5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほんのり怖い話スレ その16

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 15:57
“シャレにならない”ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり・・・
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

ほんのりと怖い話スレ その15
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057597762/
ほんのりと怖い話スレ その14
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1056957585/

◆お願いです◆
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。

それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…



2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:04
大して怖くもないんですが、

最近家に帰ると必ずと言っていいほど、本がなくなってるんです。
確かに本棚に片付けたはず・・・・と確信できるような本も本棚から消えてるんです。
それで、家中を探すとひょっこり出てきます。

一人暮らしなので私以外が触る事はないので、普通はあり得ない事ですよね。
正直幽霊であって欲しいのですが、空き巣とかだったらどうしよう・・・・

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:12
空き巣っていうより

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:30
そそっかしいんだね。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:48
ストーカーでもいるんじゃないの

6 :◆meOCPOuAJw :03/10/28 16:51
あなたの隣に誰か居る

とか?

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 16:54
犯人は前スレ973のおやじです。

8 :魔紀 ◆E5NseFhVCM :03/10/28 17:16
>>2
空き巣だったら盗んでくような気がする。


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 17:27
>>2
ビデオカメラ仕込んでおいてみ?
盗聴器でも。

妄想とかじゃなかったら前の住民とかストーカーの仕業かもよ?



というわけで後日報告キボンヌ

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:11
いやいや犯人は実は本人で記憶がとんでいるとか。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:18
そんなのあったなあ。世にも奇妙な物語で。

ある男が遭難して死んだ仲間の遺体を雪に埋めてたけど、
目が覚めるとテントの中に居る。それも何度も。さすがになんで? と思って写真のタイマーかけてたら、
雪から死体を掘り起こして男自身が自分で傍に寝かせてるというオチですた。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:20
>>11
有名なバクリ

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:30
頭からガブリ

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 18:39
>>12
マジで?
たしかにどっかで見たような話だと思ったけど、元ネタは知らんのでつ。

おーい出てこい、ぐらいだな、
覚えててパクリだってわかるヤツ。
(エンドロールで原作☆新一ってでたかもしれんけどさ)

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 19:49
>>14
おーいでて来いはパクリとはいわんだろ。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/28 21:04
去年の夏のことです。
塾に長女を迎えに行くため、次女(2歳)を連れて午後4時ごろ
家の玄関を出ました。
うちはマンションの4階で、ボタンを押してエレベーターを
待っていました。
すると、娘が私にいきなり「ねえ、どうしてうちの前に
怖いお顔した人が立ってるの?」と聞くのです。
このフロアは三軒の部屋が並んでいて、うちは向かって右端です。
夏なのでまだあたりはとても明るく、今いる場所から距離も
3〜4メートルしか離れていません。
「何言ってるの、何もいないじゃない!」と私が言っても、
娘はなおもうちのドアのあたりを指差して、「ねえ、どうして怖い
お顔の人が立ってるの?ねえ」と何度も聞くのです。
私は怖くなってエレベーターに飛び乗り、そのままマンションを
後にしました。

帰ってきて恐る恐るドアの前を見ましたが、何もありません。
長女も何も見えない、と言いますし、次女ももう何も言いません。
小さな子は見える、というのはよく聞く話しだし、私にとっては
洒落にならないくらい怖かったです。
あまり怖くなくてごめんなさい。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 02:43
>>16
子供って大人には見えない何かが見えるっていうから、案外
何かが本当に居たりしたら…怖いかも。
でもその「見える」ってのも、あくまで子供の心象だったりする
可能性もあるか?ほら、一人ままごとで誰かに語りかけてる
みたいなさ。

ま、本当に見えたのか、心象として見えたのかは誰も分から
ない…だけにほんのりするかもね。

個人的には子供のそんな行動より、ネコや犬なんかの動物が
何も見えない空間や壁を目で追うってのの方が怖いんだけど。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 05:19
>>17
犬・猫は人間よりかなり目が悪く主に耳を頼りにするため
少し離れた場所での微細な音に全神経を集中させている時は
一見何もない空間を凝視しているように見えるのです。

人間には全く聞こえない音域のかすかな音も彼らには
聞こえているため、天井裏で小さな虫が動いている音などに
気をとられている時など、それこそ空中を凝視しているという
状態になります。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 07:42
今6歳の友達の娘が、1歳半の頃。
やっと話すというか、言葉らしきことを言い始め、
(「わんわん」「まんま」「あっこ」「はい」とか)
遊びに行った私と、つみきをやりとりしてしばらく遊んでた。

友達がお茶を入れ直しに台所へ行った時、にこにこしてたのが、急に真顔になって、私を見上げ、
「やめたほうがいいよ」と言った。
ものすごくびっくりして、なんかの間違いかと思い、「え?なに?」と聞き返すと、もう一回
「まだ間に合う。やめたほうがいい」と。
それ以降は聞き返しても元通り。もくもくと積み木を渡してくれるだけ。

当時、私は結婚してる人との恋愛に足を踏み入れかけていて、その事で落ち込んでた。
だから、そのことだろうと思う。
なんとなく、友達には言わないでおいた。
ろれつは赤ん坊のたどたどしさがあったけど、声のトーン?は大人みたいでした。
助言通り、その恋はあきらめました。
現在6歳のその子は全く健康で、霊感がどうのみたいな話もないようです。

他にもこんな体験した人っていませんか?
よくあることなのかな。


20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 14:24
あんまりないと思うけどな



21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 18:08
もう5年くらい前の話。
私は大学の4回生で就活しながら授業がある日は電車で大学まで通学していたんだけど、
丁度その頃母方の祖父が癌で入院していて、その病院は通学ルート沿いにあって
電車が停車すると丁度目前に病院が見える駅があったのよ。
しばらくして祖父が亡くなってから、電車に乗るたびその病院が目前に見える駅に
電車が停車すると、必ず聴いてるウォークマンのテープが終わってもないのに
勝手に「ピーッ」という電子音と共にオートリバースして反転再生してた。毎度毎度。

あんまり毎度なんでやっぱりじいちゃんかなーと思ったものの、亡くなってすぐなのに滅多な
事思うのはよろしくないなと思って考えないようにしてたんだけど、
一番入りたかった会社の就職試験に落ちてものすごい落ち込んで、それまでも不採用の連続で
かなり落ち込んでいたから、その不採用でガツーンと来て、翌日大学に行く電車の中でウォークマン聴きながら
これから自分の行き先なんてあるのか、ここまで受からないって事は社会には要らない人間なんだろうか。
だったらもうマジ死のうか。今ならじいちゃんも居るだろうしといろいろ考えてたら
ウォークマン、怒濤の早さで「ピーピーピーピーピーピーピー」と反転再生始めたのよ。
それが一分くらい延々と続いて、一度自分で停止させてまた聴こうとしたらまたピーピーピーピーピーと。
しばらく反転再生がガンガン続いたよ。
これはやっぱりじいちゃんだ!と思って、死のうかなんて考えるのやめるよと心で念じたら、しばらくして止まった。

その後も病院が見える駅に停車するたびにピーッと鳴って反転再生してたけど、49日過ぎた頃には
ピタリと止んで、それからは現役引退する最近までそんな事は一度もなかったよ。
霊っているんだなあと思った。ただの機械の故障かもしれないけど。





22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/29 21:37
ええ話や。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 00:18
じいちゃんの、あきらめずに頑張れサインだよ!

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 00:44
>>11
怪奇小説傑作集に出てる、50年くらい前の小説のパクリだね

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 06:58
>>24
とんくす!
なるほどね、シランカッタでつ。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 07:05
>>19
新耳だっけ?

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 07:26
新耳じゃなくて超怖の「未満児」って話だった。
シチュエーションも少し違ってて、婚約者との結婚で職場を
辞めないといけないことを悩んでいた保母さんが、その婚約者
と喧嘩をしてしまい、意地になって電話をしなかった。
ずっと悶々とした気持ちで、でも電話は我慢してた。
あるとき、いつにも増して電話をしなければという胸騒ぎに
襲われたが、それでも<今電話したら負けだ>と、我慢していた。
すると、腕の中でスヤスヤ眠っていた絵理ちゃんが、グっと重くなり、
落ちそうになったので我に返り、慌てて絵理ちゃんを見たら、いつの
間にか自分の顔をジっと凝視していた。
で、こういう。「早く電話しろよ。ばか」
「え!」と思ったら、またすぐに寝ちゃったので、急いで婚約者の
ところに電話をすると、向こうからはうめき声とも悲鳴ともつかない声
しか聞こえない。
それで、婚約者の家のそばに住んでいる母に連絡して見てもらった
ら、深酒のために急性膵臓炎になっていた、という話。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 08:14
えー、自分の部署の部長の実家で起きた話。

私の勤めている会社は東京にあります。
で、部長は大体1〜2週くらいの間隔で週末、奥さんのいる実家の新潟に帰ります。
そんな部長がこないだ実家に帰った時に、その出来事が起こったそうです。

新潟の実家で最近、犬を飼い始めたのだそうです。
実はその家にはもう10年近くは生きているであろう、先住の猫がいるのです。
飼い始めた犬は柴犬の赤ちゃん。まだ、生後一月ほどでしょうか。
やはり子犬だけあって、実家の皆が構うのです。
可愛がるだけではなく、やはり躾もまだな子犬な訳です。実家の皆さん、部長含めてもどこか手探りな訳です。
ですから、構うのです。もしかしたら、過剰に餌をあげたかもしれません。ちょっとした行動で反応したのかも知れないのです。

しかし、猫にはそんな勝手な人間達の事情なんて知ったことでは無かったのでしょう。
家族達の反応を見て猫は意外な行動に出たというのです。

「わにゃん!」
鳴いたのです。
実家にいた方々は一斉に「えっ!?」と声をあげて猫に振り向いたそうです。

部長が言うには、--どうやら猫は柴犬が「ワンワン」と吼えているのを聞いて、
「自分もそう鳴けば餌をもらえるのだなあ」と考えたのではないだろうか。
そう鳴けば餌をもらえるのだと考えたのではないだろうか?
だから、「わにゃん!」と鳴いたんだろうなあ--と、言っていました。

なるほど。猫も家族の中で10年近く暮らしていると、そういった応用もするのですねえ。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 08:53
>>28
隣町で飼われてるカラスが同居してる犬だか猫だかの鳴き真似するって
ローカルニュースで話題になってたよ・・・。
やっぱ「かまってくれーカァカァ」なんだろうかw

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 08:54
>>19
昔読んだマンガでそういうのあったよ。
ぎぼ愛子の幼少期の体験を漫画にしたシリーズで、
赤ちゃんが急に
「私の指輪返して」ってはっきり言うの。
で、亡くなった叔母さんが大事にしていた指輪を
遺品としてもらっていたのを返した、というような話だった。

赤ん坊って乗り移られやすいのかね。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 13:27
子どものころ、ひとりで買い物をしていると、
突然、無性に欲しいモノが、買ってしまうことがあった。
湯飲みとか、ビニール袋とか。子どもが必要のないものなんだけど。
で、帰宅してから、不思議な気分で、買ってきたものを見ていると、
「そうそう、これがほしかったのよ」
と当然というように、母が受け取っていた。

で、大人になってから、あれはなんだったんだろうと
妹に話をしたら、「あ、姉ちゃんもやられたことがあるんだ」と
言われた。
なんなんでしょうね。まったく。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 14:45
おかん電波・・・

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 15:31
>>32
ワロタ

母「湯飲みを買って来い!姉!」

31「ま゙」

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 15:42
>33
更にワロタw

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 15:44
おかんうらやましいぞw

36 :31ッス:03/10/30 17:09
まさに電波ですね
………何回もあると慣れてしまうんで、“またかよ”って。
本人、この変な電波は、意識してつかっていないというか、
当然のごとく誰でも使ってるものと思っているのが、怖い。

また、勘がいいというか、
ある日、私が事故って、意識がなくなって、まさに救急車で運ばれるってときに、
現場に現れて「あらあら、なにしてんの! あんた」と救急車に
乗り込んできたとか………。
病院に着いて、気が付いたら、目の前にいたのでビビリました。
誰が連絡したんだって。



37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 17:17
うわ!おかん本物だ〜〜
すげーなー

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 18:32
すげーよ!31タンのおかん!

ちなみに3年くらい家を出てしばらく電話もしてないんだけど、
いきなり深夜1時ごろに携帯におかんが電話してきた。
「夢であんたがゆれとるで気になってなぁ?」って。
私は時間も遅いし眠かったから、「はぁ、、」って感じで明日またかけなおすから、って言って切った。

そうしたら次の日、地震が来た。震度4でした。
10月にあった千葉が震源の地震。

それもおかんパワー?

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 19:10
>38
いくらオカンでもさすがに地震まではおこせないだろ。

40 :カシマ:03/10/30 19:32
パンチ はぶきです
よろしいですか?

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/30 20:33
そろそろマグニートーからお誘いがあるよ

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 01:24
↑僕はプロフェッサーXを裏切るコトはデキません。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 09:17
>>39
全国のオカンが一斉に地団駄を踏(ry

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 12:04
>>39
おかんパワーは 地震を「起こす」方じゃ無くて
「予知する」ほうに使われたんじゃないのか?

…それとも釣りか?

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 12:09
そんな無粋なこと言っちゃイカンよ。

46 :44:03/10/31 12:29
釣りか…

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 13:00
>>29
鴉は九官鳥の仲間だから
いつも聞いてる音を声真似する
人に飼われてる鴉は人の声も真似ようとする

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 13:49
>>21
49日までは霊はいるらしいです。
ちなみに私の祖母が亡くなった時の話。
49日経つまでは家を空けてはならないらしいのですが
初めて家を空けた時の事。

家に戻って来たら、な、何と!
仏壇の飾ってあった居間の時計が
祖母が亡くなった時間に止まってたんです…
やはり家を空けたのが悪かったのかなと思って
謝りながらお線香に火をつけました

すると火がついたと同時に時計の針が元通りに
動くじゃないですか!!

少しだけ驚いた事件でした…。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 13:49
ギャー

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 13:59
少し違うかも知れんが
俺が消防の頃いきがってタバコ吸って、その後帰ったら
おかん「火遊びは程々にな」
その頃おかんは仕事してたはずだろ!!!
送信と受信を兼ねているのかねぇ?

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 14:21
ただタバコ臭かっただけじゃないのかな

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 14:23
>>50
煙草臭かったんじゃないの?

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 14:27
>>47
( ・∀・)つ〃〃∩へぇ〜へぇ〜へぇ〜

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 14:38
おかんは小さな証拠を見逃さないのさー
浮気探知のほんの流用だよ

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 15:28
>>50
煙草の匂いは、吸わない人間にはすぐに分かる。


56 :38:03/10/31 16:27
いや、釣りじゃないっすよん。
おかんはもともと、ものすごいカン強いから。
地震来る、とか言うとだいたい当たる。

台風のときもこんな場所に植木鉢おいとったらダメ!って言われて、
私なりに非難させた植木鉢を別のトコに非難させられた。
翌日、台風きて私が非難させたとこは木がなぎ倒されてた。
おかんが置いたところは平和だった。
ちなみにおかんのおかん(祖母)は霊感強すぎて怖かった。
「○ちゃん(私)、横の友達にもお菓子あげんといかんよ」って一人なのに、
お菓子2つくれたりね。別にボケてないよ。まったくボケてない。

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 17:26
ああ、なんか親が子供に念じると(子供が親に念じてもだっけなぁ)
買ってくる確率が高くなるらしいね
誰かに聞いたんだっけな・・・

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 17:36
>>57
物凄く曖昧なソースで非常に良いです。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 17:55
>>47
ほほぅ!
九官鳥と同じとな。そう言われれば、
猫の死骸をつつくあの姿はほんのり愛らしくなくもない。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 18:30
カラスとキュウカンチョウはスズメ目っつーだけじゃん。
ツバメやウグイスも声真似するのか?

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 18:31
気治外因子は親から子へ遺伝・・(以下rya

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 18:48

去年の夏、初めて海でナンパした。
ワリと綺麗な子なのに海岸で一人。早速声を掛けた。
海で遊んでメシ食って飲みに行って。
「この近くに住んでるから来る?」と誘われ、もちろんOK。
「じゃあ、ファックしよう」

そんな風に言う子ほかに知らなかったんで、ちょっと呆気にとられたけど、
体の方は相性が良かったし、何となく付き合うことに。
週一ペースで女の部屋に通うようになった。土曜に泊まって日曜の夜に戻る。
夏は海で遊ぶことが多かったんで、俺にとっては都合が良かった。

ある日曜の午後。クーラの効いた部屋で二人ベッドに寝転がってた。
CDかけながら、俺は雑誌を読んで、女はDVDの音声を消して見てる。
借りてきた外国の映画。字幕付きなんで見るだでイイらしい。

女は部屋にいる間ずっとDVDやビデオを流しっぱなしにしていた。音を消して。
メシ食ってる時も風呂はいる時もトイレ入ってる時もファックの時も。
外国の映画ばっかりだったと思う。俺は大抵無視してた。


63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 18:49

声が聞こえた。小声でうまく聞き取れない。CDじゃない。
音消しているはずのTVから聞こえる。女が急にリモコンをいじりだした。
音を消そうとしてるのかと思ったら、DVDの静止ボタンを連打中。
「つかまえた」
画面にはクルマを運転している男の横顔が静止していた。
髭面で30代くらい。どう見ても日本人っぽい。
「誰これ?」
「知らない。でも滅多に出ないんだ…ラッキー」
テーブルからデジカメ持ってきて画面を撮影。
「…よし。撮れてる」
「これ映画だろ?」
「違うの。何かけてても出る時は出るんだ」
「録画すれば?」
「無理」
どうやら、そういうモンらしい。前触れはさっきのヒソヒソ声。
で、どうやら女はコイツに惚れてるらしい。
気味が悪かったんで、その日はファックしてすぐ帰った。

それ以来、女の部屋には行ってない。
今でも電話するけど、ファックってのは聞かない。


64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 19:01
>>60
脳の大きさとかw

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 20:31
>>60
もうちょっと言うなら
鴉は九官鳥並に声帯が発達してるので
そういった真似が出来るのです
知能は鴉のが高いしね
スズメも声帯と脳進化させたら声真似するかもね

66 :31ッス:03/10/31 21:28
>>61 キ●ガイ因子は遺伝しますかぁ。ひぇひぇひぇ。
一時期、私自身も、えらく勘がさえてしまって、気持ち悪くてたまらない
ことがありました。人を動かしやっちゃったかなってこともあったし。
“科学的には説明できないことだ”
とあんまり考えないようにしていたのですが、
霊感の強い今の夫に出会って、そういうこともあるのかなと。
ふたりの体質を受け継いでいる子どもが生まれたときが楽しみかな。
イヤな目にはいろいろ会うのでしょうがね。ククク

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/31 22:52
父親が亡くなってからしばらく経った夜、地震がありました。
そこそこ大きく感じ、家族は全員起き出しました。
ドアを開けましたが、団地はいつものように静まり返っていました。
すぐにおさまったので、床につきました。

翌朝にどのくらいの揺れだったのだろうとテレビや新聞を見ましたが地震関連のニュースはなく、
知人に聞いても地震などなかったとのこと。

その夜は、父の49日でした。

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 00:58
なんで49なんて半端な日数なんだろうね
そもそもそんな決まり(?)があるの日本(アジアもか?)だけだろ。
西洋人はどうなんだ。不思議。

>>63
なんかすげえ怖い

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 02:08
>>62-63
文章うまいね。おもしろい。

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 04:18
>68
七日ごとに裁きを受けていき、七回目で最後の審判が下るらしい。だから四十九日なんだって。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 06:46
エジプト人とかだとどうなるんだ?
死んだ後も国別に分けられて、様式別に処理されたりするのか?(w

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 14:26
閻魔大王もエジプト語はわからないだろうからな・・・
エジプト文化圏のあの世にはまた別の担当者がいるんだろうよw

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 17:49
ネクラポリスってエジプトだったっけ?

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 18:10
死んだ後も官僚モドキに支配されるのか。
夢もへったくれもないな(w

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 19:15
沙汰も金次第だしなw

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/03 23:57
鯰が釣れますた。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 03:39
かなり記憶が曖昧なところはあるのですが…。
小学生の時、ある先生(自分は受け持ってもらったことはない)が、
大学院に入ってもう一度勉強する、ということで学校を去りました。
仮にK先生とします。

先生がいなくなって何ヶ月か経った頃、帰りの会の最後に
担任からアンケートが配られました。
それは大学院生となったK先生からのもので、研究か何かの
参考にしたいからお世話になった小学校の生徒に協力してほしい、
ということで依頼してきたらしいです。
クラス全員に配られたアンケートを見てみると、
最初に『質問には深く考えず、素直な気持ちで答えてください』
というようなこと書いてがあり、いくつか項目が。

『クラスであなたが好意を持っている人を5人挙げてください。』
『クラスであなたが嫌いな人を5人挙げてください。』
『クラスで嫌われていると思う人を5人挙げてください。
その人は何故嫌われていると思いますか?』
『あなたはまわりの友だちに好かれていると思いますか?
大変好かれている・まぁまぁ好かれている・普通
・どちらかというと嫌われている・嫌われている』 ..............
それぞれの項目の下には名前を書く5つのマス目。 つづく

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 03:41
今思い返してみて不思議なことがいくつかあります。
自分も含めてみんなが、このようなアンケートが
配られたのに黙々と書いていたこと。
放課後になってもそのアンケートのことを口に
している子が見当たらなかったこと。
担任は何故そんなアンケートをそのまま
子どもたちに配ってしまったのか。
私も心が痛みながらも結局は、マス目を埋めていた記憶があります。

さらに数ヶ月後、地元の新聞にK先生の記事が
小さく載っていました。
逮捕されたかどうかは定かではないですが…。
(大学院はやめさせられたと思う)
そしてその記事のことも大して話題にはならず、
アンケートの話も語られることはありませんでした。

あのアンケートの結果をどのように使うつもりだったんだろう。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 03:48
犯罪心理学?

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 09:06
K先生は何で新聞に載ったの?

でも昔は担任が素でそういうアンケート取ることもあったような気がする。
書かせなくても、一人ずつ呼び出して好きな子と嫌いな子を訊くとか。
クラス内の人間関係がわかると学級運営がやりやすくなるんだと思う。
>>77のアンケートも担任が部外者のK先生を騙って書かせた・・・っていうのは勘繰りすぎ?

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 09:32
>>80
俺も経験ある。
小2の3学期、嫌いな相手の名前を書かせられた。
その相手とはその後、一度として同じクラスになることなく卒業した。
もう30年以上も昔の話。

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 10:15
>>80
でもそんな事してお手軽に人間関係を把握し様とする教師ってどうよ?

騙りの線はわからんが新聞に載ったって何の事やら・・・・もうちょっ
と説明が欲しいな。

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 11:11
あまり怖くはありませんが。

実家の近所で自殺した方がいました。
首吊りと聞いていたのですが、十年以上前の話で、面識もなかったため、
特に印象はありませんでした。

その前後に、やはり近所で自殺された方がいたそうです。
実家を出て、同じく十年ほど経っているので、家族に聞いた話です。
ちなみにそこは、元は引っ越した幼なじみの家だったため、
間取りも良く覚えています。

そして一年ほど前、やはり近所で自殺があったらしいのです。
もちろん、これも聞いた話なのですが…


ちょっと、回りくどい言い方をしましたが、
実は、この三件は隣合っています。
そして、最後に自殺があった家は、
私の家の、隣の隣の家でした。

母親が「どんどん近づいて来ている」と言った時、
初めてその事に気付きました。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 11:23
三隣亡

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 16:40
>>83
もし自分の事だったらゾッとするな・・・。
なんか絵のヘタクソな漫画家が同じような話書いてたよ。
その話では主人公引っ越して無事って感じで終ってた気がする。
漫喫で読んだからあんまり覚えてないけど・・・。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/04 19:25
さんりんぼう?

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 01:51
チェリーと呼んでくれ。

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 01:56
>>78
今は廃れたけどソシオメトリーという教育心理学の手法です
クラスの中の問題のある子や、人気のある子、クラスの中の仲良しグループがどれだけ有って、どういうメンツか等が浮き彫りになります
目的は>>80さんのおっしゃるとおり、学級運営:班編成や席順を決めたりの参考にしたりします

オレも30年くらい前にやられたなあ

K先生が新聞に載ったのとは無関係と思われ

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 01:59
>>87
...それは錯乱坊

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 05:57
すみませんあげさせてもらいますよ・・・

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 06:01
暇だから糞スレでもあげるか

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 12:39
>91
誰にでもあるミスだ。気にすんなよ。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/05 13:10
わろた

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/06 21:58
俺がよく通りぬける墓地には大きな木がある。
聞いた話だと、その木で首を吊った人がいるそうだ。

先日その墓場を通りぬけたときに、
例の木に五十歳くらいのおばさんが抱き着いて、
「おかあちゃん、なんでこんなことになってしもたんや。」と号泣しているのを見た。

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/07 16:23
>>94
 おばはん、おばはん
 その木は、あんたのおかあちゃんとちゃうよ
 うちのおとうちゃんや

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 03:09
この木はノットッターー(AA略

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 03:14
ラッタッターに・・・・・

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 13:56
あげ


99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 22:56
キーザクラー

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/08 22:58
ドン♪

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/09 23:37
ここで、カッパッパーのAAですよ


102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/10 00:39
    |              
    |  ('A`)     
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄  


103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/10 07:14
                          /
                         /      /
                ,へ       / /    //  
               L__ へ     / /    //  /
                 ヽ/\ / レ/    / ///
                  |  r)|  | ^/ /   /  
               _,「 ̄~`l|     ^    / /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              _f__ノ ̄~`l_| /   /     /  < ラッパッパーッ!
             _/=三/   / /   /   /  /    \_______
          /|⌒l ̄コ    / |   /     /  
          / | ¶|_ ~|   /: | | /  /   / / /
        _へ  |ヒ ~|L 」   |: | | /  /  /   / 
       f \\|三三三=、 |: | | / /  / /   /
        ~~  ̄/ニニ~コー-ヾ / /   /   /
          /   //l_    :/   / /  /
          /   //  `ヽ  |  /   /   / /
         /__//ー、ノ入 | /  /   /  / /
        ,┘ ̄^||   |~  |  /  /  / _
    __/ヽ  /   |   | /// /_,―' 
    |」 __,└’     | ̄~|    /―' ,―' ̄
    | | f         |  |  /_.―' ̄
    l | \       f  \
      ̄ ̄         ̄ ̄~


104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/10 21:07
( ゚д゚)y─┛~~あまりにも静かでほんのり…

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 17:01
なんだ?どうした?


106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 18:00
そんな・・・; ̄ロ ̄)!!まぁ漏れは脱皮していない訳だが。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 11:23
保守

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 12:00
保守新党


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 13:20
新自由クラブ

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 14:12
社会党廃止

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 17:40
日本新党いまいずこ

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 21:18
東郷健

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 03:30
トーゴーサン クロヨン

114 :重複誘導です:03/11/14 15:54
重複しています。続きはこちらでどうぞ
スレタイの形容詞を変えても中身は同じです。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1068510246/l50

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 16:05
ageで誘導する重複魔神は荒し

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 16:06
>>114
>>1

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 16:09
形容詞が変われば意味合いも変わる。当然内容もな。
16まで続いて今更重複もないもんだ。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 16:13
アゲンジャーだな

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 18:58
>>117
スレ数は関係ないな。重複は重複だ。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 19:30
スポーツ平和党
ってのもあったな

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 20:08
それならオカ板のスレは基本的に怖い話だからみんな重複だな

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 20:30
なんでいまさら急に重複とか言い出すやつがいるんだ?

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 20:44
>>122
こういったのが涌き出てくる辺りも、のんのりス的な板だと思います。



124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 00:03
のんのりス あげッ ヽ(´▽`)ノ 

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 00:58
会社のおじさんから聞いた話。
「俺がまだ若いの頃の噂やけどな、当時は有名な話があってな
子供がお菓子を持って、ある踏み切りを渡ろうとすると金縛りにあって
動けなくなるらしいわ。俺の嫁も聞いたことある言うてた。
昔、事故があったとか。まあ、俺も詳しくは知らんねんけどな。」
20年以上も前の噂話をなぜするんだろう…そう思っていた
「そのすぐ近くに歩道橋があって、まあ、海岸があるんやけどな…」
「はぁ」

「明石の花火大会の事故があった歩道橋やねん」

「…」
「ほら、砂浜に出来た穴に落ちて意識不明のまま亡くなった女の子がおったやろ?
あのニュースみて、二つとも踏み切りに近い場所やから恐くなってん。」

明石にお住まいの方、この踏み切りは実在するのでしょうか?

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 09:11
>125
踏み切りなんてないよ、








歩道橋ができたからね...

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 09:34
私が通っていた中学校は少し特殊だったのかもしれません。

学校で発行する学生手帳の「学校沿革」のページには
平成元年 ○○校長(死亡退職)
と、他の校長の離着任の項と並んで載せてあります。

その頃は生徒が先生を殴ったり、
校内で生徒がでシンナーやタバコを吸ったりと随分荒れていて、
学級崩壊というより学校崩壊状態だったそうです。
責任を感じた校長は事務室で首を吊り自殺したらしいです。
私は入ったことがないのでよくわかりませんが、
事務室には誰も使わないのに一つだけ業務机が余分に空いていて、
それは自殺した校長が時々座りにくるからだと担任が言ってました。

関係ないですが担任の話ではうちの中学は病院の病棟をそのまま学校にしたもので、
霊安室だったところの真上が視聴覚室になっていて、視聴覚室を暗くして
ビデオやスライドを見ていると“お友達”が増えるそうです。
私は“お友達”に会ったことはありませんが、
その部屋はかび臭くて嫌な雰囲気や匂いのするの部屋でした。

そんな中でも私は心霊現象にあったことはありませんが、
私が3年生のときの委員会の12月の放課後校内清掃で道祖神の前に真っ二つに割れた
蛇の死体があったのには驚きました。次の年は巳年だっただけに不吉でした。

一貫性がない長文すみません。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 12:29
>>125 >>126
その歩道橋の完成後、しばらくして踏切が無くなったって事でOK?

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 18:54
>>128
死ね

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:09
蛇を真っ二つにするなんて…。
そんな恐ろしい事が出来るのはキングコングか鰻やのオヤジくらいだろうな。

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 00:46
車は歩道橋を渡れないんじゃ・・・

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:00
「シンクの三角コーナー」 作:ダストマン△

Tくんがこの街に越してはや半年。一人暮らしにも慣れてきたころだ。
その晩、Tくんは煙草を吸いながらパスタを茹でていた。レトルトのソースもナベの中。
実はTくん、箸の扱いが苦手で一人暮らしをいいことにいつも割り箸を使っている。
あの独特の引っかかり具合が不器用をカバーしてくれるんだ。洗う手間も省けるし。

茹で上がったパスタにソースを絡めたTくんは割り箸をパキッと折って三角コーナーへ捨てた。
これも生活の知恵だ。そのまま捨てるとゴミ袋を突き破って水気が漏れることがある。
さて、割り箸の役目はここまで。洗うのが面倒でもパスタにはやっぱりフォークだね。
シンクの底で煙草を揉み消し、三角コーナーに放り込んだTくん。はっと息を止めた。
赤く染まって折れた箸。それは何度見てもTくんが実家で使っていた塗り箸だったんだ。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:13
>>132
ごめん・・・。
意味が全くわかんね。

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:21
133が不憫なので。

実家にあるはずの箸が一人暮らしのTの家にあった。



135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:53
お母さんが持ってきたんじゃない?

