5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?58

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 09:24
----------------
あなたが聞いた、体験した死ぬ程洒落にならない怖い話を書き込んでください。
怖い話ならなんでもOKです。

■ローカルルール■
○煽り・荒らしは放置・無視。反応するあなたも煽り・荒らしウンコ扱いされます。
○長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ただし、あまりにも長いと痺れを切らした住人に叩かるので気をつけてください。
○「あまり恐くないかも」等の前置きは全然いりません。
 あまり怖く無い話もいりません。
○あなたの投稿を本にまとめて金儲けをしようとしてるクソがいますが、
 原則、明示的に許可していない限り転載拒否の意思表示とします。
○投稿内容は洒落にならない怖い話ならば、オカルトに固執する必要もありません。
○雑談・AAは別スレで。批評に対する批判は無意味。
 批評されるのが嫌な人は書き込みは控えましよう。作家の誹謗中傷は禁止。
○掲示板では、複数の人が読むので人目を引く文章、もしくは文章がおかしくないか
 書いた後に確認する位はしましょう。
過去ログ倉庫・投票所
http://kowai.sub.jp/

前スレ 死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?57
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1067487974/


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 09:25
4げっとぐらい

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 09:31
スレたて乙〜

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 09:45
>>1
乙!!

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 09:48
>>1
乙カレー

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 10:26
ロックは俺のものだ

〜お塩学ぶ〜

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 11:03
ラッキーセブン

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 11:09
アンラッキーエイト

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 11:13
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、150円引如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
150円引だよ、150円引。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛り頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、150円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩(バ ト ル)が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛つゆだくで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、大盛つゆだくでなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、大盛つゆだくで、だ。
お前は本当に大盛つゆだくでを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、大盛つゆだくでって言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これだね。
大盛りねぎだくギョク(玉子)。これが通の頼み方。
ねぎだくってのはネギが多めに入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 11:16
↑ワロタ

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 11:18
 

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 12:06
               i''./:::::::::::::::::::::://::::::l:l'i::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::l丶
 お尻の穴に       〉!:::::::::::::::l:::::://l:::::/ll .lヽ:::l !ヽ::::l:ヽ::::::::i::l::l
  指をいれて        ヽ::::::::::::::l:l::::/:l .l:::/ l  l,ヽ:l-l-l:::lヽ:ヽ::::::l:l.ll
   匂いを嗅ぐと      l::l.l:::::::ll.l:::l''l~~∨' '  ' _,-'i-∨ l::::l::::l:l,,l_
                _l::l .l::::l .l,l:l''~(~~i''     l ヽノiヽ.l:::::l:l:l::::::~''-,_
  新スレですよ    _,-'':::l:l l:l.l '~l .ll||ll l     l l|||l.ノ l:::::l-''''''''---,,'-,_
            ,-':::::_,,,-ヽl::::::l  ヽ,,,,,,ノ      '--''  l::::::l       ~
             /-''''~   l:::::::l.l      ____'___    ./l:::::::l
                    l:::::::l'ヽ.     l   l   / l:::::::l
                   l:::::::ll  ',,- ,_  ヽ-'  _,-''--,,ll::::::l ~

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 12:16
>>1 遅くなったけど・・乙!


14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 12:29
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 12:39
魅惑の15ゲト

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 12:42
コワイハナシ カモーン!!!

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 12:51
ここ恐くて進めないんだが、これ以上行くとどうなんの?
微妙にスレ違いスマソ

ttp://www.asahi-net.or.jp/~cw6h-otk/blackhole.html

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 13:17
マジで洒落にならない怖さ
ttp://www.gazo-box.com/sozai/img-box/img20031007213647.jpg

19 :はぁ〜い:03/11/11 13:41
子どもの頃の話。

子どもの頃、僕は2階建ての借家にすんでいた。
母親も仕事をしていたので、学校から帰っても自分一人のことが多かった。
ある日、夕方遅く学校から帰ってくると、家の中が暗い。
「おかあさ〜ん」と呼ぶと、2階からか小さな声で「はあ〜い」と
応える声がする。もういっかい呼ぶとまた「はあ〜い」。
自分を呼んでいるような気がして、2階へあがる。
階段をあがったところでまた母を呼ぶと、奥の部屋から「はあ〜い」と声がする。
奇妙な胸騒ぎと、いっこくも母に会いたいのとで、奥の部屋へゆっくりと
近づいていく。
そのとき、下で玄関を開ける音がする。母親があわただしく買い物袋をさげて
帰ってきた。「しゅんすけ、帰ってる〜?」明るい声で僕を呼んでいる。
僕はすっかり元気を取り戻して、階段を駆け下りていく。
そのとき、ふと奥の部屋に目をやる。
奥の部屋のドアがキキキとわずかに動いた。
僕は一瞬、ドアのすきまに奇妙なものを見た。
こっちを見ている白い人間の顔だった。


20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 13:44
>>19 妄想でつか?



21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 13:46
>>20
クソツマンネー煽りすんなら吊ってこい

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 13:49
>>19
けっこうゾクっときた

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:07
ガイシュツじゃん

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:19
前にも見たぞ。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:21
前にも見た。コピペ?

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:21
禿しくがいしゅつだが、元も最後の白い顔ってあったっけ?

27 :アナキン@EP69:03/11/11 14:33
これは私が小学校4年生の時に体験したお話です。
その日は夏休みという事もあり家族で母方の実家に
泊まりに行った時の事でした。
私達家族が着いた頃には親戚の人達も全員集まっていて
早速、毎年の様に親戚の子供達5人と遊ぶ事になりました。
田舎でしたので虫とりとかそんなもんだったと思います。
只、一つ気になる事がありました。帽子を目深く被っている、
男の子に見覚えがないのです。しかし遊びに夢中だった事もあり
あまり気には留めませんでした。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:36
割と洒落にならない動画

http://www.naturalhigh.co.jp/naturalhigh/asx/pic/pic_putirashutu.asx

29 :アナキン@EP69:03/11/11 14:42
そんなこんなで夕食の時間になり、母に聞いてみました。
『お母さん、あの帽子の子、誰の子?』とその子を指差しました。
その瞬間 今までの雑音が水を打った様に静かになりました。
母は真っ白な顔で
『こらっ 人に指差すんでねぇ』と怒られました。
その子は近所の子供でした。

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:48
まだ?

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:49
ふむふむ

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:50
その帽子の子は実在する人間?

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:53
チガウ

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:54
その子供は本当に親戚の子?

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:57
近所の子。
ウミガメスレになってしまいますた。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:58
この間、飲んでタクシーに乗った時、
座席の下に使用済みナプキンがありました。
運転手もびっくりでした。

誰?

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:59
コピペ、って書いとけばいいのにね、したらかまわないのに。
初めて見る人もいるわけだし。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 14:59
その近所の子は帽子の子?

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 15:00
その親戚は帽子?

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 15:02
コワヒ

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 15:03
誰か続き考えろYO

42 :アナキン@EP69:03/11/11 15:25
そして就寝の時間になりました。
お母さん達は宴会をしていましたが、
気になる事がありました。
帽子の子がいないのです。
私は宴会をしているお母さんの所まで行きました。

43 :アナキン@EP69:03/11/11 15:34
私達が寝ている所から宴会をしている所までは
薄暗い廊下を歩いていかなければならないので、
歩いていきました。歩いてから2分程たった頃、
妹がトイレに行きたいと言い出しました。しょうがないので、
2階まで戻る事にしました。

44 :アナキン@EP69:03/11/11 15:43
そして宴会をしているお母さんの所に着きました。
私はお母さんに
『帽子の子がいないよ』と聞きました。
母は答えました。
『佑之がいない筈ないでしょ。』と言われ、
又、1人で戻る事にしました。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 15:44
一気にうpする気にはなれませんか?

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 15:44
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 16:05
スコココバシッスコバドドドンスコバンスコ  _∧_∧_∧_∧_∧_∧_
            从 `ヾ/゛/'  "\' /".    |                    |
       ?? ≡≪≡ゞシ彡 ∧_∧ 〃ミ≡从≡=<     うpまだぁー?!!    >
.          '=巛≡从ミ.(・∀・# )彡/ノ≡》〉≡.|_  _  _ _ _ _ ___|
.         ゛=!|l|》リnl⌒!I⌒I⌒I⌒Iツ从=≡|l≫,゙   ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
          《 l|!|!l!'~'⌒^⌒(⌒)⌒^~~~ヾ!|l!|l;"
.          "l|l|(( (〇) ))(( (〇) ))|l|》;
           `へヾ―-―    ―-― .へヾ    ドドドドドドドドドドドドドドドドドドド


48 :アナキン@EP69:03/11/11 16:06
寝室に戻ると、やっぱり帽子の子がいません
よく見てみると帽子の子は寝る時は帽子をとる
そうです。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 16:10


50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 16:12
                  ∧        ∧  イライライライライラライライライライライラ
                     / ヽ        / ヽ   イライライライライライライライラ
                 /   ヽ___/ ノ( ヽ    イライライライライライライライライラ
               / ノ(         ⌒  \
                |  ⌒   ▼   ┌─  ▼   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          へ    |  ノ(      /  \    | < うpまだかよ!!っんっとに!!
        / \\  \⌒     / ̄ ̄ ̄\ /   \____________
       /   /\\  .>            ヽ
 チンチンチン//  \\/ i i      _       |
  チンチンチン      i | ‖|    / ̄   ヽ  /   _ イライライライライラライライライライライラ
    チンチンチン Σ [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      / ̄ ̄ /| イライライライライラライライライライライラ
    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  ̄ ̄ヽ____/   /   | イライライライライラライライライライライラ
チンチンチン \回回回回回/    チンチンチン /     | イライライライライラライライライライライラ
       \___/   チンチンチン    /     | イライライライライラライライライライライラ
チンチンチン    チンチンチン


51 :アナキン@EP69:03/11/11 16:18
あの夏は何だったのでしょうか?

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 16:26

                         _,-''  )  。゚・   。 。
         ∧ ∧            , -' (.__,-''   ,   , , 。゜
       , - ´Д`)_         .,-'~ ,- '    /  /  i〜i /, 。
      /   )ヽ(w i      .,-'~  ,-'~    // , /// 〜 //,
     .,/  /   ヽヽヽ   ,-/'~  ,ノ      / ////@ @// '/
     / ^)'   _ l ゝ _)-'~   ,-'~     //, ' ⌒/∨ ̄∨ ⌒ヽ
    / /'  ヽ    ^ ̄   ,-'~       / /          ヽ ゚ ・
   (iiiiリ∫ ヽ      ./    (⌒`〜〜'  /i  ノ    ノ\ ヽ
       ヽ─|〜' ノ/      ゙〜〜〜〜  |      ./  `- '
        || ||l、_  /          ,,,     |     /  ゚ 。
  |.|  _|.|_,,,|   |        __-'',,-~   /    /
  .|.| ニ─、─''''|   |       =-'''     /   、 ヽ
  .|.|    |.|  .|  |          >>51  |    l  l
  |.|    |.|  .|  '、      _     _.|   /  ノ
  .|.|  ,,== ==.|   l      .|.|  ,_,,-'',,,-|  / |  /
   |.| ||_ノノ   |  |      i、`''',,-''''  |  /  .| .|
   .|.レ `-- '    |  |        ̄   | .ノ   | )
         ,- |  |     .....     | .|    ||
         `ヽ   );;;::::::::'''''      | |     | .|
           ゙ - '''''''       ,- 、| | ,,,,,;;;;;;;;と__)''
                      \__);;;;;;;''''''


53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 16:31
洒落コワも堕ちたね。クソ餓鬼レベルの作品がほとんど。

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 16:52
>>27 消防の作文レベル、つまらん上に怖くない、明らかに作り話、
   スレ無駄にしすぎ、いってよし 
   

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 18:35
873 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 本日の投稿:03/11/11 02:32
妹が産まれて間もない頃、こっそりと
おまんこ舐めてみた。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 19:15
>>2
 ∧ ∧ !?
( ・∀・)<待って!>>2はもっと自分に自信を持つべきだと思うよ!
( .肉 つ
|  |
.∪⌒∪

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 19:58
     /\___/ヽ
    /    ::::::::::::::::\
    |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|
   |  .゙  ̄"  |゙ ̄ " :::|   なんだかよく分からないけど
    |     ` '    ::|   ここに銃を置いときますね。
    \  ヽニニ='  ::/
    /`'ー‐---‐一'´\
   /         ::::i  ヽ
   |   |       :::;;l |
  ̄|,..  i, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   _,、__________,,,、
    `y__////_jニニニニニfi
    〈_フソ ̄フ ,=-_,,,,-┴─'
    //o /rて__/
   ,//三/ / ̄"
  〈。ニ___/


58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 20:18
     /\___/ヽ 
    /    ::::::::::::::::\
    |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| 
   |  .゙  ̄"  |゙ ̄ " :::|   なんだかよくわからないけど
    |     ` '    ::|   ここに小倉おいときますね。
    \  ヽニニ='  ::/
    /`'ー‐---‐一'´\
   /         ::::i  ヽ
  |   |       :::;;l  |
      ,,,,,,.........、、、、
    ,,(::(:ヾヾ//ノ;;ノ;;;::ヽ,,
    l;/  ``` ´´   ヾヾ、
    l;l  = 三 =   |;;;i
   l|.  ,-―'、 >ー--、 l;;l、
   i^|  -<・> |.| <・>-  b |
   .||    ̄ |.|  ̄    .|/
    .|    /(oo) ヽ   |
     |    ____    /
      ヽ ´ ニ  `, /
        ` ー-― '

59 :ひろし10才:03/11/11 20:21
てめーら 荒らしてんじゃねーよ。

クソヴォゲが!!!

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 20:27
↑クソヴォケ代表


61 :1/2:03/11/11 21:57
初めてカキコします。今まで霊体験など皆無だった僕ですが、
今朝ほど不思議な体験をしました。

昨晩こちらのスレを読んでから寝たんですが(午前3時頃です)、
体の芯から広がるような悪寒に襲われ生まれて初めて金縛りにあいました。
はじめは疲れているせいだと思っていたんですがどうにも体が動かない。
そこで以前このスレ(だったかな?)で見た、
「大声を出そうとすると金縛りはとけやすい」
を思い出し、実践してみました。
「ウォォォォォォ〜!」という声にならない声をあげ、
その時は無事に金縛りは解けました。

ところがしばらくすると再び寒気がやってきて金縛りにあってしまうのです!
叫ぶとその都度体の自由は取り戻せたのですが、
またすぐに金縛りが襲ってくる…正直頭の中はほとんどパニックでした。
すると何度目かの金縛りのときに廊下の向かいの妹の部屋の戸が
「スーッ」っと開く音がし、足音が聞こえたのです。

(続く)

62 :2/2:03/11/11 22:03
(続き)

僕は妹がトイレに行くのだと思い(僕の部屋の隣がトイレだったため)、
同時にこんな時間に奇妙な叫び声をあげているのを聞かれるのは
おそろしくマズイ!とあせった僕はその足音がトイレに向かい、
用を足して水を流す音を聞き、妹が部屋に帰るまで黙って待ちました。
そう、足音も水を流す音も確かに聞こえたはずです。
金縛りにあいつつも生身の人間の生活音を耳にして平静を取り戻したんです

から。
その後金縛りもとけ、ようやく眠りについたのですが…

ところが翌日(今朝)妹に聞いても、家族に聞いても
誰もトイレに起きていないのです。
じゃああの足音は一体…?
そいえばあの時に聞いた戸が開く音は妹の部屋の隣にある、
去年の暮れに亡くなった祖父の部屋の戸の音ではなかったか…?

あまり怖くもない話ですみません…


63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 22:10
いや、十分怖いよ。
俺がもしそのような体験をしたら、まず爺ちゃんの位牌か何かに
手を合わせる。そして次の日か次の休みの日に墓参りに逝って
やるな。そうしないと怖いもの。
今からでも良い、家族に話してみんなで手を合わせたらどうかな。

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 22:15
さっきエレベーターに乗ったら丁度ドアが閉まりきる直前に
非常用の外部と連絡する時に使うスピーカーみたいやなつから
「ブツッ」
ってスイッチが入った(切れた方か?)音がした。

で、乗ってる間は何事もなくて
ちょうど自宅がある13階まであがってきて
ドアが完全に開いた瞬間
男とも女ともわからん低いだみ声で
「死ねぇっ!!」


正直ビビった。

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 22:18
孫に怖がられるお爺ちゃん。ショボーン(´・ω・`)

66 :61:03/11/11 22:33
それが実はあんまり怖いとは思わなかったんですよ。
足音を聞いた時は完全に妹だと思っていたし、
今朝家族に聞いた後も
「やっぱり近くに居てくれてるんだな」
って思ったし。
子供の頃から毎朝仏壇に手を合わせてるので
亡くなった祖父母もちゃんと身近に感じてます。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 22:41
>>66
偉いお孫さんでつね。
風邪引くなよ。

68 :1/3:03/11/11 23:15
これも祖父・祖母関連の話なんだけど…

俺は4歳になるまで、夜はバアちゃん家に預けられていた。
夜はバアちゃんと並んで寝るんだけど、その部屋に死んだジイちゃんの仏壇があったんだ。
で、夜中に目が覚めたりすると、たいてい金縛りになる。
その時、必ず仏壇の戸が少し開いてて、中から誰かがこっちを見てるんだ。
扉に手をかけて、白い顔を半分覗かせて。

最初は、ジイちゃんだと思っていた。
バアちゃんが仏壇に向かって「じいさん…」って呼び掛けるのを見てたから。
だけど、その顔、良く見ると子供みたいなんだ。
こっちを見ながら、うっすらと笑っている白い子供の顔。
そんなものを見ながら、俺は不思議とも思わずに4歳までその部屋で寝ていたんだ。


69 :2/3:03/11/11 23:16
バアちゃんは俺が11歳の頃に死んだ。
良く覚えていないけれど、何かの病気だった。
半年ぐらい入院していて、見舞いに行くと割と元気に見えたのに、
急に具合が悪くなったかと思うと、2日くらいで死んでしまった。

それでも自分の死期はうすうす感じ取っていたみたいで、
死ぬ間際には「やっと、じいさんのところへ逝けるねェ…」
みたいなことを言って、周囲を困惑させていた。

バアちゃんは、具合が悪くなったと同時に昏睡状態に陥った。
親族は交代で病室に詰めていたんだけど、最後を看取ったのは俺の母親だった。
そのときの様子が、ちょっと変だったらしい。


70 :3/3:03/11/11 23:18
母親は、病室のベッドの横で本を読んでいたんだけど、
何となく呼ばれたような気がして、バアちゃんの方を見たそうだ。
すると、昏睡していたはずのバアちゃんが目を開けていた。
瞬きもせず、じっと天井の方を見つめている。
母親が声を掛けようとした時、バアちゃんの口が動いた。

「お前、じいさんを何処へやった」

実の子である母親が、今まで聞いた事もないような、低くドスの利いた声。
呆気にとられていた母親が我に帰ると、バアちゃんはもう目を閉じていて、
それから半時間程であの世へ旅立ったそうだ。

バアちゃんは、あの白い顔をずっと見ていたのかも知れない。
今思えば、そんな気がする。


71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/11 23:44
>>68-70
なんか怖いぞ

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 00:03
>68−70 漏れオカ板来てもう一ヶ月になるけど、今までで一番怖いYO!!

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 00:09
(((;゚Д゚)))

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 00:27
>>61
初めて金縛りになったんならしょうがないけど…
これ読んでみて↓
ttp://hicbc.com/radio/boogie-woogie/rerere/030806/

>子供の頃から毎朝仏壇に手を合わせてるので
>亡くなった祖父母もちゃんと身近に感じてます。

↑これは否定しないよ。とても良いことだと思うし。

75 :61:03/11/12 00:47
なるほど〜完全な覚醒というよりは
雰囲気的にモヤのかかったような状態だったので
そういう原因は多分あるんだろうな、
とは思ってたんですけどやはりそうでしたね。

それにしても「何でもあり」な「睡眠時レム睡眠」で
幽霊だのなんだのを直接的に映像として結ばない俺って
想像力がないのか感受性がないのか
なんだか莫迦っぽいですね(笑)

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 03:06
>>75
金縛り自体経験がない俺の立場は?

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 03:21
なんか広い踏みきりにひとりでたってて、
潰れた犬の死骸があった。
どうやらその犬はリンチで殺されたらしい。
車に轢かれた頭はペシャンコになっていた。
僕は怒りに震えた。
その時急に死んでいた犬が起きあがり、僕のほうへ向かってきた。

その犬は僕に殺された怒りをぶつけてきた。
僕は両腕を噛みつかれて腕を引きぬこうとした。
どうやっても抜けない。
何時の間にか周りに人が歩いている。
誰も助けてくれない!僕の手は既にないのだろうか?

そこらへんで目が覚めた。
股に手挟んで寝てた。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 04:55
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031111-00000013-yom-soci
これの話してた相手側のことを考えると……

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 06:20
>>68-70 巧い


80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 06:59
>>78
音楽も聴いてたんかな
つーか近くに人いなかったのかよ

81 :もこ:03/11/12 07:07
あれはもこが剣道部の主将を務めていた頃の話
朝稽古で一番乗りに道場に入ると誰のか分からない防具が置いてあり、
面に長い髪の毛がたくさん張り付いてた
邪魔だからどかそうとしたら誰もいないはずの道場で激しい足音が聞こえました
まるで誰かに向かって面を打ち込んでるような足音でした
恐かったので家に帰り、朝稽古さぼりました

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 08:15
まったり(((;゚Д゚)))ガクブルでいい感じ。
このまま行こう。


83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 08:34
>>78
それがグモッ チュイーーン!!!の語源らしいがw


84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 10:13
ジジババ関連ばっかりだな。

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 10:16
>>64
こわっ!
心霊現象か?
人間のイタズラかな?

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 10:48
地元で湖に続く峠があって、そこを友人がバイクで登ってた時の話。
友人は家が湖の近くだったから、帰宅中で、
登り初めて1分もしないうちに1人の女性が立ってたらしい。
時間は午後9時、夏だけど、暗くなって来たから友人はその女の前で止まって、
声を掛けて上の方まで乗せてあげようとしたらしい。
暗い感じの女だけどまぁまぁ綺麗だったらしくて、ちょっぴり期待したらしい。。。
女を乗せて登り始めたんだけど、3分くらいしてなんとなく見ミラーを見たら、
女が写って無いんだって、
でもちゃんと女の両手は自分の腰にあるし、後ろを見てのちゃんと女は乗ってる。


87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 10:56
おかしいと思いながらもしばらく走ったんだって、そしてまた数分して何か嫌になって
もう1回ミラーを見たらしい、そしたら今度は首だけが消えてたらしい。
ゾクとして後ろを見ようとした瞬間、その女の両手が友人の腰を思いっきり
絞めたんだって。
恐くなって軽いパニック状態になった友人は女を乗せたまま転倒、
でも物損でもなく道の真ん中だったから、すぐに起き上がってその場を急いで
離れようとしたらしい。
バイクにまたがって、発進しようとした瞬間、後ろを見たら、
後ろで倒れてた女が首だけを起こして『待ってよ。。。』って一言。
その友人は急いで発進、そしたらその女が四つん這いのまま追いかけて来たんだって。







微妙でスマン。


88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 10:59
あるある

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 11:35
>>87
何度聞いても怖〜!

90 :(・∀・)ノ{ロビノテ:03/11/12 11:57
>>87
手や足を傷めてまともに歩けなくなっただけじゃない?…置いてくなんて薄情な友人だ

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 12:30
>>90
・夜中の峠道
・バイク事故で怪我
・置いて行かれる
その女にとって洒落にならない怖い話だったんだよ。

92 :(・∀・)ノ{ロビノテ:03/11/12 15:14
>>91
それは洒落にならん…ガクブル

説明されて気付いたオイラのパカパカァ(涙

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 16:42
地元にヒシャルキって差別用語がある。
いや、なんとなく。

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 17:22
>>93
詳細きぼんぬ

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 17:26
どこでどういう意味なんだべか?

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 17:50
すと首もげたら怪我じゃなくて死んでるべw

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 18:21
ところでK君のうんこの話はどうなったん?
ずっと気になってるんですが・・・・・


98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 18:34
>93
地元はどこだか〜?
何に対しての差別?
ヒサルキスレなくなっちゃったからなー。

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 18:35
>97
ネタだったんじゃないw

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 18:37
     ,..:;;;;;;;;;;;;;;;:::,
   ./;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
   /;;;;;;;;'''''''''''''''V''''''''';
  |;;;;;;;;」        !
  |;;;;;;|   ━、 , ━ i
  i 、'||  <・> < ・> |
  '; ' |]     ' i,.
  ノーi ::::::   ._`ー'゙ ..!  /
イ i  ゙t:::::::、'、v三ツ::;' < 100GETや
   !.  ヽ,.:::::゙::::::::::::/ヽ、 \  
   ヽ、  ':.、:::;;;;:/ |  ゙ヽ、
     \___ ノ.    ゙ヽ



101 :ひろし10才:03/11/12 18:49
モコだよ

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:32
あんまり怖くないかも
中1の時の話
部活から帰ってきてのでさっぱりしようと思い
バックを自分の部屋に置いて風呂場で服を脱いでいた。
その時は確か部屋の電気は消えたままだった。
湯船につかろうと思ったとき突然「カチャカチャカチャ」と
部屋の電気を消す音がした。
「消したと思ったのに」と首をかしげながら湯船に入った途端
「カチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャ・・・」
ともうありえないくらい音がした。
「えっ」と親を急いで呼んだら家族でトトロをみてた。
だれも俺の部屋に入ってないのに
その日久々に親と一緒に寝ました。
霊とか見ないからそれが唯一の経験談です。

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:35
11行目まで女だと思って読んでた・・・

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:38
  へー
 ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄
|,,∧
|д゚彡
| つ
| ミ
|∪
l||||l


105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:44
↑ヘェーっていえよ

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:46
  へェー
 ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄
|,,∧
|д゚彡
| つ
| ミ
|∪
l||||l


107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:47
やればできるじゃん
見直したよ

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 19:50
今、このとき、スレが3.5次元に跳躍した・・・

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:24
ほかでやれ!

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:28
んだんだ。

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:33
今だ!111ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∩ ∩
   〜| ∪ |         (´´
   ヘノ  ノ       (´⌒(´
  ((つ ノ⊃≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
   ̄ ̄ ̄(´⌒(´⌒;;
   ズズズズズ


112 :エミール 0/3:03/11/12 20:41
これからワタシが体験したとても恐ろしいことを書きらせて頂きます。
現実か否か、については言及を避けておきます。
何しろワタシ自身にも現実か虚構か区別が付かないのですし、
その区別が付いてしまうと何か良くないことが起こりそうですから。

113 :ひろし10才 :03/11/12 20:42
ぼくがもこだよ

114 :ひろし10才:03/11/12 20:44
おまえらいい加減にしろよ。

餓鬼じゃないんだからいつまでもあらしなんかやってんなよな。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

115 :エミール 1/3:03/11/12 20:44
あれはワタシが釣りの講師をしていたころのことです。
地球連邦の第六植民地ごるま星に行くと、
昼食にも箸が進まず、オイシイ昼食をもんぐもんぐほお張っているとミス・サイゴンが出て来るではないですか。

116 :エミール 2/3:03/11/12 20:44
スルト、おかしいのです。
昼飯のミス・サイゴンがまるでかたつむりのように消えては浮かび/\しているのです。
ワタシは思わずミス・サイゴン(仮にろちひろとします)ヲ追いました。
3キロほど走ると、辿りついたのは芦ノ湖のほとり・・・ハテな?と思い、
どうしたものかと思案をめぐらせていると、目の前に最高神さまが御光臨なされました。


117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:45
嗚呼、最高神チネモシよ・・・貴方さまの御乳首、口に含ませたく・・・
嗚呼、ワタシはなんと罪深いのでしょう・・・
そのとき、ワタシは気付いてシマッテいたのです・・・。
ハテサテ、僕は童貞でなかったか、と。

118 ::03/11/12 20:48
ぼこだよ

119 :エミール :03/11/12 20:48
これでワタシの話を終わらせていただきます。
しかし、皆さん、気を。付けて下さいね、
外角宇宙の連中は鋭角に尖らせて貴方たちに付け込む。すきを。狙っているのですから。


120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:50
最近この星にも、変な宇宙人が増えてきたね

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:52
1

122 :エミール:03/11/12 20:52
もう一つ。
視界の隅で常々気持ち悪い運動を展開させている黒い影を、ワタシは、あるとき、いたずらにおいかけました。
するとわたしの世界は亜分解され、いくつもに分かれて行くじゃあアリマセンカ。
ワタシは危ないがーーーーと思い、同時に煎じると世界は動きを止め、ミドリ色になるも、
ワタシの解釈の仕方は果たして違ったままでした。
これは現在継続中です。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 20:55
洒落にならん・・・_| ̄|○

124 ::03/11/12 20:55
ぼこが自販機の返却口を漁っていると、
何者かの指と中で触れました。ビビリました、
その指は人とは思えない位冷たかったのです。
あたたか〜いを押したはずなのに・・・ 結

125 :エミール:03/11/12 20:55
これはこれでいいものかも知れません。
人には見えないものが多々見えますシ、また、人には見えているものが自分には見えないことがあります。
違った価値観(まさにその通り!)
しかしながら、低次アストラル世界の住人に干渉されることもよくあるのでいやいやですね。


126 :エミール:03/11/12 20:57
低次アストラル世界の住人はワタシの扉をぶん壊すんですよ!!
ナノニ、ワタシの大脳はお母さんを認識できない。
コンナ!!!!!コンナ!!!悲しいことがあるか!!!!!!!!!

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 21:01
洒落にならない程かは知らんがとにかく怖い話を一つ。
2年前まで、あるマンションに住んでたんだけど、そこがまたヤバイっぽい所だった。
俺は鍵っ子だから家に帰ると数時間留守番するんだよ。
んでいつものように鍵を開けて家に入ると、何か凄いマイナスの思念のような
物が流れ出てきた。
それを振り払おうととりあえずTVをつけた。
んでTVを見ながら着替えてて、着替え終わってからもしばらくTV見てた。
そしたら何か物音がして、かなりビクーリした。
それで、とりあえず物干し竿を持ってビデオ(バカ殿、タシーロ入り)を見てた。
しばらく見てて、何気に横の方にある水槽を見たら、幼い子供の顔が見えた。
んで「見つかっちゃった・・・」とか言いながら消えた。
まじ怖かった。
それでそのマンションを去るきっかけになったのが、
前から入院してた祖父が死んだ。
それも退院する日に。そして、いったんマンションに帰ると、
笑い声っぽいのが聞こえた。んで俺も耐えかねて
「何がおかしいんだよ!!」と思いっきり怒鳴った。
そしたらいきなりラップ音。
それは一時間で収まったが、今度はその数年後親父とおふくろが
別居。
それで、俺と妹と親父は祖母の家で暮らすことになった。
んで家の中片付けてる時にまた「キャハハ・・・」と笑い声。
今だから言えるが、あの家には何かが住んでいる。

128 :エミール:03/11/12 21:01
これはa龍(アリメルモリフォキスティス・ドラゴン)の復活を意味しているだと思います。
善性における適性よ、ワタシのリ音に応えなさい!!!!

今は気付かないかもしれませんが、イズレ気付きます。
気付いたら煙草屋横丁のエミールハウスをタズネなさい。
そう。モウわかりましたね!‘?ワタシの精神の天蓋ベッドでーすーー !!!

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 21:06
キティ逝ってよし

130 : :03/11/12 21:07
異星人の書き込みって初めて見た。

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 21:08
>>127
水槽に顔が見えたってのは水槽に映ってる感じだったのか
水槽の向こう側にいた感じなのか気になる・・・。
それから一緒に住んでた家族は見えてたor聞こえてたのかも知りたい。

132 :ひろし10才:03/11/12 21:13
外基地は氏ねよ!



133 :127:03/11/12 21:17
>>131
多分親は見えてなかったな。
あと水槽の向こう側にいた感じだった。
水槽の後ろは壁だったのに・・・


134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/12 21:21
>>132
>>132

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 21:22
>>133
レス、サンクス。
だよね、親に見えてたら速攻引越しするなりしてただろうし。
よく聞く、子供にしか見えないってのかなぁ・・・。
なんか水槽ってのが妙に怖い・・・。部屋に水槽無くてヨカタw

136 :ひろし10才:03/11/12 21:54
もこ、寂しいよ誰か相手して。

137 :ひろし10才:03/11/12 22:14
ヴォゲー!!

漏れの名前語ってんぢゃねーぞ。















別にいいけどね。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

138 :ひろし10才:03/11/12 22:21
何言ってんの?漏れの真似なんかしておもしれーのかよ。
どっかいけ。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

139 :ひろし10才:03/11/12 22:23
いま僕の偽者って何人いるの?

こないだラウンジにもいたよ。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い

140 :あなたの後ろに名無しさんが:03/11/12 22:26
昔見た夢です。
変な老人がいて僕は何かセメントの中にいて
その老人が僕にお前はもう3度も死んでいるんだって
何度も言っている
それだけなんだけど、俺過去に小学校6年の時に
家族で海に行った時に岩の外壁を高く登り過ぎて
降りられなくなったり
中学3年の時に自動車と接触して
全治3ヶ月っていうのがあるんだけど
これ次(3回目)があると思うと怖い

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 22:58
>>140その老人は守護霊って事?ベタだけど

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 23:24
>>140
               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < いつも見守ってるから心配するな
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/\:::: :::: :/::: :::: \/_
       /-o-ヽ―ヽ::-o---::::(::::::::.ヽ
      |:: ̄/  /::::: ̄ ̄: (:::::::::::::)
      |::::/  :::: :::::::::::::    ヽ/
       |  \`    \     /
       \  ------      /
         \  -       /
          \_ ___-イ

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 23:31
>>140
知らないうちに何回も死にかけてるから気にすんな。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 23:33
>>17
ただのぶらくら

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/12 23:41
今日、車を運転していたら左の窓からバレーボールくらいの大きさの白くて
フワフワした物体(雲は触ったことないけど雲みたいな感じ)がびゅん!!と入ってきて
自分の目の前で一瞬止まり右の窓から出て行きました。一瞬の出来事でした。
両方の窓は開いていました。
その時は眠気とか一切なく意識もはっきりしていたし、確かにこの目でちゃんと
見ました。信じてもらえるかどうかわからないけど・・。
あれはなんだったんだろう?そこら辺りで亡くなった人の魂か何かだったのでしょうか・・。

146 :ひろし10才:03/11/13 01:30
ヽ(・∀・)ノウンコー

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 01:52
>>140
君は多分、4人目のクローンですね

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 03:05
>>140
>僕は何かセメントの中にいて

140はハン・ソロ

149 :ひろし10才:03/11/13 04:08
全部自分の自演でしたよー。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 04:16
http://www.geocities.co.jp/HiTeens-Rabbit/1203/liveb.htm

ここのライブカメラ映像、超怖い…
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 04:19
誰コレ?

