5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★  まんが日本昔話  ★

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:30
まんが日本昔話を語るスレだゴルァ

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:31
志ね

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:33
“日本昔話”で、衝撃を受けた話 http://mimizun.com:81/2chlog/occult/piza.2ch.net/occult/kako/986/986086351.html
まんが日本むかしばなしの怖い話 http://piza2.2ch.net/occult/kako/996/996688100.html
まんが日本昔話 http://mimizun.com:81/2chlog/occult/piza.2ch.net/occult/kako/968/968349533.html
怖いアニメ、不気味なアニメ http://piza2.2ch.net/occult/kako/995/995876015.html
【懐かしい】昔話はオカルト満載・第2話【語れ】 http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1035/10355/1035538023.html  

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:33


5 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :04/02/24 12:35
本なら全巻未だに持ってる。。
読書好きになったのはこの本のおかげ!


6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:38
桃太郎

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:38
金太郎

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:39
浦島太郎

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:41
さるかに合戦

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:42
かぐや姫

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:43
はなさかじいさん

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:44
鶴の恩返し

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:44
ギチギチくん

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:44
アニメ、マンガ日本昔話でどうしても忘れられない話があります。
ある村で青年たちが川に入って毒を流してウナギを取ろうと画策。
そこへ見知らぬ女性が登場。顔色が白い前髪が目を覆ったいか
にも、みたいなキャラクター。
彼女は青年たちに毒を流してウナギを取ることを止めるように
注意しにきたんだけど青年たちは鼻で笑ってその女性の言うこと
を聞かず。青年たちはご馳走を食べていたのでその女性にも食
べることを勧める。
女性が消えた後、青年たちは毒流しを決行。結果相当な量の
ウナギを取ることに成功するんですがそこへ見たこともない大
ウナギがあがり青年たちは大喜び。さっそく腹を裂いてみるとな
んとそこからは先ほど青年たちが食べていたものと同じご飯が
出てくる。そこで青年たちはその大ウナギこそ先ほどの女性である
ことを知り後悔する、という話です。
いつもならもっとホンワカとした話が多いのになぜかこの手のちょ
っと恐い話がたまに混じっていたのが印象的です。
 
怖いTV(ドラマ・CM・ニュース等) 2チャンネル
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1074632798/544


15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:45
>>544
まんが日本昔話ってたまにすごい怖い、救われない話の時あったよね。
絵もなんか劇画調だったりして。

私が覚えているのは、
青年が崖に巣を作ったトンビかなんかの卵を獲りに行って、
足場が崩れたかなんかで身動きとれなくなって、しつこい程助けを呼ぶシーンが
続いて、結局そこで人知れず青年は息絶え、その周りをトンビがグルグルー…

みたいな話が怖かったです。ナレーションもシリアスでさぁ…。
その後打ち消すような例ののどかなエンディングが幼心にガクブル  

怖いTV(ドラマ・CM・ニュース等) 2チャンネル
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1074632798/547


16 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :04/02/24 12:47
>>14
『イワナの怪』ですね〜。。
団子を食べたのは女の人ではなくて、坊さんじゃなかったかな??

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:48
金太郎ってどんな話だっけ?熊と相撲しただけ?
教えてクサイ人

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:48
うんこ合戦

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:50
一寸法師

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:51
屁っぴり女房

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:52
おむすびころりん

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:55
うんこ物語


23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 12:57
押し海栗怖かった

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:00
うんこ太郎

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:03
泣いた赤鬼

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:04
三年寝太郎

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:05
海物語

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:05
うさぎとかめ

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:06
カチカチ山

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:06
ぶんぶくちゃまが

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:07
スレ立ての洗礼が(笑)
少し落ち着いたら面白くなるかな。
ブクマ完了です。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:07
北斗の拳

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:07
平家物語

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:09
雨月物語

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:09
ズッコケ赤まむし

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:09
耳なしほういち

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:10
源平合戦

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:10
銀河鉄道999

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:11
関ヶ原の合戦

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:11
エリア88

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:12
桶狭間の戦い

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:12
宇宙戦艦ヤマト

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:13
大阪冬の陣

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:14
大阪夏の陣

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:15
となりのトトロ

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:15
本能寺の変

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:17
長篠の戦い

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:18
天空の城ラピュタ

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:18
小田原の陣

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:19
もののけ姫

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:19
そこの毛姫

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:19
川中島の戦い

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:20
おちんちん習字

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:20
風の谷のナウシカ

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:21
耳川の戦い

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:22
島原の乱

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:22
大塩平八郎の乱

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:24
三方原の戦い

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:25
226事件

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:25
高遠城の戦い

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:26
応仁の乱

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:28
宇宙海賊キャプテンハーロック

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:31
千と千尋の神隠し

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:32
舌きりすずめ

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:34
衣川の戦

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:36
屋島の戦い

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:37
壇ノ浦の合戦

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:38
末森城の戦い

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:40
鳥取攻城戦

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:45
巌流島の決闘

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:45
戦国マニアキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!


72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:47
ここは戦国時代を語るスレになりました

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:48
織田信長

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:48
魔女っこメグちゃん

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:49
豊臣秀吉

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:49
伊達政宗

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:50
徳川家康

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:50
徳川家康

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:51
>>14

俺は、女じゃなくて坊さんだった記憶が……
さらに、言うならナマズで腹を裂いたらオニギリも出たけど、毒ガス(?)みたいのがでて漁師みんな、アボーンだった気がする。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:51
島津義弘

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:51
毛利元就

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:52
1192226年鎌倉幕府

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:52
武田信玄

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:52
明智光秀

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:53
上杉謙信

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:53
上杉謙信

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:53
加藤清正

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:54
エスパー伊東物語

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:54
前田利家

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:54
伊達政宗

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:55
大友宗麟

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:55
富永一郎

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:55
源義経

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:56
石田三成

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:56
伊藤博文

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:57
吉田茂

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:57
西城秀樹

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:57
大谷吉継

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:58
水野真紀

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:58
田中角栄

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:59
さて、そろそろ日本昔話をするか・・・・

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:59
柴田勝家

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:59
おまんこ女学院物語

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 13:59
田中一郎

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:00
ここは戦国時代を語るスレになりました

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:01
植物物語

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:02
大石内蔵之助

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:07
赤穂浪士

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:09
新鮮組

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:10
おらアンゴロモチが食いてえ

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:12
海援隊

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:16
水戸黄門

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:17
大岡越前

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:17
そこつ惣平

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:18
銭形平次

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:19
必殺仕事人

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:25
遠山の金さん

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:28
つるちゃんのプッツンファイブ

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:30
遠山の金さんvs女ねずみ

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:33
マイケルジャクソンvs東山紀之

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:34
暴れん坊将軍

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:35
桃太郎侍

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:38
子連れ狼

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:38
八丁堀の7人

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:39
剣客商売

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:40
はんなり菊太郎

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:45
必死に荒らしてる香具師が約1名いるな

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:47
明日からカキコ出来なくなるかもしれんが、まぁ自業自得ってことで。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 14:48
ひとりなの?
がーん。

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 15:00
お江戸バイオハザード

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 15:33
ウンコとどっこいしょ

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 16:15
じゃあここで今このスレを見たばかりの俺がまんが日本昔話の話を
してやる。よく聞く話だけど。