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 03:35
え、これで終わり????
それとも132が今まで使ってたキーボードが、ふと見ると
実家にあるはずの箸になったため、続きを書き込めなくなったのか?

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 10:18
政府統計によると日本人男性の52%は
路地裏の少年を経て母に捧げるバラードへ至ると言われている
まあ、在宅ヒッキー、出家ヒッキーにはぴんとこない話だろうな

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 10:59
多分、132が箸に変身しちゃったんだよ。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 12:17
で、半分に折られてしまった、と。箸の呪いですね。

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 12:39
>>133
↓つまりこういうことだ。↓


母    たかしへ げんきですか。いまめーるしてます

俺    うるさい死ね メールすんな殺すぞ

母    ごめんね。おかあさんはじめてめーるしたから、ごめんね

俺    うるさいくたばれ、メールすんな

母    お箸送っておきました。たいせつにつかってね 食事はしていますか?

俺    死ねくそ女
_________________________________
__      O
 毒 |      o
 家 |
 墓 |  ∴  ('A`)カーチャン.....
──┐ ∀  << )


    

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 12:42
割り箸は森林破壊だと言う人もいれば間伐材の有効利用だから問題なし言う人もいる
正しいことの見えなくなった混沌とした現代社会を>>132は描きたかったんじゃないのかな

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 13:49
ナルホド。言われてみれば奥の深い作品だ。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 16:40
わけわからん、箸が滑って苦手なら滑り止め付きや塗り箸でない箸を使えば
いいのに・・・。
箸を洗うのも('A` )マンドクセな香具師が、茹でた後のヌメヌメ取るのに洗う手間がいる鍋や
油取ってから捨てるのがウザいレトルトパックのソース使うとは思えないよー。
視点を意図的に箸に向かわせようとしてるのがミエミエでわざとらしいぞ

と細かく突っ込んでみる。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 16:47
>143
シッ!本当は箸が買えないほど132は貧乏なの!
それをあえてそう書いてるんだから
そんなこと言っちゃダメ!カワイソウ!!

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 20:39
うちの嫁、菜箸使わないで100膳入り98円の割り箸使い捨てにしてる。
卵を解いてはポイ、パックの刺し身を皿に移し変えてはポイてな具合に。
威厳ある夫として一言注意した方がいいのかな?

やっぱやめとこ 。今日はえっちする日だし (*´д`*)

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 20:40
クズな女だな。
処分しろよ。

147 :145:03/11/19 20:54
>>146
な、なんでそんなにレス早いんだ……???
いまおれの後ろを通ったYくん?

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 21:18
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 03:06
>132
「いつの間にか塗り箸を自由自在に使えるようになっちゃってるじゃん!
俺って結構器用だったんじゃーん?」

て話?

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:00
>>145
嫁は老いて死ぬだけだからいいが、その姿を見て育つ子供が末恐ろしい・・・

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 12:51
割り箸で乳首を挟んでやれ

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 16:00
ああ・・・子供が出来る前にやめさせた方がいいな。

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 16:26
せめて1回の調理に1本(朝昼晩で1日3本)ならいいと思うが…。

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 17:01
でも個人で出来る省エネせっせとやってて、例えばストーブとか豆に切ったりとかしてたのに
戦争とかで原油ガンガン燃やしちゃったのとか見ると、ちょっとむなしい・・・

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 17:54
「アパートの換気扇」 作:ダストマン△

お気に入りの長井秀和だけをチェックするつもりだった高子さん。
気がつけば爆笑オンエアバトルを最後まで見てしまい大慌て。
みそ汁おじやを温めていたのをすっかり忘れていたのです。

台所に飛び込むと一面に煙が立ち込めています。
ただ弱火だったのが幸いし、具を焦がしただけで済んだようです。
換気扇では排煙が追いつかないため、玄関のドアを開け放ちました。

「なんだ、なんだ?」「え、うそ、これって家事?」
道ゆくは飲み帰りの学生さんでしょうか。呂律の回らない様子で近寄ってきます。
容姿にはちょっと自身のある高子さん。事情を説明してそそくさとドアを閉めました。

さて、次の日からが大変でした。鍋のこげ落としではありません。
隣室から女性の変死体が発見されたのです。まだ若い専門学校生でした。
後の警察発表によると死後3日前後。おそらく自殺ではないかとのことです。

高子さんはすぐに引っ越しましたが、あの日の噂話からは逃れられません。
出所は酔っぱらいの学生さんでしょうか。まことしやかにこう囁かれているのです。
死体発見前夜、女の姿を見た。あれは幽霊に違いない――。

高子さんはその度に心を痛めます。(あれ、本当はわたしなんだよね……)
でも、高子さんは友達の気遣いを知らないのです。本当の噂はこうです。
あの夜、二人の女が同時にドアを開けたけど幽霊じゃない方の女、無事なの?

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 20:24
>155
いいねいいねー、久々に正統派ほんのりだ。

157 :133:03/11/20 23:14
>>155
これは理解できた。

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 04:18
>>157
よかったね

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 12:50
昼寝をしてたら夢の中で飼い猫に「バイバイ」って言われて目が覚めた。
その時猫は私のすぐそばで寝ていたので、安心してまた寝た。
次の日学校から帰ったら猫の姿は無く、(そのうち帰ってくるだろ)って思ってたけど
もう10日も帰ってこない。
基本的に家猫で(庭でちょっと遊ぶくらい)自分から外に出て行ったとは考えにくいんだけど、
やっぱさよならされたのかな〜・・・・・

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 13:21
>>159
奇数月の26日になにかが起こります。ネコはそれを察知したのでは?

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 13:40
>>160 おいおい 何かって何だよ?


162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 13:40
・・・と つられてみるてすと

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 15:34
>>161
東北・北海道ブロックでの大きめな地震。
5/26は全国ニュースにならなかったけど、7/26と9/26はご存じのとおり。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 15:37
・・・東北北海道か・・・







まぁいいや

165 :163:03/11/21 15:41
>>164
このスレ、レス早すぎて無気味なんですけど……

166 :164:03/11/21 15:52
>>165
Live2chっての入れてみ
更新とかすごい便利だから

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:21
>>166
おれが使ってるギコナビにはない便利な機能があるのか……
それならいいんだけど、ずっとへばりついてるやつがいるかも、てのが無気味なんだよ
たまたま居合わせたのなら、鄙びたスレでの即レスは勘弁してくれ
リロードするたびにビビるし (^^;

ちなみに>>145もおれね

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:25
実は割り箸とは資源有効利用の結果に産まれた商品
本来は捨てる木材を使って作っている

ほら、丸い木を四角い柱にすれば、必ず捨てる部分できる
でしょ。ソコ。

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:41
>>166
私もLive2ch
祭りに最適。
ずっとIEでやってた時の苦労は一体何だったのかと思う今日この頃。

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:45
誤爆しやすいのが唯一の難点

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 17:13
割り箸より、良くコンビニとかの割り箸についてくる楊枝が無駄・・・・。
使ったこと無い

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 04:39
「お箸いりません」ってかならず言うようにしてるのに、なぜかもりもりたまっていく割り箸。

ひきだし一杯にたまっている・・・。ほんのり・・・。


173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 08:08
>>163
私は 関東地方 だって聞いたよ…
中国人から。

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 08:12
中国と言っても広いからなぁ。

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 10:30
>>171
三十路に入って歯ぐきが衰えればいやでも使いたくなるよ。シーシーハーハー。

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 11:05
 ゆとり教育の総合学習の一環として、過去の日本の
戦争について、自分なりの考えをまとめるよう自由研究
させた。中学校でのことである。

 半年の研究の成果を発表する時間になった。
軍隊の成り立ちから戦争の正当性を主張する生徒や、
戦場の悲惨さから平和を訴える生徒、情報操作に言及
する生徒など、発表会は中学生とは思えないほど白熱した。

 発表会も中盤にさしかかり、委員長の発表の番になった。
彼女は、明るく真面目で、成績が良く、誰からも好かれる
優等生である。彼女は教壇に両手を置くと、叫び始めた。

 「日本人は、アジアの人を虐殺し、女子供をミンチにして食べた。
アジアの人同士に殺し合いをさせ、自分たちは、安全な場所で、
女子供をミンチにして食べていた。アジアの人に武器を作らせ、
自分達は女子供をミンチにして食べていた。」
教師生徒があっけに取られていると、
「現在、地球にある環境問題や核はすべて日本人の責任です。
みんな私のように責任を取るべきです。」
叫び終るや否や、彼女は窓を開け、飛び降りた。
五階下の地面にぶつかり彼女は即死した。

 以後、この学校で戦争の自由研究は禁止になった。


177 :まだまだいくよ〜:03/11/22 11:11
>>176
いったいどういう情報を彼女は信じたのでしょうか。


178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 11:18
しつこく謝罪と賠償を求められたとか。

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 14:26
.//www.ddanzi.com/ddanziilbo/bbs/cwb-data/data/FtvBBS/vavy.jpg
(グロサイト:日本人は胎児を食うという日本人を貶めるためのデマサイト)

↑ 半角文字の鑑定スレのテンプレの5 今でも在るのか知らんが自己責任で。



180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 15:14
642 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/11/20 21:33 ID:KOF8f6mA
>>633
何故か、消防の時にヤクザの車のガラス割ってしまい、
「坊や元気だねーオジサンと一緒に将来お仕事しないかい〜?」
と保育園の先生のような口調で脅しかマジかよく
わからん事をいわれたのを思い出した。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/23 00:51
>>180
しんのすけのとこの組長先生か!

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/23 18:05
>>177
戦争の自由研究がいわば降霊術、魔方陣となり
列島にはびこるサヨやアカのおどろおどろしい怨念や残留思念が
いたいけな彼女の体に憑依したんだよ

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 17:33
>>176
生きてればここにピッタリの人材なのに。

}}}}オカルト美少女の条件{{{{
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1058798533/

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 17:49
何かヤクザで思い出したんだけど
あたしが最近まで良く行ってた某サイトがあるんだけど
そこで
大道路を通りかかったある日の夜中、一台の車がかなりのスピードで走ってた。
で、その前に黒のマーチが入ってきた。
気に入らないらしく軽くパッシングしながらその車はマーチを抜かしていった。
そしたらいきなりマーチが前に割り込んできて車をストップさせた。
後ろも慌ててブレーキを踏んだ。止まってすぐにマーチから人が出てきた。
ヤクザ3人組だった。その後乗ってた彼らはボコボコされてた。
そいつらはバットやら何やらですごい勢いで殴っててかなりの血が噴いてた。
すぐに救急車呼んで助けを待ったけど、目撃者は恐かったのでその場から離れ
その後その目撃者もどうなったのかは分からない
という書き込みがあったのをうろ覚えながら思い出した
車で乗ってる人も決めつけちゃあアカンわな・・・

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 17:54
最近のヤクザの人は国産車にも乗ってるからね。
セルシオとかのってても一見フツーだし。

昔よりわかり難いからタチが悪い。

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 20:17
>>184
>その後その目撃者もどうなったのかは分からない

ではそれを書き込んだ人はどういう立場の人なのよ

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 22:33
>>186
ヤクザの立場の人

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 23:25
タチの悪い人入りの車は「危」の表示をして欲しい。

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 23:39
おれタチ、カルタス!

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/24 23:55
おれ勃ち、カルピス!

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/25 16:17
そんなうまいもんじゃありませんw

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/25 19:56
そういやカルパスってのもあったな。

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/25 20:15
>>186
ああ、ごめんなさいね
書き方が悪かったわ
それを見ちゃった人のお友達が書き込みしたみたいなのよ
もう結構昔の書き込みだからあんまよく覚えてないけど
何だかめちゃめちゃ恐かった記憶があるわ・・・

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/26 15:46
ヤクザと言えば思い出が一つある。

学生時代、アパートに住んでたんだけど、
徹マンして疲れて寝てたら、隣の部屋のドアを叩く音が聞こえてきた。
最初は気にならなかったけどしばらくすると、
「オラ!○○!おらんのか!居留守使っとんちゃうぞ!コラ!借りた金は返さんかい!」
俺はビビって息を潜めてのに、ピンポーンとチャイムが鳴り覗き窓からヤクザがこんにちは。
仕方なく出たら、「兄ちゃん、隣のヤツ昨日帰ってきたか?」、と。
知らない、と答えたら「帰ってきたらココに電話してくれや。」と名刺を渡された。

2〜3日して、そのヤクザが来てたから隣は帰ってないと報告。
ヤクザは、「最近は借りた金、返さんヤツが増えてきて困るわ。俺が言うのも何やけど、兄ちゃん借金はするなよ。」と諭してくれた。w

怖くもなんとも無いけど、思い出した学生の頃の思い出。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/26 19:06
>194
ほんのり、いい話だね。
いい話をありがとう。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/27 17:51
一年前に新規で買った今の携帯番号。
どうやら前使ってた人が借金踏み倒して逃げてるらしい。
(ヤクザ&銀行から電話がくる)
オレの住んでる場所聞かれたし。

怖くもなんとも無いけど、現在進行形の話。

解約した番号って期間過ぎたら他の人に割り当てるよね?
知らんけど。

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/27 21:25
>196
その通り。春に解約した携帯の番号で
本の予約をしてて、入荷したのが初夏、
申込書の番号にかけたら別人が出たので
実家にかかってきた、ということがありました。

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 00:32
もうないの〜?

199 :俺は上げるな:03/11/28 00:34
ヤパーリ
maretama@viola.ocn.ne.jp

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 01:21
200

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 01:39
5年以上使ってる携帯に、最近変な番号(639で始まる12桁)から
電話がかかってくる様になった。
調べてみるとどうやらフィリピンからの国際電話だった。
出ると、女性の声で「**%$`~? マサーヤ!!」
誰だよ!俺の携帯番号をフィリピンパブで教えたヤツ!
ってか、まさや!!

おまけに非通知拒否は国際電話に無効だし....

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 06:15
ある人のHPの掲示板に「滑る! 怖い話」というのを
書き込みさせてもらってたんですが、八回目から九回目の
書き込みまでがものすごく間が空いてしまいました。

何でかというと、毎回、携帯サイトの文章や展開がマズくて
イマイチ怖くない怖い話を何点かあげて簡単にレビューしてたんですが
その中にどうも本物が混じっていたようで、何回書き込みをしても
突然TOP画面に戻ってしまって
掲示板にいった履歴も残っていないということがあったので、
しばらく書き込みができませんでした。
結局、話を一つ削ったら普通に書き込みができたので一見落着です。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 08:10
その話を洒落怖に書き込んで!!

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 17:41
>>202
IEか鯖が不調だったんでしょ。




ガクブル

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 18:43
 

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/28 23:57
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/6644/

すみません。ネタ切れです。何かアドバイスお願いします。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 04:31
てst

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 04:50
先々週の週末、渋谷のQフロントの前で、スクランブル交差点が青になるのを待ってたんだ。
時刻は夕方6時過ぎ。結構もう暗くなりだしてる。
ぼんやり待ってたら斜め前に30代前半の女の人がいる。

ベビーカーを持ってたんだけど、ベビーカーにS字フックみたいなのつけて、袋とか下げられるでしょ。
その袋から中の荷物がボロボロこぼれちゃってあわてて拾ってた。

まぁすぐ拾えたんだけど、私が「赤ちゃんも居るのに大変だなぁ…」と思い、
ヒョイと前に出て、ただのちょっとした好奇心からベビーカーの中の赤ちゃんを覗こうとしたんだ。

そしたら赤ちゃんが居ない。
よーくその女性を見たらお腹が大きかった。

赤ちゃんをお腹に戻しちゃったのかと思ったよ。今でもそう思ってるけど。

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 09:02
けっこうベビーカーを荷物カート代わりにしちゃってる人いるよね
まあお腹大きくなってくると歩くのも大変だし

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 14:40
家の祖母は老衰で亡くなったんだけど、不思議だった
家の前の道を挟んで、東から南側・北側とジグザグにご近所の人が(老人・40代)
3日と開けず亡くなって・・・
南側の祖母の家(あぁ・・迫ってきたな、明日は、祖母の番かな〜)なんて
不謹慎な事を考えてた3日目。
目の前の道で、近所のおばあちゃんが交通事故でなくなった
祖母が亡くなったのは、それから3日後。
それからも続いた。でも、順番が狂った。
南・北・南3人・北・・3番目の交通事故のおばあちゃん
北側に住んでる人だったの。




211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 15:01
すみませんオツムの弱い私に
>>210の話をどなか説明していただけますか?
意味わからないよ〜・゚・(つД`)・゚・

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 16:08
 道を挟んで二人亡くなった。
 順番からすると家の祖母か?と思っていたら
 近所のおばあちゃんが家の前で事故で亡くなった。
 その後祖母が亡くなった。
 その後も何人か亡くなった。

 順番は関係なかった。

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 22:06
地元で有名な心霊スポットに行ったんです。深夜。
ぶっちゃけI鳴峠なんですけど。
で、旧道トンネルのH山側・W宮側両方行った訳なんですが、
どちらもブロックで封鎖されてて中に入れなかったんです。
道中特に妙な事も無かったですし、一同拍子抜けですよ。
で、「このまま帰るのもしゃくだな」ってツレ2人と話してて、
旧道トンネルと逆方向の細い道行ってみよっか、て
話になったんですね。ちなみにH山側ね。
そこ車1台がやっと通れるくらいの道だったんですけど、
対向車の事は気にせずGO!って発進した訳です。
で、どんどこ進んで行ったんですけど、案の定?先で舗装が途切れてて
もうこれ登山道だろ、みたいな木々に囲まれた所に出た訳です。
しゃーねーなーって感じでUターンかまして渋々戻ってる最中、
なんか道の山側(右側)の木に、白い紙みたいなのが
ポツポツって間隔置いて括り付けてあるのに気付いたんですよ。
何だ?って思って車降りて、懐中電灯で照らしてみたら…。

「罠あります ●●(名字)  092-9**-0***」(文字手書き、文面はうろ覚え)

214 :213:03/11/29 22:07
最初は皆、は?って感じでポカーンとしてたんだけど、
そのうち場所柄と「罠」って単語が妙にツボにハマって
「罠があるっち!」
「…ぷっ」
「罠ばい、罠!!」
「わかったっちゃ!!!」
「罠ありまーす!! ぎゃは!うゎは!ぎゃゎは!」
「罠ー!!ウワァーナ!!うはははひゃひゅははは!!!」
「ぐひゃひゃひゃぶひゃひゃうぇははふあぁは」
「ぅぇあはぁっはははあっひゃあははふあぁっはっはっ」

もうキ○ガイ状態で笑った。吼えた。酸欠になった。
後で考えると、何がそんなにおかしかったのか不明。
そして●●さんゴメンなさい。しかしあそこが狩猟区域とは知らなんだなー。

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/29 22:29
ちょうど1週間前の話。

友達の家で二人して深夜3時ごろまでしこたま酒を呑んで騒いでしてたんだが、
家主の友人がダウン寸前で、俺も次の日(ま、当日ですが)用事があったので帰ることにした。
当初の予定では、友達に送ってもらうつもりだったけど、そいつの調子じゃ飲酒運転の罰金よりも命の心配してしまうような状態だった。
家まで40〜50分程度なので、結局徒歩で帰ることになり上機嫌で歌いながら友達宅をでた。

20分ぐらいしてちょっと薄暗い小道を通る時、向かいから自転車の音が聞こえだした。
酒に酔ってる俺は幽霊とは思わず全く気にしていなかった。
はたして向こう側から来た自転車には頭のスッポリ隠れそうなジャンパーを着て真っ直ぐ前を見てた(と思う。うろ覚え)。
もうすぐ擦れ違うなって思い避けたのに、通り過ぎざまいきなり、ガーン!と殴られた。
何すんだ!このキ○ガ○!って振り向いたら、もうそいつはいなかった。
確かに薄暗く見通しは悪い小道だったけど、すぐ振り向いたから消えるはずがない。
気味の悪さを感じ、小走りで家路についた。

翌朝と言うか昼、あれは酒の呑み過ぎによる幻覚?とも思ったが、右頬はしっかり腫れており幻覚では無かったことを証明してくれた。

今でもちょっと不思議だけど、よくよく考えたら酔ってこけて脳が都合よく記憶を改竄したのかな〜?

216 :211:03/11/30 05:40
>>212
アリガd。
とにかく近所で短期間にいっぱい死んだって話なんですね。

217 :210:03/11/30 09:24
分かり難くてごめんね。
3番目のおばあちゃんは、4番目にあたる家だったんだ。


218 :210:03/11/30 09:32
途中で送っちゃった

そうすると、順番通り南・北になるの


219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 09:33
ていうか>>210には
南・北・南3人・北・・
となってるから3番目の人は南って読めるが。
もう少し頭の中整理して他人が読んでもわかる文章で頼む。


220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 09:41
>>210

|\|\|\|\・・・と行くところが

| ̄|_|\|\・・・となったってことなのか?

だったら
南・北・北・南・南・北・南・北・南・・・
じゃないのか?

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 10:07
おまいらは210の頭が悪いってことでは納得できないのか?

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 18:11
わたしの姉の話。
姉の旦那さんは建築設計の仕事をしていて、地方の公共施設を作るために
2〜3年ほど転勤することになって、姉と息子(当時小学3年生)も一緒に行くことになった。
引っ越した先はものすごく山の奥だったが、小学校やスーパーも近くにあり、
何よりも近所の人が親切で、「東京から来て何かと不便でしょう。」と言っては、
野菜を分けてくれたり、町内の集まりに誘ってくれたりと、思ったほど不便は感じなかったらしい。
息子も学校にすぐに慣れて、家に友達を連れてくることも多かった。

その日も友達が何人か遊びに来ていて、仲良く遊んでいた。
姉が子供たちにおやつを持っていくと、息子が駆け寄ってきて、
「○○ちゃん(クラスの子)のお母さんは×××。だから○○ちゃんも×××なんだって〜。」と言った。
姉は意味が分からなくて、「×××ってなぁに?」と聞くと、息子は「う〜ん。よく分からない。」
すると、一緒に遊んでいた子供が「×××は悪い人たちだから、一緒に遊んじゃだめなんだよ〜。」と言った。
姉は言ってはいけない言葉だと思って、「そんなことを言ってはだめよ。」と言うと、
息子は素直に頷いたが、他の子供たちは納得いかない様子だったらしい。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 18:12
つづき

しばらくして、姉は学校に行く用事があり、そのときに担任の先生にそのことを聞いてみることにした。
その担任の先生も他の地方出身の人らしい。
その×××という言葉を出したとたんに、それまでニコニコしていた先生は、眉をひそめ、
声を一段落として耳打ちするように、「お母さん、被差別集落というのをご存知ですか?」と聞いてきた。
先生の話では、その学校の学区内には、数百年前から続く被差別集落があるらしい。
○○ちゃんの一家もその集落の出身で、姉の住んでいる近所の人たちはその集落の人間を、
馬や牛の代わりに働かせていた一族の子孫がほとんどなのだそうだ。息子の友達も一族の子孫。

一通り話が終わると、先生はまたニコニコしながら、
「いやー、わたしも最初はびっくりしましたけどねー。慣れるか、気づかない振りをするのが一番ですよ。
特に子供は悪意があって言っているわけでもないですから。意味が分かれば言わなくなりますよ。」と言うと、
また耳元でこう付け加えた。「でもね。大人が言ってはいけませんよ。危ないですから・・・。」

×××というのは、「牛や馬より力のないもの、餌代のかかるもの。つまり牛や馬にも劣るもの」と言う意味で、
今でも集落と一族の間では行き来がなく、数年ごとにトラブルが起こることもあり、人が死んだこともあるらしい。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 18:16
駄文な上に怖くもないし、気分のいい話でもないですね。
ごめんなさい。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 21:24
>>224
気分のいい話でないどころか、書くべきではなかったよ、その話。
そういう環境にいないから書ける話だと思うけど、実際にそういう差別を受ける人、
する人はたくさんいる。
基本的には触れてはいけない話。
二度と人前では話さないことをお薦めする。

北海道では、一部の地域を除き、単純に地域や地区という意味で使われることが多いけどね。

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:02
>>225
そういう事って今の中学・高校でも教えてないんじゃない?
基本的には触れてはいけないけど、知っておく必要はあると思うよ。
自分の世代以降はこういう下らない差別を無くすために。
>>224 の姉も事情を知った後も「そんなことを言ってはだめよ。」と
言い続けていると思うよ。

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:11
言わなきゃ知らないんだから言うな。
俺の好きなアーティストも×××でスレが荒れたりするとその単語が飛び交うんだけど新規とかは知らなくて意味聞いてくるからなんだか申し訳ない気分になる。
あぁ俺達は今こいつに知らなくていい事を教えてしまったんだなって。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:11
似たヨーな話では。

代表的公害病といえば筆頭あたりに来る有名な公害病発祥の町では。

その公害病の発症者が漁業関係者に多かったため、市民の間でも
「アレは魚ばっかくっとる田舎もんのかかる病気じゃ」
として、しばらく公害病患者がほっとかれ、無視され、迫害されますた。
公害撒き散らしてた企業の城下町でもあったし、サラリーマンは
一次産業従事者より上、っつー実に田舎な偏見もばっちし根付いてた。

いまや認めたがらない住人も多いけど、実際にあった話。

いまも昔も、人間なんざこんなモンでつ。

弱い者たちが夕暮れ〜さらに弱い者をたたく〜♪

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:14
スレティガッイ!スレティガッイ!

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:18
>>229
元ネタようやく(σ゚д゚)σゲッツしたけど、

ほ ん の り とも抜けませんですた。


や、おもしろかったけどさ。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:29
身近に×××が無いと一生わからないだろうな。
人前で話さない事には同感だ。もし相手に聞かれたら洒落にならんぞ。
>自分の世代以降はこういう下らない差別を無くすために
実際身近にある者としてはこんな奇麗事は言ってられないんだけどな。
差別を受ける人、する人、差別を逆手に取る人、色々だからな。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:29
>>226
知る必要があるかなぁ?
差別は差別を知ることから始まるんだと思うけどね。

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 22:40
うんこ食べたら差別もなくなるよ
池沼ども

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 23:01
そういう差別をしたという先人の過ちとして、教えることに意味はあるんじゃないかな。
知らないままどこかで中途半端に意味を知って、差別を繰り返してしまうかもしれないし。
意味を教えられても差別するような奴は、×××問題以前に馬鹿だ。


235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 23:05
>>234
そういうバカが大半を占めてるからこそ続いてるんだよ、差別が。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/30 23:19
人間がいる限り差別は無くならないんだから、議論するだけ無駄。

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 00:33
>>228
その話、漏れも聞いて泣いた、何時の日も犠牲になるのは可哀想な猫さん達。
膣疎は市ね。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 02:48
小学生の頃、友人と理科室から盗んだ注射器(針付き)で遊んでいた。
放課後の薄暗くなった校庭に水溜りがあり、
そこから注射器に水を吸い上げ、水鉄砲をしてた。

しばらくすると水の出が悪くなり、一人苦戦していた。
(今考えると砂利を吸い込み、詰まっていたのだろう)

それを見た友達が「どれどれ」と私の注射器を手に取り
私の注射器を手に取り、いじりじ始めました。

力を込めても水が出ない注射器をいろいろな角度で眺める友人。
気付くと針先を真正面から見つめている友人。
それを見て、「おっかないなあ」とぼんやり思う自分。

その瞬間、空気が鋭く抜けるような音がして、友達は倒れこみました。

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 04:12
友達はダッチワイフだったのか?

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 11:26
>>238
きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
想像したダケでイタイーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 13:05
ぅわあああ、目が、目が!

ってことでいいんですか?

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 16:01
漏れもそんな体験したことある

小学校2年生のとき、仲良しだった友達の家で遊んでいて
偶然にもショットガン(エアーガン)を見つけてしまった。
「玉無い?玉?」とBB弾を探して入れてみてから試しに撃ってみたけど
玉が出てくるわけが無い。なぜなら、
ショットガン等特殊な形状をしてるエアーガンには特殊な弾倉があるからだ。
当然、小学校2年生だった僕たちがそんな事を知ってる訳は無く
「ちぇ、つまんねーな」と空で撃ち続けていました。
その内、外に出て「冒険ごっこをしよう」という事になって雰囲気を出そうと思ってそれを持っていくことに決めた。
空のショットガンをバンバンバンバン撃ってる内に気がついた。
水溜りの水面に撃つと、まるで弾が飛んでるかのように水柱を作り出す。
そう空気が結構な勢いで出てたのだ。因みにコレはマジで知らなかった。小2だs(ry
それが分かってしまった僕たちはもう暴れまくった。
近くにあったトブに降りて水面に撃って撃って撃って・・・
飽きてきたころにまたある事に気がついた。
筒の部分に泥を詰めておくと泥ごと飛んで行って面白い。
そこからまた撃って撃(ry
その内、泥をお互いに交換こで相手に飛ばしあう、という変な遊びを始めだした。
何回か繰り返してる内に・・・
「よっしゃー!おれの番だよ!」
「ゴソゴソ(筒の部分を地面に擦り、泥を詰める自分)・・・行くぜぃ」
ズガン!!
次の瞬間、友達の額から血が・・・
地面にはやけに赤い石っころが落ちていた・・・


243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/01 16:49
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/02 09:08
>>242
石が混じってたってことか



((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 04:30
>>234
ソレはね、他の差別問題とは種類が違うの、ホントにダメ。
未だにかなり強烈なんだから。続いてるんだよ。
そこ出身の人は大きな会社には就職できないし(どういうわけか調査で洩れる)
うかつに活字にしたりすると、中小の出版社なんか圧力で潰されるんだ。
右翼並みの極思想団体もある。
だからあまり知れてないの。表面化できないの。
先人の過ちじゃない、今でもかなりな力が働いているんだよ。
知ってる人が減れば風化してくる。それを待つしかないんだ。

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 14:02
なんだ信州の話か。
頭の良いのは日本海側に移住しちゃうんだよね。

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 15:25
同和だろ
別に恐れおののいてここで自粛を呼びかけることはない
絶対なくならないしね
えた・ひにんの末裔

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 15:42
証明写真が2枚余ったんで、並べて立体視してみた。
自分の顔がちょっと立体風に見えて「ワラエル」とか思ってたら・・・

目玉が動いたよ・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 15:59
>>248 乱視?

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 17:30
>>247
えた・ひにんの末裔なの?
歴史でえた・ひにんから芸能人になったって言う人の話し聴いたけど・・・。
なんだっけ?親子だったっけなぁ・・・?

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/03 23:29
N速に来い。
差別する側、被差別側、両方の洒落にならないコワイ話がイロイロ聞けるから。
但し、オカルトと違って後味は良くないぞw

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 00:26
>>250
親子も糞も元々が瓦古事記だろう、芸能は


253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 00:44
かぶきものってのもあるよ。

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 00:57
>>251
なにを言うか。このスレ知らんのか。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1070038632/

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/04 07:48
>>251
何処のスレか分からない。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/05 03:41
ニュー速より人権板だろう

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/05 19:08
いい加減この話題は終わりにしませぬか〜?スレ違いだよー

258 :ぷーさん ◆17SzNM1GtY :03/12/06 16:21
元々歌舞伎役者は河原者の出身、大名跡なら確実にエ○・非○の血筋。
評論にも「錦を着た乞食人(ほかいびと)」なんて本が在った。
現代では(本当は昔でも)意味のない事、心の貧しい人たちが人を見下すことで優越感に浸るだけで。
差別は自分の心の貧しさを写す鏡。

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/06 18:05
コテハンって空気読めない奴多すぎ。

このあたり、どんなコテハンにも共通してるのがほんのり怖い。

260 :ぷーさん ◆17SzNM1GtY :03/12/06 21:07
>>259
すいません、257のレス見落としてました。

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/07 05:02
現代でも、追いつめられた人間は下を見下して自分を保つ
いじめなんかが良い例だ罠

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/07 11:41
なまじ心霊現象よりも生きた人間が怖い

という結論でよろしいか?

