りと格闘していたら
なんだか目の端に指のようなものが見えましたもちろん自分のじゃないですよ
でもそんなことより金縛りとの戦いに忙しくってそれを無視してました
まあなんだかゆっくり首に近づいてきている気がしましたが無視しました
そしたら一瞬指を動かせたので全力を持って体を起こしました
そうですかな縛りに勝てたのです ちょっとうれしかった
あと 指の正体ですけど枕のファスナー引っ張るとこでした 
あれを至近距離で見るとぼやけてきて指に見えるので皆さんもお試しください


323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 06:46
>>322
ファスナー(;゚Д゚)

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 10:05
>>315
深夜って店内じゃなく奥の事務所や冷蔵庫なんかでも仕事するだろ?
その間数回客が入ってきて、何も買わずに帰った。315はそれに気づかなかった。
その客のうちの誰かがやったんじゃないかな。

もしくは315自身がそこに置いた。
「ここに置いたはず」って思い込みは、たとえ勘違いであろうと思えば思うほど
強い確信に変わってしまうもんだよ。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 11:12
いちいち思い込み説を披露しに来る奴はなんなんだ?
心理学か何かの板に行けよ。

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 11:15
思考停止で妄信的に思い込み説を否定する香具師はなんなんだ?
オカ板より病院逝けよ。

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 12:46

         =≡=
          /
        〆          . .∈≡∋∧_∧
         ||  γ ⌒ヽヽコノ   ||   ( ・∀・) マ、オチャデモ
         || .|   |::: ..〓  .||  ( ∪ ⊃  
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\ と_)__)  旦 




328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:11
10年以上前のことなんだけど
当時三鷹から原宿まで通っていました。
原宿には10:00頃に着くように
ある朝、いつものTV番組を見ながら支度して
いつも通り駅に向かい9:20頃に電車に乗りました。
そしていつも通り原宿に着いたのですが、
何故か11:00でした。
いくら考えても納得いかないんですが・・・
ちなみにラッシュ時、新宿-原宿間数駅の間に寝てしまう
ということは考えられません。
一時間、どうしたんでしょう?


329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:11
>>327
謎なほどに可愛すぎ。

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:25
>>328
思い込みです。
実際は10:20頃に出発していただけです。

いつものテレビ番組を見ていた、というのは記憶の混濁です。
10年以上前でしょう?「何故か時間に遅れた」という事実だけが鮮明に残り
それを構築するために知らず後付けの背景を作ってしまったのです。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:28
>>330
おまえの話はくだらん!

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:31
くだらんっつーかそんなことありえんのかよ。

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:33
謎の現象などない!って言って、説明したら、説明の方が謎だったという…

334 :333:03/09/23 13:40
あ、そうかわかった
なるほど
馬鹿だったわ俺

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:42
>>334
お前、333じゃない。

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:44
>>334
ティムポの皮で首吊って死ね。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 13:47
俺が体験した不思議な出来事

当時俺は入社一年目のサラリーマン 毎朝早く起き、都内にある会社まで電車で通勤していた。
アパートで一人暮らしだった俺は 寂しさのせいもあり猫を買っていた いわゆる普通の雑種である

その猫というのはたまたま公園で妹と散歩していた時のこと ダンボールに捨てられていた子猫
とても迷ったが、可愛そうに思った俺は引き取って育てる と決めた。

とてもおとなしい猫で滅多に鳴くことがなかった 餌の催促の時でさえ 近寄ってじっとしてるくらい。
だが別に猫にも性格があるんだな と思って 特に不思議な感じはしなかった。

いつもの朝 俺は寝坊してしまい あわてて支度 
せわしない朝にもかかわらず 猫にも餌をやって いざ 出勤 とゆう時、

猫が俺にむかって 鳴き始めた

続く


338 :333:03/09/23 13:54
なんで俺なんかの自演が出るんだろう…

339 :337:03/09/23 14:13

続き

その猫が 突然 俺に 話しかけたのだ。



  「や ら に ゃ い か ?」



その日から、誰にも言えない、2人だけの

背徳の日々が 始まったのだった-----

340 :328:03/09/23 14:18
>330
ん〜。当時っつーかその日からずっと不思議だったんだけどなぁ。
周りの香具師にも言っていたし。
三鷹駅でも時計確認してるんだよね。
ま、どっかで寝てしまったんだろうということに
しようとしているんだけどね。でもつじつまが合わない。

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 14:19
>>338
思い込みどうこうって煩いゴミが
「僕の説が正しいんだ!!分からせてやるハァハァ。」
といいつつ、否定した人の自演をしただけ。

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 14:56
どーでもいいが・・・
自演 の使い方間違えてるぞ

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 15:06
>>342
そう、今気付いたんだよね。
厨臭さが溢れてるし。
樹海に逝って来るね。

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 15:14
思い込み説語ってるやつもそれを否定するやつも
押し付けがましかったり度がすぎるとウザイ。ほどほどにしる!

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 15:22
>>342
他作自演というのもあると思ってるんだろう。

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 16:28
だいぶ前の出来事です。
友達に借りたテープに録音されていたラジオ番組を聞き終わり、いちいち停止ボタン押すの面倒だからと、
テープが再生し終わって停止するまで放っておこうと思ったんです。
しばらく無音だったんですが、突然波が打ち寄せる音と共に、抑揚のない男の人の声で


「海に浮かんでいるものでしりとりをしてみよう」


と言う声が聞こえてきました。
僕が
「?」
と思っていると、小さな女の子の声で



「人間」



とつぶやくのが聞こえたと思った瞬間、
バチーン!
と停止ボタンが跳ね上がりました。
あの時ほどビビったことは無かったですよ、って不思議なことを話すつもりが恐怖体験話してますね、僕(汗)。
まあ、これが僕が生きてきた中で一番不思議でビビった出来事です。
ちなみにテープは、この時伸びてしまって二度と聞けなくなりました。
このこと友達に話すと
「借りたテープ駄目にした言い訳だろ」
って言われますがマジ体験なんですよねぇ・・・。

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 16:41
しりとり一回もできねーのかYO

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 16:47
ほんとは人魚姫っていいたかったけどテープが尽きちゃったのさ

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 17:43
>>337 です 続き

おかしいな どっか体の具合でも悪いのかな?ッと思った
あまりにすごい表情で鳴くもんだから 妹に預けることにした 
会社には1時間遅れます と連絡を入れ 猫を妹宅に預けた

9時過ぎくらいに丸の内線に乗る
なんか騒がしい なんだろ?

日比谷線が止まってる・・ 人身だろうか
あたふた してると 携帯電話が鳴った

同僚「おい おまえ だいじょうぶか??」
すごい慌て様に戸惑った 
同僚「なにか化学物質がまかれたらしい 大変な騒ぎだぞ!」

そう それは95年3月20日 サリン事件の日だった





350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 17:46
>>346

ニンゲンかよw!

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 18:53
>>340
>>341

もうちょっと時間空ければよかったのにね・・・
激情に任せてしまうところが厨なんだな

352 :328:03/09/23 19:42
>351
言ってる意味がでんでん分かりません。
ん?341は漏れじゃないよ。

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 19:57
いや、きみたち、突っ込むべきは>>337 >>349の時間の空き杉だろう

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 20:10
夏休みはとっくに終わったというのに自分のネタになにか説明レスがつくと
過剰に反応する妄想家の多いこと多いこと

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 21:45
それを相手にする馬鹿も多いな

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 22:05
つまりこのスレ自体が、終 わ ら な い 夏 休 み ということですな。


357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 22:27
終わらない夏休みは地獄だろうなあ、、
終わらないフリーター生活も地獄
終わらない受験、、、


358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 22:29
動画じゃないのに確かに動く画像。マジ怖いよ。

http://www.gazo-box.com/wara/img-box/img20030920000249.jpg

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 22:47
怖くはない。

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 22:53
会社の先輩から聞いた話。
そこの支店は漏れも昔働いてたことがある。
今は転勤したけどね。

夜(時間不明)、その先輩ともう一人、残業してたそうな。
んで、もう遅いからって帰ろうとしたら、他の人の机の上のポケベルが
鳴り出した。
(その当時は携帯も普及してなくて、皆ベルだった)
急に鳴るもんだからびびったそうな。
しかし、本当にびびるのはその後だった。

鳴ってるベルのスイッチを消したところ、他の机にあるベルが鳴り出した。
またベルを消す。するとまた他のベルが鳴り出すの繰り返し。
最後はベルの音が二人だけのオフィスの中をグルグル回りながら鳴り響いてたそうな。

当然二人は電気も消さず速攻で帰ったそうだ。

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 23:21
会社で持たされるポケベルは、続き番号だったんじゃないの?

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 23:23
>>360
その二人、相当嫌われてたんだね。

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 23:33
>>346
ライオンキング撮ってたビデオテープがデッキに入れたらキキキとか
いってたかしてブチンと切れちゃった。
7年使ってるがテープ切れたのはこれしかない。
ライオンキングの呪い!?

364 :360:03/09/23 23:34
もう一丁!
同じ支店にて。

もう夜中と言っていい時間帯、一人で残業してた人がいた。
するとなんか声が聞こえるんだって。
事務所には一人しかいないはず。
ラジオもテレビも無いし、空耳かと思ったけどよ〜く聞いてみると
「オーイ」って呼んでる声が聞こえる。

「!!」

何処から聞こえるのか耳を澄ませると、すぐ後ろにある神棚からだった。

やはり速攻で帰りましたとさ。


365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 23:37
>>363
ヘッドクリーニングしなきゃだめだよ。

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/23 23:41
ディズニーの呪い

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 00:12
今金縛りにあいましたカキコ
一昨日仕事終わって飲んでて知らないおばちゃんがなついてきたんです
なんかスピリチュアルなこと言うなと思い観ながら話聴いてたら
気に当てられちゃったみたいでさっきまで風邪引いたみたいになって寝込んでました
んで、横になってたらラップ音とか聞こえてきたりして
最後には部屋の外から何か来る気配がしたところで
『キュィィィーーーン』とかいう音が頭の中で鳴りながら金縛りでした
3分くらいだったかな

368 :367:03/09/24 00:19
観ながらっていうのは『気を観ながら』ってことです
知らない人の墓参りまでついでにやっちゃうからいろいろ憑いて来て困っちゃう
みたいな内容でした

『キュィィィーーーン』ってのはちゃんとした表現じゃありません
表現不可能な音だけど一番近いと思って使いました
あと、音と一緒に全身がゾワゾワ〜ってなりました
金縛りは何回かあるけど初めてです

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 00:20
先々週の話なんですが
トイレに入ってたら窓の外から「ピーッピーッピーッ」という電子音がしてたんです。
「何の音だろ?」って思ったけど、たいして気にもせずにいたんですよ。
2日くらいして廊下の窓を開けてたらまた「ピーッピーッピーッ」って聞こえてきて
隣の部屋にいた姉ちゃんに「あの音前からしてないか?」って聞いたら
「そういえば最近ずっと鳴ってるね、隣の庭からじゃない?」との返事。
隣には子供がいるし、オモチャでも落ちてるんだろうと思ってその時は納得。
次の日出掛けようとしたらまた聞こえてきたもんだから、ちょっと探してみようと
音のする方に近づいていったら急に聞こえなくなった。
あれ?おかしいなと思って玄関に戻ったら、また聞こえる。
もう一度近づこうとすると、音が消える。
変だな〜と思いつつも、まぁ偶然だろうと思って外出。
窓を閉めてると聞こえないから夜は全然気付かなかったんだけど
朝、窓を開けたらやっぱり聞こえてくる。

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 00:21
続き
おかんに聞いてみたら「音のする場所が移動してる」なんて言うもんだから
気になって庭に出てみると、最初は隣の庭から聞こえてた音が
確かに今は隣の隣の庭にまで(10m程)移動している。
野良犬でもいて咥えて移動したのか?と思いつつ
音に近づいていったら、やっぱり聞こえなくなるんですよ。
しかも「ピーッピーッピーッ」から「ピピーッピピーッピピーッ」って早くなって消える。
その場で待ってると全然鳴らないけど、離れるとまた鳴り始める。
で、近づくと音が早くなって消える。
その家は今は無人状態で、庭にも草がボウボウだから何処で何が鳴ってるのか
俺んちからは全然見えなかった。
結局何かわからないまま音は聞こえなくなりました。
一体何だったんでしょうかね?
スレ違いだとは思うんですが・・・。

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 01:56
平成の都市伝説
不思議話、ホラーねたも多いらしいので、
飼おうかどうか迷ってるんだが、読んだ奴っていますか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4906496296/ref=pd_ecc_rvi_f/250-3179094-0976212

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 02:25
>>369
エロい人が潜伏してんだろ

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 02:44
下痢したネコだろ

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 03:00
鳴く虫でない?

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 10:32
>>371
なんだかミソもクソも一緒って感じで、あまり面白くなかったよ。
ただ量を詰め込みたい人ならいいかもしれないが。これ作った人はあんまり
都市伝説に愛情のない人のようだ。
私は一回ナナメ読みして売っちゃったよ。

376 :あたなのうろしに名無しさがん・・・:03/09/24 11:22
今考えてもよくわからない話を一つ。
数年前、京都の円町に住む友人の部屋で飲んでいた。男4人。
なんとなくつけていたテレビでは心霊特集をやっていた。
時間は深夜1時過ぎ。誰ともなくお化けは本当にいるか?という話になった。
京都人にはわかると思うが、円町から清滝トンネルまでは車で20分くらい。
ちょっと行ってみるか、という話しになった。
丸太町通りを飲酒運転で西へ、嵐山手前の交差点を右折し一路清滝へ。
このあたりは街灯も少なく、山間の漆黒の闇の中、車は4人の酔っぱらいを乗せひた走る。
やがて暗闇のなかポツリと赤信号が見えてきた。
「清滝隧道」に着いた。
よく、赤信号で止まれば良いが、青信号だと・・・という話を聞くが、幸い(?)我々の車は赤信号に停められる事になりそうだ。
しかしとりあえず、古都京都の無縁仏の風葬地、化野念仏寺方面への左折道のところで車を止め、4人は車から降りた。
夏の生暖かい夜風に吹かれ煙草を吸いながら4人は、薄暗く、出口の見えない
「清滝隧道」の中をボォ〜と眺めていた。
その時、
「キィ〜、キィ〜キィ〜、キキィ〜!」
と、静寂を切り裂くようなけたたましい音が、突然辺りに響いた。
そして、それは自転車のブレーキ音だった。
トンネル右手前、今我々が立っている場所から見て右前方にトンネルを使わない山越えの為の旧道が有るのだが、その急坂を完全に油の切れたブレーキ音を響かせて「オバハン」が降りてきたのである。
私は心臓が止まるほどびっくりして反射的に車に飛び乗った。
他の3人も同様だったようで、4人が乗った瞬間、運転してた奴は心霊スポットであるはずの清滝トンネルの中に思わず「逃げ込んだ」。
「なんで、あんなとこにオバハンがおんねん!?」
時間場所を考えると、どう考えても不自然な「買い物帰り風」オバハンである。
そしてあのブレーキ音はあまりにもひどすぎた。
私達はそこが清滝トンネルである事も忘れて、オバハンの話題で持ちきりだった。
「まあ、トンネル向こうの清滝集落に住んでる人もおるんやし、あのオバハンは峠道のどっかに住んでるんやろう」と結論付け、やがて車はトンネルを抜けた。


377 :あたなのうろしに名無しさがん・・・:03/09/24 11:26
さて、トンネルを抜けた車をバス停でUターンさせ、ぼちぼち帰ろかという話になった時、
「帰りは峠の方通って帰ろか」と誰かが言い出した。
清滝方面から京都市内へ向かう方向、トンネルすぐ手前に峠への道はある。
そしてその道はクネクネと山道を登っていき、やがて山向こうの道、つまりオバハンが自転車で降りてきた坂道へと繋がる。
「ついでやしオバハンの家でも見て帰ろう」という話になった。
軽自動車ではチョットきついかもしれない急な坂道をどんどん登っていく。
街灯もほとんど無い、漆黒の闇がどこまでも続く。
とにかく私は、こんな心霊スポットと呼ばれるトンネルの上に、しかも街灯さえ無い不気味な場所に住んでいる人が居るというだけで、あのオバハンへの興味は尽きなかった。
車はどんどん山を登っていった。そして道は緩やかに下りへと変わった。
ここまで、民家らしきものは無かった。それより人が住むにはあまりにも不便すぎる場所だと思った。
長く、急すぎる坂道の上であのオバハンは毎日自転車で生活しているのだろうか?
・・・と、クネクネと坂を下っていくと、土建屋の資材置き場らしき場所が見えてきた。
しかし、この時間である。人が常駐している気配はない。
そして、そこは峠道の終点だった。
車はトンネルの左前方、もと来た京都市内方面側に出た。
民家は無かった。

さて、あのオバハンはいったいどこから来たのだろう?
真夜中の2時過ぎに全く何もない、ただ心霊スポットとしてだけ名高い漆黒の峠道へ、いったい何の用事があったのか。
私達がオバハンの家を見落としただけなのか、あるいは、はじめから人など住んでいなかったのか・・・?
機会が無く、あれからそこへは行っていない。

ただ、ブレーキの「キィ〜、キィ〜!!」という音だけが、今も耳に残っている。



378 :あたなのうろしに名無しさがん・・・:03/09/24 11:26
で、age

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 11:29
>>358
ウホッ

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 11:48
>>377
思い込みです。

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 12:58
タフなオバハンはどこにでもいる。オバハンをなめるな。いつか命取りになるぞ。

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 14:55
>>377
鮒子だろ

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 16:15
>>377
文章は惹き付けるものがあるが、
残念ながら関西ではよくある話ですな。

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 17:27
まあ山で野生のオバハンに遭遇したら落ち着いて行動しろということだな

385 :増田拓也:03/09/24 19:19
     ∧_∧
ピュ.ー (  `ζ´) <そんなことより僕をよろしくエポー
 C=〔~∪ ̄ ̄〕
    ◎――◎


386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 19:27
>383
よくあるの?

387 :367:03/09/24 20:55
今朝も金縛りで目が覚めました、今度は普通のやつです

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 21:27
金縛りの話はちょっと・・・

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 22:26
不可解でも謎でもないね。

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 23:17
>>367さん1の注意をよく読もうね

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 02:35
>>376
俺の友達は清滝トンネルで車のバックガラスが割れたらしい。
ヒビとかじゃなくて。

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 03:35
それは思い込みですね。間違いありません。

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 03:47
「思い込み」に粘着してるやつ、ウザいですよ

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 09:55
相手にすると喜ぶよ。放置で。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 15:09
良くわからない話や不思議な話として
書き込んでるモノに対して、思い込み
などと一行レスで返すのはいかがなものか。




396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 15:13
TVでホラー番組がやってて死神の話だった。
見終わったあと立とうとしたら家の裏口から玄関まで俺の前を瞬時に通ってゆく黒い物体
玄関の近くに階段があるのだが 階段の下で不気味な動きを繰り返しながら2階へ挙がって行った
常に動いてたからぶれてて何も見えなかったけど黒くてまさしく死神のようだった

怖くて家に帰れなくなった 2時間後に帰ったけど

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 15:27
高速で動く黒い影か・・・ヤツだな。
君は知らないかもしれないが、実は最近ベン・ジョンソンが来日してたんだよ。

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 15:45
>>395
一行レスしか帰ってこないってことは
まともにレスするほど面白い話じゃないからです

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 16:37
>398
だったらレスしなきゃいいじゃないの。

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 16:38
>>399
一行レスくらいはしてもいい程度の面白さだったのでは?

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 16:56
>>396
そりは…クネクネでつ。ウヒー

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 17:16
でもちょっと日本語おかしくない?
TVは自分ちで見てたんじゃないの?

403 : :03/09/25 17:32
二階の自分の部屋に帰れなかった、と受け止めたのだが

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 21:57
きょう帰りに、40cm位のぬらぬら光る細長い物を車で引いてしまいますた・・・。
雨の夜だったのではっきり見えなかったのが気持ち悪いでつ。
蛇の動きではなく、どちらかというとコウガイビルみたいなくねり方をしてました。
長物系嫌いなので、今夜はヤな夢見そうです。

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/25 22:45
TVで見たが、コウガイビルには愛好家のサークルがあるんだよな

406 :プリモカルネラ:03/09/25 23:30
街頭テレビが家の裏口の横にあるんだよ、きっと。
昭和30年代、新橋駅前に住んでる人?>>396
ブラッシーの噛付き攻撃でショック死したじいさんの霊が、帰ってきたのではないか。

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 01:07
たまに、視界の隅に黒いニョロニョロしたものが見えるYO!
しっかり見ようとしても、すぐに消えちゃうYO!