山奥の小屋に年をとった木こりと若い木こりが泊まり込みで木の伐り出しをしている。
年をとった木こりは、日が暮れると毎晩小屋に牛鬼がやってくるという。
木こりの使っているのこぎりには鬼刃というのがあって、
牛鬼は小屋の外からその刃について尋ねる。
牛鬼に尋ねられたら決まった言葉で返さなくてはならない。
でも、その言葉を言うと牛鬼は怖がって去っていくので心配することはない、
とベテランの木こりは若い木こりに教える。
牛鬼がのこぎりのことについて尋ねてたら、
「のこぎりには鬼刃というのがついていてな、鬼が出てもその刃で
 鬼をギィ〜コギィ〜コと斬れるんだ」
すると牛鬼は「それを見せてくれんか」と言うので、のこぎりの手元に一番
近い部分についている大きな刃を見せて、
「これでギィ〜コギィ〜コとな」と言うと、牛鬼は黙って帰っていくという。
その夜、年をとった木こりと若い木こりが小屋の中で話をしていると、
小屋の戸が一寸ばかり開いて、暗闇から声が聞こえてきた。
牛鬼がやって来たのだ。
牛鬼は年寄りのきこりが言っていたようにのこぎりの鬼刃について尋ね、
木こりがのこぎりの刃を見せて話すとそのまま去っていった。
若い木こりは震え上がりながら聞いていた。

明くる日、年寄りの木こりと若い木こりが大きな木を切っていると、
木があまりにも堅かったので、のこぎりの鬼歯が折れてしまった。
既に日が傾きかけていたが、麓に降りてのこぎりを修理してもらわねば
ならなくなり、どちらか一人が山小屋で一晩すごすことになった。

つづく

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 18:44
>>132
続きまだ〜 チソチソ☆(AA略

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 19:35
>>3
【懐かしい】アニメ日本昔話はオカルト満載【語れ】
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/01/1021887113.html
【懐かしい】昔話はオカルト満載・第2話【語れ】
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1035/10355/1035538023.html
【懐かしい】昔話はオカルト満載・第3話【語れ】
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/07/1046453001.html

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 19:46
>>132読んだのに続きないのかよ!!

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 20:04
>>135
>>134のpart1参照

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 21:37
>>132 の続き
年よりの木こりは、刃を直してもらいに山を降りる。
夜、若いほうの木こりが一人で、酒を飲んでいると、
あの男がやはり、戸をすこうしだけ開けて覗きこんだ。
「おや・・・今夜はもう一人の木こりがいねえな・・・」
若い木こりはついうっかりと
「ああ、鬼刀がかけたで、ふもとに直しにいっただ」
そう言ってしまう。
「そうか・・・・鬼を引き裂くという鬼刃はないのか・・・・」
顔半分以上は決して、入ってくることのなかった男の影だけが
だんだんと大きくなっていく・・・・・

明け方、急いで帰ってきた年よりの木こりが、
近くの小川に若い木こりの服だけが浮かんでいるのを発見する。
はっとするきこり。
「あれほど、鬼刃が欠けたことは言うなと念を押したのに。」
それからなおいっそう、木こりたちは、鬼刃を大事にし、
欠ける事があったりすると、その日は仕事を休んだそうじゃ。

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 21:52
まんが日本昔話再放送きぼんぬ

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/24 22:14
坊や〜良い子だ

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 23:08
ねんねしな!(永遠にな)

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 23:13
うっかり八兵衛

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/24 23:15
しっかり

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 00:12
>>137
入って来れなかった牛鬼の影がだんだん大きくなってくところ、
うろおぼえだけど子供の頃ちびりそうになった。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 01:33
十六人谷は日本昔話史上、一番恐ろしい話だよ…。
今見ても怖くてしょうがない。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 01:54
十六人谷


2〜3行であらすじ頼みます

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 02:14
>>144
2〜30行いってもいいので詳しくあらすじきぼんぬ

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 02:28
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/01/1021887113.htmlの62以降見れ

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 02:30
>>145
木こりがディープキス状態で女に舌を食われて白目むいて死ぬ話

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 02:31
女の人が仲間の一人の口に自分の口を直接突っ込み
グチュグチュ音をたてて、仲間の舌を引き抜き、食べていたのです。
老人の視線に気付いた女の人は顔を上げ、口元だけを歪めて老人に笑い掛けました。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 02:32
東尋坊最凶

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 02:40
古文に出てくる怖い話
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1039410688/

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 06:11
立ててくれた人おつ!

                       だみだこりゃ

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/25 18:24
>>146
十六人谷の短いあらすじを147でみつけますた。

題名とか思い出せないのだが、きこりの集団かなんかが一人の女に舌を食いちぎられて殺されるという恐ろしいのが会った。
ラストがまた日本昔話とは思えないほど強烈で、市川昆の映画のようだった。
一人だけ最年少の奴だけ殺されずにすんだが、
その話を老人になってから他の人間に語ったら、嫁だか下女だかが舌を食う女で食い殺されてシマタ。
ディープキス状態で舌を食われた連中は皆白目むいて死んでいた。


死んだ人数が、最後に生き残っていた老人も合わせて十六人だったということから
事件の現場に十六人谷という名前がついたそうな。
なんか生々しくて怖え〜よ

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/28 19:16
何だかなぁ
>>147で語り尽くされてしまってネタがもうないな

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/29 03:21
>132
確か、「戸」って言ってもちゃんとしたドアじゃなかったよね?
ムシロをばらんと下げただけの粗末な作りでさ。

鬼がムシロを跳ね上げた瞬間でそのシーンが止まって
それがすごく怖かったのを覚えてるよ。

あと、若い女房が沼に田植えしていて、足を滑らせて沈んでいく話と
女の人が大きな貝に足を挟まれたまま満ち潮に呑まれていく話が
未だに怖くてしょうがない。 忘れたい・・・。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 09:33
>>155
>若い女房が沼に田植えしていて、足を滑らせて沈んでいく話と
>女の人が大きな貝に足を挟まれたまま満ち潮に呑まれていく話が未だに怖くてしょうがない。

その話多分知らない。
できたらここで語って

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 10:16
まんが日本むかしばなしの怖い話
http://piza2.2ch.net/occult/kako/996/996688100.html

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 10:22
>>157
>>3

159 :155:04/02/29 21:10
怖すぎてちょっと記憶が怪しいんだけど・・・。

底なし沼に丸太を渡して、それを足場に田作りしている家の話で
時代が時代なので、お嫁さんの労働条件は本当にひどいもので
毎日毎日へとへとになっていた。
みんなが休む頃にもお嫁さんは一人沼に残って田植えをするから
お婿さんは家族に内緒でお風呂を沸かしなおしてお嫁さんを労った。

けどある日、お嫁さんはあんまり疲れてとうとう丸太を踏み外し
泥の中に沈んでしまう。
何も知らないお婿さんは薪をくべながらお嫁さんを待っている。

この丸太の足場ってのが、沼の中に組んであるもんだから
上から見えなくて足で探り探り歩かなきゃいけないんだよね。
その描写が必要以上に巧すぎて! 思い出しただけでも足がすくむよ。

貝の方は全容が思い出せないのでごめん。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 22:51
>159
こちらは実話版かな
ttp://www.kasumigaura.net/ooike/rensai/kurashi_satoyama/200203.html
>嫁にきた三十数年前はひどい ”ドブ田”で底なし沼のようでした。
>深い田んぼの底には棒などが縦横に渡してあって、その棒を
>踏みはずさないように作業をするのですが、私は知らされて
>いませんでしたから、落ちて底なしの地下に引きずり込まれるような
>恐怖を体験したものです。

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 21:38
オープニングを歌っていた花頭巾の情報求む!