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 05:30
いや

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 07:12
おしりの穴は勘弁して・・・

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 15:57
でもちょっとだけなら

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 16:46
さきっちょだけならいい?

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 19:32
さきっちょって20cmくらい?

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 20:00
っていうことは全部で1m位ってことかしら?
いいわ、全て受け入れてあげる。
いらっしゃい。

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/08 21:25
ウホッ、ペレストロイカ

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 00:30
わけ分からん

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 03:53
そんなに長いと口から飛び出ちゃうんじゃないのか

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 07:11
そのくらいのブツを受け入れてみたいわ

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 07:29
ユーレカ!!!!!でもsage

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 07:37
食人族思い出しちゃったYO

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 11:11
な、なんだこの流れ!

276 :メイ<卍>中尉 ◆Queen/8kss :03/12/09 12:57
のんのり・・・

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 13:50
そう、この流れに身を委ねるのよ。逆らうことはないわ。
そうすれば1mなんてどれ程の大きさでもないことに気付くはずよ。
さあ、力を抜いて。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 18:19
言ってるのが男(オカマ)だったらほんのり怖いな。


279 :甲冑 ◆qG6IOvzvjs :03/12/10 01:30
最近誰も甲冑をかまってくれないんだよ〜

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 02:09

>最近誰も甲冑をまとってくれないんだよ〜

に見えて、当たり前だと思った。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 06:54
実はもうこの世にいないんでしょ?

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 08:32
さまようよろいか?

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 09:13
>>282
ドラクエの敵だっけ?

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 09:32
トルネコで出て来たのは知ってる

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/10 23:25
なに話してんだおまいらw

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/11 10:03
ワラタ(w

287 :微妙にスライド:03/12/11 20:12
ドラクエ2(3か?)で起こると言われていたバグがほんのり怖かった。
なんか真っ暗な画面にキャラが何人か居て、不気味なセリフを言うんだとか。
詳細知ってるヤシ居ないかなぁ・・
都市伝説なんだろうけどな。


288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/12 22:44
落ちてる

289 :(・∀・)ノ{ロビノテ:03/12/14 23:08
>>287
復活の呪文が違います…
ガクブル


なんて起こるわけないw
都市伝説。都市伝説。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/16 09:00
不意にドラクエの話題ふってもちゃんとのってきてくれるおまえらに萌え

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/18 13:10
すいませんちょっとあげますよ・・・

292 :カンダタ子分A:03/12/18 15:40
ん、俺の出番か?

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/18 15:41
ハンパネーションがここまで波及しているのか・・・

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/19 15:06
あげ

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/24 22:45
近所のマンション建築現場で壁面の足場にサンタの格好した
マネキンがなぜか置いてある
夜に前を通ると振り返りそうで恐い

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 00:31
今日昼ご飯買いに行ったら、いつも通る道ばたに、ハトの死骸が落ちていた。
胸を一文字にかっさばかれて、中身がはみ出てた。
変質者がうろついているのかな?
郵政公社前の道路でした。昼飯は勿論・・・・カツ丼大盛り食べたけど。

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 01:11
>296
ちっともほんのりてない!コワイヨー((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 05:05
>>296
最初は小さな動物から始まるんだよ。
次は猫、犬。そしてにんげ…

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 08:19
そして馬、カバ、キリン、ゾウへとw

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 08:34
最後は伝説の大鯨をも倒す海の勇者へと・・・・

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 21:49
昔、進化する死体たち とかなんとかいうサスペンスドラマがあったなあ。

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/25 23:59
今日昼ご飯を買いに行ったら、昨日のハトの死骸、羽がむしられていた。
猫がやったにしては、丸裸になった死骸がとてもきれい。
誰かが清掃すると思っていたけど、このまま新年まで放置かな。
取り敢えず、死骸が増えてなくって良かった。

昼ご飯の茄子のミートスパゲッティーを食べている時、同僚が
「あのハトの死骸」と話し始めたとき、フォークで突き刺してやりたくなった。

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/26 14:48
ヤッチマイナー

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/26 20:13
>>302
明日あたりは腹の中に野菜とか詰められてて
明後日あたりには丸焼きになってるよ

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/26 20:17
トイレに入った。が、スリッパが人肌に暖かい。
洋式の便器も、誰かが座っていたかのように暖かい。
一人暮らしだし、朝出社してから誰もいなかったのに。
気持ち悪い。。
トイレ入れない。

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/26 20:25
トイレの天井の人も大変だな

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/26 21:30
    |                |
    |      ∩   ぬ る っ ぽ
__ノ      .| |         |  _
| |        .| |          ./ )ノ\__ヽ
ヽ二二 ヽ -―- | |        .//|\ノ(◎)
_____/ /" ̄| ヽ∧_∧// .|
   /  /    / ( ;´Д`)  ̄ ̄\
   |  |/⌒゙ /      /       \
   .\ヽ__ノ__,,./。 ゚    |\   .\
     .\\::::::::::::::::: \\ ゚ ./   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       .\\::::::::::::::::: \\ |  おトイレ借るますたー!
       \\::::::::::::::::: \ .\__________
         \\_:::::::::::_) )
             ヽ-二二-―'

308 :■■■■■■■安室奈美恵「style」絶賛発売中 ◆950sm8WTNA :03/12/26 23:26
( ’ ⊇’)裸眼ですぅ。。びば洋楽板〜。。。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/27 03:49
>>305
>朝出社して
これのせいでシチュエーションがわかりづらい
ここから、いきなり帰宅時の状況だと理解するのは難しい

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/27 09:34
>>305
プラズマが発生して温めておいてくれますた byO槻教授

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/27 16:36
昨晩、普段と同じように眠りについた。
深夜2時頃天井裏がやけに騒がしい。
よく聞いてみると鼠の走る音のようだ。
1時間ほど続いた。
今までそんな事もなかった。
不安になる。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/27 17:07
>>311
早めに駆除した方がいいぞ。

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/27 20:48
電気ポットのお湯を入れ替えるために流しにお湯を一気に捨てると、
排水口が通っていると思われる床下から何かが騒いでいるような
バタバタした音がする

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/27 20:58
>>313
助けてあげて下さい…

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 00:40
いや、むしろ助けて下さい。

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 01:37
少しワラタ

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 11:28
>>305は普通に理解できる気するのだが…俺がおかしいのかな。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 12:51
>一人暮らしだし、朝出社してから誰もいなかったのに。

一人暮らしだし、朝出社してから誰もいなかったはずなのに。   の方がわかりやすいかな

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 12:58
>>318
日本語はともかく
泥棒が入ってたんじゃねーの?
ピッキングとか流行ってるし

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 14:56
>>319
ということは
305が帰宅した時、まだ部屋の中にいたかもしれんな


……ひょっとしたら今でもいるかもしれんな

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 16:00
>>313
昨日読んだH・P・ラブクラフトの「壁の中の鼠」みたいだ

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 18:50
>>305
コンビニに行こうよ、実はベッドの下に・・・・・・




スリッパを懐で温める羽柴秀吉が。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 19:23
>>322
友達の飼ってる豆柴のヒデヨシは、スリッパの上に乗って寝るのが好きで、
結果として主人の履き物を暖めてます。
そんな小話はどうでもいいすね、スマソ。

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/28 23:09
俺が小一の頃の話なんだけど、通学の時に、車に轢かれた猫がいたんです。
まだ生きていたんだけど、お腹がつぶれててもう助かりそうになかった。
その道、道は狭いんだけど車通りが多くて、車がとおるたび、その猫の
お腹の辺りが踏みつけられて痛々しい泣き声を上げるんです。
 でも俺は動けずに見ていただけでした。通学の時間で他にも人はたくさん
いたと思うけど、他の人もだれもその猫を助けようとはしませんでした。
その内に警察の人が来て猫をつまみあげ、ごみ捨て場に捨てました。
 俺の記憶はここで終わってるからそのまま学校にいったんだと思うけど、
なにもしてやらなかった自分、ごみ捨て場に捨てられて泣き声を上げているのに
なにも感じなかった自分が恥ずかしいです。
 俺はその前から猫を飼っていて大切にしていたんです。他の人が気にしなくても
自分は気にしなきゃいけなかったと思います。
 あの時の猫、すまなかった。
スレ違いだったらすいません。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/29 00:54
>車がとおるたび、その猫のお腹の辺りが踏みつけられて痛々しい泣き声を上げるんです。

ありえねえ

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/29 02:34
>322
めちゃワロタ!

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/31 23:36
おまいらはオレがこのスレをどれほど楽しみにしてるか知っていて
24時間以上もなにもかかないのですか

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 03:01
('A`)マンドクセ

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 10:08
漏れも楽しみにしてるんだ
あんまり自分にそう言うことが起きないから

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 11:07
年末,2泊3日で旦那と一緒に実家に帰りました。
で,昨日我が家に帰ってみると・・・。





旦那が3キロ,自分は2キロ太ってました(号泣)
実家ってコワイ・・・。
え?そういうコワイ話じゃない?スミマセン・・・・。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 12:30
隣の部屋の住民、里帰りしていて今居ないんだけど
隣の部屋から猫の鳴き声がたまに聞こえる。
ちょっと怖い。

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 16:02
>331
引き続き監視ヨロ!
まずくなりそうだったらその家の住所をヨロ!
近所だったら警察連れて何とかしにいくわ。

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 16:50
>>331
大家さんに言ったほうがいいと思うよ。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 22:10
もちろんこのスレ的には、その鳴き声は隣の部屋からは>>331の部屋から
聞こえるように思えるわけですね

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/01 22:37
>>331
そこがペット可なら問題ないな。
たぶん自動で餌出るヤツ使ってるんじゃない?

336 :331:04/01/01 23:25
うちはペット禁止アパートなんだよな。
だから大家に言っていいのか悪いのか。
もし>334だったら(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

取りあえず>335を信じてて、様子みようと思う。
猫飼ってたの知らなかったんだけど、
置いていかないで、連れてきゃいいのに。

ちなみに北の方なので、えさより何より室温大丈夫か心配。
寒いんだよね。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/02 03:04
主人の実家である香川に帰省し、帰る日の事。主人が前日の夜飲み過ぎで二日酔いになって
ダウンし帰る時間をずらして横になっていたので、時間をもてあましていた私はふと思い
ついて義姉に、山の奥の方にあるお墓にお線香あげに行きませんか?と誘い、行く事に
なったまではいいが、急に頭が痛くなってきた。しかし私が誘った手前 やっぱり辞めます
とは言えなかったので、我慢して行ったところ代々のお墓の立っている場所の上から木が倒れ
てきたようで、いくつかのお墓が倒れていた。手前から順になおしていってふと一番最後の
お墓を見るとそれはお地蔵さんで、頭がポロっと手前に落ちていた。転がっていた頭をなおし
てあげて、それぞれのお墓にお線香をたいて手を合わせて下山したら何時の間にか頭痛が
治っていた。

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/02 08:53
でももし>>337が頭痛を理由に山に行くのを中止してたらダメじゃんお地蔵さん
とおもてしまた
実は危険だから来るなとのお告げだったり

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/02 15:19
>>311
ネズミがいるってことは、火事の心配しなくてもいいってことだ、安心汁。

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/03 17:45
メールとかの文字化けの文字が怖い。
あの無機質っぷりが。

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/03 20:12
有機質な文字化けは怖くないですか?

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/03 21:08
有機的な文字化けっていうと
」・・C6H5−CH3・/・・刀E・C6H5−CH=CH2・C6H6・^・・
とか?


343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/03 21:27
おーい山田君〜

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/03 23:45
342の座ぶとん全部持ってっちゃいな!

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 03:18
最初から座布団なんかないよ

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 13:09
三歳の息子がトイレに入って、出てきて、一言。
「おトイレでおじいちゃんがおしっこしてた」

我が家は旦那、私、息子の三人住まい。当時客人も無し。
「はあ?!」
「怖い顔のおじいちゃんがおしっこしてた。
○○(息子の名前)が入ったらひゅーって出て行ったー」
「し、知ってるおじいちゃん?(ガクブル)」
「知らないー」
「そ、そのおじいちゃんまだおうちに居る?(ガクブル)」
「いないー」
「そ、そっか(ホッ…)」
「ここんなか入っっちゃったー」
ぽんぽん、と畳を叩く息子…イヤー!

この息子、以前から
「にこにこのおばあちゃんが居る」だの
「赤ちゃんが一緒にねんねしてる」だの
誰も居ない空間にむかってお菓子をさしだして
「はいどーぞ」だの怖いんだよう、もう。
子供のおふざけであることを祈りたいのだけど、どの言動も前触れなくなので怖さは拭えない。

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 14:29
あーちゃんの再来

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 15:08
>346
お母さんたちに見えなくて、とくに迷惑もなければ放っておいて良いのでは?

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 15:12
>>347
あーちゃんはネタじゃなかったっけ?

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 20:10
>>346
ある意味、そういう勘の鋭い子供がおびえてないんだから、たちの悪いのはいないのでは

351 :346:04/01/04 21:55
旦那も私も霊感は(多分)全く無く、霊経験等も皆無です。
家の中で嫌な感じがすることも今の所ありません。
>>350 >たちの悪いのはいないのでは
そう思って、気楽にいくことにします。ありがとう。

ただ自分が怖がりなので今後もいちいちびくびくするとは思いますが。
(でも怖い話聞きたがりなのでほん怖は常駐。洒落怖は見られない臆病者)

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 22:07
>>351
あの〜余計な事かも知れませんが、気を悪くしないで下さいね。

お宅の息子さん多分病気です。そうでなければ愛情過多もしくは不足です。
精神的、もしくは身体的に治療が必要でしょう。
くれぐれもそのまま放置しないように。
差し出がましいようですが、子供は宝です。

353 :346=351:04/01/04 22:49
>>352
じっくりお話させていただきたいところですが、スレ違い板違いになりますので自粛しますね。
ご忠告ありがとうございました。

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 23:22
ある白人男性が通勤途中、砂漠を横切ろうとして遭難した。
彼は砂漠への知識があったため、砂に大きくSOSと書き、その場を
動かなかった。しかし、2日間救助がこなかった為、彼はこれまでの
経緯を書いた紙を車のワイパーに挟み、少しの荷物を持って南に向かって
歩いていった。彼はそのまま二度と姿を現さなかった。
もしも北に向かって歩いていれば、一時間としないうちに
ハイウェイにぶつかっただろう。

ある白人家族が、サハラ砂漠北西を旅行に訪れ車で横断していたが
タイヤが砂にとられ、立ち往生してしまった。
しばらくその場で待っていたが、結局夫が妻と二人の息子を残し、
助けを呼びに行くことにした。
灼熱の砂漠に耐え切れなかった夫はTシャツを脱ぎ、上半身裸で歩き回った。
(これは砂漠では水分を奪われる為致命的な行為である)
一昼夜歩き回った夫は、その場に倒れてしまうが、その何時間か後、
遊牧民族に発見され、無事保護してもらうことが出来た。
一晩明けて、夫は遊牧民族の助けを得て車を捜すことになった。
車は短時間で見つけることが出来たが、妻子の姿はなかった。
妻と息子達は待つのに耐えることが出来ずに、夫が出てしばらくしてから
夫と共に行こうと車を出たと思われるが、夫は妻子に二度と会えることはなかった。

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 23:27
そういや俺は子供の頃、喘息で夜中眠いのに眠れないときなんかに「木が動いてる」とか「頭が二つある蛇が玄関から入ってきた」とか
気味悪い事を言ってたらしい(本人覚え無し)。で、後で気付いたんだけど喘息の薬ってエフェドリンが入ってるんだよな。
眠いのを呼吸困難で強引に起こされて薬物投与されれば、そりゃ変なもの見るわな。

で、>351の息子さん、喘息持ちだったりしませんか?


356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 23:36
ほんのり怖い話か。あるにはあるぞ、結構前の話だけど。

心霊系のTV特番で「欧州のどこそこの古城に幽霊が云々」というレポートをしていて、
俺は母とその番組を見ていた。画面がその古城の部屋の中をゆっくりと回している時、母が笑いながら
「何、今の人。現地の人?」
と俺に訊いてくるのですよ。その時の画面の中には人などいなかったので、俺には母の疑問が
何を指しているのか解からない。そこら辺を尋ねてみると、
「今、ベッドがあったでしょ?そこに外人さんが座ってたの。でね、カメラの方見て謝りながら
端っこの方にどいてったの。間違って映っちゃったんでしょ?撮り直ししないのかねえ?」
という答えが返ってきた。
確かに俺も画面内の古いベッドは見ていた。「シーツ新しいな。まだ人が住んでるのか」とか思いながら
見てたのでそれは確かな事だが、そこに人なんぞいなかったんだが…。
とりあえず「あ、見てなかった」と答えておいた。「俺には見えなかった」とはいいにくかったものでね。

ちなみに、この母は幽霊の存在を信じていない。

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 23:45
小さい子供が『あれは何?これは何?』と聞き始める時期になった頃の会話
子供 洗面器を指差して『これは何?」
母  『洗面器よ」
子供 『これは?』
母  『石鹸』
お風呂場にあるもの全部を指差してエンドレスで会話が続く。
いい加減母親が疲れてきた時、子供が換気扇を指差して『あれは何?』
母親はイタズラ心をおこして『あれはお婆ちゃん』と答えた。
           続く

358 :356:04/01/04 23:47
母の話を追加。
この人はたまに「この前ヘンな事があった〜」って俺に色々話してくれるんだが、
幽霊の存在に対して信じ込まず否定もせずにいる俺ですら、
「…それ、ユウレイじゃないの?」
と言ってしまう様な体験が多いのですよ。
母の遭遇している怪奇が、心霊ではなく神経の問題だったらと考えるととても心配。

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 23:48
  続き
それからしばらくして父親とお風呂に入った子供が父親に「これは洗面器」「これは石鹸」と
覚えた名前を次々と話していく。
そして最後に換気扇を指差して得意げに
『あれはお婆ちゃん、あれはお婆ちゃん』
父親 『えっ?お婆ちゃん見えるのか?』
子供 『見えるよ、お婆ちゃんいつもあるよ』
父親 (((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

って話を思い出した。

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/05 10:02
>>356

お母さん、病院行ったほうがいいね。

361 :346=351:04/01/05 11:59
>>355
喘息辛かったですね。現在は大丈夫でしょうか。
大変興味深いお話をありがとうございます。
息子はありがたいことに健康で、さらに例の言動はいずれも
深夜や寝起き等寝ぼけている可能性のある時間帯ではありませんでした。

私も>>356=>>358さんのように、心霊ではなく神経・精神の問題だったらと心配に思います。
心霊関係は完全否定派ではないのですが。

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/05 12:24
とりあえず同一人物かどうか知らんが病院がどうの言ってる人はsageてください

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/05 20:57
>>346
前にオカ板のどこかのスレで
子供が見えない人と会話したりするのは
別に特別なことじゃなく、よくあることなんだそうだ。
という話を聞いたことがあるのであまり深く考えない方がいいと思うよ。

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/05 23:01
なんかよく聞くような話なんだが。
僕の知り合いの看護婦さんが新人の頃に体験した話。
ある時、婦長さんと一緒に廊下を歩いていたんだけど。
で、廊下の端に自分の担当でもないけどたまに話しかけるおばあちゃんがいて。
そのおばあちゃんは先日まで病気が悪化して、とても立てない状態だったんだけど、
その時は普通に立って、こっちに向かってにっこり笑いながら会釈したんだって。
で、「ああ、良くなったんだ」って思って会釈し返して、
話かけようとしたら婦長さんが彼女の袖をぐいっと引っ張るのさ。
婦長さんは、普段はそんな事しない人だし「何すんだ」って思って、おばあちゃんの横を通り過ぎたんだけど。
でしばらくして歩きながら婦長さんが「今、絶対に後ろ振り返ってはだめだよ。」って言ったんだって。
「なんでですか?」て聞いたら。

「あのおばあちゃん、昨晩亡くなったのよ」


365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/05 23:29
こういう古典的なネタ大好きです。

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 10:38
古典には生き残るエキスがつまっているね。
良いおばあちゃんだったんだろうな〜と余韻も美しい。

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 12:48
もし振り返ったら何が…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 13:35
桃とか櫛とか投げて逃げ切るんだよ。

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 17:58
>>364
それ、座敷女の中でも出てきてたね。
そういうサラッと短い話、こわいよな。

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/06 18:59
このくらいの文量で怖い話って
一番好き

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 00:53
振り帰ったってええやん?

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 06:00
毛が生えてきたんです。

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 07:10
♪振り返れ、歩き出せ、忘れられない罪ならば

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 15:01
林の中を歩いていたんですよ。夏真っ盛り。周りは蝉の声。
そうしたら蝉の声に混じって何か聞こえるんですよ。うんうんと唸るような音が。
ウンウン……これはお経?それがどんどん大きくなっていく。


はっと振り向いたら顔のすぐそばに蜂が飛んでた。
二度びっくりした。

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 16:11
深夜ネットしてたところ、
どこからかお経のような声が。
パソコンの音量は最低にしてあるので聞こえるはずがない。
断続的に聞こえてくるお経に
ぞ〜っとして動けないでいると、耳元をスズメバチが…
逃げたかったけど、その部屋で寝てる犬が刺されると大変なので
ひとりで戦いました。怖かった…
347読んで思い出しました。

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/07 21:14
パソコンからお経で思い出したけど、1999年に京都の方の神社で
お経ならぬ祝詞かなんかを読んでくれたりするCD-ROMを売り出した
とこがあったな。
それだけじゃなくて、お参りとかおみくじとか神社のワンセットになった奴

丁度コンピュータ系は2000年問題を控えて不安だったりしたので、
あっちの知人に買って送ってもらったのを覚えてる。
年越し立ち会いのときなんかにお客に見せたらけっこう受けた(w

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/08 11:38
>>375
無事で何よりです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 00:04
思い出し連鎖

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 02:03
あーあーアレよアレ。
ここまで出てきてるんだけど…。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 07:47
>>379

喪前はここでも読んで周囲の人の苦労を理解してやれ。
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/live/1060168857/

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 08:48
放火や火事で大人が死ぬってのも怖いな。
一酸化炭素中毒で気付かず寝たまま亡くなるのだろうか。


382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 09:19
前 新聞に出てたが
ある家に恨みを持つ男が何回も放火してたらしいが
そのつど失敗し、ついに警察に捕まって懲役10年くらい食らった

しかし 10年後出所し再び放火 
今度は成功し家に居た家族4人全員焼死

その家族は男が捕まり安心しきってたんだろうな
記事見て苦笑した
人の恨みは恐ろしい

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 15:51
14,五年前・・私が、中学生の頃の話です。

当時、中○コースという雑誌がありまして夏になると怪談特集がありました。
詳しい話は忘れてしまいましたが、その時読んだ話のなかに

『○○市で女の人が交通事故があった。
 事故にあった女の人は「ここはどこ?・・わたしはだれ?・・・」
 と言い残して亡くなった。
 で、この話を聞いた人は三日以内に「ここはどこ?わたしはだれ?」と聞かれるので
 ○○市の××さんと答えるように』
 という話があったんです。

他にも似たような話はありましたが、なぜかこの話が頭に残りました。


384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 15:57
この話を読んだ二日後です。
ちょうど地元が祭りだったため、私は友人宅で夜更かしをして遊んでいました。
3時も過ぎたころだったでしょうか・・友人がジュースを買うということで外出しました。
私は雑誌を読んで待っていたのですが
少しすると当時、小学生1年生だった友人の弟が部屋に入ってきて
TVゲームを始めたのです。
祭りだからこいつも夜更かしか・・
などと思い、気にせず雑誌を読んでいたのですが
ふと、顔を上げると
その友人の弟がじっとこちらを見ているのです。

そして突然クスクス笑いだし、

「ここはどこ?わたしはだれ?」

と聞いてきたのです。
一瞬わたしは何を聞かれたのかわかりませんでしたが
すぐに先日読んだ雑誌を思い出し全身から血の気が引きました。
まさか・・と思いつつ固まっていると
その弟は相変わらずクスクス笑いながら私のほうをじっと見ています。
私は、怖さ半分・まさかという気持ち半分で
「○○市の××さんです」
と小声で答えました。
するとその弟は、まさに にたっ と言う感じで笑い部屋から出て行ったのです。


その後、友人が帰ってきましたがとても話す気にもなれず
明るくなるまで眠ることもできませんでした。

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 15:59
この話にはさらに数年後の話が2つほどあるのですが
機会があればまた聞いてもらいたいと思います。

あと、おそらくこの中○コースという雑誌は全国で出ていたのではないかと思います。
覚えてる!という方や実は私も・・という方がいたらお話聞かせてください。
長文失礼しました。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 16:23
続きマダー?

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/09 21:00
コース派と時代派がいたよね

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 01:02
>>383
なかなかガクブルな話を有難う。
で、もし俺らが聞かれでもしたらどう答えたらいいのか。伏字じゃねーか(泣

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 01:31
「まるまる市のぺけぺけさんです」と答える。

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 08:03
「マルマル市のバツバツさんです」でも可

391 :383:04/01/10 14:32
>>388
いろいろな人に町と名前は伏せて話したことがあるのですが
いまだに、出たという事はないので大丈夫かと思います


むしろ、名前を伏せて話しても 
話した私が、2回ほどいろいろな形で尋ねられました・・

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 16:21
>>391
「ここはどこ?わたしはだれ?」

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 21:25
つまり、具体的に市名・人名まで聞かないと「この話を聞いた人」という
ことにならなくて「三日以内に」云々には遭遇しないとか

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 22:10
http://app.memorize.ne.jp/d/59/76172/2003/08/16/31


395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/10 23:37
>393
それだ!

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/11 02:39
>>394
ほんのり怖いけど、ネタでしょ。

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/11 18:19
>>394
ワロタ
たいしたものだね、これの作者

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/11 22:19
弓道部の先輩の話

先輩が高校生の頃、道場で起こったことらしいのですが、弓を引いてはなしたけれども矢が飛んでいかない。
あれ?と一拍置いてから頭上から矢が真っ二つの状態で落ちてきたらしいんです。

ここから弓道を知らない人はわかりにくいと思うんですが、弓を引きすぎると、
矢を巻き込んで弓に当たってグニャっと曲がった状態で上に飛ぶんです。
しかしそれが起こると引き手に衝撃もきますし、
何よりその時折れてた矢がグニャってより真ん中からキレイに真っ二つで折れていたらしいです。

先輩は後ろで見ていた友達に「何が起こったの?」って目配せしたのですが、
その友達も首をかしげるだけで結局原因不明だそうです。

先輩は矢一本損したからムカツクって言ってましたけど、私はこれ聞いたとき鳥肌立ちました。

弓道知らない人は本当によくわからないと思います。スマソ。

399 :398:04/01/11 22:40
その先輩がネットで見た怖い話。
また弓道話なんで興味ない人は飛ばしてくださいな。

「『楓』にまつわる怖い話」

弓の名前で『楓(かえで)』という名前の合成弓があります。その弓にまつわる話です。
ある人が道場で練習をしていました。冬場ということもあり、道場はその人一人で少し練習にも飽きてきた頃でした。
そこで今使っている弓以外の弓を使ってみようと他の人が保管している弓をこっそり拝借しました。
なんとその弓に変えた途端中る中る。嘘ぐらいに中るその弓の銘は「楓」。
「へ〜、楓っていい弓だったんだ」と思っていたら背後の控え室に人の気配がします。
中を窺っても暗くて人がいるかわかりません。
まぁ気のせいだろうと思いつつも、他人の弓を使っているという事もあり、その弓を使うのをやめたそうです。
次の日。
友人と道場に来て昨日の弓の話をしていました。
「楓って弓でやった途端すごく中るんだよね」
そう言って楓を使い始めたのですが、昨日と違ってそれほど中らない。むしろいつも使っている弓と同じ感じなのです。
あれ、おかしいなと思っていると友人が言いました。

「その弓の持ち主、昨日死んだらしいよ」

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/11 23:16
>398
鏃と弓が当たって上方に弾道が逸れる。
弓のグリップ部分と絃により圧縮されて圧力限界を越えて折れる。
本来ならその衝撃が感知されるのに、それが無い状態で矢が折れた
ので>398は気分が悪くなった。

で、良いの?
物理現象や、偶然の産物の様な気もするけど・・・
なんで怖いのかをもう少し説明して貰えると助かる。

>399は、ビギナース・ラック(初心者じゃないけど)とは違うの?
その合成弓は精度の悪いモノでそのサークル内では元の鞭主以外では
ろくすっぽ当たらないモノだとかそう言う因縁はあるんでしょうか?
#楓って言う銘に特別な意味があるのか・・・?

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/12 02:50
私は弓道やってるが,そんなんなったことないな。
はっきり言ってあまりうまくなry


402 :398:04/01/12 20:35
>>400
もし物理現象だと仮定すると何回かその現象、もしくは似た現象が起こるはずです。
その先輩は自分の射にこだわりをもってますのでそうそう射を変えたりはしません。
という事は物理現象の線は消えますよね。まぁその時だけ射が変わったと言われればそれまででしょうが。
また、弓の握りの上の籐の部分に中って上に上がったのなら弓、もしくは籐の部分に何らかの傷がつくはずですが、それも無かったそうです。

偶然の産物と言っても自分の放った矢が一拍置いて真っ二つに折れて落ちてきたら怖くありませんか?
それも何人も見ていたのにどうなって上に上がり、折れたのかもわからない。
私はそんな事になったら怖いと思っただけなんです。怖くなかったらすいません。

>>399はネットにあった話らしいんで楓の持ち主が死んだ時に戻ってきて中るようになったって解釈でいいと思います。
弓道は不安定なものなのでたまたまって可能性もありますけど、控え室に人の気配がしたって所がミソなんでしょう。

>>401
先輩も私もそんなケース見たことも聞いたことも無いから怖いなって思ったんです。
上手くはないかもしれませんが、当時そういったことをするほど下手では無かったと思います。

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:15
ぜーんぜんこわくない

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:23
>>403
ぜんぜんこわくないスレ行け

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:24
「中る」って何?

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:27
それききたかった

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:35
そうそう、「中る」ってなんだよ?
「あたる」と読むのか?
それとも「なかる」?

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:36
「あたる」です。的中することです。

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:44
>>402
金属疲労じゃないけど、矢の状態の違いなんかもあるのでは?

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:48
弓道やってたが中るなんてかかねぇぞ、勝手に作るな。


411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 00:54
弓道部の練習見た事あるけど、なんか「シャーッ!!」とか言ってたよ。
どうも「射」って意味らしいけど

412 :断然:04/01/13 00:58
バミトントンは「ぅおい!!」だったぞ
あんま関係ないのでsage

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 01:02
バミトントンってスポーツですか?

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 01:04
バミトントンはスポーツです

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 01:04
>>410
普通に中るって使いますよ。
弓道教本でも使用されてますよ。

416 :断然:04/01/13 01:05
あれでも球技です。
羽毛球部でバトミントン部とよみます

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 01:12
バトミントンはなかなかハードなスポーツだよね。
フルで試合したらカロリーどれくらい消費するんだろ?

418 :断然:04/01/13 01:20
カロリはわからんがみんなの想像より春歌にツライ事は確か

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 01:29
>>418
春歌にツライ?……エロ歌うのが辛いのか?