眼球に傷付いたかも。_| ̄|○

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 02:46
不思議な経験を全部思い込みでかたづけてしまったら、
このスレがなりたたなくなってしまうわけで。
「思い込み」レスするヤツはここに来るな、
ということだw

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 02:47
>>407
めんたまに張り付いたゴミ、という場合も。

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 02:50
>>407
飛蚊症ですね。
近視の方ですか?
かなりたくさんみえたり、フラッシュのようなものが見えたら網膜剥離の可能性もありますが、
白いものや明るい場所をみたとき気になる程度だったら心配ありません。

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 03:00
飛蚊症ネタもよく出るなこのスレ。
関係ないが、子供の頃まぶたの内側に毛が生えて困った。
不思議とある程度伸びるまで気付かず、5ミリくらい伸びてから目が痛み出して抜いてた。
年に何回かそういうことを繰り返してたが、中学ごろには生えなくなった。
しかし今でも毛穴だけは残っている。

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 03:29
>>411
さかさまつげのひどいヤツかしらね?

413 :411:03/09/26 03:39
「逆まつ毛」でググってみた。
http://www.masunaga-vet.net/eye/eye5.htm
どうも飛蚊症よりもポピュラーな病気だったみたい。
おじゃましました。


414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 04:13
遅レスだけど、>>153の画像は埼玉のS大学じゃない?
昔模試で行ってビビった記憶が。それとも全国にこういうのってあるのかな。

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 05:01
>>414
鹿児島県だそうだよ。

→廃墟PureLove
http://purelove2.hp.infoseek.co.jp/

No.40〜48の「鹿児島県・旧国○市役所」を参照。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 09:11
>>407
目の洗浄剤イイヨ!一ヶ月使ってるけど目のゴロゴロとか無くなったし♪おすすめ

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 11:30
>>416
具体的な商品名とか教えてもらえるとうれしいぞ。

418 :416:03/09/26 12:34
漏れはロート製薬のロートCキューブビタフラッシュを使ってる
洗眼剤でぐぐると他のメーカーのも出てくるぞい

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 13:02
洗眼剤で思い出したが、界面活性剤が入ってる洗眼剤は、逆に目に悪いらしいよ。
買うときは要注意。

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 17:00
自分にも坂まつげないか鏡凝視してみたら
眼球の茶色の部分にちっこい黒い点が1つある。何なんだろう・・・眼病の初期症状だったら怖い。

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 20:10
>60 うるせーんだよ

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 20:38
89って駄目

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/26 22:02
>>420
私もそれある。昔シャーペン目に刺した芯が残ってるだけだけど。

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/09/26 23:42
>>420 ホクロじゃないですか?
茶色のとこは色素があるんだからホクロもできます。

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 00:13
二日前
雨がポツポツ降りになってきたので
カサをガキみたいに杖にして歩いてたら
カサの先がスポッって穴に入ったみたいに入った感覚になった
ビクっとなって下向いても綺麗な道路じゃなくてボコボコなんだけど
「穴」というレベルのものはなかった
何だったんだ?(´・∀・`)

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 00:26
>>423 昔シャーペン目に刺した芯が・・・

サラッとそんなこと言うのはやめれぇっ

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 01:58
>>423
ほんのちょっとずれてたら失明(((((((( ;゚Д゚)))))))

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 02:03
はいっちゃったぁ!って思ったんだ

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 03:04
高校の日本史の授業中での謎な話。
その日、私は歴史の授業がたるくって、ネムネム状態だった。
でもノート取らなきゃこの先生すぐ黒板消すしなーと思って、眠気と戦っていた。
そして、ハッと気づくと何秒間か寝ていたらしい事に気づいた。
ノートには、あのうつうつしてる時特有のへろへろ文字が。
で、やっべー寝てたとか思って、ノートの続きを取ろうとしたら、ノートを見て驚いた。
黒板に書かれてる内容と全く違う。
詳しくは覚えてないんだけど、戦国時代の辺りで、教科書に載ってるのと全く違う
歴史が自分のノートに書かれてた。もう1つの歴史、って感じで。
勿論寝てたので手が勝手に字を書くワケないし、そういう夢も見ていなかった。
その内容がなんか、あまりにも気味が悪かったので即行消した。

事実はそうではない。今の時代には少し違って伝わっている・・・云々って感じの。
今思えば、そのまま残しておけばよかったと思う。笑い話の種にはなったろう。


430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 03:15
読みたいage

431 :414:03/09/27 03:22
>>415
本当だ、ありがとう。そのページおもしろいね。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 11:08
うちの母者は普段直毛なんだけど。
夏になって気温が上がってくると、天パになる。

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 13:19
漏れは普段禿なんだけど
夏になってもやっぱり禿だ。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 14:22
>>433を読んでひとつ思い出した。

客先の人なんだが、以前まで禿てた。が、最近会ったら
毛がフッサフッサしてた。ビビった。不可解だ。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 16:37
毛根が生きてるなら髪は復活しますよ

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/27 16:45
づられてみるが・・・・・・・・・・・そりゃ    ヅラだろ?

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 06:02
>>432
気温より湿度の問題では?

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 06:15
増毛したなw

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:27
不思議な話ってわけではないかも。

小学校の頃、図書館に写真集があって、「山の中腹に巨大な一つ目がある」
写真をいろんな角度から写しているような写真集だった・・のだけど、
これって何かの映画?でしょうか??

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:31
>>439
もしかして、目玉の親父みたいな目ですか?

441 :439:03/09/28 21:34
>440
う〜ん、、、ちょっと違うかな。。
もっとこう、、巨大でリアルな目玉が、ギョロっと、山(火山だったかな)に埋め込
まれたような写真でした。


442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:35
おおっ、きっと燭陰だ!
…おやまあ「燭陰」でググると、何でこんな沢山ヒットするんだろ?
うーん、不可解。

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:40
最近googleの仕様が変わった気がする

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:44
高校一年の時、俺の学年で目だった存在で軽音学部のKがいたんだ。
みんなから慕われるって存在じゃないけど、一部の女に慕われていた。

そいつにある種の嫉妬を感じていたのだろう。そうするうちにいつのまにか
Kに反発を覚えるようになっていた。

ある日、そのKは俺と同じ美術の授業(Kは金曜日で俺は土曜日)を受けていたらしく、
各々が書いてる途中の油絵を保管しておく棚があり、そこにKの絵があった。
どんなものか見てやろうと思い見た・・・・・・・・・・・








予想通りといえば予想通りだが、特に変わったところもなく普通の自画像だった。

俺はどういうわけか、持っていた筆(筆でいいのかな?)の柄の部分で大きなペケの
あとを付けた。油絵なのでほどほどに付けれた。その頃はその程度の遊び半分の気持ち
でやっていた。


445 :439:03/09/28 21:45
>442
ググりましたが、もっとこう、ハリウッド的な特撮チックな映像でした。
映画ネバーエンディングストーリーのワンシーンみたいな感じかな。。

てか、俺へのレスじゃなかったりして??

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:52
Kの油絵に大きなペケを付けた。
子供のいたずらといえばいたずらだが、今思えばやられた方はショックだ。

そして次の週、同じことをやったが、今度はペケでなく、ちょっと無茶苦茶にした。
柄で結構線を付けてしまったのだ。

Kはひどく傷ついてしまってたかもしれないが、今ごろ悔やんでもどうしようもない。

また次の週、柄で嫌がらせをした。
今度は一気にエスカレートした。








       「氏ね」






とでかでかと彼の油絵に書いてしまったのである。
このころ時期は高校1年の終わりの三月頃の話である。


俺とKはそのまま二年になった。
まさか4月にあんなことが起きるとは想像もしなかった。

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 21:58
>>446ああ、Kが自殺しちゃうんだよね、、
結局謝ろうにも謝れなくて、なんだかすごい共感するよ。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 22:12
4月の新学期になり、クラス写真を撮った。土曜日だ。
みんな高校二年でお年頃なので、トイレに駆け込んで身だしなみをチェック
して写真にいどんだ。

俺も身だしなみをチェックしにトイレにいこうとすると、髪の毛を触りながら前をKが
通った。Kはなかなかかっこいい。長身であるし、軽音でボーカルをしていた。
だがそれが俺の見る最後のKであった。





週が明け、月曜になった。
俺はいつもどおり学校に登校した。いつもよりちょっと早めだったかもしれない。
自転車でいつものようにいつもの道を走った。

そして学校に着き、下駄箱で上靴に履き替えていると、どこからか女の子のメソメソと
した泣き声が聞こえてくる。そしてその泣いている傍に友達がいるのか、その友達の
声も聞こえる。何を言ってるかは聞こえない。ただ何かとても悲しそうな泣き声だった。

そして教室に向かおうと下駄箱から廊下に出ようとしたとき・・・・・・・・・

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 22:20


「なんでーーーーーーーー!!!!!」






その泣いていた女の子が急に激しく泣き叫んだ!

朝から何ごとだ・・・・・・・・
そう思いながらも、教室へ向かった。
教室では何もなく、数人がいた。その数人とは面識があんまりないので、
となりの友達がいる教室へ向かった。

すると、どういうわけかある一人の俺の友達でKとたまに喋るAがはしゃぎながら
半分笑いながら、Kが死んだと言った。

「え?Kが死んだ?」
「Kの家の犬でも死んだのか?」

と言った。

すると間もなく、校内放送がかかり、体育館に集合せよとのこと。
友人4人で小走りに体育館シューズを持って笑いながら向かった。

「え?死んだんw? 死んだんw?マジ?ほんかい!wwwww」




450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 22:28
体育館へ着いた。
俺のクラスには数人しかいなかったのに、体育館には全学年の生徒が
7割くらいはすでに集まって立ち話をしていた。

俺は自分のクラスの列に並び座った。
みんなざわざわしている。
何があったのかとざわざわしている。

学生主任の先生が舞台に立ち、マイクで言った。



「先日の日曜日の朝、第2学年のKが事故で亡くなりました・・・・・」



ビックリした。本当に死んでしまった。


俺はすぐに絵のことを思い出した・・・・・・・。まさか・・・・・・。




これは数年後に聞いた話だが、Kの遺体は上下に真っ二つに切れたいたらしい。
16歳という若さで亡くなったK。なんともかわいそうだ。


俺の落書きがこういう結果をもたらしたのだろうか?
当然それを知る術はないが、後味の悪い体験であった。。


451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 22:36
不可解でも何でもない話でしたな。
ただ君は非常に陰湿だ。モテないのもわかるよ…

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 22:52
>>429
興味ある話ですね。
うろ覚えでも良いから、ちょっと具体例知りたいです。

453 :439:03/09/28 22:56
書き込みついでにもうひとつ妙な体験。

小一のとき、寝てるときに「ピュポッ!」という空気デッポウを打ったような
音がして、直後、「バチッ」と片目になにか直撃。
すぐ眼を開けると、足元に青白い顔をした人が正座をしていました。

で、気づいたら朝。あの、「ピュポッ!」というリアルな音が耳に焼き付いて
離れないす。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 23:00
( ´∀`)ピュッポ!

455 :まお:03/09/28 23:28
>369
トイレに入ってたら窓の外から「ピーッピーッピーッ」という電子音がしてたんです。
「何の音だろ?」って思ったけど、たいして気にもせずにいたんですよ。
2日くらいして廊下の窓を開けてたらまた「ピーッピーッピーッ」って聞こえてきて
・・・というのは、あたしも同じ体験をしました!
まったく同じです。最初はトラックがバックしてんのか?と思ってた
んですけど、玄関の近くから聞こえるんです。(ちなみにうちは4F)
鳴ってすぐに、音がした方向にいっても、なんにもないし。
車も通ってないし、あれは何なんでしょうね。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 23:32
虫だな。機械音に近い声で鳴くのもいるから。

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/28 23:39
かんぱり入道ですか?

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 01:19
わたいも>>429に興味心神だよ。よかったら詳細プリーズ。

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 02:55
>>439
コ レ ダ !
ttp://www7.gateway.ne.jp/~okhr/image.16dan03.jpg

460 :429:03/09/29 05:04
>>452>>458
なんせ10年も前の話なんで本当にうろ覚えで申し訳ないんですけど。
確か、徳川家康か豊臣秀吉辺りの授業だったと思います。

○○(誰か不明)の策により失脚した××(これも忘れた)だが、実際は△△(これも以下略)によるものであった。
だがこれは公にはされておらず、後世の今の世には××の策という、風評を信じられたものになっている。
この事件により人知れずこの世を去っていった者、都を追われた者も少なくない。
この細かな違いが今の世に影響を及ぼしているかは定かではないが、また少し違った歴史になっていたことは確かであろう。

てな感じだったと思います。ほんっとにうろ覚えなんですすいません・・・。
歴史弱いのもあって昔の人の名前とか弱いんです・・・。でも、戦国時代の辺りだっていうのは自信があります。


461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 08:49
>>460
ああ、ロマンを感じるなぁ


462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/09/29 08:58
こんな時間になにやってんだか・・・。 と思いながらも聞いとくれ。(;゚Д゚)

22時ごろまで一人で残業があったときのこと。
仕事も終わり、作業着から私服へ着替える為にロッカールームへ行った。
ロッカールームは工場付近の大きな建物の中にあり、工場内の人間が共同で使う場所だ。

真っ暗なので電灯をつけようとしたが、蛍光灯が切れているらしく明かりがつかねぇぽ。
仕方なく非常灯の明かりで着替えることにした。
ロッカールームの奥ではなにやら人の話し声のようなものが聞こえていたが。

着替えている途中、 「こんな時間に誰?」 と気になっていた。

ようやく着替え終わり帰ろうとしたが、やはりさっきの話し声が気になる。
それは、工場の人間は17時に帰るようになっている。遅くても18時だ。
普通、この時間に人間がいるのはおかしい。
その証拠に、工場の建物内部はどこも真っ暗だ。機械の音もしない。
漏れだけは工場外の人間だが、しばらくはこのロッカーを使うようになっているが・・・。

そう思って、声の聞こえる方にコソーリ行ってみた。
すると、なぜか声が聞こえなくなっていた。

不思議に思い、ロッカーの角から少しのぞいてみた。 しかし、そこに人はいない。
漏れは唖然とした。そして、右耳の方から「フフフ・・・」と女性の笑い声のようなものが
聞こえた。本当に耳元のすぐそばで。 それで背筋がいっきに凍りついた。

漏れは混乱して、ロッカールームの出口まで猛ダッシュした。
その瞬間は今でもはっきり覚えている。

もう残業ロッカーはトラウマだぽ。(|| ゚Д゚)


463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 11:55
>>460
明智光秀の策により失脚した織田信長だが、実際は豊臣秀吉(の策略)によるものであった。
だがこれは公にはされておらず、後世の今の世には光秀の策という、風評を信じられたものになっている。

戦国時代なら、まずこの辺りが思い浮かぶね。

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 12:16
信長は失脚したわけじゃないよ。
死んじゃっただけだよ。

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 14:55
戦国時代なら、失脚も死も殆ど同義だと思う。

466 :429:03/09/29 15:54
>>463
あ、ごめんなさい書くの忘れてましたけど、織田信長は出てこなかった事は確かです。
明智光秀はどうか覚えてませんけど・・・。そんな有名人でなかった事は確かです。
ノート読んでて、「誰だよそれ!」って突っ込んだような覚えがあるので。

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 16:11
なるほど……

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 19:53
こりゃあ、>429の中の人に聞くしかないな。
居眠りしながら、ここにカキコしてごらん?


無茶言うとるなー、オレ

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 21:03
最近のこと
2ちゃんしていて、3時ぐらいまでやっていた
そろそろ寝ようと、二階の自分の部屋へ。
部屋の扉の前で人影と人の気配を感じ、一歩飛び退いて危うく
階段から落ちそうになった。
電気を点けていなかったが、真っ暗ってわけじゃなかったから、
勘違いするわけないし、一体あの感覚はなんだったのか?
別にオカ板見て怖がってたっていうことはなかったのになぁ

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 21:09
もう一個
いつだったか忘れたが、夜中パッと目が覚めた
何か違和感がある。なんだろうと思ったら頬が膨らんでる
これがおたふく風邪か?と冷静に思って、それで遊び始めた(W
飽きたので口の中から潰して、寝てしまった
朝起きて母にそのことを話したが本気にしてもらえなかった
寝込まないかとワクワクしていたが、何にもならなかった
なんだったのか?

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/29 22:29
明智光秀で思い出したけど、光秀にまつわるエニグマな話。

和歌山県の高野山には、明智光秀の墓があります。
石を何段も重ねた灯籠みたいな墓ですが、この墓、上から下まで真っ二つに割れて
います。
人工的に割ったんなら割れ方がいびつだし、落雷などが原因にしては、割れ方が
綺麗。つまり、原因不明なんです。
地元に知人がいたんですが、彼の話だと「過去何度か立て直したが、そのたびに
割れた」と言ってました。
今では、番線で縛って倒壊しないようになっているそうです。
光秀は死んでないと言う啓示か、それとも逆臣の汚名を一身に背負った光秀の
無念の為せる技か・・・

472 :439:03/09/30 01:09
>>459
情報さんくす!
でも、もっとこう、富士山型のいかにもな「山」のど真ん中に巨大な目玉が
「デーン!」だった気がします。
それとも、記憶違いで459のが正解なような気も・・

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 02:51
大したことない話だけど、実際自分が体験するとウスラ寒い。
さっきベランダなしの3階の窓を誰かがノックした。
当然窓開けても誰も居ないし、変な仕掛けみたいなイタズラの痕跡もない。
しかも正確に5分置きにコンコンうるせー。
もう秋って感じなのにいまさら幽霊もねぇよ!来るのおせーんだよ!


474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 12:43
>>439
それ、旧1ドル札の図柄に使われていた、ルシファーの目とか賢者の目とか言われ
てるやつじゃないのかな。
ピラミッドの中腹に巨大な目がついている、ちょっと奇怪な絵だけどね。
小学生には、ピラミッドが山に見えたかもしれないし。
フリーメーソンだかイルミナティだかのシンボルマークって聞いた覚えがあります。

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 13:55
>474
ttp://www.pluto.dti.ne.jp/~tengu/proxomitron/help/Contents.html
ちょっとアレンジで舌出てるけどこれ?

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 14:38
明智光秀の行動は徳川との共謀であった
反旗をひるがえし、明智藪で死亡した光秀は実は、家康のもとへ行ったとされる。
そのすべてを計画したのはなにを隠そう光秀であった
家康はその後、江戸の地を大掛かりな呪術をもって幕府をつくりあげた。
徳川家が安泰であるようにと・・・
そしてその呪術を駆使した人物こそが明智光秀、そう闇の僧侶、天海であった。
これは決して表に出ない闇の歴史である














参照 民明書房「裏の歴史、なんじゃそりゃあぁぁ〜」より




477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 16:40
明智光秀が、本当はいかにヤバい存在だったかは、「産霊山秘録」にくわしい。
おお、怖い!

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 17:44
民明書房かよ!

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 18:13

仕事で市役所の分庁舎へ行った時のこと。
昼飯を食った後、ヒマだったんで屋上へ上がろうと思った。
屋上へ出るドアには鍵が掛かってたけれど、
立ち入り禁止の表示もなかったんで、解錠して外へ出た。

五月晴れの良い天気で、風が心地よかった。
白いタンクを回り込む。すると、柵の向こう側でうつぶせになっている男が目に入った。
ギョッとして足が止まる。
縁から頭だけを突き出して下を覗くような姿勢。頭は肩の向こうに隠れて見えなかった。
自殺志願者?
あたりはシーンとしていて人気がない。

声を掛けたものか迷っていると、ふいに下の方から女の悲鳴が聞こえた。
途端に、男は立ち上がるとこっちを振り向いた。
ごく普通のサラリーマンのように見えた。手には何も持っていない。
男は柵を乗り越えると、私の目の前を横切ってタンクの陰に消えた。

下の方で窓の開く音がして、何人かが騒ぐ声が聞こえた。
口々に「この上だって!」「男だよ!男!」などと言い合っている。
何となくマズイと思って、すぐに屋内に入った。

帰る際に分庁舎の建物を見ると、最上階の窓から屋上まで2m近くあるように見えた。
あの男は、あんな所でいったい何をしていたのだろう?
下の階の女は何を見て悲鳴をあげたのだろう?