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 04:21
>>150
なんぢゃこりゃ?

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 04:23
コイツか? 肩掴まれて動けない302は

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/13 04:28
肩つかんでるほうだよ。

155 :もこ:03/11/13 07:23
ひろし10才氏ね

156 :ひろし10才 ◆B7DdjtejjY :03/11/13 08:02
何言ってんだよ。
もこも漏れなんだよ。

わけわかんねーなてめーら。
めんどくせーからトリップ付けるわ。
今後これ以外は全部にせものだかんな。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 08:34
いや、本物だとか偽だとか誰も少しも気にしてないからもう来なくていいよ。

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 09:52
ttp://www.geocities.jp/usyhr/hakoniwa/

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 12:43
>>150
昼間なのに真っ暗で怖い

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 13:50
ある日、道を歩いてたら窓があいた車があった。
見るとそこには携帯があった。
携帯を盗んだ。
じゃんじゃん使ってやった。
3ヶ月経ってもまだ使える。

えーい、じゃんじゃん使ってやる。
5ヵ月後、怖いおじさんが家にやってきた。
ママが500万を支払った。

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 14:44
ひろしって・・・
あの、ひろしか・・・?


きゃー

162 :1/3:03/11/13 16:28
入社3年目の6月、私は愛知県の営業所へ転勤となり、引っ越しすることになった。
会社が探してくれた2DKのアパートは独り身には広すぎるようにも思えたが、
入社以来、狭い寮で生活していた私の目には非常に魅力的に映った。
職場にも近いし家賃も安い。なにより風呂付きなのが最高だった。

引っ越して何日目かの夜、風呂でシャワーを使って髪を洗っている最中のこと。
水流でぼやけた視界の隅に、一瞬妙なモノが映った。
浴槽の縁に置かれた両の手。
慌てて目を見開いて向き直ったが、手などどこにもない。
『目の錯覚だろう…』
その時は、そうやって自分を納得させた。

しかし、そんな性根をあざ笑うかのように、「それ」はしばしば私の前に姿を見せた。
シャワーを浴びている時、石鹸を置いて振り返る時、洗面器に手を延ばした時
視線が浴槽を掠めるその一瞬に、私の眼が「それ」を捉える。
浴槽の縁にしがみつく白い手。
半ば反射的に視線を戻しても、次の瞬間には跡形もない。
それでも、回を重ねるうちに「それ」が子供の手だということに確信するようになった。

163 :2/3:03/11/13 16:29
1ヶ月ほどたったある休日、私は部屋の整理をしていた。
荷物を収納しようと、備え付けのキャビネットの一番下にある引き出しを開ける。
底に敷かれていた厚紙を引っ張り出すと、その下にあった何かがヒラリと床に落ちた。
拾い上げて見る。幼稚園児くらいに見える男の子の写真だった。
とっさに風呂場の手を連想し、気味が悪くなったので他のゴミと一緒に捨てた。

その日の夜、テレビを見ていると浴室から何やら物音が聞こえた。
行ってみると、普段は開けっ放しの浴槽の蓋が閉じられている。
開けてみると、冷水が縁ギリギリまで一杯にたまっていた。
夏場はシャワーのみで済ますため、浴槽に湯をためることなど無いはずだった。
考え込みながら水面を眺めるうちに、私の背後にスッと影が立つのが見えた。
肩越しに、髪の長い女の姿─

ドンッ

不意に背中を押され、私は頭から冷水に突っ込んだ。
慌てて持ち上げようとする頭を凄い力で押さえつけられる。
もがいて逃れようとするがビクともしない。肺から空気が逃げ出していく。

164 :3/3:03/11/13 16:30
パニックに陥る寸前、私は床を蹴って浴槽に身を躍らせた。
体を回転させると、浴槽の底に手足を突き、全力で体を持ち上げる─

ザバァ───
水面を破って立ち上がると、呼吸を整え、周囲を見渡した。
誰もいない。
風呂場の扉は開いているが、外の様子はうかがい知れない。
風呂場から出る勇気が出ないまま、私は浴槽の中に立ち尽くしていた。

…サワ…

ふくらはぎに何かが触れた。小さな手にゆっくりと足首を掴まれる感触…
私は悲鳴を上げ、ずぶ濡れのまま浴槽から、風呂場から、アパートから飛び出した。

私が引っ越す前、ここに誰が住んでいたのか?ここで何があったのか?
大家はそれを語ろうとしなかったし、私も聞こうとは思わなかった。
それから部屋を引き払うまでの約一週間、
浴室の扉の前には荷物を一杯に詰めた段ボールを積み上げておいた。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 16:46
コ…コワヒ

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 16:51
>>162-164
ぎゃー!風呂入れなくなるぢゃねーか!怖いよ!((((;゚Д゚)))

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 16:52
>>パニックに陥る寸前、私は床を蹴って浴槽に身を躍らせた。
体を回転させると、浴槽の底に手足を突き、全力で体を持ち上げる─

すげぇ 俺だったら死んj

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 16:55
つーか文章うまいな>>162-164
感心した。


169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 17:49
ふ、布団が飛び込んだ!!

170 :ひろし10才 ◆B7DdjtejjY :03/11/13 18:08
>>157
うるせーな。お前には関係ないんだよ。
漏れのニセモノに言ってんだからでしゃばってんじゃねーぞ。
恥ずかしいやつだな。哀れだよ哀れ。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 18:13
>>170
だから来なくていいって

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 18:51
>>170
だから来なくていいって

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 19:02
>>170
だから来なくていいって

174 ::03/11/13 19:15
ぼこがきたよ

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 19:44
>>170
だから来なくていいって だから来なくていいって だから来なくていいって
だから来なくていいって だから来なくていいって だから来なくていいって
だから来なくていいって だから来なくていいって だから来なくていいって
だから来なくていいって だから来なくていいって だから来なくていいって
だから来なくていいって だから来なくていいって だから来なくていいって

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 19:50
>>170
わかったか。

だ か ら 来 な く て い い

帰れ。

177 :ひろし10才 ◆B7DdjtejjY :03/11/13 19:54
お前ら釣られすぎだよ。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 19:55
もうやめろひろし

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 19:59
>>170
そんなことどうでもいいから。

も う 来 な く て い い 。


180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 20:07
晒しage

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 20:11
では以下何事もなかったかのように怖い話待ち

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 20:11
これが川島屋化現象のはじまり

183 :ひろし10才:03/11/13 20:31
ぼくの偽者が迷惑かけてごめんよー。

あとでしめておくからゆるしてねー。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 20:33
去年の話。
大学行く事になって、大学は地元じゃなくて他県だから一人暮らしする為に引っ越ししなくちゃいけなくなった。
で、初めての土地でよく分かんないし、金もないから安いっていう理由でぼろいアパートに決めたんだけど、
入居初日でそこを出ることになった。
風呂なしトイレ共同のアパートなんだけど、引越し準備中にトイレからいきなり絶叫が聞こえてきた。
引越しセンターの人達と動きが止まってそのトイレの方を見に行ったらいきなり猫が飛び出してきた。
さっきの絶叫はどう考えても人間のものだと思ってただけに、いひょうをつかれてちびりそうになった。
で、何事もなかった、と皆言い聞かせながら(なんかそれで引越しセンターの人と変な仲間感が生まれた)、
荷物運んでたんだけど、今度は部屋の、ある一部分だけ畳が異常にへこむ事に気付いた。
下見に来た時は気にならなかったのに。
で、あんまり変なへっこみ方するから(スライムに足突っ込むみたいな感触。グニョォオオって感じ)、
畳ひっぺがしたら、どろどろになった赤い血みたいなのがべったり付いてた。
床板の真ん中あたりがへこんでてそこにそれが溜まってて、においもすごかった。
腐臭というか生臭いというか。
一緒にそれ見てた引越しセンターの人がいきなり「あっ」って叫んで、
血みたいなのが溜まってるそこを指差して、何だと思ってよく見たら目が浮いてた。
人間のじゃないことを祈りつつも、もう腰抜けて、帰りたいってしか思わなかった。
引越しセンターの人に頼み込んで荷物をトラックに戻してもらって、
大家さんに泣きついたけどらちあかなかったから、逃げるようにその家を出た。
親に電話したらとりあえず3日分くらいのホテル代振り込んでもらえて、次の日から新しい部屋を探した。
あの一件のせいでボロいとこに住めなくなって、結局けっこう高いとこに住む事になった。
あれってなんだったんだろ。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 20:37
>183
自作自演

186 :ひろし10才:03/11/13 20:39
>>185

なんでも自作自演ってゆう香具師ってきもいよねー

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 20:41
この板って、「きのじ」が居るみたいだね。


188 ::03/11/13 20:43
>>184
ぐにゃぐにゃは年金と思うよ〜

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 21:26
もう偽だろうが本物だろうがひろしかまうのやめようぜ。
喜ぶだけだよw

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 21:31
まじめにレスすれ!
せっかくいい話なのに、台無しじゃないか!
たいへんだったね、184。
漏れも大学一年時に初めて住んだアパート、出るとこだったから気持ちわかる。
それでも二年住んだけど(金が無くて引っ越せなかった)、
引っ越した瞬間からすげー気が軽くなったっけ。
漏れも新築のワンルームに引っ越したんだけど、
さすがに新築には何も出なかった。
建てる時お祓いとかするからだろうか?

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 21:42
>>162がメチャ怖いんですけど〜
つーか、今からお風呂入ろうとしてたのに
無理かも。。。

192 :もこ:03/11/13 21:48
幽霊だって プ

まるできちがいだね〜

193 :ひろし10才:03/11/13 21:49
あ〜もこさんだー。

こんばんわ

194 :粘着2号:03/11/13 22:25
なに!もこ!?
 
俺の出番だ
 
ひろしは俺が潰す、他の人はあぼ〜ん設定するように
俺も含めて

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 22:26
厨房の夏休み。家族でおばあちゃんちに泊まった時のはなし。
俺が目を覚ますと、もう皆は廊下を挟んだ居間で雑談をしている様子。
「俺も〜」って感じで起き上がろうとした瞬間、初体験の金縛り。
起き上がろうと右肩を上げて体をよじった体制のまま、ゴロッと布団の上に
うつぶせに固まってしまって・・・。(この後、今日に至るまで、こんな金縛りの
入り方は一度もなし。普通は目が覚めた瞬間、そのままあお向けにかたまる。)

で、パニクりながらも必死にあお向けに体を反転させた瞬間、またパニック。
なんと部屋全体がムラサキ色。丁度、濃い紫のグラサンをかけた時の様なかんじ。
寝る前につけた豆球までムラサキに光ってた。
・・・。つまらんね。続きはノーサンキューかな?

196 :もこ:03/11/13 22:28
続きあるなら読みたいの

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 22:29
続ききぼーん

198 ::03/11/13 22:47
つづき、カッカッカモ〜ン

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 22:53
ありがとう。

で、部屋(やっぱり紫のまま)を必死でキョロキョロと目だけで見渡すんだけど、
おばけらしきモノは見当たらず、ちょっと冷静になった。
すると、それまで聞こえてた隣室の雑談がとつぜんフッととまった。
と思ったら、「チーン!」と仏壇の鐘の音」が聞こえて、誰かがとりつかれた様に
お経をあげる声が・・・。
おばあちゃんだと思った俺は、「おばあちゃん!おばあちゃーん!!」と声の限り
に呼ぶのだが、何か発声した瞬間に何処かに声が吸い込まれていくような、
不思議な感覚。気付いてもらえた気配は無く、お経が延々と続くばかり。
再び半パニックになっている俺は、「とりあえずムラサキをどうにかしなきゃ」と
何故か照明の紐(延長の紐?が付いてて、手を伸ばせば届く距離)を引っ張ろうと
懸命に体を起こそうとした。
少しずつだが体を動かせることに気付き、もう少しだ・・と思った瞬間。
お経のこえが突然聞いたこともない男の声に。しかも、耳を塞ぎたくなるような
大声量で。全身に鳥肌が立つような感覚の直後、どうやら失神。


200 ::03/11/13 22:59
おわりですか?

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 22:59
おまいらひろしNGワードに汁

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:09
もう定型怪談ばっかだな。
たまに力作もあるけど、逆にネタ臭く見えてしまう…
何かこう…見たことなくてリアルな話、ねえのかい。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:11
どうやら漏れに弟ができる予定
漏れは現在高2で逆算すると合宿で家を空けた時期と一致する
ということはその間に・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:12
次に目を覚ますと、部屋は普段通り。ハッと隣室の方をみると、おばあちゃんが
食卓に昼食を並べてるところで、他の家族はテレビに夢中。
飛び起きた俺は、「さっき部屋がムラサキだった!お経、大声で読んでたおじさん
誰!?」と、まくしたてるが、みんな「なに寝ぼけちょーだ?」と相手にしない。
頭に血が昇った俺が更に続けようとすると、視界に入ったテレビ画像に違和感が。
改めてテレビを注視すると、例の航空機事故の中継をやっていました。
なんとなく、「金縛りの原因はこれか。」とおもいました。
以上、全くもって怖くなくてスマソ。

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:14
>>202
同意。文章が綺麗にまとまってると、「ネタだな」と
思ってしまうよなぁ。前スレの最後のほうのなんたら病院の
話も最近の作品ではうまく構成されてる方だと思うんだけどね、
すんなり読めて怪談というか短編小説の類になるね。


206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:19
何かひろしだのもこだの凹だの、奇形キャラばっかだな。
ここはいつから障害者施設のお話ボランティアスレになったんだ?


207 :195:03/11/13 23:21
実体験なので、面白おかしい表現もツクリの恐怖描写も一切なしで書きますた。
ネタ扱いだけはかんべんしてぽ。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:22
>>207
誰も君の文章が上手いなんて言ってないんだけど?

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:24
>207
オモイコミ ハズカシイ!


210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:30
>>203
ネタだろうけどワロタ
そういや中学のとき>>203みたいな香具師いたな
逆算したらちょうど修学旅行だったって
そいつおとなしい女の子だったから
どうやって子供つくったの?なんて聞いて泣かしたなあ
もちろんそのあと女子が教師にチクって呼び出されて
こんこんとお説教くらったけどw

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:31
( ´,_ゝ`)プッ  ( ´,_ゝ`)プッ  ( ´,_ゝ`)プッ

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:33
>>207

( ´,_ゝ`)プッ  

213 ::03/11/13 23:34
便乗もそれくらいにしとけば〜

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:35
>>207
なんか済まないねー、おかしなのがいっぱいいてこっちが恥ずかしくなるよw
どうか気にしないでくださいね。
自分はワクワク読ませてもらったので。

215 : ◆wBx8sW6ub6 :03/11/13 23:36
只今、ひろしが名無しで潜伏しています。

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:38
叩かれてこそ、技量は向上する。
しかし叩き方は考えないとな。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:38
だからほっとけってw

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:44
>194 粘着2号
あとは頼んだ。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/13 23:49
うむ、漏れからも頼むー

220 ::03/11/13 23:58
でこがきたよ

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:03
☆ チン     マチクタビレタ〜
                        マチクタビレタ〜
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 作り話まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん  |/


222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:05
ひろしのトリップは#ひろし10才だったよ。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:11
漏れの県に遠浅の海岸があります。
家族連れがおもちゃのスコップなんかを持ってきて、潮干狩りを楽しむような平和な海岸です。
数十年前の話だそうですが、その海岸で消防達が水泳の授業をしていたそうです。
その授業の最中、誰かが溺れ、それが引き金となり生徒達が大パニックなり溺れだして、死者まで出たそうです。
一人が溺れた事によりパニックに陥り、集団ヒステリーになり、連鎖的に溺れた。
そういう風に理由付けられたそうですが、生き残った生徒の話によると、最初に溺れた生徒は
「足を引っ張られる!」と叫んでいたそうです。
んで、その周りにいた生徒が防災頭巾をかぶったおばさんを見たと言ったそうです。
そのおばさんが足をひっぱたって。
他には兵隊を見たという生徒もいたそうです。
戦時中、空襲か何かで死んだ人たちがそのまま海に流された事があったとか無かったとか。
その霊が彼らを死の世界に連れて行こうとしたとかで、地元ではちょっとした会談話です。
その話は新聞とかにも載って、当時は結構、大騒ぎになったそうです。
んで、興味本位で工房当時、漏れたちはその海岸に行ってみました。
夏の夜の事です。ヤンキーだった香具師もいたので、お祭り気分で海に胆試しに行きました。
夜の海は真っ黒です。
異様な光景でした。昼間とは全く違った顔を持っていました。
「幽霊出て来ーーーい!!」とか海に向かって叫んだりして、ロケット花火を飛ばしたりしました。
かなりのDQNっぷりなのは間違いなかったですね。w
その内、ヤンキーの友達が「海に入ってみようぜ!」とか言い出しました。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:29
>>223 続きは?


225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:32
まあハイテンションだった事もあり、「よっしゃ」と入ることにしました。
今、思うと夜に海なんか入らないですよね?
でもあの時は何かに呼ばれている気がして…不思議な精神状態でした。
ヤンキーを筆頭に漏れたちは海に突撃しました。
「兵隊の幽霊出て来いやー!」とか叫んでいました。
その時、漏れの後ろから付いてきているはず香具師が突然、視界から消えました。
漏れは皆を呼び止めました。まさか溺れたんじゃと思いましたが、そこは膝よりやや上程度の浅さです。
溺れられるはずがありません。
その時、漏れの頭に幽霊の話がよぎりました。
皆、そいつの名前を叫んで探しました。
するとなぜか前方の方から声がしました。
そいつはなぜか、漏れたちより前で溺れて(もがいて)いました。
不思議な事に沖の方に連れて行かれてるような気がします。
漏れたちは必死でそいつの方に走り出しました。
でも水に足をとらわれ、うまく近づけません。
そいつも必死に抵抗して、流されないようにしていました。
不思議な力がそいつを沖の方に引っ張っていっているようです。
ようやく、そいつの近くにたどり着きました。
幽霊なんて信じていませんでしたが、不思議な事に漏れも足を沖の方に引っ張られました。
あれは間違いなかったです。なにかに足を沖の方に引っ張られました。
足元を見回しても、暗くてなにかわかりません。
漏れは必死になって、みんなを呼び、助けを求めました。

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:41
漏れたちは死に物狂いでなんとか、岸に戻りました。
体中はビショビショです。
確かの溺れられるはずの無い場所で、溺れました。
足元を救われ、沖に引っ張られるのです。
沖に近づくにつれ、徐々に深さも増すので、顔まで海につかり上下がわからなくなるほどです。
漏れたちはあの海岸には幽霊がいると、恐れ近づく事はなくなりました。
あの当時のことは今思いだしても、足がすくむほどです。

ですが、最近になってその幽霊の正体がわかりました。
「離岸流」
あの海岸ではよく発生するそうです。
あの当時の状況からもこれに間違いないです。
昼だったら離岸流を見極められたんですが、暗い夜だったためわかりませんでした。
ひょっとしたらあの事件も離岸流によるものだったのかもしれません。

唯一つ、気になる事はあの当時溺れた香具師が離岸流の方に
なぜか呼ばれたような気がしたといっている事です。
とにかく怖い体験ではありました。

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:52
       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   r、r.r 、|:::::           | 
  r |_,|_,|_,||::::::     ⌒   ⌒|
  |_,|_,|_,|/⌒     -="-  (-="     >>223-226ぁぁそうでっかそうでっか
  |_,|_,|_人そ(^i    '"" ) ・ ・)""ヽ    なるほどね・・・
  | )   ヽノ |.  ┃`ー-ニ-イ`┃ 
  |  `".`´  ノ   ┃  ⌒  ┃|  
  人  入_ノ´   ┃    ┃ノ\ 
/  \_/\\   ┗━━┛/ \\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ

       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡       
   r、r.r 、|:::::           | 
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ | 
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|   
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ   ・・・で?
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓| 
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|  
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\  
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ


228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 00:56
まあなんつーかその…あれですわ、あれ

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:04
先日、朝日ソノラマに怖い話を投稿した。
メールで送ったそのままの文章が雑誌に掲載されてた。
謝礼が送られてこないのはなぜ?
洒落にナンネー

230 ::03/11/14 02:06
58レス目だろうが・・・ちったぁ読み手も考えて物申せ三日月ハゲ!

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:10
今ね!今!
俺が小便しに行って、この部屋に戻ってくる時にね!
部屋に入ろうとしたら、部屋の中からボワワワ〜ンとか低い変な大きな音がした!
そして部屋に入ったけど、何も無いんだよ!
何?!何これ?!
何か、わかねぇーけど、怖いぃぃ!
ひぃぃぃ!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

232 ::03/11/14 02:15
58スレ目だった・・・尻小玉抜いてくる!

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:44
こんなの来た

こんにちは、はじめまして。
とあるロリータビデオ業者S様より、顧客名簿を受け取り、貴方の小児性愛を知りました。
その口止め料金として、30万円をお支払いください。
8月1日(金)の午後3時までに必ず振り込むようにしてください。
お振込みの際には、フルネームを入力するようにお願いします。
一字でも名簿と名前が違うと、未払い扱いになる場合がありますのでご注意を。
≪振込先≫
UFJ銀行 西新宿支店 普通預金
店番号646 口座番号5373311
もしもお振込み無き場合は、警告として、2ちゃんねる、こども大好き等の
掲示板や各種機関サイトに住所・氏名・電話番号を一部伏字にて公開します。
その際には、公開をした場所をご通知します。それでも尚お振込みいただけないのなら、伏字なしで晒します。
最終的には、懇意の探偵社に依頼して、家族構成、親戚関係、職場、
住所、電話番号、顔写真など、盗聴や盗撮等を駆使し、全ての個人情報を引き出すつもりです。
ご家族、ご親戚、職場にも、貴方様のロリコンの趣味を報告し、社会的信用を失墜させます。
調査にかかった費用、延滞料金は、全て上乗せして請求致しますので、すぐに払っていただく事をおすすめします。
当社といたしましても、できるだけ面倒なことはしたくはないのです。
お支払いいただければ、手元にある貴方様の個人情報は削除致します。
貴方様にお支払い頂けない場合、身内の方から知人まで多大な迷惑がかかる事を事前に認識しておいてください。
以前、延々と支払いをしてもらえず、請求額が200万円にまでなった方もいらっしゃいました。
結局支払ってくれませんでしたが、その方は会社をクビになり、離婚し、息子さんは学校でいじめにあい、
転校を余儀なくされたとの報告が入っています。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:45
警察に被害届けを出したようですが、こちらは全て匿名ですので、手が及ぶことはありませんでした。
自分が小児愛という性癖を持っていることを、自ら警察に暴露しただけです。
数十万をケチったばかりにその方は人生を棒にふってしまいました。
結局、消費者金融から借金をしてお支払いいただきました。
このメールを消去し、支払いを黙殺することは確かに可能です。
が、その代償はとてつもなく大きいとお考え下さい。一体どの選択が一番正しいのか、
下に列記しておいたので慎重に選んでください。賢い貴方様なら、すぐにわかると思いますが。
【請求額を8/1までに支払う】
・メリット
出費が最小限で済み、個人情報、社会的信用が守られる。
【無視を決め込む】
メリット
現金が減ることはない。
デメリット
社会的信用・家族・友人・職を失う、いつまでも嫌がらせを受ける、ネットでさらし者になる。
【警察に駆け込む】
メリット
もしかしたら当社を摘発できるかもしれない。
デメリット
ロリコン趣味を警察に知られる。捕まるまでは延々とさらし者、嫌がらせを受ける。
ちなみに、当社が捕まる要素はないと思います。
ネットへのアクセスは架空IDでプロクシを通しています。
口座はネットで買った架空口座で、口座の届け先も架空の住所、
引き出すのは毎日一見のバイトを雇っていますので。
長々と失礼いたしました。それでは、良いご決断を待っています。

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:52
−1−
私が美術系専門学校へ行っていた時の話です。
私はコンピュータグラフィック科だったのですが
当時はまだまだ一般的では無かったので人数も少なく、
教室はアニメーション科の教室に仕切をして
マックが10台ほど並んだ場所でした。

学校へ通い始めて半年ほど過ぎた頃のことです。
一台のパソコンの前にプラスチック製の
フォルダバッグが置いてありました。
誰のものでも無かったので忘れ物として届けようとしたら
同じCG課のちょっとDQNが入ったY君が開け中身を出したのです。
中から出て来たのは恐ろしく気持ちの悪い絵でした。
リアルな表現で申し訳無いのですが、
現実ではあり得ないヘアースタイルと色をした髪の毛に、
やたらとおっぱいと目が大きくデッサン狂いまくりだけれど
おっぱいと性器だけがやたらとリアルに描かれた裸の少女が
電気コードが何本も出た化け物みたいなものに全身を縛られ
コードの一本が性器に突き刺さって血と白い液体が流れ出ているけれど
少女の顔は上気して快感を感じているという
エロというよりは完全にグロのイラストが
同じような状態で突き刺さるのが後から前から開脚の違いだけで
3枚出て来ました。
Y君は「気持ちワリィ〜」と叫び、3枚のイラストを
ビリビリに破いてしまったのです。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:53
−2−
そこへ、アニメーション課の良くAAで出て来るヲタみたいな
デブヲタ男がやって来て、ここにフォルダバッグが無かったか?と言うと
Y君が床に散らばったビリビリに破かれた残骸を指差して
「これだよ。気持ち悪いんだよ。」と言うと
デブヲタはいきなり「ウワァァァァァァッ!僕の○○ちゃんを!
○○ちゃんを殺したぁぁぁぁぁぁ〜〜〜!気持ち悪いと言ったぁぁぁぁぁ〜〜〜」
と叫びながら走って行ってしまいました。
事件は次の日に起きたのです。
学校へ行くとトイレの前に人だかりが出来ていて
Y君が真っ青な顔をして「あれを見てみろよ」とトイレを指差しました。
男子トイレと女子トイレは隣同士になっているのですが、
そのどちらにも、水道の蛇口全てに赤絵具を入れたコンドームが括り付けられ
小さな穴が空いているのかポトポトと血が滴るように垂れて
洗面台は真っ赤に染まっていました。
全ての便器(個室、男子用も含め)の中は血溜まりのように
赤絵具が溶かれていました。
どこから集めたのか大量の使用済生理ナプキンがトイレ中にばら撒かれ、
トイレのドア、壁に「Y復讐してやる」と赤文字で書かれていました。
男子トイレの中央にはダンボール箱の上にビリビリに破かれたイラストの残骸が置かれ、
紙で作った位牌のようなものとお線香があり、黒いリボンを描き足された
イラストの少女がニッコリ笑う遺影のようなイラストが立ててありました。

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:55
十年ぶりだかで田舎に帰ったんだけど、俺はちょっと暇持て余して買い物してたんだよ。
そしたら臨時休業か何かでさー、店閉まってて呆然としてたら、
隣の女も同じく空振り食ってたらしくて「あはは、これじゃしょうがないっすねー」っつって笑いあってた。

その人、ショートカットで飾らない感じで、可愛い系ってより美人系って感じの、
もろに俺の好みでな、かなり気になってたんだが、そしたら向こうから
「あの、良かったら・・・これから一緒に買い物でも行きませんか?」
って言ってきたんだよ。二つ返事でOKしたよ。

その人とは、話も合うし、何より一緒にいてすごく楽しいんだ。なんか今日はじめて会ったって気がしない。
俺は今まで告白なんてしたことないチキン野郎だったんだけど、
勇気を振り絞って「また会えませんか?」って言ったんだがそこで目が覚めました。

おはようお前等。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 02:56
−3−
学校でも問題になりましたが、
Y君は一週間の謹慎処分だけでした。
謹慎が明け、Y君が学校に出て来ると
田舎に帰るから学校を辞めると言い、その日来ただけで
学校を辞めました。
2年間で学校を卒業しましたが、ヲタは走り去った日から
卒業するまで一度も学校内で見たことはありません。
後にY君と一番中の良かったH君から聞いた話によると
少女に代わってY君の姿になったものに電気コードの化け物が
耳、鼻、口、穴という穴に突き刺さり血が流れ出した同じ絵で
性器だけが少しずつ切り落とされて行くというパターンのイラストが
謹慎中の一週間、毎日Y君の部屋のドアに張ってあったそうです。
田舎へ帰ったのにそこにまでイラストが送られて来たそうです。
Y君はおかしくなり、実家の田舎を出てしまってから
H君とも音信不通のままだそうです。

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 03:54
>>233
「以前、延々と支払いをしてもらえず〜〜」
のくだりはワロタ。
不幸の手紙のノリですな。

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 06:01
>>238
行動力のあるオタだな・・・

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 06:52
今から半年ほど前
2chのオカ板を見始めたころのことだ。
「死ぬほど洒落に・・」の過去ログ倉庫で
過去ログをすべて読もうとがんばっていた俺は
夕食を終えるとすぐにPCの電源を入れ、ログを読み始めた。

多少の霊体験や、対人での恐怖体験もあり、
何よりも怖い話ずきの俺にとって、
いまさら新たな驚きを与えてくれる話はめったになかったが
たまに現れる珠玉の逸品を目当てに読み漁っていた。

時間を忘れて読んでいると、
少しも怖くない話を読んでいる途中で急に寒気が襲ってきた
と、同時に、母親が部屋に入ってきて、私に言ったのだ

「玄関でチャイムが鳴ってるんだけど、カメラには誰も映っていないの」
時計を見ると0時半だ。こんな時間に我が家に訪れる人はいないはずだ。



242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 06:53
我が家のインターホンはカメラ付のもので撮影範囲はかなり広い
人が来ればセンサーで外灯も点くようになっている

2階にいた私は、事態を確認しようと一階へと向かう
すると、階段を下りている途中で玄関のチャイムが鳴った

カメラのモニターを見ると誰もうつっていない。

玄関に行くと外灯が点いていない。
猫が通っても点く外灯が点いていないのだ。
違和感を感じつつ扉に近づくと、もう一度チャイムが鳴った・・・


外には誰もいなかった。チャイムも壊れていなかった。



243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 07:07
>>242
続きは?

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 07:58
>>238
何でYが謹慎になるんだ?
ちょっと無理してるぞ。

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 08:02
絵を破いたから?
他人のものを勝手に、だから器物損壊かな?

246 :242:03/11/14 08:09
>>243
続きというか蛇足だけど

その直前に読んでたのが
「これ読んだらあなたのとこにもくるよ」
って内容だったから本気でびびった。

以前にも、先輩から聞かされた
「この話を聞いたら2週間いないにくる」
っていう話でほんとに来たことあったから、
ネットでも来るのかと、心配になった。


247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 09:06
もこ = 粘着2号 = 凹 = キチ害



248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 09:11
>246
ほんとに来たって、何が来たの?どんな話だった?
詳細きぼん〜トイレにセボン〜〜

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 09:57
>>245
その程度で謹慎なら、ヲタは退学になったから学校来なくなったのか。
まあいいや、行動的なヲタを怒らすとあんまりイクナイ。という話だな。

>>248
著作権あるから話の詳細はまずいんじゃない?

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:10
>>249
著作権って、ここの過去スレの話だろ?