420 :断然:04/01/13 01:32
変換ミスだ。一発で春歌が出たことはナイショな

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 01:37
っつーか、いまググって知ったんだけど「春歌」って萌えキャラがいるんだな……
いいのかよ。


しゅんか 1 【春歌】

猥褻(わいせつ)な歌。

三省堂提供「大辞林 第二版」より


なのに。

422 :断然:04/01/13 01:43
むしろ 

しゅんか 1 【春歌】
猥褻(わいせつ)な歌。

こっちを初め聞いた
確かにやばい名前だなw

じゃ俺瓶詰め見てくるから

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 16:49
>>398
縦割りだったら、「おお〜!」とか思うんです。

バトミントンじゃなくて、バドミントンだべさ。

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 17:13
ごめん、皆そろって普通にスルーしてるんだったらホントにごめん。
でも、すっごく気になるの。

バミトントンってなによ・・・・。

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 17:48
>>413
で 漏れがつこんでるんだけど。答えは414にありますよ

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 18:57
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=
バミトントン検索結果

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 18:58
http://morioka-shirayuri.morioka.iwate.jp/04events/h14/h14j-kyugitaikai/badminton.html
こっちがわかりやすいね

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 21:04
>427
あるんか?!

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 21:25
>>427
楽しそうにやってるね。勉強になりますた

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 22:05
>>418
春歌(わいせつな歌)を歌いながら、部活動でバミトントンをやってる姿・・・
んで時おり「ぅおい!!」って掛け声があがるのを想像すると、ほんのりと恐いような。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 22:09
>427
バミトントン≒バトミントンって事?

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 22:23
2000年7月1日(土)
今日は久しぶりにバドミントン(ある奴は、バミトントンとのたまっとる...)をした。


バドミントン 3 [badminton]

〔バトミントンとも〕球技の一。ネットをはさんで、ラケットで羽毛球(シャトルコック)を打ち合うスポーツ。
インドの球戯がイギリスに伝わり、グロスター州バドミントンでゲームの原型が作られたことからの称。

これでもうええじゃろ

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 23:09
俺はバミトントン部だったが、よくバドミントンと間違えられたぞ。
知名度は低いが難しい球技だ。試合の前には敵を倒すために呪いの踊りを
踊ったりもした。パプア・ニューギニアから招いたコーチは
厳しかったけど愉快な人だったなあ。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 23:28
>>410
勝手につくるな、とか言っているが、こいつは弓道やってないな。
まず、やってない。頭悪いって障害の一つだな。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 00:02
ほんのり怖くなってきた

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 00:31
ttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E4%B8%AD%E3%82%8B

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 01:12
正確には「バーミー=トン トン」が正しい

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 02:29
「的中」って知ってる?

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 06:35
>>434
やってたよ。まぁ教本すらロクに読まないような幽霊部員だったってわけだが。
でも教本みてないのと頭悪いってのは別もんだろ。あんなもん一部のはりきってるやつしか
みてなかったよw俺らはそいつら横目にサッカーしてたとか野球してたわw
最高におもしろかったが。

つかスレ趣旨ずれてるやんけ。怖い話探してくるわ。

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 13:43
>439
( ゚д゚)ポカーン
何で若いヤシってこうなんだろ。

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 13:52
>>439
>でも教本みてないのと頭悪いってのは別もんだろ。

教本も見てないのにあたかも全てわかっているような発言をすること
については頭悪いと思われてもしかたがないですね。

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 13:54
    フッ       フッ        ハァ           ノ∩
     ∧_∧     ∧_∧   ∩∧_∧      ⊂ 
  三 (  ´∀)   (    )ヽ  \     ) ))   /( 。Д。 )っ >>439
    (つ   つ_  ⊂    _ノ    (_  | ))    U ∨ ∨
  三 〉  〉\__)  人〇  ヽ    /__ 〇
    (__)     (__ノ (__)  (_ )\_)

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 14:25
      ∧_∧
      (´∀` )   
    /⌒'   ~ `)
    (  く ノ | イ
    ヽ,_'ァ   , .|キュッ
      ノヽ ._)'A`)ノ←439
     ./   ノ| ヘヘ
     ( -く  |ー(
     \ └,.| .)
      ,┘/ (__)

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 14:34
私も弓道やってましたが、試合の時は本当に緊張しました。
相手の放った矢がいつ飛んで来るか分からない。
それを避けながら、正確に敵を狙わなければならない。
目に矢が突き刺さって、救急車で運ばれた後輩もいました。

合宿は無人島で弓矢を持ってサバゲーってのが恒例でした。
毎年、帰って来ないやつが何人かいましたよ。

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 14:51
カコウトンの先輩ハケーン

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 14:52
>444
本当に貴様はそれが「面白い」と思って書き込んだのか?ん?

447 :444:04/01/14 15:00
>446
いや、ちょっと流れを変えたいな、と思って...。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 15:08
    フッ       フッ        ハァ           ノ∩
     ∧_∧     ∧_∧   ∩∧_∧      ⊂ 
  三 (  ´∀)   (    )ヽ  \     ) ))   /( 。Д。 )っ >>444
    (つ   つ_  ⊂    _ノ    (_  | ))    U ∨ ∨
  三 〉  〉\__)  人〇  ヽ    /__ 〇
    (__)     (__ノ (__)  (_ )\_)


449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 15:41
>>444
いやいや、想像したらそこそこ面白かったよ。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 17:50
>>444
まさか弓道がそんなに怖いスポーツだったとは……((((;゚Д゚)))

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 18:32
指輪物語のエルフの王子 最強

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 20:07
>>451
まぁ西のレゴラス東の花栄だからな

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 20:40
このスレだけで元弓道部が3人も。
 
ほんのり?

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/14 21:12
>448

宙返りしているようにも見えるな、そのAA。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/15 13:59
>448
たまには斧刃昇膝伏虎撃も使え。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/15 16:10
違ったのか>>454

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/15 20:40
>456
うむ。
本当は>448の強烈な腋臭で>444がのけぞりながら
飛び退いているAAだ。

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/15 21:04
砲撃運針倉庫ショーだろ?

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/16 00:03
それちゃうがな

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/16 00:25
修羅覇王翔吼拳?

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/16 10:20
夏塩脚?

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 01:52
17日午前8時15分ごろ、大阪市東住吉区矢田2の路上で、
「男が女性を刺している」と通行人から110番通報があった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040118-00000051-mai-soci

「刺された」ではなく「刺している」ってところが怖い。
長時間めった刺しってことかな? がくぶる。

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 15:54
挿しているかもしらんね

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 16:24
朝から今までずっとオカ板見てて
「どこか行こうか」と言って
向かった先が
生活板だった兄貴

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 16:51
霊感が少しある同僚。
ラブホのフロントしてるんだが私は深夜11時で帰る。
で、彼女は次の日の朝までの勤務。
私はその日、暇つぶしで「新耳袋」を読んでいて家に持ち帰るのが怖いので
こっそり彼女に気付かれないようにフロント内の普段みんな開けない
引き出しにしまって帰ったんです。
そしたら次に出勤したら本がない。いくら探しても見当たらない。
前出の彼女にメールで「実は本を隠しておいたんだけどないんだよね。
知らない?」って聞いたら「あ、ごめん。この間フロントの中が
異様な空気になっててもしかしたらあんたが本を読んでたの思い出して
一番空気の怪しいところ探したら本がでてきて怖いから下駄箱の中に
入れちゃった。あんな本置いてかないでよねー。一晩中大変だったんだから」
て言われました。本でへんなの集まることあるのかなーと思いました。
つーか、霊感あるひとってあんな本一冊あるだけで空気の違いが
わかるんだーとちょっぴりびっくり。



466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 17:16
>>465
つーか、一晩中大変だった話キボソ

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 17:40
>>465
漏れだったら、同僚にんなこと言われた日にゃ
「ヤバイヤバイ、この人絶対にヤバイ、電波怖いよ、ひいぃ」
ってなりそうです。


468 :465:04/01/18 18:08
一晩中大変だった話ですが彼女はあまり自分の体験話を語りだがらないヒトで
(さんざんいろいろ体験してるのに信じたくないらしい。話すと実感してしまって
いやだと言ってた)やっと聞き出せたのは
「一晩中壁とドアをノックされた」って言ってました。
他にもあったみたいですが話してくれませんでした。

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 19:26
465を怖がらせるためのネタだろ

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 19:28
>465って何でも信じそうだしな

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 19:39
なぁ>>465
今頃言うのもアレなんだがお前の食ってる
さきいか な、実はおれの足の皮なんだよ

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 22:11
霊にとって見える奴は言わば貴重な視聴者なんだ
だから付きまとわれるのさ
霊が入れない聖域みたいな場所もあるけど無駄だよ
出てきたらまたまとわり付くのさ



473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 23:02
>471
お前のヘソのゴマ な、実は夜中におれのを移植しているんだよ

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 23:15
他のスレでもあった話だけどさっきまであったものがなくて
さんざん探してないのに目の前のテーブルの上に出現!
とかこういう話ってほんのり怖い・・・・

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 06:11
近所にある古い戸建の賃貸住宅。たしか2DKくらいだった。
家賃が35,000円…ってとこから外観を想像してください。
田舎なので、だだっ広い敷地内に、ほぼ正方形の箱形の建物が6棟建ってる。
学校に行く途中にあるんだけど、家の周りを掘っている人がいて恐い。
深さ20センチ幅30センチくらいの溝を玄関から時計回りに毎日掘ってる。
はじめは花壇でも造るつもりなのかと思ってたんだが、
ぐるっと一周したところで、埋めはじめた。それがまた一周して全部埋め終わったら、
また掘りはじめた。全部掘り終わったら、また埋める。
雨だった次の日の朝もちゃんと進んでる。
作業してる姿は一度も見たことないけど、なんなんだろう…。
もう1年以上続いてる。私が気付いてから1年なので、どれくらい続いてんのかは不明。

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 06:26
>125
スーパー遅レスで申し訳ない。
子供の頃神戸に住んでいたんだけど、うちはかなり明石よりで。
よく明石の海辺に釣りに行ってたんだけど、途中にある踏切は、有名で、
時々電車が来るのに遮断機が下りないことがあって、子供が何人も死んでいるという
噂があった。

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 06:35
475
また埋めてしまうって なにか 埋めてるわけじゃなくて
ただ単に土を元通りにしてしまってまた彫ってるってことかな?
なんか不気味。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 06:44
>>475
そいつは多分墨者で、敵と攻城戦の最中なんだと思う。

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 09:09
>>475
作業してる姿は一度も見たことないけど、家の周りを掘っている人がいて恐い。 ?

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 09:50
>>475
それに近い事を家の祖父がやってるよ。
庭のあちこちに穴を掘っては、それを埋めて・・・

家の場合は、草や剪定した木の枝、落ち葉、野菜くずなんかを埋めてるんだけど、
作業している所を見ずに、掘って埋めた後だけを見ると不気味かも。

481 :475:04/01/19 10:08
うーん。敷地の隅に剪定ゴミや野菜屑を埋めるのだったら分かるんですが…
>私も田舎在住なので。あれって結構深く掘らないと意味なさないですよね?特に野菜ゴミ。
建物があって、下にコンクリート製の土台があって通気口?が取り付けられてますが、
あれがむき出しになるように、家の壁に沿って掘り進めてるんです。
掘り進めるのも埋めるのも、進んだときは1メートル近く進んでるんですが、
10センチくらいしか進んでないときもある。
って毎日人の家の掘り進み具合気にしてる私がオカルトかw
ちょっとしか進んでないと、なんか残念な気持ちになる。

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 11:00
>>474
それと同じ現象で、メガネが波平のオデコの上に出現するよね。

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/19 23:15
昔、近所の空き地を大規模に掘り返していたときがあった。
最初は「コンビニでもできるのか?」と期待していたら、
沢山のトラックがごみを捨て始めた。
「こんな住宅地でごみの埋め立て?」と驚いたら、
上に土を被せて元の空き地に戻った。

最後は市民農園になり、何も知らない市民が区画を借りて、
野菜を育ててましたとさ。健康に悪そうだった。

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 03:30
>>475
人肉喰らうために運動して食欲つけてんだろ。

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 07:44
>>482
    o-o、
    ('A`)  メガネメガネ
    ノ ノ)_

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 08:18
>>475
それ 天神じゃないのか

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 16:27
>>484
あった あった。
パタリロでぱくってた(ていうか別主人公のホラー短編か)

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/20 21:06
6瓶のソース

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/22 13:30
年末に友達が夫婦で泊まりに来た時のこと。
次の日送っていったんですが、奥さんが時計と指輪忘れていったんです。
話によると指輪は友達の形見だそうで・・・。
「やばいから」「なんで?」「アレ形見なの」 (((( ;゚Д゚)))
結局取りには戻らず年明けてから届けるって話になったんです。

そして届に行く前の日の夜。奥さんに電話して部屋に戻ったら、
ほのかに化粧の香りがしてました・・・。
だれも部屋に入ってはいなかったんですが。

友達の奥さんは見える人なのでちょっとほんのりと怖かった。


490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/22 15:17
(( ゚Д゚))カクカクプルプル

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/22 17:58
何年か前に父から聞いて忘れられない話があります。
小学校低学年の時、父と布団を並べて同じ部屋に寝ていたんですが、
ある日の夜中に私がうなり始めたそうです。
そしてむくっと上半身を起こして何かゴチャゴチャ(怒り口調)言ったあと
四つんばいになってうなりながら枕を口にくわえて気が狂ったように
振り回してたそうです。
父曰く「化け猫が取り付いてたかのようだった」と言ってました。
しばらく父があっけに取られてると私はスイッチが切れたかのように
パタン・・と寝てしまったそうです。
もちろん私には当時の記憶は一切ありません。


高校ぐらいからたまぁ〜に霊現象?を見ることがある私ですが、
さすがにこの話を聞いた時は「マジかよ・・・」と冷や汗もんでした。
憑かれてたのか・・夢遊病?なのか・・・どっちにしても怖いです。



492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/22 19:05
>489
置いて行かれたくなかったら声くらいかけろよ!>指輪

493 :489:04/01/23 11:36
この夫婦が住んでいたアパートでもいろいろ現象あったとか。
聞いた話で一番ほんのりした話。

夜中何かを擦るような音で目が覚めたんだそうです。
どうも台所で音がしているらしい。
「なんだ?」と見に行ったんだそうです。
するとそこには、半透明で包丁を研いでいる女の姿が。
びっくりして声も出せずにいると、消えていったそうです。

あとバーベキューしてる時の写真があるんですが、
みんなが写ってる写真の下半分だけぶれていて、
そこに誰も吸ってないマルボロのタバコが写ってました・・・。

>>492
 声をかけられたら怖いよ (((( ;゚Д゚)))ドムギャンズゴック

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/23 21:02
マルボロの霊?

495 :489:04/01/24 13:02
先ほどネットしてたらPCの後ろの壁から
「ガサッ」っと音がしました(壁掛けカレンダーが落ちたような)
なにも無い壁なので、あれっ?って思って机の下とか見ても何もなし。
でも、よくよく考えてみたら白っぽいモノが落ちた気がする・・・。
立体感あるモノだったような気がするし、もしかして指輪の人の顔・・・?

>>494
撮ったのが見える奥さんで、場所が「あんまり行きたくない」って所だから、
なんかあった場所なのかも。


496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/24 13:49
>495
君の抜け殻。脱皮は場所を選んでね!

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/24 23:33
稲垣吾郎の「ほんとうにあった怖い話」TVで始まりましたよね。
仕事で見ることができないんで嫁に頼んでビデオとってもらってんのね。
先々週の第1回目を新しいビデオに標準で撮りました。
先週それを見ました。
見終わったので、嫁はすべてまき戻してビデオの最初から第2回目をとってくれました。
でも忙しかったので先週それは見ていませんでした。
なので今日の第3回目を先週の続きに録画しようと第2回目の最後からとってくれてたそうです。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/24 23:40
で、今日時間もあるんで見ようと思い録画されてたビデオを最初から見始めました。
途中で嫁が「あれ今週のから見てるの?」っていうもんだから
「いやいや、ビデオの最初から見てるんだから先週第2回目のじゃないのこれ?」と俺
嫁が「・・・今週もなの・・・?」
「今週も?って何」
嫁の話を聞くと
間違いなく第2回目のあとから今週の第3回目を録画していたらしいんだが、
結果としてはビデオが最初まで巻き戻っており第2回目に上書きされる形で第3回目が録画されていたようだ

499 :497:04/01/24 23:46
んで、俺の見てない第2回目の録画のときも
完全に最初まで巻き戻して第1回目に上書きするようにしていたのに
なぜか第1回目の最初2話が残ったままでその後から第2回目が録画されていたらしい
先週は完全に巻き戻したはずなのに途中からに・・・
今週は途中から録画したはずなのに最初からに・・・
嫁の勘違いや、何かの拍子で巻き戻し(早送り)してしまっていたとかだとは思うんですが
ちと、ほんのり怖かったっす。

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/24 23:49
ほんのり500

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 02:04
中学生の頃、実家(マンション)でお風呂に入り、シャワーで髪を洗っていた。
洗い終えてお湯を止めたら、シャワーの口の所、小さい穴が沢山開いてる
うちの1つから、なんか飛び出してるのが見えた。
「なにこれ…?」 と、特に考えもなしに摘んで引っ張ったら、
ずるずるっと髪の毛が1本出てきた。30センチくらいあった。
当時、私含め、家族で髪が長い人は1人もいなかった。
気味悪かったけど、シャワー使えなくなるのは困るので、見なかったことにした。

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 08:16
生まれてきてから、今現在まで屁が止まりません。
部屋が臭くて、大変です(笑

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 08:28
病院いってこい

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 10:14
しかも精神科な

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 13:00
>>501

屋上の貯水槽に死体が...

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 14:42
こわっ!






思い出しました。

昔住んでた学生寮屋上の貯水槽では、
夏に行水してる馬鹿がおりました。


507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 14:45
蓋を閉めてしまえ

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 15:13
鍵もかけてしまえ

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 18:48
しまえしまえってお前らしまえ村の村民かってーの!
いーかげん「しまえ」とか言うのやめてしまえっつーの。

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 19:18
>>509
つまんない(´・ω・`)

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 20:24
重しもな

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/25 22:19
そしてそこからプリンセス天功が・・・・

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 03:10
オンドゥルルラギッタンディスカー!!

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 05:45
ダディャーナザァーン!!

515 :509:04/01/26 10:12
>>510
ごめんなさい。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 10:57
謝って済むなら警察いらねーんだよ あぁん?

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 13:37
うわーw

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 16:55
謝って済んだら警察でころか消防も裁判所もいらなくなるよね

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/26 19:08
そう遠くはない未来。
全てが謝って済んでしまう世界…

ホン=ノリとは、怖い話を効果的にs(ry

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 00:25
これ↓、お笑い板でみつけたんだけど、この板のかな?

小学生の頃、クラスにWさんという女子がいた。彼女は先天的な病で体がただれていて、声もうまく発声できなかった。
大人しい子でいつも本を読んでいた。
男子の友人はいなかったが、女子の友人は不思議と多いようだった。

修学旅行で旅館に泊まった時、友人が女子の部屋に遊びに行こうと言い出した。
俺も同意して、どうせだからこっそり行って驚かせてやろうってことになった。
そしてクラスで一番人気のあった女子のいる部屋に行く事となった。
こっそりドアを開けると(どのように鍵を開けたかは忘れた)恐ろしい光景が。

体育座りで座り込むWさんを円になって囲むようにクラスの女子全員が立っていた。
そして、Wさんに対して「豚」「焼けど野郎」などと罵声を浴びせていた。
さらにクラスで最もかわいかった子が「じゃあ、カツラはずしまーす」と笑いながら言ってWさんの頭に手を伸ばした。
次の瞬間、Wさんの髪の毛が全部その女の手にあった。Wさんは頭皮も病気で、髪の毛が生えないためカツラをしていたのだ。
男子は誰もそれを知らなかった。ショックで何が何だかわからない俺の前で女子はWさんを蹴飛ばしたりカツラをライターであぶったり。
Wさんはかすれた声でうめく。助けを呼びたくても呼べないのだ。
俺と友人は無性に怖くなって見つからないように逃げた。

次の日、Wさんもクラスの女子も何事も無かったように京都を観光していた。
それが一番怖かった



521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 00:57
懐かすぃ話だ。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 07:52
この話の続き、一番可愛かった女の子が事故死でよかったっけ?

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 17:45
>522
違う違う。
確かその障害持った子がマンホールの上で数数えてて、
>520の『俺』が何してるか聞くんだけど答えてくれなくて、キレた『俺』が
その子を押し退けてマンホールの中に入っちゃうんだよ。
それでその子の数える数が一つ増える…って話だろ!

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/28 19:23
じゃぁ、お供え物の饅頭の霊はどこを飛べばいいのよ?

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/29 12:27
>>524 もちつけ
( ´∀`)σ);´Д`) グリグリ

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/31 20:53
TV見てたら画面がプッと切れた。リモコンに触ってもいないのに。
何かと思って近づいたら暗い画面の中に俺が写ってた。当たり前だが。
俺はすぐに祖母の部屋に逃げ出した。
だって、TVに写りこんだ俺はリモコン持ってたんだもん。
俺が中学時代の変な記憶。

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/02 14:41
リモコンの霊?
写りこみって時々怖いよね

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/04 15:26
彼女とカーセックスをしようと入り込んだ空き地に
真新しい花束が二つも手向けられていた。
自殺現場か殺人事件か・・・ さすがに萎えた。

「お!誰も居ないじゃん!」
と喜んで入った駐車場を良く見ると、なにやら石碑が。
ダムの建設中に命を落としてしまった方々への
慰霊碑がありました。深夜1時だったので泣きそうでした。

呼ばれてますかね?

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/04 16:46
>>528
お呼びじゃありません

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/04 21:39
ある平日の昼下がり、市ヶ谷駅前から九段下に向かう道を一人で歩いていた。
すると、すぐ後ろから中年男性2人が、声高に話し合いながら歩いてくる。
声はでかいし、私のすぐ後ろにぴったりくっついてくるのでうざくて、ここは
スピードアップして引き離そうと思い、歩く速度をあげた。
ちなみに私は女にしては歩く速度がかなり速い。背もでかいから歩幅もある。
ところがおやじ2人は全然離れない。同じ速度でついてくる。ほとんど走っている
ようなスピードになってもついてくる。・・・・・だんだん怖くなってきた。
こいつら何者?もしやこの世のものではないのでは?でも怖くて振り向けない。
だってウナジのすぐそばくらいに顔がある感じなんだもん。
やがてある店に前まで来た時、そこのショーウインドウに映る姿を勇気を出して
見てみた。

そこに映っていたのは、私と・・・・・・・・・・おやじが一人。
そのおやじは、一人で二役をしながら、私の後をぴったりと猛スピードでついて
きていたのだった。駅前から数百メートルの間。声色を変え、立ち位置を変えながら・・・・。
オカルトではないけど、生きているキティガイ人間の方が怖いと思った一瞬でした。


531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/04 21:47
もうすこしましな作り話はないのかね

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/04 23:34
ショーウインドウで見るまで一人二役に気がつかなかったとは
芸達者な人ですね。
その才能を他の道に活かせないものかと・・・

変質者に尾けまわされた女性は
やっぱ霊より人間が怖いってなるだろーな
http://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%80%E7%95%AA%E6%80%96%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AF%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%BA%E9%96%93&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=
26件ヒットしました

>>528
どんどん呼ばれて、その体験をカコキして下さいw

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 00:50
大学時代の夏休みに電気会社の工事のバイトをしたのだが、ある現場での出来事。
晴海あたり(だったと思う)古いマンションで電話線の引き替え工事をしたのだが、
各戸の玄関脇にジャンクションボックスがあってそこまで線を引き込んでマイクを
繋いで通話の試験をするというものだった。
もちろん留守の家も多いので管理人からあらかじめマスターキーを預かって不在の
住戸も入って工事をしたのだが下の階から順に済ませてゆきながら最上階の9階
に達したのはもう夕暮れだった。
その一室は不在らしくチャイムを鳴らしても返答が無かったのでマスターで開錠し、
漏れは玄関の扉を開いた。
すると夕日で逆光になっていたが女性が後ろ向きにリビングのイスに座ってるのが
目に入った。
漏れは少し気まずい思いをしながらも居るのに返事しない方も悪いよなくらいに思い
ながら「すいません、電話線の工事に来ました、お邪魔します」と、言いながら玄関脇
のボックスで引き込んだ線の試験を済ませた。
「済みました、どうも失礼しました」
そう言うと漏れはその部屋を後にした。
暗くなる頃ようやく工事も済んで漏れが管理人にマスターキーを返しに逝ったのだが
管理人に空き家だった部屋の報告をして(後で不在だった部屋に知らせるため)いて
その9階の部屋の番号を言わなかったので管理人が「90※も不在のはずだけど?」
と言われた。
漏れは一瞬怪訝な気分に捉われたが自分の思い違いかとも思いながら「女性の方が
いらっしゃったみたいですが・・・・」と言ったところ管理人は「あんたも見たのか・・・・」と

よくよく聞いたところよくある話だが自殺者が出た部屋らしい。女性はその自殺した霊とか

確かに思い返してみると不自然な部屋だった。玄関脇から故人の遺品が詰まったと
おぼしきダンボールが積まれており玄関もうっすらとほこりが積もっているのだが足跡は
自分のものだけだった。
霊感なぞ無いと思われる自分が体験した唯一不思議な体験ですた。

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 07:50
電気工事のバイトって結構お金いいよね。

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 08:52
>>533
男の一人住まい宅に置いてあるリアルダッ○ワ○フの後ろ姿
だったりしても怖いかもしれない

536 :小ネタ:04/02/05 09:27
フジテレビの『古畑任三郎』のHPを見ていて発見しますた。
ちょっと面白いというか怖かったのでコピペ。
___________________________________

“素顔の田村さん”

「ひょうきんな人ですよ、びっくりするくらい。この間、西村さんのおでこに
画鋲を刺してしまって。そんなシーンがあったんですよ。なんでもくっついちゃう
接着剤があって、それを画鋲の裏につけておいて西村さんのおでこに張るっていう。
で「あーくっつくくっつく」って。そしたらピキッって音がして、見たら血が。
裏に画鋲の針が残ってたんですよ。田村さん、お腹抱えて笑って、もう大喜びでしたよ」
(証言者=メイク・佐藤光栄さん)
___________________________________

…田村……真性サディストかよ(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル


537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/05 11:33
ひょうきんの一言で済ませるこのメイクもすごい。

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 00:03
4ヶ月入院してまして、退院早々馴染みの霊感女に会ったら右肩にオヤジが3人
憑いてると言われました・・・確かに右肩が重い感じがしてたし、入院中はオヤジが
何人も逝ってました。まぁ、それはイイとして退院早々ここに来ている自分が怖い。

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 00:09
>>538
すっかりライフサイクル化してますな。

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 11:58
高校の修学旅行の時、京都だったんだけど、自由行動で町の中へ
行った時突然友達の一人が、「ここ前に夢で見た事ある風景だ」と
言い出した。
面白がって、みんな口々に、前に来た事あるんじゃない?。、テレビで
みたとか?とからかっていたが、突然立ち止まり「ここ曲がると、お茶やさんで
次がお土産やさん・・・・」まさかと思ったが、面白そうだと行って見た。
曲がる前に言っていたその光景がずう〜とつずいていた。もちろんその子は
その後も「ここ曲がると、・・」と・・・当たっていた。

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 13:49
小学生の時、実家の二階にはどうもなんかいたらしいです。
昼の2時ごろにひとりで一階に居ると上からドシーン!
と音がして、激しく家が揺れるんだけど急いで上がっても誰もいないし
何も動いてない
これは当時、週イチで起きてました

あと電源いれたままのゲームを進められてしまう

弟のドラクエ4の戦闘シーンを終らせたり
オレがプレイしていたオホーツクに消ゆも
詰まっていたのに晩飯食って部屋に戻ったら何か微妙に
メッセージが違ってて数分でエンディングが始まってしまった
夕張炭坑も行ってないのに


542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 13:53
>>541
それオレだよ、オレオレ

543 :541:04/02/06 14:18
>>542
マジで?
なんでオホーツク勝手にクリアしたんだよ〜
漏れ3Dダンジョン大好きなんだぞ〜

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 14:49
だいぶ前の話ですが高校生の頃、数学の授業中に突然先生が
「あら?あなた○○さんでしょう?」って全然違う人の名前を
私に質問してきたんです。もうその先生の授業は2年くらい受けているのに。
わけがわかんなくて「え?」と聞き返したら「ごめんなさい」と一言。
授業は何事もなかったかのように再開しました。
しかし5分もしないうちにまた同じ質問を・・・。
変だな、と思っていたら次の日からその先生は学校にこなくなりました。
その数ヵ月後自殺の名所として地元では有名な橋の下で腐乱死体で
その先生は発見されました。
後日知ったことですがその「○○さん」もその橋から高校生の時に
飛び降りて死んだそうです。でもその先生と○○さんのつながりは不明。
○○さんを知る人によると私とは全然違う顔立ちみたいです。

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 15:23
>>544
う〜ん ほんのり!

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 17:14
>544
この手のロジックが繋がりそうで繋がらない話が
一番怖いと思うのは私だけでしょうか?

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 18:26
>>544を書きこんだのが言われた本人なら
>>544は元ミス輸入博覧会。間違いない。


548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 21:26
>>547は長井秀和。間違いない。

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 22:04
>>547
またデミダス田中の真似かよ!!w
最近デミダス田中流行ってますね。

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 23:12
デミタス田中って、「ゲッツ」の人?

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/06 23:37
デミダス田中でググってみたら見事に2ちゃんのスレしか見つからなかった。
これ長井のことなの? 昔の芸名?

てかスレ汚しなんで小話。

小3の時に学童施設に通っていたんだけど、ある日その行き道で
海パン一丁(もしかしたら派手なボクサーパンツだったかもしれない)の外人に遭遇した。
そこは住宅街で近くにはプールなんて存在しない。ので海パンを履くような場所ではない。
第一その外人に会った時は2学期の半ばくらいだったので、季節は秋と冬の間くらい。プールの時期は過ぎている。
子供心には寒くねーのかと思った程度だが、今考えるとこっち一人で道には人気がなかったから
もう少し危機感を持つべきだったかもしれない。なんか一人でにやけてたしその外人。

ああ、あと間違いない。うん。間違いない。

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/07 01:07
職場は私混ぜて計4名の小さい事務所です。
私以外は営業なので事務所に独りで留守番する機会がとても多いのですが、
ラジオもTVの無くパソも音が出ない様にしてあるので所内はとても静かです。
極たまにですが、電話を取ると
「あれ?賑やかだね。誰か居るの?」と聞かれる事あり。
昨日も所長に言われました…なんなんだ一体。

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/07 08:24
どっかと混線してるとか
自分で携帯とかからかけて確かめてみる
そんでエヌテテに見てもらう

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 17:38
ttp://freesite.kakiko.com/mamechun/puti.html
この人、ほんのり怖い。
ちなみにタイトルは「ぷちせくしぃ〜」。


555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 18:00
私と同程度のスタイルと顔だな。
ウエイトレスなどのコスチュームも好きだよ。(着たことないが)
唯一の違いは身の程を知っているので写真は嫌いだということかな。

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 18:22
高校時代の話。

友達のツテで知り合った1コ下の娘に
「俺と付き合わない?」と照れながら告ったら、
「あ〜、あたし、おとーさんに犯されてるから無理」
と、ちょっと笑えない断り方をされた。
つーか、断るにしても、もっとまともな嘘つけよと思った。

が、数週間後、彼女は父親を刺して警察に保護された。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 21:57
>>556
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 22:32
>533
何をするでもなく、ただその場に座っているだけか。
怖いというより夢か映画の風景のような不思議さがある
体験ですね。


559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/08 22:39
>>556
精神的に病んでるから、その言動ってこと?
それとも・・・

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/09 12:03
>>554
「ギリ2だよぉ」を覗いて…うわああぁぁぁぁああぁぁ!