480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 18:17
( ゚Д゚)<見に来たらこのザマだよ。
     言う事疑い続けられて、どうやっておまいらのいう事
     信じろいうねん・・。

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 18:57
誤爆?
よくわからんがとりあえずお前は信じられない。

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 22:05
ひい爺ちゃんから聴いた話なんだけど
なんか昔都が真っ二つにされたことがあるらしいんだよ
そのとき爺ちゃんはゼロ戦に乗ってて空でエイリアンの宇宙船と
ドッグファイト繰り広げてたらしいんだ。
で誰かが琵琶弾いたらなんか次々と鬼は溶けちゃったんだって
結局爺ちゃんは冷凍睡眠で現代の今でも生きてる訳だけどなんか不思議な話だよね

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 23:05
>>479
・パチンコ玉を落とした(下手すりゃ死ぬ)
・ツバを垂らした(小学生かよ)
・ゲロを垂らした(最低)

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 23:09
ついさっきの話だけど、このスレが見つからなくって。

トイレに行こうと思って、ふと壁に掛かってる時計を見たら
11時40分頃だった。
「ああ、まだ起きてても大丈夫だな」
って、台所に酒を補充しに行って時計を見たら
50分過ぎだった。
「ありゃ、俺の部屋の時計は遅れてるのか」
と思って帰ってきて部屋の時計を見ると、
11時55分だった。

ちなみにPCの時計は正常。
確かに部屋の時計は11時40分頃だったんだけどなぁ。

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 23:19
>>484
「ついさっきの話」なのに11時40分だの50分だの言ってるのがエニグマ?

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 23:46
誰か安土桃山時代詳しい人>>460の問題解いとくれ
たのむ!


487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/30 23:58
>>485
間違えた・・・。
10時だね・・・。

俺の脳味噌がエニグマ。
逝ってきます。

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 00:54
>>487
ゐ`

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 01:23
今日さっき変な体験をしました。

夜9時くらいに住宅街の中(暗くて人いない)
をチャリで走ってました。
私の視覚のなかで、右前方に男の人が歩いているのが見えました。
水色っぽい色のシャツを着ていました。
仕事帰りの会社員かなと、気にもとめず通り過ぎようとしたその瞬間・・

「・・・・・・!!男の人がいない・・・!!」

そこは一本道でどこかの路地に入るとうこともありえないし。
でも絶対に前方にいたんです。私がちょっと違う方向を見た後に
向きなおして、男性を追い越そうとしたらいなかった。。

やばばばっばば (;;)
男性がいたところらへんを通り過ぎるとき、
なんか変な空気を感じました。
これって??


490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 01:31
だけどさー、謀反を起こして一番得をしたのは誰か?的考えって
陰謀論に結びつく短絡さだよねー。
明智光秀の謀反で得した奴で豊臣秀吉とも徳川家康とも唱えられるって
どっちでもいいじゃん。
豊臣を徳川が滅ぼしたのも明智の陰謀のクライマックス最終計画かってーの!(笑)
振り袖火事なんかもとくをしたのは誰かって陰謀論になるけど
幕府は町の整理のために庶民を焼き払うほど非道なのかってーの!(笑)
非道だったのか?

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 01:33
歴史はよくわからんが発言には自信を持てよ

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 01:34
非道過ぎるわい。

少なくとも本能寺の変の陰謀説は20種類はあるんや。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 01:35
>>749

>>屋上へ出るドアには鍵が掛かってたけれど、

そこ以外にも屋上への出入り口はあるの?

494 :489:03/10/01 01:36
訂正
>>479

>>屋上へ出るドアには鍵が掛かってたけれど、

そこ以外にも屋上への出入り口はあるの?

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 02:00
>>486
石田三成の策(讒言)により失脚した千利休だが、実際は(利休自身の)狂言によるものであった。
だがこれは公にはされておらず、後世の今の世には三成の策という風評が信じられたものになっている。

明智光秀 → 千利休 → 南光坊天海 という説もあるにはあるが・・・

496 :429:03/10/01 03:15
なんかちょっと見ない間に色んな話が出てる・・・(w

○○と××ってのは教科書に出て来るような人で、△△ってのは一般的な人じゃなかったと思います。
まぁそれも私からしたらってだけなんですけど・・・ホントは有名な人なのかも。よく分かりません、すいません・・・。
ああホントに残しとけばよかった・・・。
即行で消したのは、私が知りもしない△△って人の名前が書かれていたからです。それで気味が悪くなって。
その時は名前云々より、寝てたのに文章が書かれてた事自体に驚いて動転してしまったもので・・・。

各自夫々の説があって楽しいですね。
私も書き込んでから、もし本当なら今はどんな世の中だったのかと思って考えるようになりました。
このスレ見るまで殆ど忘れきってたクセに・・・w

497 :479:03/10/01 07:39
>>494
わからない。
慌ててたし、あれ以来あそこの屋上には上がってないから。
ズバーンと広い訳じゃ無くてごちゃごちゃしったから、あったかもしれない。

>>483
よっぽどのもの落とさないと、下の階(not1階)の人はあれほど騒がないと思う。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 09:27
歴史ヲタどもうぜーよ
スレ立てて他所でやれチンカス

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 12:55
>>496
ちょっとしたパラレルワールドを連想する話ですな。
半村良の「戦国自衛隊」を思い出した。

>>497
その男のすぐ真下には女子更衣室があって、紐で吊したビデオカメラで隠し撮り
していたなんてのはどう?
下で騒がれたので、あわてた男は紐を落としてしまったとか。

>>498
ここはお前一人のためにあるスレではない。何様のつもりだ?
個人が体験したエニグマが、たまたま歴史に関係していただけの話ではないか。
歴史的な話が出てくるのは当然だ。
そんなことも理解できない便所スリッパな頭のお前こそ、うぜーよ。
うせろ。

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 14:21
五〇〇Getter

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 14:40
小さい頃の謎な記憶なんだけど、

幼稚園ぐらいの時に千葉の市川に住んでいて、近所の数人の友達と遊んでる時に
『近所の○○君が事故かなんかにあったんだって』という話になって
『これから○○君の家に行ってみよう』って事になった。

○○君の家に行くと彼の母親が出て来て
何を喋ったかは覚えてないんだけど、みんなでワーワー喋ってた。
その間アタシはその彼のお母さんの後ろに立ってる○○君を見てたんだよね。
『あー、○○君いるじゃん』って思いながら・・・。
ただ○○君の姿は頭の周辺とか(表情が分からないぐらい)体も包帯だらけで
今思えばとても自宅にいる怪我じゃなかった。
それに友達は○○君には話しかけないで彼のお母さんとばかり話してるんだよね。
(アタシも実際話しかけはしなかったんだけど。)

でも子供だったからその時は不思議じゃなかったんだよね。
その後すぐ自分が引越ししてしまい、
千葉にいた当時の自分の年齢(3歳か4歳ぐらい)の記憶としては
『そんな鮮明に覚えてるわけないし、夢?』とも思うんだけど、
4つ上の姉に千葉にいた頃の記憶(近所の話とか、住んでた家の配置)を話したら
ドンピシャで驚かれたから、その○○君の記憶も勘違いではないような・・・?


ちなみに自分、ベビーカーに乗ってる頃の記憶もあったりする・・・(w
これも本当の記憶なのか謎。

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 14:51
記憶が作られるのはよくあるハナシ

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 18:59
>>502
小林よし○りとその一派には、知らんぷりされているけどね。(^^;)

私の場合は小学生の頃高木彬光の小説で、
「戦争体験者に話を聞くと、軍艦に乗って攻めていく時の波の色なんて克明に覚えているのに、
自分の直属の上司の名前を間違えて覚えていたりする。
それを指摘すると、笑ってごまかされたりする」
という感じの文章を読んでいて、記憶と記録の関係を考えていた。
その割にコヴァ一派は、南京大虐殺や従軍慰安婦の記録と記憶にはこだわるんだよなぁ。

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 19:08
いきなり何を言い出すんだ

505 :郷土史家 ◆mZrLOibZe2 :03/10/01 19:52
記憶はいつも、都合よく整理されるんです。だから、
整理がつかず、都合が悪いあいだの人間は「悩む」んですねえ。

記録はいつも、都合よく記録されるんです。しかも、
よそから記録を集める場合も、都合のいい記録だけを集めるんです。

人間はそうやって、都合のいい土台を常に補修しながら、
それが歴史だと思い込むことで、安穏と暮らしているんです。
でもそんなものは寄せ集めの捏造で、
人間の数だけ同じようなものがあるんですねえ。

自分の歴史すら疑えばキリがない。
なのに世の中の歴史には誰もが厳密を求めようとする。
つねに「なぜ」「どうして」「おかしいじゃないか」。
いけませんねえ、あなたたちは。

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 20:14
>>479は実は寝てる間に友達が落書きしただけじゃないの?

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 22:39
>>505
・・・堂島?


508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/01 23:17
>>503
俺も世話になった人がいるがその人の名前を忘れかけている。
確か○○だったような・・・って程度には覚えているが。
状況が鮮明に記憶されているのと人の名とは
記憶システムに違いがあるのではなかろうか。

509 :439:03/10/02 00:26
>>474
情報あり。でもピラミッドじゃなかったです。
パッと解明するかと思ったけど意外と難しいね。。

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 04:53
人の名前って忘れるよね…別れた男とか顔は覚えてるけど名前は全然思い出せない

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 14:25
名前覚えてるけど、顔が思い出せないのもいる。

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 14:40
本当は切ない夜なのにどうしてかしらあの人の笑顔も思い出せないの

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 15:35
あるある大辞典で、名前っていうのは記憶するのに一番最後なんだってさ。
一番最初に覚えるのは「顔」や「特徴」(職業や性格など)みたい。

だから名前は忘れるのが人間の脳の自然の摂理ってやつ。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 16:08
名前より顔が重い打線

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/02 17:07
名前と顔が一致しねえ

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 00:37
年と共に顔見て喋ってても(名前なんだっけかな〜)
ってのが増えてきてます。

会話しながらも頭の中は必死に名前思い出そうとしてる

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 02:17
山に目がある、って話で思い出した。
子供の頃(4〜5歳くらい)の記憶なんでアテにはならないけど。

家族で動物園に行った時に、園内から見える山(1kmくらいは離れてたと思う)の
中腹にデカい換気扇があったのを見た記憶がある。
1辺数十mの換気扇が山に設置されてて、山の内部を換気してる感じだった。

どこの動物園か憶えてないけど、きっと天王寺動物園だと思う。
って事は山は生駒山になるのかなぁ。

その後行った事がないので判らないんだけど、そんなの付いてる?
親に「山に換気扇が付いてる!」って言っても、
全く取り合ってもらえなかった記憶もある。

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 03:16
あるターミナルですが、その界隈に「入り口」があるそうです。
別に異次元とかじゃなく、もう一つの都市というか、都市と都市が
交差して作られていて、普通に歩くと人通りと地下街とで迷いそうに
なるのですが。
関西弁のコテコテの街です。
「入り口」から入ると、ある地下に通じており、進んでゆくと


519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 03:21
>>518
あーあ、あっちの世界に行っちゃったよ。

520 :mamushi:03/10/03 05:42
>>517普通に高速道路のトンネルが通ってたら、排気ガスの換気塔なんかは山の中腹にあるかもしれない。
もっとも第二阪奈が開通したのはまだごく最近ですが……。

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 21:47
enigmaって何?

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 21:50
>>521
あ〜あ 聞いちゃった・・・
もう、マジ後のことはシラネーよ? 俺は。

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 21:52
エサが古くて食いつけねえよ

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 22:02
>>429
非常に興味をそそる。
なんとか、詳細をきぼんぬ。思い出してくれ!




525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 22:16
的場浩二がTVで「緑色の親子を見た」って言って笑われてたけど
俺は、2年くらい前に近所のスーパー銭湯で顔も全身青いおっさんを見た。
青白いとか刺青とかじゃ無くて本当の青(正確にはグレー掛かった青)。
周りには「デスラー総統に会えてよかったね♪」って笑われたけど
同じような青い人見た人いますか?それとも俺の勘違い?

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 22:18
じゃあおれも

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 22:28
>>525
あれだろ、山下達郎のCMに出てた踊ってるやつ

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 22:31
>525
つーかさあ、スーパー銭湯に逝って仮に
青い人間が居たとしたら、周りの人間だって気付くだろ?
まさか 、「其の時は僕一人でした」 なんて言うんじゃねーだろーな

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/03 22:58
ドラえもんだって銭湯くらい行くさ

530 :525:03/10/03 23:13
やっぱりここでも信じてもらえないかな。
本当に存在してたら他にも見た人いるかと思ったんだけど・・・。
>>528
一人じゃないよ。いつもゲロ込みだから閉店狙って
夜10時位にしか行かないんだけどそれでも込んでた。
別に知り合いと行った訳じゃないから他の人の反応は分からないけど・・。
風貌は短髪、肥満で背もデカイ40歳前後のおっさんだった。

まぁいいです。忘れます。お騒がせしました。


531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 00:05
>>530
光の加減、というか・・・
デスラー総統の立ってたところの照明がそういう変な色付きだった、ってことは?

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 00:16
照明というか、あれだ、「アロエの湯」とか「森林浴の湯」とか、
青い色付きのギミック風呂に入ってたんだよ。
長く浸かってたから体の色まで染められたんだ。
ひどい銭湯だな。

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 01:05
>530
皮膚病じゃないか?
まさかチアノーゼ起こしてたんじゃ…

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 02:45
今から書くことは本当のことだ
母親が夜飯作るのサボってしょうがねえからウインナー焼こうと思ったんだよ。
ドンブリに炊きたてのご飯の上にウインナーぶちこんでマヨネーズかけるウインナー丼だ
冷蔵庫開けたら袋のウインナーで、その袋がシールみたいなので2つが1つになってるタイプ
解ってくれるかな?それを冷蔵庫開けたままバリっ!って破ったんだよ もちろんバリっじゃない
かなり硬いシールで本気で力入れてバリバリバリ、って破る感じ。だから印象深いんだ
袋を1つ手に取り、もう1つを冷蔵庫の中に放り投げた 克明に覚えてる。
そんで1つの袋をハサミで切ってウインナーは7本入ってた そのうち5本焼いて食った
そこでだ、朝起きて言われたんだがどうやら冷蔵庫に入れ忘れたらしい。
朝ママンが「ウインナー冷蔵庫にちゃんと入れときよー、サラの奴」
おかしい。サラの袋を開けてないウインナーが何故外に出ているのか。
もし外に出てるのは残り2本の奴だろ?弟はウインナーはあんま好きじゃないから違う。

・俺は冷蔵庫の前でシールを破って、もう1つを冷蔵庫に入れた記憶が克明にある
・残り2本の奴を置き忘れたなら理解できるが、冷蔵庫に入れたはずのサラの奴が出てる
・家族はウインナーをいじらない

ちょっと頭の中を整理して考えてみたがさっぱり解らない。
冷蔵庫の中のウインナーの袋と外に出てた残り2本のウインナーが空間移動した。
こうとしか考えられないんだよ おまいらはどう思う?

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 02:49
>>524
だから、めそ・・・

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 02:49
彼女の話。
昔ラッシュの電車の中で、ふと、どうも変なサラリーマンがいるなと思ったら、
いわゆるグレイがスーツを着ていてビックリしたらしい。
もちろん黙っていたんだが、そいつは彼女に気が付いて座ってる彼女の目の前に
やってきて、彼女はそいつにじーーっと見つめられた。凄い怖くてビビッていたら、
隣の女の人が気を利かせてくれて、少し間を空けてくれたので、
すかさずずれたんだけど、そいつは真っ黒な目でジッと彼女を見つめたまま。
降りる場所じゃなかったけどドアが開いた瞬間に電車を出た。
でもそいつも降りてきて、もっとビビッたのはホームの階段の上にもそいつと同じ
やつがいたこと。
スカートを履いていて、じっと彼女を見つめてる。
猛烈に怖くなって走って改札を出て、その日は学校にいけなかったらしい。
まだグレイがグレイと呼ばれる前の話で、彼女はテレビでグレイを見た時
猛烈に怖かったらしい。
今でも時々人混みの中で見るらしくて、「あ、いるよ」と私に言うので私も怖いよ(w

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:02
>>534
うーん。バリじゃなくてばりばり!なんかよくわからないのは
ウィンナーなんでけっこうどうでもいいや的感覚からだな。
ウィンナーソーセージの出し入れで悩まないで!って感じかな

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:03
うーん

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:12
本当にゴメソ!グレイって何でつか?教えて君でスマソ

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:18
うーん。グレイってグレイ(ラージノーズグレイのほうのグレイ)が
グレイ(CMに出てたバンドのほうのグレイ)がやってるってねたが
少年マガジンのまんがにあったかな

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:26
>>537
本当に体験したらほんとビビるんだぞ!
こういうのは文章にしても伝わらないから悔しい
>>537さんに不可思議な現象がおきますように

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 03:34
>>536
シンナーかシャブか知らんが早く止めさせた方がイイョ。

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 04:41
>>541
わかったからしばらくロムってて
“思い込みですね”厨が寄ってくるから

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 05:21
思いこみですね

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 05:53
重い子味ですね

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 06:15
重い子=デブ=ブタ=ポーク ポーク味ですね

547 :  :03/10/04 08:13
グレイのテルが怖いの?
最近肥りすぎだからな
あいつ

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 09:28
>>547
本当に恐いのはあれだろ
壊滅的に喉が壊れ、声を張り上げることも出来ないボーカルに
未だに歌わせ続ける他のメンバー

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 10:19
テスト

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 10:25
error 549.

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 10:31
なんとなく漏れの体験を

厨の頃、爺さんが逝きそうで両親が病院に行って留守番してたら、
仏間からなんか『声』が聞こえたのよね(声の内容はわかんないんだけど
なんかびびって、妹連れて仏間いったら電灯の紐がものすごい勢いで
くるくる回ってた。「ほぇ!?」って感じで妹と呆然と見てたら、
お約束の電話が鳴ったYo

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 11:01
ついで、もう一個

羽田→函館間のハイジャク機に、帰省のため乗る予定だったんだけど
その時の取引先の担当の人に、その機に乗るのやめるように言われたんだ。
乗る前日の仕事休憩の時、その人がいきなり「明日飛行機乗るんですよね?」
俺「うん。前にも言ってたけど緊急時の対応もバッチリですよ」
彼「いや、ちょっと、…。休みずらしません?」
俺「えっ??、う〜ん」
彼「俺の休みも1週間ずらしますので、○○さんもずらしてくださいよ〜」
俺「…まぁ、俺も会社もこまらんけど…。会社に聞いてみないとな〜」
彼「いや、ほんとすいません。お願いします」
てなやり取り後、会社に聞いたらすんなりおkw。で1週間ずらしたら

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 11:23
その取引先の人が、ハイジャック犯の中の人だったということだね。

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 11:25
スマソ、前とつながらない…

で、次の日何事も無くその人と仕事してたらニュースがいきなり。
漏れの乗る予定だった飛行機、ハイジャクされてたよw
あまりの都合のよさに、その人に尋ねたら
最初「たまたまですよ」とか「偶然」って言ってたんだけど
しつこく、他問い詰めたらその人曰く
なんかある人には、「違和感」を感じるんだって。
オーラのような匂いの様な、普段とは別の。そこらは本人もよくわかんないとは言ってた。
で漏れの場合、休みが近くなる毎にその「違和感」が強くなってヤバイって思ったんだって。
なんでも、その人が幼かった頃、爺婆親戚等ズバズバ逝くの当てちゃって、
両親に、なんかわからんがそーゆうのを言うの止める様キツク言われたから
ほんとに「ヤバイ」と思った親しい人に「それとなく」注意するようにしてるとか。

今思っても、不思議だ〜
長文・駄文でスマソ。文章力無いからな漏れ…

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 13:59
謎な話っていうか、多分脳がアレなんだと思うけど人の顔が覚えられないんだ。
接客業やってたんだけど「○○は何回にありますか?」「少々お待ちください」
で先輩に聞いて帰ってくるともうどのお客さんか分からない。

服見りゃいいんだけど『接客はお客様の顔を見てハキハキと』だから
ちょっと難しい、それだけが原因じゃないけどそこのバイト止めたよ。

髪型と服、クセとか仕草まで覚えられるけど顔だけがどうしてもダメだ。
学校でも、同じクラスで一年間過ごしてもまだ見分けられない奴がいっぱいいた。

どっかでこういう病気の人もいるって聞いたけどほんとなのかなあ、
顔だけ覚えられないなんてありか?