162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 00:55
ずっと前に見たが、アニメ板でも
「まんが日本昔話」のクオリティーの高さは賞賛されてたなあ。
かなり濃い話になってたが。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 22:40
「岩魚の怪」は今でも語り継がれる名作

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 22:46
>>162
リンク張って

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 23:25
>>163
これだね。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/05/20 19:12

>>6「岩魚の怪」
初期の傑作。
昔ある山奥に川に毒を流して大量に魚を漁る漁師達がいた。
ある日漁の合間に一服している漁師達の前に謎の僧が現れる。漁師は空腹の僧に団子を勧め、
僧はそれを口にすると彼等の行き過ぎた殺生を咎め、二度と川に毒を流させない事を約束させて去ってゆく。
しかしその後、漁師達は僧との約束を破り再び川に毒を流してしまう。
大量に浮かび上がる魚達。その中に一匹だけ桁違いに巨大な岩魚の姿が…
大漁に湧く漁師達は早速その巨大岩魚を引き上げさばこうとするが、その裂かれた腹の中からは
あの僧が食べた筈の団子がコロリと…

漁師達は全員発狂し、以後二度と川に毒が流される事は無かった…

というトラウマものの怪作です。特に僧の顔が最後まで影に隠れて見えない所や
団子を食うシーンの異様な(顔面の闇に吸い込まれるような)描写は今見てもエキセントリックで怖いと思う。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/08 09:27
岩魚の怪
猫岳の猫
牛鬼淵

は恐怖度ベスト3です、お話しはスレの前の方で既出


167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/08 21:50
十六人谷は入らないの?

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/09 19:55
「甚右衛門さんの猫」が印象に残ってる

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/09 20:05
>>168
猫岳の猫?

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/09 20:43
いや、その話じゃなくて、猫が吹雪の中、迷った人を里に導く話
新潟と長野の県境の話だったような・・記憶

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/09 21:37
>>170
前スレにも出てない話?

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/10 05:18
かみそり狐

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/10 05:20
でつ <可愛いだろ
(u)
 =

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/10 05:32
♪テッッテ テッッテ テッッテ テレレ
 テッッテ テッッテ テッッテ デレデ
 テレレ ぼよーん テレレ ぼにょーん
 テレレ ぼよーん テレレ ぼにゃーん

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/10 19:47
>>174
ワラタ!怖い話の定番!!


176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 18:37
案山子の話が怖かった。
鎌で片足を落とされた亭主が「かかぁ(母ぁ)足・・・」
で案山子になったそうだ。

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 18:58
ふるやのもりに一票。知ってます?

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 19:09
>>176
その話聞きたい

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 19:22
いまだに覚えている怖かった話。

漁師が時化で村に帰れなくなったんで近くの無人島に泊まる。
夜中ふと目を覚ますとなぜか見知った村の人たちが歩いていく姿を見る。
なぜこんなところに?と声をかけるが人々は青白い顔でまったく反応無く海に向かって歩いていく。
引き止めようとして手を伸ばすがすり抜けてしまう。
漁師は恐ろしくなって岩陰に隠れて朝まで震えていた。

夜が明けて村に帰ると、そこは津波で全て流された後だった。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/15 21:21
>>178
http://www.sexstump.com/streetscene.jpg

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/15 21:29
レゴブロックみたいだね

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/15 21:40
古い祠にある水晶玉かなんかを、赤ちゃんを負ぶった女の人が取りに行く話が怖かった。
肝試しでそれを取ってきたら2両くれるみたいな話で、その女が行ったが、
水晶玉を取った瞬間「返せぇー!返せぇー!」ってどこからともなく聞こえてくる。
必死で逃げているうちに聞こえなくなって帰ってきたら、背負っていた赤ん坊の首がもぎ取られていた。
こんな内容でした。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/15 21:41
>>180
話と書いてるのに、jpgを張ってどうする?

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/15 21:42
>>182
それって、女の人が自分の髪と間違えて、赤ちゃんの首を鎌で刈ってしまうんだよね。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/16 01:54
三枚の・・・お札・・・。

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/16 15:57
>>184
あっ、そうでしたね。
もの凄く幼い頃の記憶だったのでてっきりもぎ取られていたと。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/16 16:01
山姥が自分の乳房を左右に振り回して木を削っていく所が
覚えています。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/16 21:35
>>186
その話、以前好爺さんが書いてたよ

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/16 23:03
既出かもしれないけど『雉も鳴かずば」
話の後味の悪さと人柱に生きた人を生めるとこにガクブルだった。

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/16 23:14
>>189
どんな内容でつか?
ちなみに頭の悪い私にはタイトルの漢字が読めませんです。
なんて読むの?

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 00:13
「きじもなかずば」です。
うろ覚えなのですが、ある村に貧乏な父娘が住んでいて、ある日娘が病気になる。
で、父親が「何か食べたいものはないか」と聞くと
「あずきまんま(うる覚え)が食べたい」と言う。
あずきも米もこの親子にとっては高価なもの。
とくに娘にとっては死んだ母親と一緒にたった一度だけ食べたごちそう。
病に苦しむ娘を見て、父はあずきと米を盗むことを決意。
村の金持ちの家に忍び込み、あずきと米を盗み、娘に食べさせる。

192 :191続き:04/03/17 00:18
娘は病から回復し、あずきまんまを食べたことが嬉しくて歌にして歌ってしまう。
それを聞かれてしまい、泥棒に入られたことに気付いた金持ちの家
父親が犯人だとして父親を捕まえる。
その頃、大雨だったかなんだかで、人柱を埋めようという話も持ち上がっていた。
もちろん進んで人柱になるものなど居らず、罪人である父親を埋めようということに。
父親は生きたまま埋められ、雨は止む。
自分の歌のせいで父親捕らえられ、人柱にされたことを知った娘は泣き続ける。
そのうちなくことをやめた娘は姿を消す。



193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 00:19
>>190
>>147のスレで、繰り返し語られていた。

194 :192続き:04/03/17 00:21
娘がいなくなって数年後、山で猟師が獲物を探していると雉が鳴いた。
猟師はその雉を撃ち落す。
雉が落ちた場所に行くとそこには大人になったあの娘が雉を抱いて立っていた。
「雉も鳴かずば、撃たれまいに…」
歌を歌ったがために父を人柱にされた娘。
鳴いてしまったがために撃たれた雉。
娘は雉と自分を重ね合わせていたのだろう。
そのまま娘はさらに山奥へと姿を消し、その後娘を見たものはいない、と言う話。
長い上にうろ覚えなので間違ってるかも。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 00:47
>>192
やっぱそうか!!
いやぁ、タイトル見たときに、もしかしてそうかなぁって思ってたんだけど。
その話は大阪市民くらいしか知らないと思うけど
小学校の時に使ってた「にんげん」というもの凄いトラウマものの道徳の教科書に
「おらたちに口はねぇだに」っていうタイトルで載ってました。
やっぱ部落と在日が多い大阪なので、やたらとこの「にんげん」の本を学校が力入れて使っていたので、すんごいイヤでした。
ちなみに「おらたちに口はねぇだに」は部落の話にすり替えられていたと思います。

196 :192続き:04/03/17 00:59
>195
貧乏な親子が部落の人だったっていうことですか?
それは嫌だなぁ…。

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 00:59
名前欄消し忘れた。スマソ。

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 01:05
>>191-194
この話って、確か本当は娘をなんとか喜ばそうとした父親が、コーリャン(赤みがかった雑穀みたいなもの)を
食べさせ、娘には赤飯だと嘘をつく。

そうとは知らない娘が、うれしさのあまり
「おらあずきまんま食っただ」
と歌ってると、小豆を盗んだのは父親に違いないと疑われ、捕らえられてしまう。

父親が処刑されて腹を割かれると、中から出てきたのはコーリャンだったという、さらに悲しい落ちだったと思います。

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 01:09
日本昔話といえば、やっぱり「おいてけ掘り」が一番怖かった・・・
今でも思い出すと怖い・・・

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 01:26
>>199
覚えてないなぁ。
どんな内容でした?