あれ、D・V・D!!な状況で撮影された物が無断でうpされたとか
罰ゲームでああなったとしか思えないページだ。

せめて可愛く写る角度だとか、メイクを研究しようよ…。

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/09 16:15
>>560
その前にダイエットだと思われ……

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/09 17:05
>>560
精一杯の可愛い角度かと。
ネットでナース服とか制服とか注文して、ひとりでパシャパシャやってるのではないか。


563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/09 21:46
>>554
アリガトウ、久しぶりに笑えますた<ぷち〜

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/10 06:05
でも痩せたら可愛くなりそう、パーツは悪くないと思う。
まぁ…いくら可愛くてもネットに自分の写真載せてる時点で痛いんだけど。

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/10 14:07
見慣れてくると可愛く見える写真もある。
そんな自分がほの怖い。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/10 15:38
めちゃくちゃ遅いけど、怖い本(特に心霊写真系)はマジで100%頭痛と吐き気が来る。
好きなのに読めない…(;´Д`)
心霊スポットとかもやばいよ。霊感ないのにやばい経験したし。
ここでマターリ体験談聞いてるのが一番だなー。

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/11 20:46
>>554
ガチャピンに似てるな。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 15:04
>>554
はねとびのコントでニャニャニャニャ〜イってやたらと言う女かとオモタ

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 15:31
>>567
バナナマンの太った人にも見えたけど、ああ!ガチャピンね!
彼女を見た瞬間に感じたモヤモヤが晴れたよ。

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 18:39
今スレのMVPは>>554のリンクの先の人に決定。

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 19:41
ttp://hikone.yamapla.jp/kankou/meisyo/haraita.html
この名所(?)、やだ。
近所の方、誰か確かめて来て下さい。

572 :もこ:04/02/12 20:45
もこだよ〜。ぽこぽこぽこ。
たぬきのおまんじゅうを沢山もらったのでこわいはなしをします。

573 :もこ:04/02/12 20:46
草むらにゴミのように捨てられたもこが、静かに走馬灯を回し始めていると、
通りがかった車の窓から、お友達のさっちゃんがひょっこりと顔を出しました。
「パパが山へドライブに連れて行ってくれるんだけど、一緒に行かない?」
運転席を見ると、さっちゃんのパパがもこに向かって軽く手を挙げました。

さっちゃんのパパは、外国へ行く大きな船を指揮するカッコイイ船長さん、を、
嫉妬に狂うギラギラした目で見上げながら、船の甲板をブラシでこすり続ける船員さんです。
もう200人くらい殺しているんじゃないかという噂があり、
目を合わせるだけで、首にロープのようなもので絞めた跡を付けられてしまいそうな、
そんな危険な香り漂う男性です。

「うん、行くー。」
もこが車に駆け寄り、乱暴にマジックで消された下に「田中個人タクシー」の文字がうっすら透けるドアを開けると、
後ろの座席が赤黒い大きな染みで汚れていました。
「おじさん、すごい染みがついてるよ?」
「ああ、前の持ち主の血糊がとれないんだ。」
どうやら田中さんの血のようです。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 20:48
もこのパンティは何色?

575 :もこ:04/02/12 20:48
順調に景色の良い山道を走っていると、野生のサルがチラホラと道路に出始めました。
ここは有名な観光地。サルたちが飛猿の構えで無防備な観光客の隙をうかがいます。
年間300人近くサルに殺されるそうで、もこ達が過ぎる道の脇でも、
早速若いお姉さんがサルに引導を渡されていました。
「サルは冬になると食料が無くて、仕方なく人間の食べ物を盗むんだ。仕方ないんだよ。
サルたちはむしろ、人間に住む森を追われた被害者なんだ。かわいそうな奴らなんだよ。」
軽快な音をさせてサルを次々と轢きながら悲しげに語るおじさんを見て、
怖そうに見えるけど本当はすごく心の優しい人なんだなぁと、もこは思いました。

しばらくして頂上の小さな駐車場に着くと、そこは下界を一望出来るとてもステキな場所でした。
かわいい雲も間近にプカプカ見える高さです。
「良い景色ー。来て良かったねー。」
車から出たもこ達が伸びをしていると、後ろで見ていたおじさんにサルたちが一斉に襲いかかりました。
「あ、おじさん強い。」
咆吼しながら凶暴なサルたちと互角に渡り合うおじさんの顔は、すでに人間の入ってはいけない領域に入っていました。
しかし数分後、サルの持つ猛毒の牙を何度も突き立てられたおじさんは徐々に動きが鈍っていき、
ついに十数匹を体に絡めたまま、深い谷底へ向かって落ちていってしまいました。
「あ、パパが落ちちゃった。帰りの運転どうしよう。」
もこ達が困ってオロオロしていると、車の運転席に収まった一匹のサルが、もこ達に向かって軽く手を挙げました。


次の日から甲板をブラシでこする一匹のサルが、船に乗る観光客の間で大変な話題になったそうです。

576 :もこ:04/02/12 20:51
ねぇねぇ、どおだった?サルだった?

そういえば、もこの近所にある大きな家の庭にブランコがあるんだけど、
いつもそれを小さなお猿さんが揺らしているよ。
あれはきっと仕事で成功したお猿さんが、ブランコ付きの一戸建てを購入したんだと思うの。
プール付きの家を欲しがるのと一緒だね。
でも、なんかいつも寂しそうに揺らしているよ。お金持ちの孤独っていうのかな。
きっと願いが叶ってしまって、なんだか張り合いが無くなってしまったんだね。
お猿さんも色々複雑みたいだよ?

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 20:51
巣から出てくるな

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 20:59
だれこれ?

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 21:23
もこって誰?

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 21:30
やばい、もこに心を奪われた!

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 23:34
もこ、再降臨してくれ!

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/12 23:39
なぜスレ違いの話を垂れ流す駄コテを召喚しようとするのですか?

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 00:02
あーあ、このスレももう駄目か。

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 00:10
>>582
召還しても来ないだろうから心配ない。呼んで来たのは見たこと無いし滅多に来ない。

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 02:03
もこは洒落怖によくいる人

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 02:29
めこ氏ね

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 03:26
>>586
ここにもキター!

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 19:29
>>576
もこもこもこもこ言ってないで
いつもそういう投稿してくるなら誉めてあげるよ。

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 20:19
>>588
それは別のもこじゃん?長文書けんのと駄目なのがいる。

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/13 22:25
つーかむしろ長文専門のもこともこもこ専門のもこがいる。

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/14 00:54
つまり分業ってやつだな?なかなか進んでるね。

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/16 00:41
ほんのりと

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/16 23:56
じゃあ軌道修正に、ほんのりとした怖い話。心霊なのかわからないからsage。

うちの近所に5年位前まで、お菓子の廃工場があったんだよね。
廃工場はDQNの溜まり場になってて、夜になるとそこにDQNがたむろしていたらしい。
うちの弟ヘタレDQNでそこに出入りしていたみたい。
これは弟から聞いた話。

廃工場は入り口エントランス付近が外の街灯で照らされて明るく、そこがいつも溜まる場所になっていた。
奥の部分は昼でも暗くて、部屋もたくさんあったからあまり入ることはなかった。
ある日、先輩がキモ試しをしようと言いだし、懐中電灯を持って工場内を探索した。
ゴミや工場で廃棄されたものが散乱しているだけで、特に何も無かった。
ある部屋に入る。
懐中電灯で照らすとダンボールが置いてある。
そこに何か入っている。
太い棒みたいなもの。



靴底?



594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 00:03
近づいてみてみると…


ダ ン ボ ー ル の 中 に は 死 体 が !


ダンボールのなかに尻から入っている状態で死体があったらしい。
入り口に足が向いている状態で、靴底だけ見えたんだって。
警察が夜中に来ててなんだろうなーとは思っていたけど・・。

ほんのり心霊な話もあります。これは私の体験。
その工場の裏を通るとたまに、恐ろしいほど寒いスポットがありました。
夏の蒸し暑い時期にそこを通って、おかしいな、と思いもう一度通るとやっぱりそこの半径1m
くらいが激寒い。近くの民家から冷房が吹き出てるような感じでもない。
こわー!と思ったそのとき、

カラカラカラカラ

と工場の換気扇が回った。風なんて無いのに。無風の熱帯夜なのに。
ダッシュで逃げました。そこは工場が取り壊されるまでとおりませんでした。

で、何が一番怖かったかと言うと…、

工場跡地が分譲住宅になって、今は人が住んでいます…。
死体発見現場あたりのおうちを複雑な心境で眺めています。
あんまり怖くなかったかな?では次の方ドゾー

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/17 21:08
>>594
>ダ ン ボ ー ル の 中 に は 死 体 が !
>警察が夜中に来ててなんだろうなーとは思っていたけど・・。

つまり警察が来ていながら死体発見できてなかったんか…

596 :593:04/02/18 00:03
>>595
DQN先輩がビビって呼んだらしい。
弟が「マジやベーよ!マジやべーよ!」と叫んでたよ。
どうやら首吊りの死体だったみたい。
その工場の社長らしい(これは噂)

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/18 00:15
首吊りなのにダンボールに入っていたとはこれいかに?

吊ってた紐(推定)が切れてダンボールに入っちゃったってこと?
ということはその箱を踏み台にしてたってこと?
中に入っちゃえるようなやわい箱を踏み台にしてたってこと?

などとしょーもない憶測が広がります。


598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/18 11:16
とりあえず運びやすいようにダンボールに入れて帰ったんじゃないの?>警察

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/19 01:39
けいさつが!?箱に入れて?(・3・)エエーアリエナクナーイ?

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/19 13:52
>>594
>ダ ン ボ ー ル の 中 に は 死 体 が !
の後は
「そうして弟たちが恐怖のどん底に叩き落とされている頃
自宅の俺は、パトカーが煩いのでなんだろうなー
と疑問に思っていた」
と脳内補完してたのに、死体が首吊りだって一言で
体験談自体が破綻しちまったじゃねぇーか。

601 ::04/02/19 15:44
初めて書き込みます。
あまり怖くないかもしれないけど、ちょっと前に俺に起こった話。

俺は寝る時、部屋の電気を全部消すようにしてる。
豆電球とかついてると逆に落ち着かなくなるから消すんだけど、
根が暗闇大嫌いなビビリ野郎なので、夜中に目が覚めたりするともう最悪。
そういう時はふとん頭からかぶってもう一度眠くなるのをひたすら待つ。

ある夜、よせばいいのに『○怨』のビデオ借りてきて、一人で見てから寝た。

真夜中に目が覚めた。

最初は頭がぼーっとしてて、自分が目を覚ましてるってことも自覚してない状態。
そのときは仰向けに寝てて、自室のキタネー天井をぼけーと見上げてた。
でもだんだん意識がはっきりしてくる。そうするともう怖くてたまらない。
あんまり怖いんで身動きできない。目も閉じられない。
ちょっとでも動いたらなんか来る!(見つかる!)って感じで。
心臓バクバク、頭の中で「ヤバイヤバイヤバイヤバイ」って言葉がぐるぐる回ってる。

602 ::04/02/19 15:45
どのぐらいそうやって天井睨んでたのかはわからないけど、突然ふっと楽になって
目を閉じることができた。ほっとして、そのまま眠ろうとした。
おかしなことに気がついた。
目を閉じてるのに真っ暗にならない。というかまだ部屋の中が見える。
暗闇に目が慣れてくると、暗いなりにけっこういろいろ見えるもんだけど、
ちょうどあんな感じ。でも確かにまぶたはしっかり閉じてる。眼球をぐりぐり
動かしてみると、ちゃんとまぶたの感触があった。
でも部屋が見える。
全身がさあーと冷たくなった。

女がいた。

いつのまにか、その暗い部屋の中に女が突っ立ってた。
髪が長くてさらさらだったのだけよく覚えてる。服装とかははっきりしない。
顔も見えた。サダコとかカヤコみたいな「怖い」顔じゃなくて、普通の人。
なんかすごく困ったような顔で、ものすごくゆっくり、何十秒かけてんだよって
くらいのろい動作で、部屋の中を見回してた。首が完全に横を向くと、長いきれいな
髪の毛が肩からさらさらって感じで胸にかかる。その髪の動きだけ普通の速度。
ずっとその繰り返し。

603 ::04/02/19 15:45
そのスローモーションみたいな動作を見てたら、鳥肌が立った。
「見ちゃいけないものを見ている」っていう意識が頭の中いっぱいになった。
しかも見るのをやめようにも、目は最初から閉じてる。首動かしたらたぶん見つかる。

固まってたら、女がこっち向いた。
目が合った。
女はどうしよう、困ったなって顔でにこっと笑った。

気がついたら朝。
しばらくはガクガクブルブルだったけど、あまりにもお約束なパターンなので
「夢か。ていうか『○怨』怖すぎ!」と忘れることにした。
ガッコに出かける頃にはすっかり平気になってた。
家から駅までは歩いて10分くらいかかる。
途中、路上になぜかネズミの死体が落ちていた。
ペットとかでいる白いの(ハツカネズミ?)じゃなくて、茶色で地味で小さい奴。
変なこともあるもんだなと通り過ぎた。帰りにはもうなくなっていた。

604 ::04/02/19 15:46
その後、スローモー女は五回ほど現れた。
電車の中とかで、疲れたり、眠くなったりして目を閉じたとき、ごくたまに
閉じたはずのまぶたを通して「見える」ことがあった。そのときは最初は
「見えてる」ことに気づいてない。あれ?おかしいな、と思い始める頃、
必ず視界のどこかにあの女が見つかる。
女は毎回、ゆーっくりと首を振って周りを見回している。さらさらの髪も、
困ったような表情も毎回同じ。人混みの中とかに普通に立ってて、違和感もないのに、
服装だけがどうしてもわからない(認識できない)のもいつも一緒。
そのうち視線が合って、うわ!と目を開けるともういない。
最初と違って目が合うまではもう怖くない。でも、女がこっちを見て、困ったような顔で
にこっとすると、瞬間的に怖くて怖くてがまんできなくなり、目を開けてしまう。
一度、まぶたを開けるのと同時に電車の席から思いっきり立ち上がってしまい、
一緒にいた知り合いに引かれたこともある。
だから、そのまま目を閉じ続けていたらどうなるのかはわからない。

女を見た場所は毎回ばらばらだったけど、なぜかだんだん家から遠ざかっていった。
あと偶然かもしれないけど、女を見ると、その直後に必ず動物の死体をひとつ見つける。
たとえば電車の中で女に会ったとして、その電車を降りた駅でハトが一羽死んでた、
という感じ。
最初はネズミで、その後はハト→ウサギ→カラス→猫とどんどんでかくなっていって、
車に轢かれたらしい野良犬の死骸を見てからは、そういうことはなくなった。
同時に女も見なくなった。

女が見えていたのはだいたい一ヶ月くらい。
その後、知り合い(座席から立ち上がる俺を目撃したヤシ)に話したら
『○怨』のせいじゃネーノとか言われた。
なんかあるんすか?あの映画。
ヘタクソな長文スマソ

605 :1→4書いた者:04/02/19 15:57
あーなんか読み返したら明らかに作り物くさい…
シュミで文章いじったりする厨なんで、嘘っぽいのは仕様ってことにしてください
(どうしてもそれっぽい文章を書くクセが抜けない)
脚色とかはしてないです。
すいません

606 :593:04/02/19 19:02
>>600
書き方がまぎらわしくてすいません。
弟たちが第一発見者で、警察を呼び、パトカーがうるさいなーと思ってたのは私ですた。
首吊りだって言うのも噂です。

疑問ばっかり残してスンマソ…自分が逝ってきます。。。
逝く前に。
>>601
スローモー女コワー((((((゚д゚))))))

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/20 05:24
>601-604
面白かったよ。長文好きだし、謝るほど悪い文章じゃない。


でも俺なら、にっこり微笑まれたら逃げ出せないような。
顔も怖くないわけで、長い髪サラサラも好きだしな。

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/20 08:12
このスレのまとめページってのは無いもんかねぇ……


609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/20 10:49
>>608
言いだしっぺの法則って知ってる?


がんがれ、応援してるゾ!

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 01:09
age

そして>>608

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 02:06
>608
マーダー?(AA略

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 02:55
 二十歳位のとき、お盆休みで実家に帰ったんだ。旧盆の8月13日に、網戸
だけ閉めて寝てたら真夜中金縛りにあって。ものすごい風の音が聞こえて、怖
いけど目開けたら、寝てる俺の真上に白い布切れがなびいてた。で、意識なく
し朝まで寝てた。幽霊とか心霊現象なんて経験ないけど、あれだけはいまだに
理解できない本当俺に起こった話。

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 03:07
それは若くて元気な一旦もめんでつ

614 :今日の101わんこ:04/02/21 03:14
さっき鎌を持ったお婆さんとすれ違った…。
こんな時間になんで??

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 03:22
不思議な数字 142857

142857×2=285714
142857×3=428571
142857×4=571428


616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 09:24
似たようなんなら

12345679に、任意の1桁の数字×9の値を掛けてみる

ってのもあったな
2なら18、7なら63を掛けるって感じで。


617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 16:58
オレが高校生の時の話。

その日は夜11時頃ベッドに入って寝た。
深夜に突然そばに置いてあるラジカセから大音量でラジオが流れた。びっくりして飛び起きて急いでスイッチを切った。(当時二段ベッドの下の段にオレ、上に弟が寝ていて非常に仲が悪く後で文句言われるのがイヤだった為)
ふととけいを見ると1時30分。どうやら寝る時にスイッチを切ったつもりがスリープの方にスイッチを入れてしまったらしい。(後にも先にもこんな事は一度もなかった)
そんでまた寝た。

次の日いつも一緒に学校に行くMと学校に向かう途中突然Mが、
「そういや昨日K(オレの事)うちに来たぜ〜。」と言った。
オレが『何言ってんだコイツ』と思いながら、
「はぁ?」と言うとMは笑いながら、
「昨日の夜オレが勉強してたらKが部屋の隅から上に上がってベッドすり抜けてそのまま天井に消えてった。」と言いました。
その時オレはピーンときて「それ何時頃?」って聞くとMは、
「え〜と、1時30分頃かな。」と答えた。
オレはMに昨夜の事は話していないので結構びっくりしたがそれよりもMがオレの姿を見て「怖くなかったか?」と聞くと、


618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/21 17:00
続き
「最初ちょっとびっくりしたけどK笑ってこっち見てたから別に怖くはなかったな。」だと。そっちの方がスゲェと思ったよ。
くだらん長文スマソ

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 17:59
>608-611
すでにありますよ
ttp://www.geocities.jp/g6thh/

2ちゃんねるの怖い話サイトに行けば、オカ板の主要なまとめサイトが乗っています。
ttp://www.currymania.info/

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 18:52
眠りにつこうと目を瞑って10分が経過した時に、急に本が落ちた。
ありがちだけど、かなり怖い。

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 18:52
オレも高校生の頃の話をひとつ。

当時オレは放送部に在籍してて、夏にある大会に向けて作品を作ってた。
ブースっていう防音の部屋があって、その中で友達と二人でラジオドラマの
セリフをとっていた。
外にはセリフを録音するミキサーが一人、あとは離れたところで他の部員が遊んでた。
で、オレは自分の声が聞こえるようにヘッドフォンをして(もう一人はせずに)、セリフどり開始
最初は順調にやってたんだけど、突然汽車の「ガタンゴトン」って音がはっきり聞こえた。
「なんだコレー?」って一緒にブースに入った友達と言ってたんだけど、
中の音が聞こえるはずのミキサー役にはどうも聞こえてないようで、不思議そうな顔をしてた
防音とは言ってもショボい設備だから、実は結構音が入るんだけど、
でも周りにはそんな音を出すモノはなかった。
線路が近くにあることはあるが、それでもはっきり聞こえる程近くじゃない。
で、録音したMDをヴォリュームでかくして聞いてみたんだけど、
オレと友達が騒いでる声だけで、汽車の音なんそ微塵も入ってなかった。

何だったんだろうという話になったけど、魔列車ということで落ち着いた。
まァ、誰もいないはずなのに謎の影が目撃されたり、湿気が尋常じゃなかったり、
携帯の電波が一定じゃなかったりするような部室だから、そんなこともあるよなって納得した
天使見たときのが怖かったからあんまり怖いとも思わなかったな

長文なのに、ほんのりどころか全然怖くないなァ
スマソ


622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 19:33
>>621
天使見たときの話してよ。

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 20:03
俺も元放送部。
NHK杯全国高校放送コンテストだね。
ちなみに俺は27回に全国出場。年ばれるね。

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 20:23
この前彼氏と寝てたときの話。
私は向こうむいて寝てて、彼氏は隣でネット中。
突然私がゴロンと寝返りを打って
「ママ〜、ママ〜、ママどこ〜?(←泣きそう)」って
ずっとしがみついてきて大変だったらしい。しかも次の日も。

何が怖いって明日から部活の合宿なんですが…(汗)

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 20:32
>>612
くねくねスレへゴー!
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1074356394/

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 20:39
今日、こたつでうとうとしてた。
まぶたの裏に鮮明な目が見えて超ビビッた。

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 23:28
東京都某所にあるマンションの話。
そこは私鉄だが、駅から徒歩5分程度の所にあり、
周りに高い建物が無いために日当たり良好。
当時は築年数も浅く、近くには川が流れており
閑静で好条件の揃った賃貸マンションだった。
そのマンションの最上階の部屋が、問題の部屋である。

当時美容師だった私は、大学進学の為に上京した若い男性の客についていた。
以下はこの男性の体験談である。
彼は幽霊などは全く信じるタイプでは無かった。
駅から近いのに破格の賃貸値段であるこのマンションを一目で気に入り、
大学の合格が決まるなり、早速引っ越してきたのだ。
問題の部屋の噂は近所と言う事もあって私も知っており、
やはり気になる所があったので、いろいろ話を伺ったものだった。
その部屋には一週間くらいしか人が居付いた試しが無いなど言われている。
実際彼も、その部屋で幾度と無く不思議な体験をしたという。
CDが勝手に鳴る…しかも自分じゃ買った覚えの無い、
オフコースの「さよなら」という曲が掛かったり、
無人のはずの部屋の窓から、女性が立っているのが見えた…など。
確かに気味悪いかも知れないけど、実害がある訳じゃないし…
慣れれば結構平気だよ…と、彼は笑っていた。

628 :627続き:04/02/22 23:30
それから数ヶ月経ったある日の事。
月に一度は必ず顔を見せてくれていた彼が、全く店に訪れなくなった。
大学の傍で、良い店でも見つけたか…なんて、少々残念に思っていた。
そんなある日、偶然余所で彼の姿を見かける事が出来た。
少し話をする余裕があったので、近況などを伺ってみる事に…
すると、彼は既にあのマンションを引き払ったと言うのだ。
おまけにあのマンションの話題に触れると、
顔色が傍目にもはっきりと解るほど青ざめていく…
あの怯えと動揺は、只事じゃない…一体何があったのだろう?





……あの部屋の隣の住人がホモオヤジだったんだ。
ベランダ伝いに俺の家に入り込んで、全裸でベッドに寝てやがった!
幽霊なんかより、俺はあのオヤジが怖くて引っ越したんだよ!

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 01:32
雨の中、ゴミ捨てに行って、アパートの自分の部屋を見上げたら
窓から誰かがこっちを見ている。思わず背筋が寒くなったんだけど
戻らない訳にいかず、部屋に入った。誰もいないんだけど、
冷蔵庫のドアが半開きになってる、どうしよう、怖いよお!

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 02:44
電気代が怖いね。

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 03:30
>>629
電子ちゃんの生き霊召還するしかないね。


632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 04:09
去年の夏のことです。
雨の夜に風呂でシャワーを浴びていたら、
それまでお湯が出ていたのに、突然水が出て驚きました。
きっと家族の誰かが風呂場の外にあるガスのスイッチを切ったんだろうと思い、風呂から出てみると誰もいない。寝静まってた。
でもガスのスイッチは切れていました。
2度びっくり。

633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 04:25
たぶんでっかいゴキがスイッチの上通ったんだよ。

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 04:52
でっかいイタチかもしれないしねっ♪

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 08:46
ガスの営業時間が終わったのかも。

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 10:12
でんこちゃんが(ry

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 13:05
>>626
まぶたの裏が鏡張りになってる人?

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 13:35
>626
指輪を捨てれば目は消滅します。

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 20:07
昨日の午後部屋でぼーっと2ちゃん見てたのね
で、伸びをしようと思ってマウスから手を離して
「うー」とか言いながら伸びたのね
そしたら画面が勝手に上下に細かくスクロールした。
ポインタが動いたんじゃなくて、画面が動くの。
え?って思って画面を凝視したら止まった。
試しにモニターの前で上下に動いてみたらまた細かくスクロールした。
私が動きをやめると、慌てたように止まる(画面が)。
なんで?マウスにもPCにも、机にもまったく触れてないのに!

これってなに?
おせーて!えろい人!

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 20:38
>>639
キーボードの矢印キーの上に乗ってたとか。

641 :640:04/02/23 20:40
あ、マウスにもPCにも触れてないって書いてありますね。
すいません。

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 20:54
光学マウスにそういった現象も起こります。


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 21:21
うちのマウスは充電が切れるとランダムに動きまくります

644 :639:04/02/23 22:53
うちのマウス、光学マウスじゃないんだよ
ボールがコロコロ方式のやつだよ

なんだったんだろう。
そのときは「超能力?なんつって」とか思って深く考えなかったけど
後から思い返すとほんのり怖いよ

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/23 23:25
オカルトじゃないんだけど・・・・。

私が十代の頃、両親が離婚してせいで、母親と暮らすことに。
暴力や基地な行動があって怖かったんだけど、ある日些細な
事(良く憶えてない)で口論になった。というか、そういうのは
日常茶飯だった。

んで、なぜか罰として(?)皿洗いを命令されたわけだけど、
気分が悪かったんで気を紛らわせるために小声で鼻歌を
歌いながらジャブジャブしてたわけ。

ふと首筋に人の気配を感じて、驚いて振りかえると、
目の前数センチのところにジットリとねめつけるような
目をしたおかんが。唖然としている私に「ふん」って
感じで睨みながら居間の方に姿を消したけど・・・。

正直、おばけより人間の方が怖いよ。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 00:27
>>639
ノートパソを使っていて、ポインタがゆ〜っくりと動くので、
トラックパッドの上にほこりがのっているか、温度差かなんかで
誤動作するのかなって思ってパッドの上を強めに擦ってみた。
そしたら「プチッ」って。トラックパッドの下に小さな虫がいたようです。

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 00:40
悪魔教会で言霊診断をしました
「彼女と俺この先どうなるんだ?」
結果
「父」「危険」「あきらめろ」

明日彼女の家に誰も居ないらしいから遊びに行く予定だったんだけど…
ほんのり、ってか、かなり怖い。

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 00:48
私がまだ大学生だった頃(11年前くらい)。杉並区にも関わらず
\28,

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 01:11
>>648は言ってはならないことを言おうとしたたm

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 01:39
そうそう思い通りにはなりません・・・残念。

651 :g6thh:04/02/24 02:38
今更になってしまいましたが、簡単な過去ログ置き場を作りました
http://www.geocities.jp/g6thh
このスレに真っ先に報告をすべきでしたが、遅くなり申し訳ないです

過去スレに書き込んでいただいた方々、スレの住人の方々、
ありがとうございました。
よかったら見てやってください

>>619 さん
紹介ありがとうございました。

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 03:23
>>651
乙。

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 03:34
昔、飲食店でバイトしていた時の話

昼のピークが過ぎて、残るお客さんはあと一席。
一息ついて賄いの用意を始めようとしたら、
「ありがとうございました」の声が。
最後のお客さんが帰ったようなので、席を片付けに向かった。
途中、何気なくレジの方を見たら若い会社員と
エンジのコートを着た女性が見えた。

そのお客さんの座っていた席を見てみると
なぜか一人分のセット(皿や割り箸)しかない。
あれ?他にもお客さんいたのかな?と思い、
見渡してみても形跡は無い。
レジ係のおばさんに確認すると

「え?若いサラリーマン一人だったよ?
エンジのコートの女の人?今夏なのに?」

ぞっとしました。

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 03:42
おまけ

お客さんのいない時間に、他のバイトさんと談笑してたら
「すいませーん」と呼ばれた。

2人同時に「はーい」と答えた。勿論誰も呼んでいない。
お互いの顔見ながら「え?ええ?」

一人ならまだしも2人で同時に聞いたからほんのり怖かった。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 03:59
>>639
漏れのPCよくなるよ。
ホイールが微妙な所で止まってると、おもむろに画面が上下にビビクンビビクン動く。
初めてなった時はビビったけど、いまじゃ日常茶飯事。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 05:38
5年程前の話。
友達が都内のある公団住宅に引越し、1週間後ぐらいに遊びに行った。
友達と居間でまったりしていたら、当時5歳になる娘が泣きながら居間まで来た。
相当、ショックが強かったらしく、なんとか落ち着かせ話を聞いたところ。
『○○がね、お風呂場で手を洗っていたら、お風呂の中に怖い顔した
 知らないおばーちゃんが立っててね、わたしのこと、あんたどこの子って怒るの・・。』

最初、オレはボケた婆さんあたりが、間違って部屋に入ってきたと思い、見に行こうとしたら、
友達がえらい勢いで『待て!!』と叫んだ。
ただならぬ気配に何かあると感じ、理由をきくと・・・・
『あのな、この部屋に引っ越してきたときに風呂場の浴槽の壁に、手摺が取り付けてあったんだ。
それも、明らかにあとから付けたような・・4.5日はほって置いたが、なんか気味が悪くて
昨日、俺が自分で取りは外したんだ・・・。』
その瞬間に全てを悟ったオレは・・・

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 05:39
と、>>655は思っているようだが実は・・・

658 :639:04/02/24 07:50
>>655
ありがとう
ホイールのせいだったんだね

・・・と思ったら>>657が意味深なこと言ってるけど
もう大丈夫!
ほんのりどころかまったく怖くなくなった

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:35
私がまだ大学生だった頃(11年前くらい)。杉並区にも関わらず
\28,000,000,0

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:45
まだ続いてたのかよ。

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 15:13
週末林道野宿が好きな義弟から聞いた話。
交通量なんて皆無の林道なのに移動販売の「りんご1ヶ50円」看板が立ってたんだって。
カーブを曲がる度に「りんご2ヶ100円」「りんご3ヶ150円」…と続いていたんだって。
ちょっと無気味だったけど夕暮れ前でまだ明るかったからどんどん進んだんだって。
(あはは、りんごばっかじゃん。名産のラ・フランスくらい仕入れとけよ)とか笑いながら。
「りんご5ヶ250円」を過ぎるとちょっとした直線道路になったんだって。
いつもならバイクでかっ飛ばす義弟はさすがに怖くなって引き返したんだった。
ちらっと数えただけでも看板がずらーっと20〜30枚並んでたそうだよ。

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 16:48
だったん人だったんだって

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 20:51
ソノオチャヲ ヨコセ! (・∀・)⊃旦⊂(・∀・) ヤメテ!