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:15
いや、246が先輩から聞かされた話でしょ?
この話聞いたら来るんだよ、って言われて、ほんとに来たことがあるって書いてあるから。
何が来たんだろう?と。

252 :93:03/11/14 10:27
身体障害者への差別用語だったらしい。家のジサマバサマがたまに使う程度。
いま使ってる人はほとんどいないと思う。
昔は今と違って障害者用の設備や器具はほとんど無くて、そういう人は這って歩いてた(らしい)。
その様を「ひざあるき」と呼んでいて、それが訛って「ヒシャルキ」に。
多分 ひざあるき → ひじゃあるき → ひじゃるき → ひしゃるき って流れっぽい。
あと狐憑きやデムパさんもヒシャルキって(ジサマが)呼んでたと思う。
地元は東北だけどこれ使ってる人はほとんど見たこと無い。

返事遅れてごめん、寝てた。

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:30
2日も寝てたのか・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:42
252がほんとだったらかなり語源はそこに近いかもしれないね。
ヒサルキが先にあって、それがヒサユキに聞こえたのかも。
耳慣れない言葉だもんね。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:47
天保3年より数年にわたり大飢饉が襲った。俗に言われる天保の大飢饉である。
当時の農書によると「倒れた馬にかぶりついて生肉を食い、行き倒れとなった死体を野犬や鳥が食いちぎる。親子兄弟においては、情けもなく、食物を奪い合い、畜生道 にも劣る」といった悲惨な状況であった。

天保4年の晩秋、夜も更けた頃、この南村に異形の者が迷い込んできた。
ふらふらとさまよい歩くその躰は人であるが、頭部はまさしく牛のそれであった。
数人の村人がつかまえようとしたその時、松明を手にした隣村のものが十数人現れ、鬼気迫る形相にて、

「牛追いの祭りじゃ、他言は無用」

と口々に叫びながら、その異形の者を捕らえ、闇に消えていった。
翌日には村中でその話がひそひそと広がったが、誰も隣村まで確認しにいく者はいなかった。また、その日食うものもない飢饉の有様では、実際にそれどころではなかた。

翌年には、秋田藩より徳政令が出され、年貢の軽減が行われた。
その折に隣村まで行った者の話によると、すでにその村に人や家畜の気配はなかったとのことだった。それ以後、「牛の村」とその村は呼ばれたが、近づく者もおらず、今は久しく、その名を呼ぶ者もいない。


256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:48
重苦しい雰囲気の中で宿の主人は話し終え、そそくさと後片づけのために席を立った。
役人はその場での解釈は避け、役所に戻り、調査台帳をまとめ終えた頃、懇意にしていた職場の先輩に意見を求めた。
先輩は天保年間の村民台帳を調べながら考えを述べた。

大飢饉の時には、餓死した者を家族が食した例は聞いたことがある。
しかし、その大木のあった村では、遺骸だけではなく、弱った者から食らったのであろう。
そして生き人を食らう罪悪感を少しでも減らすため、牛追いの祭りと称し、牛の頭皮をかぶせた者を狩ったのではなかろうか。
おまえの見た人骨の数を考えるとほぼその村全員に相当する。
牛骨も家畜の数と一致する。
飢饉の悲惨さは筆舌に尽くしがたい。
村民はもちろん親兄弟も、凄まじき修羅と化し、その様はもはや人の営みとは呼べぬものであったろう。
このことは誰にも語らず、その村の記録は破棄し、廃村として届けよ。


257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:49
また南村に咎を求めることもできまい。
人が食い合う悲惨さは繰り返されてはならないが、この事が話されるのもはばかりあることであろう。
この言葉を深く胸に受け止めた役人は、それ以後、誰にもこの話は語らず、心の奥底にしまい込んだ。

日露戦争が激化する頃、病の床についたこの男は、戦乱の世を憂い、枕元に孫たちを呼び寄せ、切々とこの話を語ったという。
この孫の中の一人が、自分である。
当時は気づかなかったが、祖父が亡くなった後に分かったことがあった。
何の関係もないと思われた南村の者が、隣村の民全員を牛追いの祭りと称して狩り、食らったのが真実である。そうでなければ全員の骨を誰が埋められるものか・・・

それゆえ、牛の首の話は、繰り返されてはならない事だが、話されてもならない話であり、呪いの言葉が付くようになった。


258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 10:58
牛の首のコピペね、うんとガイシュツだから、「コピペ」って書いといたら?

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 11:00
>255-257
なぜ前スレにあったここのをコピペする?

ttp://www5d.biglobe.ne.jp/~gtm/usinokubi.htm

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 11:00
コピペ

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 11:11
>>253
>>93はきっとかまとおばあちゃんなんだよ。

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 11:11
>260
いや、そこに書いても・・・w

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 11:12
>261
わらたw

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 13:13
>>261
もう起きてこないけどね・・・。

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 13:45
オマエたちおよしなさい!!

266 :あなたの後ろに名無しさんが:03/11/14 13:47
昔の話なんだけど、アパートに住んでた時なんだけど
いつも横の部屋から声が聞こえた、いつも深夜で
学生が友達とか連れ込んで騒いでると思ったんだけど
余りにも連夜続くので、思いっきり壁を蹴った
そしたら、今まで騒いでた声がぷつりと止んだ
けどその直後に金縛りに遭った
そんで、自分の部屋の周りを誰か数人歩き回っている

結局そのまま気を失ったんだけど
数日後、その横の部屋なんだけどずいぶん前に
学生が一酸化中毒で死んだ事が分かりました

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 13:55
つまり隣は空室だったってこと?

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 14:01
NHKドラマ、冬のソナタ最終話のユジンとサンヨクが車の中でしゃべっている場面。
画面の左端に奇妙な手がある

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 14:07
>>268
すれ違いなんだよ、このヒシャルキが!!!

これがやりたかったの、ゴメンポ

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 14:10
>>266
知らないほうが幸せってこともあるんだよなぁ・・・
無事部屋を出られて良かったね




271 :242=246:03/11/14 15:07
先輩から聞いた話は
本当にその辺にある都市伝説という感じのものでした。
かしまさん、牛の首、さっちゃん、紫の鏡、蒼文禅(←これはちがうか)のような
聞いたらいけない話でした。
その手の話で実際に被害にあったためしがなかったので、
また同じような話かと思っていました。

その話は
恨みを残した武士がこの話を聞いた人のところに来る。
大抵は聞いてから3日以内にくる、2週間なにもなければ大丈夫。
そいつはドアや窓、壁等を叩いてくる。
開けてしまうと首を切り落とされる。

というよくある感じの内容でした。

しかし、この話には今まで聞いたことのないタイプの
明確な呪いの発動条件がついていました。



272 :242=246:03/11/14 15:08
呪いの発動条件とは
この話の登場人物である○○○○の○○○○という名前そのもので、
この○○○○という名前を聞かなければ決してその武士はこないというのです。

そして、もしも来られて壁などをたたかれても、
○○○○という名前を何度も呼び続ければ助かるという救済措置までついていました。


その話を聞いた晩、寝ようとしていたら外壁を乱打されました。
ベランダも足場もない2階の外壁を。
もちろん○○○○と唱えまくりましたよ。

俺の経験は以上です。

なぜ○○○○が伏字なのかって?
この話の1番怖いのは、この話をする人には、
この話をするその度に○○○○が来るってことなんです。
今までに他人に話して2度来られてるので、もう勘弁です。
ネットでも呪いが有効だったら誰かが読むたびに、
俺に呪いが発動することになっってしまう。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 15:33
その名前を↓で晒してスゲエことになるよ。
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1068659573/l50

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 15:46
摺醴蠶蠶鸛躔か                    ベ∃壮鎧醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
勺儲靄靄蠶體酌偵Auru山∴          ベヨ迢鋸醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
∃儲霾ヲ髏騾臥猶鬱h  ご笵此∴        ∃f謳廱躔騾蔑薺薺體髏蠶
ヨ儲諸隴歎勺尓俎赴  f蠶蠶蠢レ      ∴f醴蠶鬪扠川ジ⊇氾衒鑵醴
ヨ鐘諸欟厂  ベ状抃  傭蠶蠶髏厂      .ヨ繍蠶蠶臥べ泣澁価価櫑蠶蠶
f罐諸歎      マシ‥…ヲ冖        .∴瀦醴蠶襲jJ鶴門門攤蠶蠶蠶
加罐欟厂        ヘ              ∴f醴醴蠶甑欄鬮°f蠢蠶蠶蠶蠶
溷霾勸                        ∴ヨ繍醴蠶蠶鬮狡圷し醴蠶蠶蠶蠶蠶
醴蠶髟                        ベ湖醴醴蠶蠶蠶庇⊇⊇體髏髏蠶蠶
蠶欟                          f繍蠶蠶蠶蠶蠶曲三三巛憫髏蠶蠶蠶
蠶歉                  澁畄_迢艪蠶蠶蠶蠶蠶蠶甜川⊇川川衍捫軆髏
蠶髟                コ醴蠶奴繍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶齡辷シジ⊇川介堀醴
鬮か                .ベ苛ザベ繍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醯己に⊇三介f繙醴
鬮シ                        尽慵蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶自辷三沿滋鐘醴蠶
勸                            氾隅髏蠶蠶蠶蠶蠶靦鉱琺雄躍蠶蠶蠶
訃                      ∴∴∴沿滋溷醴髏蠶髏髏韲譴躇醴蠶蠶蠶蠶
髟              _山辷ムf蠡舐鑓躍醯罎體體體驩讎櫑蠶蠶蠶蠶蠶蠶
a            f躍蠶蠶J蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醯註珀雄醴醴蠶蠶蠶蠶蠶
廴          f醴蠶欟閇憊體醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶靦錐讒醴蠶蠶蠶蠶蠶
シ          禰蠶蠶蠢螽螽f醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶躍蠶蠶蠶蠶蠶蠶
シ          ∵ヴ門夢曠髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
a                ∴シ∃愬嚶髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
診            ベ沿u旦以迢u讒醴髏曠醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶
甑シ            .げ隅艪蠶蠶蠶蠶蠶蠢J蠶髏蠶蠶蠶蠶

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:01
>274
おいすげーな。
荒らしにしちゃやるじゃねぇか。

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:01
いつ見ても怖いコピペだね。


277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:07
俺は今まで顔ってきづかなかたーよ
動物の胎児かナニかだと思ってた

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:09
652 :心得をよく読みましょう :03/11/13 16:49 ID:OBjT5K60
たびたびすいません…。よろしくお願いします。

【板名】 オカルト
【スレのURL】 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1068510246/
【名前】
【メール欄】sage
【本文】
>>162-164
ぎゃー!風呂入れなくなるぢゃねーか!怖いよ!((((;゚Д゚)))


279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:38
何度もガイシュツかも知らんがこの四つの話は同じ事を言ってるんだよね?
ヤマニシさん http://kowai.sub.jp/13/451.htm
自己責任 http://kowai.sub.jp/13/504.htm
山の測量 http://kowai.sub.jp/25/639.htm
空家の雨戸から http://kowai.sub.jp/35/387.htm
確認したいので・・・

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:46
俺以外の人間にはどーでもいい話だと思うが…
漏れが工房の頃、じいちゃんが亡くなってばあちゃんと一緒に暮らす事になり、
夏休みだったからその引越しを手伝いに行くことになった。
田舎な事もあるが、物置やら納戸には結構時代がかったガラクタがあって
俺は結構楽しみながら手伝っていたんだが、とある和服を手に持った時
何か背筋にゾクッとするものを感じた。その時は気に留めなかったが、
その日の夜、和服ごと壁に張り付いた女性とにらめっこするハメになった。
女は別に何をするわけでもなく俺を見ていたし俺も別段どうこうする気もなかったので
そのままでいた。引越しが終わって暫くしてから何気なくばあちゃんに和服のことを
尋ねたところ、それはじいちゃんの先妻が遺したものだという事だった。
今頃あの世でじいさんと茶飲み話でもしてるのかなと思った。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 17:59
      ↑
碁は教えてくれなかったの?

282 ::03/11/14 18:48
俺の唯一の変な体験  「赤いおんな」

中2の時、2階の部屋でカーテン閉めて弟とタバコを吸っていた。
クソがしたくなったので俺はトイレへ行った。そしてトイレから戻ると、
弟がカーテンのスキマから外を見ている。「どうした?」と俺が聞くと
「兄貴、あの女だ。きっとそうだ」という。俺がこっそり覗いて見ると、
赤いセーター・赤いスカート・赤いカバンを持った女が、こちらを見ている。
(カーテンで俺たちは見えるはずがないのに)しばらく、こっちを見ていると
ウチの犬が吠え出した。すると女は、スタスタと歩き去っていった。 
あの女とは、、、、、、、オフクロは、ダイエットのため隣の家のオバサンと
夜ウォーキングにいつも行っていた。そのオフクロが2日前に青い顔をして
帰ってきた。「幽霊よ!幽霊!」話はこうだ。2人が歩き終わり家の
そばまで着いた時だ。前から男が自転車でとおりすぎた。その時、
誰もいないハズの後ろから「すいません」と声が掛かった。驚いて振り返ると
、そこには赤いセータ・赤いスカート・赤いカバンを持った女が立っていた。
「あの自転車の男が、何度も私の前をとおるんです。私恐くて。
一緒に家まで行ってくれませんか?」と女は言った。そこで
女性だけでは怖いので、隣のおばさんの旦那さんも一緒に行くことに。
(ウチのオヤジは、まだ帰ってきて居なかった)それから、
しばらく歩き続けたが
一向につかない。(近くだと言っていたので、車を使わなかった)そして、



283 ::03/11/14 18:49
とうとう最初に女が声を掛けてきた場所に、戻ってきてしまった。
オフクロが「あなた、ここはさっきの場所じゃ〜」 赤いおんなの姿は、
どこにもなかった、、、、、、。
帰ってきたオフクロの話を聞いて、俺や弟、オヤジは笑い飛ばしていたが、
まぁ〜隣の夫婦も一緒だったから、ウソではないだろう。
からかわれたんじゃないの?ってことになった。

2階の部屋から、女を見た日から3日後。俺はイヌの散歩で夜10時ごろ、
近所を歩いていた。そして、家のそばまで来た時 前からおとこが自転車に
乗って俺の前を通りすぎていった。
「すいません」 この時ほどビックリした事は、14年間生きてきてなかったろう。
本当に、今の今まで後ろには誰も居なかったのだから。
おれは、振り向いた。そこには、、、、赤いおんなが立っていた。

女が、何か言う前におれは「いやだ!」といった。すると、
おんなは去っていった。 アレ以来俺も家族も、あの赤いおんなは 
見ていない。



284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 19:03
>>282
こわ〜

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 19:23
こわわわ!!

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 19:25
279の4番目の話怖すぎよ!
こんな怖いの初めて読んだ・・・

287 :スキー林間の思い出1:03/11/14 20:04
 うちの中学は、毎年1月ごろ、1年生がスキー林間学校ってのを
やるんだけど、毎年同じスキー場、旅館だから先輩とかに色々聞く。
で、おきまりの怪談話。中学校一年なんて、つい最近まで
小学生やってたやつらだから、そういうのめちゃくちゃ怖がるんだよね。
それで、先輩たちも面白がって、
「あの、三号リフトに乗ってるときに三つ目の柱の下を見るな」
とか、根拠も無いことをいって変に怖がらせる。
で、自分が1年の時、スキーの経験で班をわけるんだけど、
一番下手なグループが、三号リフトを使うんだよね、ルート的に。
で、自分は結構滑れるから、そのリフトを使わなかったんだけど
そのリフト使ったやつらが、旅館に帰ってきて、いきなり
みんなに話し出すんだよ、幽霊がでた、って。


288 :スキー林間の思い出2:03/11/14 20:06
で、みんなでわいわい話して、結局まとめると
「三号リフトの三つ目の柱の下を見たら、真っ赤なスキーウェアを
着た女の人が立っていた」ってことだったのだけど、
どうせ普通のスキーヤーの見間違いだろう、ってことで
その日は終わったんだよね。
でさ、おきまりのように夜はY談とか怪談で盛り上がるんだけど、
最後はその真っ赤なスキーヤーの話になっちゃうんだよ。
で、夜中の三時くらいかな、いきなり叫び声が聞こえるんだよね。
みんなマジで驚いて、廊下に飛び出る、他の部屋のやつもみんなでてる。
先生もでてきて、叫び声のした部屋に入ってみたんだよ、男子何人かといっしょに。
俺もいっしょに入っていったんだけど、部屋のなか真っ暗で、女子の部屋特有の
いい匂いがしてたことがすごい印象に残ってる。



289 :スキー林間の思い出3:03/11/14 20:06
それで、先生が電気つけたら、なかで女子がうずくまってて、
泣いてるんだよ。本気で。しかも、窓を指差しながら。
それで、先生が抱き起こそうとしたら
「いたよ、いたよ、赤い人が・・・」とかいってる。
それで、みんな窓のほう見たんだけど、真っ暗。
そのあと、みんな部屋に戻ったんだけど、ホント怖かった。
あの、女子の叫び声、なんていうか、心霊写真の番組とかで
観客が怖がる声がものすごい大きくなった感じで、すごい耳に残るんだよ。
男子数人、恥ずかしい話だけどすごいくっついて寝たよ。
(そんとき体験した話もあるが、それはまたいつか)


290 :スキー林間の思い出4:03/11/14 20:12
次の日、
「怖くて寝れなかった」とか、「ホントに見たの?」
とか朝食の時間に話してたら、
先生が怖い顔、っていうか深刻な顔で
前にたってる。何だ?と思ってみんな静かになって、
先生が話し始めたんだよ。
ぞっとした。だってさ、スキー場で事件があったから
今日は近くの自然博物館にいくんだ、っていうんだよ。
その日はみんな騒がなかったけど、すごい気になって
夜には先生に聞いてまわるんだけど教えてくれないし
テレビでもそんなニュースやってない。
みんなよくわからないまま、学校帰ったんだよ。
で、卒業のとき、思い出話してて、そのとき
やっと先生に教えてもらったんだよね。
三号リフトの三番目の柱、その横の林のなかで
真っ赤なスキーウェア着た女の人が自殺していた、ってこと。
しかも、うちらがそのリフト使った日、まだ死体はその林のなかにあった、
ってことをさ。


291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 20:13
>>275
凄くないソフト使って写真から自動でできる

292 :スキー林間の思い出5:03/11/14 20:15
三号リフトの話は、先輩の作り話だったのに、
ほんとにそんなことがおきてさ。
今でも俺の母校には伝わってる。
「三号リフトの三本目の柱の下は見るな」ってのと
「真っ赤なスキーウェアを着た女を見たら、
その夜、部屋にやって来る」ってのがさ。

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 20:50
>>292
>そんとき体験した話もあるが、それはまたいつか

の話きぼーん

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:06
>>279
の四つの話、初めて読んだがすごく怖かった。
漏れは二番目の「自己責任」が怖かった。
S・キングの「IT」とか思い出した。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:15
>>293
やっぱそう来たか。。

で、その恐怖体験の後
部屋に帰った俺たち男6人。
寝付けない、窓が見れない、布団から出れないの
三重苦。ふとんをくっつけあい
ボーっとしていた。
わかると思うが、寝れない時間はものすごい長く感じる。
で、みんな静かになって、半分意識がない、ってとき

 ふっ

って、布団のなかの空気が移動する感じがしたんだよ。
なんていうか、暖かい空気が外に逃げる、あの感じ。
で、ビクッ、って感じで目が覚めて、じっとしてたんだよね。
そうしたら、自分の足に、誰かの足がまとわりついてるんだよ(泣)
痴漢にあって女の子の気持ちがよくわかった。
少しずつ、つっ、つっ、って上に上げってくるんだよ、足が。
もし、そこで抵抗しなかったら、俺は今、別の世界にいるのやもしれん。
俺はそこで、「誰かおきてる?」って半ば泣きながらいったら
足はすっ、と抜けてった。

余談だが、その後、同じ目に高校でも、大学の合宿でもあった。

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:18
>>295
うほっ

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:18
>>274
すげえAAだ・・・

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:20
今年の夏の話。
夜中、江ノ島まで女友人とバイク2台で遊びに行きました。
詳しくは書きませんが、「出る」というトンネルがあります。
知ってる人は知ってるでしょうが、上に犬がいるところです。
ま、そこでは出なかったのですが、近くの山?も出るという話。
登ると一切の電灯も無く、真横にいるはずの友人も見えません。
危ないのでキーホルダーのライトで足元を照らしてました。
友人が怖がって、「イヤかもしれないけどさ、手つないでよ」と。
仕方ねぇなと言いつつ、自分も内心、心細かったので手を繋ぎました。
5分ほど歩いているとずーっと後ろの方から、
「なんだよ!!私を置いていかないでよ!私はライト持ってないんだよ!
たちの悪い冗談やめろよ!!」
と友人。では、今手を繋いでるのは????
パニックになったおいらは、声のするほうへ急いで戻り、
ライトを照らして友人の顔を確認すると手を繋いで戻りました。

あまりにも理解不能な出来事で、ちょっと急いでその場を離れました。
すると、ハンドルが左右にブレはじめるのです。
バイク乗りならわかるはずですが、ある程度スピードに乗ったバイクは
ワダチに取られたり、または強風でもない限りブレるものでは無いのです。
まるで事故車両です。(何かに衝突したりすると、ブレたりする。)
あまりにも挙動がおかしいので、隣にならんだ友人が、右からエンジンを止めてくれ、
惰性で止まりました。
もちろん今走ってきたところはキレイな道です。ワダチも強風もありません。
事情を友人に話し、少し落ち着いてきたときはまわりに人、車がたくさんいました。
夏休み中の夜明けです。サーファーやら。
その後何事もなくバイクは走れました。
一体何だったんだろう・・・・。
女友達に感謝。

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:22
林間の夜男数人でくっついて寝た時の体験ってのが異様に気になるな…

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:27
300ゲッツ(σ・∀・)σ

301 :YOSHIKI:03/11/14 21:51
脳から直接コンピューター操作が可能に?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1296/sanf.html

私と語り合いたい者はこのBBSに。
t.A.T.u 応援もここに!
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=perform&vi=1046163268&rm=100

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 21:56
俺ブラウザOpenJaneDoe α使ってんだけど、

>>274
 ↑
こうやってリンク貼るとさ、マウスの矢印合わせるとその番号のメッセージが小窓で
出てくるんだけど、

>297 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/14 21:18
>>274
>すげえAAだ・・・

 ↑これにマウス合わせたとき小窓で顔のAA出て来て、つい噴出しちまった。

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 22:43
>274 のAAがよくわからないのだが なんに見えるの?


304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 22:47
>>303
見下す感じの顔に見えない?
ビーバップにオカルトな雰囲気を足したような顔。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/14 23:28
>>302-304が洒落にならない

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 00:12
ここだけの話なんですが…
チンコとマンコは合体するそうです…
ひぃぃぃ!!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 00:24
           ゙ミ;;;;;,_
            ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
            i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
            ゙ゞy、、;:..、)  }
             .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
           /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
          ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
          ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
         /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ
         ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  .、)  、}
         ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
        /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
        ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
        ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
       /:::::::::: ,,,,;;:::::::::::::::             ヽ
      /:::::::::  "__  ::::    ,,::::::::::::,,,,  |  はぁ……、もっと恐怖が欲しい。
     /:::::::::  - '"-ゞ,●> :::::.      __ ''  |
    /::::::::           ::::::    <'●,  |
    |::::::           ( ○ ,:○)       |
    |:::::::                           |
    |::::::         __,-'ニニニヽ       |
     \::::::         ヾニ二ン"       ,/
      \:::::                   /ヽ ミ 3
       \                  /(  |
       /:::::::                l    ヽ
       /;:::::::                 \   \
      /::::::   ,,_/\                |
      |:::::::  ~      |          ゝ___ノ
      ヽ、____ノヽ'

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 01:13
私の実家は新築だったのに幽霊屋敷だった。
ええ、父以外は視える人。
そんな父がある日御札を持って帰ってきた。
その御札がまた不気味な感じで、それを貼ってから益々悪化。
出るわ、悪戯するは、もう大変でした。
昼間でも誰も居ない2階で複数の足音がするわ。
閉めてあったドアが開いては閉まるわ。←ドアノブ回さないと開かない扉。
妖怪枕返しなら分かるが、人間返しするわ。
壁から子供が出入りするわ。
2階の窓に顔出すわ。
家具の位置を変えたら直ったけどね。
やたら御札とか貼らない方が無難。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 01:32
>>133
遅レススマソ。それ、座敷ワラ氏じゃないの?

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 02:19
それ、どこのお札だか言ってみ?
父上、見えないもんだからてきとうにどっかにあったの剥がして持って来てない?

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 03:53
友人が4歳の時の話。

夏休み、彼が住んでいた山口から彼の父親の実家の大阪に父親と二人で行ったそうです。
彼は長男で、当事は一人っ子でしたが彼の母親は既に妊娠8ヶ月だったため、大事をとっての留守番だったそうです。
新幹線で大阪に向かう車中、彼はぐっすりと眠ってしまって
目を覚ますと、既に新幹線から降りとある私鉄の駅のベンチで、父親の膝の上に座っていたそうです。
彼は目を覚ますと、グズって泣き出してしまいました、そして父親にジュースをねだったそうです。
そこで、父親は彼を少しなだめた後、ベンチに座らせてジュースを買いに行った。
彼はそのときに、40歳前後のおじさんと目が合いました。
おじさんは目が合うと人懐っこそうな笑顔を彼に向けたそうです。
彼もそれに応じてにこっと笑い、男が何か話しかけようとした時、父親がジュースを買って戻ってきました。
彼がジュースに喜んで、やや落ち着いて辺りを見回し先ほどのおじさんの姿を探したがすでに見当たらなかった。

数日間滞在したある日、なんとなく彼はテレビに目を向けていると一人の男の顔がテレビに映った。
彼はその顔を見たとたんに火が付いたように泣き出したそうです。
そう、そこに映っていたのは数日前、電車の中で彼に笑いかけたおじさんでした。
電車の中の顔とは打って変わったテレビに映るその男の怖い顔と数日前の顔とのギャップに、
子供ながらに恐怖を感じたのでしょう。

彼がもういい年になってから、父親から彼はその話を聞いた。
もちろん彼はその話を覚えていなかったのだが、父親の話によると
急に彼がテレビを見て泣き出したので、父親は驚いてテレビを見た。
そして、彼が泣き止んで落ち着いてから彼から、おじさんと目が合ったと言う話をしたそうです。
その話を聞いた父親は顔面蒼白としたそうです。
そのおじさんと言うのが、実は誘拐殺人犯だったのです。
しかも、彼と会ったその日に男はちょうど4歳の男の子を誘拐し
包丁でめった刺しにした上その死体を山に捨てたとの事でした。


312 :311:03/11/15 03:56
>>311
>そう、そこに映っていたのは数日前、電車の中で彼に笑いかけたおじさんでした。
>電車の中の顔とは打って変わったテレビに映るその男の怖い顔と数日前の顔とのギャップに

駅で彼に笑いかけた、の間違いです。
深夜で頭がボーっとしてました、すいません。

313 :もこ:03/11/15 03:58
もこも小学校低学年のとき知らないおじさんに「ディズニーランド一緒に行かない?」と言われたのを
思い出したよ。


314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 05:06
神奈川県海老名市の市立東柏ヶ谷小学校(芳賀敬子校長)の教務主任の男性教諭(54)が先月7日、
遠足先で6年生の男子児童(11)に首を絞めるなどの暴行を加え、約10日間のけがを負わせていたことが14日わかった。
同市教委から報告を受けた県教委は、教諭の懲戒処分を検討している。
市教委などによると、6年生の児童全員で近隣の公園に遠足で訪れ、
学校まで歩いて戻る途中、男子児童が道路標識や木にぶら下がって遊んでいたところ、
男性教諭が「何をやってるんだ」とどなり、引きずり下ろした。
教諭は児童の足を払って倒したうえ、両足首を持って逆さづりにしたまま横断歩道を横断。
さらに倒れた児童の上に馬乗りになり、「小学生になんか負けない」などと叫びながら、
両手で首を絞めるなどした。

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 05:23
うはははは

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 05:31
315になんか負けない

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 05:44
俺も小学校低学年のとき知らないお姉さんにナンパされてと言うか無理やり連れて行かれて
童貞を失ったのを思い出したよ。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 08:51
すいません、通りますよ
http://l-c.hp.infoseek.co.jp/090408.jpg

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 09:15
友達のお兄さんの話なのですが、お兄さんが仲間と一緒に
場所は忘れたけどどこかのトンネルに車で肝試しに行ったらしいんです。
冗談半分で行ったのが、トンネルの中から血を流した小さい女の子が
「助けて」と言わんばかりによたよたと歩いてきたらしいんです。
皆、「出たー!」とソッコーで車を飛ばしてトンネルを超高速で抜けて
「出たよな?とうとう見ちゃったか」みたいな話をしてたら一人のおじさんが
来て、窓をトントンとノックしてきて「すみません、小さい女の子
見ませんでしたか?」って聞いてきたんだって。もしやあの血だらけの女の子の事かな
と思って、「トンネルの入り口に血を流した女の子がいましたけど・・・」
って言ったら「ありがとう」と言ってそのおじさんはトンネルの中に入っていったのですが・・・

なんと、そのおじさんはあの宮崎勤だったらしいのです!
その女の子は宮崎勤に殺されかけて逃げてる女の子だったらしいのです。
お兄さんたちはニュースで知ってすごいショックで、「自分たちが助けていれば
殺されずにすんだのに」ととても悔しがっているみたいです。

((;゚Д゚)ガクガクブルブル

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 09:17
もったいないな 勤君の所から読む気無くなったよ つまらん


321 :もこ:03/11/15 09:17
↑激しくガイシュツだお

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 09:23
>>319
それの宮崎勤じゃなくて大久保清バージョン聞いたことある。
昔からよくあるパターンなのかな。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 09:50
宮崎勤はちょっと苦しくないか?
18才以上の人間にとって、26才の宮崎勤が「おじさん」に見えるか?

324 :319:03/11/15 10:00
>>323
友達は「男の人」と言っていたと思いますが、私自身宮崎勤をよく知らなくておじさんかな〜と
思っておじさんと書いてしまいました。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 10:05
>>319
過去ログ読んでガイシュツ調べてから書き込めよ。
最低限の礼儀だし、スレの無駄消費だ。

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 11:08
>>319
そんなありきたりな糞話を、さも自分が体験したように語って聞かせる
馬鹿で知障な友達の兄が居て良かったな。

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 12:13
>>326
まあ、知障の人間は基本的に迷惑かけるのは身近な人だけだから別にイイんじゃない?
326のようなDQNは赤の他人にまで迷惑かける上に、精神も身体も傷つけるからタチ悪いと思わない?
知障よりDQNの方が役に立たないんだから○んだ方がイイと思われ・・・

328 :もこ:03/11/15 12:43
けんかはよそのスレでしな

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 12:49
もうさあ、「知り合いの○○から聞いたんだけど・・・」とか言うのやめようよ。
それでがいしゅつ話されると余計イラッと来る。

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 12:50
ガイシュツにはレスしないでスルーしろや毎度毎度。
少しは進歩しろや

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 12:56
多少の既出は笑ってスルー出来るけど
ここまで「超有名小話」持ってこられてもねぇ・・・

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 12:56
防空頭巾を被った宮崎勤が死体を担いで時速100キロで耳から白い糸を垂らし
ながら山小屋の四隅を今度は落さないように走ったらマラソンランナーの霊
が出てきて「よくわかったな」と言うので「夢と違うじゃねーか」と言い返
したら「電気をつけなくて良かったね」と言われた。そこに小さな老婆が
やってきて「エイズの世界へようこそ」と呟くと、ベッドの下からダルマ女
が出てきて「お邪魔しました」「ちょっと待て!」と一人芝居をし始めた。
「死ねば良かったのに」と言うと「実は死んだのはおまえらの方だ」と言わ
れた。そこに警察から電話がかかってきて「すぐに小屋から出なさい!実は
電話は100階建てのビルからかかってます!」と言うので小屋を出た。
そこには煮立ったお風呂の中で明日の犠牲者が「かいだんひーとつのーぼっ
た」と呻いていた。気にせず横断歩道の標識を探すと亡くなったメル友が車
のボンネットに手形を付けながら一言、「フジツボ」

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:08
>>332
おつかれ。

話の流れ的には最初の一文に
「○○から聞いたんだけど、」が付いていていると良かった。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:09
>>332
それで赤い部屋を覗くと片目の赤い女が鍵穴からドライバーを突っ込んで
「お父さん、どうしてお母さんおぶってるの?」と聞かれくねくねしたものを見て知的障害になり
「鹿島さん鹿島さん鹿島さん」と唱えたら電話で「あなた死にたいんでしょ?」と聞かれたんだよな。

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:19
>332,334 まるで軽シンの久美子だ (ワラワラ


336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:25
小学生の時、母親に「セックスってなに?」と聞いたところ
母親は「男の人と女の人が仲直りするおまじないよ」と答えた。

その日の夜、両親がケンカした。俺は
「ケンカやめてセックスしなよ、セックスセックス!」と止めに入ったら
父親からボコられた。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:30
>>336
おお勇者よ 世界をお救いください

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:30
この前俺の夢枕に知らないおじさんが立って
「明日の天皇賞・秋は馬連2−10を1万円買いなさい」
って言ったから、買ったら見事に撃沈した。

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:32
駄目じゃん


340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:33
>>336
あのう、さっき実況でみましたそれ

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:35
俺は小さい頃、父親と義理の母のセックルを目撃して
義理の母にぼこられたぞ。

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:37
>>341
複雑な家庭環境ですね。
とにもかくにも、君がまっすぐな子に育ってよかったよ。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:45
さっきから全然怖くないんですけど

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 13:45
>>342
「オカ板に昼間っから書き込んでるまっすぐな子」ってどんなだよw

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 14:43
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、   
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \  
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"  
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/    
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`    
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、   
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、 
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \ 
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ," 
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'"



346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 14:46
ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 14:53
          ,,―‐.                           ,,―‐.                 
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.        ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.  
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、      /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、  
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙   .,,,、.,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙    
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                   { ""  ,/`  ヽ、 `'i、                     
.ヽ、 丿    \  .\                  .ヽ、 丿    \  .\                     
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、    ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、    
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、             ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ               ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ
                 `                                `            

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 14:54
ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:02
昼間は怖い話はでないのね・・・


350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:11
中学校のころ、生徒会の役員だったんだよね。
それでさ、かれこれ7時くらいまで、総会の資料の印刷
してたら、日直の先生以外、いなくなってて、
廊下とか真っ暗で、怖いなぁ、とか思ってたら
窓から見える、別の校舎の電気がついて、
当時好きだったS子さんが忘れ物か何か取りに
教室に入っていくのを見えたんだよ。
こんな時間なのになぁ、とか思いながら、
仕事続けてたんだけど、30分くらいで終わって、
電気がつきっぱなしの教室見ながら
まだS子さんいるのかな、と思いながら
印刷室閉めて、鍵を職員室もっていって、
さぁ、帰ろう、と思い、外でたんだよ。
そしたら、


351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:17
S子の夢は夜ひらく

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:17
S子さんが校門のところで野グソしてた

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:33
S子さんに調教されて立派なM男になりました

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:33
え、S子さんは、死ぬほど洒落にならない怖い思いをしたわけだな

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:35
S子さんがエアマスターですた

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:35
釣ですた


357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:36
間違いない。
このスレのどこかにS子さんが潜んでいる。

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:45
摺醴蠶蠶鸛躔か                    ベ∃壮鎧醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
勺儲靄靄蠶體酌偵Auru山∴          ベヨ迢鋸醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
∃儲霾ヲ髏騾臥猶鬱h  ご笵此∴        ∃f謳廱躔騾蔑薺薺體髏蠶
ヨ儲諸隴歎勺尓俎赴  f蠶蠶蠢レ      ∴f醴蠶鬪扠川ジ⊇氾衒鑵醴
ヨ鐘諸欟厂  ベ状抃  傭蠶蠶髏厂      .ヨ繍蠶蠶臥べ泣澁価価櫑蠶蠶
f罐諸歎      マシ‥…ヲ冖        .∴瀦醴蠶襲jJ鶴門門攤蠶蠶蠶
加罐欟厂        ヘ              ∴f醴醴蠶甑欄鬮°f蠢蠶蠶蠶蠶
溷霾勸                        ∴ヨ繍醴蠶蠶鬮狡圷し醴蠶蠶蠶蠶蠶
醴蠶髟                        ベ湖醴醴蠶蠶蠶庇⊇⊇體髏髏蠶蠶
蠶欟                          f繍蠶蠶蠶蠶蠶曲三三巛憫髏蠶蠶蠶
蠶歉                  澁畄_迢艪蠶蠶蠶蠶蠶蠶甜川⊇川川衍捫軆髏
蠶髟                コ醴蠶奴繍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶齡辷シジ⊇川介堀醴
鬮か                .ベ苛ザベ繍蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醯己に⊇三介f繙醴
鬮シ                        尽慵蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶自辷三沿滋鐘醴蠶
勸                            氾隅髏蠶蠶蠶蠶蠶靦鉱琺雄躍蠶蠶蠶
訃                      ∴∴∴沿滋溷醴髏蠶髏髏韲譴躇醴蠶蠶蠶蠶
髟              _山辷ムf蠡舐鑓躍醯罎體體體驩讎櫑蠶蠶蠶蠶蠶蠶
a            f躍蠶蠶J蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶醯註珀雄醴醴蠶蠶蠶蠶蠶
廴          f醴蠶欟閇憊體醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶靦錐讒醴蠶蠶蠶蠶蠶
シ          禰蠶蠶蠢螽螽f醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶躍蠶蠶蠶蠶蠶蠶
シ          ∵ヴ門夢曠髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
a                ∴シ∃愬嚶髏蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶蠶
診            ベ沿u旦以迢u讒醴髏曠醴蠶蠶蠶蠶蠶蠶
甑シ            .げ隅艪蠶蠶蠶蠶蠶蠢J蠶髏蠶蠶蠶蠶

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:49
Sがドジョウすくいをやっていてた

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:51
いやーん

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 15:52
SはMだった

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 16:03
いやーん

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 16:54
S子は、
「う〇こ出ちゃうほど怖い体験」
をしたのですね?