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 01:35
顔の輪郭から飛び出した目とか、垂直の坂道を登っていく爺とか恐すぎ

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 01:42
オレは何故か「はないでおばけ(?)」が一番怖かった。 夜寝る前に親父に読んでもらって号泣した覚えがあるぁ。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 02:30
>202
初めて聞いたかも。
どんな内容?

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 11:09
捨てられた草履のおばけがやってくる話だったと思う、

しかし10年以上昔の話なので自信がない。


205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 12:51
>>198
私の記憶では赤蛙だったような・・・・

206 :198:04/03/17 20:25
>>205
すいません、記憶違いでした。
>>198は雉も鳴かずばによく似た、明治期の実話でした。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 06:04
チョースケ死んだ
         .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
ウェ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━ン!!
  。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。



208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 06:21
あれ?
日本昔話→アニメ→全員集合だっけ?

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 06:36
八百比丘尼の、娘が人魚を食ってるシーンが怖かったけど
一瞬「人魚美味そう、食べてみたい」って不思議な好奇心が湧いた。

210 :199じゃないけど‥:04/03/21 06:43
>>200
確かね、あるお堀で夜釣りをしてると、どこからともなく
「おいてけ〜おいてけ〜」って声がするので、皆釣った魚を
置いて逃げ出すのだけど、結局その声の正体は河童だった‥って
オチだったと思う。

私が怖いと思ったのは八郎潟の話かなぁ。
確か切り絵の画で、音楽もおどろおどろしかった。

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 09:11
「3枚のお札」
  と
なんか雨宿りに民家にかけこんだ旅人?
が、民家ではなく実は占い師のいるところで
一人のおっさんが、ぼそっと3言くらいなにかを言うんだが
それが全部占いで、(旅人は、最初それが占いだとは気付かない)
旅人はそれに従い難を逃れると言う話
詳しく知りませんか?

「木に近づくな」×3
「は?」
「3文支払って下せー」
「金取るのかよ、何なんだ、まったく・・・」

で、後で雨宿りに木に近づくと、雷がどーん!
「は? 暗時の一言はまさかお告げ? じゃ、後の2つの意味は・・・怖っ」
見たいな話
あらすじをそこしか覚えてないんで。どーなったのだろうかと。


212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 09:16
>>211
確か、前スレに詳しく書いてあった

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 09:17
考えて見りゃ、前スレじゃわからんか
>>147のスレ

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 09:40
猟師が犬を連れて山に入る。
深い霧が出て、犬とはぐれてしまう。
仕方なく山の中に自分の履物を置いて
山を下りる猟師。
翌日、再びその山にのぼり
履物を置いた場所へ行ってみると
その場で履物に寄り添うようにして犬が死んでいた・・・。

子供の頃に見て、犬好きだったので
非常にショックを受けた話でした。

山の中に履物を置いて帰ってはいけないという
言い伝え(?)の話だったような。

御存じの方いますか?


215 :名無しさん@そうだドライブに行こう:04/03/21 20:09
「海じじい」 
たぶん既出だとは思うが。
漁に出てはいけない(日? 場所?)に伝統などクソ食らえな若者が強引に舟をだしてしまう。誰もいないが故に、
そこではサザエが取り放題。予想外の大量に若者は大喜び。夢中になるあまり日が暮れてしまい、若者はある島の
浜で夜を明かすことに。昼間取ったサザエを焼いて食おうかと、焚き火に数個かざしておいたところ・・・さぁ焼けた
かと手に取るも、なぜか中身が無い。おや?ともう一つ取ってみるが同じ様に無くなっている。若者は背筋に寒い
ものが走った。そして漁師の村の言い伝えを思い出す。「海で得体の知れないことに出くわした時、舟の綱輪を通
して覗いてみよ」と。若者は焚き火から離れ、舟に駆けつける。そして先端にある綱輪を通して先程まで自分が座
っていた焚き火の辺りを覗く。するとそこには青白いやせこけた老人が座っていた。そして鋭い鍵爪でサザエを
くり抜いて食べていた。 それは言い伝えと共に語られる妖怪、海に住み人を食ってしまう「海じじい」と悟った。
若者はその場から舟を押して逃げ出す。しかし後ろから恐ろしい声が「さざえ、もちっとよこせや」・・・
翌日、浜には恐怖のあまり頭が真っ白になった若者が打ち上げられた。
自分が特に好きなのは、綱輪を通せば怪異がわかる、ってところ。人の手になるモノと過去から積み上げられた知恵
って感じあたりが。



216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 23:45
貧しい兄妹が出稼ぎに行った親を訪ねる途中でお金がないけど
雪が降ってるので頼み込んで旅館に泊まらせてもらった。
布団部屋だったか物置部屋だったかに布団一組しか用意してもらえず
二人が一緒に寝る。
「兄さんさむかろ」「おまえさむかろ」そういいながら布団を譲り合い
翌朝、二人は凍死してた。
以後、その部屋からは夜な夜な二人が布団を譲り合う声が聞こえるようになった。

日本昔話の中でこれだけ異常に記憶に残ってる。
その後、妹と一緒に布団に入り「おまえあつかろ」「兄さんあつかろ」と布団を奪い合って遊んだ。


217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 00:28
>>216
その話、「鳥取の布団」というらしいです。

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 00:49
>216 小泉八雲の怪談に入ってたような


219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 01:50
>>217
詳細キボン

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 03:11
声を二人で担当していたじゃんか。
あの、男の常田さんだっけ? 彼は長野県の出身だそうで、そばのCMに
出ていました。長野ローカルのCMでした。

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 10:35
>>220
なんか普通のCMとかナレーションでもあの声聞くと「昔話」を
思い出してしまうよ・・・

このスレ読んでて懐かしくなって、子供を連れてビデオ屋で昔話借りて
きてしまいますた。

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 13:11
ビデオで出ている日本昔ばなしは、メジャーな話が多くて残念!
ホラー系で新シリーズが出るといいのになあ・・
「深夜(だっけ?)のおともらい」とか。

223 :221:04/03/22 14:25
>>222
やっぱり桃太郎とかさるかに合戦とかしか入ってなかった・・・レンタルビデオ。

ホラーかどうかは分類難しいが貧乏神の話がもう一度見たい。貧乏神が住み着いてる
家の話で、家財道具も食料もまともなモノが無いが囲炉裏の火種だけはせめて絶やしてはいけない・・・とかそんな話。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 15:29
>>221
貧乏神って、そこの住人に優しくされて、最後は宝もののありかを教えて去っていった話ではないんですか?