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 20:57
         ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|    ・  .|i
                 .i|       |i
                 i|   ・ ,  |i
                 .i|   , ・  .|i
                  i|       .|i
                   .i|     |i
                   .i|     |i
                    .i|   |i
                    .i|  |i
                     旦       

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 21:54
彼女の友達が、俺らが同棲してる家に来た。
何かやつれてるんで、どしたの?って聞いたら
悪夢に悩まされてるって答え。
「夢の中で、ベッドの下から猿に乗っ取られる」
「最近は、夢で乗っ取られて、そのまま夢遊病みたいな感じになる」
「妹の部屋に入って頭を跨いだまま、じ〜っと寝顔を見てた」
「その時は何もしなかったけど、これからどうなるのかわからない・・・」
その日は家に泊まることになった。

夜中に目が覚めると、その子が覗き込んでいた。
死ぬほどビビったけど、どうした?って声を掛けた。
「・・・・なれ。」
良く聞こえなかったんで聞き直そうとしたら、いきなり泣き出した。
素に戻ったみたいなんで、俺と彼女でなぐさめてたら、なんとなく落ち着いた。
でも寝なかったみたい。次の日起きたらフトンの上に座って窓の方を見てた。
午前中に病院に行くって出ていった。今でも通ってるらしい。

夜中の「・・・なれ」って声がいまだに忘れられない。
ハッキリした低い声。

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 23:40
お な れ

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 23:59
ヒサルキですね

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 00:08
>>665
ヒサルキは分からんが、詳しく言えば、猿霊譚だと思う。
寝ている間に乗り移られることが多い。
また、容姿を変えることも出来るようだ。

猿の霊なんだが、顔のパーツが逆さまになることなどは
なかったか?

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 00:51
結婚した時に購入した冷蔵庫があった。
物凄くでっかい冷蔵庫
場所をとるし家に入れるのも大変だった
子供が生まれて大学はいって家を出ていった
それを契機に数年来不仲になっていた私達は離婚した
離婚が成立したその日の夜、妙な音をたてて冷蔵庫は壊れた
結婚して以来ずっと欠かすことなく20年以上我が家にあった冷蔵庫
家族が崩壊したその晩に寿命を終えた
フル時計の歌みたいだけど
物にもなんかそういうのあるのかもしれない

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 01:43
>>669
なんだか切なくて悲しい

あなたは今、一人?
年齢的には、もう50歳くらいですよね?
どんな暮らしをしているのでしょうか

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 03:52
さっきアーモンドチョコ食ってて調子のってたらアーモンドが目の中に入ってしまいました!完全に裏に入ってます。目を動かしたら痛いんですごろごろしてます。どぉしよう(゚д゚)助けてください病院いくのはずかしすぎるよ

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 04:04
やばい 吐き気きました

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 04:44
調子に乗りすぎたな。直すには北斗の拳22巻を読め。
シャチに注目。

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 05:48
>672
ワロタ

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 06:27
ちょっと寝転んだらころころ感消えた!奥とかまじでやめて!狂って眼球取っちゃいそうです

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 09:58
>>675
うまくいけば口から出てくると思われます。

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 10:34
数ヶ月前の話。
地下街の便所に行こうとしたら入り口の階段のとこでおっさんとすれ違った。
んでその階段を下りてるときふと視線を感じたので振り返ったらそのおっさんが階段の上から俺を見てた。
ぞっとしたのでそのまま引き返したがもしそのまま便所に行ってたら俺は一体どうなっていたのだろう。


678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 10:52
>>677
どうにかなってから書きこんで下さい。

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 11:09
>>675
目の奥でアーモンドが腐ってばい菌繁殖って事にはならないのかな?

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 11:49
目薬とか鼻・口に入ることもあるから(目から入れて)
大きさ次第だねぇ


681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 13:52
さっき、手で髪をひっぱったら、そこまで痛くないのに、
毛根付きの髪の毛が10本いっぺんに抜けた。
当方女

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 14:01
多分抜け毛が引っかかってたんだよ、気にスンナ。
でも、ストレスからかもしれないな…なので尚更気にスンナ。

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 14:51
心霊とかそんなんじゃないけど気になるので。

こないだ(つってもかなり前)、深夜に洒落怖スレに怖い話を書き込んでたんです。
で、今からオチを書くぞ!って思ってたら
キーボード何も触ってないのに画面で勝手に文字を打たれました。
文字つっても「.」とか「/」とか記号ばっかりなんだけど、文字打とうと思ってもキーボード動かないし。
時間が時間だし、怖い話ばっかり読んでたせいでかなりガクブルきました。
あれは一体何だったんだろう。

念のためスパイウェアもウィルスもチェックしたけど何もなし。
それが3日くらい続いてパッタリなくなったんだけど…
すごい恐かったな。こんなことってあるんですか?

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 15:11
相手<あのアイテムはXXXってモンスからドロップするよ
俺 <その噂まじか?もう何十匹って狩ってるけど出ないよ
相手<2匹目で出たよ
(このあと長らく続く)

Σ( ̄▽ ̄ 俺が会話してる・・・

パス抜かれた?
いや、俺ログインしてるから抜かれたとしても
同時にキャラクターの操作無理やし・・・

と、無理やりタイプタイプタイプ!
あqwせdrftgyふじこlp;@
普通に打てるやん・・・
相手も俺が突然のくぁwせdrftgyふじこlp;なので
俺がご乱心かと慌てたので今までの経緯を話すと
「おまえの部屋って幽霊でもいてるのと違うの?w」
と軽く言い放ちました。
「そんなんゆうなよ〜一人暮しなんやから〜」
と言っても相手は
「例えば右斜めうしろとか!」
と言ったと同時に

カワリニカイワシテオイタカラ・・・・・

ってまじでいてるぅううううううう

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 15:13
逆に貼ってしまった・・・


MMOゲーム(オンラインゲーム)をプレーしていたときのことです。
モンスター征伐などの本来のゲームに飽きてきた俺は
いつものようにログインし、仲良くなった仲間たちと
チャットツールの如く会話をしていました。
いつものようにくだらない会話をし、
いつものようにアイテムドロップ情報を交換していると
ガハッ!腹いてぇぇぇぇぇ!!!
急にお腹が痛くなり、ROMることも告げずにトイレに駆け込みました。



くぁwせdrftgyふじこlp;@:



すっきりした俺はPCの前に座ると
先ほど話していた相手が会話を続けています。
他の誰かがログインしたのかと思い会話ログを確認すると

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 15:16
>>685-684 ←この順番で読んでください・・・○l乙

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 15:18
>>684
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 16:20
去年の話。
自宅で母と一緒に夜、稲川順二(字あってる?)の「生き人形」の
ビデオを観ていたら、突然ビデオが停止。そして巻き戻し。。。
そんな事は今まで一度もなかったし、あれ以来ない。

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 16:31
ヤフーオークションの画像にときどき写ってる無数のオーブとか白い靄
みたいなのが気になる。
そのことを出品者に尋ねたことも無いんだけど不気味なので親切価格でも気に入っても落札しない。
でも今ね、オー部つきのワンピースに入札者一名。
その人がワンピース買った後どおなるのかすごく気になる。


690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 16:42
test

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 17:00
>>686
その話は初めてだが語りが知ってるコテ臭い

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 18:37
>>668
>顔のパーツが逆さまになる
ほんのり怖いんですが……。

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 20:15
ゴムおを見たことある人いらっしゃいますか?

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 20:42
昨日、友人の家に遊びに行ってて
ついつい夜7時になってたもんだから急いで帰ろうとしたんだ。
それで自転車こいでたら 道路挟んで向こう側の家の前で
そこのオジサンが立ってて「おー OO(僕の名前)くん こんばんは」と言ってきたので、僕も「こんばんは!」と返しました。
それで帰宅してからよーく考えてみたら、そのオジサン先週亡くなってたんですね・・

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 21:05
>>694
よくあるよね、そういうこと。

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 21:13
 

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 22:46
>>684
UOか?ちょっと前に教えて君スレで似た様な話出てたぞ。UOAのendキーかマクロかなんかの設定だったと思うが。


698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 00:57
大学時代親しかった友人から聞いた話(数年前だけど・・

友人(以下W)が当時付き合ってた彼女と新宿で飲んでいて
終電が終わってしまったのでホテルに泊まる事にしたそうだ。
しかしその日は比較的安価なホテルはどこも満室で、
そんなにお金も無かったWは彼女を連れて新大久保に向かった。
数分歩いただけで華やかな新宿とはうって変わって
路地が多く、聞こえてくる話し声はハングルばかり・・
なんとなく日本語で喋りづらい雰囲気を感じながら、その辺のホテルに泊まったそうだ。
ボロくて狭いながらも持ち込みの食べ物などを食べてまったりして
セクースでもするか・・と先にシャワーを浴びた。
すると彼女がウギャッ!と妙な悲鳴をあげたので急いで風呂から出ると
彼女がこっち(風呂場の方)を見て怯えている。
Wが「どうしたの?」と聞くと彼女は「ごめんごめん、ゴキブリが出たの」と笑った。
この時点でWはなんかあったんだなと確信したらしい。
それでもセックルをしたらしく、(ただ彼女の希望によりベッドの隣のテレビを付けて、タオルで画面を覆った)
正常位でバコバコやっていたところ、彼女がWの方の方を凝視して物凄い顔をしていたらしい。
んでなんかWも萎えてしまって彼女にも申し訳ない気持ちになり中断。
電気を付けテレビの音量もあげ、ジュースを飲みながら彼女に問うと、
霊感は無いけど、入った時から変な感じがしていたと言った。

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 00:57
Wがシャワーを浴びている時、洗面台の電気がチカチカしているのが気になって
ボンヤリそれを見ていると、鏡には丁度部屋のドアが映っていて、
そこに誰かが立っていたというのだ。しかも、よくある長い黒髪で白い服〜
というのではなく、当時のコギャルの格好をしていたらしい。
それで声を上げてしまったが、次の瞬間鏡には何も映って無く、Wを怖がらせるのも
なんだと思って誤魔化したらしい。
セックルの時も真っ暗無音だとヤバいと思いテレビを付けてしていたそうだが
テレビがCMに入り画面が白くなった時に、Wの右肩の辺りにその女子高生?が
Wに覆い被さる形でだらんと彼女を覗き込んでいたそうだ。
暗めの茶髪に、細くしっかり描いた眉、そして、マスカラがベロベロに剥がれていて
下瞼に黒い糸を縦ににたくさん縫いつけていたように見えたらしい。
何より怖かったのは異様に長い舌が垂れ下がっていて、その舌は巻き貝のようにねじれていたと・・

そんな事があっても電車無いからと、そのホテルに泊まっていったWと彼女も怖い
文章下手でごめんなさい

700 :700:04/02/26 01:09
いかにもありそうな話だけど、淡々とした描写が怖い。
なかなか上手い文章だと思うが。。。

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 01:15
私は、M市に住んでいます。M市は人口約25万の中都市です。
駅の裏近くにはラブホが3-4件あります。その中でもPが一番きれいで大きいラブホ
です。このラブホの近辺のゴミの収集日は毎週火と金曜日です。
火曜日のゴミは金、土、日、月と4日間のゴミが出ます。しかも金、土はラブホもカ
ップルが多く利用している関係で、ゴミが沢山でます。
私は、朝6時頃そのラブホの裏近くに車を止め、ゴミが出てくるのを待ちました。
約30分近く待機していたら、掃除のおばさんが大きなビニール袋を2個持って現れ、
ゴミを置いて去りました。
私は待ってたとばかり、すぐそこに行き、周囲を見回し誰も見ていないことを確認
し、2個のゴミ袋の内の1個を車のトランクに入れ早々と立ち去りました。
そして、そのゴミを家に持ち帰り、心臓がドキドキしながらゴミの点検を開始しま
した。ゴミのほとんどはSEXした後の処理をしたベトベトしたテイシュです。
テイシュの中を開くと、ほとんどのテイシュからコンドームが出てきます。
ほとんどのコンドームは、口が縛られており、中には精液が溜まったままの状態で
す。その中にはコンドームの外側にベッタリと白いオマンコ汁のくっいたものが沢
山ありました。

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 01:33
242 名無しさん@ピンキー New! 04/01/03 15:14 ID:VoiGSew4
私は、もう我慢できなくなり、そのコンドームの口をほどき中に空気を吹き込んで
膨らませて口を縛り、オマンコ汁の匂いを嗅ぎ、舌でオマンコ汁を舐め、膨らんだ
コンドームを口の中に出し入れし、最後には、コンドームの口の縛りをほどき、ス
ペルマまで自分の口の中に流し込みました。同時に右手で自分のチンポをしごき、
アッという間に行ってしまいました。
まだまだ、ゴミの点検は続きます。大きな収穫にありつきました。
それは、レースの薄ピンク色のパンテーが出てきたのです。
すかさずクロッチ部分の点検です、これがまたすごい、黄色いネバネバしたヨーグ
ルド状のおりものがオマンコの形にくっついていたのです。たぶんこの彼女は、パ
ンテーを穿いたままの前技でダラダラとオマンコ汁を流したのだと思います。もう
堪りません、先ほど抜いたばかりなのに、また私のチンポはピンピンです。私は先
ほど以上に硬くなった直径4cm長さ18cmのチンポを握り締め、パンテーのまず匂い
を嗅ぎました、コンドームは幾らベトベトして白いオマンコ汁がくっついていて
も、匂いはほとんどがゴム臭いのでっすが、パンテーの匂いは違がいます。本当の
オマンコの匂いです。
チョットすっぱく、チーズ臭く、するめ臭く、それに小便をミックスした匂いで
す。片手でチンポをしごきながら、とうとうネバネバのヨークルドを舐め、その全
部を口の中に吸い取りました。オマンコのおいしい匂いと味が口一杯に広がりま
す。もう天国です。放心状態です。また行てしまいました。
しかし、ゴミを点検すると次から次えと色々なものが出てきます。コンドームの中
には、うんちの少々ついたものまで出てきました。たぶんアナルSEXに使用したもの
だと思います。結局全ての点検が終わるのに2時間近く掛かりました。その間私は5
回も匂いを嗅ぎ、舐め、そのオマンコ汁を飲み込み行ってしまいました。
集計するとコンドーム約60コ、パンテー2着、アンネナフキン13コ、アンネシー
ト6コ、バイブ1個などなどでした。
やはり、ラブホのゴミです、失敗がありません、もう病みつきになって止められそ
うにないのが悩みです。



703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 02:10
>>698
コギャルの格好っていうのがリアルだよね
これからはルーズソックスの幽霊とか、鼻ピのお兄さんとかも出るようになるんだろうな


704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 02:41
兄貴のアパートにはベランダが無くて、部屋ヤニ臭くなったり壁とか黄ばんだりするのがイヤじゃって事で
窓を開けて少し身を乗り出して煙草を吸ってるらしいんだけど、
時々手すり?の下の所に顔のデカイ女の人が張り付いて睨んでるらしい。(部屋は3階)
煙草を吸い終わって窓を閉めるといなくなるらしいけど…
嫌煙家の幽霊けー副流煙気にならんのがーって気にしていない様子

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 02:52
いま思ったけど、ヨーロッパに行きたい。
霞ヶ浦でも構わないです

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 03:09
>>701-702
感動しました!

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 05:54
ああそう

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 06:43
今しがたまで見てた夢の話。

なぜか日本政府が「日本時間を停止する」と発表。
諸外国、国連等との調整、国民への説明もなぜかスムーズに流れ、いよいよその時が来る。
時間がなくなってまず意味をなくすのが仕事。そして金。
もちろん政府も例外ではなく、日本列島は事実上無政府状態となる。
それまでの準備や惰性によって、公的には意味をなくした金を使って
表面上はこれまでと大きな変わりのない生活を送る人々。
特に下層の社会では電池やカレンダーなど、時の残滓にしがみついたまま
「もう復旧しないのかねえ」などと他愛のない話をしながら暮らしていく…

自分自身すらなぜか淡々と暮らしている様子が、目がさめた後じわじわと恐ろしくなってきました。
目がさめた時枕元の電子時計が動いていた(電気が通っている)のを確認して心底ほっとした…

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 07:31
>>708
こうゆうの好き

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 08:12
>>688
昨日友人宅でそのビデオ見てたら
同じこと起こりますた…(つДT)

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 11:59
>>684見て思い出した
右手の中指をキーボ−ドの「Q」、人差し指を「A」にあわせて→にスライドさせてくと高確率で「ふじこ」が出るって話


712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 12:33
>>711
思い出したって言うか
>>684はまんまそれを書いてるんだと思われ・・・

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 17:59
>>711
あq

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 20:01
職場の4人で街の一画にある居酒屋で飲んでた。
その中に「昔霊感があったよ」言う奴がいて、ほろ酔い加減になったころ
「変なのいるから払ってあげる。」とかいい先輩に変なことした。(拍手?)
その時は別に何も起きなかったんだけど、数分後、奴は汗だらけになって、夏だっての震えだした。
あまりにも様子がやばかったので飲み会は切り上げ帰ろうとしたら
「水と紙コップたくさん用意して」奴は切羽詰った表情で言い出した。
事情が飲み込めなかったけどある先輩が「コンビニいって買って来い。」と俺とあと一人に命令した。
ほんでもってダッシュで買いに行き店に戻る。
「これじゃ足りない。」なんていう始末、今度は俺一人でコンビに行ってから店に戻ると仲間はみんな出た後
仲間を探すため店から出ると道端にコップがあることにに気づいた。
奴の仕業としか考えられなかったので、他のコップを探していると奴は道端でコップに水を注いでた。
2本買ったペットボトルはもう跡少しで無くなりそうだった
「○○さん、これでいいスカ」俺は3本のペットボトルを差し出し声をかけた。
戦々恐々という表情があるならこの時の奴の顔だろう目線があった時は死にそうな面してた。
俺の手からビニール袋ごと奪うと「ありがとう。○○神社ってどっち」と聞いてきたので
「表通を駅に向かえばOKですよ」と言うと、コップに水を注ぎ置き始めた
一人にする訳にも行かないので奴の奇行といっしょいると先輩2人が水を片手に戻ってきた。
俺は遅いぞと先輩に怒られ、店に奴のバッグを忘れていることを伝えられ店に戻ることになった。
でバッグを取り神社へ向かう途中、コップを幾つか見つけたのだけれど何故か少なくなったり、中身が空のがあった。
※別にコップが倒れてた訳ではない。
変だな〜と思い水の入ったコップを見ていると携帯がなり応ると先輩が「早く蓋原さんにこい」って
電話切って、もう一度コップみたら水無くなってた。w
感の悪いおいらでも何かヤバ〜な状況は判ったので、急いで神社へ向かいタクシーで帰りましたとさ。


715 :714:04/02/26 20:02
>>714

後日、ペット買出しを指示した先輩に尋ねたら、過去に奴と同じ事務所にいたことがあって
現場から戻った先輩の具合が悪くなり休んでいるときに、奴が水を持ってきた。
奴の言うように飲んだら体調が元に戻ったことがあったので、奴の状態が理解できたらしい。
ちなみに当時は霊感があるなんて公言してなかったそうだ。
霊感が無くなったから喜んで口に出したのだけど、転勤してきてまた霊感が戻ったんじゃないかって

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 20:18
>>715
コワー(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
霊感ってなくなったり戻ったりするものなんですね。

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 20:27
ほんのりというか、かなり恐いですよ。>>714-715

わたしは霊感が全く無く、16年間金縛りにもあったことがありませんでした。なのに怖い話は大好きなんです。友達が「金縛りにあった」とかいうと嬉々としてどんな感じか尋ねたりしてました。

16の夏、朝の5時くらいに右足を引っ張られたようなガクンッという感覚で目が覚めました。そして金縛りにあっていました。声も出ずかなりパニクってたらふっと治りました。

生まれて初めての念願の金縛りはかなり怖くて、その後居間で親が起きてくるのを待ちました。
親が起きてきて「右足引っ張られて金縛りにあった」というと
「今病院に意識不明のあんたのひいお婆さんの妹がいるんだよ。右足、ない人なんだけど。」
と返答が…。
数日後、お葬式行って線香あげてお塩もらってきました。
やっぱり怖い話は人から聞くだけで十分だと思いますた。

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 00:27
中学一年生の時、美術で何回かに分けて「学校の敷地内の好きな場所を鉛筆でスケッチ、水彩で着色」という授業があった。
私は屋外から見た校舎を描いていて、その日は水彩で色を塗りました。

美術の時間が終わり、筆や水入れ、パレットなどを持ち自分の教室に戻ろうとしました。
その時、「教室の前にある水道って、きっと混むだろうな〜」と思い、外にある水道でスケッチの道具を洗って行く事にしました。
普段誰も使っていないようだし、錆びた水が出るかも?と、思いつつ蛇口をひねると

ボタボタボターーーーーーーーーーーーーーーー!!!

っと、勢い良く小さないくつもの白い物体が散らばりました。
よくみるとそれはスンゴイ数の「ウジ」でした。

なんであんなところに入っていたんだろう?

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 00:50
いつもいつも閉めたはずの襖が15cm位、開いている。
のぞく勇気がなく閉めては開くの繰り返しだったのですが
今日、何故開いているのか分かりました。
器用なもんですね、飼い猫が襖を開けていました。
ほっとしました。

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 01:15
>>719
襖を開けるまでは普通の猫だけど、閉めると化け猫だって昔からいうよね。
でも何で襖なんか開けてるんだろ。中で寝てるとか?

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 02:12
うちの猫達は襖やスライド式のドアを開けられない。
というより、ドアは人間が開けてくれるものだと思っている。
下手に閉めていると「開けれ!」と煩いので、うちは冬でも
家中の仕切り全開になってるよ。

押し入れの襖だけは閉めているけど、うっかり本でも出そうと
開ければ、これ幸いとばかり中に飛び込んで荒らしまわる。
しかもなかなか捕まらない。

むしろ、開けたら閉めるくらいの猫であって欲しい。

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 02:21
猫飼えてる時点でうらやましすぎてたまらん。

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 02:27
↑だけじゃスレ違いなんで。

随分前、一人で暮らしていた時に、玄関の方から誰か入ってきた。
昼寝をしていた時だったので、近所のおじさん(男の声がしていた)が
勝手に入ってきたのか?いや、強盗かも!!とパニックになって
飛び起き・・・ようとした。
なんと、完全な金縛り状態。しかも、焦って動こうとすればするほど
ぐいぐい身体が押し付けられる。
この時点で、入ってきたのが人間じゃないのは明白。玄関には鍵が
掛かっていたし、入ってくる時開け閉めの音も足音もしなかった。
相変わらず「ぶつぶつ」意味不明のうめきとも呟きともとれる声が
続いているが、その声はすでにすぐ傍にまで来ている。

ええい、こうなったら強引に金縛りを解いてやる!
幽霊を見るほど霊感のない私なので、逆にさっさと起きてしまおう
と、精一杯あばれてみる。
ところが、これが逆効果で、それまで比較的部屋の隅に行っていた
「声」がUターンして、こっちに戻ってきてしまった。
げげ!私を捜してる!?
慌てて頭に浮かんだお経を必死で唱えると、どうやら相手は私の
姿が見えないらしく、周りをしばらくうろうろしたあと、諦めたように
壁の向こうに消えて行きました。
そのとたん、金縛りはとけ、私はガバっと起き上がったわけです。

すぐに玄関に行き、鍵をチェック。そして、玄関のすぐ脇には犬小屋
があるのに思い当り、見て見ましたが、うちの犬はとくに変わった
様子もなく、眠っていたのを起こされて大あくびしてました。

うちの犬には霊感がない・・・と確信した出来事です。

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 02:29
すみません。721=723です。
私がのんびり長文書いてる内に、722さんが書き込みをされたですね。
誤解を招くと悪いので、一応。

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 04:33
結局なんだったの? 被爆者の霊?

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 05:02
うちの犬は襖やベランダの窓を開けて出入りしてます
爪が伸びてますので・・開けたら閉めてほしいものです・・

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 05:56
たまに犬が夜中にウ-ッと唸ります 猫も怖いけど犬も怖いです
なにか気配あるのかなー

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 06:56
自分は過去3回しか金縛りらしきものにあったことしかないが
今でもしょっちゅう金縛りに会うという友人の話。

あるとき仰向けで寝ていたら
金縛りにあったそうな。
「あー、またか」なんて思っていたら
どこからか波の音が聞こえてくる。
しばらく天井を見つめながら波の音を聞いていたんだが
ふ、っと頭だけが動くようになったらしい。
首を動かして足元のほうを見てみると
ベットの横に見知らぬおばあさんが座っていて
行李らしきものに小豆を入れたものを揺らして
「ザー、ザー」と効果音を出していたんだと。
首を戻して目が離れたすきに
音もおばあちゃんもいなくなって
金縛りが解けたらしいが
「今までので一番意味がわからなかったよ・・」
と言っていた。

たしかに意味不明だわな。

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 11:48
音効さんの霊

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 12:12
久し振りに別居中の父親に会ってメシを食ってた時の話。
中立の立場にある漏れは母親の悪口に花を咲かせていると
親父が渋々ある話をしてくれた

ある日、近所の兄ちゃんに「おたくんとこ、いつもヘンな電波出てるよ」
と言われたそうだ 何でもオービスを探知する機械が反応してるらしい
もしやと思い調べてみると(探偵を呼んだか、盗聴器発見器を買ったかは知らない たぶん後者)

「在った」そうだ

最近の興信所は見つけるだけじゃなくて付けたりするのか、って愛想笑いしておいたけど
ほんのり怖い・・・ もっと怖いのは興信所に「それ」を頼んだ母親が一階でコーヒー飲んでること
ブルブル・・・

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 14:02
生きた人間が一番怖いということか

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 16:18
>>728
まんま妖怪小豆婆

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 16:18
おれの金縛り

寝てめざめたらうごけなくて、金縛りとおもった。
んでそしてとけるのをまってたら、
部屋のすみから人影が。
友達かとおもったらそいつは真っ黒で、漫画みたいなシルエットで、
「ひょん!ひょん!ひょん!ひょん!」
といいながら
おれの体の左右をリズミカルに飛び跳ねてた。

解けた後は不思議と幸せな気分になりました。おわり

734 :728:04/02/27 16:26
>>732
小豆婆っていうのがいるのか!
今度その友達に教えてあげよ。

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 16:43
>>732
小豆とぎ、とはまた別なんだ?
色々いるんだなあ。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 16:48
>>735
おんなじ

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 17:19
小豆婆
ttp://www.mediojp.com/kanko/shop-company/photo/imuraya-02.jpg

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 17:37
>>737
俺が小豆嫌いな事を知っての狼藉か!?

739 :728:04/02/27 18:56
早速小豆婆のこと友人に言ってみたよ。
でもなんか違うって。
友人が見たのはのびたくんのおばあちゃんみたいな
優しそうな丸い感じのおばあちゃんが
大きな四角い行李に入った小豆(米かもって言ってた)を
ゆっくりゆっくり左右に揺らしていたんだとさ。

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 19:04
(1/2)
オカルト大好きなのに、いわゆる霊感とか霊体験とか、
心霊写真とか金縛りとかいった類のものに一切ご縁の無い私ですが、
先日初めてそういった体験をしました。

私は最近引っ越してきたワンルームマンションに、婚約者と暮らしています。
その日は1時過ぎに布団に入りました。
いつものように部屋の突き当たり、ドアから一番離れた位置に
敷いてある布団に、彼が壁側、私がドア側に並んで寝ます。
その日はバイトでとても疲れていて、あまり寝つきのよくない私もすぐ寝入ってしまいました。
普段はそのまま昼近くまで目を覚ますことなく寝てしまうのですが、その日は違いました。
真夜中、玄関のほうからガチャガチャと鍵を開けようとする音が聴こえ、目を覚ましました。
時計で時間を確認すると、3時過ぎでした。
私は、新聞配達にしては、いやに早いし、長いことドアの前にいるなぁ
などと覚醒しきっていない寝ぼけた頭で考えていました。


741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 19:05
ドアがスーっと開き、何かが部屋の中へ入ってきました。
暗いので良く見えませんが、それは半ズボンを履いた、小学3年生くらいの男の子でした。
馬鹿みたいな話ですが、私はそのとき
「きっと上の階の子が帰ってくる部屋を間違えたんだな。
それにしても他の部屋と鍵が同じなんて、防犯がなってないな〜」
なんてことをのんきに考えていました。
その男の子は私の方をじーっと見つめていました。
大友克洋の描く子供のような目ってわかりますか?
あんな感じの目で睨むのです。
私はぼんやりした頭で、どうもこれは変だぞ、と思い始めました。
「なんで午前三時にこんな小さい子が出歩くの?」
「なんでこの子は部屋を出て行かないの?」
「なんで施錠したはずの部屋の鍵が開くの?」
疑問が次々に大きくなり、パニックに陥った私は、
「部屋間違ってるよ!」と男の子に言いました。
もしかしたら声になってなかったかもしれませんが、
男の子はそれを理解したようで、部屋から出て行きました。
恐怖はそれほど無く、ただ出て行った安堵感からどっと眠気が来て
また眠りに落ちそうになったのですが、もう一度、目をしっかり開き、
そこに何もいないこと、時間は三時過ぎであったことを確認しておきました。
翌日そのことを彼氏に話し、鍵の確認をしましたが、
もちろん施錠はしてあったままだし、玄関の外に隠してあるスペアキーもそのままでした。
夢であったのかも知れませんが、夢にしてはリアルすぎる鍵を開ける音、
それに男の子の顔を思い出すと、いまさらながら恐怖に襲われます。

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 19:11
夢オチ

743 :ぶるじょあ ◆6NtzyFzYLQ :04/02/27 19:34
(・ε・) Yah! ぶるじょあだYO!
今日もずんどこずんどこ金持ちSA!

BOKUもちょこっと書かせてもらうNE。

744 :ぶるじょあ ◆6NtzyFzYLQ :04/02/27 19:35
(・ε・) あれは夜、ぶるじょあがテレビで映画を見ていたときだったYO。
確かセガールのつまらない映画だったと思うけど、
確かセガールのつまらない映画、
セガールのつまらない映画、

おっと、ごめんNE。ちょっとECHOがかかったYO。
DE、確かセガールのつまらない映画だったと思うけど、それも終り近くになったとき、
庭に面する大きなサッシを誰かがコンコンって叩いたんDA。
もちろんBOKUはすぐに振り向いたんだけど、外には誰も見えなくて、
サッシの窓には、明かりのついた室内とまぬけなBOKUが映っていたYO。

でも、気のせいと思ってセガールに戻ったら、また誰かがコンコンって叩くんDA。
おまけにピチャピチャって、舌なめずりの音まで聞こえるんだよNE。
その時BOKUは、パンツ一丁で包丁片手に、舌なめずりする川俣軍司を想像したんDA。
そんなのが庭をUROUROしてたら怖いよNE。

745 :ぶるじょあ ◆6NtzyFzYLQ :04/02/27 19:35
(・ε・) それでBOKUは向こうから見えなくなるよう、素早く部屋の電気とテレビを消すと、
腰を低くしてスパイのように窓のそばに移動したんDA。
ショーン・コネリーに見せたいくらいの素早さだったNE。友人には見せられない姿だけDO。

ところがヤツの姿が相変わらず見えないんDA。
サッシの下半分の、曇りガラスの部分にかがみながら上を見上げたんだけど、
ピチャピチャ音が聞こえるだけなんだよNE。それもすぐ近くDE。

BOKUは正直ゾッとしたYO。これは幽霊かしらんって思ったNE。ほぼ確定DE。
するとまたコンコンって叩かれたんだYO。BOKUは覚悟して立ち上がると、窓から庭を見下ろしたんDA。

なんとそこには子猫が座っていたYO。
小さなノラ猫が何を思ってか、舌をペロペロしながら、時折窓を片手でコンコンと叩いていたんだYO。
見かけない猫だったけど、とてもラブリーな動きだったNE。
エサが欲しかったのかNA?