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 17:14
つまりスカトロに目覚めたMでいいでつか?

365 :もこ:03/11/15 17:38
もこが気持ち悪い。つーかわざときもい子のふりしてんのかな。

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 17:49
オカルトではないけどある意味怖い話を…
大をもよおしてきたときってケツに波が来るじゃん。最初は平気なんだけど何回も波を乗り越えて我慢してると波が収まったと同時におなかが「ゴルルル」とか「ググー」ってなるじゃん。
だけどこれはまだ序の口、すかしっぺで対処できるから。さらに我慢してると今度はケツのアナに直に波が来る。機を抜くと即排便みたいな。
さらにそれさえも我慢してると波が来るとケツのアナが釣った状態になるのよ。こうなったら巣かしっぺで逃げる事もできない。ケツアナをおもいっきりつねられたみたいな感じになって
「ビリビリブー」とか高音系のおならださないと波が終らないわけ。全校集会でそうなったらマジで怖い 

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 18:05
強烈な便意を我慢してでも抜けたくない全校集会。。。そっちの方が怖い。

368 :p:03/11/15 18:14
はじめまして、高校の時経験した話、オレはその時バスケ部で練習のあと
用事があったので急いで帰るために、友だちに自転車を借りました、あん
まり良く整備された自転車じゃなかった(けっこうガタきてた)けど歩いて
帰るより早いと思って。とりあえず急いで走っていました。
 家の近くの神社の中を通っていたとき、パンッと音がして後輪がパンクしてしまい
ました、じゃり道だったためママチャリなら仕方ないと思い、押しながら家に帰り、
急いで着替えて出かけその日は何もありませんでした。オレはBMXってゆう自転車
やってることもあって、パンクくらい直すの余裕だったから次の日自転車を借りた
友だちが家に来たついでに直して返そうとしていた時、あれがただのパンクじゃない
ことに気づきました。
 いつものようにタイヤをはずす時タイヤべらでタイヤをリムからはがしました。
するとタイヤの内側に長い髪が何本かはいっていました、まあ無いことじゃないかな?
っと思いチューブに開いた穴を探そうとした時、唖然としました、
 チューブは何か動物でも食いついたかのような歯型のような穴があき中から
髪の毛がのぞいて見えました、恐る恐るチューブをカッターで切ってみると
長く真っ黒な髪がびっしり詰まっていました




369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 18:51
>>368
小学生の頃、子供のための冒険百科みたいな本で
山道で自転車がパンクして、修理が出来そうになかったら
タイヤの中に草を詰めるってのがあったよ。

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 19:47
心理テストです。
夫と妻と子供三人の家庭がありました。
しかし、不幸な事に夫が不慮の事故で亡くなってしまいました。
そして、亡くなった夫のために残された妻は葬式を出します。
所が、その葬式で妻は自分の理想にぴったりの男性を見てしまいました。
不謹慎なことですが、
妻はその場でその男性にひと目惚れをしてしまいました。
ここからが問題です。
その後妻は、子供を殺しました。なぜだと思いますか?



これ実は精神異常者の心理を知るために作られたテストです。
普通の人なら
「子供が邪魔だったから」
「新しくその男と人生をやり直したかったから」
とかそんな感じだと思います。
ところが、
連続少女誘拐殺人の宮崎勤とカレーに毒物を入れた林ますみ、
この二人がまったく同じ答えをだしたそうです。
二人の回答は
「子供を殺せばもう一度葬式を出す事ができるから」
そうすれば、もう一度男に会えるという訳です。異常ですよね。

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 19:54
370>(((゚Д゚;)))ガクブル

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 19:58
>>370
あのスレ落ちたん?
ないやん。
あのスレはABCDEの問題の答えだしてくれてたら、もっと盛り上がったのになー・・・

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 20:23
>>370
今まで何度出てきたか忘れましたがかなり既出なお話ですね。
でも書いてくれたことに対しては敬意を表します。

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 20:24
俺が読んだやつは、宮崎勤と酒鬼薔薇の二人になってたな。

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 20:25
マジメにスレってもいいんかいな?
実体験なんですが文章書くのが下手なんで怖くないかもしれませんが・・・

高校入って直ぐ位のときに住んでた築年数20年くらいの一軒屋だったんですが
当時まだそれほど普及してなかったダイヤル回線のインターネットで友人達と
チャットで話をしてたんですよ、時間は午前2時くらいかな、んでちょっと喉が
乾いたんで『なんか飲んでくる』って言って階段降りて1階の奥にある台所まで
麦茶を飲みに行ったんだけど、二階から階段おりるとすぐ玄関の扉の前におりて
いって、階段降りきったところに玄関と玄関の外の明かりの電源があるような
造りになってて、まぁもう数年は住んでる家なんで勝手知ったるって感じで、
そのまま麦茶を飲んだんですよ。。
人間ってのは面白いもので、日ごろ住み慣れた場所で何か違うものがあるとすぐ
違和感とかを感じてしまうらしいんですが(職場で自分の机のレイアウトなんか
を他人に変えられるとすぐ気が付くように)二階にあがろうとして玄関前まで
来たときに、なんか変だなって思ったんですよ、ウチの玄関の扉ってのが、木造
の古い家のせいかかなり重厚なつくりになってて、高さも190から2mくらい
はあったんじゃないかな、それでその上にはめ込み式のまどがあるんですが、
そこから覗き込んでるんですよ、女が、、、


376 :375:03/11/15 20:26
玄関は一段高くなってるんで、実際窓から中を覗き込むには身長2.2mは必要
だと思うんですが、しかも深夜なんかに、よく怖い小説なんかで能面のような
なんて表現がありますが、その時にその表現を理解したって言うか、人間の顔
をしてるのに表情が無いだけでこんなにも異質なモノみたいな感じになるのかと
思いましたね、それがこっちを観ているのではなく、部屋の中の壁を覗き込んで
いました。。
悲鳴すら出せないほど驚いてしまい、そういうときの人間の行動ってのは割と
単純になるのか。。自分の部屋に逃げなければと思いゆっくりと階段のほうへ
歩を進めていきました、日ごろ無意識のうち(って言うか日常に組み込まれて
しまった行動)っていうのは恐ろしいもので、自分でも考えてないうちに階段
の近くにある玄関の灯りのスイッチを押してしまったんです、極度の緊張のせい
か、それとも日ごろは意識してないからわからないだけなのかは正直わからない
ですが、あのスイッチってのは押したとき結構大きな音がしました。。
『しまった!!!』っとおもった時にはもう遅く、無表情で壁を見ていたその女
性がその瞬間勢いよくこっちを向いたんです。もうそのあとは無我夢中で、かな
り大きな音を立てながらはいずり上がるように階段を上がり、半ば腰を抜かした
状態で部屋に逃げ込み、鍵を掛け、毛布をかぶっていました。

ちょっと休憩、続きはあとで

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 20:40
>>375
まだぁ〜?

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 20:42
いつまで休憩だいいかげんにしてくれちゃんとまとめてから上げろいらいら

379 :375:03/11/15 20:42
>>377
まだです。もうちょっとお待ちください。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:04
>>1をよく読め!

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:14
また、厨房の嫌がらせかよ。
いい加減にしてくれ。

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:18
今日、昨日起きてないことが明後日に6日後となりお姉ちゃんがお兄ちゃんの出来事に否定されて
朝起きると狼は牛とラブマシーンだと予告し、朝ごはんが7日後の昼食にならずに
そのまま朝食でパンは腐ってヨーグルトがぎゅぎゅんぎゅ〜ん。
もしかすると過去の出来事はやっぱり起きてないって証明できると判断した女子の大嶽さんが
ジリリリリ…と大声で授業中におならがぶりりんこ。
うんちは出なかったけどおしっこも出ないでそのまま授業終了でした。
そんなスレ違いの書き込み許さないだろうけど僕とお友達のなってください。

383 :ひろし10才:03/11/15 21:22
真面目にかけよなー!

ろくに書けねーんんなら書き込むなヴォゲ!!

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:34
テキストに文章書いてコピペするだけの作業で、いちいち何時間も
休憩しなきゃならない奴って、普段どういう生活してんだ?
10メートル歩く毎に、1時間その場で寝たりしてんのか?

385 ::03/11/15 21:38
これから僕のトラウマとなった体験を思いきってうpしようかと思うのですが‥‥‥。
  ‥‥なにぶん思い出したくもない体験なので、あわせて5人の方が希望すればうpしようと思います。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:41
希望します。

一人目

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:41
>>385
ガキ

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:42
>>385
しね

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:43
希望します。 二人目!

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:45
もったいぶった奴で面白い物は無い。
385士ね

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:46
キボンヌ 三人目

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:46
>>385
今日、昨日起きてないことが明後日に6日後となりお姉ちゃんがお兄ちゃんの出来事に否定されて
朝起きると狼は牛とラブマシーンだと予告し、朝ごはんが7日後の昼食にならずに
そのまま朝食でパンは腐ってヨーグルトがぎゅぎゅんぎゅ〜ん。
もしかすると過去の出来事はやっぱり起きてないって証明できると判断した女子の大嶽さんが
ジリリリリ…と大声で授業中におならがぶりりんこ。
うんちは出なかったけどおしっこも出ないでそのまま授業終了でした。
そんなスレ違いの書き込み許さないだろうけど僕とお友達のなってください。

393 :1:03/11/15 21:50


394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:51
4人目。きぼんぬ。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:51
>>385
自演で5人目

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:52
5人目>>385よろしく。

397 ::03/11/15 21:52
「氏ね」

「希望」
が半々、と。   ‥‥氏煮ましょうか。

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:53
俺も希望します 三人目?

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:53
結局、逃げかよ

400 ::03/11/15 21:54
ノノノノ書き込んだらいつの間にか5人に達してた、と。
  書きはじめます。30分待って下さい。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:54
>>397
5人集まっただろうが。話せや。

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 21:55
>>400
先に書いとけや。

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:02
>>375
>マジメにスレってもいいんかいな?
意味がわからむ

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:05
うんこばっかだな、ここ

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:10
>>403
荒らしモドキの相手なんてしてもしょうがないよ。

406 :375:03/11/15 22:11

失礼、小腹がすいたもので、1を良く読まずに書いてしまって申し訳ないです。
これから一気に書くのでご容赦を(なんか途中ニセ375が居たみたいですが、
自作自演ではないので、あしからず)

〜〜〜、、布団の中でどれくらいたったかはわかりませんが、とにかくようやく
少し落ち着いてきて、『自分の部屋だしそれに外から中を見ていたんだから、
幽霊にせよそうでないにせよ中までは入ってこないだろう』などと多少安心
していました(すぐ隣の部屋には兄もいたので)
先ほどまでやっていたチャットを再開し、なかなか戻ってこないのでどうしたか
と心配してくれていた友人達に今あった出来事を話していると、
トン・・・トン・・・トン・・・・、、、っと階段を上がってくる音が聞こえて
きた、結構大きな音を立てて階段を駆け上がったことを思い出し、まぁたぶん階下
で寝ていた両親のどっちかが何事かと思い上がってきたのかな?とも思いましたが
さっきの出来事が頭をかすめ、出るに出られないでいると、階段を半分くらいあが
ったところで降りていくような音が聞こえてきました。
『まぁなんでもないと思って部屋に戻ったんだろう』と勝手に解釈をし、再びチャ
ットを再開しようとすると、また階段をあがってくる音が聞こえてきました
トン・・・トン・・・トン・・・・、、、
さすがにおかしいと思い、さっきの体験が思い起こされます。。。さすがに、家の
中まで入ってくるなんて事は、、、とは思うものの楽観はできません。
そのまま階段を上りきり、恐らく今ナニカが自分の部屋の扉の前にいます。。
そのまま数秒、、沈黙の時間がありました、両親なら『何かあったのか?』とでも
聞いてくるはずなのに、そのまま沈黙は続きました。。
どれくらい沈黙の時間が流れたかはわかりませんが、その緊張も限界に近づき、
ふいに大きな声で『誰?』と叫んでいました。


407 :375:03/11/15 22:13
・・・・・・、、何の返答もありません、、『トントン』と扉を唐突に叩いてきま
した。緊張が張り詰めて息が苦しくなってくるのがわかります。その頃はまだ携帯
なども持っておらず、今の状況を打開してくれるようなものもありません、かと
言ってこの状況を無視することも出来ず、またさっきよりも大きな声で叫びました
『だから誰だよ??』
するとまた、少しの沈黙のあと『ドンドン』っと、さっきより少し強めに扉を
叩いてきました。もういてもたっても居られずに毛布に包まり震えていました。
扉の向こうのナニカは、まるでこちらが見えているのかのように、もう返答でき
ないのをわかっているのか、ドアノブを回しはじめました。
『良かった、鍵がかかっているから入れないだろう。。。』さっき外にいたモノ
が鍵のかかった玄関をものともせずに中に入ってきたという現実を忘れ、これで
助かると本気で思いました。
すると、ドアが開かないのがわかったのか、、
『ドォン!!』まるで扉が壊れるかのようなものすごい音が鳴り、それっきり
まるで何事も無かったかのように辺りはシーンと静まり返りました。
さすがに、扉の向こうから居なくなるような音も聞こえなかったので、小一時間
ほど警戒していましたが、次第に平静を取り戻し、これで朝になってしまえば
大丈夫だと自分に言い聞かせ、なんとか眠ることにしました。
・・・・そして
パソコンの電源を落とし、電気を消した瞬間、二階であるはずのこの部屋のベッド
のすぐ横にある窓を開けようとする髪の長い女性の影と、ガリガリと引っかくよう
な音を聞き、私はとうとう気を失いました。。



408 :長文スマソ:03/11/15 22:13
>385が書いてる間に小ネタを。心霊系じゃないです。
俺の中で死ぬほど怖かった話。

友達の家で飲んだあと原付で帰ろうとしました。後ろに先輩乗っけて。
結構田舎の方だし、夜中(2時ぐらい)だし、別に大丈夫だろうと思いました。
でも念の為、原付のナンバーにガムテープ貼ったんです。

で、出発。10分ぐらい走ったところでばったりパトカーと遭遇。
アクセル全開で右へ左へ。幸い住宅街だったので簡単に逃げれました。
で、一応二手に分かれて逃げたんです。先輩は走って、俺は原付で。

俺は人の家の駐車場に隠れました。で、10分ぐらい経って先輩に電話合流。
ちょっと危ないな、ってことで別々に帰ることにしました。先輩はタクシーで。

で、ガムテープは剥がしたほうがいいだろうということで剥がそうとしてると

 警  察  様  に  ま  た  遭  遇  。

原付の鍵抜いてたし、メットイン開けてたしで、俺は「あぁ、ダメだ」と思ったんです。
そしたら先輩が一言。

「  行  け  」

Σ(゚Д゚;)マジすか!?マジすか!?パトカー目の前っすけど!!
「いいから行け」

急いで鍵差して、エンジンかけたけど、やっぱり時間かかって警察が降りてきました。
捕まる!と思ったんですけどなんと先輩ダッシュ。囮になってくれました。

そのおかげで俺も逃げられたし、先輩も無事逃げられました。

あんまり怖くないかもしれないけど、俺にとってはかなり怖い体験でした。

409 :375:03/11/15 22:13
次の日、消したはずのパソコンの電源が点いており、掛けておいたハズの部屋の
鍵が開いており、しかも隣の部屋にいた兄や階下で寝ていた両親は何の物音も
聞いていない(兄は4時ごろにおきてトイレに行ったらしいが、その時既に
私の部屋の灯りは消えていたという)と、悪い夢でもみたんじゃないかと思い
そうになったが、次の日に友人から『昨日はあのあと平気だった?』と聞かれた
ことと、窓の外側の端っこに残った引っかきキズと、赤いアニキュアのような
モノによって、否応無しに現実だったと思わされます。

あんまり怖くなかったですか?
他にもいろいろ体験はありましたが、私が体験したものの中で一番怖かったです。

長々とした文章で、しかもなんか途中時間を空けてしまい本当に申し訳ありません
でした、ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。


410 :ひろし10才:03/11/15 22:14
気のせいだよ。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:17
>>345
ブラウザのテスト

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:19
>>408
お前が悪い
そのとき捕まってしっかりお灸をすえられておけばよかったのに

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:21
>>411
小窓に「ペニス」の文字が..
ガクガクブルブル..

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:22
>>408
これだからDQNは・・・。

415 ::03/11/15 22:25
あれは忘れもしない、小学5年生の秋だった。
その時僕は、一週間前にあった秋の遠足の新聞を終わらさなくてはいけなかった。
その新聞は五人の班で一枚出せば良かったんだけど、提出期限が明日だって気付いたころにはもうみんな帰っていたんだ。
そのころ僕は素直で真面目な小学生(そのころの小学生は大体みんな素直だった気がする)だったし、家でやるという方法はなぜか思い付かなかったから、普段は三時に帰れる学校に一人で四時まで残っていた。
やっと一段落ついて、荷物をまとめ、嬉々とした表情で廊下に出た時、僕は「それ」に気付いたんだ。
  ーー向いの教室から、誰かがこっちを見ている。
僕の通う学校はちょうど「工」の字のような形をしていて、二つの棟が渡り廊下でつながっているんだけど、四階にある僕の教室の、中庭を挟んだ「工作室」から、窓ガラスに手をついて、小学低学年くらいの子が(多分)こっちを見ていたんだ。
もちろん放課後の学校に用がある子供もいるだろうけど、ただひとつ気になったのはその子の手以外が見えないことだった。腕から向こうが影になったように暗くなっていて全然見えなかった。
結局、「工作室の電気が付いていないからだろう」と自分で納得して、階段まで行き、一階分降りた。
でもどうも気にかかって、三階の階段の窓からもう一度そっちを覗いてみた。
 ‥‥最初は、もういなくなったと思ったんだけど、よく見ると、工作室の真下にある(つまり三階の)教室から、まだその子はこっちを見ていたんだ。
 なんか変だぞ、と思って天井の蛍光灯を睨みながら少し考え、そしてまた向いの棟の方を見る。
  ‥‥‥いない‥?  さっきまでその子がいた近辺にはもう誰も見えなかった。
でももっと広い範囲で探してみると、案外すぐ見つかった。
                  ‥‥‥‥渡り廊下に。

416 ::03/11/15 22:34
(上の続き。)
   ‥‥‥追ってくる!!
僕は反射的に逃げ出した。考えてみれば僕が階段へ移動したわずかな時間だけで真下の部屋に行けるはずがないんだ。そして途中何度も転びそうになりながらやっと、昇降口に付いた。
靴のかかとを踏みながら急いで外に出て、さらに数メートル走った時だった。
   「ガタンッ!ガタガタガタン!!」
後ろの方から物凄い音が聞こえてきたんだ。慌てて振り返ると、金属製のロッカーの蓋が二枚、壊れそうなくらい激しく開閉していた。昇降口には誰一人いないのに。
昇降口の前で遊んでて子供達があっけにとられる中、僕は無我夢中で家へと走った。
その夜は恐くてずっと自分の部屋で震えていた。
渡り廊下は両側窓でとても明るかったのにも関わらず、「それ」がいたあたりは真っ黒なもやのようなものにおおわれていて、手以外はなぜか全く見えなかった。
その手にしても、現実感・人間味の感じられない、妙にツルッとした人形のような手だったことを覚えている。

ヘタレ文なので恐くなかったかもしれませんが、実際体験するとかなりヤヴァイでつ‥‥。

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:36
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1068899075/l50
このスレの4〜26くらいまで見てみ。

418 ::03/11/15 22:37
訂正。
昇降口の前で遊んでて子供達
      ↓
昇降口の前で遊んでいた子供達

やっぱ氏煮ましょうか‥‥‥。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:42
>>418
士ね

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:50
てかさぁ、何で世界まる見えみたいな口調なんだよ
全然怖くないし

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 22:54
親友(以下、T)の体験した話だが、漏れもそいつも北海道に住んでて、
ある日Tが数人の友達と親とでニセコかどこかでキャンプした。
そしたら、Tは結構ワルだから夜中に抜け出して友人と探検に行ったそうだ。
古いペンションみたいな建物があって、その建物の近くに行くと、
そいつと一緒にいた女が、「何か出て来てる!!」と喚いた。
そのTはそういうのが見えないから、「何か」が何なのかは分からなかったが、
とにかく焦ってた。それで最初のキャンプ場へ戻ったんだけど、
その夜に別の友人と話して、その日あったことを振り返ってたら、
いきなり外を何かが通った。夜だし、皆寝てるのに。それに足音も聞こえなかったそうだ。
んで帰ってきたそいつから直接電話で聞いた。
ちなみに、電話で話してる最中も何故か背中に視線を感じた。
書き込んでる、今も・・・な。

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:17
409>最初から最後まで読んだけどめちゃくちゃ怖かったよー!うえーん(≧□≦)。

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:21
>>422
自作自演ウザイ

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:23
ポジティブなレスがあると自作自演だと決めつけるスレはここですか?

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:25
>>423-424
自作自演ウザイ


426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:34
>>421
夜中抜ける=ワルって発想がちょっと・・・

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:43
>>421
自意識過剰です。

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/15 23:58
>421はワルダー

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 00:08
ワリオ

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 00:10
チンポコ?

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 00:22
ワリオの弟がワルイージってほんと?

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 01:49
聞いた話ですが。

ある日、冬の早朝の事です。
車を暖気しようと、エンジンをかけたらエンジンルームから
「ブギャッ!」
と、獣の叫び声がしたそうです。
慌ててエンジンを切り、ボンネットを開けてみると、
そこには地獄のような光景が…
子猫が寒かったので、エンジンルームに入って寝ていたようだったのです。
それを知らずにエンジンをかけてしまったようなので…
その車は廃車にしてしまったそうです。

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:04
猫が自分でボンネット開けて入ったんですか?

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:05
あほ、考えてから物言え。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:05
エンジンかけたばかりなら焦げ付いてはいないだろうから、
思いきり洗い流せば何とか取れると思うけど..


436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:08
>>433
下のオイルパンカバーが外してあれば、入れるよ。

437 :エンジンルームに猫侵入:03/11/16 02:15
ある小雨の降る寒い朝、近くに住んでいる友人がエンジンが掛からなくなってしまったと言って我が家にやって来ました。
てっきりバッテリートラブルかと思いきや良く聴いてみると、エンジンをかけようとスタータースイッチを回した瞬間、
妙な音がしていつもとは違うなと感じつつ、再度スターターを回した時大きな音がしてエンジンが掛からない状態になってしまったと言うのです。
何はともあれ行ってみなければ合点が行かないので、私の車に友人を乗せ自宅前に着きエンジンルームを開けてみると、
思わず目を背けたくなる光景が目に飛び込んで来たのです。
ファンベルトに巻き込まれた猫がバラバラに解体され肉片はあちこちに飛び散り、全てのVベルトが外れているのです。
友人は元自動車整備士ですからメカには滅法強い筈です。まさかの猫にショックを受けたのでしょう、理由(わけ)も言わず言葉少なになってしまっていた為、
私にはその状況が良く呑み込めなかったのです。
ちなみにトヨタのワンボックス車です。

438 :エンジンルームに猫侵入:03/11/16 02:16
彼が長年付き合いのある整備工場に電話連絡をしたのですが、
死んだ猫に触れる者は誰一人いないと断られてしまったのです。
仕方ないので私のお得意様の整備工場に連絡すると心良く来てくれ、
テコを使い死骸をあらかた落としてくれましたがそれ以上の事をさせる訳には行きません。
友人はというと論外という顔しているので、彼の奥さんが用意してくれたゴム手袋とポリ袋を横目で見ながら、
これは私がやるしか無いのかと決心をし、
拾い集め始めたものの目玉は吹き飛び地面に落ちてそれを取ろうとしても、
駐車場のコンクリートにへばりつき力を入れないと取れないという状態になっていましたから、
気持ちが悪いなんてものでは有りませんでした。私はそれ程神経が太い方でありませんから、
大切な友人でなかったら恐らく出来なかったと思います。
幸いその日は可燃物収集日で清掃車が来る前に終了していた為、
そのまま集積所に出せたので保管する必要なくその点は助かりました。

439 :エンジンルームに猫侵入:03/11/16 02:19
死んだばかりで臭いがなかった事は救われましたが、
嫌が応でも腐乱死体に接触しなければならない職業の方(警察官等)は、
本当に大変だろうなとつくづく感じたものでした。猫は寒さが大の苦手ですから、
少しの隙間からでも暖かい場所を求めて、エンジンルームなどに入り込む可能性は充分に有ります。
実際この事故は増えているそうです。野良猫が多いとか車体に足跡がある等思い当たる節がある場合は、
エンジンを掛ける前に人間の気配を感じさせる事によって、小さくとも大切な命を守ってあげる事が出来る訳です。
ドアの開閉時の音、タイヤを蹴るなどは効果があるかも知れませんね。オートスターターでエンジンを始動させている方、
タイマー設定なさっている方は特に気を付けた方が良いと思います。因みに彼の場合は
ドアを開けてからの普通のスタートでしたから不可抗力であったとは言えますが、
何故その時の音で臆病な性質の猫が逃げなかったのか、不思議ではありました。


もまいらもエンジン音が妙な感じのときは気をつけろよ。

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:24
整備士の弟が言ってたけど、冬場にはエンジンルームの中に猫が潜り込む場合があって、それと気付かずにエンジンかけてファンベルトに巻き込まれ…しばらくして、かなりの悪臭で気付く事があるって。
防止するには、エンジンかける前にボンネットを叩くとイイって。

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:28
俺の時は運良くベルトにはさまれなかったよ・・・
エンジンかけたら子猫の恐怖の叫びが聞こえたのでまじびびった
あぁ、あの子猫死なないでよかった・・・

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:33
もし漏れがエンジンをかけた時、エンジンルームから猫の叫び声がしたら…
怖くて、ボンネットなんて開けられないよーーーっ!!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:39
http://www.geocities.jp/minowa_suzu/
このサイト怖かった・・・
少年漫画板だから脅かしかと思ったんだけど

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 02:51
>>443 ガイシュツですよ(゚ー゚*)


445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 03:23
http://x51.org/archives/000495.php
この話読んでて、寒気した。怖いとかじゃなく、なんとなく嫌だろこんなこと・・・


446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 04:16
むかし母から聞いた話

まだ俺が小さかった頃、ふと目がさめるとちょうど親父がトイレに行こう
としてるのがみえたんで、どうせ目がさめたし戻るまで起きてようと思った
らしい、んでどれだけ待っていても親父は戻ってこない・・・単にトイレに
行ってるだけなら遅すぎるな〜って考えながら寝返りをうったら、逆の隣で
親父がねていたらしい・・・
部屋の入り口はひとつだけだし、母は起きてその入り口をジーッと見てたから
親父が入ってきたのを見逃すはずも無く、、
あの時出て行ったのは一体誰だったんだろう??

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 05:58
>>446
ドッペルケンガー

>猫ネタ
エンジンスターターに猫避け防止機能。
エンジンスタート前、ボンネットを叩くアーム付き。
つうの有ったら買う?

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 07:13
わだしの経験だ聞いてくれるのことですか? それとも聞かないでありますか?
それはわだしが2003でした。夏の厚い厚い日の夜でござりました。そしてその時は
わだしは長い髪のゆすでござりました。わだしは日本に来てまだまもなくの人で
ござりましたのでとてもきょうふの事でした。だからわだしは家帰ったの時は
いつもかぎをかけるでテレビジョンのおとをいとして大きくしてみていました。
わだしの古さと大韓民国ではこんなに風俗はござりませんでした。いつも家はひるは
かぎを明けて同朋が来たりしての待っていたのです。でも日本怖いの國。盗みひとが
いつもの同朋のやうに普通に家くるの入るのことでござります。そう母親から
言ったのことです。日本の人悪いの人も大くいるから心配してください。
だからわだしはいつも家帰ったとかぎをかけていたのであります。

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 07:15
その夏のひも、わだしはかぎをかけてテレビジョンを見るのことに気持ちをあつめて
いたのことです。でもその日ほかの毎日とちょと異なるの日でございました。
その理由はちょっと心の像がときときしたであります。理由ございませが心配しま
した。でも次の日は大学校があるの日でありましたのでそのまま寝るように感じ
ました。夜のまんなかぐらいの時刻にはわだしはいきなり起きましたでございます。
そして目の前に女の人すわていました。日本すわりですわていました。
女の人いいましたの時しかしわだしは日本語はんだんするがむつかしくすべてに
不思議でございました。言いたいのことなにか行方不明でございました。
わだしは体がうごかすむつかしかった。その女の人なんか大きなこえで言って
きえたのでございました。わだしは小しの時を辺て体がうごかすできた。
その次の日大韓民国の友達にメルしたのことでございますがその人は日本には
化け者大いのことでございます。心配してくださいと着信してございました。
とても怖いのことでございました。その日よりあとのときは女の人着ません。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 07:18
このお話をみたの日本人はうらまれると良いのでございます。
いまそうお祈りございました。さよなら。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 07:25
読みにくいからスルーしましたが何か?

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 07:31
前このスレに貼ってあった縦読み
延々と今から話す話について説明しているだけで
全然話が始まらない、それが数レスに渡って続く
それが実は縦読みで・・・というやつがもう1回読みたいです
誰か貼ってくれませんか?

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 07:48
エンジンルームキャットねたで疑問なんだけど。
ボンネット開けても、猫が入るような隙間は見当たらないよね。ベルトの周りだって補機類がギッシリじゃん。
オレあんまり車に詳しくないから、下回りから入れば案外スカスカなのかもしれないけど。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 08:03
>>437
要するに、元自動車整備士である「友人」は猫が
バラバラになっていることを自分で確認しておきながら、
後始末を押し付けるために、
嘘をついて(=真実を部分的に話して)「私」を誘き出したわけか。
確かに洒落にならない話だな。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 08:16
>>454
素敵なまとめ文ですな。ちびっと尊敬。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 09:07
猫が車でミンチになった話は聞いたことあるな。
やっぱり寒いから潜り込んじゃうらしいんだけど
エンジンかけた瞬間にブシャァと血が出るって聞いた。
10年前くらいに聞いた話だけど、よくあることなのか…

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 09:42
前このスレに貼ってあった縦読み
延々と今から話す話について説明しているだけで
全然話が始まらない、それが数レスに渡って続く
それが実は縦読みで・・・というやつがもう1回読みたいです
誰か貼ってくれませんか?
元々は他の板からなのかもしれませんが

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 09:48
>>443
>>445

なにこれ?

459 :名無しさん@Linuxザウルス:03/11/16 10:31
>>453
エンジンルームはハイスペックになるほど隙間が無くなる
一昔前のシビックとかだとかなり隙間だらけだよ

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 13:13
c32,33ローレルは6気筒のエンジンルームに
18004気筒のモデル有り。
まるで日の丸弁当。

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 13:13
>18004気筒
1800、4気筒

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:05
エンジンルーム猫はインパクトはあるが、どう考えても猫が悪いと思う。
あんなのん気な生き物は、世の中なめてるからそんな目に会うんだ。
他の猫を連れてきて、ちゃんと死体を見せて学習させろ。エンジンルームには
入っちゃいけませんと。

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:07
>>462
君、あまりペットを飼った事ないでしょ?

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:09
うちの車の屋根がお気に入りの野良がいて
買い物に行こうと駐車場に行くと やっぱり今日もいました
自転車で行くことにしますた。


465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:14
462が動物霊に呪われますように(・∀・)

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:18
》462 お前みたいな生命の尊さが分からない基地外が親になったら子供は間違いなく猟奇殺人犯になるな

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:21
あら?屁が止まらない!?