225 :221:04/03/22 18:36
なんだっけな、確か覚えてるのは明るい話ではなくて、冒頭部分から
すでに暗くて・・・その家のカカァ(奥)が凄い恐妻で貧乏神も亭主も
ビビリまくってて・・・。ラスト覚えてないから224の話なのかもしれない。

あ、絵もなんか変だった。

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 20:59
「笑い男」?ってのがシュールで怖かった

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 21:36
>>216 何だかほんのりするなぁ。幸せそうな兄妹だね。


228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:03
>>216
日本昔話じゃないけど、そっくりな話を読んだことがある。
死んだのは兄妹ではなく兄弟で、声は部屋からではなく、布団から聞こえるようになったという話。
その布団は兄弟に残された最後の家財道具で、それさえも最後には質屋(ちょっとうろ覚え)に取り上げられてしまう。
質屋から布団を買った男がその布団で寝ようとすると、兄弟の声が聞こえてくるので、おびえて質屋に駆けつけ、
事情を教えてもらうというはなし。



229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:09
それまさに今日風呂で読んだ。
角川文庫から出ている「怪談」。天野喜孝が表紙書いている奴だったです。
フランダースの犬みたいなエンディングの話だった。

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:30
>>216
>>228
同じくそんな昔話を知ってます。

父・母・子ふたり(兄弟)の一家がいた。
大工の父親が仕事中に大怪我をし、今まで通りに働けなくなった。
お金は入らないわ、父はヤケおこして飲んだくれるわ、貸家の賃金も
払えずに大家が出て行けと言いに来る。
仕方なく母が遊郭に働きに行く事にする。
その間、兄弟が寂しくならないように、母は自分の着物を布団に縫いつけた。
母が居なくなった夜、兄弟は母の匂いがする布団で恋しさこらえて眠る。

母は働いたお金と、子供達への手紙を送り続ける。
ある日、自分が相手をした客から奇妙な話を聞く。
とある宿に置いてある布団から、『あんちゃん寒かろ おまえ寒かろ』
と声が聞こえてくるという。

何か胸騒ぎがした母は、思い切って家へ帰ってみる。
すると旦那は酔って夜道で転倒し、川へ落ちとっくに死んでいた。
送ったお金はすべて飲み代にしてしまい家賃すら入れずにいたために
大家は兄弟を追い出し、家財道具もすべて何処ぞへ売り払ってしまっていた。

母は、雪が山ほど積もった中に追い出された兄弟を探した。
貸家の付近を素手で雪を掘り続けて、寄り添いながら凍死した
ふたりを見つけた。

これ読んだ時は話の中の飲んだくれ親父がとても憎たらしくって
しょうがなかった・・・

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:36
ありえない形の山を垂直に登ってる絵が好きだった

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:44
誰か東尋坊の話憶えてなーい?

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:49
>>232
part1スレで、詳細に語られているよ。

234 :228:04/03/22 22:55
>>229
俺が読んだのは、「母が子に読んで聞かせる昔話」みたいなタイトルだった。
5,6歳のころ、毎晩母親が一話ずつ読みきかせてくれてたんだけど、妙に怪談の比率が高くて、
夜寝れなくなるような話が多かった。
結局一日一話というのがかったるくて、怖いもの見たさでそのうちこっそり自分で読み進めていったんだけど。

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:56
>>223
福の神を追い出す話じゃなくて?

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:59
おそらく都市伝説みたいに語り継がれていくうちに
いろんなバージョンが生まれてるんじゃないかな。

237 :221:04/03/23 12:28
>>235
いや、福の神は出て来なかったと思う。確かに貧乏神って他にも何話も
ある題材だから、いろいろ混同しちゃってるかも。ただカカァが貧乏神にキック
食らわしてる場面だけは鮮明なんだよね。。。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 18:09
>>213
無いじゃないかよ

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 20:27
>>238
は?

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 23:01
そういやあ3/28、29とニコロデオンでまんが日本昔話スペシャルなんだけど

春休みも真っ只中の三月末は、待ちにまった「まんが日本昔ばなし」スペシャルをお届けします!それも2日間、違う内容で、3時間と3時間半の大放送!3月28日、29日の両日はご自宅で、ご家族でゆっくりお過ごし下さい。

★放送時間:3月28日(日)13:00〜16:00
源ヱ門ボット/千年大蛇と爺さん/雷と月と日/ムカデの使い/ナマズの使い 他12作品

★放送時間:3月29日(月)20:00〜23:30
いまにキツツキになるよ/たぬきのしっぽ/狐とタニシ/おんぶ狐/狸和尚 他14作品
ttp://www.nickjapan.com/nick_news.html




241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 00:30
ニコロデオンて なに??

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 08:49
>241
CSのチャンネルのひとつで現在 まんが日本昔話の独占放送をしている
ビデオ化されてないのをやってるんだけど、全話放送って訳でないみたい(泣

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 14:34
CS、ない・・・(TёT)いいなぁ独占放送

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 15:45

まんこが日本昔話

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 23:14
以前最初のほうだけ見た話です。

川のそばに二軒の染物屋があった。二軒の染物の腕も暮らし向きも同じくらいだった。
あるとき一方の染物屋に白髭の老人がやってきて、「染めて欲しい」と布を一反渡した。
その老人はもう一方の店にも布を渡し、染めるように頼んだ。
ところが染物屋がその布を染料に浸し、そして川で水洗いすると色がすっからかんに抜けてしまい、
どうしても染まらない。
翌日、一方の染物屋は、やってきた老人に水洗いしていない、手抜きした布をごまかして渡した。
もう一方の染物屋は、染められなかったことを詫び、綺麗に染まった別の布を渡した。

私が知っているのはここまで。結末が気になります。

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 23:55
役に立ちそうなサイト発見
ttp://www.threeweb.ad.jp/~elephant/tuiseki/os/anime01.html

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 08:06

ブラクラ危険!

248 :名無しさん@そうだドライブに行こう:04/03/28 10:33
俺はことり鬼だったか、話をする度に気配だけを見せる鬼(障子に映った影だけとか)
が怖かったな。最後のシーンなんかめちゃドキドキした覚えが。
それ以外で面白かったのは山寺に潜むクモの妖怪。
荒れた山寺に泊まったお坊さんが、夜、囲炉裏の前でくつろいでいると、村からきた
という、母子連れが暖を取らせてくれという。母が坊さんと取り留めの無い話をして
いるのだが、なぜか子供が坊さんの背中や肩にじゃれてなかなか離れない。でもしば
らくすると母子は帰ってしまい、夜も大分ふけてきた。ある時、坊さんは寺の荒れた
本堂の方から、小さな掛け声が聞こえて気がした。すると背中がすっと引っ張られる
感触がある。気のせいかと前を向き直ると、今度は物凄い力で背中が引っ張られ、部屋
から飛び出してしまった。驚いた坊さんが背中を見ると一面に細く光るクモの糸が張付
いており、それが本堂の方へ引きずり込もうとしているのだった。坊さんはその何とか
その袈裟を脱ぎ捨て、命からがら逃げ出すことができた。翌朝、村人と共に寺に戻り、
本堂の床を剥がすとおびただしい、クモの糸に包まれた人骨が出てきた。
だったかな。結構 後期の作だと思うが、雰囲気作りの仕方が円熟って感じw。
まん○が日本・・・はともかく、昔話ってエロの暗喩的な表現が多いよな。
桃太郎の「もも」が意味するのは女の大尻って説もどこかで聞いたようなw。
(桃が割れて現れるのは健やかな赤ん坊、といったところに見え隠れ)

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/28 22:35
OPテーマを歌ってた花頭巾とは何者だったのでしょうか?