それにしても、BOKUの恥ずかしい行動をショーン・コネリーに見られなくて、本当に良かったYO。
幽霊って、なかなかいないもんなんだNE。(・ε・)

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 20:17
もう書くNA

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 21:02
もっと書KE

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 21:04
書くNA

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 21:15
やめろバカ共。

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 21:19
俺、母ちゃんが死ぬ前に、なにを話していいかわからなくて
一番好きだったマカロニサラダのレシピを教えてもらったんだよ。
いつも晩飯の片隅に置いてあったのに、レストランとかでマカロニサラダ食うと
全然マズいんだよ。「母ちゃん死んだら美味いマカロニ食えなくなる」って言ったんだ。
もう成仏する寸前だったのに、30分くらいかけて俺に教えてくれたんだよ。母ちゃん。
でも、俺も涙が止まらなかったからレシピ全然聴けてなかったんだよね。
今からマカロニサラダ練習するよ。母ちゃんのマカロニサラダの味を知ってるから、
多分作れる。あの味を自分で作った母ちゃんは…やっぱり凄い。

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 21:44
>750 ええ話やな〜。(*´Д`)
怖くはないけど、しんみりしたよ。マカロニくいて・・・。

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 21:44
>>750
いい話しだね

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 22:00
>>750
ちゃんとメモっとけ このバカ息子がっ

754 :ゆーじろー:04/02/27 22:03
>>750
よぉ〜し・・・
喪前の渾名は今日からマカロニだ。

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 22:16
>>750
まじなけた。
作れるさ。おまいさんは、母さんの子なんだからサ。

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 22:27
>>750
嗚咽スレ向きだな。
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/middle/1065671046/l50

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 22:45
マカロニホウレン荘

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 22:50
マカロニウエスタン

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 23:43
うんこをして気づきました・・・・

紙が無い!!

いや・・・神はいないのだと!!

手で尻を拭きながら颯爽と現場を立ち去った私でした・・・。

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/27 23:59
会社の最寄り駅付近の電柱に尋ね人(20代の男性)のポスターがはって
あるんだけど、特徴に前歯4本無しって書いてあるのがほんのり。。。

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 00:08
俺は一本無しだからな。

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 00:14
俺は甲斐性なしだからな

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 03:38
俺は甲斐よしひろだっ!

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 04:12
あれは会社の内定者懇親会の帰りのこと
二次会まで参加した俺は家路につく頃にはもう11時を回っていた。
俺は飲み会の時はほとんどつまみを食べないで酒ばかり飲んでるタイプなので
家に帰る頃にちょうど腹がへった。なので家に帰ったら食べようと思い、
駅前の松屋で弁当を買った。そしてその弁当の入った松屋印のビニール袋を下げて
家へと向かった。家に帰るためには人通りのある大通りを通って帰る道と
近道になるのだが薄暗い淋しい道の二つがあり、男の俺はいつも近道で家に帰っていた。
その日もいつものように近道を通って家に向かっていると
後ろから女の人のハイヒールの足音が近づいてきた。ハイヒールの音を聞いた感じだと
どうやら、そのひとは小走りなようだった。
この道は薄暗いので、夜はサラリーマンのおっさんが歩いていることはあっても
女の人は全くと言っていいほど通らない。一瞬変だなと思ったがすぐにそんな思いは
どこかへ言ってしまった。ハイヒールの音はどんどん近づいてくる。
そして俺のすぐ後ろまで来た。ちょっと嫌な予感はしたのだが、俺は思い切って
振り返ってみた。するとそこにはスーツ姿の同じ年ぐらいの女性が歩いていた。
一瞬、振り向いたら誰もいないんじゃないかと思っていた俺は人がそこにいたことに
安心して気が少し緩んだ。すると後ろを歩いていた女性が俺に声をかけてきた。
「すいません」
現実味のある女性の声だ。幽霊だったもっと現実味がない声だよなきっと。
俺はそう思ってまた安心した。


765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 04:13
「え?なんですか」
俺は答えた。もう普通の人間同士の会話なんだから何も恐くない。
するとその女性は俺の持っている松屋のビニール袋を凝視し始めた。
「そのお寿司私のなんですけど」
女性は俺のビニール袋を凝視したままそういった。
「は?これは松屋の弁当ですけど、駅前で買ったんですが?」
俺が答えると
「うそをつくな!わかってるんだぞ!」
女性が野太い声で突然怒鳴りだした。俺はびっくりして危うく袋を落としそうになった。
ひょっとしたらマヌケな声をあげていたかもしれない。
「じゃあ見せますから」
俺はおそるおそるその女性にビニール袋を開いて見せた。
女性は袋の中に顔を突っ込まんばかりに覗き込む。
「じゃあ、私のお寿司はどこにいったのよ〜」
今度は突然その女性は道端に座りだしてわめき出した。
喚いてる言葉はよくわからないものだったが、時折すすり泣いているのは
なんとなくわかった。しばらく俺はあっけにとられて呆然としていた
女性はわんわん喚いているがその中で聞き取れる言葉が何度か耳に入ってきた
「返せ…返せ…返せ」
その言葉が聞き取れた時、俺は無性に危険が迫っているような気がしてきた。
俺は座り込んでいる女性を尻目に本気で家まで走った。
途中で何度か振り返ったが追ってきてはいないようだった。
そして無事に家に帰り着くことができた。
あの女は一体なんだったんだろう。
どんなに遠回りになってももうあの道だけは通らないようにしている

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 04:23
こんな事言っちゃスマンが微妙・・・
でも洒落よりほんのりのがいい感じですな

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 04:27
>>764
その女はキティちゃんだったのか?

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 04:34
酔っ払いじゃないかな。

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 04:57
>>728
なんか漫画「ぬ〜べ〜」でそんな感じの妖怪がでてたな。
たしかかなり良い妖怪という事だったと思うんだが・・・。

誰か詳しくキボンヌ

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 08:58
>>765
あっ こんなところにいくらが
あっ こんなところにあわびが

松屋の弁当のごはんを盛って寿司プレイ

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 17:03
あれは浪人生の時
夜遅くに廊下を歩いてたら、母の寝言が聞えてきた。
なんか支離滅裂なことを言っていたので、なんともなしに聞いていた。
「〜ん、いってくるね〜」と言ったので
「はいはい、いったらっしゃい」と答えたら
「お前も来るんだよ」といきなり低い声で返された。
そのときは本気で凍った。

そのことを祖母に話したら、寝言はあの世の会話だから
返事をしてはいけない、と怒られた。
今でも耳に張り付いてるあの時の声。
間違いなく、それは母の声じゃなかった。

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 20:59
フジTVのほん怖の再現ドラマで、クライマックスのとこで出ているはずの
霊の姿が見えないことの多い自分がなんとなく怖い。
作り物を見るのに霊感は不要だよなあ。
今日も机の下の大きな顔というのがさっぱり見えなかった…

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 22:07
以前住んでいた家の話です。
引越しが決まり家族揃って、父の運転する車に乗って見に行きました。
車を降りた途端、私は寒気と恐怖でとても門の中に入れませんでした。
親に怒られながらも、車に戻って待っていました。
これから住むことを考えると怖くて反対しましたが、もう決まったことで
他の家族(母と妹)も乗り気になったようでした。
引越し前にお払いをしてもらったとかで、引越し当日もそれ以後も
全然怖くなくなっていて、不思議でした。
でも、私の部屋からはすぐ裏にある墓地が見下ろせて怖いのでブラインドをかけて
いつも下ろしていました。
数ヶ月は何事も無く過ぎましたが、しばらくすると毎晩のように金縛りにあうように
なりました。 
上に白い着物を着た女の人が乗っていて苦しかったり、幽体離脱をしたりと恐怖体験を
経験しました。 高校を卒業とともに家を出ました。
次に妹がその部屋を使うようになりましたが、お互いその部屋に付いては何も話しませんでした。
数年前に両親と妹が引越しをして、その手伝いに行ったとき妹に「あの部屋は変だったよね?」と
聞いてみると「うん、お姉ちゃんも怖い目にあった?」と言います。
・・・最近、その家の近くを通ったとき、すでに新しい人が住んでいました。
その方にも聞いてみたいのですが、もちろん聞けません。。。

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 22:56
幽体離脱ってどんな感じ?

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 22:58

                          /
                         /      /
                ,へ       / /    //  
               L__ へ     / /    //  /
                 ヽ/\ / レ/    / ///
                  |  r)|  | ^/ /   /  
               _,「 ̄~`l|     ^    / /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              _f__ノ ̄~`l_| /   /     /  < ラッパッパーッ!
             _/=三/   / /   /   /  /    \_______
          /|⌒l ̄コ    / |   /     /  
          / | ¶|_ ~|   /: | | /  /   / / /
        _へ  |ヒ ~|L 」   |: | | /  /  /   / 
       f \\|三三三=、 |: | | / /  / /   /
        ~~  ̄/ニニ~コー-ヾ / /   /   /
          /   //l_    :/   / /  /
          /   //  `ヽ  |  /   /   / /
         /__//ー、ノ入 | /  /   /  / /
        ,┘ ̄^||   |~  |  /  /  / _
    __/ヽ  /   |   | /// /_,―' 
    |」 __,└’     | ̄~|    /―' ,―' ̄
    | | f         |  |  /_.―' ̄
    l | \       f  \

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:00
割り箸は地球に優しいんだよ

777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:03
ヤクザ話もっと聞きたい

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:10
>>225そうなの?

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:13
右翼ってナンであんなに変な目で見られる団体なんですか?

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:34
893

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:49
>>779
左翼が右翼のフリをして騒いでいるからだよ。
だからマンギョンボン号などの抗議には来たことがないんだ。

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 23:54
オカ板でKBSネタをふるのはやめてよー
せめてsageて
へんなのが寄ってくるんだから

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 00:00
エロ系ネタ欲しい

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 00:18
河童がいるっていう池に言ったら、水が急に緑色になったの

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 00:22
こんな夜中に小さい泣き声がすると思ったら自分の鼻がピーピーなってるだけだった

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 00:27
月見そばの卵を吸っている夢を見ながら、現実世界で自分の鼻水を吸い
込んだ事がある。

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 00:54
昨日仕事場に泊まったら
夜中じゅう縦笛の音がしてた。

納期近いから今日も泊まり。
やだなぁ・・・

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 00:55
あれは確か厨二くらいのことだったと思う。
恥ずかしい話だが、当時オレは結構シャレにならんイジメを受けていて、今考
えれば馬鹿らしい事にそれこそ毎日、自殺することばかり考えてた。

そんで夏休みが明けたばかりの頃だったと思う、また始まった地獄のような日
々が嫌でその日の夜も布団の中でこのまま眠ってそのまま死ねれば楽だとか考
えてた。
そして何時ごろかは解らんのだが、ウトウトしはじめたとき、突然布団の右側
に強烈な気配みたいなものを感じた。
別に見たわけじゃないけど、何かが居ると言う確信だけはあった。
そいつはしばらくジーッとこっちを見てるようだったけど、少ししたら、それ
は近づいてきて、耳元でこういった。

「起きろ、連れてってやる」

オレはもう完全にビビッてひたすら目を閉じて身動きせずに寝たふりを続けてた。

ヒョットしたら夢だったのかもしれないが、今でもその事は強烈に覚えてる。
もしあの時返事をしてたらどうなってたのかが少し気になる。
ヤッパリあの世に連れて行かれてたんだろうか。

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 01:18
>>787
祭りの時期じゃないししかも夜中なだし
祭りの練習する音とか良く聞きますよ。

>>788
起きろって言ってるぐらいだから、
逆の意味だったんじゃないかと思ってみる


790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 01:23
>>781
小林よしのりが中国のチベット批判なんかを書くと、普通は左翼なんか
が抗議してきてもよさそうなもんなのに、右翼が抗議してきたりするん
だってね。
それを聞いて、「台湾でも同じ」と李登輝台湾前総統も言ってた。

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 01:24
中国のチベット批判→中国のチベット侵略批判

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 06:58
私が短大生だったときのことです。(長文スマソ)

当時よくYとNという友達とつるんでいたのですが、
1年の後期頃からNのほうがたびたび学校を休むようになりました。
Nは私たちに、体調が優れないから、と言っていたのですが、
あまりにも頻繁に学校を休み、
旅行や飲み会などもドタキャンされることが多くなってきたので、
「体調が優れないっていうけど、本当にそれが理由なの?」と問いただしました。
出席してきたときにはいたって健康そうに見え、倒れたりすることもなく、
とても体が弱いようには見えなかったからです。

そして、しぶしぶNはうつ病であり、分裂ぎみでもあることを告白しました。
いつも明るく、気さくな性格で結構美人なNだったのでYも私もとても驚きました。

一度告白してしまってからは気が楽になったのか、
病院に入院してしまったときなど
見舞いにきてほしいと言われたりするようになりました。
(睡眠薬の飲み過ぎ、二階から飛び降りた等で、です)

Nはおそらく自分の病気の原因は両親にある。と言っていました。
Nの母親はけっこう重い分裂症で、遺伝したのでは、ということです。
それが原因なのか、Nの父親はNが学校を休み始めたころ、
愛人と行方不明になってしまい、精神的にNは耐えられなかったらしいです。

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:01
792続き

2年のある日、一週間くらい学校を休んでいたNから
「家に来てほしい。」
と連絡がありました。
聞けば母親が自殺未遂をおこし何日も入院しているので気が滅入っている
(Nの家ではあまり珍しいことでもないらしい)
ので遊びにこないか?と言う事でした。

事情が事情なので、Yと私はちょっとひきましたが断るわけにもいかず、
次の日Nの家に行くことになりました。
初めてだったので駅からの行き方を聞いて、近所のコンビニで待ち合わせ三人でNの家に向かいました。

Nの家は一軒家で、建売ではない昔からの家が並んでいる一角にありました。
が、玄関の向きが並んでいるほかの家と違って少し違和感があったように思いました。

具体的に説明はできないけれど、なんだか変わっていて、少し離れたところからも
おそらくNの家はあそこに違いないと私には変な確信がありました。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:02
792続き

ドアを開けて入った瞬間の感想は、
「うわ〜、空気が重くてなんか気持ち悪い!!」でした。
家の中全体が薄暗く、じめじめした感じがして、
できれば早めに退散したいなーと本気で思いました。
おそらく掃除もあまりしていないだろうし、家庭の事情も聞いていたので、
そんな風に思ってしまったのだろうとそのときは思いました。

ところが居間に通されてお酒を飲みながら話をしているうちに
なんだかとても居心地が良くなってしまったのです。
Yとどちらともなく、「もう遅いし、泊まっていくことにしようか」ということになりました。

次の日になりましたが私たちはグズグズとNの家にいました。
昼ご飯を食べ、夕方になってもまだ帰る気にならず、私は思わず
「もう一泊しちゃおうか?」とYに切り出しましたが、Yは
「私も泊まりたいけど、このあとどうしても休めないバイトがあるから帰らないといけない。」
とのことでした。
二人ともすごく名残惜しかったのですが、また近々来ることを約束して
(本当にまたすぐ来たい!と思っていました)Nの家を後にしました。


795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:04
『ことばの脱皮をくりかえして』

ことばのぬけがらがただよう霧がはれると
そこには紫色のほそい雲がたなびいていた

一枚 また一枚とうすかわを剥いでいく脱皮の朝は
死んだり生きたりでいそがしい

(蛹から成虫になる変態動物は、蛹の中でいったん幼虫時代の
全ての器官をどろどろに溶かして、まったく新しい生命を
形づくるという。
 完璧なリサイクル工場とでもいうべきか)

まだおぼつかない脚で
濡れたままのちぎれそうな羽根で
木梢の向こうの矛盾に
答えのない地平に
あたらしいことばを捜しにいく

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:05
792続き

その帰り道
私「ねえ、Nの家なんか雰囲気悪かったよね?」
Y「うん。くらかったし、なんか変な感じがした」
私「あのさ、とくに階段のところ気持ち悪くなかった?」
Y「・・・実は私も上がった瞬間思った」
私「・・・いっせいのせで、何思ったか言ってみない?」
Y・私、『せ〜の・・・女がいたよね?!』

その瞬間本当にぞ〜っとしました。Nの家にいる間中頭にフィルターがかかっていたようでした。
あれほど気持ちが悪く帰りたかったのに、
家に入ってしまえば今度はいつまでもそこにいたいような気分になっていたことも、怖くなりました。

Yも私も何かを見てしまったわけではありません。
ただそんな感じがした。というだけですが、
NやNの家族が大変なことになっているのもあの時感じた何かが原因のような気がしてなりません。

その後、Nは学校にまったくこなくなり、今では音信普通になってしまいました。

これといった落ちもない長文になってしまい、スミマセン!
でも私とYにとっていまだに忘れられない出来事でした。



797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:33
>>785
俺もそれ、よくあるよ。
ちょっとビックリする。

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:35
地震だと思ったら自分の体が揺れてただけ、ってこともあったりするね。

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:37
風呂場の吸盤で吸い付いてるタオル掛けなんだが、
しょっちゅう落ちるからビビル。
「カコーン!」っていうよ。

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:38
>>798
貧乏揺すり?

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:39
いや、なんか微妙に体が震えてるの。

病気じゃないよ。

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:40
>>799
夜中に物が落ちると怖い。
なんか怖くて、見に行けない。

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:46
>>784
近所の山の上の方に、結構不気味な沼があるよ。
人がいないような所だと、シンとしてて妙に不気味なの。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:47
カコーン

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:49
>>787
悪魔が来たりて笛を吹く

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:50
なつかしいな。

自分が子供の頃にドラマがやってて、タイトル聞いただけで震えたよ。
ガキは恐がりだね。

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:53
オレの息子幼稚園なんだけどさ、
ゲームのバイオハザードの、タイトル画面っていうの?
目の絵が出るんだけど、それが怖くて見られないの。
目を隠して下向いちゃうんだよね。
子供には刺激が強いらしい。

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:54
ガキにはキツイだろ。

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:55
>>803
夜の沼もコエー。

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:57
>>806
映画じゃなかったっけ?ドラマってあった?

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:58
>>810
ドラマあったと思う。

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:58
ドラマは確か見た覚えがあるが。

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 07:59
>>807
自分も小学生の頃は、ホラー映画とか見られなかったよ。本気で怖いの。

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 08:05
>>811
そうなんだ・・・

でも最近、ホラー系映画は多いけど、
恐怖系?のものって少ないよね。
昔のようなどんより怖い雰囲気のが見たい。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 08:06
ハゲドー

816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 08:20
ハゲワラー

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 09:44
あれは小学校1年生か二年生かのころの話です。
当時、仲のよかった三人の友達がいました。俺を含めると4人。
それで、その4人がその時ハマってたのが、砂場で山を作って、水路を作り
頂上から水を流す遊びでした。
しかし、その日はいつも遊んでいた公園を上級生に占領されてしまい
チャリで追いまわされて追い出されてしまいました。
水を組む用のバケツを持参していた俺たち4人はそのまま家に帰る気にもなれず
他の公園にいこうということになり、その公園から少し先にある小さい公園に
向かいました。しかしその公園の砂場はすでに先客がいたし、何より水道と
砂場の距離が離れているので俺たちのやろうとしている遊びには適してしませんでした。
じゃあ、今日は帰ろうかという風になり始めた時、誰かがジャンプ公園にいこう
と言い出しました。そのジャンプ公園というのは通称で正式にはなんていう名前かは知れいません。
そのジャンプ公園は公園のすぐとなりが雑木林でなんとも不気味な
公園でしたし、学校では幽霊が出ると噂される公園でした。

続く


818 :817 続き:04/02/29 09:55
ジャンプ公園の噂は子供の間ではかなり有名なもので
遊具も多くて比較的広い公園なのに昼間でもだれもいないような怪しい不気味さが
ある公園でした。
しかし、遊びたい一心の俺たちチビッコ小学生四人組の前ではそんな噂は
なんの歯止めにもなりませんでした。
みんなでジャンプ公園に急いで向かいました。それだけ、砂場での水遊びに
ハマっていたのでした。
予想通り公園に誰もいません。
始めのうちは公園の不気味さを感じながら恐る恐る遊んでいた俺たちでしたが
熱中し始めてしまえばそんな不気味さなど全くきにならなくなっていました。

819 :817 続き2:04/02/29 10:07
ひとしきり砂場で山を作って水を流したりダムを作って水をためたりして
砂場での水遊びを楽しむとちょうど日が暮れてきてパンザマストがなり始めたので
俺たちは帰ることにしました。日が落ちてくるとジャンプ公園は一層不気味さを
ましていました。こんな不気味なところでよく遊んでたなとその時思ったのを
覚えています。
結局ジャンプ公園には俺たち以外誰も来ませんでした。
四人で家に帰る道すがら話していると友達一人Iが妙なことを言い出しました。
「ジャンプ公園て幽霊のせいで誰も遊んでないと思ってたけど
俺たちのほかにも遊んでた人いたね」
すると友達のMが
「どこで遊んでたの?誰もいなかったよ」
と聞き帰すと
Iは
「ブランコで女の子が一人で遊んでたじゃん」
と答えるのです。
水道はブランコの近くあったので水汲み係だった俺は誰かが遊んでたら気がつくはずです
しかしブランコには誰もいませんでした。


820 :817 続き3:04/02/29 10:16
不気味な思いを抱えながらそれぞれの家に帰りました。
家について気がついたのですが、水汲みようのバケツは俺ので
それをジャンプ公園に忘れてきてしまったのです。
母親に事情を話すと
「今日はもう暗くなっちゃったから明日とりに行きなさい」
と言われました。正直今から取りにいけと言われなかったことでほっとしました。
その日の夜九時ごろですが、帰宅した父親が俺の公園に忘れてきたはずのバケツを
持っていました。ちょっと不機嫌そうに
「おい、バケツで遊んだんなら玄関の前に置いておかないできちんと片付けろ」
と言っています。
そのバケツは何処にでもある普通のバケツで名前も住所も書いていません。
しかし、そのバケツには泥や砂がついていて確かに俺の持っていったバケツでした。
子供心にめちゃくちゃ恐かった思い出です。

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 12:22
長文お疲れ様でした。
まさに「ほんのり怖い話スレ」にピッタリといった感じで・・・

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 13:13
>>820
貴様 バケツを届けてもらっておいてその言い草はなんだ!!

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 13:50
>>820
感謝汁!

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 13:55
>>820
近所の人が届けてくれたんだろ?もしくは友達。
よくあることで、別に驚くようなことじゃない。

825 :初カキコでつ:04/02/29 14:03
俺は家に帰るのに大通りつーか中通り?みたいな
一本道を15分くらいずっと歩いていきます。
夜になっても人通りもまぁそこそこくらいの道で

 ---------------------
       道路
      
 --------------------- ←フェンス【ガードレールじゃなくてなんか黒っぽいフェンス】
    木       木
 ---------------------
       歩道  
 
みたいな良くある道路なんです。ずっとこんな感じの繰り返し


826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:03
で、ある日夜11時頃に家に向かって歩いてたんだけど、
何本目かの木を越えた時になんとなく左を見たんですよ
したら浴衣だか着物みたいの来たおばちゃん?(ばあさんじゃない)が
黒フェンスに顔が着くか着かないくらいの距離でしゃがんで
道路だか車だか、空だか、ずっと見てるんですよ。
そのおばちゃんに気付いた瞬間マジ心臓とまりそうになりますた
自然と早足にスルーしたんだけど、ガクブルでもう振り返れませんでした
俺は霊感とかないんで、たぶんヤバメのおばちゃんだと今でも思ってるんだけど
どっちだったにしろ本当ドッキリどころじゃなかったです

初カキコなんで駄文でスマソ

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:05
うへ〜

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:16
>>826
家の近所には、駐車場の真ん中でぼーっと立ってるおばあさんがいるよ。
じいさんバーさんが何するわけでなくじっとしてるのは普通。

ヤバイと思うのはただの幻想。根拠なし。

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:18
>>826
ごめん、あんたが言うヤバメってのは、幽霊じゃなくてボケかけって意味だった?
そうだったら勘違いで828書いた。悪い。

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:23
大学のときの同級生に「見える」人がいた。
何でも難病で子供の頃2度死にかけた事があって
2回目に持ち直したときから見えるようになったそうな。
死にそうになっていたとき、
天井からたくさんの手が伸びてきて体を持ち上げられ、
「いきたくない!」って思ってもがいていたら
ひゅー、ドスン!とベットの上に落ちた感じがして
意識を取り戻したとか言ってた。

あるときサークルの事務所で
その女(当方男)と2人でいたら
「ちょっとそこに立ってみて。」
と窓際に立たされた。
素直にそこに立ってみて
「このへん?」
って聞いてみると
「ん〜、もう少し背が低かったから子供かなぁ・・」
「え?」
「さっきそこに男の子が立っててこっち見てたのよ。
すぐに行っちゃったんだけど。」

おいおい、そんなところに俺を立たせるなよ・・・

831 :826:04/02/29 14:27
>>828
そうでつ。そんなニュアンス
でも一瞬しか見れなかったけどまだボケるような年には見えんかった
おばちゃんって感じ。でも霊だろうと現実だろうとそん時はマジ怖かったっす

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:28

829へのレスですた

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 14:37
>>832
やっぱり早とちりだったね。
ごめん。

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 15:06
去年の11月頃、下痢便たっぷりと漏らしたまんまの
女性が交差点に立っていた。
道行く人たちは皆、顔を強張らせて通り過ぎていくだけ・・・
もちろん俺もどうする事も出来ずにスルー。

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 15:10
撮影?

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 15:25
クセッ!

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 15:34
俺が、朝の通勤電車に乗っていたときの話。

俺は車両の真ん中あたりに立っていたんだけど、端の方から時々プ〜とかブ〜とか聞こえていた。
どうも、そこに立っているオジサンサラリーマンのお腹の調子が悪いらしい。
本人は辛そうな顔をして押さえているようだったが、相当悪いらしく、どうしてもプ〜と漏れてしまうようだった。
俺が気の毒だなと思っていたら、ついにプ〜〜〜〜・・・ブリブリッ!というデカイ音が。
オジサンの回りの人間が、一斉にサーっと円く離れ、とてもクサイ空気が漂ってきた。
オジサンは次の駅で降りた。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 15:37
クサッ

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 15:40
ほんのり”臭う”話スレ その17
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1067324241/

840 :sage:04/02/29 17:35
jiji-

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 18:14
ある駅の有名書店の近くには
左から「上りのエスカレーター」「上りの階段」
手摺りを隔てて「下りの階段」「下りのエスカレーター」が並んでる所がある。

ある日、そこの下りのエスカレーターで下りようとすると
何やら、さわさわひそひそ人がざわめいている。
何かいな? と思ってると、下りの階段の中腹踊り場に誰かが座っていた。

よく見てみると、その人物の周りを黒い何かが、もさっ!もさっ!取り囲んでいた。

大量の髪の毛だった

エスカレーターはその人物の横まで漏れを嫌でも運んだ。

その人物は、すすり泣きながらうずくまり、すでに坊主となった頭から
わずかに残った後ろ髪髪を、自らぶちぶちとムシリ取っていた…


怖かった…。

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 19:02
>>807
日中の女房からの虐待を思い出すんだろうな・・・
かわいそうに

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 19:15
>>830
そういう、注目されたがりの女ってウザイよね。

かわいくても「わたし、人と違うって言われるの」って時点で対象外。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 19:26
>>843
おまえさまのレスの内容の方が怖いよ。

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 19:41
>>844
君はオカ板の新参者かい?

846 :830:04/02/29 19:48
>>844>>845
まあまあ。

ちなみにそいつは
病弱なんて嘘だろ!
っていうくらいの物理的に丸い人で
あだ名は「アジャ」でした。

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 20:15
>846 太ってても病気の場合はある。

わたしは産まれつきアレルギー体質で喘息持ちだったが、
丸顔で頬が赤く、「健康な赤ちゃん」そのものに見えたそうな。
実際には、クーラーの冷気や排気ガス、強い太陽光線でさえ
発作を起こすほどひどかった。
身体中かさぶただらけだったし、一日に何度も服を着替えなきゃ
いけなかった。食べられる物もかなり少なかった。

しかし、「珍をお腹に忘れてきた」と言われるほどのお転婆でも
あったんだよね。あまりはしゃぐと発作を起こすので、周りは
冷や冷やだったろう・・・。(*´Д`)

何度も発作で死にかかったらすぃ。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 04:24
>>847
喘息の発作で死ぬことあるんだよね。

自分も小学生の頃、喘息もちで、
寝ると苦しいからイスに逆向きに座って、背もたれにもたれてゼイゼイしながら「死にそう!」
とか思ってたんだけど、
近所の喘息もちの男の子が同じことしてて、ある日死んじゃったの。

死にそう!と思う一方で、まあ、死にはしないかな?とか思っていた自分にすごいショックでした。
発作も一線を越えると死んじゃうんだよね。

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 05:54
>>792
そういう経験ってよくあるよ
家でも人でも、最初は嫌な気持ちがしたのに、
だんだん心地よくなるっていうか
第一印象を大切にした方がいいのか、気のせいなのか
そろそろハッキリしたい今日この頃

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 07:17
よく晴れた日曜日、電車内でのできごとであった

子:おなかすいた
母:あと2駅だから我慢しなさい
子:お腹すいたらちんちん食べていいの?
   (周りはクスクス)
母:なにバカ言ってるの。ダメに決まってるでしょ
子:だってお母さん、昨日の夜これが欲しかったのってお父さんのちんちん食べてたじゃん
母:この手をひっぱり降りていった(1つ前の駅なのに)

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 08:30
なつかすいコピペ

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 11:12
去年の11月頃、下痢便たっぷりと漏らしたまんまの
女性が交差点に立っていた。
道行く人たちは皆、顔を強張らせて通り過ぎていくだけ・・・
もちろん俺もどうする事も出来ずにスルー。


853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 12:55
よく晴れた日曜日、電車内でのできごとであった

子:おなかすいた
母:あと2駅だから我慢しなさい
子:お腹すいたらパンツ食べていいの?
   (周りはクスクス)
母:なにバカ言ってるの。ダメに決まってるでしょ
子:だってお母さん、昨日の夜知らないおじさんがお母さんのパンツ食べてたよ
母:何バカなこといってるのよもう。いい加減にしなさい。
子:それでね、そのおじさん、ベットの下に隠れたんだ。


854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 13:16
>>834
カレー食べながら楽しくこのスレ読んでたのに・・・
ヽ(`Д´)ノバーヤバーヤ

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 16:37
うちのごはんもカレーだ

高校生くらいん時、寝てたら部屋に男??が二人入ってきて、
ひとの背中を撫で回したあげく、「これじゃない」つって出てった。
直後に起きて、夢だよなあと思ったんだが、
背中さわられた感触がすんごいリアルに残ってて・・・やだったなあ

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 17:09
風呂上がり・・・
シャツ(肌着)の裏表を確認せずに被ったら必ず裏返しに着てしまう!
確率は五分五分のはずなのに何故だ!?

ちなみにパンツ(下着)では、いまのとこそんな目にあってない。

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 18:09
>>856
裏返しに脱いだまま選択して、そのまましまってるからだろう。不精者。

858 :857:04/03/01 18:10
>>857
_| ̄|×選択

_| ̄|○洗濯



859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 18:40
前後ろは間違わんのか?