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 16:21
>>555
マンガやアニメの顔はどうよ。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 17:20
>555
漏れもヒトの顔がぜんぜん分からない。
3年ぐらい同級だった香具師でもぜんぜん分からないときすらある。
仕方ないからヒトを声で覚えている。


当然声優オタ(ry

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 18:05
いわれてみれば声は妙に記憶に残ってるな

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 19:03
漏れも脳がアレなんだろうけど顔が覚えられない。
「アイツいなかったような・・・いたような・・・」みたいに曖昧。

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 19:10
俺も全然思い出せない
きっと右脳が弱いせいだ

まぁでもそれほど不便じゃない

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 20:50
>>527
泣かないでーヘローン

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/04 21:19
>>556
二次元はOK、アニメってあんま見ないけど多分大丈夫。
声もそんなに覚えられないなあ・・・顔よりはマシだけど。

563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/05 00:45
>>555
>どっかでこういう病気の人もいるって聞いたけどほんとなのかなあ、
顔だけ覚えられないなんてありか?

相貌失認と呼ばれている。家族の顔ですら見ただけではわからない
というレベルのようだが。

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/05 22:37
京極夏彦の「狂骨の夢」に人の顔が覚えられない人が出てきたよ

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/06 12:10
>>536
あれだな。ゼイリブ。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/06 12:18
>>565
ゼイリブっていうとどうしても朝鮮人を思(ry

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 01:41
>>525
他のスレ(黒い人のスレ)に書いたんだけど、俺も青い人見たよ。
…ってもかなり呑んで帰った時だから信憑性はアレなのだが。

一昨年の冬かな、いきつけのバーで朝方4時くらいまで呑んでタクシーで
帰ったんだけども、タクシーの中で寝ちまって、ちょっとだけ行き過ぎたのな。
んでUターンして貰ったんだが、コンビニに寄るからって家の手前50mくらいで
降ろして貰って雪道を歩いてたら、歩道のわきにじーさんが居るのさ。
で、近付いて行ったらじーさんの顔が真っ青なのよ。
何かゴム質の青でさ、コッチは酔って脳がテンパってるから怖いとも思わず
「何でこのじーさんは朝っぱらからドーラン塗ってこんなトコ居るんだぁ?」
くらいにしか思わなかったんだよなぁ。
んで、すぐ横(50cmくらいしか離れてナイ)を「ヘンなじーさん」と思いながら
ジロジロ見つつ通り過ぎた(向こうもコッチを見てた)んだが、特に何もナシ。

ただ俺を降ろしたタクシーがさ、俺の横を通り過ぎた後に、
その先の信号が青だったにも関わらず、俺が追い付くまで停まってたんだよね。
そのタクシーの運ちゃんにも見えてて、心配してくれたんだろーか。

翌朝シャワー浴びてる時に思い出して、すっげー怖くなったさ。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 01:56
脳には、顔(っぽいパターン)に反応する細胞があるって聞いたことがある。
お札に顔を描くのも、少しの違いに気が付きやすいからだとか、
景色とかの中に顔的な組み合わせを見つけて「心霊写真」と感ずるとか、
聞いた。

その細胞の働きが少ない人も居るかも試練。


569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:07
>>568
細胞っつーか部位だな。
人によらず、「顔」と呼ばれる造形全体を認識するための部位が確かに存在する。
器質的障害(物理的な損傷)でここの機能が不全になるとその造形が「顔」と認識できなくなる。

似たようなものに「文字」認識のための部位もある。
後天的にここが損なわれると、書けるのに読めない、とか、逆に読めるのに書けない、とか不思議な症状が出る。

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:13
総工費581億円
毎年の赤字額20億円
もちろん、雇用保険積立金から補填
ちなみに雇用保険積立金は年内で底をつく

この壮大な無駄遣いの見本を見なけりゃ漢じゃない
わたしの仕事館を宜しくお願いします

ちなみに外観を見るだけにしてね、中に入るとお金取られるからね


571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:13
やっぱ顔は覚えやすいが名は覚えにくいというかタモリの物まねの人の
名が思い出せない。
イジリー岡田って名が思いつくがこれは違うって分かる。
ト二ー平原って思いつくがこれも違う。
どうもカタカナ+姓って感じだな。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:13
>>569
ガイシュツだとかスクツだとか、2ちゃんにも山ほどいそうだな

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:18
>>568
一時話題になった「おばあさん細胞(俗称)」ですね。
今じゃ否定されてるらしいけど。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:21
工事冨田

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:22
>>571
バッテン荒川。

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:25
>>574
それだ!でも顔とか芸とかはっきりわかるのに名前が思い出せない感じっておもしろい。

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:41
スルーされちゃった(・∀・)

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:42
年が若い場合、思い出せないのは脳がはなっから
記憶していないと言うこともあるそうな。
痴呆とかでなく覚える気が無いというわけで。

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:46
>>577
その人は名前は知ってるが本人知らない。
だが、どうもババぁ芸をやってるようなイメージがある。

ガキの頃は記憶量が少ないんで記憶を引き出すのが簡単だが、
年取ると記憶量が厖大になり、検索に時間がかかるとか。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 02:53
>>579
ボケてマジレスされると死にたくなります。
お休みなさい・・・永遠に。

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 03:08
「動物のお医者さん」の作者も以前、人の顔と名前が全然覚えられない
男子高校生の漫画かいてたよ。同じクラスの女子に「私は誰でしょう?
名前を言ってみて。」てなこと言われて答えられずに怒られるんだが、
俺も他人の顔や名前を覚えるのが苦手だったんで、非常に親近感を持った話でした。

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 03:08
生きていればいいことあるさ・・・永遠に。

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 03:18
>>581
けっこう勉強できるほう?
自分が親しくならないであろう人物を覚えないとか、
毎日乗ってる電車の駅は乗り降りするところしか覚えないとかって
秀才肌、博士君タイプ、マイワールド住人っぽい気がして。

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 03:33
>>583
漏れそれだ・・・秀才でも何でもないけど・・・
ものすごい勉強して何とか旧帝に潜り込めました。
断言します。これは努力で才能ではありません。だから結構自慢です。

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 08:55
なんか話がかみ合ってないと思うよ。

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 11:53
俺も人の顔って結構思い出せないな
何度か飲み会とかコンパで顔をあわせている女の子なんかでもわかんなくなる
ただ向こうは覚えている場合が多いから、挨拶された時に誰だかわかんなくて困ることもしばしば

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 12:22
バンドやってると怖いぞー。
不特定多数の人間が一方的に俺の顔覚えてるから。
もーオロオロしっぱなし。

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 20:28
ふだん何気なくパッと腕時計や部屋の時計を見ると
ちょうど4:44だとかそういったことが以前ありました。

それから数日後、知人が病気で亡くなったのですが
その時からは時計を見たとき4:45や4:43といった時間が多くなってきたんだけれど
何かあるのかなあ

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 21:09
>588
4:44や3:00のように連番・キリが良いなどの数字は
印象に残るから記憶に残りやすい。
他の1:46などの数字は見ても記憶に残らない。
ただそれだけ。

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 21:23
>>588-589
定期的にこの受け答えが出るが、これは何者かが暗号のやり取りをしていると見て間違いない。

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 22:15
俺も人の名前というか顔かな、、?が全然覚えられないバイト先のたまに会う
人とか思い出せないし、中学のときの後輩の名前も殆ど忘れてしまった、、、
あと中学のときサッカーやってて試合で顔合わせた奴とか相手はこっち覚えてて
こっちは顔も思い出せなかったりするときまずい、、、

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 23:36
顔を覚えられないってことは無いんだけど、俺が「あの人は○○に似てる」
って言っても誰も同意してくれないことが結構多い。 ちょっと悲しい。

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 23:52
>>592
私も同じです。
顔の見る所がちがうのかなあ。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/07 23:53
過去ログサイトを読んでいるんだけど。今、Part7まで読んだ。
読みながら、頭に中に時々怖いイメージや不思議な疑似体験が浮かんでは消える。
ただの妄想だろうとスレを読み進めていると、さっき浮かんだ妄想と似たような
内容のレスに遭遇する。
未来予知かなと思ったけど、よく考えると、そのスレは過去に書かれたものなん
だよね。
過去認知(ポスト・コグニション)なのか、未来予知(プレ・コグニション)
なのか、ちょっと不思議な感覚。

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 00:16
>594
ホモ・サピエンスという共通したアーキテクチャにおいては
パターン分類されうる似通った答えしか出せないと言うだけのことだ。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 01:47
今日、ラジオで聴いた話。
----------------------
会社の仕事が忙しくて、家には食事と睡眠のためだけに帰るという日々を送っていたときの話です。
その夜、僕は風呂に入って、つい眠りこんでしまいました。
寒さで目を覚まして、ビックリ。
浴槽のお湯が、全て無くなっていたのです。
栓が抜けていた、という訳でもなく、脚に栓のチェーンが引っ掛かっていて徐々にお湯が抜けていた、という訳でもないのです。
未だに謎な体験です。
-----------------------
さて、考えられる原因は何だろう?

1:家族に、眠っている間にお湯を抜かれた。
2:眠りながらお湯を飲んでいた。
3:お湯だけUFOにアブダクションされた。
4:浴槽のお湯を飲む妖怪「ぐいのみ」現る!

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 02:33
5:寝てる間に高熱を発したため湯が蒸発した。

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 03:10
6:栓が抜けていた、水が全て排出される際吸引力で再びはまった。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 03:20
湯につかっててお湯がじゃまくさいと寝ながら思い
湯を抜いた。いわば夢遊病状態。

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 03:25
10月20日は美智子様の誕生日。因みにお印は白樺。白樺の花は黄緑色。スプリンターやられたー。
シュウカ賞は黄色が1,2着にきますね。赤も注意。おめでたいからね。
10月23日は眞子様の誕生日。お印は黄色のバラ。もっこうばら。黄色だね。皇室の菊の紋章とだぶるしね。
見ててみなー。黄色に有力馬入れてくるよ

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 04:04
欲求不満のやおいババアほど忌むものはなし

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 19:32
ついさっき、17:20くらい、東京なんだけど
月が透けるくらいの薄雲が東に流れてた
で、月の下を、真ん丸なモノ(月の直径の4分の1くらいの直径)が
風と真逆方向に通過した。
驚いてしばらく見てたけど、雲が東に流れていくばかり。
あれってどういう現象なんだろう?

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 19:39
つまり真ん丸なモノは西に動いていったってこと?

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 19:51
そう。そして月を通過すると雲に隠れてしまいました。

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 19:52
あ、見直して気付いたけど時間は17:20じゃなく19:20でした。

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 19:54
じいちゃんが病院で亡くなった時、前夜使った焼肉用の分厚い鉄板が、
棚の上から落ちてきてみんなを起こした。
午前2時半、嫌な予感で家族が台所に集まったその時、電話が鳴った。
寝ずの看病をしていた母から、「じいちゃん、今死んだ。」
知らせってあるんだな〜と、不思議に冷静でいられた。

607 : ◆GTA3Eyrf52 :03/10/08 20:27


608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/08 23:46
>>602
雲が流れているせいでそれと逆方向に進んでいるように見えるんだ。

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 03:48
気球…かなあ?
こういうこともあるし
http://www.palette.furukawa.miyagi.jp/space/011107_0604obj.html

秋は下半分が吹き飛ばされたような形の雲が出やすいというから、気流は高度によって
かなり違うのかもしれない。

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 08:42
薄雲に反射したサーチライトじゃネーノ?

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 11:02
高校時代に、母方の祖母が入院してたので何度かお見舞いに行ったんだけど
行く度に小さくなって見えた。
やつれて、とかじゃなくて、本当に縮小かけたみたいな感じ。
あと全体的に退色した感じに印象が白っぽくなってた。
それまでにも何度も入退院繰り返してた人なのに、そういうのは初めて。
自分ひとりで抱えとくのが気味悪くて、お見舞いの後でご飯食べに行ったとき
「お祖母ちゃん小さくなってたね」って母に言ったら
「そんなことないでしょ」
って軽くスルー。

でも、お見舞いに行ってからすぐに祖母は亡くなったよ。
棺桶の中ではもっと小さくなってた。

同居の祖父が亡くなる前も、どんどん小さく見え始めた。
祖母のことがあったんで黙ってたけど、
小さく見え始めてから一週間しないうちに亡くなったよ。
何だか「わかる」っていうのが悲しかったなあ。

612 :602:03/10/09 12:45
諸説ありがとうございました
ちなみに丸いモノは影のつき方などの質感は雲によくよく似ていた…
数秒で月を通過しました
こちらは夜は西風が吹かないはずですので
動きが特に不思議でした(真ん丸さもその時は不思議に思ったけど)

613 :602:03/10/09 12:57
あ。東風だった…
このスレ愛読してます。それでは失礼しました。

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 14:29
トンプゥ

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 15:03
こち吹かば

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 15:04
でも月の4分の1くらいだったんでしょ

そんなにアップでみたら雲や気球くらい判断できるんじゃないの?

暗くても・・・・

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 15:17
>608
だけど、月を通過した、て言うんだから、その真ん丸は移動している

>610
サーチライトだと、雲が切れたとこでは見えなくなるよね
月が見えてるんだから、雲はそんなに密ではないみたい
ただの丸じゃなく、下からの光の線も多少見えるし
途切れ途切れで下から当たってる光線も見える状態なら、
真ん丸いモノが移動してる、と思うには無理があるかも
でもどういう見え方だったかはわからないけど…


でも、こういうのって、真相がわからなくても、誰も信じてくれなくても、
自分がなんだか不思議なものを見たこと自体に自分がワクワクするよねー
私も不思議なもの見たいなー
怖いものはいやだけどw

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/09 15:29
>609はスルーじゃないっす、ツッコミどころがみつからなかったので〜

>616
そんな識別可能な距離ではないと思う
もう暗くなってるし

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/10 14:53
一直線に動いてたなら人工物であることは間違いない
終わり

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/10 17:35
月を通過する短い時間で判別はできないんじゃないの…

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/10 22:23
>>592
俺も「ダニエルカールと牧瀬里穂は似てる」って言ったら思いっきりバカにされた。
似てるよなぁ?


622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/10 22:29
>>621
イ`

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 00:37
小学生の時、家に「○○理容店です。準備出来ましたのでどうぞ。」
という電話が掛かってきた。
しかし家族は誰も予約していない。そもそも店名に覚えがない。
間違い電話だな。と思った母が電話番号を確認したんだが、
向こうが掛けようとしたのは、確かに俺の家の電話番号だった。

不審に思ってさらに詳しい話を聞いてみると、
その店に爺さんがやってきて「孫を連れて来るから空いた時間に電話してくれ」
と言い、電話番号と俺の名前を書き残して帰った。
その爺さんは店の近所で時々見かける人物だと言う。
俺の家の近所に母方の祖父なら住んでいるが、そんな話全く聞いていないし、
俺を散髪に連れて行った事もない。
しかも店の所在地は市内だが俺の家から山1つ越えた場所。
家族の誰も行った事がなければ親戚や知人も住んでいない。

とりあえず覚えがないからとその場は電話を切り、
念のため祖父に確認したが、やはりそんな店は知らないとの事。
後で調べたので○○理容店が実在していたのだけは確か。

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 02:08
>623
> 俺の名前を書き残して帰った。
ってあたりが、謎だねぇ。お父さんの名前とかなら
電話帳に載ってるから、まだしも理解の範疇だが。


625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 02:14
まぁ普通に考えれば、
山向こうに>>623と似たような電話番号の家があり、
そこには同じ名前の子供が住んでいたっていうだけのことだな。

・・・でも、それって結構enigmaか。

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 04:16
山向こうにいるのが本当の祖父だったり

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 15:36
そしてご両親は秘密諜報部員。

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 17:42
スパイ・キッズ!!

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 17:47
ぴっとんへべへべ るってんしゃんらか
り〜ぼ〜ぱなぱな か〜わ〜へ
ぴっとんへべへべ るってんしゃんらか
り〜ぼ〜ぱなぱな か〜わ〜へ
えっけりめ〜ぎ〜 や〜しゃ〜や〜しゃ〜
もっけりめ〜ぎ〜 ぺ〜よっぽ
び〜よらんたん び〜よらんたん
るってめら〜 るってめら〜
び〜よらんたん び〜よらんたん
るってめら〜にゃ 
ぴゅ〜ん

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 18:36
ぴゅ〜ん

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 18:58
俺の不思議な話をうすとねー
去年人の家に住んでたら右に緑があって左を振りむいた時にはすでに
群青色になってて
あのとき友達は横にいたんだけどそいつは何も気づいてなかったんだよ
それで5日前になるんだけどそのとき俺が上は見上げるとサニーに乗り回したいって
友達を泣かした奴がいたから怒ってたんだけど
その時右を向いたらまた緑色に戻ってたんだ
マジ恐かったね

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 19:14
>>631
そうだね凄く恐いね

633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 20:28
>>632
うん、怖いね





                                              631が ボソ

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 21:57
今日7時ころ家のドア開けて外出た瞬間いたんだよ銀色の奴が
たまたまこのスレの緑色の親父とか見てたからやべえ俺のところにもきたか
って思ったらサウナスーツ着たおっさんでした、でも夜の暗いときに見ると
かなり怖い、フードもかぶってたし。


635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 22:58


   香ばしくなってまいりました


636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 23:32
前々から気になってたんですが皆さんメール欄に
sageと入れるのは、皆さんが賢人だから入れてるんですよね?
sageの単語の意味は賢人だし。

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 23:38
いや、SEGAのアナグラムなんですよ

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/11 23:59
>>637なるほど

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 08:01

 なっとくされちゃったよ おい

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 09:19
GASE

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 10:45
マジレスすまん
本当はSpeaking Against General Expressionの頭文字。
一般的な表現に対する発言、の意。つまり

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 15:29
tumari?


643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 15:41
下げるってこと

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/12 18:25
>636-643
ああああ
なんかわからんが参加したいー
でも自分のボキャブラリが伴わないことに鬱・・・

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 13:12
ついさっきの出来事です。

珍しく休日。今日は月曜日という事を忘れていて…
朝起きて、軽くネットなんかやったんです。
9時くらいに床屋に行こうと思い、出かけました。
床屋さん大繁盛。
仕方なく帰宅しました・・
またPCに向かって書き込み。
「床屋さん混んでたので、帰ってきたよ…」
しばらくして、その遊んでいたサーバーが急に落ちました。
仕方なくシャワーを浴びて、なんとなくカレンダーを見たら月曜日…
今日は月曜日だったんですよ!!
月曜日は床屋さんお休みじゃなかった!?
自分、東京に住んでいて月曜にやってる床屋には行った事がありません。
それとも、祭日だから営業していた!?
私の見た混雑する店内の風景はいったい…

そんな不思議な体験でした。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 14:20
(;´Д`)ソ、ソンダケ...


647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 14:40
熊本じゃ月曜
横浜じゃ火曜 休みだった

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 15:41
うち横浜だけど、いつも行くとこ日曜休みだよ〜。不便。

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 15:43
日曜休みは不便だな

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 16:53
>>645
それはやはり、床屋でお亡くなりになった人の霊ですね。
お客相手に刃物を扱う商売では、死人が月一ぐらいで
出ますからね。
お線香をあげるなど、供養さしあげて下さい。

651 :644:03/10/13 17:24
>636-643
はっ!もう終わってる!

床屋の不可解なことといえば
子供の時ってさガムくれるよねぇ。
あれって何で大人にはくれないんだー。
小6の頃さ、妹と行ってさ、お兄ちゃんの方はもういらないよねって
勝手に決めるなー!
ってぜんぜんスレちがいsage

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 18:18
>>645
うちの方(埼玉)は大体火曜日が定休日だよ。

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/13 19:51
大概月曜休みだけど
やってる所もある。
つまり他の店が休みなんで
開いてる店に殺到しただけ
と、考えてみる。

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 19:39
協会に入ってない床屋は自由料金・自由営業だね。
最近増えてる。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 20:55
休みの日ってかきいれどきだろ、あけてもいいんだよ。
このご時世とこやさんだって必死だよ。
いいなぁ、平日に散髪いける無職達は←漏れのことだぁーーーー!
散髪屋いく金もねぇよ。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 23:23
まだ私が小学生だったころ。
ある日、いつも通りに授業が始まったのですがどうも前にやった内容とかぶっています。
そのためでしょうか、すらすらと問題が解けてゆきました。
友達に「すごいねぇ○○ちゃん」と言われたので私が
「え?ここ前やったよ?」と答えると
「えー、やってないよ」との返事。
変に思い友達と今までの範囲を言い合ったところ私が1か月分くらい先までやっているようでした。
しかし、私が一人だけ勝手に予習したのではありません。みんな昨日まで私と同じところをやっていたのに。
わけがわからなくなり先生にも「前にやりましたよねー?」なんて聞いてみてもやってない、勘違いだろうとの返事。
結局翌日から2度目の授業を受けることになりました。
あれは絶対気のせいではありません。
だって、いつも点数の取れなかった算数のテストで90点が取れたのはあの時だけなのですから・・・。
これが本当の時をかける少女?