468 :鈴木あみ(仮)`95 ◆AmI/HALM1M :03/11/16 15:22
    死んじゃった猫はかわいそう。
|ω・`) でもそんなトコに入る猫もちょっと悪いと思う。
    あ、ごめんね。

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:22
462》お前の死体見せて学習させれば?こんなデムパになっちゃいけませんよと。

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:23
犬好きなんで猫ってよーわからんが なんであんなとこ入り込むかね、、、
ボンネットの上なら追い払えば良いんだよね


471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:26
468>猫にとっちゃそこがどんな所か分かる訳ないんだから猫に非はないと思うけどな。てかお前は猫の味方なのかそうじゃないのかどっちなんだ。

472 :鈴木あみ(仮)`95 ◆AmI/HALM1M :03/11/16 15:31
|ω・`) 猫は好きだけど自分の家の車の中には入らないで欲しいと思う。

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:31
犬は何でも言う事聞くからつまんないでつ。猫たんは気まぐれでわがままな所がカワイイ。という訳で猫たん万歳!

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:34
472> じゃあ車の隙間全部ガムテープで目張りすれば

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:37
屋根に猫を乗せて走ってる車を見たことがある

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:37
レスNo.>

何故に逆にする。

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:38
ushi,gara,no,neko,ni、gyuuta,toiu,namaeo、tsukeyasita...

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:40
ぎゅうた〜良い名前ですな。
うちのも白黒で名前はミソ吉だす。

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:41
>>477
洒落になんねぇ!!

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:44
猫は気をつけろよ
ファンベルトってわかるかな?エンジンかけると回りだすのだが
そこに、絡まってバラバラになる。整備士をやってたときの実話だ。
猫飼ってたら必ず下を覗けよ。ついでにベルトも切れて
車走らないぞ。

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:47
>478 なぜ白黒でミソ吉!でもな〜んかカワイイ。友達が飼ってたハムたんは「茂吉(もきち)」「与作」でした。

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 15:56
konotokoro,internet、setuzoku,furyou,de,yowariyasita。gyuuta,toiu,yakinikuya,hatena,ga、ariyasita。kotiraga,sakiyasu。yukuefumeini,nariyasita

483 :鈴木あみ(仮)`95 ◆AmI/HALM1M :03/11/16 15:59
|ω・`) どうしてアルファベットなの?読みにくいれすよ。

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 16:03
つーか 禿げしくうざいよ

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 16:07
>>481
私の友達はハムスタに『坂田』という名字の名前を付けてたよ

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 16:09
そろそろ怖い話が聞きたいよ(゚ー゚*)

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 16:22
一昨日の朝バイクで事故っていま病院のベッドにいるんだけど
ヘルメットのヒモに引っ掛かって左の耳が千切れてしまい
あと左足のひざから下が切断されて無くなってしまいました
切断された俺の足はどこに逝ったんだろう・・・

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 16:34
>>487
足なだけに一足先に天国へ…

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:02
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) 

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:06

  ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
 ( ´д)ヒソ   ,、,、  ヒソ(д` )
( ´д)ヒソ   (488)   ヒソ(д` )
( ´д)ヒソ    ゚しJ゚    ヒソ(д` )
 ( ´д)ヒソ        ヒソ(д` )
  (   ´)ヒソ(   )ヒソ(`   )

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:15
487》どうかお大事になさってください。命があっただけでも奇跡です!