860 :857:04/03/01 18:46
>>859
何気な訂正ありがとう。

_| ̄|×裏表

_| ̄|○前後

だつた・・・スマソ


861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 19:06
漏れはズボン脱着するとき70%の確率でパンツも脱げる

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 19:18
僕の中学ん時の友達に、村井って奴がおったんですよ。
そいつ不治の病に冒されてまして、もう医者も匙を投げるほどの・・・その投げた匙が曲がったっちゅう話もあるらしいんですけど。
僕も1回見舞い行ったんやけど、もうはっきり顔に「死」という文字が浮かび上がってましたね。

そんである日の夜ね、僕が自分の部屋におったら、窓の外に入院してるはずの村井がおるんですわ。
僕が「どしたんお前、病院抜け出してきたんか?」って言うたら、
「いや、それはもうええねん」って言うて「さよなら」って言うから、
僕も「ああ、ほんならまた・・・」って、
遠ざかっていく村井の後ろ姿を見てたんですけど、
ふと気付いたんですよ「ここ2階やん・・・」あいつが居た場所に屋根あらへんし。
急いで窓の外に顔出して見てみたら、
もんのすごい長い足の村井が・・・・・・・・・・・・・・


863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 19:25
4歳の頃、祖父が死んだ。
葬式に出て出官の時に「これからどこにいくの?」と訊ねた私に
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。
何の事だかさっぱりわからず寝てしまい。
気が付くと家に。しばらくして「ご飯よ〜」と母。
で、その時のメニューが豚の生姜焼き。
急に感極まった父が泣きながら食っているので、その肉を間違いなくおじいちゃんだと思って食べはじめた私。祖父が大好きだったので、私も泣きながら「おじいちゃんおいしいね」と言うと父はさらに激しく泣き始めて、
母が「おじいちゃんみえるの?」と私に聞くので、目の前にある肉が祖父だと確信している私は「おじいちゃん目の前にあるよ」と答えると両親は二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようもないお馬鹿家族状態に。
(豚の生姜焼きは祖父の大好物だったのをしるのは10何年後)




864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 19:26
叔母が息子(当時五歳くらい)と一緒に祖父母宅の犬を散歩してた時の話。
山沿いを散歩していると
「お母さん、女の人がこっちを見てる」
と繁っている木立の間を指差す。
人間が登れるような場所でもないし、まして人間がいてもはっきりと性別までわかる距離でもない。
なに言ってるの、この子は・・・?と思って歩き出すと、
突然連れていた犬が指を指した方面に向かって吠えだした。

怖くなって急いで帰り、家族にこの話をすると
「あの山、昔よく首吊り自殺があったからねぇ・・・」と祖母。

幼い従兄弟が見たのはやっぱり首吊り自殺した女なのかなー。
子供の頃よくその山で遊んでたけど、霊的なものにお目にかかることはなかったな。

865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 19:30
>>861
それは貴方の下半身が露出を求めているから。
このスケベ。

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 20:12
>>863
あれ?後半どうした?
「その後食卓に肉が出る度『これ誰の肉?』って聞いてオコラレタ」
みたいな落ちなかったっけ。

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/01 22:17
>>866
あったねぇ
863はなんでそこをカットしてるんだろうか
ほんのり

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 03:40
五、六年前、西池袋の建築事務所に勤めていたときのこと。

寝坊してしまった私は、駅から会社への道を走っていた。
かなりあせっていたので、赤信号を無視し、
飛び出したとたん、左折してきた黒いベンツに轢かれそうになった。
本当に間一髪というところで、一瞬腰が抜けたような感じになって
その場にへたり込み、車の中を見たところ・・・・

後部座席に丹波哲郎がいた(w

全面的に私の方が悪い状況だったので、申し訳ないのと恥ずかしいのとで
ペコペコ頭を下げて立ち去った。

ちなみに事故(未遂)現場の斜め前は、『丹波霊界研究所』があり
丹波哲郎はそこに向かっていたと思われる。

あまりにもネタみたいな話なんで、(霊界研究所の前で丹波に轢かれそうに
なったなんて)今まで誰にも言わなかったけど、昨日徹子の部屋にでてる
丹波見て思い出したので、書き込んじゃいました。

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 07:51
ある男が、自分を愛している3人の女の中で
誰を結婚相手にするか長いこと考えていた。
そこで彼は3人に5000ドルずつ渡し
彼女らがその金をどう使うか見ることにした。
一人目の女は、高価な服と高級な化粧品を買い、最高の美容院に行き、
自分を完璧に見せるためにその金を全て使って こう言った。
「私はあなたをとても愛しているの。だから、
あなたが町で一番の美人を妻に持っているとみんなに思ってほしいのよ」
二人目の女は、夫になるかも知れないその男のために新しいスーツやシャツ、
車の整備用品を買って、 残らず使いきる と、こう言った。
「私にとってはあなたが一番大切な人なの。だからお金は
全部あなたのために使ったわ」
最後の女は、5000ドルを利殖に回し、倍にして男に返した。
「私はあなたをとても愛しているわ。 お金は、私が浪費をしない、
賢い女であることをあなたに分かってもらえるように使ったのよ」
男は少し考え、3人の中で一番おっぱいの大きい女を妻にした。



870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 08:22
またえらく古いコピペだな。

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 08:26
ねぇ洒落にならないくらい怖い話のすれってどこですか

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 08:31
>>869
どこがほんのりと怖いんだ?

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 09:07
深夜に救急車のサイレンが鳴って・・・

ふとっ

気になり窓の方を見たら女がカーテンの間から顔を覗かしてた。

って怖くネェか・・・




874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 09:51
>>872
おっぱいの大きな女は年をとると悲惨だといいたいんではなかろうか

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 10:31
>>873
怖いよw
なんだよ、それでどうしたんだよ

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 11:24
>>873
ヤイコか紀香のどちらかがFANで

ホテルに泊まって部屋でくつろいでいた時に、耳鳴りが突然始まって
「来る!!」と思った瞬間、窓のカーテンの隙間から女が覗いているのに
気付いた。そしたら、その女がグワー!!と目の前に迫ってきた。

という体験談を語って盛り上がってた。
「コップを耳に当てたような音がするんだよねー!!」
サイレント・ヒルみたいでマジコワー(((( ;゚Д゚))) そんな報知器いらない。

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 11:55
今の窓から外を見たら、おっさんが電柱の側でうんこしてた。
飲みかけてたコーラの缶を投げ、急いで隠れた。
すると…

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 12:02
俺はカレーライスを片手にモリモリ食べた。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 13:07
カレーライスを片手に持ちつつ他の何かをモリモリ食べたわけだ。

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 14:46
アパートのお隣りさん、夜中に階段あがって帰ってくる音に続いて、台所に立つ音がする。
壁が薄いので、野菜を刻んでるような音がしばらく聞こえる。
(その後の炒めたりの音は聞こえない)
空室なんだけどさ。
最初驚いたけど、あまりに自然なんで最近慣れてきた。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 15:29
うち、昨日カレーですた。

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 16:24
>>880
訳わかんないんだけど、空室なのに誰か帰ってきて
野菜刻むってこと?
それの状況に鳴れたというわけ?

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 20:25
>>882
ご、ごめん。
隣は空き室なの。誰も住んでない。
でも人が帰ってくる足音と、料理している音が聞こえるんだよ。
音が住んでるような感じ。

ちょっと不思議な作りのアパートで、二階の部屋は室内に階段があるのね。
玄関入ってすぐ階段。
隣の音は、玄関の音はしなくて、登ってくるところから始まって、しばらくトントン刻んだりしてる音がしていて、20分くらいで終わる。

それだけなんだけど、やっぱり不思議は不思議。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 21:23
会社で休憩がてら、過去ログをまとめサイトで読んでいたら
耳元で「ふう…」と溜息が聞えた。

俺の後ろ誰も居ないんですけど。


885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 22:07
>>884
ウホッ

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/02 23:09
>>885
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ    ゴリラのモノマネかい?
             ト.i   ,__''_  !      …ところでアンタ……
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 02:07
タンポンが2つ入ってた16の春・・・

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 02:25
オイこそが 888げとー     

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 02:43
>>882
これしきの文章わからない読解力でどうする。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 04:28
泣ける、とてもいいお話を紹介します

彼から突然の別れを告げられました。お前とはもう付き合えない。もう飽きたし、うざい。
他に好きな女ができた。お前も他の男を見つけろよ
あまりに一方的な言い草に幻滅し、3年付き合った彼とそれっきりになりました。
それから私は少し焼け気味に、いろいろな男達と戯れていました。
その中には彼の親友たちもいました。仕返しのつもりでした。
事の最中に、彼の親友が泣きだしたことがありました。私はどうしたのか分からず、とりあえず理由を尋ねました。
嗚咽交じりに謝りながら、彼が死んだと話してくれました。死因は白血病でした。
私と別れた頃から症状がでていたようです。病名は告げていませんでしたが、
自分の命が残りわずかであること、彼は自覚していたようです。
私を悲しませないため、わざと嫌われるようなことを言っていたのです。
そうとは知らなかったとはいえ、私は自分が最低な女だと、自責心に苛まれました。
彼に申し訳なくて、これまでに取った私の行動、感情までも悔やみました。
それから今日までの半年間、毎日欠かさず彼のお墓参りをしています。
そのための交通費、お花代などを稼ぐため、今は彼の大好きだった風俗で働いています。

コピペだけど、いろんな意味でほんのり怖かった

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 06:26
お馬鹿過ぎて何にも言えん
その彼氏の気持ちはどーなるんだ?

知ってて彼女とやった彼の友達
風俗が大好きだった彼
っていうのも、な

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 07:40
リノンホデジマ リノンホデジマ 五字切り!

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 07:53
http://www.fx.sakura.ne.jp/~sympow/doku/guests/novel/camu02.html
こーゆー経験ってどー思う?

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 08:21
>>891
そういうオチのネタじゃろうに、真っ直ぐな方ですね。

895 :うるせーバカ:04/03/03 08:28
うるせーバカ

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 11:41
>>893
「終わらない夏休み」に似ているけど、個人的には終夏の方がエグい。
>これで、「ひょっとして?」と言う、甘美な考えは、茜の頭からすっ飛んだ。
という一文からも稚拙さを感じるなぁ。

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 11:51
ブッッッー!!とかクッッックだとか
何人だよ。

898 :ハァハァ:04/03/03 11:56
えーと・・・
>>887 の詳細激しくキボン

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/03/03 13:38
TRPGというゲームのテープ起しを夜やっていた。
会議のテープから議事録書くような地味な作業なんだが、一部心臓の鼓動の音が
入っていて不気味だった。
机の上にテレコ置いて録音したのに。

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 13:52
>>899
リプレイ書き?俺も昔やってたなーってそういう話じゃないねスマン。
誰かが机の下を指で叩いたりとかしてたんじゃ?

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 15:00
>>893
まともな怪奇小説やグロ小説にある、作者が伝えたいモノ主張したいモノ
なんかが全く感じられない、欲望と妄想だけみたいな>893みたいなのは
文としての内容は( ´_ゝ`)フーンだけど、キーボードの向こうでフハフハ息荒げて
ちんこおっ立てで書いてるの想像すると、何気に鬱になるよな。

902 :モンチョビーン:04/03/03 18:55
モンチョビーン

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 20:12
>>896
思い出させんな!!……鬱

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 21:29
>903
終わらない夏休みといえばこっちの小説を読みたくて間違って
「〜セーラー服で一晩中〜 終わらない夏休み」白倉由美:作
を買った彼は今何をしているのだろう

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 22:10
>>904
思い出させんな!!……笑

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 23:25
都内にて住み込み美容師をしていた頃、
近所のマンションの一室を、寮として店が借り上げていて
そこに住まわせて貰っていたんだけど…
その部屋に住み始めて3日目、窓の向こうで人が落ちていく姿が見えた。
やけにスローモーションだった。
おまけに目が合った。
その数日後、店を辞めた。

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 00:32
小学校低学年の夏休み。
大っ嫌い祖母が暑いので少しはだけている私に向かって、
「だらしない格好をしていると穴という穴から体の中にまで蟻が入ってくるからね!」
とのたまった。
だからはだけるな、と言いたいらしいがこちらはまだ素直な子供、早速夢に見ました。
ピクリとも動けない自分の体の上を這いまわる無数の蟻。だんだん体を覆い隠し、黒い
団子になっていく。器官にも蟻は入り込みうごうごと…。
っつー悪夢を一週間以上見つづけた。



908 :907続き:04/03/04 00:33
これで蟻が嫌いにならない訳無い。しかも巣に出入りしている様に似ていると、学校の
昇降口も苦手に。
最近はましになったが、蟻を見ると全身怖気とかゆみが襲う。
が原因となった本人は、私に、
「○○(母の名)は何もできんくせに、子供くらいもっとまともな子供が産めないのか
!役立たず!」
だと。
手前のせいじゃー!!

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 00:36
>>907
婆さん農家の人?

910 :907:04/03/04 00:41
いや、役立たず主婦。
実家は昔はぶりが良かったせいで、今でもお嬢のつもりの様。
いくらなんでも80過ぎてるのに料理ができないってのがまたねー。
昔は姑(私の曾祖母)、今は嫁(私の母)いびってやらせてるよ。

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 00:43
ほんのり怖い話スレをまとめたサイトとかないですか?
過去ログ読みたい…。

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 00:44
言葉は武器だね〜。きをつけよう。

913 :E.T ◆XSSH/ryx32 :04/03/04 01:02
うちの爺ちゃんキリシタン
一日中聖書を読んでる
そもそもの原因はリーマン系キリシタン
あいつが勧めたらマインドコントロールかけられたように溺愛
さらに婆ちゃんも別居
キリスト教はオウム真理教と同じって言うことを覚えてください

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 01:02
家の近くに踏み切りがある。その踏み切りのすぐ近くには不気味な
神社があって何もなくても怖い。だけど7年前その踏み切りで外人女性が
自殺した(線路に突っ立っててアボーン)その事件があって以来
個人的に不吉な感じがする時間(0:00、2:22)ピッタリにそこを通らないように
してた。だけどある日友達の家から車で帰ってて
その踏み切りに差し掛かったときに車の時計が2:22を指してた。
マジかよ!と思いつつもここで止まって2:23になるのを待つ方が怖いと思い
素直に通り過ぎた。通り過ぎた後の道は狭い道で車のライトはハイビーム状態で
低速走行。
前方に人がいたらだいぶ前の辺りで気付くはずなんだけど向かって右側にいる
進行方向が逆(つまりすれ違う)の中年男性の存在に気付かなかった。
灰色のパーカーを着たその男性は貞子ばりにピクピクカクカクフラフラした
骨のない人形が痙攣起こしてるような動きで歩き方で俺の車と普通にすれ違った。


ただこれだけなんだけど怖かったんだよ。あのおじさんは何だったんだろうって

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 01:42
>>911
http://www.geocities.jp/g6thh/

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 01:55
>>893の小説の詳細キボン!

917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 01:57
>>916
URL削ってみたりとか、ぐぐってみたりとかしてみたら?
もっとイパーイ見れるよ??

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 04:00
へたれなんです。スミマセン・・・・。


919 :911:04/03/04 10:08
>>915
ありがとうございます。
じっくり読むべ…。

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 10:16
>>918
そういう問題じゃないと思うぜ
最小限の努力くらいしようや

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 14:03
>>918
他の小説も読みたいとかじゃなく、
ただ内容を知りたいけど、恐くて見れないってことなのか?
>>893は単なる下手っぴなスプラッタ小説だよ。

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 14:05
怖くて読めないから…ってことなのでは?
まあだったら諦めろって感じだが。

923 :922:04/03/04 14:06
おっと、リロードしてなかった。スマソ。

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 23:17
>>893なんか、
平井和正の『真・幻魔大戦』犬の帝国の串刺しシーンにくらべれば
へのようなもん。  表現力が・・・

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 23:34
>>904
懐かしい!!ワラタ

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 23:41
>>924
うわ、懐かしい!っていうかそこまで幻魔大戦読み進めた人間久しぶりにみたw
しかし筆力だけで読者の人生狂わすことのできる大作家と素人を比べるのは無茶だ。


927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 13:02
ラジオで聞いた話。

投稿者が学生時代、野郎数人で部屋呑みし、そのまま雑魚寝をした。
その後、投稿者(番組内では「Y田」と呼ばれていた)は何故か夜明け頃にふと目が覚めた。
窓の外に目をやると、空がもの凄く不気味な赤い色に染まっていて、一瞬驚いたという。
もっともそれは、単に朝焼けが、大気か何かの具合でそういう色になっただけだと、すぐに
判った。
(それにしたって気持ち悪い色だな・・・)
そう思いながら、ぼーっと外を眺めていた時のこと。
後ろのほうで、誰かが起き上がる気配がする。
振り返れば、起きたのはAという同輩。その男が、唐突に、くるっ、とY田の方に顔を
向け、
「Y田・・・・・ つかさどってる?」
と、やたらはっきりした口調で言った。

は? ”つかさどってる”? 
つかさどる、って、「司る」? ・・・・・・何を?

脳内が疑問符だらけになってしまったY田のことなどお構いなしに、Aはそのまま再び
眠ってしまったそうだ。
言われた内容の訳の分からなさと、眼前にある空の色の不気味さが微妙にマッチして(死語)、
早朝から背筋が寒くなったという。

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 16:17
訳分からんよ

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 16:25
山田なんかどーでもいいよ

930 :福島にて:04/03/05 17:37
長文失礼シマス。ほんのり怖い話なので多分スレ趣旨には合ってるかと。


私の実家はものすんごい田舎にあります。
ほんと何にもないから、日用品を買うために山越えしなきゃならないほど。

その日は暗くなってから買い物に出かけました。
母が車を運転し、私と妹が乗りこみました。
スーパー二軒とドラッグストアと文房具屋を回る普段通りのルートの予定。
文房具屋には1枚30円くらいで買える綺麗な折り紙が置いてあったので、
私はそれが目当てで買い物についていったのです。

スーパー・ドラッグストアで食品・日用品を買いこんで、
次はやっと目当ての文房具屋。
近くの駐車場に着くと私だけ車から降りて、文房具屋に向かいました。
張り紙がしてあって臨時休業でした。
仕方がないので車でもう一軒の文房具屋に寄ってくれるよう頼むと、
母は無言で車をだしました。




931 :福島にて:04/03/05 17:40
道中、心なしかスピードが出ている気がして、
ああ何軒も寄らせて母は怒っているのかなあと思って私はショボン。
ずっと黙ってました。
そして目的の店につくと私だけ降り、折り紙を買ってすぐ戻りました。
車に乗り込みドアを閉めた瞬間、なぜか母は車を急に発進。
大通りを猛スピードでまっすぐ走って十字路にぶつかると
反対車線に車はパラパラ走っているところに、
無理やり入りこみUターンをしました。
半ばパニックになっていたその時、ドーンという衝撃音が。
振り返ると十字路で車同士の衝突事故が起きていました。
それでも母は車を止めようとしません。
やっと家に着いた時はげんなりでした。
母は青い顔をして「お腹が痛くなっちゃったのよ、ごめんね」と言い、
すぐ寝てしまいました。

その後私はこのことを忘れてしまいましたが、
二年後妹の口から真相を聞くこととなりました。

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 17:56
支援

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:06
ドキドキ…(・∀・;)

934 :福島にて:04/03/05 18:06
その日は妹はドライブのつもりで買い物について来ていたので、
買い物中もずっと車の中にいて、車内灯でマンガを読んでいました。
そんなことを二回繰り返すと、妙なことに気がついたそうです。

さっきからずっと同じような車が近くにとまっている。
よく見ていたら、40くらいの男が降りてきて、
母と私の後に続いてドラッグストアに入っていった。
二人が帰ってくるときにも、ちょうど後ろからついてくるように出てきた。
手には何も持っていない。

文房具屋で私だけが降りた時、母に妹はそのことを告げたそうです。
しかし、車だから大丈夫と母は取り合わず、
私にはそのことは言うなと口止めしたそうです。
そして二軒目の文房具屋ここでも私だけが降りました。
またその男は続いて車を降り、同じように文房具屋に向かったそうです。
「あの男だよ!まなみ姉ちゃんが危ないよ!」妹がそう言うと
「まなみが乗ったらすぐ車をだすから、準備していなさい」
母はエンジンをかけながら真っ青な顔でそう言ったそうです。



935 :福島にて:04/03/05 18:07
私が帰ってくると案の定後ろにはその男が。
車のライトに照らされた時、そいつは手にカッターを持っていたそうです。
二人は絶句。
私が乗り込んだ瞬間すぐ車をだしました。
妹はその男を見ていたらしいですが、
そいつも車に乗り込んで追ってきたらしいです。
しかし、急なUターンについて来れず、十字路で対向車と事故を起こしました。
薄いブルーのルミーナだったと妹は言いました。

今私は大学生です。
母と妹に感謝。
ちなみに母は運動神経ゼロです。
いつものろのろ運転の母がよくあんなことができたなあと、
妹は苦笑いしながら言っていました。
ほんと母は強しです。

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:12
どこがほんのりだよ・・

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:15
>ほんと母は強しです。

他に言うことあるでしょ。

938 :福島県民:04/03/05 18:17
もう二年前のことなんで実感がわきませんし、
なんとも言えません。

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:20
>>938
いい家族を持って良かったね
自分も似たような経験があるよ
救ったほうだけど

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:37
私は霊感まったくないです。
今でも、あの時のあの人はなんだったんだろうと時々思います。

4年くらい前、会社の帰り夜の9時頃繁華街の裏道を歩いてました。
前から髪を長くソバージュにした女の人が歩いてきます。
その女の人は髪がすごく長く、あたりも暗かったので
そのうつむいた顔は見えませんでした。
夜九時とはいえ、繁華街ですからあたりに人も数人いました。
私は普通に歩いて前に進むと、その女の人とすれ違う1歩前で、
女の人はピタッと止まって顔を上げたのです。
至近距離で見たその顔にぎょっとしました。
貞子そっくりなんです。
目が大きく見開かれ血走っていて苦痛な表情でした。
私はびっくりしましたが、もしかしたら障害者の方かもしれないし、
人の顔を見て叫ぶのもいけないと思い、
平静を装い、普通にとおりすぎたのです。

941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:38
あまりに苦痛に満ちた表情に、もしかしたら何か映画かテレビの特殊メイクのようで、
少し歩いてからあたりをきょろきょろと見回しましたが、そのようなものはありませんでした。
きっとなにかのいたずらだろうと思い、その夜私は家族にも何もいいませんでした。

それから半年くらいたった頃、いとこが若くして白血病でなくなったと叔母から電話がありました。
私と同じくらいの年の彼女は子供が2人おり、どんなことをしても生きると言い、
辛い治療も頑張ったそうです。
しかし、病気はに勝てず、最後は看病していた実の母(叔母)でさえ目にするのも辛い状態になり
壮絶な最後だったということでした。

遠く離れたところに住んでいるいとこと叔母。
心配かけないように、私達家族には病気のことは連絡しないでいたようですが、
いとこも亡くなって、自分でも気持ちの整理がついたころ叔母が電話で涙ながら話してくれたのです。

関係ないのかもしれませんが、あのすれ違った女の人の苦痛の形相が、
いとこの最後と重なるのです。
地理的に遠くはなれたところに住んでいたいとこには3回ほどしか会ってないので、
実際の顔は覚えてません。

自分でも、あのときの女の人はなんだったのか。
もし、いとこだったのなら私に何を言いたかったのか知りたい。
こうゆう事は霊能者と言われる人に聞けば何かわかるものなんでしょうか

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:49
貞子って、ちゃんと顔写ってたっけ?
まさか、仲間ゆきえじゃないよな?

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 18:49
時期的に若干ずれあるし
顔も覚えてないらしいし
連絡もなかったらしいんで
総合的にどうでもいいんじゃないかしら?

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 19:13
940です。
943さん、そうなんです。
顔もろくに覚えてない私のとこに来るのは不自然ですよね。
いとこ離婚していて母子家庭子供2人もいながら無念の死。
同じ年の私は子供に恵まれず、はたから見ればお気楽な主婦。
同じ年のいとこなのにお互いほしいものは得られないんだなぁという私の思いが
その異形の女を結びつけようとしているだけなのかもしれません。
でも今でもはっきり覚えてるんです。
あの血走った目を。
私がリングを見たのはその女と会った時より後だったのですが、
映画の最後に出てくる貞子の目を見た時、あまりにも似ていたのでショックだったのです。

945 :福島にて:04/03/06 03:59
うるせー馬鹿。俺がほんのりだと思ったらほんのりなんだよ。

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 04:05
>>945
ぽまいさいこー

947 :中古マンション 1/2:04/03/06 05:45
友人から聞いた話し。

上司の紹介で、格安の中古マンションを手に入れて半年。
夜中にタバコが切れて、買いに行こうとエレベーターに乗ったら、
途中の階から見知らぬオバチャンが乗り込んできた。
『1階でいいですか?』と声を掛けたら『はい』と言うので
そのまま扉を閉めて下へ降りて行った。
通過階を示すランプを眺めながら『もうすぐ1階だな』と思っていたら、
エレベーターはなぜか1階を素通りして下の階へ。
友人は不思議に思い、階指定のランプを確認すると、
たしかに1階の部分は光っている。
『あれっ!?』と思った途端に地下1階の駐車場でドアが開いたが、
そこには誰もいない。
『変だな?』と訝りながら扉閉めのボタンに手を掛けようとした時、
後ろの方から『もう下には行かないのよ』と言う声が。

948 :中古マンション 2/2:04/03/06 05:47
慌てて振り返ると、乗り合わせていたオバチャンが
扉の外の薄暗い空間に向かって話しかけるように、もう一度、
『下には行かないのよ』と言って、操作パネルの傍に立っていた友人を
押しのけ、自分で扉閉めのボタンを押した。
エレベーターはすぐに1階に戻り、唖然とする友人をあとに
オバチャンはサッサと降りてしまったが、友人にはふと思い出すことがあった。
それはまだ引越して間が無い頃、
降りて来たエレベーターに乗ると既に老人がいたが、
その時もエレベーターは1階を素通りして地下の駐車場で止まった。
老人も1階で降りると思い込んでいた友人は、
自分で階指定のボタンには触れなかったので、
それほど不思議には思わなかったが、あの時も老人はたしかに、
『今は下には行かないんだよ』と呟いて、扉を閉めたのだ。

友人はその後、このエレベーターがかっては、
地下2階の機械室まで直通していた事を知ったが、
現在なぜ地下1階で終わり、わざわざ階段で機械室に
下りるようになったかまでは分かっていない。

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 06:10
>>947-948
うわ、なんか想像力逞しゅうなる話だね・・・

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 06:42
久々の秀作!乙!>947

951 :ギャース!:04/03/06 07:52
ギャース!

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 09:09
おしっこがほんのり出た。

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 09:10
友人がほんのり死んだ。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 09:10
ほんのり癌になった。

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 12:06
ほんのりオナニーをしてみた

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 12:10
ほんのり離婚した

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 12:21
マジコワイ(;´Д`)

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 12:54
何か安倍工房みたいな文体だね。

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 13:15
>>958
あんたも何か面白い作文書いてよ


960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 13:24
お風呂にぼんやり浸かっていたら、
正面のタイルから、女の人の顔がほんのり出てきた。

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 13:26
まな板に乗せたちくわの穴から、
小さな腕がほんのり出てきた。

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 13:50
便器に乗せた尻から
雅なうんこがほんのり出てきた。

963 :ジェントールメン?:04/03/06 15:21
ジェントールメン?

964 :1/2:04/03/06 17:40
96年ごろ親戚の家へ行ったときの話し。
年上ばかりで話の合う人がいなく親戚の家へ行った時はいつも
妹と外で遊んでた。
その日も家の隣にある月極駐車場でスケボーとか地面に落書きとかして遊んでたら
視点の合ってない鼻水ぐじゅぐじゅヨダレだらだらの障害者っぽい子供(5歳ぐらい)が「よっちゃん・・・よっちゃん・・・」
って言いながら俺と妹の所に近寄ってきた。幼い子供なものの頭が狂ってそうで
ちょっと不気味で2人で冗談半分に悲鳴を上げながらその場から逃げ
家の敷地内で今度は遊んでた。すると見知らぬおばさんがちょっと遠くから俺らに
「ここら辺で変な子見なかった?」って話しかけてきた。
あーさっきのあの子だと思い駐車場の辺りにいたよと説明した。
礼をしたあとそのおばさんは「あの子おしっこしたがってたからなぁ」と呟きながら去っていった。
「あの子供のお母さんか。自分の子供の事変な子とか言ってるし笑」みたいな会話を
しながら妹と笑っててその日は何事もなく帰宅。ちなみに自宅から親戚の家まで車で40分はかかる。


965 :2/2:04/03/06 17:41

後日、自宅近くの公園で友達とかくれんぼしていた時
俺は大きいアスレチックっぽい遊具のてっぺんの辺に隠れてじっとしてた。
すると後ろから「よっちゃん・・・よっちゃん・・・」って言いながらまたあの子供
が現れた。何故かその時はここにもいるのかよ!的な感じでツボにはまって大爆笑。
でも相変わらず関わりたくないから放置して友達と公園を離れた。

あの時は爆笑したけど今思うとちょっと怖い。何なんだろうあの子は

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 18:36
その子がよっちゃんだった。

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 18:37
そのこがよっちゃんイカだった。

968 :よっちゃんイカ下さぃぃぃぃぃぃぃん!!:04/03/06 18:37
よっちゃんイカ下さぃぃぃぃぃぃぃん!!

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 18:44
ハジケてんな(w

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 18:45
>>968
力、入りすぎ。

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:10
良スレage

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:15
>>968
ワラタ

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:21
三十路も、とうに過ぎたが仮性と言われた!ズボシだよ!

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:22
男はみんな仮性人。
女はできれば均整人。

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 01:19
↑あんま上手くないw 
アイドルヲタ歴の長いヤツに『さすが真性ヲタだな!!』って言ったら
『仮性でつ』と言われた ほんのりぃ〜 

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 01:54
天井から急にボタッてゲジゲジが落ちてきて床でジタバタしてるのを見た時ほんのり怖かった。自分に直撃してたらと思うと…((ガクガクブルブル))

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 02:15
>>935
確かに母は強しだが、何故君に黙っていた? そして妹さんに口留めを?
今後のこともあるから、厳しく注意するように話し合い、警察に連絡すべきかと。
黙っている事が思いやりだと言うのは
勘違いだと思う。

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 03:47
なんてつまらんレスをつけるのだろう


979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 04:04
胴衣>>977
すまそ>>978

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 04:32
339 名前:マンセー名無しさん メェル:sage 投稿日:04/02/28 21:16 ID:x6/uWU7H
いまスカパーで、K国の海兵隊ってネタの番組やってるんだが
かの国の、恐怖心を克服する訓練が夜の墓地にて肝試し、、、

なんだかなー

という香具師らをイラクに送り出す韓国がほんのり怖いね(w

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 04:35
韓国って変


982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 04:36
>>977

それは、君状況を見てないのに正論を言っている感じがするぞ。
たぶん妹さんは後部座席でその子は助手席だったんだろうね。
だから、パニクられても困るしって事かも知れないし妹さんが
冷静な人でこういう話をしても大丈夫だけどその子はパニックに
なりやすいたちだから言わないでおこうという判断もあったはず。
結局帰るまでその子は車内の空気が緊迫していると分からなかったんだろ?
だったら、お母さんの発言は結果オーライでしょう。

そんだけじゃないの?

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 08:17
それも憶測にすぎんな。

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 13:48
>>935
妹いくつか知らんが、ルミーナなんて車種
よく知ってたな








アヤシイ

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:00
うん。アヤシイ。

986 :sage:04/03/07 14:04
おもしろかったからどうでもいい。

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:07
sageてないw

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:08
亭主のサイフの中に変なプリクラあったのよ。
知らない女が写ってんの。

アヤシイ。

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:08
>>988
心霊写真ってことにしとけ。

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:09
弟の部屋入ったら、なんか慌てて雑誌隠してた。


アヤシイ。

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:26
アヤシイ

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:28
1000ゲットズサー

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:29
あれ?


994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:30
994

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:32
995

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:34


997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:35


998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:35


999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:36


1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 14:36


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)