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 23:26
その分、余計に年食ってんだよ

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 23:56
>>656
うーん。人間の意識においては時間は一定してないとよく言われるけど、
未来の自分の意識と記憶を共有してたってことかな?
学校関係以外はどうだったの? 友達とかテレビの内容とか、デジャブ
とかなかった?

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 00:22
>656
マジレスしてやる、塾で習ってただけ。以上。

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 02:03
いいなー、なんかみんな不思議な体験があって・・・
漏れ何にもないw

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 03:53
>>660
それは不思議だ!!

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 09:36
>660
不可解だね!

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 12:43
>>660
不可思議だ

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 13:08
>>660
謎だねえ

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 13:10
>>660
摩訶不思議だ

666 :660:03/10/15 16:10
そっ そうか〜!?
そうなのか〜!?

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 16:11
おっ
666ゲト嬉しい〜♪

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 17:03
>>667に合掌、、、、(つ∀`)

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 17:10
>>666
キミがエニグマ

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/15 23:30
そろそろ限界なんだが…

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 07:46
まだ出しちゃダ・メ♥

672 :育児板からコピペ:03/10/16 08:53
755 名前:750@オカ板は怖くて逝けないヘタレ[sage] 投稿日:03/10/15 21:22 ID:P2hXuLW2
>753
ありがトン。それじゃひっそり吐き出させて…
オカ板に書いた方が良いような話なんだけど。

十年前に友達から赤ちゃんを抱っこした写真年賀状を貰った。
そのときは「あ、産まれたんだな。後でお祝い上げなくちゃ」としか
思わなかったんだけど、松の内が過ぎてから彼女の家に電話したら、
旦那さんがでて…赤ちゃん、死産だったっていうんだよね。
そして彼女、ショックで11月からずっと入院していてもちろん
写真なんか撮ってないって…
でも届いた年賀状は、嬉しそうに笑ってる彼女とよく似た赤ちゃんだった。

彼女はそれからしばらくたってから退院したけど、赤ちゃんのことは
何も覚えてなかったらしい。
写真はいつの間にかどこかに見えなくなっちゃいました

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 09:47
中学生の頃、友達とバスで出かける約束をした。当時はもちろん携帯とか持ってない。
バス停が私の方が先に乗るので、バス内で待ち合わせ。
時間は適当だけど
私が9時50分に乗車、友達のバス停に9時55分で駅着が10時10分くらいな距離。
で私は約束のバスに乗った。でも友達のバス停には誰もいなかったので通過。
結構遅刻とかする人だったので、
「あーあ。次のバスだと〜20分は駅で待つなぁ」って思いながら駅に着いた。

で、予想通り20分遅れで友達着。
そしたら、彼女曰く「9時50分前にはバス停にいたのに、バスが来なかった」という。
無人のバス停を私は見ている。でも来なかったと主張。
腕時計の確認もしたけど、時間は正確だった。

彼女は、嘘をつく人ではない。コレは絶対。
遅刻は常習なので今更だし、それは覚悟で付き合ってるから嘘の必要もない。
(彼女の遅刻癖に対する批判はしないで下さいw


674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 15:55
嘘をつかない人間でも見落とし・間違いはある
そんな世の中

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 16:29
遅刻の常習者は言い訳の常習者。
言い訳する必要の無い場合でも言い訳する。

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 16:31
バスガスバクハツ

677 :1/2:03/10/16 20:17
不思議な体験をひとつ。

高校3年のとき、無名の地元国立大に現役合格した。
もともと志望大学だった。

合格してから入学手続きの間の数日、変な夢を見た。
翌年の大学受験で、より有名な大学に合格し、合格発表から帰って来る夢だった。
「○○大に受かった。」と家の玄関をあけて親に報告する自分が居た。
母親は風呂上りで髪をバスタオルで拭いていた。

起きてから思った。
これは正夢だろうか?
○○大は難関だと思っていたから、受けようとすら思ったことも無い大学。
浪人して受かるものなら浪人する価値はあった。
しかし、こんな夢を見たからと言って、現役合格を蹴るのはバカげている。

迷った挙句、予備校の試験も受けてみることにした。
○○大進学コースの試験を翌日受けてみてびっくりした。

678 :2/2:03/10/16 20:18
なぜか、そのとき手にしたパンフレットの中に、それまで見たことも
無かったのに知っている顔の講師が3名ほど居る。

この知っているような講師に浪人の間、教わるのだろうか。
しかし講師は全部で数十名はゆうに居る。確率は低いだろう。

結果、この変な偶然に賭けてみることにした。
一年間、浪人勉強を熱心にして○○大を受けた。
数十名はゆうに居る中から、なぜか知っている講師が教えてくれた。
気味が悪いくらいの偶然だと思いつつ、そうなる予定だったような気もした。

合格発表の前日、母親が「明日はどうする?ウチに居た方が良いの?」と聞いてきた。
夢の話が本当かどうか確かめたくて、夢の話はしないで「一応居てみてくれる。」と
言っておいた。

翌日、○○大に合格していた。
家に帰ってくると母親が居て、去年見た正夢と全く同じ光景があった。

もし、夢とパンフレットの偶然が無かったら自分の卒業大学は違っていたと思う。
恥ずかしいけど、これ実話です。

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 20:29
>>677-678
別に恥かしくはないんじゃない?
なかなかおもしれー話だったよ。

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 20:32
んで、結果的にその有名大学にいって良かったん?

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 20:44
>680

比較は難しいよね。
どっちでもそれなりの学生生活だったと思うな。
別に自分は学歴マニアでもなし、ダメ元でやったバクチでもあったわけで・・。
(正直言うと、そこは落ちても良いから、その滑り止めに行ければ良いや、
とは思っていたよ。それでも現役のときよりはワンランク上だったから。)

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 20:46
夢が運命を変えたのか、元々そうなる運命だったのか、
夢を見た辺りから並行する別の世界へと分岐していった
可能性はあるわな。

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 20:58
>682

そう言われるとそうですね。
考えたことも無かったっす。
それまで正夢はデジャブ状態で結構あったんですよ。
これが最期でしたね。
この後、一回もそれらしいことはなぜか起こらなくなって・・。


684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 21:09
大学のレベルが上がったからではなく、夢なんて不確かなものにかけてみて、
信念が全うされた、充足感のようなものが伝わってきますね。

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 21:23
>>676
ハグハグアグアグ。・゚・(ノД`)・゚・。

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 22:35
>>683
それは単に精神(主に認識力)のキャパシティの問題じゃなかろうか。
今の君は分岐した「こっちの世界」にいるわけで、「あっちの世界」つまり浪人
せずにストレートで進学した方の君は、潜在意識の中に存在する。
個々の潜在意識は、ユング心理学でいう集合的無意識に繋がっているから、そこで
君の知人や家族の無意識と繋がってシミュレーションを繰り返している。
そうやって今の君の意識に沿うよう「昇華」されているわけだ。
子供の頃は、しがらみも少なくその作業は割と短時間ですんだが、成長するに連れ
友達・家族・社会的なしがらみも、より複雑で多岐に渡るため時間がかかるものと
推測される。
もし大人になっても正夢現象が頻繁に起これば、君自身の潜在意識のキャパを
超えて処理せねばならないため、意識がハングアップすることもある。
だから、今はブロックされていると考えられる。
今後同様の現象が起こるかどうかは、私にも分からない。
これで十分と考えれば、もう生じない可能性は高い。
あくまで、これらは仮説だけどね。

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 22:53
('A`)<アタマイタイ…

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 22:56
>686

ふーむ。

夢で進路が影響されると、確かに「もしもあのとき」って言う
ストーリーは心のどこかに残りますねー。
この経験で「人生ってひょんな運もあるもんだな。」と
私、思いましたもん。

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/16 23:12
('A`)<読むのマンドクセ

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 02:55
それ、自分もよく考えます。
「なれたかもしれないもう一人の自分」
あのときこうしていたら今頃は・・・って
頭でシュミレート(シミュ?w)するのが楽しい。

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 02:57
>>689
漏れ、いっしょけんめ読んだZE!

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 03:34
偶然見た夢に向かってきちんと努力した>>677の才能のなせるわざ。
その夢のおかげなどではなく、君の実力。おめでとう。

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 04:20
>>690
シミュだよ。

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 04:43
>>693
ありがとー

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 04:45
>>694
どういたしまして。

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/17 14:19

 (・・) age♪
  ゚し-J゚


697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 01:18
>>674
遅レスだが


ポイズン

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 01:26
キアリー

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 01:57
>>674
>>675
この、住民に忌み嫌われながらも粘着している奴。どっか行ってほしいよね、マジで。

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 04:48
>>699
この程度まだマシだと思わなきゃ。
何書いても「気のせい」とかいつまでもレスつけられるよりマシ。

701 :GTB:03/10/18 06:02
つーかお母さんはそんな大事なときに何故髪などを洗っていたのかと。
はっ!水ごり、って奴か。ああ美しきは母の愛情。

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 10:47
また自分の不思議体験を気のせいだ系のレスで軽くあしらわれた程度で
噴火してる低脳厨房がいるようですね。

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 13:13
家を出る時にまだ妹が部屋にいたらしく(床を歩く音や物音)
鍵をかけずに家を出た。

帰ってくると妹がいて、
「鍵かけわすれたでしょ」
といわれた
「だって出る時にまだお前いたし」
とオレはサラリと言ったが、

「私はアンタより2時間早く家を出ましたー」
と言われた・・・

参っちゃったな。

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 14:17
702=粘着気のせい厨=キチガイリア消

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 14:17
702=粘着気のせい厨=キチガイリア消

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 15:34
>>705
おちつけって

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 15:51
>>703
居ないはずの人間の気配を感じたと言う事だね。

それよりも自分は出先なのに兄(姉)が2時間後に外出したのを
知ってる方が不思議。          ~~~~~~~~~

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 15:52
妹は二人いる!!!

709 :メーメェMk-Uセカンド2号機 ◆n3VYsMSBOQ :03/10/18 16:04
>>708
( ∀ ||)

710 :703:03/10/18 16:20
まあ、オレがいつも家を出る時間は大体知ってたからね・・・
妹が家を出る時間は知らんかったが。

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 16:21
>>704
頼む、嵐てくれんな。

712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/18 23:20
>>711
荒らしてんのは粘着気のせい厨だろ。

713 : :03/10/18 23:41
それも気のせい。

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 00:03
気のせい厨誘導。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1058418703/


715 :その1:03/10/19 00:15
私が中学生の時の話。

朝起きて、居間へ行くと小学生の弟から
「姉ちゃん、昨日の夜中居間へ降りてきて、なにやってたの?」
と唐突に聞かれた。
全く覚えがなかったので
「へっ?昨日の夜なんて、居間に降りてないけど?」
と答えた。
「僕昨日の夜中、姉ちゃんを見たんだよね。」と、弟。
私は訳がわからなかったので、弟からよく話を聞くことにした。

弟は、当時居間の隣にある仏間で、両親ともう一人の弟と4人で寝ていたのだが
その日の夜中に突然目が覚めて眠れなくなったらしい。
(ひまだなー・・・・)
と、うつぶせになって、寝ながら隣の居間をぼーっと見ていると
階段をトントンと降りてくる足音が聞こえてきた。
(あ、姉ちゃんだ。水でも飲みにきたのかな?)
弟はそう思って眺めていると、カチャっと音がして、廊下から居間へのドアを開けて
私が入ってくるのが見えた。
弟が見た『私』は、なんだか異常なほどに落ち込んでいて、「はぁー・・・」とため息ばかり
ついていたらしい。
そして、弟がじっと凝視する中で『私』は居間の電気もつけないで
真っ暗闇の中でうろうろ歩き回り、ソファーへと腰を下ろした。
その時、古いソファーが出すスプリングの音までちゃんと聞こえたらしい。
暫くソファーにじっと座っていた『私』は、弟の寝ている目の前まで来て彼の数センチ前に
体育座りみたいに座り込み、また「はぁー」とため息をついた。

716 :その2:03/10/19 00:17
弟はその『私』に、なにか異様なものを感じ怖くなって、声をかけなかったそうだ。
その後、『私』は立ち上がるとそのまま廊下へ出て行き
「トントン」という音と共に、2階へと上がっていった。
弟はすぐに眠くなって、気がついたら朝になっていた・・・ということが事の全容だった。

弟は「本当に、昨日下にこなかったの?」
ともう一回聞いてきたが、私は
「うん。行ってない。」
と即答した。
弟は不思議そうに
「じゃあ、あれはなんだったんだろう・・・」と言った。

私はその日、2階にあがるとすぐに眠ってしまったから、そんなことはしていない
と断言できた。
でも・・・・・少し引っかかるところがあった。
何故なら、その日見た夢が住んでいる家の周りをうろつく・・・という内容だったから。
弟が見た『私』は本当に寝ぼけた私だったのか、夢から出てきた私だったのか。
それともそれとはまた別の『何か』だったのか・・・・。
いまでも謎のまま。

ちなみに幸いにも、夢遊病の気は現在・過去共に皆無です。

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 00:35
ねぼけたんじゃん。
よくあることじゃん。

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 00:45
昔、超能力入門みたいなカンジの本に書いてある通りに透視実験してみたら
マジ透視出来たのでびびってやめた。
あれはいったいなんだったんだ?

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 00:56
小5のとき、通学路の交差点を渡っていたとき、右折車が横断中の俺
めがけて突っ込んできた。 催眠術にかかったように体が動かず突っ
込んでくる車を呆然と見ていたら(あらぬ方向を見ているドライバー
の顔まではっきり見えた)、後ろから突き飛ばされ、俺は難を逃れた。
 が俺を突き飛ばしてくれた大学生は車に跳ね飛ばされた。 泣きな
がら近所の家に駆け込んで救急車と警察を呼んでもらい、自分は警察
の事故処理係に出来る限り状況説明をした。 後日、家に警察から電
話があり大学生の入院先を教えられ、母親と見舞いに行って御礼を言っ
た。 

中学1年のとき父親の仕事の都合で同県内の市外(というか、山の中)
へと引っ越した俺は、そこで先生となっていた件の大学生と再会した。
お互いに驚き再開を喜びつつ、3年間面倒を見てもらって(なんせ田舎
の分校なので、先生はずっと同じなのだ)俺は中学を卒業し、高校進学
と供に市内に戻った。

つづく

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 00:57
つづき

地元の教育大学に進学した俺が教育実習先の小学校へ向かう途中の交差
点で自分の前を渡っている小学生の女の子に右折車が突っ込もうとして
いるのをみた。 今度はドライバーが携帯電話で喋りながら運転してい
るのが見えた。 スローモーションみたいに流れる情景に「ウソだろ・
・・」と思いつつ、とっさに女の子を突き飛ばしたら、自分が跳ね飛ば
された。 コンクリートの地面に横たわって、泣いてる女の子を見なが
ら、あのとき先生もこんな景色を見たのかな・・・とか考えつつ意識を
失った。

入院先に、俺が助けた女の子の親が見舞いにやって来た。 彼女の親は
中学時代の恩師であり、俺の命の恩人そのヒトだった。 「これで貸り
は返せましたね」と俺が言うと「バカ・・・最初から、借りも貸しも無
いよ」と先生は言った。  ベットの周りのカーテンを閉めて、俺たち
二人、黙って泣いた。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 01:29
>>719->>720
ええ話や。・゚・(ノД`)・゚・。
不思議な縁ってあるものですね

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 02:05
>>701
水垢離は思いつかなかった。
俺は、何の疑問も無く、待ってる間に手持ち無沙汰になって
「風呂でも入って待とうかしら」なのだと
何の疑問も無く思ってた(w


だーから、友人に冷てぇとか思われるんかな、俺(´^^`;

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 03:24
>>719
感動した。・゚・(ノД`)・゚・。

724 : :03/10/19 03:53
小学5年生のとき、夕暮れの帰り道で痴女に襲われた。
オナニーも知らなかったオレのちんこをしごいて、その後のことはあまり思い出したくないが、
それが初体験となった。

その後引っ越した先で中学1年になり、担任になったのがその女だった。
その女教師もオレのことを憶えていて、中学3年間もてあそばれつづけた。

成人したオレは会社をリストラされ昔の町にもどってきた。
職安の帰りにあの公園を通ったが、そのとき赤いランドセルを背負った女の子が目に入った。
オレは何かに操られるようにその子に手を伸ばし、茂みに引きずり込み、犯した。

3日後オレは逮捕され、警察でその子の親に出会った。
例の女教師だった。
オレは笑った。腹の底から笑った。。。

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 04:00
>>724
憤怒した!!!(`・ω・´)

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 07:26
だいなし〜

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 07:58
>724

つまらん!おまえのはなしはつまらん!

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 11:19
>>719本当にあるんだそういう話、、、感動した。

729 :GTB:03/10/19 16:56
>>722
そう、水垢離。
もしかして昼下がりの不倫、情事の名残?とか思わないおまいはイイ奴だ。
おかあさん大事にしてやってな。

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 22:55
時々あることだが、寝ているときに本棚から本が落ちてびっくりすることってあるっしょ?
そういう時なぜか夢の中で、飛行機から落ちるー!とか、車にひかれるー!って瞬間のタイミングなんだよね。
だから夢の中で、数分前から本が落ちる瞬間にあわせて物語のクライマックスになってるような設定になってるような感じ(わかりづらいかな?)
本が落ちることを予知しているとは思えないから本が落ちた物音を聞いた瞬間に数分間に相当するような夢を見ているのかなって思う。
これって普通に誰にでもあることかな?

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:05
>730
あること。

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:06
>>702
いや、どっちにしてもそっとしておけばいいんじゃないか?
明らかに問題を作っているのはお前だし。

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:15
>>730
記憶にはない。超能力だろ

734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:23
>>730
二度寝しかけたときは、
夢と現実の狭間で何時間も経ったような気がしたのに
実際には数分しかたっていなかったということはあるな。

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:24
あまり怖くないのだが、モノが消失することって無いだろうか。

子供のころ「お茶漬けラーメン」っていう変なラーメンがあった。
変なラーメンだったから、すぐに無くなった商品なんだけど。

このラーメン、やっぱり変だからよく覚えていて、僕ら兄弟は
楽しみにしていた。場所も知っているし、週末に食べようと話題
にしているくらいだった。家族の間でも盛り上がった話題だった。

それが、ある日姿を消した。
もちろん家族は誰も食べていない。

僕らは気が付かないだけで、実はいろんなものが忽然と姿を
消している可能性があるんだな、とそのとき思った。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:37
>735
半年前くらいまで浦安にやはり「お茶漬けラーメン」を出す店があった。

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/19 23:58
>730

はいよ。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:aF68qmpXypIJ:piza.2ch.net/log2/body/kako/962/962131232.html+%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%82%8B%E5%A4%A2%E3%80%80%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%A3%E3%81%A6&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja

2ちゃん過去スレ。46あたりからな。

738 :730:03/10/20 00:09
>737
ありがとん
なんだ、結構普通にあることなんだな。

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 00:13
            _, ,_
           ( ゜Д゜) う ん こ ボ タァ 〜
           /,   つ
          (_(_, )
            しし'
          _人
       ノ⌒ 丿
    _/   ::(
   /     :::::::\
   (     :::::::;;;;;;;)
   \_―― ̄ ̄::::::::::\
   ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
  (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
 / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
(        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
 \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 01:21
>>735
カップが2つ重なってて、上がラーメン、下がお茶漬けのやつ?
小学生の時あった気がする。
最近だとお茶漬け味のラーメンもあった。

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 02:18
体験って程でもないけどよく思うのは、インターネットの掲示板などに
書き込むと、その後その内容が実現することが多いという事だ。

以前、人生相談の掲示板にある願望を書いたら、それからすぐ後にその
内容が実現した。(マジ) やっぱり、インターネットって世界中に発信
されているから、見えない力でそういう事になるんじゃないかな。

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 04:27
はいはい。
「宝くじが当たりたい」とかかいとけ。

743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 06:35
じゃぁナンバーズ4のストレート当てるぜ

2ちゃんに書いた事が現実化します。助けて!
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1054711855/


744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 06:38
美佐と結婚したい

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 08:48
>>741は真性の馬鹿

746 : :03/10/20 09:17
>>742は馬鹿にしながらも自分の願望をちゃっかり書いてる

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 11:50
>>746
warota

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 13:01
>>741
誰か「想念現実化能力」を持ってる人が、たまたまレスを読んだとき、それが
現実に起こるのかもしれない。
単に君自身がその力を持ってる場合もある。
仕組みはシンクロニシティを能動的に起こしていること。そういう人間も現実に
居るという話を聞いたことがあるよ。
こんなこと言ってる人もいる。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062638929/559

または、ネットがある種の亜空間として活動している可能性。ネットの掲示板が
様々な人の想念のたまり場として機能しているんだから、運命共同体でもある
わけで、それが現実世界に影響することがあるかもしれない。

最後は、単なる偶然。
たまたま偶然に実現したことが印象に残り、全て現実になると錯覚する。
ギャンブルで大勝すると、それが持続しそうに思いこむのと同じ。
こういう人は、夢よもう一度という意識が強く、勝ったことしか頭にない。
だから、最終的にはスッテンテンになるまで目が覚めない。

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 14:01
>>736
うろ覚えだけど
「ラーメン茶漬け」って商品が最近までなかったっけ?