250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/29 00:28
>>207
 それ古典の教科書で読んだことある。
「物言わじ 父は長柄の 橋柱 鳴かずば雉子も 射たれざらまし」

 ある時、土地の長者が「継ぎのある袴をはいた者を橋の人柱にすればよい」
と言い出しましたが、言い出しっぺの長者の袴に継ぎがあったため、自らが人
身御供にされてしまいました。
 やがて長者の一人娘が成長して河内国へ嫁ぎましたが、全く物を言わないの
で離縁され、夫に送られ実家へ帰る途中、1羽の雉子(きじ)が鳴き、それを聞い
て夫が雉を射ち落としました。その時です、口がきけないと思われていた娘が突然

  物言わじ 父は長柄の 橋柱 鳴かずば雉子も 射たれざらまし

と詠んだのでした。

ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~elnino/Folder_DiscoverJPN/Folder_Kinki/JPN_Yodogawa.htm

 でも、207のタイプも聞いたことあるなぁ。
 何故か小学校の演劇でやってたような……。

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/29 12:35
和尚さん最強

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 05:15
この話は怖い↓

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 05:17
あんころもち

食いてぇなぁ・・・・・

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 06:30
>>195
「にんげん」懐かしすぎ・・・アレは表紙からしてトラウマでしょ!
アレは大阪限定だったのか・・・どうりで京都の人とか知らないわけだ

スレ違いだけど、ニンゲンに病気になった弟に
銀色の大きな薬を飲ませて云々って話し無かった?
たしか踝に大きな出来物が出来て寝たきりになってる
ある日、緑色の液体を吐き出しながら弟は死ぬ・・・みたいな

凄いトラウマなんだけど・・・緑色の液体って何!?

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 10:49
>>254
「にんげん」は内容ほとんど覚えているつもりなんですが
その話は知らないですね。
世代によって掲載されていた内容が違うのかもしれません。
ちなみに私は25歳です。
「万歳じっさま」とか「山へ行く牛」とかがありました。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:17
にんげんって未だにクレヨンの話とか載ってるの?

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 12:51
>>256
折れたクレヨンで泣きながら力一杯お母さんの絵を描いた。
ってやつですか?

私のバカ小学校では、この話を取り扱った直後から
人のクレヨンを折るのが流行りました。
差別の話を小学生にするとこうなりがちですが・・・

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 15:14
>>255さん
私は23です、微妙に違ったんでしょうね
「万歳じっさま」と「おらたちに口はねぇだに」は載ってました
3つ下の妹の「にんげん」も少しずつ内容が違った気がします

あと、疎開先での話で、空腹で落ちてる蜜柑の皮を食べて
おなかを壊してしまい、夕飯をもらえなかった男の子が
夜中にそっと抜け出して、崖から落ちて死ぬ・・・みたいな話も欝だった

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 06:18
>>258
白いごはんの絵を描いてくれよ。
ってやつですね。

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 07:19
>>259さん
わ!そうそう!そのエピソードを忘れていたので
なんだったんだ、あの欝な話・・・と思ってました・・・w
みなさん、結構覚えてるものですね〜
やっぱりトラウマモノだから?

あの本、とって置けばよかった・・・表紙とかうpしたら((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 13:14
そのクレヨンの話にとても興味が湧きました。
よろしかったらどなたかお教え下さい(。-_-。)ペコリ

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 13:40
関東人だから「にんげん」ってわかりません。
だから題名だけじゃなく内容も書いてくれると嬉しい。

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 14:13
(゚Д゚)ハァ?
↑これコピペして書き込みすると

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 14:18
(゚Д゚)ハァ?

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 12:03
>>261
貧しい母子家庭がありました。(部落)
そこの娘がずっとクレヨンをほしいと思っていましたが
家が貧しく、母に言い出せずに我慢していました。
ある日、それに気づいた母が生活費を割いてクレヨンを買い、
枕元にそっと置いておきました。
その朝、大喜びした娘が、絵画の時間を楽しみにしながら学校へ行きました。
ところが、学校でだれかのクレヨンがなくなっていて、
その娘がクレヨンをもっていることに
「何で貧乏なお前がクレヨン持ってるんや。」
「絶対こいつが盗んだんや。」
ということでよってたかってクレヨンをボキボキに折られました。
先生が来ると、その人たちはみんな自分の席に着き
何事もなかったかのように先生の指示をまちます。
「はい、今日は絵を描きます。好きな絵を描いて下さいね。」
「はぁーーーい。」
みんながそれぞれキャッキャ騒ぎながら絵を描く中、
その娘は悔しさとお母さんが頑張って買ってくれたクレヨンが
こんなになってしまったことへの申し訳なさに
涙をいっぱい溜めながら、
ふるえる手で、力一杯お母さんの絵を描きました。


こんな感じです。

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 12:05
http://dp39007719.lolipop.jp/guas
2chの使用料金大丈夫ですか?
そんなあなたにモナープラン登場!

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 12:25
>>253
あんころもち、くいてえってどんな話だったっけ?

268 :261:04/04/03 14:24
>>265
教えてくれてありがとう・・胸が締め付けられるような話ですね・・。
教材とはいえ心の柔らかい部分に刺さるような感じで・゚・(ノД`)・゚・。

私が小学生の頃は『道徳の時間』というのがあって、やはり
色々なお話を集めた教科書がありました。
読んだ後に感想文を書いて提出していましたが、『にんげん』というのも
そういった使い方をしたんでしょうか?
子供の心に何か呼びかける目的で話を集めるんだろうけど、このクレヨンの話は
大人になったら更に染み入りますね・・

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 21:33
なんか関西って、どうもこういう差別関係の話が多い気がする

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 21:55
たなかまきこ。

271 :265:04/04/04 03:57
>>268
うちの学校ではただひたすら読みまくるだけでした。
先生によって違いはあったと思いますが
私の担任は日教組全開の人だったから・・・
>>267
「あんころもち食いてぇ」はにんげんの本ではないですが
ちょいと頭おかしい子供の口癖が「あんころもち食いてぇ」で
そう言うと母親があんころもちを作って食べさせてました。
ところが、その母が亡くなりました。
その後もその子は「あんころもち食いてぇ」と言います。
そう言うと、空からあんころもちが降ってきました。
その噂を聞きつけた殿様かなんかがその子を連れてこさせ
実際にやらせてみました。
空から降ってきたあんころもちを食った殿様が
「こんな旨いあんころもちは食ったことがない」
と喜び、たくさんの褒美を与え、その子は不自由なく暮らしましたとさ。

みたいな話だったと思います。

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/05 17:30
age

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/05 18:16
>>254
それは…「つづり方兄弟」じゃないか?
自分は道徳の本じゃなく、原本で読んだウロ覚えの記憶なんだけど。

つづり方兄弟(長男・長女・次男)は、実在した、作文の得意な3兄弟。
同著「つづり方兄弟」は3人の作文集。

貧乏な時代。末っ子は自分の傘が欲しくて作文コンクール等で貰うお金を貯めていた。
もうすぐ傘が買える金額!という頃、お母さんが醤油を切らせて
困ってるのを見て、末っ子は貯めてたお金をお母さんにあげる。
雨に濡れながら学校に行き、風邪をこじらして、案の定死んでしまう。

末っ子が死んじゃう話(勿論実話)は、確か姉が書いた作文として載ってた筈。
銀色(の紙に包んだ?)の薬とか、緑のもの吐いて死ぬとか、自分も印象的で覚えてる。
普通に面白い本だったから、お奨め。自分も再読してみたくなってきた。
何か間違い箇所があったらすまそん。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 02:42 ID:i4cl3P0E
まぁ現実の部落民はこんなしおらしい奴いないんだけどな。
「私達はこんなに差別されてるんです」とありもしない差別の嘘を
一般人にこういう話で教えて援助でぶくぶく太ってる奴しかいない。
殺人起こしても犯罪しても逮捕されないし(信号無視の車に俺がはねられた時は
入院中になんだかよくわからん団体や加害者の親族が大量に家や
病室まできて「○○氏のしゅつじを知っていて云々」とわめき散らし
母はノイローゼ、警察も手が出せず。結局掲示は勿論民事もなし。示談金さえ請求できず)