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:18
>>491
>487》ど(ry
~~~~~  
おまえはそれをどうにかしろ

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:28
夏休み。
友達と肝試しに、近くの廃工場にいったんだが
ホントに真っ暗で、2人じゃきつい、、と思って
何人かの友達にメールして、
11時頃かな、なんとか集まった5人で
敷地に入っていったんだよ。
その工場って、数年前、経営者が
殺人未遂で捕まって、閉鎖された、とかで
放火騒ぎとか、恐喝の現場になったとか
結構問題のある場所だったんだよ。

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:31
もちろん、学校とかにも連絡が来て
立ち入り禁止、とか連絡してたんだけど
当時、本物の馬鹿だった自分たちは
「中の写真撮ってくる」
って公言しちゃって、強がりながらの
肝試しだったんだよ。

中は結構広くて、いくつかの棟にわかれてて
友達2人は入り口すぐの事務所、
自分とあと2人が、奥の倉庫にいったんだけど
自分たちが奥に向かってると、
事務所の窓から友達の持ってる懐中電灯の
明かりが見えるんだよね。


495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:32
それで、その明かりがどんどん進んでくから
「すごいなぁ、あいつら」
とか思ってたら、別の方向からも
明かりが来てるんだよね。
変だな、とは思ったけど
とりあえず、奥の倉庫探検して
何もないなぁ、とか思いながら
外出てたら、ふと気づいたんだよね。
倉庫はいる前に見えてた光が
ずっと同じ位置にある、って。


496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:33
さすがに不思議に思って
事務所のなかに入っていったんだよ。
友達の光が見えたのが4階で、
階段駆け上っていくんだけど
階段、3階までしかないんだよ。
怖くなって外にでたら、やっぱり4階に
光が止まってる。
あきらかにおかしいんだよ。
なかに入ると、3階、外から見ると4階。
呆然としてたんだけど
俺、見ちゃったんだよ。
ライトの影になって浮き上がってる
人の影が、両脇に何か抱えているの。


497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:33
そのあと、俺は気絶して
次の日の朝、家で気がついた。
それで、すごいしかられると思って
親にあったら、すぐ着替えろ、って言われて。
車に乗せられて警察いったんだよね。
住居不法侵入かなんかで補導かな、、とか思ってたら
テレビでよくある部屋に連れてこられて
事務所に入っていった友達について聞かれたんだよ。

最後まで信じられなかった。
その友達が、行方不明だなんて。
俺はずっと、事務所の4階だっていったんだけど
警察の人(結構若いお兄さんだった)に
「あの事務所はもう無いぞ」
っていわれたんだよ。


498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:36
その夜に、いっしょに肝試しいった友達も
同じこといったから、警察もひととおり調べたらしいけど
その友達と、事務所は見つかってない。
俺も、自分の目で確かめたけど
あの夜、俺たちの入った倉庫以外、
その工場の敷地内に無いんだよ。
なんていうか、記憶と現実に矛盾が存在してる。
他の友達も、絶対にあったっていってたんだけど
今では、無かったのかもしれない、っていってるんだよ。


499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:39
もうあれから何年かたったから
あれは夢だったんだ、って思うようにしてるけど
頭から離れないんだよ。
あの大きな人影と、両脇に抱えられるふたつの影が・・
今でも、その友達は帰ってきてない。
今でもあの事務所の4階で俺たちを待ってるのかもしれない。

オカルト、って軽い感じするけど
恐怖体験、とかそういうのより
自分の記憶が信じられないのが、一番怖かった。
洒落にならないほど怖い話。
俺の人生では、この体験がそうなんだよ。


500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:43
 以上、長文ごめん。
 
 創作じゃないです。
 一応、中学生行方不明ってことで
 最近まで捜査されてたんだけど
 特番とか、そういうのも取り上げなくて
 先月くらいに、捜査を通常に戻す(特別な捜査をやめる)
 って連絡がきました。
 心の区切りをつけたい、と思って書いてみました。
 いなくなった2人が帰ってくること祈るべきか
 記憶から消し去るべきか、
 当時住んでいた街からはひっこし、
 いっしょに肝試しにいった友人とも
 今ではあまりあっていません。
 それでは、Have a nice occult!

501 :たくみ ◆tAKumiyTI. :03/11/16 17:44
500ゲットニダ ━━<ヽ`∀´>@∀@)`ハ´)´Д`>━━!!!!
500は韓国固有の領土ニダ!
                    /|__        >>499 所詮チョパーリの脳ミソではウリには勝てないニダ!!
                  / ̄ | ヽ       >>501 糞スレ伸ばしご苦労ニダ!!
              ___<<丶`∀´>      >>502 502ゲットした栄光ある>>502は在日ニダ!
          =≡  / .__   ゛ \   .∩ >>503 惨め極まりないニダ!! ウェーッハハハ
        ‐=≡  / /  /  ◎/\ \//  >>504 4コタホアー!!ティンコたってハムニダ!!
       ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/   >>505 チョパーリ女発見ニダ!!レイープするニダ!!
         ‐=≡    /    /         >>506 には名誉国籍をくれてやるニダ!! 拒否は許されないニダ!!
          ‐=≡   |  _|___        >>507 たかが一回野球で勝ったぐらいでいい気になるなニダ!!
           ‐=≡  \__ \       
             ‐=≡ / / /       
``)          ‐=≡  // /
`)⌒`)       ‐=≡ / | /
 ;;;⌒`)      ‐=≡ / /レ

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 17:52
493-500》((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル どこに連れていかれちゃったんだろう…

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 18:03
そういう神隠し的な事にあった人って
まじでどこにイってんだろ 4次元か?

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 18:08
>>503
君の家の壁の中に埋め込まれてるかもね

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 18:10
久しぶりにキタ━━━((((;゚д゚))))ガクガクブルブル━━━ !!


506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 18:12
>>502
北だろ?w

507 :493-500:03/11/16 18:18
>>506
北・・・
今思うとそうかもw

しかし、いまだに親御さんは
その廃工場に毎日行っておられて。。
少し罪悪感。
もしあの時、彼らを呼ばなければ・・
蛇足でしたね。。
名無しに戻ります。

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 18:35
ファンタ・ゴールデンアップルは存在しなかった。

っていう事がわかった時、自分自身の記憶が信じられなくなった。

509 :(((((((( ;゜Д゜)))))))ガクガクブルブル:03/11/16 19:17
漏れの実体験 書き込んでもよい?

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 19:20
小額5年生のときの話。
昔住んでた家での事なんだが、2階建てで2階にコタツがあってTV見れる場所になってたのよ。

んでその日俺は一人で留守番してたんだ。
俺ってコタツの中もぐるのが好きでさ、よくコタツの中の赤い薄暗い光で絵を書いてたんだな。
しばらく書いてたらオシッコしたくなってきた。俺はコタツから出て熱くなった体を冷やして1階にあるトイレへ向かったんだ。
2階から1階へ降りる階段までは通路になっていて丁度階段のところまで歩いて降りようとしたとき、1階から2階へあがる間の踊り場みたいなとこに白装束を着た女性が後ろ姿で猫背気味に立ってんだよ。

しばらく動けなかったが俺は急いでコタツのある部屋にダッシュで走ってスゴイ勢いでコタツにモグリこんだ。
・・・暑いが我慢した。 1時間くらい恐怖に耐えていたね。汗がポタポタ垂れてきてたのまだ覚えている。
俺は外の様子をうかがおうと毛布を少しめくった。
そしたら目が真っ黒の女の顔がすぐそこにあったんだ。俺はしばらく動けなかった。凝視していた。
女の顔は瞬きをパチパチとしながら微笑んでいたよ。


511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 19:45
ひいい

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 19:50
>>500
創作じゃないのなら現場の詳細を明かす事によってマンパワーが集まり、真相が解明できるかもしれませんよ( ´,_ゝ`)プ
面白かった

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 19:51
>>508
俺ガキの時飲んだことあるんだけど・・・・
静岡におばさんが住んでて、その家の近所の自販機で買った飲んだ記憶が。

514 :もこ:03/11/16 19:54
もこだよー
ひさしぶり!

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:05
>>493-500
もう遅いよ。日本は国内にジェット燃料の大量備蓄を始めた。(実行中)12月に6
カ国会談だが、ここで北朝鮮が交渉の先送りをすると、3月ごろにはプルトニウム
の抽出が終わる。この時点で、北朝鮮に大規模な限定空爆が予定されているのでは?
   米軍基地に大量の燃料が短期間に急速に搬入が確認されたら一ヶ月以内に戦
   争開始ってことで
http://www.google.co.jp/search?q=cache:CMY3V257bvUJ:www.jreu.or.jp/topics/beitanyusou.htm+%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E7%87%83%E6%96%99%E3%80%80%E5%82%99%E8%93%84%E3%80%80%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%80%80&hl=ja&ie=UTF-8
米軍横田基地は、首都圏東京の西部に位置し、立川、福生、昭島市などと隣
接する本州でも有数の米軍基地です。
 私は、その横田基地への米軍タンク車(米タン)の鉄道輸送に従事してい
ます。通常、米タンは精度の高いジェット燃料から灯油まで数種類で、川崎
から拝島までを一日数往復しています。その輸送量は年間予定3000両に
なります。
 9月11日テロ発生に対する米国のアフガニスタン軍事攻撃を前に、この
輸送に変化が現れました。通常土曜日は設定されていない運行が、いち早く
運行され、10月4日までの11日間に年間分の10%のジェット燃料を搬
入しました。これで予備タンクは満杯になったし、本タンクも含めると相当
量の燃料が備蓄されたことになります。
 また米軍による車両の警備点検も厳しくなりました。15両のタンクを入れ換え
機で牽引し基地のゲート手前で一旦停止し、全車両を迷彩服の米兵が点検するので
すが、点検が終わるまで途中の3カ所の踏切は遮断されたままで、民家の軒先に燃
料を満載したタンクが止まるという危険な異常事態が生じました。
 ところが、この集中的な米タン輸送は10月4日以降全面運休となりました。こ
れを見た輸送関連会社の社員は「空爆は近いぞ!」と報復戦争の開始を予測したの
です。案の定、アフガニスタンの空爆は10月8日未明から開始されました。



516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:15
》510 こ、こえーー!

517 :ひろし10才:03/11/16 20:28
もこうぜー 市ね


518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:31
ひろし
女の子紹介して

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:34
女の子

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:45
                         __    __,,,,,,,,,,,,,,,_
                      ,,;;;iiiiiiiiiiiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;、
                      ,;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;、
                      ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;、
                  ,iiiiiiiiiiiiiiiii''"   ゙``'iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、
                   ,iiiiiiiiiiiiiii''        `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
                ,iiiiiiiiiiiii!'          `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
                    ,iiiiiiiiiiiii!               `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
                    iiiiiiiiiiiiii! _,,....,,__         _,`!iii!iiiiiiiiiiiiiiiii,
                iiiiiiiiiiiiii!´ _,,....,,_~"''':.   .:''"~_,,...`!i!iiiiiiiiiiiiiiiii
                iiiiiiiiiii!! `ゝ_●..'ヽ :  :: γ.●,,ノ'!!iiiiiiiiiiiiiiii
                 iiiiiiiiii|!'    ~""~` :  : ´~""~  '!iiiiiiiiiiiiiii
                 iiiiiiiiii|'          ;  ;       'iiiiiiiiiiiiii
                     iiiiiiiiiii|:.        ,;'  ';,        |iiiiiiiiiiii!
                   iiiiiiiiiii'i;:.     . :'(.,;.  .;,)': .    ,!iiiiiiiiiiiii!
                   iiiiiiiiiiiiii'!;:.         `"´       /lliiiiiiiiiiii!
                 iiiiiiiiiiiiiiil\:::..   ,:=二'二=:,  ./llliiiiiiiiiiii!
                  iiiiiiiiiiiiiiiillllii\:..  ~"''"''"~  /lllllllliiiiiiiiiiii!
                 iiiiiiiiiiiiiiiillii;;;:: `ー-..............-‐´illlllllllllliiiiiiiiiiii!

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:47
↑もこ?

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:47
                         __    __,,,,,,,,,,,,,,,_
                      ,,;;;iiiiiiiiiiiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;、
                      ,;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;、
                      ,;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;、
                  ,iiiiiiiiiiiiiiiii''"   ゙``'iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii、
                   ,iiiiiiiiiiiiiii''        `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
                ,iiiiiiiiiiiii!'          `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
                    ,iiiiiiiiiiiii!               `iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,
                    iiiiiiiiiiiiii! _,,....,,__         _,`!iii!iiiiiiiiiiiiiiiii,
                iiiiiiiiiiiiii!´ _,,....,,_~"''':.   .:''"~_,,...`!i!iiiiiiiiiiiiiiiii
                iiiiiiiiiii!! `ゝ_ ..'ヽ :  :: γ. ,,ノ'!!iiiiiiiiiiiiiiii
                 iiiiiiiiii|!'    ~""~` :  : ´~""~  '!iiiiiiiiiiiiiii
                 iiiiiiiiii|'          ;  ;       'iiiiiiiiiiiiii
                     iiiiiiiiiii|:.        ,;'  ';,        |iiiiiiiiiiii!
                   iiiiiiiiiii'i;:.     . :'(.,;.  .;,)': .    ,!iiiiiiiiiiiii!
                   iiiiiiiiiiiiii'!;:.         `"´       /lliiiiiiiiiiii!
                 iiiiiiiiiiiiiiil\:::..   ,:=二'二=:,  ./llliiiiiiiiiiii!
                  iiiiiiiiiiiiiiiillllii\:..  ~"''"''"~  /lllllllliiiiiiiiiiii!
                 iiiiiiiiiiiiiiiillii;;;:: `ー-..............-‐´illlllllllllliiiiiiiiiiii!



523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:49
>510 には続きはないのかな? ありそうな感じなんだが…。


524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:50
                iiiiiiiiiiiiiiiilli;;;:: :           :;;illllllllllliiiiiiiiiiii!
                iiiiiiiiiiiiiiiilli;;:::: :           ::;;;illllllllliiiiiiiiiiiii!
                    _,,..iiiiiiiiiiiiiiilli;;::::: : :        ::::;;;;illllllliiiiiiiiiiiiiii!.,,_
           _,,i-i‐'''"~  iiiiiiiiiiiiiiili;;:::::: : :        ::::::;;;;;illllliiiiiiiiiiiiiiiii!  ~i~i'‐-..,,_
     _,,..-''''~   i i  ''''--iiiiiiiiiiiiiiili;;::::::: : :       ::::::;;;;;;;illiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!  i i     ~"-.,
    ,r'"       i i    ,iiiiiiiiiiiiiiii!'''''''''''―:::..  ..:::―''''''''''iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii! i i        ヽ
   i'        i i   ,!iiiiiiiiiiiiiii!               iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii! i i          'i
    |            i i    iiiiiiiiiiiiiiii!                iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!i i         |
    |         i i   !ii!iiiiiiiiiiii!                iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii! i           |
. . .|         //ヾ、 ,!!iiiiiiiiiiiiiii!                iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!ヾ、           |
. . .|        //  ``!iiiiii!iiiiiiii!                 iiiiiii!iiiiiii!iiiiiii! .ヾ、        |
. . .|        //    ,!!iii!iiii!iiii!                iiiiiiii!i!i!iii!i!ii!!  ヾ、,       |
. . .|.       i//     !!ii!!i!!iii!ii!""===========",!ii!!iii!!iii!iiii!ii!   'i'i       |
    |.        i'i'      ,!ii'iii'!!iii'ii!             '!ii'ii'iii'i!ii!!iiiiii!、  .l|       |
    |         |!       ',!! !! ! !!、               ',!' ,!!,!,!!、 !!、   |       .|
   |        |                                  |       .|

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 20:58
>>508
ファンタ・ゴールデングレープでは?
それならば確かに存在していた。
ファンタグレープが合成着色料大杉で問題になり、
同じような味だが着色料少な目のが売られていた。
昔のファンタグレープは、飲んだ後、べろが紫色になったっけ。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:01
アクエリアス・ネオ・・・
最近見ないが

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:12
アンバサ飲みたいー♪

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:14
缶に入った水羊羹のふたを舐めたら、舌を切りました。

これって怖いですかね?



529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:18
足掛2年に渡って論争が繰り広げられました。いや、今もやってるかw

「ファンタ・ゴールデンアップルは存在したか」
http://food3.2ch.net/test/read.cgi/juice/1036421313/l50

http://www.stij.org/drink/d-new02.html


530 :525:03/11/16 21:23
>>529
そうとは知らずにえらそうに語ってしまった。
そのスレは読む気もしないが・・・

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:42
  |                   \
    |  ( 'A`)           アンアンアン
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄          /





    |                   \
    |  ('A` )           トッテモ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        ダイスキ/



    |                   \
    |  (゚∀゚)!!            ドラエモン〜♪
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄          /

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:54
ファンタゴールデンアップルって、普通に売ってたよ。
当方、三国コカコーラ圏内。

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 21:58
メローイエロー、美味しかったのに、ここ数年見ないなぁ

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:02
>>527
アンバサは今も売ってるよ、復刻版だけど

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:03
サスケ、美味かったのにな。

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:16
怖い話スレなのになんでいつのまにか懐かしのドリンクスレになっとるん!!

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:18
国敗れてサンガリア

538 :508:03/11/16 22:21
申し訳ない。。。

539 :536:03/11/16 22:31
いやいや。ちなみにワシの懐かしのドリンクは
「ワタナベのジュースの素」じゃ。

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:32
だれか>>523を褒めてやれよ

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:32
>>523

やらないか?

542 :ひろし10才:03/11/16 22:38
真面目に怖い話かけよヴォゲ!!

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:49
ひろしの言うとおりだ

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:54
サスケがなつかしい。あのチェスの盤みたいな模様

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:55
ひろし、たまには良い事言うな。

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 22:58
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Rook/5230/ji7.html

ダメ板にて発見。
怖いよ…

547 :1/4:03/11/16 22:59
マターリ中にスマン。
俺はべつに霊感とかない人間なんだが、一度だけ恐かった思い出がある。
5年前の夏、たしか7月の話。

当時、俺はいい年をしてサバイバルゲームにはまってた。
知らない方のために解説すると、おもちゃの空気銃を撃ち合う陣取り合戦みたいなもんなのね。
夏場は(昼間は暑いこともあり)もっぱら夜戦が専門で、その週末も、
北関東T木県のK怒川の河原に十数人が集合して、夜戦に興じていた。

時計を合わせた覚えがあるから、深夜1時少し前だったと思う。
何回目かのゲームで、俺はフラッグ(相手の陣地のフラッグを取った方が勝ちになる)の
ディフェンスになり、フラッグの後方で藪に身を潜めて待ち伏せをかけてた。
今回俺のいたチームは優勢で、はるか彼方の敵陣地深くからエアガンの銃声が聞こえてくる。
まわりに全く人の気配はなし。はっきり言ってヒマなんだが、フィールドを回りこんで
奇襲をかけてくる奴もいるから気は抜けない。

河原ということで月明かり以外に照明もなく、あたりはマジで鼻をつままれてもわからないほど真っ暗。
ゆっくりと首を巡らせて(キョロキョロすると頭の動きで居場所がばれるので)あたりを警戒していると、
50mほど先の藪から人の上半身が出ているのに気がついた。白っぽい半袖の服を着た、
肩ぐらいまでの髪の女性っぽい人影が俺の方を見てた。

548 :2/4:03/11/16 23:01
エアガンはおもちゃだけどそれなりに威力があり、まともに顔や眼に当たれば大怪我をすることもある。
だから、ゲーム中に部外者が入ってきた場合にはすぐにゲームをストップすることになってた。
俺はすぐに大声で「人がいまーす!中止!中止でーす!!」と叫んだ。
前線のあたりでも「中止ー」「中止だってよ」と叫び声がする。
俺はその人にお詫びを言おうと思い、藪の方へ駆け出した。女の人はじっとこっちを見てた。
「すいません」と声をかけようとしたとき、人影はすーっと動いて、森の中に入ってしまった。
やべ、恐がらせちゃったよ(なにしろこちらは迷彩服で顔を黒く塗っておまけに銃を持ってる)と思い、
その人を追って森のほうへ向かったんだが、ライトをつけて探しても見当たらない。
そのうちに他のメンバーも集まってきた。事情を話し、みんなで声をかけながら10分以上も探したんだが、
どうしても見つからないんだよ。森の中もくまなく捜したのに。

549 :3/4:03/11/16 23:04
俺は自分が見たものがだんだん恐くなってきてた。
なんで夜中の12時過ぎに女がこんな所を歩いてるんだ。
第一、俺がその人を見た場所にはフィールドを横切って来るしかない。そんなの誰も気づかないわけがない。
だがなんぼ探しても見つからないので、結局、俺の見間違いだということになり、ゲームは再開になった。

俺はまたディフェンス。今回は左右から進んでくる敵が優勢で、開始から10分後には銃声がかなり近くなっていた。
俺は地面に伏せたまま銃をしっかり構え、いつでも撃てるように照準器ごしに人のいるあたりを睨んでた。
そしたら、なんか視線を感じる。気のせいではすまないくらいに視線を感じる。
首をゆっくり左に振って、眼だけで自分の左横を見る。
真っ暗闇の中、3メートルくらい先の地面に、女の人の首が生えてた。さっきの人だとわかった。
色白の顔に、なんか普通じゃ考えられないぐらい口ががばーっと開いてて凄い笑い顔。
声は聞こえないけど顔をひくひくさせて笑ってた。確かに笑ってた。そんで俺をじっと見てた。
その首が潜望鏡みたいに地面の上をざ、ざ、ざーって動いて俺の正面に回ってゆっくり近づいてきたんだよ。
俺はもうパニック状態だったんだが、なんか伏せたまま体が動かない。
ああいう時って逆に悲鳴とか出ないもんなんだね。たぶん30秒ぐらい俺はその女と見つめあうというか
にらみ合ってたと思う。
女の顔が俺の顔から50cm位まで近づいてきたところで、俺はやっと体を起こせたが、
足に力が入らない。腰が抜けて立てない。
座り込んだままケツであとずさって、今でも馬鹿なことをしたと思うけど、その顔をエアガンで撃った。
そしたら女の顔が凄い恐い顔になって上目遣いに俺を睨んで、すーっと消えた。


550 :4/4:03/11/16 23:05
その後はゲームどころじゃなく、俺は体調が悪いと言って休憩所のターフでライトとラジオをつけてじっとしてた。
みんな楽しんでるのに水を差しちゃ悪いと思ったから、俺が見たもののことは誰にも言わなかった。

翌朝解散になって、帰り道、車に乗せてくれた友人にだけそのことを話した。
その友人は意外なことに「・・・お前も?」と聞いてきた。
そいつの場合は、エアガンにつけたスコープを覗くたびに、視界いっぱいに女の顔が見えていたらしい。

それからあのフィールドでのゲームにはどうしても参加できなかった。
ああくそ、今思い出してもだめだ。

長文すまん。あんま恐くなかったらそれもすまん。


551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:17
>>547-548
長文乙。ちょっとゾクゾクしたよ。

それにしてもその女は何をしにサバゲーフィールドに現われたのかな。
単におどかし目的なのか、警告を発しているのか、それとも・・・



552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:18
>>551
訂正、>>547-550へのレスね。スレ汚しスンマソ

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:20
>>282
「赤いおんな」と聞いて真っ先にマンハッタンラブストーリーの
「赤いトレーナーの女」が思い浮かんでしまった…
って知ってる人居ないだろうけど。

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:21
MASTERキートンってマンガに、
特殊工作員がテロリストの爆破にまきこまれ、瓦礫に埋もれて身動きがとれなくなってしまった。
救出されたとき、その工作員は気が変になってしまっていた。
ずっと仲間の生首が目の前にあったから。
ってのがあったよ。
撃って追い払って良かったのではないか?

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:23
たまたまこのスレ来たんだけどそれ実話?
なんか姿は人間の女の人でも、笑ってるとこなんかは
山の動物のイメージだなぁ。


556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:23
>>487
そんなケガで、わずか2日で
病院内でネットってできるの?
携帯使用は禁止だろうし・・・

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:23
幽霊っぽい存在にエアガン連射したのって、北海道の山の牧場以来ではないか?

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/16 23:36
>>549
ワロタ
怖がらせようと思ってじわじわ追い詰めてたのに
いきなり顔打たれてびっくりしたんだろうねw
ちなみにちゃんと弾は当たったの?

559 :547-550:03/11/16 23:45
>>555
実話です(もしかしてスレ違い?)
人生唯一の心霊(?)体験です。

>>558
地面に弾が当たる音がしてたのでBB弾は発射されてたと思うんですが、
当たった感じはしませんでした。
つーかそんなのじっくり見てらんなかったし。

レスどうもでした>ALL
なんか他人に話すと楽になりますね。メモパッドにまとめてたときは
思い出しちゃってきつかったけど。
以後、名無しに戻ります。

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:07
厨房の頃、はじめて金縛りにあいました。
夜中にふと目が覚めたんですよ。たまに夜中に目が覚めることって
ありますよね。
そういう時ってだいたい時計を見て「あ、まだこんな時間か。」なんて
その時もね、本当に夜中で時計は1時か2時の間だったと思うんだけど。

それでなんとなく寝返りをうって横向きになったんですよ。
そうしたらその瞬間、その横向きのまま体が動かなくなっちゃったんですよね。
「あれ?動かないぞ…。」って心の中で思っても声がでない。
これって金縛りかな?ってね。




561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:08
当時、金縛りっていうと幽霊なんかを見る前ぶれとか、
今なら体が疲れてるからとかいろいろ怖くない方に解釈もできるけど、
その時は、このまま天井を見上げたらそこに顔が映っているんじゃないか?とか
思いました。
そんでそのまま体が動かないまんまね、ジッとしていたんですよ。
しばらくするとね、遠くの方なのか耳の奥からなのか微かに音が聞こえて
きたんですよ。

ゴシュワァァァァァ…。

ゴシュワァァァァァ…。

「なんの音だろう?」なにかよくわからないけど変な音が聞こえてきて
そのまま聞いてたら、どうやらだんだんこちらに近づいてくるみたいなんですよ。




562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:08
本当になんだかよくわからないけど、その音だけがだんだん近づいているみたいに

ゴシュワァァァァァ…。

ゴシュワァァァァァ…。

って、音も大きくなってきている。
そうしたら、寝ている部屋の中で

ゴシュワァァァァァ…

ゴシュワァァァァァ…

ゴシュワァァァァァ…





563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:10
そしたらなんか本当によくわからない、衝撃波みたいなものが
金縛りで動けない体を突き抜けていくんですよ。
体の中を本当に細かいたくさんの粒子みたいなものが体の前から背中へと
シュワシュワシュワ…って感じでね、通り抜けていく。
その音や雰囲気を例えるなら、ドラゴンクエストっていうゲームの
敵の大魔王が使う「邪悪な波動」っていうのにすごく似ていたんです。

ゴシュワァァァァァ…

ゴシュワァァァァァ…

一定の間隔で、波みたいにね。次々と音と見えない細かいものが
体を突き抜けていく。
それが体を抜けるときは、何ともいえない気持ちの悪さがありましたね。
痛いとかじゃなくて、くすぐったいような気持ち悪さ。
目に見えない細かい粒子みたいのが体を通り抜けていく。
それがずっと続いて「いつになったら終わるんだろう?」って
その『ゴシュワァァァァァ…。』っていうのがくるたびに
「ぐっ…。」って耐えてましたね。




564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:11
それからどれぐらいつづいたのか、動かない体でジッと堪えていたので
全身の力が抜けかけてきたころ、次第にその衝撃波みたいのも収まって
『ゴシュワァァァァァ…。』って音も小さくなっていきました。
そして完全に音も何もしなくなったころ、ようやく金縛りも解けました。
さすがにぐったりしてましたね。しばらくふとんから半身を起こしてぼんやりしてました。
全身脱力状態で。
それでふと時計をみると、さっき時計を見てから10分くらいしか経ってなかった。
自分では何時間もそんな状態だったみたいに思ったんですけどね。
それからしばらくぼんやりしてたんですけど、体中疲れ切っちゃって寝てしまいました。
怖いっていうよりも不思議な体験でしたね。




565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:31
>>564
まったく怖くないから勘弁してくれ

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 01:55
1・2の3で消えますからね
ハトは消えます
悲しみは消えません
あの人は消えました
思い出は消えません
炎は きれいに消えました
ただし お家も消えました
なにからなにまで消えました
いやな事だけ消えません

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 02:01
>>566 何があったの?何したの?放火?


568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 02:04
>>567
いや、単なる面白ポエムだったんですが…(´・ω・`)
マジレスをサンクスです。

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 02:12
**平(・∀・)人(・∀・)和**

570 :560:03/11/17 02:23
>>565

すいません。
実体験ってあんまり話すと怖くないんですよね。
僕自身も怖いって気持ちよりも、もちろん怖かったんですけど
不思議さの方が強かったですね。
(´・ω・`)すんません、伝わり辛くて。


571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 02:43
ひろしはいつになったら11才になるんだよ。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 02:55
>>571
ワロタ

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 03:26
>>566
ワロタデス

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 03:51
今、怖い話書き込もうとしてたら、
嫌な視線を感じたので
昼間書き込みますね(((゚Д゚)))ガタガタ

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 04:35
>>574
たしかに何かがあなたを見てるよ。

たぶん、かんgy

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 04:37
                   /::::: : :/ 
   |三三|          /::: : : :/
   ─┼─        /::: : : :/   
               /:::: : : ://⌒ヽ 
     /         (::: : :/ / ´_ゝ`)   すいません、入ってますよ
   <           l::/___|____/__
     \          ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}    
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ      
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′         
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \        
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、    
        /\  /    \   /~ト、   /    l \

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 04:46
>>487
すげー不謹慎な疑問だけれど、
切断された脚って、所有権は本人にあるんだよな?
となると勝手に処分するわけにもいかんと思うんだが。
道に脚が転がってるのを拾ったら拾得物?

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 04:49
お近くの交番へ...。
落とし主が見つからなければ、全て差し上げます。
落とし主が見つかれば、1割頂いてください。

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 04:56
>>577
乙武君に寄付してください。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 05:09
age

581 :屑野郎:03/11/17 06:27
>>547
地元やっちゅーねん!
埋ってるよ、ぜってー埋ってる!
ちなみに何処等でつか?
123の下あたり?

小学生のころ橋げたに引っ掛かったお婆さん発見した事ある・・・
写生大会でK怒川まで歩いて行ったんだけどね。
その後は写生どこじゃなかったのは言うまでもなし。

焼けた車あって中に焼死体入ってたって事件もあったし
何処ぞで殺人事件あって鬼怒川に首だけ捨てたってのもあったね。

K怒川コワー

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 08:25
>>564
典型的な金縛りだね。
女の首とか出てくればおいしい?けど。

漏れもそういう金縛りにはたまにあう。
漏れの場合、
「ごんごんごんごんごーんごーん}
って感じだけど。
はじまったらしょうがないから終わるまで身を任せとく。
結構リラックスしてるとすぐ終わるよ。

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 09:58
>>581
何か怖い話書いて

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 11:09
>>581
鬼怒川って言っちゃってますよー

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 11:10
>584
川の名前でちゃってるしw

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 11:43
まぁ屑野郎らしいからw

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 11:58
夢の中で霧が凄い入り江歩いていたら
お祖母さんが何かを探してる様子だったのでたずねてみたら
なんとそのお祖母さんは両目が無かった。そして両目を捜してくれと
言ってきた。
俺は断ろうとしたが探さなかったらお前の右足をトルぞと言うので
怖くなって両目を捜した。
たくさんの小石の中を必死になって探した。
そして2時間ほど経ったごろやっと両目を見つけたんだ。
両目を渡すとお祖母さんはッチと舌打ちして消えていった
所で目が覚めた。
その時部活の合宿だったので夜中に部活の仲間に話したんだ。
で次の日、皆その夢を見たとゆう
ほとんどの人が見つけきれたらしいが
一人だけ「俺・・・見つけきれなかったよ・・」と言った。
そしてある日そのの見つけ切れなかった奴が死んだという
そいつの死体は海の中で見つかったらしいが
何故か右足が無かったという・・・・・・

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:01
>>587
何部?

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:03
ボート部です

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:23
>>589
あれか、そんでこの話を読んだ我々も今夜同じ夢を見るでしょうよ、と
そういうことか。

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:32
55 名前:名無しさん@4周年 [] 投稿日:03/11/08 07:01 ID:KZuIAmNs
エキサイト翻訳で「shit」を翻訳する。次に「shit!」を翻訳する。そのまま!を一つずつ増やしていくと・・・!

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:43
「お祖母さん」ってコトは身内だよね?
こわー

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 12:47
>>591
やってもた。
!×99で…

594 :1/3:03/11/17 12:57
私が小学6年生の頃、隣のクラスにM君という男の子がいました。
M君の事は、顔は知っていても話したことは一度もありませんでした。
その程度の関係だったのです。

そんなある日の放課後、学校の玄関で一人靴を履いていると、M君に会いました。
Mくんは笑顔で私に「○○ちゃん、バイバイ」と言いました。
M君と言葉を交わしたのは、それが始めてでした。

その日の夜、私はM君の夢を見ました。
その内容は、私がM君に学校の更衣室で、Hなことをされる
(突然上から覆いかぶさられ、キスされる)という内容の夢でした。

「変な夢見ちゃったなぁ」と思いながら次の日学校へ行くと、
何だかいつもと学校の空気が違います。
隣のM君のクラスが、まだ授業前だというのに全員教室に居て先生までもう居ます。
ちょっと廊下から覗いてみると、泣いている子もいます。
「隣のクラス、何かあったのかなぁ?」と皆で話していると
担任の先生が来て「昨夜、隣のクラスのM君が亡くなりました」と聞かされました。


595 :2/3:03/11/17 12:58
後から解ったことですが、Mくんはノイローゼ気味だった母親に、
寝ている間に首を絞められて殺されたそうです。当時まだ4歳だった妹と一緒に。
M君が亡くなった事は、当時は悲しいとかいうよりも正直驚きの方が強く、
私の中では「そんなこともあるんだなぁ」位にしか考えていませんでした。
でも、M君が殺された日、初めて私に言った「バイバイ」という言葉と笑顔。
そして、その日の夜に見たHなM君の夢。「なんでよりによってあんなの見ちゃったんだろう・・」
と思いましたが、その話は私の中で誰にも話す事なく4年が経ちました。

私が16才になったある日の夜です。
寝ていると突然金縛りにあいました。凄い勢いで耳鳴りが始まりしばらくすると部屋の入り口から
誰かが入ってくる気配がします。
体は動かせず、声も出せません。でも、何故か部屋に入ってきたのは男だと思いました。
その男は、寝ている私の上にぐんぐんとのしかかって来ます。
怖くて苦しいけど、自分では体を動かすことができません。
必死で金縛りをとこうとするのですが、体は動かせないはずなのに何故か私の股だけがどんどん
開いていってしまうのです。まるで、レイプのようでした。


596 :3/3:03/11/17 12:59
この話を友達に話すと、皆「○○は欲求不満なんだよ〜」と私のことを笑います。
でも、違うんです。絶対に。
だって、それから26才になった今でも私は毎年決まって同じ日に同じ男に犯され続けているんです。
そしてそれはもしかしたらM君なんじゃないかなって思うんです。大人になったM君・・・。

だって、その男がやってくるのは、あのM君が殺された日と同じ11月29日なんです。
今年もまたあの日が近づいています。
今年もまたM君はやってくるのでしょうか。

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:08
>>591
すげー
びびった

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:11
11月29日>>594の家でオフ決定な

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:13
んでみんなで姦すんかい。w

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:17
>>597
どうなるの?

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:22
>>600
三段オチ

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:51
>>594
http://202.212.244.184/cgi-bin/bbs/26/img/46.jpg

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:55
>>547
ふーん、あんたのチームじゃ部外者がいるとゲーム中断した上にゲーム中のフィールドに
勝手に入って来た馬鹿者に謝るんだ
そんな軟弱なチームがあるから、サバゲーが軽く見られるんだよ
こんなケースだと精鋭揃いの俺等のチームなら即、狩りになるけどな、ゲーマー全体に
影響するからあんまり嘗められるような事するなよ!

スルーしようと思ったけど、あまりに腹が立ったんで


604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 13:59
うわー、リアルでイタイ香具師が━━━━━ヘ(゚∀゚)ヘ━━━━━!!!!

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:02
ケラケラヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノケラケラ

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:06
釣りか本気か・・・。
「精鋭揃いの俺等のチーム」の言葉で釣りにケテーイ。


607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:11
サバゲーってDQNの遊びなんだね。
603読んでよくわかったよ。

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:13
>>603
http://202.212.244.184/cgi-bin/bbs/26/img/46.jpg


609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:15
基地害は以後放置で

610 :594:03/11/17 14:16
>>602 でも本当なんですよ・・・(泣)
     


611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:30
どう考えても、フィールドに勝手に入ってくる香具師が悪いだろうが!
悪いことをしたらペナルティがあるのはそれこそ常識だろ?

もしかして、おまいら常識ないの?

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:39
>>610
何も対策取ってないみたいだけど、イヤじゃないの?

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:40
スゲー釣りがキテル━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:42
>>594
寝なきゃいいじゃん
友達と一緒にいるとか
かしまさんって三回唱えたりとか

30日あたりに続報よろしく

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:43
>>610
>悪いことをしたらペナルティがあるのはそれこそ常識

ああそうだな、しかしそれを課すのはお前じゃないな

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 14:59
>>611
サバゲ板でお前の意見に同調する人間は少ないと思う。
・・・どうでもいいけど本気?


617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:03
>>591
やってみたけどビビるほどのことは起こらなかったよ。
やり方が悪いのかな..。どうなるの?

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:04
>>603 >>611の常識=世間の非常識

等と釣られてみる

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:05
普通に人が通るとこでエアガン
撃ち合ってんじゃねぇよ
何がフィールドだよこのうんこ

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:09
>>613 何のこと?


621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:12
サバゲは他人に迷惑をかけないようにやりましょう。これ常識。
おかしな事言われると、サバゲやってる人全体が悪く見られかねないのでやめて欲しい。

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:47
友達からA(♂)聞いた話なんですが
何年か前の夏に車出して(ワゴンやったと思う)
海に遊びに行った時に体験したそうです

男3人、女3人くらいで海に行こうって話になったんで
地図を見ながら車でお昼過ぎくらいからでかけたそうです
行き道はこれといって何もなく、普通に車内で騒ぎながら
向かう事が出来たらしく
現地に着いたのが、夕方近くなっていたそうです。

で、海に着いたらやっぱりテンションも上がるんで
キャーキャー、ワーワー言いながら海水浴を楽しむ奴もおり
浜辺で寝っころがる奴もおる訳で
暗くなるまで遊んでたそうです
そこの浜辺が海のすぐ近くまで車を乗り入れる事が出来るところで
砂浜と言うよりも、遠浅のちょっとゴツゴツした岩場になってるので
浅い場所は、岩が顔を出してるところがちょこちょこある感じです


623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:52
暗くなってからは、花火をしたりグダグダ喋ったりで
楽しい時間を過ごしていたそうなんですが
さすがに夜がふけてくると肌寒くなってきたので
皆車の中で休みながら喋ろうって事になりました

(車は海が助手席側になるように止めてありました)

車の中でいつもと変化のない話で盛り上がってたんですが
いつもなら最後まで起きてるAが、その日は凄く眠たくて眠ってしまったそうです
「久しぶりに海に来て騒いだし、きっと疲れてるんやろう」
って事で周りの連中もそれほど気にもせず、起きてる5人で今日遊んだ事を喋っていたんですが
「あの人誰?」
ってAが寝言を言い出したそうです
皆一斉にAの方に振り向き、最初はびっくりした顔をしていたんですが

(後々、Aから聞いた話によると、その日海で遊んでいた時の映像が
夢の中に出て来てたそうで
Aは夢の中で、車を降りたすぐの浜辺に座って一服しながら
ワイワイ遊んでいるみんなを見ている映像やったらしいです。
それと、現実で車の中で喋ってる仲間の声がシンクロしてる状態やったそうで)


624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:53
一人が悪戯を思い付いたかのように
「え?どこ?どこにおるん?」と聞き返したそうです
顎で場所を示すようなしぐさで
A夢「そこ、そこにおるやん」

「何か、知らん女の夢でも見てるんちゃうか〜」
「色々聞き出したれ」
と、仲間内でこっそり話した後
「どんな格好してるん?」
「髪型は?」
「カワイイ?」
色んな質問したそうです
A夢「白い服着て座ってる」
「ロングや」
「髪に隠れてようわからんけど」
「ずっと、目合ってる」
「何で、海に服着て入ってるんやろう?」

やけに、リアルに寝言で説明するんで周りの連中もちょっとコワクなってきたようで
「どこ?どこにおるん?」
と、しつこく聞き返したそうです


625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:54
Aからすると夢の中ですが
女の人が浅瀬に服を着て座っている
その周りでは、何もないかの様に仲間連中がワイワイ騒いで遊んでるという映像ですが
(指をさしたらヤバイと直感で感じたらしく)
さっきと同じように、顎で場所を示すように
A夢「だから、そこ。俺の目の前におるやん」

こんな感じの、噛み合わない会話を後2〜3回繰り替えした後に
少しイライラした様です
痺れを切らしたAが夢の中で
A夢「そこに、おるやん!」
と、指をさした直後
物凄い形相で四つん這いになりながら、その女の人がAの方に向かって来たそうです
夢の中では、以外と動きが遅くなったり身動きが思うように出来なかったりで
その場から離れる事が出来ませんでした
それでも、その女の人は凄い形相のままどんどん四つん這いの状態で近付いてきます


626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 15:55
あぁ、このままでは捕まってしまう
と思った時に
「うわぁ〜!!」
と、目が覚め
目が覚めたと同時に、浜辺側のAが座っていたドアが
ガチャガチャ!!ガチャガチャ!!と勝手に動き
Aが「入ってくる!入ってくる〜!!」
と必死にドアをおさえていました
周りの連中はいきなりの出来事で何が起こったのかわからず
女の子達はパニックになって泣き出す始末
慌てて車を出してその場を離れたそうです


聞いた限りでは、もんの凄くコワカッタんですが
ニュアンスは伝わったでしょうか?

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:13
うん、結構怖かった。
夢と現実がシンクロしてたって事だよね。

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:26
>>626
伝わったよん。
いろんな話からパーツを持ってきて上手く組み合わせたって感じだけど、それでも結構怖い。

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:27
小学校の低学年の頃の話。

私の住む田舎田舎には、ちょっと変わったおじさんが住んでいました。
その人は毎日毎日、朝昼晩問わずお酒を飲む人で、
たまに道で会っても必ず一升瓶を片手に、酒を飲みながら歩い
ているのです。
ある日のこと、帰校途中に近道をして友達の家の裏を抜けて帰ろうとした時です。
その子の家では数羽の鶏を飼っていたのですが、
なにやら鶏小屋が異常なほどに騒がしい。
「どうしたのかな?」と思いながら、その鶏小屋に近づいてみると、
そこには、右手に一升瓶、左手に首の無い鶏を抱えたあのおじさんが座っていました。
そして私の目の前で、おいしそうに、鶏の首からしたたり落ちる血をすすっていました。
おじさんの側には、血のついたナタがありました。

怖くて怖くて走って家へ帰りました。
うちのじいちゃんにそのことを話したら「あいつは鶏の生血が好きなんじゃ」
と、何故か平然としていました。
ド田舎なので別に事件にもならず、そんなことは日常茶飯事のことだったらしいです。
そんな私の田舎には他にも、50年間キャベツと豆腐しか食べていないというおじさんも
住んでいました。その人も、すずめを捕まえて食べていました。
私もすすめられましたが、断った記憶があります。

あんまり怖くなかったかもしれません・・・・。
でも今考えると、私の田舎って・・・・。
私は元気です。


630 :アゲハ:03/11/17 16:27
二三日前のそこそこおっきい地震があった時私の部屋の壁に飾ってあった二千ピース位のトトロのパズルがおっこっちゃったんだ。で慌ててその辺りを見たんだけど額ごと無くなっちゃった。一ピースも落ちてないし…あ〜どこいっちゃったんだろ気に入ってたのに…

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:28