>>742
んじゃ、漏れも
「年末ジャンボを当てたい」

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 14:15
>749
あったぞ、ラーメン茶漬け。

好奇心をはげしく刺激されて買ってみたけど…
なんつーか、ラーメン食った後の汁(麺が少々残ってる)に
ご飯ぶちこんだよーな感じですた。

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 14:26
>>724
最低の人間たち

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 14:30
>>751
直前の書き込みの改悪バージョンですよ
そういうのが楽しい人っているのね

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 14:43
楽しくないw

754 : :03/10/20 15:04
”ちゃっかり”って10回言ってみろ。


何かおかしくないか?こんな言葉あったっけ・・・って感じにならない?

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 15:52
>754の言う感じって
「”ゲシュタルト崩壊”という現象」、で合ってるかな?

756 :ゲシュタルト崩壊:03/10/20 16:09
集合認識ができなくなること、意味を失うこと。
例えば漢字をじっと見ているうちに、
漢字が漢字にみえなくなったりする状態。
脳に障害が起きるとそれが恒常化したり、
何を見ても全体としてとらえることができなくなる。
言葉がゲシュタルト崩壊を起こすとただの音の羅列となり、
自我がゲシュタルト崩壊すると廃人となる。


((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 16:35
ちゃっかりちゃっかりちゃっかりちゃっかかかりちゃかかか


ゲシュタルト崩壊を起こす以前に舌が回りません

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 16:36
>>756
離人症に良く似た症状だね

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 18:34
ぼーっと、実家近辺が脳裏に浮かんできたり
昔、通い慣れた通学路や場所のことを考えていたりすると
必ず、昨日そこで見かけたよとか言われる。
私は、行っているのか?????
それと子供の頃に、自分ちの押入れや箪笥の中に入って行くと
細い子供しか通れない場所をずっと通っていって山の中とか屋上にに出た。
そしてその場所を通って帰って来れた。
見てても誰も気付かなかったけどね。見えないみたいで。
誰も信じないと思って誰にも言ってないけどさ。
決してあれは幻じゃあなかったよ。

760 :魔紀 ◆E5NseFhVCM :03/10/20 18:37
>>756
あの感覚が恒常化したら怖いな

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 18:55
>>756
漏れすごく酔うとこういう状態になる。
文章を読むんだけど、意味が分からなくて繰り返し読んでいると
字が読めなくなる。
人の話も聞いていると、最初は理解できるんだけどだんだん意味
が不明になってくる。
頭がおかしくなるってこういうことなのかといつも悲しくなる。
これもゲシュタルト崩壊って言うの?

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 19:58
>>761
それは”すごく酔っている状態”と言います

763 :ピリピリ ◆gGL5OsO5Yg :03/10/20 20:01
ジャンル分けするとオカルトなのかどうか微妙だけど妙な現象が現在も続いてる
俺、数年前に仕事中に怪我して指の神経を損傷して後遺症というか指に軽い痺れが残った
これが、また妙なんだよね・・人に話しても信じてもらえないと思って黙ってたんだけど

よく、古傷が何かのセンサーみたいに気圧の変化や天気に反応する人が居るけど
俺の傷って天気とかだけじゃなく特定の人物に対しても疼きとか痺れがハッキリと出る
特定の人物というのは 「俺に悪意をもってる人間」 「俺と特に気が合わない人間」
顔見知りとか初対面とか無関係に反応するっぽい。

例えば、俺を嫌ってるA氏という人物が居る
俺はA氏に嫌われてる事実を知らなくても傷が疼き痺れが走る
A氏が近くに居ることに俺が気付いていなくても近くに寄ってくるだけでね。
初対面でも、性格的に気が合わない人物は、やはり傷が反応する
気のせいでは無くて、凄まじい精度で傷が反応した人物とは気が合わない

なんか、人間って念というか氣というかオーラというか そんなん出してる気がする
こーゆーの、なんとなく直感的なモノで感じてる人は多いと思うし現に俺は体で感じてる。
他に似たような経験在る方居ます?

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 20:39
漏れのティムポもセンサーみたいに巨乳に反応します(・∀・)

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 21:04
いいなぁ、そんなセンサーほしー

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 21:11
漏れのティムポはスカトロ画像にしか反応しないのだが…

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 21:14
手の知覚神経は半端じゃなく敏感だから何に反応しても不思議は無いよね

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 21:22
わりと新しい傷は血が巡ってるから、たとえば走って息切れして
動悸が激しくなったとき傷のところだけどくどく言ってる感じで
嫌いな人が近くにいるときも、血っつうか、なんか反応しやすいんじゃないかな。

769 :ピリピリ ◆gGL5OsO5Yg :03/10/20 22:05
>>768
血流でドクドクって感じよりピリピリザワザワって感じになる
指を針でツンツンされたような感覚と掌の神経がピリピリって痺れる感覚
なんか、機械みたいに俺の意志や感情とは無関係に反応する

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 22:10
>761
触覚以外に反応するのは不思議です

771 :1':03/10/20 22:23
目の不自由な人の中には指先で絵や色を識別することが出来る人がいるって
夢野久作の小説で読んだことがあって、そんなもんかーって思っていたら、
現実に出会ったことがあるのよ。

んで昔「TVタックル」で東欧だっけ?から「指先で絵を見る少女」が来日して
大槻教授がいちゃもんつけてたけど(後日「噂の真相」でも文句を言っていた)
指で絵や色を見る能力って社会にはまだ認知されていないの?

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 22:32
>>771
開高健の「オーパ!」だか「私の釣魚大全」だかにも
裏返した花札を指先で触って当てられる人の話があったぞ。

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 22:49
>771
特殊な思想を持つ人々のコミュニティ以外では、鼻で笑われる程度にしか認知されていません。

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 23:29
>766
それは触覚が優れているということでは

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/20 23:43
なんにしろヤなヤツセンサーほしいよぅ!


776 :644:03/10/21 00:28
>>651
久しぶりに覗いてみたら、完全にスルーされてる。
ガーン
てな訳で、今度は本当に不可解な体験の話をしようかなと・・・
でも、この話を友達にすると「テープは?」って言われるんだけど、
そんな怖いテープ上書きするだろと、先に言っとく。
要は証拠はないよってことです。
あと文書くの下手なんで15秒くらいで言えるのを1分くらいで書くと思うけど、
ごめんね

777 :644:03/10/21 00:29

10年位前の話なんだけど、
うちは2階建てなのね。1階に電話があったんだけど、
それはほんとに電話だけの機能しかないやつで(数字のボタンしかないってやつ)
それだと2階にいると電話の音が聞こえなかったり、間に合わなかったりする。
なので、俺を除いた家族会議で新しく電話を買おうってことになったらしく、
うちに新しい電話がきたわけ。
その電話は子機がついてて、留守番・録音機能付き(テープ)のやつでさ、
俺は知らなかったってこともあって、大喜びでさ、いじくりまわしてたの。
そうしてるうちにさ、魔がさしたって言うか、ふと思いついたんだ。
これって、どこまで話できるんだろうって。
説明書見ると、条件によって30〜50メートル位話せますって書いてあるんだ。
よし、こいつは試さなきゃって思うよね?だって違ってたら不良品になるわけでしょ。

778 :644:03/10/21 00:29
普通だとさ、たぶん外に出て友達に電話かけて、
「新しい電話が来た」ってしゃべって終わりなんだろうけど、
俺って人よりちょっとおかしいんだろうね、
なんていうか、複合的に試さなきゃだめだって思ったわけ。複合的ってのはつまり、
子機を使うと同時に、メッセージ録音機能を使って自分の声を録音しようって思ったんだ。
メッセージ録音機能ってのは、「おやつはどこそこに入ってます。」
なんてのを電話に吹き込んで置けるやつのこと。それが子機からもできるのね。
この説明わかる?わかんない人ごめんね。
で、自分でもここから自分自身が不可解なんだけどさ
50メートルくらい先の商店から徐々に家に近づいて、子機がつながるかどうか試して
つながったら録音機能で「あいうえおかきくけこ・・・」って入れていこうって思ったんだ。
ここがさ、ぴんとくる人は「逆だよね。それって。」って言うんだけど、
実際、家から電話がつながってる状態で録音していけば、家に帰ってテープを聞いて
例えば「た」で終わってたら、
大体あの当たりまで行っても、しゃべれて録音できるんだなってわかるでしょ。
そういうことをやりたかったんだけど、なんでか逆でやってしまったの。
まぁ、ばかなんだね。

779 :644:03/10/21 00:31
それでさ、商店のところはつながらなかったんだけど、
10メートルくらい家よりのところでつながったんで、
そこから録音ボタンを押して「あいうえお・・・」って言って録音しながら家に帰ってきた。
で、再生した。
そうしたらさ、「あはははは ブツッ」って短く低い声で笑い声が入ってて、
俺あわてちゃってさ、「何で笑い声入れるんだ」ってご飯作ってた母親に八つ当たり
当然、母親はそんなことしてないって言うよね。確かに、機械なんかいじれない人なんだ。
そうだよな、ありえないよなって思ってたんだけど、
ふと、商店の道路はさんだ向かい側って墓地じゃんと思い出してさ。慌てて上書きしたんだけど。
冷静になってから考えてみると、違法電波ってあるでしょ。
俺んちの1.5キロくらい先に「横浜横須賀道路」通ってて、そっから電波拾ったんだな。
たださ、不可解なのは、録音しながら帰って、確かに「は」くらいでプチっと電話は切れたんだ。
だから「あ」から「は」くらいの長さの時間はテープ回ってなくちゃいけないんだけど、
「あはははは ブツッ」なんだよね。
そんだけ。

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 01:03
乙!
(スルーされると悲しむから)

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 01:33
>>776-779
途中意味がわからなかったけど、別に気にするまでの話でもないやと思って最後まで読んであげたよ。


782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 06:07
>>776
俺も一応読んであげたよ

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 08:36
じゃぁオレも

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 10:14
>>776 微妙に不思議でよかったよ。

>>763 Oリングみたい。

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 12:40
>>763 一時期、ストレス性の蕁麻疹がずっと出ていたとき同じようなことあったよ。
私の場合不思議なことでは無い気がするけどね。
不快な環境(気温、湿度、人込み)になどに反応して全身にじんましんが出たり引いたり繰り返してて
ほんと辛かったんだけど、やっぱり同じように嫌な人とかにも反応したよ。
急に体温が上がる感じがして、皮膚がムズムズしだして、「!?」と思ったらちょうど嫌いな人が近づいてくるところだったりして。
多分、気付いてないと思ってただけで、無意識にはその人の気配を感じ取ってたんだろうなあと思う。
心身ともに弱ってて、微妙な環境の変化とかにすごい敏感になってたから。
あと、普通に人と話しててたらじんましんがポツポツ出始めたことがあって、「あ、私はこの人のこと嫌いなんだな」と気付いたこともあった。



786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 13:33
「じんましんが出るほど嫌い」って、ただの言い回しじゃなかったんだ。
勉強になるなぁ。

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 13:35
>>763
漏れはないけど、傷ってさ体内を剥き出しにしてるのと同じじゃん
そういうことって関係ないかな

>>776
微妙にスレ違いかなぁ
といってどのスレと言われると答えられんが(w

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 14:54
いやいや、おもしろいぞな。

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 15:24
>>719-720
これコピペだろ?前にどこかの板で見た気がするんだが。

790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 17:58
>>741
ペルソナ2

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 18:44
1ヶ月前、近くの山ですごいものを見てしまった。
時間はよく覚えていないが、会社帰りで薄暗くなってきた頃だった。
いつものように自転車で山道を通っていると、
向こうの方からクチャクチャ音がするような気がした。
よく見ると、すぐそこにある木の下に髪の長い女性がうずくまっていた。
オレにはすすり泣いているように見えた。
「どうかしましたか?
その質問に答えは返ってこない。
そしてふとその女性の手を見ると、手から血が滴り落ちている。
オレはそこで女性が怪我をしているんだと思い、
「大丈夫ですか!?救急車呼びましょうか!?
と訊いてみた。
するとその女はこっちを向いた。
その瞬間オレは言葉を失った。
その女は怪我をしていたのではなく、
子犬を食っていたのだ。
よく見るとその女の周りにはたくさんの動物の死骸があり、
血まみれになって死んでいた。


792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 18:46
そして女は急に立ち上がって、わけの分からない言葉を
叫びだして、オレの自転車を突き倒した。
オレは恐ろしくなって逃げようとした。
しかし自転車と足とが挟まって立つことができない。
もう終わりだ、と思った瞬間目が覚めた。
病院のベッドの上だった。
朝、近所の人が死んでいる動物たちとともに眠っている
オレを見つけて救急車を呼んでくれたらしい。
そしてオレのふくらはぎには、多数の噛み跡があり、
少し食いちぎられていた。
いったいあの女は何者だったのだろうか?
そして今でもオレはあの道を通り続けている。

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 18:55
>>791
こわ〜

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 19:24
まじでつか?

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 20:23
お、ヒサルキだよそれ。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061226435/l50

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 20:29
ヒサルキまだやってたんだー

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 20:36
うむ、ヒサルキだ

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 21:29
ヒサルキ住人必死

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 21:35
皆示し合わせたように某レスをスルーしてるのが笑える。

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 23:44
えっ?どれどれ?

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/21 23:59
>>800
800ゲトおめ。

>>776-779 のこと。

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 00:12
>>801
スルーしてないじゃん?

803 :801:03/10/22 00:21
>802
>>776-779の長編書き込みへのレスが
みな1行でおざなりなのが笑えたの。

>780
>乙!(スルーされると悲しむから)

>781
>途中意味がわからなかったけど、別に気にするまでの話でもないやと思って最後まで読んであげたよ。

>782
>俺も一応読んであげたよ

>783
>じゃぁオレも

784
>微妙に不思議でよかったよ。

786
>微妙にスレ違いかなぁ


804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:06
>>791-792
激しく気になります。場所はどの辺りですか?
差し支えなければ県名だけでも教えて下さい。

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:13
同意!

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:46
>>804
おまえがその女だな!

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 01:51
レスすると・・・
「しゃべったなぁぁぁ!!」
って?

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 02:15
俺昨日もいつもどおり夕方にバイトを終えて家路につこうとしました
いつも通る道は暗くて細い道でそのくせ意外と人通りはあって
結構人とぶつかったりするんですが
その時はなぜか人がいなくて、夕方で異様に空が赤紫になってたこともあって
ちょっと怖かったから小走りでその道を抜けようとしたんだけど
いつもは歩いてその道通り過ぎるのに5分もかからないんだけど
なぜかその時は何十分歩いても歩いても通り抜けられなくて
そのうち空も暗くなってきてマジで怖くなって隣の塀を乗り越えようと思って
壁を掴んだら後ろから誰かに引っ張られて
反対の壁に頭をぶつけてしまってそのまま何分か意識が朦朧(もうろう)として
意識をきっちり戻したときはまた夕方に戻っててもうわけわからん状態だった。
とりあえず早く家に帰ろうと思って。
その日は寝たんだけどまたバイト行くときその道通るとその時も人通りが少なくて
目の前に人が倒れてたんで。
声をかけようと思ったら、どうみても俺なんだよ・・・
マジで腰ぬかしてそのままバイトまでダシュでいって
会社にいったら みんなうんこもらしてて 俺もそれ見たらいきなり地面にどばー!
って汚物が出てしまってその勢いで空まで飛んでいった
そのとき人が俺をみてたんだけど俺はそいつに唾かけてやったら

目が覚めたんだ

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 03:07
>>808
ヘンなクスリはやめろ?

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 05:18
夢の話しは夢スレへ ドゾ〜

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 13:03
>>806
口の大きな女は男(亭主)を食い殺すって昔から言われると聞いたことがある。

812 :791:03/10/22 13:42
>>795
やばい!!
オレの家、熱海じゃないが静岡だ!!!

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 13:47
まだ続いてるんだよ・・・ヒサルキの呪いは〜
一ヶ月前だってよ〜?
おまいもそのうち見ちゃったりして〜

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 15:28
カナーリ前の話

リア厨の頃、受験が近いって事も有って進学塾に通っていた。
自宅から結構離れていて自宅から30分位のところまでチャリで通っていた。
塾が終わった帰り、チャリに乗って通ってるのは自分だけ(友達はバスに電車)だったので
いつもひもじい思いで帰ってました。
ある日「じゃあね」といつも通り挨拶を交わしチャリンコに乗りながら、
帰り道にいつも通る交差点にたどり着いた。
この時、フッっと怖い話を思い出してしまった。
何か急に怖くなってしまった僕は別ルートの大通りを通る、明るい道を選んで帰る事にしました。
大通りの街頭、オレンジ色の光に照らされながらチャリをこぎ続けた。
そこである物に気付いた。目印となる車屋。
そこの前はカナリ明るく遠くからでも一瞬で気が付いた。
「あと5分くらいかな」と思ってチャリをこぎ続けた。
所が時計を見てみると30分はこいでいる、が一向に付く気配は無い。
それだけじゃない。人影も段々と減ってきて車の数、街頭の数、建物の数が減ってきた。
「絶対おかしい、あの交差点(もう一つのルート)を通り過ぎているにしてもあんな明るい所見落とすわけが・・。」
「それに景色がおかしくなってきてるぞ・・・どこだここ・・・?」と思うとなんだか怖くなり
急いでチャリの向きを変え元の道へと引き返した。すると2〜3分であの車屋が見えてきた。
「あれ!?」って思ったが恐怖は最高潮に達していたのでそんなの気にもとめずにひたすらチャリをこいだ。
結局、普通のルートで帰ったんだけども今もあの景色が眼に焼きついてる。
特別酷い景色って訳でもない、ただ家の方はあそこまで田舎ではなかった。
何処だったんだろ、あそこは。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 17:58
>791
静岡のどの辺ですか?東部とか伊豆とか、、、、
漏れも静岡だから気になる

816 :791:03/10/22 19:28
>>815
賀茂郡です。
これ以上は言えません。

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 19:36
いや、もうわかったよ..

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 19:36
>>791ってコピペでしょ?


819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 20:05
一年に一通、決まって11月に必ず手紙が届きます
それも決まって赤い封筒に入っています
差出人不明、そして本文には、「今○○にいます」
と書かれています
それがここ数年ずっと届いているんですが、
毎年違う場所が書いてあるんです
そして私はおととしあることに気づきました
書かれている場所がだんだん私の家に近づいているのです
そして去年の11月に、ついに隣の家まで来ました
隣には家はありますが、誰も住んでいません
それなので警察に連絡したんですが取り合ってくれませんでした
もう少しで今年の11月が来ます

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 20:13
よくあるよくある!

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 20:14
隣の家に引っ越せばいい。

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 20:16
それは火星から地球への手紙だったんだよ

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 20:20
今年来る手紙の予想(的中率85%)

私は、今 居間 に イマす

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 21:00
>719
センキュー、そっか微妙に近いなー
気を付けて下さいね。

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 21:40
>>814はずばり市原市に住んでるな?
なんてったってあそこは繁華街から五分もチャリこげば一気に田んぼの真っ只中
だからな!!