あいつら部落民は死んだほうがいい。死んで初めて世間様の役に立つ連中ってのはああいうのを言うと思う。

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 02:53 ID:r0QAkgnV
>>273さん
それだ!ありがと、本にもなってるんですね
探して見たいと思います

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 02:54 ID:bdFjDbcG
川崎市民の俺は部落って言ったら朝鮮部落を思い出す。

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 19:46 ID:O6njwgsa
朝鮮部落といえば「つげ義春」

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 23:55 ID:0QquKxvi
朝鮮部落といえば邪凛乎知恵

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:15 ID:ZMPV4vsf
いつもの可愛らしいタッチとは全く異なる、
すごーく怖い感じの物語があったんだけど
誰か知ってる人いないかな。
狩人と犬の話なんですが・・・
子供の頃見てほんとに怖かった。
動画ではなく静止画が変わっていくような(分かるかな・・?)
画面でした。

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:23 ID:mGNhy7Vk
>>279
たまに怖いのやるよな。
なんでスポンサーが毎日香なんだろうな?

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:49 ID:9wiCLV+O
捨てられた子は運が薄いのねぇ
ってのと
一目千両
を異様に憶えてる。
どっちもホラーじゃないんだが、なんか執念とか執着とか(昔の)差別意識とかがすげぇ
スレの始めの方にあったキノコ取りの話は、叫び疲れて意識が朦朧としてる時に鳶を見て
俺も飛べるんじゃないかと妄想して落ちるんだよな。
本人は鳶みたいに飛んでると思って、感動の涙を流しながら落ちていく姿が忘れられん

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:50 ID:mGNhy7Vk
>>281
俺はそういうのみたくねーからチャンネル変えてた

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:54 ID:xlOoP9Lh
>>279
ストーリーは全然覚えてないの?

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:55 ID:P8DUWTOK
朝鮮部落と基地外部落すむならどっち?

285 :279:04/04/10 01:03 ID:ZMPV4vsf
>>283
ほとんど記憶から消えかけています・・
狩人とその犬が山奥で吹雪にあって、みたいな。
20数年、日本昔話と聞くとこの話が気になって仕方なかったのです。


286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 02:26 ID:w35/1PBa
>>281
一目千両懐かしいね〜

一目千両の主人公の連れ(一緒に見に行ったヤシ)ってバカだよなぁ・・・
と子供心に思ったものだ。「普通お前が先に見て千両の価値あるか確かめて来い」
なのに「漏れが先に行って偵察してくる」なんだもん・・・



287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 14:32 ID:HiJ/x039
はい、そこまでどす。

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 15:16 ID:w38J3sY/
東尋坊の話が怖かった。
蔑まれて生きてきた東尋坊が神に祈ってすごい力を手に入れて、復讐していく話。
その後うる覚えだが、悪い事やりすぎて力が無くなってしまう・・・

あの絵のタッチとか暗い話の展開がしばらくトラウマでした。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 16:14 ID:N+5NzqRg
最後は村人からスマキにされて崖(東尋坊)から
落とされるんじゃなかったけ?
詳しい人いたら話して。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 20:27 ID:en4cSwjR
>>289
part1に詳しく語られているよ

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 20:38 ID:uNP8kX60
キテエイイチ

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 20:40 ID:uNP8kX60
ああ

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 00:34 ID:pml2KKo+
そんなの見れねーだろ、バカ!

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 00:44 ID:bIrFCVxq
だれに話しかけてる

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 11:09 ID:nspa1cjz
>279のって
狩人がある時山の境界線だかなんだか越えちゃって、
その越えた先の人に捕まって、許可証を見せようとしたらその日に限って許可証だかなんだか忘れてきてて、
犬にたのんで持ってこさせようとしたんだけど、間に合わなくて殺されちゃうって話じゃないかな?

このくらいしか覚えてないんで詳しい人いたらフォローぷりーづ

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/14 13:56 ID:vzUhJsEQ
age


297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/14 19:37 ID:+ALVCeld
おんちょろちょろでてこられそろ

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 03:35 ID:qZjLI9NK
>>295過去スレにあった「さだ吉とシロ」。かわいそうなはなし。
これはビデオになってるとおもう。
それとは別だけど狩人と犬の話でばけもののいる山に入ったけど
仏壇のごはんを食べていたから助かったという話をご存知の方いませんか?
ばけものに特攻して死んだのに後日なにごともなかったかのように帰ってきて
よけいこわかった。

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 03:55 ID:HHMszkvt
>297
それ文字読んだだけで脳内で市原悦子の声が・・・。
何の話だったっけ・・・。

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 11:43 ID:NFcn1bRt
オイこそが 300げとー

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 11:57 ID:Xbz9ceNe
http://www.mitaionago.com/

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 13:21 ID:c+qOYu7g
業者氏ね!

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 16:52 ID:TID7NJ0S
>>299
>それ文字読んだだけで脳内で市原悦子の声が・・・。

ワラタ(w

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 20:34 ID:Wx1H4a3w
>>299
確か、偽坊さんの念仏じゃなかったっけ?
それをありがたがったばあさんが丸暗記して毎日唱え続けるようになった。
ある日泥棒が入ったが、ばあさんの念仏が動作をことごとく偶然言い当ててしまう。
怖くなった泥棒は逃げ出してしまう、という話じゃなかった?


305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/16 00:50 ID:gMgEhx+L
>>281
石が落ちていくのがゆっくりに見えて
それで飛び降りたんじゃなかったっけ?
なんにしろこれが一番記憶に残ってる、
ってか毎週見てたはずなのにこれしか覚えていない。

306 :297:04/04/16 20:04 ID:G3IdsOtP
>>304
正解
坊主のふりして民家に泊まった男が民家のばあさんに請われて念仏唱えるはめに
何を言おうか迷ってると、部屋の隅にねずみが現れる
そのねずみの行動を念仏のふりして適当に実況中継
たしか、”出てこられそろ”で始まって”罰あたりそろ”でおわるけど途中覚えてな
後日だまされたばあさんが念仏唱えてると泥棒現る。
あとは304の言うとおり。

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 00:41 ID:J8GTgWU3
>>298
それを見てから今だに仏壇の御飯を食べるようにしてます。
ものっ凄いパサパサです。
>>305
助けを呼ぶ声がこだまみたいに響いて奇声のように伝わったせいで
村人が近づかなくなってしまって余計に孤立したっていうのが鬱でした。

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 01:31 ID:5MQ5SMJa
このアニメって(再放送じゃない)オリジナルって何時位にやってたの?
今23の俺が小学生くらいの時にはやってたと思うけど

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 02:20 ID:ALYrEVxy
確か土曜の夜7時
もう25年くらい前じゃないかな。

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 22:55 ID:EKUOyqau
そう、土曜の7時

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 23:08 ID:YddPXrrJ
ドラゴンクエストが前後でやってたような気が…
それは日本昔話の歴史で見ると最近のことなんだろうか

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 23:59 ID:Y4YwOtRL
「昔話」→「クイズダービー」→「ドリフ」っていう流れじゃなかったかな。

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/21 00:34 ID:DAx87hDK
セーラームーンの裏番組だったよ。
10年ぐらい前。

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/21 00:48 ID:SzwDA5C0
あれ?「所さんのただものではない」とかドラクエとか
なかったっけ。地方によって違うとか…

315 :志村のうしろに幽霊が・・・ ◆g6V0jYwopc :04/04/21 00:50 ID:9r9Mo7cD
「おんぶおばけ」→「お笑い頭の体操」→「ドリフ」

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/21 16:55 ID:FgRebe+D
>312
オサーンハケーン! 漏れも一票w


317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/21 19:52 ID:x/PC/cY7
「ライディーン」→「タイムボカン」→「日本昔話」→「クイズタービー」→「全員集合」→「Gメン」って流れも(w

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/23 00:50 ID:FOhaPI6C

それだ!!