うんこ

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:30
>>630 そのメール欄って・・・?(((゚Д゚)))ガクガク


633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:34
>>630 メエル(屮゚Д゚)屮 カモーン ってことでしょうか?




                                 

                               (・∀・)ニヤニヤ





634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 16:54
ここしばらくで、最凶に洒落にならん怖さの動画・・・
精神的ブラクラと言えなくもないので、臆病な人は見ないほうがいいです。
ttp://www2000.dyndns.org/php/upload/download.php?file=7039

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 17:29
>>634 なんなの?精神的ブラクラなら屁でもないが
それ以外なら ちと怖くて見れんよ
誰か見た人おるん?


636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 17:31
リアル消防の頃、教室に何故かこっくりさんの絵柄が彫られている脇机が教卓の横に置いてあっ
て、俺たちはそれを使って昼休みによくこっくりさんをやっていた。

その日の昼休みも飽きもせずに長々とやってたんだが、チャイムが鳴ったので終わりにしようと
しても、こっくりさんが帰ってくれない。何度お願いしても「いいえ」の方向に10円玉が進む。

とうとう先生が教室に入ってきて俺たちを見つけるや否や俺ともう一人の首根っこを掴まえて無
理矢理席に座らせた。当然2人は10円玉から指を離してしまっている。先生はただ一人残ったAに
向かって「○○!お前もさっさと席につけ!」と言いながらやはり首根っこを掴んで席まで引き
ずろうとした。

が、Aは必死の形相で脇机にしがみつき
「指を離したらクラス中が祟られるんじゃ!そしたら先生が責任取ってくれるんか〜!」と言っ
て脇机から離れようとしない。先生はAの頭を平手でバシバシ叩き、腕を掴まえ無理矢理離そう
とするが、Aはぼこぼこに殴られながらも決して動こうとしない。何度かそんなやりとりがあっ
た後、根負けした先生は「そこまで言うならずっとそこにいろ!」と言い授業を始めた。

教壇には先生と、その隣で「お帰り下さい」と何度もこっくりさんに話し掛けるA。
結局、放課後までこっくりさんは帰ってくれず、Aは一人でがんがった。俺の命の恩人。


637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 17:33
>>635
久本雅美

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 17:35
>>635
696 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/11/17 17:07
ttp://www2000.dyndns.org/php/upload/download.php?file=7039
おね

697 名前:鑑定師見習い 投稿日:03/11/17 17:16
久本マチャミ、涙ながらに創価学会を語るTVキャプチャ。
PC無害、歯茎有害






639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 17:36
>>637
>>638・・・ケコーンしまつか?(・∀・)ニヤニヤ


640 :あなたの後ろに名無しさんが:03/11/17 19:08
かなり深刻な話です
夢での話なんですが、よく手足を切られる夢を見るんです
これって怖くないですか?

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 19:08
死ぬほどじゃない

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 19:20
>>640
漏れの夢占いによると「手足を切られる」は中吉。
近い将来良い事あるよ。

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 19:54
>>640
「次はぁ〜えぐり出しぃ〜」
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 19:59
>>643
「次はぁ〜女体盛りぃ〜」だっけ?


645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 20:04
子供の頃こっくりさんをやった帰りに、友達が突然苦しみだして救急車で運ばれたことがある
二、三日経って学校に出てきた時、別人のようにやせ細っていて気味が悪かった
心なしか、性格も変わったような気がする あと、目つきも

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 20:11
>>640
猿夢のおさらい。
http://kowai.sub.jp/1/009.htm

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 20:56
>>645
多分急性の食中毒だな。
あれは辛いし心も荒んでくる。

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 21:48
>>634のビデオ、層化の友達に見せられた事あるよ。あの前の部分は久本が柴田を
層化に引きずり込んだいきさつなんか語ってるんだよな。いっしょに見てた
近所のオバンたち(婦人部)が、一糸乱れず同じ所で笑ってるのがキモかった。

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 22:00
俺も見せられた。
元不良とやらが出てきて更生する出来たたのは創価のおかげだというような再現VTR。
あの久本と司会やってた安っぽい男性タレントはなんていう名前だったっけ?

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 22:57
>>636
Aくん偉い!

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 22:57
>>649
彦麻呂

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/17 23:00
家族が俺に内緒で俺を生命保険に入れてた時は背筋が冷やっと来たぞ

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 00:08
>>652
うちの糞親父は子どもに小遣いなし、お年玉まで取り上げていた(教育のつもりだったらしい)が、自分が
就職して家出てから半年に一遍は(仕事時間中に)ケータイに「おい、保険に入れてやる。」と偉そうに電話してくる。
内容について説明無し。掛け金は親父が「払ってやっている」から文句ないだろうというつもりらしい。
で、保険屋の人が健康状態の確認にのこのこやって来るんだが、「この保険の内容をご存知ですね?」て
聞いてきたのでむかついて「いーえ!うちの父はなんにも説明してくれません!」て怒鳴ったら、
「そうですねー、お父さんが申し込まれましたからねー。」って笑って帰っていった。

ここまでくると冷や汗も怒りも通り越した。


654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 00:19
>>651
さんくすこ

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 00:56
>>653
うちの家庭によう似とる(つД`)

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 00:59
ちゅうことは、彦麻呂もそうか?

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 01:22
漏れが消防の時に担任から聞いた話

まだ担任が子供の頃のことで夜に寝ていたら夢の中にたくさんの坊さんが出てきた
それで坊さんたちはまんま読経の口調で自分のあだ名の「チャコ」を連呼してたとのこと
目が覚めて気味悪い夢を見たなと思ってると外からも夢の中と同じ声が聞こえてきたらしい
一緒に寝ている親に聞いたら聞こえてこないと言っている
呼ばれてるから行かなくちゃと思って出ていこうと玄関まで来ると婆ちゃんが来た


長くなりそうなので分けます


658 :657 続き:03/11/18 01:27
外からは今だに「チャコ、チャコ」と読経?が聞こえてくる
聞こえてくることを言うと婆ちゃんには聞こえていないらしい
婆ちゃんは何か危険を感じたらしくしきりに行ってはだめと話す
仕方なしに行くのをやめ声が止まない中眠りにつくしかなかったと話していた
話し終わってから担任はあのまま外に出ていたら何が起きたのかわからないと締めますた

これで終わりでつ

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 01:36
高知弁で「チャコ」=「マンコ」
ドコに住んでるの?

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 02:22
北斗晶ですね。

661 :屑野郎:03/11/18 02:38
>>584
>鬼怒川って言っちゃってますよー
Σ(´Д` )

>>583
そのお婆さんの詳しい話をすると
ま、学校から某河川まで4、5kmあるんだけど
河川に近づいたあたりで広報車から「○○さんを捜しています」みたいな
放送してて・・・
川っぺり行くには橋渡って向こう側から降りていくしかないんで
橋を渡っていると、綺麗に揃ってはいなかったんだが草履が一足。
「まさかね〜?」なんつって話してたらホントに・・・

その後俺等はパニック状態で橋をバタバタ渡って行きました・・・。
川っぺりにつくとあちこち大泣き状態
ゴリラみたいな女の子とか「だから来たくなかったんだよぉ〜」って泣いてるし

あそこの橋渡るといつも思い出す。
霊の話じゃなかったが。

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 02:43
2 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:36 ID:izxq1jDs
2
3 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:37 ID:ZF3UhqgQ
>>1
氏ね
4 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:39 ID:n93cJBTL
>>1
氏ね
5 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:40 ID:LnfxSBDx
>>1
氏ね
6 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:45 ID:9PJghgT1
>>1
氏ね
7 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:45 ID:q+Sc5A+p
>>1
氏ね
8 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:45 ID:CJHidiKe
>>1
氏ね
9 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:49 ID:n93cJBTL
>>1
氏ね
10 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:50 ID:mv5hbMTD
>>1
氏ね
11 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 13:58 ID:OmUpqOcl
>>1
氏ね
12 :[名無し]さん(bin+cue).rar :03/10/25 14:05 ID:Loo+YUCe
>>1
氏ね

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 03:27
>>501

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 03:34
漏れが吉原で体験したこと。
入店して待合室に通されると、オバサンが数人の客と話をしていた。
スポーツ新聞を読みつつ聞き耳をたてていると、全盲の息子が筆下ろしをしたいと言うので
付き添いで来たらしい。
オバサン(以下母)は色々心配事を口にしていたが、話し相手の客数人は「大丈夫」「心配しなくていいよ」
となだめていた。
暫くたって奥から白杖持った青年と姫が待合室にやってきた。
革靴はピカピカで結構いい服をきている。この日のために揃えてあげたのだろう。
母はソファから飛び出して姫と軽く会釈したあと、「どうだった?いいこと出来た?」
青年「うん。よかったよ。このお姉さんのおかげで」
実は姫を指差すつもりが別の方向だったので、姫が素早く指した方向に移動。
母は顔をくしゃくしゃにして泣きながら「あんたよかったね〜!!」と背中を何度もさすっていた。
客も拍手したり「よかったなあ」と激励していて、今まで無口だった893風の客まで立ち上がって
青年の肩をポンポン叩きながら「あんたも一人前の男になったぞ」と祝福していた。
姫も感動して泣いていた。実に素晴らしい光景。
涙腺の弱い漏れは新聞で顔を隠しながら泣いた 。

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 03:38
unn

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 03:41
幼い頃、好きだった女の子の家に遊びに行って、興奮と緊張で脱糞してしまった。
それにいち早く気づいた女の子のお母さんは、「はいはい、キミはお料理手伝ってね〜」と言って、
内緒で処理しようと風呂場につれていってくれた。
パンツを洗って貰ってたら、そこにオジさん登場。
「くっさいなぁ!誰かウンコもらしたんか!?」
と家中に響き渡る大きな声。
みんなが風呂場に来てオレ終了。

667 :キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!:03/11/18 03:41
666

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 03:47
だっぷんあげ

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 03:55
>>666
感動をありがとう!

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 04:12
>>666
ヒーロー!!!

671 :657:03/11/18 05:15
>>659
漏れは栃木人でつが当時の担任は福島だかその辺りの東北人だったと記憶してまつ

672 :666:03/11/18 08:09
その女の子のお母さんが現在の僕の妻です。


673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 09:10
>>672
はい?

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 09:16
>>672
それは洒落にならんな

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 09:57
ペタジーニみたいなもんかね

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 10:21
ペタジーニはたしか自分の息子にあたる奴が年上だからな。

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 10:58
素直に義理の息子と書け

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 11:12
>>677
確かに義理の息子で間違ってないんだろうが、普通は実の娘の旦那を指す時に使う罠。

で、洒落にならんのはペタ嫁の高笑いでよろしいか?

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 11:47
>>664
ネタだとしてもエエ話やないかい。
おいちゃんグッときたでぇ。

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 11:51
↑コピペにマジレス・・・激しくカコワルイよw

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 12:22

その言い方、激しくカコワルイ

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 12:26
ネタだとしてもって言ってるんだしね

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 12:52
たぶん日本語がちゃんと伝わってないんだよ。
たぶんチョソじゃないかな?

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 12:57
といっても、死ぬほど洒落にならない怖い話じゃないのも確かなんだけどね

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 13:59
>>682
ネタとは言えない。
実際吉原は障害者にやさしい。
ソプのおねえちゃん曰く
「あの人達(障害者)と私達は似ているから。
違いは目で見てわかる部分が足りないか、
見えない部分が足りないだけ」

すまん、悲しいだけで怖くないね


686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 14:03
>>685
感動した。

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 14:06
ちょっと離れてろ
泣くから

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 15:03
ば、ばか…
泣いてなんか…いねぇよっ!


689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 15:06
目薬落ちてるぞ。

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 15:42
新喜劇やっとる場合かー

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 15:47
>>690
吉本は吉原とちゃうわボケー

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 19:11
cyottokokosagemasuyo

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 19:43
オカ板で泣いたの何ヶ月ぶりかなぁ

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 20:19
age

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 20:20
漏れも身障者のふりして吉原行くか。

696 :メージロウ・フランソワードジャルジェ ◆n3VYsMSBOQ :03/11/18 20:21
なんの話してるんだ?なぜ泣ける話をしているんだこのスレは

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 20:22
>>695

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 20:27
>>695
そう思う心の中がすでに身(ry

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 20:29
うむ・・・しかし心障者にはやさしくないと思う

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 20:30
参考になる釣レスに敬意を表しつつ700GETS

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 21:52
オレ結構、寺とか下町が好きで、その日早朝上野から谷中のほうにゆっくり車ながしてたのね。
あそこら辺てやっぱ古い建物とか寺とか多いんで、そういうのがあると近くに車を停めて眺めたりとかしてたんだ。
その頃はあんまり上野の細かい地理まではわからなくて、言問い通りを過ぎて「ここら辺は墓地が多いなあ」なんて思ってた。
それが谷中墓地あたりだったのだけど、気にも留めず寺とかを探していた。
細い道に入り、塀の向こうに古い建物が見えたので、車を停めようと場所を探した。
シケインのような曲がり角の先に車が停められる場所があったんで、車を停めて、さっき古い建物が見えたあたりまで、
歩いて戻ろうと、角を曲がると、そこに犬を連れた女がいたんだ。
早朝だし、犬の散歩をしているのは、何も不思議ではないんだけど、その女の風貌は一見して不気味で、
オレは女が歩いてくる方からできるだけ離れるように道の端を歩いて、目のはしでその女を観察した。

つづく


702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 21:53
1年半前とはいえ、不思議なんだけど、あれだけ強いインパクトがあった事なのに今のオレの記憶はとてもあいまいなんだ。
女はたぶん白いワンピースを着ていた。そしてその白いワンピースは薄汚れていたように思う。
10mぐらい離れていて不気味に思うぐらいだから、その汚れ方は普通以上だったように思うけど、あまりはっきり覚えていない。
髪は胸ぐらいの長さがあって、何日も洗ってないような感じだった。年はそんなにいってないような印象は受けたけどはっきりはしなかった。
連れていた犬は、種類はわからないけど、西洋種の犬で、手足の長い大きな白い犬だった。
犬もおかしかった。ところどころケロイドか皮膚病かはわからないが、毛が抜け落ちていて、皮膚が赤みがかっていた。
女はなんかちょっと放心状態で歩いている感じだった。
これがオレのその時受けた印象なんだけど、髪の長い、白いワンピースというのはその後CMで見た「呪怨」とか「貞子」とかの
印象と混じってるのかもしれない。それぐらい記憶があいまいで、何故かはっきり見ているはずの顔は全然思い出すことができない。
幽霊かもといった気持ちは、まったくわかなかった。はっきり見えていたし、何というか、存在感があったんで、
ここら辺のホームレスだろうと思っていた。ホームレスが犬の散歩・・・若い女・・・なんか不思議な気持ちだったのを覚えている。
通りすぎる時に女がじっとこちらを見る視線を感じたが、かまわず通りすぎ、さっき見えた古い建物を見に行った。
古い建物はやっぱりお寺で、なかなかの風格があって、オレはそれに満足して、車へと戻った。

つづく

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 21:53
ここからが怖いところなんだけど、角を曲がり、車が見える場所まで来ると、さっきのあの女がオレの車の中を覗いてたんだ。
6月とはいえ停めている車はすぐに暑くなるんで、窓を少しだけ開けていたんだけど、その隙間から女が中を覗いているのが見えた。
オレは車の中に物を置いとくのが好きではないので、興味を引くような物なんて見えるはずもないのに、
その女はオレが寺を見ている間の10分くらいオレの車を覗いてたんだろうかと思った。
不気味で、怖いという印象もあったが、怒りの感情もあってオレはわざと足音をたて、タバコを吸いながら、車へと歩くと、
女はちらっとこちらを見て、また放心した感じで歩いていった。
話はこれで一旦終了です。

704 :701:03/11/18 21:55
それでここからは昨日の話なんだけど・・・・
昨夜女の子を乗せて走ってたんだ。それでなんか怪談話になって、その女の子はお決まりの「私、霊感あるの」的な事を言い出した。
オレは怖い話は好きだけど、幽霊とか心霊現象とかは全く信じないんだ。
けど、「幽霊なんかいるわけないじゃん」とか頭ごなしに言うと空気が悪くなるんで、黙って「ふーん」とか言いながら、受け答えしていた。
それでちょっと興味が出て、「この車とかに誰か乗ってるとかって言わないよねえ?」とか聞くと、
その女が「言っちゃっていいの」とかもったいぶって話始めたんだ。
「車の中にはたしかにいないんだけど、車の前のほう、たぶん下にへばりつくように女の人がいるの。髪が長い人でワンピースを着てる。
なんかを探してほしいみたい」っていうような事を言いいだして、オレは上に書いた出来事が頭によぎって体が寒くなった。
それで女の子に1年半前の体験を話すと、奇妙に一致して(後付けの部分も多いんだけどね)、
その女の子が言うには「(オレは根がやさしいんで、それを見抜いていて)きっといなくなった犬を探して欲しいだと思う」との事らしい。
正直、内心「知らねーって」とは思いました。
話は以上です。

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 21:59
漏れは、5歳の時両親事故であぼ〜ん&漏れ施設送り(w
1年後に遠い親戚の養父母(感謝)が漏れを引き取ってくれたんだけど
家業が今で言うソープ&キャバレーの自営業だった(当時はトルコ風呂)

仕事で忙しい養父母のかわりに漏れを育ててくれたのはソープのお姉さんらだった。

学校から帰るとお姉さんらと一緒に控え室で宿題やったり、お風呂みんなで入ったり。

今考えると贅沢三昧と言うべきか(笑)

お姉さんらはホント優しくて、優しくて。。。
お陰でグレもせずこれまでまっとうにやってこれました。

と、感謝しつつ。。。



706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:07
>>701
乙。
自分の車に霊がへばりついてる事を知ってしまった貴方に同情する。

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:13
>>705
・゚・(ノД`)・゚・
ソープネタ2本目。いい話じゃねえかよ。


708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:14
>705それで終わりじゃないよね?

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:15
>>705
筆おろしはソープのお姉さんだったというわけですね

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:18
で、一発で命中。デキチャッタケコーン。洒落にならんぞ。

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:30
705です

「水のあるところに霊が来やすい」って言うけど本当かもしれないね。
漏れが育ったそのトルコ風呂でも結構そんな話あったよ。
「来たはずの客が目を離した隙にいなくなった」とか
「スチーム風呂の中に何かいる」とかね(笑)
そんな事、控え室でお姉さん達が話してたの憶えてる。
こっちは子供だから「へえ〜」とか言いながら聞いてるだけだったけどね。
一番憶えてるのは、地方から来たRちゃんの話。
ワケアリで(だと思う)そこで仕事する事になったRちゃん。
色が白くて小柄で裸になるとあばらが浮いてるくらいの痩せ型で。
無口であまりみんなと喋らなかったけど、漏れはいつもRちゃんと一緒にお風呂入ってた。
お風呂では2人でいろんな事話したんだけど、いつも最後は
「○○ちゃん、お父さんとお母さんに会いたい?」
と漏れに聞いてきた。その話と漏れは少し悲しくなるので下向いてしまうんだけど、そんな漏れを「ぎゅうっ」と抱きしめていっつも
「Rが結婚してあげるから○○ちゃんはさびしくないよっ」
って言って2人で泣くのが定番だった(笑)

続く


712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:34
>>711
泣かせすぎだぁ、ゴルァ!! ヒック

713 :705続き:03/11/18 22:34
ある日学校からの帰り道の公園にRちゃんが立っていた。
漏れが「あれ?Rちゃんどうしたの?」と聞くと
Rちゃんは少し困ったような顔をして
「もう○○ちゃんと会えなくなっちゃうから会いに来たの」
と言う。
「そっか。お家に帰ることになったんだね?」
と言うと、Rちゃんは
「うん。」と言って少し笑ったように思う。
「○○ちゃん。元気でね。」
それまで働いていた人が急にいなくなる事は日常的な
事だったので、子供だった漏れは少しも変には思わずに
「すぐ行っちゃうの?今日行くの?」
と聞いた。Rちゃんは
「すぐは行かないけど。。。」
とやっぱり困ったよう顔をしていたので漏れは
「じゃあ、今日最後にお風呂一緒にはいろうね?」
と約束して
「じゃあ、家にランドセル置いて来る、先に行っててね」
と駆けだした。

続く


714 :705続き2:03/11/18 22:35
家に寄ってランドセル置いて、走って店まで行った記憶はある。
控え室に行くと、みんなが暗い顔してる。
「ねえ、どうしたの?」
誰に聞いても聞いてもみんな口を閉ざしたままうつむいてる。
「変なの。。。お風呂はいろっと。ねえ?Rは?まだ帰ってないの?」
その瞬間みんなが堰を切ったように号泣しだした。
「○○ちゃん。。。Rちゃん。。。死んじゃったの」
「え?。。。」
だって、さっきそこで会って。
お風呂一緒にはいるって。
約束。。。

Rはその前の晩、仕事が終わってみんなで寮に帰ったあと明け方に
急にお腹が痛いといいだして、みんなで近所の外科に連れていった
ら、急性腹膜炎で即入院ということになり、昼前には亡くなったと
いう。(あとで聞いた話)

その後の事は子供だった漏れにはわからないことだった。
葬式とかもあったとは思うのだが、出席できるわけでもなかった。
ただ、何日かして一人でお風呂に入っている時にRちゃんのこと
を思い出してわんわん泣き出してしまったのは憶えている。

すまん。

全然怖くなかったね。。。


715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:36
ドキドキッ

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:37
>714
えー話やないかぁっ!

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:40
>>711 712-714
オカ板で泣かされるとは思わなかったよ・・・
長文乙・・・ ・゚・(つД`)・゚・

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:50
>>714
霊になってまでおまいを心配したんだよ〜。
今夜は涙で枕が濡れてしまう。

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 22:52
ちょっと離れてろ
泣くから


720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:01
>>714
「心霊ちょっといい話」というスレがあるから貼ってもらえませんか?
俺が貼りに行くのもイイけど、本人が貼ったほうがいいと思うんです。
あそこの住人には、洒落怖スレが怖すぎて見ない人が多いので。
お願いします。

◇ 心霊ちょっといい話 ver.5 ◇
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053548500/l50

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:01
俺?俺ぁ泣いてなんかいねーよ。
頼むからこっち見んな。頼むから。

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:09
ゴミのようなレスの中に、
時々>>714のようないいお話が埋まってる。

洒落怖はだからやめられん。

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:10
目薬、貸そうか?

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:28
グズッ!
夕日が目にしみただけだいっ!

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:32
視界がぼやけてきた、、、、。うっ

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/18 23:44
>>725
寝ちゃ駄目だ、寝ちゃ駄目だ

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 00:19
俺がまだ童顔だった頃、とある工場に仕事で行った時の、今でも忘れられない出来事…
仕事の内容は、蛍光灯を取り替えるだけの簡単な作業だった。
俺は順調に仕事をこなし、女子工員室の前まで来た。
脚立に登り蛍光灯を取り替えようとした時、女子工員室の中から罵りあう声が聴こえた
「あんた!主任に色目使ってんじゃないよ」『そうよ!そうよ』「この!かまととがぁ」『そうよ!あんたなんかとるこで働きなさいよ』
俺は、扉の上にある窓から中を覗いた。
その光景は凄惨なものだった

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 00:36
俺がまだ童顔だった頃、妹は豊満だった。父親は厚顔で、母親は高慢だった。

わっかるかなぁ?わっかんねぇだろーなー

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 00:37
どーだ

730 :sage:03/11/19 00:40
>「この!かまととがぁ」がかまと婆にみえた。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 00:43
あげちゃった、吊ってくる つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 00:59
小さい頃「チンコが見たい」と言う理由だけで姉貴に全裸にされ
更に俺のマイ・サンを鋏の刃の部分に当てて来た。

「ほ〜ら、ほ〜ら」と言いながら鋏みで何度か切る振りをして居たが、とうとう寸止めが利かず
皮を鋏で切られた。
姉はそれを見て「あれ、切れちゃった。」と笑いながら言った。

親が帰って来た時に姉は「○○がチンチン弄ってて怪我したよ〜」と親に言い
親は真っ青になって病院へ連れて行った。
治療が済んだ後、親は俺に失望した顔で何も言わず一瞥をくれた。

それ以来親は俺に一度も笑顔を見せてはくれて居ない。姉はただクスクス笑うばかり。
そんな親も今は他界し、姉は過去を無かった事にするかのように俺に作り笑いと世間へのカモフラージュの良き姉振りを見せている。
そして姉も結婚が決まった日に姉の相手に姉の本性を全て話した。
最初は信じられなかったようだが、時が経つにつれ徐々に信じる様になり、ついに婚約を解消した。
姉はそれ以来ノイローゼになり毎週カウンセラーの世話になっている。

つい最近の出来事だ

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:03
切られたのは皮だけですんだの?


734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:05
陰茎にそんなことするなんて陰ケーンな姉貴だ

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:09
>>732
一撃で殺さずに生き地獄を味わわせる…最高の復讐だな。
よくやったと褒めたい。
ついでに社会的地位から失墜させて、
幸福になった自分を見せつけてやれ。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:11
陰茎にそんなコトしちゃイんケいナイんだよ

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:24
>>733
皮だけで済みました。
長い裁縫用の鋏で見た目に良く切れるものだったので、スパッと行った。
恐らく本人は「あくまで」冗談のつもりだったのでしょう。

>>734
その他、飯の時に餃子の中に画鋲を仕組まれた事がありました。
口の中は鉄の味で吐き出そうにも親にバレるとマズイと言う事で強引に飲み込まされました。
親には俺が食い意地を張ってたせいで口の中を切った事にされました。

>>735
姉の相手はそれなりの地位に就いていた好人物でした。実際俺もかわいがってもらい好きな人でしたが
それ以上に姉への恨みが大きく、こう言う形をとりました。
普通は上記の話を一部として話しても誰も信じないのでしょうが(姉は世間を誤魔化す術は特に上手かった)やはり地位を築ける人は
人を見る目も確かなのでしょう。なら、なんで俺が密告するまで気付かなかったのか・・・ それが姉の巧みな所だったんでしょうね。

残念ながら俺は幸福にはなれないでしょう。体に残った傷と過去のトラウマ、どんな形であれ実の姉を破滅に追い込んだ事が俺の負い目となっています。
俺の息子も傷が浅かったとは言え、あの瞬間の痛みと血を鮮明に覚えている為に女性に対する恐怖心と相まってインポテンツになってしまいました。
かと言って童貞でもありません。これも昔、姉の悪友に無理矢理奪われましたから・・・

>>736
こんな事があっても、そのギャグのあまりのくだらなさに笑える自分は嫌いにならない(なれない)

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 01:38
なんで親に言わなかったの?


739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:05
>>738
一度親に話したらあまりにも有り得ない事として取り合ってもらえず
親に聞かれた姉は笑顔で違うと言い放ちました。(俺の居る前で・・・)
親が仕事で居なくなった時に、チクリの報復として俺はほぼ毎日のようにリンチされました。
ある時はパイプ椅子、ある時は木刀、そしてある時は鋏と・・・

で、それだけ毎日怪我してたらおかしいと思うでしょう?普通なら。姉は親には俺が虐められてると言いました。
姉は近所のガキ共に俺についてある事無い事言いふらしていました(直接自分が言ったら足がつくので、手紙や噂話を使って)
子供は残酷な物で、一度ネタが出来ると其処を徹底して突いて来る物です。次第に俺は本当にいじめられる様になりました・・・
更に仲の良かった友達が居たのですが、姉がどう言う訳かその友達を虐めの首謀者と言う事にしてしまい、友人は教師やPTAに酷く怒られました。
友人は必死に無実を訴えて、俺も違うと言ったのですが、姉貴は「報復を恐れて本当の事を言わない」として、友人に濡れ衣を着せました。
いつも一緒に居てくれた彼は本当の意味で友達でした。だけど「いつも一緒に居た」事が「毎日虐めてた」と言う風に受け取られてしまいました。

そして彼は俺から離れ、俺を憎み、二度と口を利かなくなってしまいました・・・

教師に話しても俺の被害妄想で片付け、それを逐一家に報告して家で姉貴にリンチされると言う毎日が続きました。
姉は成績もよく、外見や愛想には子供ながらに末恐ろしいほど気を使って居たので、誰も疑いませんでした。それに比べて俺は・・・

正直、地獄のように辛い毎日でしたが、ただの一度として自殺を考えた事は無かったですね。
「姉にこの世の地獄を見せてやる」と言う思いだけで生きて来ましたから。

本当の意味で孤立無援と言うのが俺にとっては最恐です。

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:06
>>737
>姉の悪友に無理矢理奪われましたから・・・
すまないがそれは羨ましいぞ
詳細キボン

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:12
そんな人間が存在するんだねえ・・・もっと復習しちゃうべきでは。俺だったら
乳首と栗を鋏で切り取るくらいはすると思う

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:25
>>740
これも俺にとっては恐怖の体験です。
マイ・サンに横線を入れられてからはトイレに行くのも抵抗があったほどです。
「もうこんな事は嫌だ」と思っていた矢先に姉貴が見るからに、ありとあらゆるヤヴァさを詰め込んだような女性を連れてきました。

当時の俺は中2で14歳、姉とは3つ離れてました。つまり姉は17の高2でした。
その姉が連れてきたのは明らかにビジュアル系バンドの追っかけっぽい太(ry
彼女は実際Xの追っかけをやっていたそうで、凄まじくいやな予感がしました。
更に姉が紹介の後に話をすると「仲間内で処女で居るのが自分だけと言う事で負い目を感じてる」との事でした。
もう、逃げたくて仕方が無かったのですが、姉の笑って無い目を見てヘビに睨まれたカエルでした。

それからは・・・ スイマセン、割愛させて下さい・・・

その時揺らされながら考えていた事は「だったらその操をXにでも捧げろよ・・・」と思いつつ
「テメーの弟を発情した牝に差し出す奴なんぞ、絶対社会問題になるな。」と思ったが、そんな事には一切ならなかった...

恐らく、姉と取引でもしたんでしょうかね・・・?「肉便器やるから黙ってろ」と
ちなみにその女は、家に来るたびに行為を迫る様になり、俺は次第に家に居る時間が無くなったが、ある日俺が帰ってくるまで俺の部屋で待ってた時は流石に首を(ry

743 :649:03/11/19 02:31
い、嫌だ・・・怖すぎるよ・・・・・・




                           (・∀・)ノでもスレ違い!

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:33
>>741
それをすれば俺は恐らくとてつもない罪をきせられそうで怖かったので
「肉体的苦痛よりも永遠に根付く精神的苦痛を与えてやろう」とずっと考えていました。
勿論自分に罪が被らない様に・・・

しかしこうして思い返すと虚しい人生です...

って、スレを自分の話だけで消費して申し訳無いのでここらで終わりにします。

最後に一言
世の中自殺者が増えているようですが、自分からしたらその内容があまりにもちっぽけに思えます。
どんな理由にせよ人は生きるべきですね。
こんな俺が言うのもなんですが。

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:37
そんだけ弟に残虐行為かまして、自分は婚約破棄だけでノイローゼ?
すげぇ変な奴だな。

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 02:39
自分の完璧なる脳内人生設計崩されてプライドが崩壊したんじゃない?
結構こう言う奴は脆い
所詮はおなご

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 03:29
盛り上がってるトコ済まぬが、スレ違い

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 03:30
うむ かなり気になるが明らかなスレ違いだ

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 03:34
うん、今後スレ違いの話をすると
ひろしだってしまいにゃ怒ると思われる

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 03:37
スレ違いは都市伝説

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 03:53
>>744 怖い話だな。ユーレイよりヒトのほうがマジで怖い時あるもんな。

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 04:02
うん…ヘタな幽霊話よりシャレにならんくらい恐いから、別にいいんじゃ…
むしろスレにピッタリ…と正直思った。

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 04:03
>>732
野球のスパイクで顔面蹴られたり、ちゃりんこから振り落とされたり、
息ができないほど凹られたり、無理やりヤラレたりしましたよ。
ちみ一人だけじゃないので、気を落としなさんな。

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 04:51
>>744
つーか、あんたもカウンセラーに行ったほうがいい。暗すぎ

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 04:59
どんな感じでノイローゼですか?
今、どんな常態か聞かせてください!

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 05:02
スレ違いはあんたらの雑談

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 05:29
雑談は都市伝説

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 06:32
てかネタだろ?

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 06:53
どうでもいいけど、>>727の続きまだ〜?

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 07:44
おねいさんはどうしてそんなに歪んでしまったんじゃろね

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 08:01
>>744
を書いた香具師は
嘘を書いているだけだよ
冷静に考えれば744の書いたことを現実化することが
いかに困難かわかる

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 08:10
>>370
本当に異常か?
おそらく作り話の類と思うけど
宮崎、林の回答は正解があるとすれば
非常にそれに近いものであると感じるが

逆に>「子供が邪魔だったから」
   >「新しくその男と人生をやり直したかったから」
は空想じみて現実味がない



763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 08:35

昔、すごいドンブリ勘定のお店(ゴミみたいな古着や雑貨等)でバイトしてた時
いつも金を盗んでた。だいたい1年半くらい。
(額は小額。週に一回五千円盗むくらい。)
いつものように金をポッケにしまってたら、
レジ横の一回も鳴ったことの無い電話が「ビーッ!」って鳴った。
黒電話なんだけど、全然黒電話の音じゃなかった。
恐る恐る電話を取ったら、何にも音がしなかった。「プー」とも言わなかった。
でも、絶対その電話から鳴ってた!
正直、ビクッとしたけど、その次の週も習慣で五千円ほどポッケに
入れたらまた「ビーッ!」って大音量で電話が鳴った。
今度こそは覚悟を決めて、電話を取ったらまた無音。
なんで?って思って電話を持ち上げたら異常に軽い。中身が入ってないかってくらい。
なんとなく金を盗むのを辞めた。「ビーッ!」って音を聞きたくなかったから。
バイトを辞めるまで電話の事は店長に黙ってたけど、
辞める寸前に店長にさりげなく電話の事を聞いたら、
その電話は店長がゴミ捨て場から拾って来たただの飾りだったらしい。
それ以上なんにも聞かなかったし、なんにも分からなかった。今でも怖いけど。

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 09:55
その中に、隠しカメラとかあったんじゃないの?

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 11:24
>>756
わろった

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 14:26
>>732
会社、カウンセリング先、交友関係、なんでもいい。
姉が色眼鏡でしか見られなくなるようにしむけるという復讐がある。
そうしておいて、最後に自分が信用されていないという事実を突きつける。
この復讐は、相手を自殺させない事がコツ。
どんな絶望的な状況でも希望を一つだけ残し、それをはぎ取る事を続けろ。
(君自身が、人間的信用を周囲から得る事が大前提条件だ)

そして、君自身が姉と反対に幸せになる事。
自分自身が幸せになる事で復讐は完全となる。
姉への復讐の為に自分が幸せになれ。
姉から受けたトラウマを克服し、本当に君が幸せになれる事を祈る。

しかしその姉に対しては何をやっても可愛そうだという気にならんね。
自殺されたら「え? 早すぎだろw」という感情しか沸かないだろうな。
そんな自分が、洒落にならないほど怖いなと思うけど、まぁええか。

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 15:28
俺の姉もそんな感じだわ。一回殴ったら少々おさまったな。

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 19:33
MSNメッセの話。
チャットで知り合った女の子がいたんだけど、そこのチャットが潰れてメッセでよく話すようになった。
大学生になってから笑い話として話せるんだけど、俺は中学のとき不登校って奴だったんだよね。
理由もなく学校を怠けたいな〜って思うタイプの。
その子も似たような理由で中学行ってなくて、高校も進学しなかったらしい。
そんな似たような経験をした者同士、結構話がはずんだんだわ。お互いの写メール見せ合ったりして。
ある日、サークルのスキー合宿から帰ってきて2週間ぶりにメッセ立ち上げた。
そうしたらその子がサインインするなり話し掛けてきた。寂しかったよ〜みたいな感じで。
けど合宿に行っていたからメール確認程度で済ませたかった。だから一言二言断って落ちたんだけど…
その、夜中に携帯にメールが来るんだわ。その子から。
寂しいよ〜 相手してよ〜 みたいな感じだったと思う。そんなのが。
まぁ眠いから返信も打たずに電源切った。
朝になってPCを起動させてメールをチェックしてた。
そしたら300件ぐらいメール来てて全部グロ画像が添付されてたんよ。
めっちゃ気味悪くなって、携帯のメールアドレスもかえて、その女の子からは縁を一切きった。
その子がどうして中学を不登校だったかなんとなく分かった気がした。

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 20:03
へぇ〜、あなたこーいうトコにも来るんだ・・・
へぇ〜・・・

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 20:06
MSNは結構こわいな

771 :ひろし10才:03/11/19 20:15
あげ〜

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

772 :ひろし10才:03/11/19 21:10
もういちど あげ〜

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 21:29
みなさま、寒くなってまいりましたね!
しかし、あの場所だけはつねにヒートアップ!!!
あの熱い戦いをもう一度!勇敢な戦士たちよ、集まれ!

「罵声でぶちのめせ」
http://kn.sakura.ne.jp/~en-dai/cgi/basei/basei.cgi


774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 21:30
>>768
中学生の時、
「寂しいよ〜 相手してよ〜 お金上げるからさ〜」って同級生がいた。
そいつ母子家庭だったから、お金を貰うなんてそいつのお母さんに悪いと思って、受け取らなかった。
そいつバイトもしてなかったから、お母さんからのお小遣いでしょ。
怖くはなかったけど後味悪かった。

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 22:11
ほんとやだ・・・

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 22:14
え?ひろしのことが?

777 :ひろし10才:03/11/19 22:58
さがりすぎだ!  あげ〜。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 23:10
>>768
そんな事より問題は「相手が美人かどうか」に尽きる。

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/19 23:21
写真うpきぼんぬ

780 :768:03/11/20 00:13
写真とかのデーターはPC買いかえたとき古いPCごと廃棄しちゃった。
携帯のほうは今でも同じ形態使ってるけど、気分悪くてデーター全部消しちゃったし。
顔は「普通に可愛い」みたいな感じだった。可もなく不可もなくって感じ。
私もちょっぴり下心をもって接してたから当時はへこんだなぁ…

>>774
お金なんてもらわず、普通に遊ぶってのも手。

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 00:16
ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 00:40
ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 00:42
ヽ( ・∀・)ノ チンコー

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 00:45
ヽ( ・∀・)ノ モコー

785 :ひろしIO才:03/11/20 00:56
732さんの話は、本当にスレタイ通りシャレにならないくらい怖い話だね(特に>>739あたり)
そういえば、これに近い話を楳図かずおが描いてたよね、何て作品だったかな・・・

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い



786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:22
>785
何が洒落にならないって・・・ひろし10才の言動が以前とは違ってきていることW
最初は「お化けなんていないよアヒャアヒャ」だったのがだんだんこの板に馴染んでる
じゃねぇか。

おい、ひろし。
スジ通せよ。

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:38
せ‥‥成長しているッ!?

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:42
あー10才だもんな。

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:46
>>786
育ちざかりだからだろ

790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:46
 

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:46
俺のチョップの破壊力が一番オカルト。

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 01:54
天山?

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 02:12
小学生3年か4年のときのこと。
学校に行く道で、車にはねられた猫の死体が側溝のコンクリの蓋の上に転がってた。
遅刻しそうだったので「あーかわいそうになー」と思いつつ通り過ぎた。
学校でそのことを友達に話したら恐いもの見たさで見に行こうということになり、
学校が終わって早速現場へ。
もう誰かが片づけてるかな〜と思ったけど、まだ死体はそこにあった。
度胸を見せようとした奴が棒切れをもってきて、横向きに転がってる猫の死体を引っくり返した。
全身鳥肌。首筋の毛が逆立った。
猫の死体の反対側、下になってた側には数え切れないほどのナメクジがびっしり貼りついて
うごめいていた。
もちろん俺を含めたガキどもは全員全力疾走で逃げ。
引っくり返した奴は小便を漏らして泣いてた。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 02:27
>>793
漏れも似たような話があるよ。
ハトの死体があってさ、興味本位で棒で動かしてみたら…
数え切れないくらいのうじ虫がぶわーーっと落ちてきて、ウニョウニョうごめいてやんの!
オエーーーーーーッ!
消防時代のかなりのトラウマ。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 02:55
虫系の話がこわいよぅ!
獣姦ならぬ虫姦!とかいうジャンルがあるらしいがアホじゃないの。

796 :ひろしIO才:03/11/20 02:55
>>786
僕は最初からスジ通してるyo!(w

ところで732さんの話に近い楳図作品思い出した!「洗礼」ってやつ!

ttp://comic.2ch.net/rcomic/kako/1011/10111/1011118284.html
↑このスレの315で紹介されてるけど、何となくイメージ重ならない?

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い



797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 02:57
まあ食物連鎖?だし、そうやって土に帰っていくわけだな。
地球でごく普通に行われてるサイクルの一つだから
臆する事ないよ。

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 03:08
うじ虫食う民族もいるしな。
ま、普通のしょくもつ連鎖ってやつだ。

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 04:52
非情に中身の無いスレになり果てたね

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 04:53
おまんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


801 :たくみ ◆tAKumiyTI. :03/11/20 04:53
800ゲットニダ ━━<ヽ`∀´>@∀@)`ハ´)´Д`>━━!!!!
800は韓国固有の領土ニダ!
                    /|__        >>799 所詮チョパーリの脳ミソではウリには勝てないニダ!!
                  / ̄ | ヽ       >>801 糞スレ伸ばしご苦労ニダ!!
              ___<<丶`∀´>      >>802 802ゲットした栄光ある>>802は在日ニダ!
          =≡  / .__   ゛ \   .∩ >>803 惨め極まりないニダ!! ウェーッハハハ
        ‐=≡  / /  /  ◎/\ \//  >>804 4コタホアー!!ティンコたってハムニダ!!
       ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/   >>805 チョパーリ女発見ニダ!!レイープするニダ!!
         ‐=≡    /    /         >>806 には名誉国籍をくれてやるニダ!! 拒否は許されないニダ!!
          ‐=≡   |  _|___        >>807 たかが一回野球で勝ったぐらいでいい気になるなニダ!!
           ‐=≡  \__ \       
             ‐=≡ / / /       
``)          ‐=≡  // /
`)⌒`)       ‐=≡ / | /
 ;;;⌒`)      ‐=≡ / /レ

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 05:07
>>801
君しょっちゅう失敗してるけどワザと?

803 :屑野郎:03/11/20 05:42
ネコって言や〜よ〜、数年前、深夜に徒歩でコンビニ行く途中
ネコが道路でひかれてたのよ。
目玉が片方飛び出してて完全に死んでるの解ったんだけど「可愛そうだな〜」と思って
手で掴んで道路の隅に避けてあげましたとさ。 メデタシメデタシ

ほんのりヌクかった。 死んで間も無かったんだね・・・

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 06:39
>>803
エライ

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 07:42
>>805
レイープはやめて

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 08:57
名誉国籍もらいます

807 :ひろし10才:03/11/20 09:01
あげちゃうよ〜。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:07
http://news.msn.co.jp/newsarticle.armx?id=629852
マジで洒落にならなくて怖い話

あと昔友人に聞いたんだけど
吉野家とかああいう丼物系の店で
ご飯炊く大きな釜あるしょ
仕事始めに釜開けたとき
ゴキが数匹一緒に炊かれてるって事があるらしい

松屋で牛丼、毎日のように頼んでいた人間としては
ショッキングな話だった

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:07
つられあげ

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:11
その話聞いて思い出したんだけど、
モ○という某バーガーショプもシェイクの
製造機に虫入ってたり、パンにカビはえてたり
したって話し聞きました。
私が見たわけじゃないからほんとかどうかは解からないけど、
そう言う話はけっこうありますね。
たぶんどこでもなにかありそうだけど・・・

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:16
まじかよーーー!!

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:39
あれだけ数売ってりゃなんかあるだろ
文句言わず食っとけ

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:49
カレー屋のサラダに青虫ついてた事はあったなぁ。

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 09:57
                /. : : : : : : : : : \
           冒  /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
            l l ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
          ./〜ヽ{:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     ________
           |__| {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   /
.           .||ポサ.|| { : : : :|   ,.、  |:: : : :;! <  うわゎぁぁぁぁぁっ
         /|.l ン||_.ヾ: :: :i r‐-ニ-┐| : : :ノ   \
         |  ̄ -!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    −!   \` ー一'´丿 \
         ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ
___________________________________
このスレを見た人は、10年以内にかならず氏にます。