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 22:11
>>819
タウンページ見ていたずらしてんだよ。
俺もよくやったなぁ。

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 00:26
>819
「今、あなたの後ろにいるの」のパクリだな。

828 :644:03/10/23 00:31
レスついてるyo!
ガーン

読んでくれてありがとね

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 00:39
中学校の時の話で、変な不思議話し。
夏休みだったと思うんだけど、昼寝してた時。
部屋のドアがこっそり開いた。ドアノブをゆっくり回して、カチャ…て感じ。
その頃、弟や妹が部屋に勝手に入ってきて、本を借りて行く事があったから
また誰か入ってきたな〜と思って、面倒臭いので寝たふりしてた。

しばらく音も無く様子を伺っていたらしいその人は
「くっせ〜、くっせ〜」 と、小声で囁いたのだ!
弟か、その友達がいたずらしてるんだと思った私は、頭に来つつも寝たフリを続けた。
ドアがまた、こっそりと閉まった。寝てるから気を使ってくれたらしい。

誰なのか確かめたくて、起きて弟の部屋に行くと誰もいない。
私の部屋のある2階には誰もいなかった。1階にも誰もいなく、それどころか
玄関にはカギが閉まっていて、家に居るのは私だけだった。
階段〜玄関フロアの物音が良く聞こえる私の部屋なのに、物音がしなかったと思い出した。

それまで寝てはいたけれど意識ははっきり戻っていたので、思い込みじゃ無い事はたしか。
幽霊にしても何にしても、よくわからない存在に、寝てるからって気を使ってもらって
小さい声で臭いと言われた私って一体…。 

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 00:49
 ↑
くさっ!

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 00:49
ネタ師が数人いるなこのスレ(w


832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 00:52
>>830
ホントに〜別にくさくないんだってば!
…くさいのかな?クンクン

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 03:45
透明人間スレはどこでつか?

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 05:03
>>822
ワラタ

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 06:03
>>825
ぶっちゃけると八王子市なんだな。

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 07:24
> それまで寝てはいたけれど意識ははっきり戻っていたので、思い込みじゃ無い事はたしか。

こう言うことを書く奴に対して否定的なレスをつけると大抵
気違いの如く執拗に反論してくるからなあ。

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 12:43
>>829
合鍵持った変質者がこっそり侵入したが、829のあまりの臭さに逃げ出した、と。

臭くてよかったな。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 12:44
たいした話じゃないかもしれないけど、一応書きます。

中学生の頃、文化祭かなんかの準備で学校の教室に残っていた放課後のこと

自分の作業も一段落したので、息抜きしようと1人で教室(2階だった)を出て廊下へ。
何気なく階段を降りて1階へ行くと、そんなに遅い時間でもないのになぜか誰もいない(というか、いないことをなぜか確信してた)
その時になんとなく「今ここを走ったらすごく早く走れる気がする」と、どういうわけか急に思ったので、
廊下の端から端まで(結構長くて50メートルぐらいあった)思いっきりダッシュしたら、自分でも思った以上のスピードが出た
元々、足は遅いわけでもなく比較的速い方だったが、たぶん普通にダッシュする時の2倍以上の速さを感じた
まぁ基本的に廊下は走っちゃいけないし、誰も目撃者はいなかったけど、なぜかその廊下に違和感があったのを記憶している。
その後、普通に階段を昇り、自分の教室へ。再び作業に戻りました。

しかしそれ以降、同じ場所や他の場所でダッシュを試みてもそんなスピード感は得られず……
体育の授業などでタイムを計っても、いたって普通のタイムでした。

あれは何だったんだろう?
なんとなくあの日、あの時の廊下は異空間だったのではないかと勝手に思ってます。
ただの自己暗示かもしれないけどね。
長文スマソ

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/23 15:15
そのときタイム測っとくべきだったね

840 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 15:26
脳内麻薬が垂れ流しだったんだ、きっと。

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 15:34
たしかにドラッグをやった時の冴え渡って「今のおれなら何でもできるぜ」って感覚
(聞いた話)に近いものを感じる。

842 :838:03/10/23 16:46
せっかくなのでもう一つ。またたいした話じゃないんでsageで書いときます

高校に入学して間もない頃、体育の授業でソフトボールをすることになった。
まだクラスのみんながどれだけ上手いのかわからない状態のため、適当に守備についた
正直なところ、俺はソフトボールをはじめとして、球技などは苦手な方だったが
空いているポジションがサードしかなかったので「エラーすると思うけどゴメンね〜」などと言いながらサードの守備へ
所詮は素人がやるソフトボールだから全般的にサード方向へのボールが多い
その日もサードにボールがどんどん飛んできたんだが、どういうわけかウソのようにエラーしなかった
それどころか「なんかサードの奴、すんげぇ上手いぞ」などとみんなから言われるぐらい
なぜかその日に限って、守備や送球を含めてすべてが誰から見ても上手く見えたらしく
元オリックスの馬場ぐらいに守備が異様に上手かった。もちろん一番信じられなかったのは俺自身だったんだがw

その守備力を買われ、その少し後にあった校内の球技大会にはソフトボールにサードで出場
ほかのメンバーは元野球部をはじめとする運動神経のいい奴らばかり。
「これで守備は万全だな」とクラスのみんなに言われるほど期待は高まっていた。

そして当日……俺はエラーをしまくったw
今思い返しても、ソフトで活躍できたのはあの1度だけなんだよなぁ
神様のいたずらだったんだろうか?

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 16:55
>>838がそうだとは言えないが、脳汁って時々変なでかたする時あるんだよね。
当然、体調や精神的なものにも左右されるんだが。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 17:40
>843
コントロールしてみたいもんだねー

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 19:09
中学時代に脳汁体験した。
俺は運動音痴で徒競走でもいつも後ろの方だったんだけど
学校帰りにやる友達との石蹴りで追いかけっこに発展した時一度だけ陸上部の
奴から逃げ切ったことがある。「お前速ええな」って言われた。
俺って逃げ足だけは速いのか。

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 22:15
>>843不思議でもなんでもない、、、
火事場のバカ力って奴ですね。。


847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 23:09
模擬試験の時やってやる!やれる!って気合いがはいったというか予感がしたというか状態に。
400人中5位になった。
校内テストじゃ100番くらいなのに

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/23 23:36
金縛りも、心霊・幽霊も、日常生活の一部なのですが、
幼少の頃、一度だけ澄んだ水色のうんちをしたことがあって、
それは、いまだに誰にも言えないとっておきの不思議体験です。
流すとき、とても迷いました。


849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 00:18
>>836
そりゃあ、現場を見てもいない、経験してもいない人間に言われたらカチンとくるだろうな。
大体、経験談には、全て”気のせい”って返せるんだから。

単純に、君は空気の読めない奴一歩寸前なわけだ。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 00:40
まぁ気のせいだろーな。
仕事でポカミスしたときとか「絶対そんなはずない!やったのに!」
って不思議がる人がいたけどやっぱポカミスじゃん。
自分も完全にやった、と思っててもやっぱポカミスしたときって
あれだけ気いつけてたのに!?って不思議な気になるけど
やっぱ気のせいじゃん。ポカミス。
これがオカルトチックなことになるとなんとしてでも気のせいじゃないって
言い張ってもやっぱ気のせいとしか言いようがないデンなぁ

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 00:43
バイト(飲食業)で修羅場な時は脳汁垂れ流し。
いつもは30分かかる仕事を10分でこなしてみたりとか。


852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 00:58
気のせいが好きな人は、そもそもオカ板に向いてません。
存在が板違いなので、今後レスしないでください。

>単純に、君は空気の読めない奴一歩寸前なわけだ。

寸前じゃなくて、ずっぽり読めてません。場違い。
来る板を間違えてる。

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 01:00
ノーリセットでやったら不利な戦場では守りに徹し引き分けにもちこみそうね。

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 01:34
あゝ自分の不思議体験をあっさり否定されると噴火しちゃう厨房は
空気さえ読めないのですね。がっかりです。

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 04:56
俺も逃げ足速かったな〜

多分学校で記録計る時のスピードなんか目じゃなかったよ
















ヤクザのおっさんに追いかけられた時は

856 :1/2:03/10/24 06:02
受験生の頃のお話。

高校生の時、私の学校からは「政治経済」で大学を受験する人が
いなくて、政治経済の先生とマンツーマンで勉強していた。
その頃私は、放課後に志望大学の過去問のテキストを持って、
先生へ質問に行くのが日課になっていた。

ある日、たまたま同じ準備室にいた日本史と世界史の先生が不在で
二人きりになった。
丁度このくらいの季節で、日が沈む前の夕焼けがすごい色をして
室内を照らしていた。

「──あれ?」

私は、不思議な事に気付いた。
普通、放課後でも部活動をやっている人が必ずいるはずで
ブラスバンドも毎日演奏しているはずなのに、
私達のいる部屋は無音だった。

それも数分なら分かるが、たっぷり30分は誰も廊下を歩かない(走らない)。
誰の声もしない。何の音楽も聞こえない。
私は変だと思い、ちょっと外を見てこようと思ったが、先生に教えてもらっている
最中に席を立つのもどうかと思い遠慮していた。
が、先生も変だと思ったのか外を気にしている様子だ。




857 :2/2:03/10/24 06:02

「先生…何か変じゃありませんか?」
「ん…そうだな」
「ちょっと私、見てきます」

ようやく私は立ち上がり、そろそろと部屋の引き戸を開けた。

──瞬間、うわんッと音が戻ってきた。

「えっ!?」

びっくりした私は、廊下を歩いていた生徒に変な顔をされた。
振り返って先生と目を合わせると、先生も驚いていた。

この部屋は、ただの社会科準備室で防音も何もしていないし、
何故?と思った。
でも結局先生も私も理由は分からずじまいだった。

ただ、あの日の異様な夕焼けだけが印象に残っている。
そして、これは全く関係無いが、先生と私は今月結婚式を挙げた。



858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 06:09
嬉しいんだろうけど・・・やっぱり最後の一行で興醒めw
ごめんね。
それが言いたかっただけなんじゃないのかと小一時間(ry
てかんじになってしまう。

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 06:11
蛇足でスマソ。

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 06:29
いや、話は面白いよー。
素直に祝ってやれなくてごめんw
てゆーか、 おめでと。

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 09:27
ただ、あの日の異様な夕焼けだけが印象に残っている。
そして、これは全く関係無いが、先生と私は今月結婚式を挙げた。

別々に

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 10:21
>>854
本当にもう迷惑してるんだ、お前には。どっかに消えろ。

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 12:53
オカルト板っていつから基地外話に絶対賛同でないといけなくなったんだ?

オカ板にだってオカルト現象を科学的に解明しようってスレもあるし、
否定派と肯定派の議論専用スレもあるくらい、否定派も重要な存在だと思うんだがなぁ。

え!?はいはい。消えればいいんだろ。消えれば┐(´ー`)┌ヤレヤレ

864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 12:59
それが役に立つか否か、それだけだ。

865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 13:55
ここは真偽を議論するのが目的のスレじゃない。

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 13:58
>>857
実は2人の仲が周りから怪しまれていて、その部屋の周囲で
皆が息を殺し聞き耳を立ててた、とか。
「ちょっと私見てきます」 で皆は気付かれたと思いとっさに解散。

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 14:04
>>863
キミの話しは、このスレの趣旨と違ってる。
ここは『不思議感覚を楽しめるお話を書くスレ』であって
解明を求めているスレではないっていうだけのこと。
キミはキミを受け入れてくれるスレに行けばいいだけ。
なぜ、その程度のことがわからん?

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 14:36
まぁ、消えると言ってるからいいでしょう。
もう来てほしくないし。

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 16:11
おい、オカ板とは言え殺伐としすぎだぞ

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 18:10
つーかpart17にして今更な・・・・

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 18:50
まー気をとりなおしてまったり次のお話を待つです〜( ・∀・)つ旦~

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 21:15
私、アパート暮らしなんですが、両隣空き家なんですよ。
で、ちょっと前、なんか電話が鳴ったわけですよ。
そして電話とろうと思ったんですが、私ケータイしか持ってないんですよ。
そこで耳をすませると、隣の部屋から聞こえてくるんですね。
ジリリリリンって言ういまどき珍しい黒電話。
でも隣の部屋は、何年も人が入ってないし、電話料金払わなかったら電話使えないでしょ?
それに大家さんに聞いても誰もすんでないって言うし。
いまだに電話が鳴り続けているんですが、怖いよ〜。

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 21:58
勝手にはいってたしかめちゃえ

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 22:05
電気が来てなくても、電話料金を払っていなくても、電話は鳴る。
気にすんな。

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 23:20
あれ〜? だれもでんわにでん(ry

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 23:40
>>863
いや、本当にもう来るな。君は誰にも必要とされていない。

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/24 23:43
…げきねっとわーく、と。

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 00:01
まだやってんのかよ?肯定派も否定派も飽きないね。
俺も(゚Д゚)ハァ?と思うエニグマレスはあるが、
そんなもんにいちいち突っ込んでたら
スレがいくつあっても足りないじゃん。
俺はただ単におもしろいから覗きにきてるだけ。
真実かどうかなんてどうでもいいじゃん。
ただ、>>874程度のレスはあってもいいと思うがな。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 01:43
去年の夏、街中を歩いていたら、突然目の前に
黄色いものがぼたって落ちてきた。
よく見るとミカンの皮だ。外の皮じゃなくて、中の実の皮。
食べた後に「ぺっ」て吐いた感じ。
そのときは謎だったけど、
誰かがミカンを食べて皮を捨てた→鳥が拾った→たまたま俺の前に落とした
って具合だろうな、と書きながら思いました。
解決したので終了。

880 :  :03/10/25 01:58
>>867
気のせい気のせいw

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 02:19
誤爆か釣りか本気かはわからんけど
>>880ヌッ頃していいっすか?

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 02:31
遠慮なくやっちゃってください!

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 06:31
>>881
ドゾー このさい思いっきり!

884 :1':03/10/25 07:17
日テレの視聴率操作問題が各局で取り上げられているけど、
二十年以上前に作家の小林信彦が今回の手法をミソに短編を書いているぞ?
実際にやるか、やらないかは別として、アイディアとしては超有名だろうが。
「こんな方法があったとは!」っつーコメンテーター、馬鹿か嘘つきだろう?
謎な話しだ。

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 12:14
昔テレビでやってた超能力特番のスプーン曲げで、
さてテレビの前の皆さんも一緒にやってみてくださいみたいなことを言われたので
手元にあったフォークを何気なく持ってみたらものの5秒も立たないうちにクニャっと曲がった。
マジでびびった。

それから2〜3日は曲げようと思えばスプーンもフォークもクニャクニャ曲げれたけど母ちゃんに怒られたのでやめた。
今はもうまったく曲げれないけどアレは実際面白かったな。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 12:24
>>885
おもしろいな。もっと詳しく!!!щ(゚д゚щ)カモーン

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 12:46
>>881
気のせい気のせいw

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 13:02
>887
そういう魂の汚れた人間は悪霊を呼ぶんだよ。
同じにおいを感じるんだろうね。
だから一人のときは後ろや上に注意した方がいい。
風呂入ってるときとかね。

889 :885:03/10/25 13:06
>>886
最初の一曲げの時はもうマジでびっくりしたからフォークほおり投げちゃったよ。
曲げるっていっても捻じ曲げたり切断したりとかいった芸当は出来なくて
ただホントに立てたスプーンやらフォークがクタってお辞儀する感じ。
よく言われるように曲がった部分はたしかに温かかった。
曲げるときは「曲がれ」って思うんじゃなくてなんか「!」って念をこめるみたいにしてたかな。よくわからん
ウチにあったスプーン類をほとんど曲げちゃったんで母ちゃんに発覚したんだけど、
当然俺の言うことは信じてもらえなかった。



890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 13:18
悪霊・・・(プ

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 14:22
>888
もうやめれ

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 15:58
スプーン曲げはすげーと思うだけで
なんの役にも立たないどころか
萌えないゴミが増えるだけである

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 16:32
スプーン曲げよりお手玉5個できるやつのほうがすごいと思う
小学生のときみんなの結論がそうだったよ

894 :888:03/10/25 16:38
>>891
母    ごめんね。おかあさんはじめてつられたから、ごめんね

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 16:59
>892
スプーンに萌える人生は間違ってると思います

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 17:02
スプーンの曲線には萌える。

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 17:53
なんでスプーンなんだろう?

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 18:21
つい昨日の事なんですけど、1時間目の英語の授業中、先生が、左手にチョークを
右手に教科書を持って、黒板に文章を書いている時に、突然、リスニングの為に
使うラジカセが鳴り出しました。先生もみんなも最初はびっくりしていました。
でも、みんな笑っていました。まあ、別に先生もそれほど不思議に思っていないよう
でした。わたしも思いっきり笑っていましたが。(ちなみに、女子校です)

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 18:23
898 あと、先生はラジカセを触ったわけではありません。なんせ、黒板に
文章を書いていて、両手のふさがった状態でしたから・・・。

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 18:31
子供の時夕立で雷が落ちたあと
学校の校庭の銀杏の木に必ず銀色の手裏剣が刺さっていた。
これが雷なんだとずっと信じてた。
あれはいったいなんだったんだろう。

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 18:52
>>900
おそらく忍者

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 18:54
>>898
ソニータイマーだな

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 18:59
ナイフ曲げだったら
強盗とか基地外に襲われた時に役に立つのにな。

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 19:10
ソニータイマーってなぁに?

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 19:30
>>904
ある程度の期間で故障を発生させるソニー独自の技術。

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 19:31
>>904
都市伝説の一種かな?

メーカー保証期間が過ぎると途端に壊れやすくなるとかってやつ。

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 19:48
ソニータイマーは買い替えを促す役目も負ってるんだが、
自分とこの製品がどういう使い方されてるのかっていう
調査にも有用なんだよね、実は。

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 20:18
898 別に、故障とかではないと思います。だって、外見綺麗だし、古い製品じゃないし。
新品っぽいですよ?なんでだろ〜?

909 :904:03/10/25 20:21
ありがとー

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 20:32
>>898の不可思議体験とは関係ないけど、
ソニータイマーは故障とは違うからな。

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 20:40
>>908
近くに大きなトラックが走るような道路がないか?
巨大な鉄塔がないか?

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 20:53
てか、近くにいた生徒がイタズラでスイッチ入れたんじゃないの?
だから、それを見てて知ってる子たちは笑ってたと。

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 21:00
一時停止ボタンの留めが緩くなってたりとか

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 21:32
>>898
前後の状況が判らないから何とも言えないけど・・・。

それって、ずっと再生状態になってたんじゃないかな?
例えばA面の最後に何分か無音部分が入ってて、テープが最後までいったから
B面に切り替わって、突然鳴り始めたとか。

そういえば俺、最近テープって使って無いなぁ。MDかCDばっか。

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/25 22:33
>898
地震の前には、電子機器の誤動作が多発するそうだが・・・・・

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 01:11
気色悪い夢の話ですが。。。
旦那が 家宝の蛙の置物から 大事な着物をずるずる引き出した。
その置物から 着物を引き出すと家運が傾くと言われていた。
で、家が没落し、私は 女郎宿に売り飛ばされた。
女郎宿では、水槽で 赤い襦袢姿で女の人たちが泳がされていて
一人の女が 体中に傷をつけられて 血だらけで
「ここでは なんでも いうことをきかないといけないの」という。
私の弟が病気になるんだけど、ちゃんとした病院には入院させてもらえなくて、
火山のふもとの溝に寝かされている。
午後4時には 溝に熱湯が流れるので 避難させに行かないといけない。
でも、私は間に合うように女郎宿を出してもらえず 遅れていくと、
弟や他の病人が 嘔吐物やいろんな汚物と一緒に
湯気の立った熱湯の中を 真っ白にゆだりながら
流れていく。。。

って 気色悪い 妙にリアルな夢を新婚の頃に見ました。
それから 5年後 離婚しました。



917 :885:03/10/26 01:34
>>916
それは不思議だねえ

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 03:16
>>916
その着物は実在するんでつか?
もしあるならかな−り昔の逸話かも

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 03:57
また夢の話かよ 

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 05:11
>916
不可解なレスを読む、という体験を今オレがしている…

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 07:30
もう10年くらい前の話だけど。

父親と同僚が隣町に仕事で出掛けた時、偶然交通事故直後の現場に遭遇した。
人通りのない田舎道で、車が自転車をはねてしまったらしい。
しかも加害者は相当パニくっていて、救急車さえ呼んでいなかったので、
父親が慌てて無線で通報するかたちになった。

で、道路に横たわったままの被害者に父親が近づいてみると、なんとそれは母親の従姉妹のSさんだった。
Sさんは未だ母親と仲が良く、うちにもしょっちゅう遊びにきてたので、
驚いた父親は乗っていた車を同僚に預け、到着した救急車に同乗して一緒に病院へ向かった。

結局翌日Sさんは亡くなってしまったのだけど、父親は仕事で葬儀に参加できなかった。
そして葬儀の翌日、父親がSさんの夢を見た、お礼を言いにきたのかな、と言った。
夢に出てきたSさんは、見たこともない赤い綺麗なワンピースを着て、父親に深々とお辞儀をしたらしい。
びっくりしたのは葬儀に参加していた私と母親。
Sさんのお棺の中に真っ赤なワンピースがあって、Sさんのイメージとはあまりにかけ離れた色だったから
(Sさんはいつも仕事帰りにうちに遊びに来てたので、地味な色のスーツ姿しか見たことなかった)
二人ともはっきり覚えていたのだ。

後日Sさんの母親(私の母親の叔母)にそれとなく話を聞くと、
その赤いワンピースはSさんのお気に入りで、とっておきの日にしか着なかったものらしい。

ただの偶然かもしれないけど、そういえばSさんはとても律儀な人だったなぁ、と思った不思議な体験でした。

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 08:05
父親は赤いワンピースのことは一切知らなかったと?