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 13:54 ID:6TRaKAW/
>>298
「亡者池」だったかな。
過去スレのどこかにもあったと思う。
もやのかかった山の中で、カタカタカタ・・・・って音がする。
しかけた網になにかが無数にかかっていると思い、目を凝らすと、
それは亡者の骸骨だった。
夢中で逃げ、ようやっと池にたどり着き、水を飲もうとすると、
ぴちゃぴちゃぴちゃっと音がする。
じっくりと見ると先ほど網にかかっていたと同じ亡者の骸骨になった首が
無数にいて、水を飲んでいるのだった。
骸骨たちは口々に
「平十郎とろう、平十郎とろう・・・・・」
「平十郎は、御仏供さんくっとるので食えんわい・・・」
平十郎は必死で逃げ、ようやっと助かったのだった。


320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 14:17 ID:lGelmM+E
>>319
>「亡者池」だったかな。

そうらしい。
亡者池で>>147を検索すると、いくつか見つかった

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 16:16 ID:ucNHFDC/
幼稚園〜小学校低学年の頃に見た後味悪い話なんだけど題名が思い出せない。

昔々あるところにすご〜く腕の立つ猟師がいて、鉄砲で獲物を仕留めては生計を立ててた。
ある年の冬、あたり一帯全体を大雪が襲って猟師は獲物どころか生き物一つ見つけられない。
そんな時、梢の枝に猿の親子がいるのを見つけた猟師、普段なら猿には目もくれないんだけど、
その時はもう何日も獲物を仕留められなかったこともあって、親(母)猿を仕留めた。
仕留めた母猿に縋り付く子猿達を追い払い、猟師は猟の間に使っている山小屋に帰った。
その日の晩、小屋の中で動く気配を感じてそっと様子を伺うと、
昼間仕留めた母猿の亡骸に縋り付くようにして、小さな手をさすり付けて、手が冷たくなると
自分の息を手に当ててからまたさすりつけては必死に暖めようとする子猿達の姿だった。

冷たい骸と化した母猿と、必死に暖めようとする子猿の姿が幼心に痛々しかった。

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 18:22 ID:ITV/kFv5
蜘蛛の糸が怖かったな〜。
地獄の亡者たちが蜘蛛の糸を登ってくる様は
まさしくトラウマだよ。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 19:16 ID:dwKLTUFh
蜘蛛の糸を日本昔話でやったとは以外

324 :きんたま ◆yrbiguRawA :04/04/29 19:46 ID:WJNggqf8
小太りじいさん

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 00:35 ID:9yinc8M2
>>322
蜘蛛の糸でなくてにんじんじゃなかった?

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/01 03:46 ID:gzbsV71K
>>325
にんじんがグシャって崩れる時糸引いてて、なんだか嫌な気分になったな・・

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 19:41 ID:KyGka2Fl
教えてちゃんで申し訳ないんですけど、下記のタイトルと詳細教えてください。


・百姓だかの男と死神が出てくる
・人間の寿命をあらわした蝋燭がたくさんある洞窟に、男が連れて行かれ、
・「お前の寿命はあと、アレ(激短い)くらいだ」と死神
・寿命を延ばすには、新しい蝋燭(死神が所持している)に移し変えなければいけない
・息を止めて自分の寿命の火を新しい蝋燭に移し変えようとする
・すると短い蝋燭の火が消えて、物語が終わる


 消防時代、放送時間が土曜の夜(ローカルだったかも)で、
 最後のシーンで画面がブラックアウトした時にゃ泣きそうになりました。

 長文スマソ

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 19:27 ID:Zx/ospos
>>327
そのものズバリで「死神」だったような・・

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 21:47 ID:HhNeIjuj
有名な落語だな

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 23:01 ID:pw30fne7
ぼうや よいこだ かねだしな

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 12:45 ID:GvpAdCtJ
三枚のお札は怖かったな
追いかけられる恐怖とかがよく出てたと思う

あと世界昔話とかいうアニメもあったけど
王子が綺麗だと評判の少女をじっと見つめて
てっきりここでプロポーズでもすんのかと思ったら
いきなり馬の足で少女の顔を蹴飛ばして殺したシーン怖かったな。

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 12:48 ID:nSG9x4Yn
寿命のろうそく、という題がついているときもあるけど、
日本昔話資料室をみたら、「死神」ってのがあったから、
>>328さんが正解では?

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/08 03:55 ID:AFV470+3
>>331
朝7時半頃やってたやつ?

334 :327:04/05/08 22:29 ID:ieGiLwlQ
「死神」ってタイトルなんですね。
つーか、落語なんすか・・・むしろ、怪談((((゚д゚;)))
今まで昔話って言ったら「めでたしめでたし」だとか「〜だったとさ」
みたいなナレーションで終わるものだと思ってたから、
価値観変わったな。昔話に。

三枚のお札も怖いですよね。あれもまともに見た覚えがない・・・。

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 10:05 ID:rq790/At
世界昔話はナレーションが宮城まり子だっけ。

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 11:09 ID:7KbW+ulA
影を食うサメの話と
禁漁区に入って潜ってたら
岩だと思ってたらでっかい亀だったってゆう話知りませんか?
妙に思い出す。
ああゆうマイナーな話が見たい


337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 11:18 ID:rq790/At
影を食うサメは「影鰐」。
過去スレでちょこちょこふれられてる。
微妙だけどかなり怖いよね。

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 11:59 ID:WrDEnuwa
婆さん?の手がどんどんデカくなって追い掛けてくるやつを見て自分の祖父にすがって泣いた記憶があるなぁ。タイトルとか全然覚えてないけど

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/10 01:52 ID:TxmDkvW8
>>338
「うしかたとやまんば」か?

ありゃあメチャメチャこわかった記憶が

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/10 02:27 ID:9Gq+fB7C
>>338
確か薪を囲炉裏にくべる度に手がデカクなっていって・・アワワワ

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/10 05:25 ID:qWpqlPAN
怠け者で、働きもせず飯ばかり食っていて
デブデブに太ってる若者が
ある日川の上流から箸かお椀(?)が流れてくるのを見つける。
遡っていくと大きな屋敷にたどり着いて、中から出てきた柔和な顔の主人が
いつまでもここに滞在してよい、と歓迎してくれる。
屋敷には自分と同じようなデブで怠け者の男達がいっぱいいて
朝晩ご馳走責めで毎日が極楽気分だったが
ある晩ふと目を覚ますと、奥の方の部屋から明かりが漏れていて
気になって覗いてみると、屋敷の主人が
同室のデブの一人を裸にして天井から吊るし
下からがんがん火を焚いて、垂れてくる脂を集めては悦に入っていた。
それを見て一目散に屋敷から逃げ出した男は、
その後は仕事を怠ける事もせず、真面目な働き者になりましたとさ。

こういう怖い話があったと思うのだが、誰か憶えている人おる?

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)