でも、逃れる方法はあります、
※10日以内に20箇所のスレにこれをはるのです。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 10:11
まぁ結局、
「火ぃ通しゃ大丈夫だろ、捨てんのもったいねーし。」
って感じなんだろうな。
がはたして、熱に強い菌達は何処で何をしているのやら・・

816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 10:38
コンビニのおでんは危険だから止めとけ。
特に蓋を開けっ放しな店は危険だ。

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 10:44
>>815
人間に備わった自浄作用を信じるコト

818 :808:03/11/20 10:49
>>810
近所に○ス あるんだよねー
高いからあんま食わないんだけど
パンだとそのパンだけ捨てればいいけど
飯だとなあ
友人いわくさすがに飯全部捨てるのは不可能なので
ゴキとその周りの飯を捨てて使ってるらしい

昔マックでミミズバーガーの噂ってのがあったけど
友人とその話してたとき(マック食いつつ
フィレオフィッシュも実はミミズでできてる!
っていわれたときは
さすがに鼻からコーラ(その時ちょうど飲んでた)が出ましたよ
魚風のミミズを作れる化学力かー
(話の流れから使っている肉が全てミミズということになっている)
もはや宇宙人でいらっしゃるカゼッタ岡でないと作れそうに無い
という結論に達し
桁外れの科学力を持つマックってこええなあって思いました

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 10:54
「お前、拾われっ子なんだって?」

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 11:40
松屋カエル牛丼事件には恐怖した

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 12:00
牛丼始めました。<吉野ケ

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 12:00
松屋カエル牛丼事件には恐縮した


823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 13:09
厚生年金の年収500万のモデル世帯で年金掛け金は50万。40年で2000万。
給付水準は50%の100万。平均寿命が78だとすると65歳給付開始で13年。
給付は総額1300万円。
1300万円 - 2000万円 = -700万円

国民年金は月々13300円の年額16万。40年で640万。
給付は40万。65歳給付開始で13年。給付総額は520万円。
520万円 - 640万円 = -120万円


824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 13:11
コンビニでバイトしてた時の事。
毎勤務中おでんの汁入れ替えするのだが、
ネタを全部ざるに移し汁入替えしようと鍋の中を見たら...

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 13:31
みたら?

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 13:32
保健所に通報しますた

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 13:53
>>824
スレ違いだな、Gスレでどうぞ。

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 14:09
俺は悪くないのにいやみ言われてアタッマきた

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 14:13
とりあえず

ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

830 :ひろしIO才:03/11/20 14:32
他スレの話だけど、↓このスレの匿名教師さんの話は、死ぬほど洒落にならないと思ったyo!

秘密組織は存在するのか
ttp://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1068023022/l50

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 14:41
>>823
年金の「もらえないって誰から聞いたの?」ってCM見るたび
もらえるって言う根拠示せとおもてまう。
年金て都市伝説みたいだ・・・・

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 14:51
結局 国はあのデマを放置できないほど追い込まれてる
誰が考えてもそりゃそうだ罠

ただ一時的なもんで段階の世代が絶滅するころには徐々に安定する
これは支える側、支えられる側のバランス見れば誰でもわかる罠

日本は人口どれくらいで安定するかな
8000マソくらいか

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 14:58
3000万もいりゃ十分なのにな。
俺なんかは存在してる意味が最も希薄な類の人間だ。

834 :ひろしIO才:03/11/20 15:02
>>831
これね↓(AAはマンドクセスレからコピペ)

____________________
| ________________  |
| |   ______    |  |
| |   | 国民年金  |     |  |
| |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| |      ∧_∧  < 年金もらえないって、誰が言った??
| |     ( ・∀・)    \_______________
| |     (    つ     |  |
|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
|_____________|      ('A`;)  コノCM、オドシテルミタイデ コワイ・・・
                         ノ( ヘヘ


今でさえ支給される年代の人達にも払いしぶってるのに、不安を抱くなってのが無理だよねぇ

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い


835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 15:02
>>833
そういう発言が出来るだけ、まだ上等だよ。
クズは他にそれこそ掃いて捨てる程居る。

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 15:15
いつから、いくらもらえるってのが明確でないと年金は都市伝説。
都市伝説には払えない。

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 15:33
年金そのものが国民へのご機嫌取り&税金取る口実
年金廃止して老後が心配なら個人年金
その代わりに税金安くしろ 消費税廃止しろ


838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 15:41
昔のことだが部活の先輩が海にいったらしいのよ、そいで海って岩とかいっぱい
あるとこあんじゃん?そこで先輩が怪我したらしいのよ、でもそんときはさぁ
痛くもないから海で泳いでたらしいのよ、でも泳ぎ終わってからなんかジンジン
するから病院へいったのよ・・・。そして骨折の可能性があるからレントゲンとって
そのレントゲンみたら・・・・。傷の内部に貝の卵がビッシリはいってたんだってぇ・・・。

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 15:48
今から21年程前府営住宅で一家心中があった。
父親が自分の母親・妻・子供2人を刺殺して自分は違う場所から飛び降り自殺したと言うもの。
もちろん、当時の新聞には大きな記事になった。
その階数が、4階だった。

それからしばらくして、4棟の4階の住人が相次いで引越ししていった。
理由は、みんな一緒。

「ベランダから、あの一家が覗く」

840 :ひろしIO才:03/11/20 16:06
>>838
この話は「骨にフジツボ→足切断」というものが有名だけど
実際、これに近い事例ってどこまでなら有りうるんだろうねぇ

以前は「そんな事有りえないよ〜」とか思ってたけど
脳にウジが沸いた人の写真とか、足の傷口にビッシリとウジがたかってる写真(これは治療らしいけど)
とか見て以来、ウジならばこういう話も有りうるんじゃないかって気がしてきたyo

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ  ばいば〜い

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 16:16
ひろし。しばらく見ないうちに大きくなったな。

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 16:24
>>841
10才じゃないよ。IO才。

843 :ひろし100才:03/11/20 16:44
何か?

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 16:56
俺はある意味貴重な存在だw

ついでに・・・段階じゃなくて団塊ね。

845 :ひるし10才:03/11/20 17:15
>>844
誤爆?

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 17:15
自己責任というタイトルのお話は読んだらどうなっちゃうんですか。
怖くて前書きの部分しか読めません。

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 17:47
                /. : : : : : : : : : \
           冒  /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
            l l ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
          ./〜ヽ{:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     ________
           |__| {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   /
.           .||ポサ.|| { : : : :|   ,.、  |:: : : :;! <  うわゎぁぁぁぁぁっ
         /|.l ン||_.ヾ: :: :i r‐-ニ-┐| : : :ノ   \
         |  ̄ -!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    −!   \` ー一'´丿 \
         ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ
___________________________________
このスレを見た人は、100年以内にかならず氏にます。
でも、逃れる方法はあります、
※1000000日以内に20箇所のスレにこれをはるのです。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 18:04
                   /::::: : :/ 
   |三三|          /::: : : :/
   ─┼─        /::: : : :/   
               /:::: : : ://⌒ヽ 
     /         (::: : :/ / ´_ゝ`)   すいません、入ってますよ
   <           l::/___|____/__
     \          ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}    
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ      
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′         
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \        
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、    
        /\  /    \   /~ト、   /    l \


849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 18:31
>>846
私は読みましたが何とも無いです。
ですが、前置きで怖くて読めなくなったなら、
素直に止めといたほうがいいと思います。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 19:40
自分がまだ包茎とは何か、皮オナニーの危険性さえ
知らなかった(人生最大の失敗)中学生のころ。
受験を控えた3年生になり、新たなクラスメイトになれたころ
合唱コンクールが開かれることになった。
担任は、熱血理科教師で、かなり分かりやすい授業をしてくれて
厳しいながらも生徒思いの先生だった。
コンクールは、まず学校内で簡単な発表会を行い、
それで各学年から代表クラスが選ばれる、という方法だった。
うちのクラスの場合、女子がやる気で、男子はそれに乗せられつつ
かなりがんばり、市内音楽会への切符を手にいれた。

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 19:41
市内音楽会前日、
担任は
「がんばればなんでもできる、だけどがんばるのが難しいんだ。」
「お前らはがんばった、あとは自分の体が覚えてるよ」
って、みんなに言った。かなり真剣で、よく覚えてる。

音楽会当日。
出発間際になって、
いきなり引率の先生(担任じゃない人)が
「○○先生(担任)が入院した」
っていうんだよ。昨日まで元気だった人が
なんでいきなり・・とか思ったけど
その先生がいうには、軽い怪我だ、ってことで
一応は安心して、自分たちの出番、ってなったんだよね。
それで、課題曲を歌い終えて、自由曲の「心の瞳」ってのを
歌い始めた。担任がすごい好きで、熱心に指導してくれた歌だった。
それで、間奏の時、ふと座席のほう見たら、担任が手を振ってて
すごいにこやかに笑ってたんだよ。めったに笑わない実直な先生だったのに。
ふと、そこで思ったんだよ。
軽い怪我で入院なんかしない、って。


852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 19:43
「心の瞳で〜君を見つめれば〜」
「愛すること〜それが〜どんなことだか〜わかりかけてきた〜」

曲が盛り上がってるとき、隣のやつが泣いてるんだよ。

俺も、もしかしたら、っていうか、かなり直感的に
そう思ってた。

歌い終わって、みんな、○○先生いたよね、いたよねって
話してて、俺は、泣いてた隣のやつと、無言で座ってたんだ。

みんな先生を探すんだけど、いないんだ。
絶対、笑ってたのに。

学校に帰って、帰る準備してると
教頭先生が教室に来て、
「○○先生が、先ほど、亡くなられました」
って。
みんな、泣いたよ。むしろ、信じたくなかった。
なんでも、音楽会前日、
車で帰る途中、飛び出したコドモを避けて
思いっきり電柱にぶつかって、助け出されたときは
虫の息だったらしい。

葬式の時、自分らの願いと、先生の親御さんの承諾で
「心の瞳」歌ったんだよ。すごい悲しかった。

前の、お姉さんの話しかり、あるんだよね、こういうこと。

853 :824:03/11/20 19:48
でっかい蛾と小さい数匹の蛾が出汁となって沈んでマスタ。
他の連中ちゃんと汁入れ替えしているのかと...

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 20:06
蛾は喰えるので無問題

855 :あなたの後ろに名無しさんが:03/11/20 20:12
昔の話です
深夜、金縛りに遭った時、しわくちゃなお婆さんが
僕に向かい物凄いけんまくで怒るんです
そして首を締められました
冷たくはなかったけど
ちゃんと感触はありました

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 20:24
いまどき金縛りとか言われましても、、、、、

857 :ひろし10才:03/11/20 20:30
ひろしIO才 うざい。

氏ね。

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 20:35
>>850
皮オナニーの危険性に泣いたよ。

859 :博12才:03/11/20 20:40
>>857
成長しなさい!


ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:05
>>849
ありがと。
読みました。読まずにはいられない、でも怖いw
ヘタレですみませんです。大丈夫でした。

霊感がまったくない私にとっての怖い話は
高校のとき、朝友達とおしゃべりしていたときに友達が両手をあげて背伸びしました。
わきの下にご飯粒がついてました。どうして!?

ゴメンナサイ・・・

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:07
漢字覚える前にsageを覚えろ、と

862 :ひろし10才:03/11/20 21:11
sage


863 :天の声:03/11/20 21:15
>>850
>自分がまだ包茎とは何か、皮オナニーの危険性さえ
>知らなかった(人生最大の失敗)中学生のころ。

は文章の内容と関係ないのかよ・・。
期待して読んだ自分が馬鹿みたいだ。


864 :天の声:03/11/20 21:16
ところで皮オナニーってなんだろう?


865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:17
>863
いったい何を期待して……

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:18
皮を剥かずにオナーニ

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:20
皮を剥かずにオレ、オマエ、マルカジリ

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:23
>>864
そういうときにはこの言葉を思いだすんだ!

グ グ れ

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:41
たしか皮オナニーの動画あったと思うんだけどなー
他のスレでも知らないヤツがいたから

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:42
女で言えば、穴オナニーに相当するのが皮オナニー・・・ではないか?

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:51
>870
クリを包皮の上からこするようなもんでは?

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:53
怖い話というより、不思議な話かな。

正月に実家に帰った時の事。

「ただいまー」
「シャァーーーーッッッ!!!」

うわっ、いきなり猫に吼えられた!?
半年振りに対面するなり吼えかけてくる実家猫。
14年も一緒に暮らしたのに半年会ってないだけで自分の事を忘れるとは…脳みそ
の容量を考えてもこれはヒドイ。
仕方ないので猫ジャッキーとかで餌付けてみたりしたが依然として警戒している。
家族も含め首を傾げてしまう状況だった。

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:54
二日目。
今日は首を狙って飛び掛って来た。
これはヤバイ。
餌付けどころじゃないって。
あと実家の猫はキリモミで飛び掛ってくる。

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:57
>>871
もっとわかんね。

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 21:58
三日目。
ある事に気付く。
猫は自分の顔を見て吼えていると思っていたが、どうもそうではないようだ。
猫の視線をよくよく辿って見てみると、自分の右肩辺りを睨みつけている風である。
何も見えないけど…何も見えなくて猫だけに見える…?

幽霊かなにかでしょうか?猫さん。


876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:02
四日目(大晦日)。
平家を奉ってる(祀ってる?)とある神宮に初詣に行く。
とりあえず今憑いてるモノを取り除いてくれるよう願掛け(?)
自分の姓に"平"が付いてる事から、もしかすると平家の末裔かも?なんて考えてた自分は「ご先祖様、この変なのを追い払ってくださいな」みたいなお願いもし
ておいた。
…平家の亡霊さんが集まってそうな耳無し芳一さんの像の周りは怖くて近寄れませんでしたが。

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:03
5日目。
猫が吼えなくなり、元の大人しい猫になった。
剣呑剣呑。
みんなも年に一度はお参りに行こう。
あと墓参りもな。


878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:07
猫ネタは食い付きいいからなぁ。
子供の頃、みんな普通に猫殺してたよ。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:07
http://www8.ocn.ne.jp/~sullivan/00021.jpg

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:27
>>879
基地外キターーーーー!。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:29
2年前、いつものようにアルバイトへ向かうのに
バイクで行くんだが、ルートが2つあって
国道を沿って行くのと山道を越えて行くのと、気分次第。
その日は曇り空で後者のルートだった。
山道を越えて墓地を横切り少し進んだ所に信号機があり
右に曲がる。そこから直進で数キロすれば目的地。
その道は坂になってて、基本的に車だけ。自転車すら滅多に見かけない。
いつも遅刻ギリギリなので飛ばすのだが
ふと反対車線の歩道を見ると人が立ってる。
人が立ってる位置に横道があって、奥を見るとちょっと黒だったかな
とにかく一昔前の大きい民家が1軒建ってる。
その横道はその民家で行き止まりのようだった。
ここらへんは曖昧なんだけど、よく見るとその人
虚無僧のようなものを被っている
いや、黒い三角巾のようなものだったかも知れない。
しかも腕をピンと張って、指をさしている。微動だにしない。
方向は俺の向かう方か奥の民家だったと思う。
まさにリングにでてきたビデオの映像と同じようだったので驚いた。
それから1、2百メートル進んだ所で同じ道沿いにまた人が立っている。
上下黒のいでたち。喪服に見えた。その人は俺が来た方角を
指さしていたようにも見えたし傘をさしていたようにも見えた。
両方かも知れないがはっきり憶えていない。

何かのイベントか、サンドイッチマンみたいなもんかな
と思っていた。

続く




882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:30
>>763
店長が自分からやめるように仕向けてくれたんじゃないだろうか。。

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:51
それから何日か経って、アルバイトに行くんだが
無意識からかなんとなくあのルートは避けていた。
だが、その日は雨。雨の日はバイクに乗らず親の車で送ってもらう。
車だと山道のルートで送ってもらう事の方が多い。
国道のルートの方が近道だが車だと国道を通ると渋滞で遅くなるし
雨で大抵混んでるから。
で、前に見たあれの事も忘れてたので普段通りに道を進め
信号を右に曲がり、直進してると・・・・ふと、あの事を思い出した。
何故なら人が立ってた所に目が行くぐらいでかい看板が立ってたから。
そこには、○○家 告別式云々と書かれて、奥の民家で行われる様だった。
この前見た人は関係しているんだろうな、と思った。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:57
○○家と書かれると吉野家を思い浮かべてしまう
2ch病おそるべし

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 22:58
>>881
虚無僧をかぶってる人がいたらそりゃ怖いだろうなと思った

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/20 22:58
ち・・・ちくしょう!

ttp://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/2348/fumei/uwan.swf

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 23:00
「おあし」という神様の話。

父が若いころ、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。
お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情でしばらく父の家から学校に通っていた。
父の実家は当時商売をやっていたので、若い男が何人か住み込んでおり、そのうちの
一人とお嬢さんは、なんかいい感じになってきていたらしい。

ある日、お嬢さんと、その若い人が一緒にコタツに入っていた。
が、しばらくして、男は真っ青になって上に上がっていったと思ったら、従業員用になってた
部屋からすごい悲鳴が聞こえた。
普段おとなしい男なのに、何事かと思った祖父をはじめとした父の家族はあわてて
二階に行ってみると、男が泡を吹いていた。完全に白目をむいていて、死んでいるのかと思い
父は相当びびったそうだ。
続く



888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 23:08
「おあし」のはなしつづき

その男はその日はそれっきり気がつかなかったので、看病は祖父母に任せて
父は寝たらしい。お嬢さんも寝たそうだ。

次の日、男が起きてきたので、いったい何があったのか問い詰めた。
話すのを嫌そうにしていたが、なだめすかして話させると、こういうことだった。

昨日お嬢さんとコタツに入っていたら、足が自分のひざあたりにあたる。
最初はただあたっているだけだったけど、だんだんひざから太ももの辺りを
なでるように動きだした。お嬢さんとその男はいい感じになってきていたから、
それでお嬢さんがそうしているのだと思って、男はどきどきしながら、その足を
触ってみた。ら、毛むくじゃらで筋骨たくましい男の足としか思えない足だった。
ぎょっとして、お嬢さんを見たら、なんか恥ずかしそうにうつむいていて、それで
男は、男みたいな足だけど、お嬢さんの足なのかと釈然としないながらも、その足を
触っていた。
しばらくすると、お嬢さんがコタツをでた。でも男は足を触ったままでいた。
わけがわからなくなって、コタツ布団をめくると何もない。
気分が悪くなった男は、二階に上がって寝ようとした。
布団に入ってしばらく震えていたら、またさっきと同じ感触がしだした。
思わず飛び起きて布団をはいでみた。

続く

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 23:15
つづき

そしたら、そこには黒々とした脛毛のたくさん生えた、紛れもない男の筋骨たくましい
足が転がっていて、しかも親指をくいくいっと動かしたそうだ。
足の裏にはマメらしきものがあるのもはっきり見えたという。
男は思わず悲鳴をあげ、そのあとは朝起きるまで気がつかなかったのだ。

それから、その男はしばらく父の家で働いていたけれど、夜は時々同じように
悲鳴を上げて家中を騒がせるし、何より布団やコタツといっためくって中に入るもの
をこわがるようになり、だんだん精神的に不安定になったので、実家に帰らせたそうだ。

男がそんな状態になったとき、お嬢さんは、それはきっと「おあし」だ、といったそうだ。
お嬢さんは特に怖がる様子もなかったとか。
なんでもどこの地方か忘れたけど、どっか東北のほうで言い伝えられている神様(だか精霊だか)
らしく、お嬢さんはその地方の人だったとか。
そのお嬢さんというのとは父もそれきりあったこともないし、今どうしているのかも知らないので、
詳しい話を確かめてみたいと思うけれど、それもできない。

死ぬほど怖くはないかも。長文失礼しました。


890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 23:36
お金のことも「おあし」って言うよね

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 23:40
>>872
どうでもいいが藻前さん山口県人だねw


892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/20 23:51
赤魔人じゃ〜!なんつってw

ちょっと小さいけど耳無し芳一。グロじゃないよw
ttp://home9.highway.ne.jp/sum4427/akama3.jpg

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 00:04
「やっぱりそうなると思ってたんや」を読みましたが
私も意味がわかりませんでした。どなたか説明してくれませんか。
お願いします。

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 00:23
>>883
>雨の日はバイクに乗らず親の車で送ってもらう。

洒落にならん・・・。

895 :732:03/11/21 01:10
ここに書きこんでから少し悩んだ。
「こんな事を書いてて良いんだろうか・・・?」と。

俺の話は幾つかのレスにあったように「ネタ」臭い。それほど現実的じゃありません。
だから相談したくても出来無い。真剣に受け取られても、人によっては重過ぎる。
しかし、抱え続けた長年の悩みを吐き出したい。だからこそ匿名掲示板で書き込んだ。ここでなら「ネタ」として処理する事も出来るし、何より多くの人に聞いてもらいたい話だったから。
自分自身現実世界では、とても言えないです。カウンセリングでも他人に話すと言う行為に抵抗があります。
幼い頃の「他人に話しても無駄。待っているのは苦痛のみ」と言うトラウマがチラつきます。

だから俺の話を「ネタ」として受け取っても「リアルの話」と受け取ってもどちらでも構いません。
俺はただ、少しでも楽になりたかったから。
レスを下さった皆さん、心配してくれた方々、本当にありがとうございます。今更のレスをお許しください。ただ、どうしても最後に自分の心境を書き込みたかったもので。
それではこれで失礼します。

ちなみに姉が崩壊した理由の一つとして隠し通してきた裏の人格がバレタ事による強迫観念でしょうね。
今までやってきた事が全て知られてしまった・・・ と。お相手の方は学生時代の「親友」とやらの紹介らしいですし。
あとは「玉の輿」が消えた事でしょうかね。

俺はこれからじっくりとオーバーホールします。

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 01:10
age

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 01:20
幸も不幸も全て主観だ!
プラス思考になりたけりゃ、
プラス思考の人とだけ生活しよう!

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 02:00
プラス思考=馬鹿

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 02:07
要はポジティブに構えるべきなのら

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 02:11
>>895
要は伝え方だよ

なるべく主観を抑えて伝えなきゃ相手が2chねらだろうが
警察だろうが話半分にしか聞いてはもらえない



901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 03:01
>>893
何それ?
「やっぱりそうなると思ってたんや」って何かの話?

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 03:24
>>901
本怖の8巻だたか9巻に乗ってた話だと思う

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 04:49
>>898
マイナス思考の馬鹿よりよっぽどマシ

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 04:51
付き合い長い親友にまで裏の顔を隠しておけるってスゴイなw
地味に今スレ1の洒落怖かも

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 06:24
こぴぺ。

  アメリカに留学していた友達に聞いたある子の実話です。
  その子はル〜ムメイトと住んでいたそうです。
  ある時、その子は出掛けましたが忘れ物をして家に戻ったそうです。
  ル〜ムメイトとは活動時間が違うため、
  寝ている彼女を気遣って家の電気をつけずに忘れ物を探し、また出掛けたそうです。
  その日、ル〜ムメイトは男に殺されていました。
  壁には犯人のものと思われる殴り書きがあり

  『お前はラッキ〜だったな。
  電気をつけて顔を見られたらお前も殺していた』

  と書いてあったそうです。
  この殺人事件は全米中に知らされたそうですよ。



…都市伝説系?

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 06:31
>>905
かなり既出な都市伝説ですね。

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 06:57
耳タコ級のね〜

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 07:02
>>903
なんでだい?

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 07:19
マイナス思考の馬鹿は湿っぽいつーか女々しいこだわり方するから話しててうざい。
プラス思考の馬鹿と話してると、小さい事を気にしてる自分がアホくさくなるような明るさがある。
付き合いやすいのはプラスの方。鬱の時とかは助かる存在。
マイナスの方は間違っても他人にパワーを与えたりは出来ないよ。

910 :ひろし10才:03/11/21 07:56
おはようあげ〜

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ アヒャヒャヒャ

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 09:33
>>831
(厚生年金だけど)「もうあんなのは廃止じゃ」ってTVで塩爺が言ってましたが…当事、財務相でしたよねあの方

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 09:36
あっち系の人を見たら道でも聞いてみたら?
モタモタしてる間に逃げ出したら犯人かも。
逃げる方向に一緒に行けば安全。

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 10:44
福島の10才うぜぇ

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 11:21
要するに、

+思考馬鹿=732の姉
−思考馬鹿=732

ってことでつかぁ?

915 :あなたの後ろに名無しさんが、、、:03/11/21 11:42
3年前にアパートで一人暮らしをしてた時、暮らし始めの頃なんだけど
まだ暮らしになれていなくて、全然上手く行かなかった時
元彼女の夢を見た。実家で暮らしている時に2年付き合ったけれど
別れた彼女だったんだけれども
ある深夜なんだけど、深夜にドアを叩くので開けてみると
元彼女だった、びっくりしたのと同時に衝撃だった
とにかく中に入るように即した
せっかくなんで外にでも食べに行かない?と言ったら
家でいいと言い、昔僕が好きだったオムライスを作ってくれると言う
昔のように彼女にオムライスを作ってもらった
彼女がオムライスをフライパンから皿にのっけた時
目のまえが歪み気を失った
朝、起きると台所には、オムライスが2つあった

実家に帰り、彼女の元へ言ったんだけれども
1年前に死んだらしい、しかも昨日が命日だったらしい

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 11:59
デリバリーのバイトでもチラシを配る時がある。
俺がチラシを配っていたその日は、雨が上がったばかりですごく寒かった。
水たまりのせいで靴はグチョグチョだし、まだまだ終わりそうにない件数に俺は苛立ちを覚えていた。
仕事を続けていると「荘」が二軒平行して建っている場所があった。
「荘」か・・・ 集合ポストじゃねぇんだよな・・・ 面倒くさ。
「荘」は大抵集合ポストではないので、いちいち階段を昇り降りしなくてはいけないのだ。
雨上がりのぬかるんだ地面を不快に感じながら、俺は階段を昇った。
昇り切った所でふと横を向いてみると、隣の「荘」の部屋が丸見えな状態だった。
二階の左の部屋で何かがぶら下がっていた。男が首吊りをしていた。
目が悪い俺でも、なぜか顔まではっきり見えた。
すぐに警察に電話し外で待っていたのだが、「もしかしたらまだ生きているかも」と思いその部屋の前に向かった。
鍵はかかっていなかった。ドアは簡単に開いてしまった。
キッチンの他には一部屋しかないようだった。玄関からすぐに浮いている男の後姿が見えた。
俺は恐る恐る男に近づいて生きているか確かめたが、やはり死んでいた。
俺が触れる力にも抵抗できず、ブラブラと揺れていた。
その姿に死をリアルに感じ怖くなった俺が部屋から出ようとした時、男の右手が突然動いて、向かいの「荘」の正面の部屋を指差した。
俺は叫び声を上げ、部屋から飛び出した。
しばらく外で震えていると警察が来たので、一緒に部屋に入ると死体は元のままだった。俺はしばらく夢に見るほど、死体が動いた瞬間が忘れられなかった。
あとで聞いた話では、死体が指差したあの部屋からも数日後に首吊り死体が見つかったそうだ。
寂しく死んだ男が、同じ死に方をした人間を早く見つけさせてあげたかったのだと俺は思っている。


917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 12:03
>>915
え?!
じゃあオムライスを作ったのは誰?ガクガクブルブル

話は変わるけど最近ときどき「即した」って書いてあるのを見るけど
「促した」というのを「そくした」と読むと思ってるのかな?
「うながした」なんだけど…
関係ないのでスマソsage

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 12:44
「事実に即した」みたいに普通に使うと思うが…。

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 12:47
>>915の文中の用法が違ってるよってことじゃない?

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 12:59
昨日深夜12時頃の話。
眠っているはずの母親(とても霊感が強い)が俺の部屋に入ってきた。
「どうしたの?」と聞くと「今、見返り美人がいた」
話によればトイレに起きて洗面台で手を洗っていた時、ふと窓の方を見ると
家の中に見返り美人がいたという。
見返り美人とはあの切手にもなっている有名な浮世絵、見返り美人の事だ。
「それで気味悪くて知らせに来たの」と言い、母親は帰っていった。

翌朝。起きると母親が言った。
「昨日の見返り美人ね、また見たよ。
 横に・・・男の人かな?居てね、窓すり抜けて二人で東の方に帰ってったよ」
俺の家は富士山に近い。
彼氏と富士山観光にでも来たんだろうか。

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 13:09
オチが無理あるなぁ・・・あなたの母の精神状態が怖いっちゃー怖い

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 13:58
本当の話なら、早くお母さんを連れて病院に相談しに行った方が良いと思うよ

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 14:31
>>918が「うながす」の意味を知らないのが死ぬほど洒落にならない怖い話

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 14:34
もまいら「けれど」「けれども」「けど」って接続詞が三連した時点で915がアフォって気付け。
そんな細かいこと気にしなくていいから。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 14:40
そくす

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 15:32
sox

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 15:39
>>911
その発言は凄いな。
年金が国民の義務って最近知った。
国が課す国民の義務は三つしかないと思ってた。

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 15:46
おいおい、オバカちゃんがここにもいたよ。

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:10
917説が正解と思われ。
ガイシュツみたいなもんかな。
そくす、地味だが悪くないかも。
ちなみに自分は意味わからなかったが、917をみて納得したよ。
918の言ってるのは、意味が違うから却下ねw

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:11
年金も選挙も憲法で定められた義務じゃない
キャッチコピーに踊らされてるってことだ
考えてみると怖いな

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:14
>928
年金が義務化されたの最初だからねー。
ある程度の年齢以上の人は、学校で「国民の三大義務」って叩き込まれてるんだよw

932 :927:03/11/21 16:25
>931
ある程度の年齢以上の人は>
_l ̄l○

だってしらなかったんだよ。仕方ないだろ。
健康保険みたいなもんだと思ってたんだよ。
本当は義務なん?義務じゃないのか?

年金の怖いところは、民間なんかじゃあり得ないけど、どんなにきっちり払ってても、
「お金足りないんですけど」「じゃあ支給額減らすって事で・・・」って、
あっさり国会とおっちまいそうな所だな・・・・
実際何回も減らす方向で通ってるし・・・

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:27
どんなに役人が別のことに年金使い込んでても、理由は「少子化の影響で」としか言わないのが怖い。

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:31
結局それに対抗できる国民の手段は、
選挙に行ってまともな人に票を入れるか、
支払いをしないかのどちらか

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:32
天下り先を全部つぶしたらかなり違うと思うんだけどねー

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 16:32
貧困層は大変そうだなw

937 :931:03/11/21 16:34
「最初」は「最近」の間違いです〜〜 すまそ

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 17:18
>935
泥棒に縄作らせるようなもんだから、果てしなく無理だろうな・・・・
知り合いの関係ある会社かなんかで、天下りあって、年に二回の会議に出席するだけで年収何千万とか聞いた。
その会議の結果、コネを一杯使ってもらうらしい。
そのコネ自体も、世の中にしてみりゃ悪なんだろうな。(自由競争の妨げというか・・・・)

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 17:38
洒落にならん!ヽ(`Д´)ノ

940 :新入荷 1/2:03/11/21 18:24
先日、仲の良い隣のおばちゃん夜中に救急車で運ばれた。
医者には検査やらあるし、入院したほうがいいと言われたらしいが、
おばちゃんは、翌日には自宅に帰って来た。
隣とは言え、家族でもないし、そうそう毎日様子を見に行くのも悪いかと思っていた。
しばらくして元気になったらしく、久しぶりに話した。
痛くて痛くて苦しんでいる間、亡くなった旦那さん(仏壇)に向かって、
「こんなに人が苦しんでんのに、枕もとにも出て来はらないなんて!初恋の人と会ってて、忙しいんかい!」と言ったら、夢に旦那さんが「おい、大丈夫か?」と出てきたそうだ。
大笑いして聞いていた。
更におばちゃんは、夢の中で、白いドレスの様な服を着たお姑さんが出てきた話をしてくれた。
つづく

941 :新入荷 2/2:03/11/21 18:25
つづき
「○○〜こっちへおいで...」
と呼ばれ、付いて行くと、そこには一面黄色い菊が咲いていて、大きい鳥居があったそうだ。
“スー”っと、お姑さんが鳥居をくぐるので、付いていくと、さっきより一回り小さい鳥居。
お姑さんが鳥居を“スー”っとくぐるので、また付いていく…。
一回りづつ小さくなる鳥居を9回くぐると、やっと通れるかという小さな鳥居。
入ろうとすると、後ろから「おい!」と呼ばれたそうだ。
振り返ると足が無いお舅さんが浮いていた…。
「子供たちを置いて、ご飯も作らないで、どこ行くんだ!」とお舅さんに言われたので、
「どこって、お姑さんが呼ぶから行かないと…。」と言って鳥居をくぐろうとした。
するとお舅さんが、「いいから早く家に帰りなさい!!」と怒鳴って、肩を引っ張りました。
おばちゃんは、怒鳴られたことにビックリして目がさめたそうです。
もしあの時小さな鳥居をくぐってたらどうなっていたのか…。
この話を聞いて何が一番怖いって、おばちゃん家の仏壇が、薄い壁一枚挟んだ私の枕もとにあるってことでした。

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 18:31
なげーしおもんないわ

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 18:31
>>941
そのうちとなりのじいさんが夢枕に立つんでネェ?
「オレの背後に立つんじゃない!」とかって

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 18:38
お隣りは東郷さんちですか?

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 18:46
まさに紙一重

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 21:31
935の「泥棒に縄作らせるようなもんだから」ってのも意味不明だな。
泥縄って言いたいのか?

泥縄 「どろぼうを捕まえて縄をなう。事が起こってから、
    あわてて対策を考えること。」

添削厨ですた

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:01
946は938にだよね?

添削厨の添削厨ですた

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:01
つまり、後手後手次郎って事だな。

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:23
48手って、ことか??

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:28
違うだろ、理解力もないのに添削気取るなよw
泥縄の場合、縄をなうのは自分だろ?
泥棒に、お前を捕まえるから縄用意しろ、っつーても無理があるだろ?
そういうことじゃないのか?
役人に天下り先をつぶせ、って言うんだからさ、自分の保険を自分で抹消するのと同じだからな。

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:29
>>943-949
おめーら怖い話をしろや

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:42
ウンコしてたら流されそうになりましたが何か?

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 22:57
もう誰でも良いからァ・・・詐欺師同然の霞ヶ関のクソ官僚ども
を皆殺しにしてくれよォ〜。
話聞いてるだけでもウンざりしてくる。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:17
別のクソに置き換わるだけだと思うがな。

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:20
今日友達の家に遊びに行きました。彼は高校の同級生で遊びに行ったのは私だけです。
明日は6時に遊びに行く予定があったので、遊び先に近い友人の家に泊めてもらおうと思ったのです。
そしてPS2やるなり菓子食うなりホラートークするなりでそれなりに楽しく過ごし、
気づいたら田舎なこともあってあたりはすでに真っ暗になっていました。
友人も「そろそろ寝よう」と言い出し、友人はソファーベッドの上で、
私はその隣に布団を敷いて寝ようとしたのですが




コンビニに誘った方がいいですかね。




956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:29
馬鹿ばっかのスレになって来たな
プラスマイナスの馬鹿の話からこうなったか。
いい燃料投下してくれた732も話す相手が馬鹿ばっかじゃ浮ばれねーな。

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:29
>954
低投票率で組織票が通ってるだけ
結局は選挙行かないのが悪い。
政治にに興味もたせない教育しかしてないのが悪いと思うがな
テレビタックルかクニミツの政の別冊の「クニミツの納得いかねえ」読むとよく分かって、とことん嫌になる。
背筋寒くなるぞ・・・・

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:30
>>955
何言いたいのか解らん
クソして寝ろ

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:36
>>958
この話知らないの?

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:36
>>958
ほら、あれだろ、どうせ。
この後「ベットの下に‥‥」とかって繋ぐ
既出もいいところのうんこ文章のアレンジだろ。
つまんね。

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:42
最近、部屋に帰ると結婚情報誌やウエディング特集の本が
これ見よがしにソファーの上に置いてある。


962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/21 23:58
>>961
さっさと落ちつけや

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:18
「バルーン」とか、妊婦さん向け雑誌があったら怖いね > 961

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:19
>>955
小学生はもう寝ろ



965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:32
ベッドの下の殺人鬼等の都市伝説を今更書き込まれてもな・・・

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:36
673: 1/32 00:60 [sage]
20年前のはなしですが、
私は初めての子どもを産んで
実家に帰っていました。
産後は、赤ん坊と一緒に一階の仏間に
床を敷いて、寝ていました。
(赤ん坊は夜中も昼間も関係なく泣いたり、
おしめを替えたりするので、一階のほうが便利だったのです。)

ある日、赤ん坊も私もぐっすり寝ていたのですが、
明け方、不意にまぶたの向こうに光を感じ
目が醒めた私の目の前には
ぼんやりとした光に包まれた赤ちゃんが…。
恐怖に腰を抜かしていると赤ちゃんはすっくと立ち上がり七歩ほど歩いて、
天地を揺るがすような大声でこう言ったのです…、
『テンジョウテンゲユイガドクソオオオオン!!!』

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:37
dakara?



968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:41
まぁサントリーだから。

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:49
>>960
じゃなくて、コンビニに誘ってコンドーム買わせた方がいいですかねって
ことだよ
も前ら鈍いな

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:52
私立高校の修学旅行で海外に行く事になったのですが まぁ地元でも評判の悪たれの吹き溜まりと言った高校だったんです
で みんなピアスなんて物をしているのですが コレが馬鹿ばっかりなので 男なのに両耳ピアスをしちゃってるんです
そんな状況での海外旅行だから先生方は心配して ”何が有るか分からないので夜間の外室は禁止”となっていたのですが 何人かが黙って出て行ってしまったんです 
で 夜間徘徊していると 裏路地に連れ込まれてしまい・・・・・・・・・・・

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:53
これ、洒落になってないから持ってきました。今日付けのニュースです。
************************

ヘビ、ネズミ食べ40数年 窃盗未遂の「自称男」

 自動販売機から現金を盗もうとして窃盗未遂罪に問われた
群馬県生まれの住所不定、無職、自称加村一馬被告(57)
の初公判が21日、土浦簡裁(芳田圭一裁判官)で開かれ,
検察側は冒頭陳述で、被告が山の中でヘビやネズミを捕って
40数年間1人で生きてきたことを明らかにした。

 被告が名乗った戸籍には該当者がなく、兄とみられる人に
写真を見せても確認できず「自称」のまま起訴された。
 冒頭陳述などによると、被告は中学2年の時に家を飛び出し、
栃木県の足尾鉱山の洞穴で生活。関東の山や川を転々とし、浅瀬で
コイやナマズを捕ったり、山で山菜やヘビ、ネズミを食べたりしていた。
最近は茨城県つくば市内の河川敷に住み、魚を捕ったりして暮らして
いたという。

 加村被告は公判で起訴事実を認めた。起訴状によると、被告は9月、
つくば市で、河川敷で拾ったバールで自販機をこじ開け、現金を盗もう
とした。(共同通信)

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:56
>>971
ピアスつけてないのがオーケーサインじゃなかったっけ?

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 00:59
そのまま オカマを掘られてしまい 散々な修学旅行として語り継がれています

左耳=ノーマル
右耳=ホモ
両耳=バイセクシャル
って言うのは 常識じゃないの?

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 01:01
何もつけてないのもオーケーだって錦織けんが言ってたよ。

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 01:06
>>973
両耳=バイじゃなくて、とにかく右耳についてたらホモって事だよ
左耳につけることに意味はないよ

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 01:08
>>971
ニッポンの男の子は海外で人気高いらしいね(ゲイ業界)。
体毛が薄くて肌がきれいな少年が多いから、海外のオジサマ方に引く手あまただとか・・・。

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 01:09
( ´∀`)<キモイネ

978 :1:03/11/22 01:13
数年前、目黒のあるアパートに住んでいた。
そこは住宅街で狭い道路が入り組んだ所で、深夜になると車はほとんど通らない。
交通が便利なので、引越しがあってもすぐ埋まり空室のままである事はほとんどない。
しかし、何故か202号室だけは引越しが多く、気付くと新たな住人に変わっている。
202号室の新しい住人は毎日帰宅時間が遅い人だった。

ある夜、「バタン」というドアが閉まる音で俺は目を覚ました。
ドアが閉まった時に部屋全体が揺れる感じがしたので、結構大きな音だったと思う。
「ああ、隣の人が帰ってきたんだ」と思い、また眠りにつこうとした。
「ミシッミシッ」 廊下を歩く音が聞こえた。
音がやけに近いような気がしたが気にもしなかった。
足音が近付いてきて、寝室の前で止まった。
俺の部屋だ!鍵は確かに閉めてある。
「ガラッ」 寝室のドアが開いた。
その瞬間、俺は布団を頭まで被った。

979 :2:03/11/22 01:14
「ミシッミシッ」 足音がだんだんベッドに近づいてきた。
「ズンッ!」 何かが俺の布団の上に乗った。
その重さを感じたとたん、金縛りで動けなくなった。
そして、その何かが足元から徐々に上に這い上がってきた。
「・・・・・・・」 小さな声で何かを言っている。
壁を左側にしていたが、何故か左耳にその声が近づいてきた。
「・・・・・・・」 一生懸命聞き取ろうとしたがわからない。
そして、その声はだんだん俺の耳元に近づいてきた。
男の低い声と息遣いがはっきり聞こえた。

「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経」
その声が聞こえた瞬間、俺はとっさに「出て行け」と声にならない声をあげた。
すると、布団の重みがさっと消えた。

202号室が引っ越す原因は、これかもしれないと思った。

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 01:22
ジュンジ イナガワの「ゆきちゃん」の話に似てるな。

俺も昔中根に住んでたな。
似たような事はあったが、お経じゃなくてダイレクトで「死ねぇ・・・・」と言われたな。昼なのに。
アパート名出すとアレなんでコ○ダ中○と伏字しておく。
階は1階。入り口すぐの部屋だ。

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 01:23
>>978
君は202号室の隣人なんだろ?話聴いてると、普通は202号室の隣人が頻繁に引っ越しすると思うのだが。

982 :978:03/11/22 01:39
>981
新しい202号室の人は深夜の帰宅が多い&霊感がない人で、
202号室が通り道?なのだが、霊に気付いてやれない人かと思った。
本当の所はわからん。

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:01
しかしいい迷惑だな。
さっさと畜生なり人間になりでも転生しろやシミッタレ
とか思う。

昔心底嫌いな奴が死んで死後もそいつをネタにしまくってたら、ある日俺んちに来やがった。(多分夢)
あんまりむかつくんで「新でも安っぽい奴なんだな、この鼻糞野朗、童貞!」
等とありとあらゆる暴言吐いたらいつの間にか来なくなった。

所詮こんな物。

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:04
最近のオカ板はつまらない

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:10
>>971
何が洒落にならない?
鼠も蛇も食材としてはありふれた存在じゃん。

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:12
土人の村のある若妻が白い赤ん坊を産んだ。
そこで酋長が怒り狂って宣教師の家におしかけた。
「やい神父。ンジョモの新妻が白い赤ん坊を産んだぞ。
 この村で白いのはあんただけだ。みんな犯人はあんただと怒ってる」
神父は落ちついて答えた。
「その赤ん坊は私の子ではない。それは白子という色素異常でしょう」
神父は牧草地を指差した。
「見なさい。あの白い羊の群れに1頭だけ黒い羊がいるでしょう。
 あのように自然界には時々こういうことが起こるのですよ」
それを聞くと酋長は急にもじもじしはじめた。 
「もうそれ以上言うな、神父。わしもンジョモの新妻のことはもう言わん。
 だからあんたも羊のことは言うな」



987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:28
次スレまだー?ちんちん(AA略

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:28
>>986
意味がいまいちわかんない

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:31
1,実は酋長が実の父親。
2,酋長は羊とやったことがある。

どちらかかと思ったけど…

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:32
>>986
おもろい!ぱくる!以上!

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:39
>>986
おもろい!ぱくる!以上!

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:40
>>989
2だろ フツー

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 02:41
>>989
人間の精子で羊が妊娠するとは思えないけど

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/22 02:43
南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経

995 :もこ:03/11/22 02:53
もこーもこもこ

996 :もこ:03/11/22 02:58
3.5Ghzのもっこもこ〜

997 :もこ:03/11/22 02:59
取り次ぎ電話でもっこもこ〜

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 03:00
1000

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/22 03:01
1000

1000 :もこ:03/11/22 03:01
契約破棄でもっこもこ〜

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

312 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)