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 08:33
>>922
うん、そう。私も母親もお棺の中の話はしてなかったし。
だから不思議だな〜と思いました。

924 :次スレテンプレ案:03/10/26 09:10
******************************************
ありえない場所、もう会えない人、今ではない時間、
幼い頃の不思議な記憶、見えるはずのないもの。
そんな、怖くはなくても奇妙な経験を書き込むスレッドです。
******************************************
◆煽りは放置。 できれば、点数つけもやめよう。
◆金縛り・幽霊・夢はなるべく別スレで。
◆それと、論評もほどほどに。


↑「夢」も荒れるもとなので・・・。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 09:18
これは不思議で切ない話だなあ。

926 :佐田典之:03/10/26 09:43
チンポの皮がめくれてきました。


927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 10:18
>926
もどせ

928 :佐田典之:03/10/26 10:23
どうにもなりません。
大人への階段を登っていると考えていいんでしょうか?
僕は小学一年です。

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 11:47
大人の階段の〜ぼる♪

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 13:11
沖縄に修学旅行に行った。
10月といえどもまだ沖縄の日射しは強く、俺は南国というものを体で強く感じた。
沖縄といえば日本で唯一地上戦が起こった場所である。壮絶な死に方をされた方も
多いと聞く。自分たちがあの夜泊まったホテルも米軍が上陸し日本軍と激戦を
繰り広げた場所に建てられたもので、俺は、何か嫌なもの、例えば部屋に
一人でいるとひどく落ち着かなくなるというような、一種の違和感を感じていた。
さて、ことが起こったのは最終日の夜である。あの時、自分を含め6人が
ベランダに出て、心地よい夜風に当たりながら話をしていた。
皆大いに話し、笑い、最終日の夜を満喫していた。
そうしてふと話が途切れた時、Kが、ベランダの端の方を見ながら、
さっきからあそこらへんに何かいる気がしてるんだけど、と言ったのだった。
確かに自分も、そこには誰かがいてこっちを見ているような、薄気味悪い印象を
持っていたが、Kのこの言葉は一瞬にして場の雰囲気を奇妙なものへと
変えてしまい、そしてこの時、みんなこの沖縄の地のもつ独特な空気に
飲まれてしまったのだった。


931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 13:12
俺はこの異様な雰囲気に乗じて、突如怖い話を始めた。ネタをやりたくて
仕方なかったのである。怖い話をすると怖いものを呼ぶというが、
もはやそんなことは考えなしに、いくつかの持ちネタを披露したのだった。
皆それなりに恐がってくれて、俺は満足だった。
そしてそろそろ部屋に戻ろうかという時、異変が起こった。
突然、俺の座っていた所のすぐ横に、束ねられたひとつの軍手が落ちてきたのである。
天井を見上げると、何も軍手を隠すようなとっかかりになる部分などなく、
ならばその場にいた誰かの持ち物であったかと言えばそうでもなく
落ちてくる所を見たKとSによれば、
軍手はふっと中空に現れてそのまま垂直にすとーんと落下してきた、というのである。
これにはみな騒然となった。そして色々と可能性を考えた。隣のベランダから投げ
込まれたんじゃないかとか、あるいは下の階からいや上の階からか、しかしどうやっても
垂直に落下してきたことを考え合わせると、不可能だという結論に至るのである。
結局、その軍手は時空の裂け目から落ちてきたんだ、なんていうマンガのような
結論に達し、しかしそうとしか考えられないこの状況に、一同はただただ首を
傾げるばかりであった。
で、その後俺は酒を飲んで酔いつぶれちゃったんだけどその話は関係ない


932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 14:41
テンプレに追加希望↓

「気のせい・勘違い」というレスは控えましょう。
↑このスレの趣旨に反します。

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 14:46
夢の話もやめれ。
現実と絡んでて不思議だったり、
不可解だったりするのはいいんだけど。

ただの夢話はやめれ。

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 15:04
>933
>924に書いてあるみたいよ?

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 18:42
>>924
そんなこといってるとさ大半がスレ違いってことになるだろ
本人が不可解って思えばいいんじゃねえの?
スルーしてしまえばいいんだし

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 18:44
・適当な改行・空行を挟んで読みやすい文章を心がけましょう。

↑追加希望

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 19:46
テンプレの件ですが、まとめサイトのURLも記載されていた方がいいかも……。

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 20:09
んー でもなあ
特に夢の話って本人は語りたがるが
他人には面白くない話の典型のようなものでなあ。

夢OKにして
毎日夢日記書き込むような椰子が現れるのも
いやだしなあ

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 20:27
>>938
同意。
夢は専用スレあったはずだと思う。

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 21:28
まあ不思議っていえば不思議な話。

当時リア廚だった俺はどこに行くにでもチャリンコ乗り回してた。
そんなある夏休みの昼、河川沿いの下り坂の砂利道を走ってると
少し大きめの石に前輪がとられてコケそうになった。
(もしかしてコケたかも。記憶が曖昧だ。)
「危ない!」と慌てて体勢を立て直した瞬間世界が一変した。
いきなり暗くなったので気が動転して目をつぶったのかと思ったがそうでは無かった。
視界の色が反転してるのだ!丁度カラー写真のネガの様に…

あまりの事に呆然としてしまいチャリンコから降りてしゃがみこんでしまった。
その時、更に妙な事に気付いた。今いる砂利道のすぐ上が国道で車が頻繁に
走ってるのに何も聞こえない。さっきまで煩かったセミの鳴き声すらも。

もう怖さのあまり半泣き寸前(w

目をつぶって南無妙奉蓮華経とか唱えてたかな(動転しすぎ)しばらくして
何かふっと変わったと思えた瞬間、元の喧騒が耳に届いた。
恐る恐る目を開くと視界は元通りになっていた。

こんな事は二度と起こらなかったんだけど似たような体験した人います?


941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 22:00
萩原朔太郎の猫町みたいだな。

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 23:26
>>940実はこけてその拍子に脳みそがチョビット耳から出ちゃったとか?

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/26 23:53
金玉に強い衝撃が加わると、色彩がなくなって世界が白黒に見えるようになるとか
俺は厨房の頃いじめられててある日いじめっ子におもいっきり金玉を蹴り上げられて
悶絶するほど痛かったが白黒にはならなかった
次の日金玉袋に超巨大な痣というか血溜まりが出来てた

944 :ななし:03/10/27 01:09
約2年前に親父が死んでから たまに見ず知らずのおばさんが家ピンポン押して
強引にスーパーで買ったものを渡してくる。
家に誰もいない時はドアノブに袋引っ掛けてる
正直怖い、、、ホントに知らない人だし 
オヤジが世話した事ある人かなと家族で色々話したが結局分からずのまま。
いつもおばさんは無口で物を強引に渡してくる そしてこちらも遂貰ってしまっている
調べれる範囲で調べた結果同じ団地内に住んでるっぽい。

おばさんが買ってくる物にはいつもマトマリが無い
マーボー茄子とアルミホイル 洗濯洗剤
つい最近は 飴・牛乳石鹸・卵・鮭の切り身を頂いた
足長おばさんですが 実に奇妙奇怪 怖い・・・

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 01:35
>>944
不思議といえば不思議だが、現実に怖いな。
ネタでないなら生活安全課辺りに相談したほうがいいんじゃない?

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 02:53
3年前のちょっと奇妙な体験を。怖くないけど。

バイクで長野にツーリングに出かけたんだな。
で、松本ICから上高地方面へ走っていた。

しましま(っていう駅)から先に長いトンネルがある。
水が滴ってるような古びた上り坂のトンネルで、ここのトンネルでは
子供が夜歩く姿が見えるって言う曰くつきのトンネルなんだな。

この話をちょっと思い出しつつトンネルの中に入った。
バックミラーを見たら最初は普通だった。
ところがさ・・。


947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 02:54
何時の間にか、後ろに一灯の光が後続で走っているのが見える。
一灯ってことはバイクだよね。でも、最初は居なかったはず。
ははーん、付いてきたな、って思ったよ。

で、トンネル出てすぐバイクを停めて、後続車がバイクかどうか
確認すべく待っていた。

出てきたのは”光の玉”。小さくて真っ白だった。
空中にフワっと上がったかと思ったらすぐ消えちゃった。
その後出てきたのはバイクじゃなくて車だったよ。

あれ、ヒトダマの変形かなぁ。

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 07:27
>>944
父親が死んだのを気の毒だと思って気を使ってるんじゃないかな。
表現の仕方が下手糞っつーか不気味なだけで。

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 08:28
消防の頃、学校から帰ってきて誰も家にいない時
こっそり父の自慢のオーディオセットでクラシックのコレクションを
聴くのが楽しみだった。
お気に入りはショパンとワーグナーで、その日はショパンを出してきて
幻想即興曲を繰り返し聴いていたのだが、突然「葬送行進曲」に
なってしまった。不思議に思ってレコード盤外してみたが、そんな曲目は
その板にないし、板を替えてもいない。
そんなことも忘れていた次の日、学校の体育の時間に外で体育座りをして
先生の話を聴いていると、父が学校に現れ、先生と話をし、先生は私に
「お母さんが事故にあったそうだからすぐ仕度して帰りなさい」と告げた。
私の耳の中ではその音に混じってふと昨日聴いた葬送行進曲が流れ始めていた。

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 08:30
スレ違い申し訳ありません。
yahooの投票、みんなで「その他」に入れてみよーよ!
http://sports.yahoo.co.jp/baseball/jps/event/
面白くなるぞー!!時間がありませんのでよろしくお願いします。
一人1票です。

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 09:27
それは大変おめでとうございます。末永くどちらかがはつるまで添い遂げて下さい。

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 09:52
>>940
鼓膜が破れたんだろ


953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 10:16
>>952
亀レスの上につまらん。もう少し空気を読め。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 10:35
>>944
ごんぎつね思い出した。

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 11:10
小学生の時、書道教室の帰り道で
夜空をもの凄い数の流れ星が落ちていくのを見た。
こいつは凄いと、心の中で必死に願い事を唱えた。

翌朝、新聞記事に、どっかに人口衛星が落ちたとの一面記事が。
スレ違いスマ祖

956 :善意のおばさん:03/10/27 12:22
大黒柱を亡くした可哀想な家庭のために頑張ってきたのに。
そんな酷い目で見られていたとは、もう許しませんよ恨みます怨みます憾みます・・・・・・・

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 14:38
     憎い・・・・ 憎い・・・
 だがね◆JC264sanu6 JYWFuHpY PPPf66.aichi-ip.dti.ne.jp 218.225.255.164が憎い・・・

   コーン!!              怨
    コーン!!    怨
|||                    、 ┌┐
(((彡\从/             ='( !=|  |=
||| 、─・       ,   ,  , / /.  └┘
ゞ( ヽ/W\    (o) (o) (o)/
ヾ、、 \       | |, ‐| |‐| |、        
 ヾ\ \      (==== !\       
    \ \ _,-、_丿7 `!6 ヽ、\  怨
     \_ヽ ヽ  ̄ ̄  ヽ )    
       ヽ_ノ  \     \        怨
  怨    \  \  \    怨
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
     ノ    ノ ノ | ノ  ヽ、ヽ\ <     荒
     ノ    / _ ノ' _ , ノゝ_,,丿<  を    ら
    /   ヽ`~てO) ``, 、''、~O)丿 <  呪   し 
    ( 丿    ||:.  ̄/:::::`\ ̄ /  <  い   魔
    /     ||:::.   _l _  ヾ ノノ <  殺   の
   ( ,      ||:::::  ,----、 ' 丿 <  し    だ
   /       ||::::  |    |   ソ/<  て    が
   /        ヽ::  |__|   ::/  <  や   ね
             \:::ー―   ::/   <  る    
               ー-―      < !!
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 15:00
>>950
投票したぞー

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 15:17
>936
読みにくいくらいなら多少我慢できる
むしろ、長文はメモ帳等に全部書き終えてから一気に貼る、を希望。

ところで誰が次スレたててくれるかな?
自分は規制でダメぽ(´・ω・`)

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 15:46
次スレたちました。消化終了し次第移動願います。


不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part18
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1067236790/

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 15:47
スレたてお疲れ様〜!

962 :1/3:03/10/27 16:06
スレ違いかもしれませんが、父が亡くなったときの話。

私の父はガンで入院していたのですが、手術をしたときには
腹膜まで転移していて、医者が言うには手の施しようの無い状態で、余命3ヶ月と言う状態でした。

父は冬に亡くなったのですが、入院してから1年近く経ち、
また、私も弟も受験とバイトであまり見舞いに行けなくなっていた時期でもありました。

身の回りの世話をするため、病室には常に母がいました。
父が亡くなる前日、予定はしていなかったのですが、急に思い立ち見舞いに行きますと、
「さっきまで弟が着ていたが帰宅した」とのこと。
1時間と少しいて私も帰ろうとすると、弟が再び病院に訪ねてきました。
弟が今まで1日に2度もくることが無かったので訳を聞いたのですが、ただ一言、「なんとなく。」

963 :2/3:03/10/27 16:07
その後少しして、21時前でしょうか、仲良くしている親戚一同も珍しく見舞いにきてくれました。
普段は夕方に来てくれてましたので、「もう遅いのに」と、声をかけるとまた、「なんとなく。」とのこと。
私や弟、親戚の見舞いが重なることもほとんどない事でしたので、珍しいこともあるものだと
そのときには思っておりました。

その後23時前に父の様態が急変し、私たちは別室で待機することになりました。
日が変わり、父は1時半過ぎに亡くなったわけですが、
今思い返すと、私や弟、仲良くしていた親戚が一同に会したのは父が呼んだのかな?と思うこともあります。

964 :3/3:03/10/27 16:07
後日談。
父には、Aさんと言う、幼いころから懇意にしてくださった方がいたのですが、Aさんによると、
こんなことがあったそうです。

父が亡くなった時間、Aさんがなかなか眠れずコタツでウトウトしていると、
鍵が閉まっているはずの玄関が「カラカラカラ・・・・」と音を立てて開く音が聞こえ、
−これは都内の古い造りの住宅で、このような横に開ける玄関なのですが−
続いて、玄関脇の階段を「トントントン・・・」と軽い感じで上がっていく音が聞こえたそうです。

あわてて階段を上がっていると、奥には普段であればとっくに寝ているはずの
Aさんの大御祖母さんが起きていて、「Mちゃん(父のことです)が挨拶しに来たよ」と言い、
ただそれだけを伝えるためだけに起きていた様な感じで、寝てしまったそうです。

もう12年前の、、東京で震度5の地震+大雪の日の話です。。
皆で、何故だかは知らないが「父は怒ってるのかな?」なんて皆で話した覚えが。

私は霊体験などないのですが、ちょっと不思議に感じていることなので書かせていただきました。
乱文でスマソ。

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 17:01
遅レスの上にどーでも良い話だが
>>879と全く同じ体験をしたなぁ・・・。

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/27 18:44
どーでも良い話にマジレス。
南米ギアナ高地にある巨大穴には、植物の種がヤケクソのように積まれて山に
なっている場所がある。それらはそこに住む鳥たちが口からペッと吐いたもの
だ。NHKが藤岡探検隊に対抗して放送した番組で観た。
鳥は消化に悪いものは習性として口から吐く。空から降るミカンの甘皮は鳥の
ゲロではないか。

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/27 21:48

一年ぐらい前の話です。

出掛けようとバイクを出していると、どこからか黒い蝶がヒラヒラ飛んできました。
自分は特に蝶とか苦手ってワケでもないんですが、なんだかやたらとデカイし、
色といい形といい禍々しい感じで、それを見た途端、思わず固まってしまいました。

黒い蝶はそんな私の傍らをスゥーッと抜けて、裏の家の庭に入って行きました。
いなくなってくれてホッとしたんですが、今度は急にものすごい不安感に襲われて、
その日はバイクもやたらと安全運転でした。

それから、その蝶のことなんてサッパリ忘れてたんですが、次の日に母から、
裏の家のおじさんが亡くなったことを教えられました。

単なる偶然かもしれないけれど、アレを見た時の異様な感覚は忘れられない。
おじさんの悲報を聞いたときも、もちろんとても驚いたけれど、心の奥で妙に
納得している自分がいて、不思議な感じでした。


968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 00:31
>>966
その番組おれも見たけど

>NHKが藤岡探検隊に対抗して放送した番組

激しくレベルが違うぞ。

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 00:52
>>968
NHKのディレクターが激怒しそうな表現だなw

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 01:04
>>969
( ´,_ゝ`)プッ

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 04:51
サリサリマーニャのアブラヨタカだっけ?
もう一年以上前の放映だけど、どっちが先なのかな?

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 08:26
>藤岡探検隊

お笑いだろコレ
大爆笑モンだぞホント

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 08:50
水スペを超えるオカルトはない!

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 12:18
20年以上も前の不可解な体験です。(その頃ロンドンに住んでいました。)
ある朝なぜか、いつも起きない早い時間に目が覚めたのです。
まだ外は薄暗かったのですが、なぜか部屋の明かりと点けないで
暖炉型のガスストーブに火を先につけていました。
すると、遠くの方からかすかに馬のヒズメの音が聞こえてくるんです。
なぜそんな行動を取ったのか今も謎なんだけど、床に這いながら窓まで行き
カーテンを少しだけ開けたんです。
(ちなみに、部屋は借りていたフラットの2階で床から天井までの窓です。)



975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 12:27
ほぅほぅ、それで。

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 12:32
あれっ、続かないのぉ?

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 12:33
>行動を取ったのか今も謎なんだけど、床に這いながら窓まで行き

ここが、不可思議で謎な話なんでしょ。

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 12:34
なるほど、そこかー。(って、をいをい

979 :974:03/10/28 12:55
で床に這いつくばって、カーテンをほんの少しだけ開けて見ると
今まで見たことも無い様な、濃い霧に包まれていました。
耳を凝らして聞いているとその馬のヒズメの音だけが聞こえます。
おかしな事に街の音がまったく聞こえません。
すると、霧を裂く様に馬に乗って二人の人物が見えたんです。
一人は白馬に乗った女性、金髪、ベルベットの青いジャケット、
白い乗馬ズボン、黒いブーツ
もう一人は、黒っぽい馬に乗った男性で軍服でした。
二人の楽しそうに話をしているみたいですが声が聞こえません。
ただヒズメの音しか聞こえませんでした。
ゆっくり、窓の下の道を通り過ぎてすぐ霧の中に消えた様に姿が見えなく
なりました。
ほんの少しすると霧が晴れ、と共に急速に薄明かりがさしてきたんです。
それと共にいつもの街の音が戻ってきたんです。
今でも不思議です、なんで軍服姿だったんだって・・・
なんであの濃い霧の中、二人の姿だけはっきり見えたんだ・・・
なんで自分は這って窓際に行ったんだ・・・

この、フラットでは不思議な事がいろいろありました。










980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 12:56
以上、ネタでした。

981 :979:03/10/28 13:05
>>980
ネタって思うのかなあ〜??

今でも不思議なんだけどね。

982 :あなtのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 14:02
>979
よければ他の体験も書いてくれ。

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 14:59
>>980
気のせい君よ。ネタを変えても行動パターンは一緒だな。

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 15:28
>>884テレビで松本清張の小説であったとは言ってた。
>>921軟化…父親とそのSさん怪しくない?赤のワンピースも本当は知ってたとかw

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:18
怪しかったら言わないだろ

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:39
どうして怪しかったら言わないの?

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 17:27
自ら墓穴をほるようなまねはしないってことだろ。

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:25
カモフラージュにきまってんじゃん!

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:43
裏の裏をかいたってことか!親父すげぇ。

990 :921:03/10/28 19:53
。・゚・(ノД`)・゚・。

991 :921:03/10/28 20:38
(゚听)

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:42
カムフラージュが正しいんじゃん?

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:45
993


994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:46
994!

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:47
995!!


996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:48
うんこ

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:52
だれも1000取りに来ない・・・・・・・
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:52
1000

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:53
998だ・・・・・・・
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 22:53
kao


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

274 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)