5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆ 悪魔の人形 ◆

1 ::04/02/29 16:22
悪魔の人形

A子「みんな誕生日会に来てくれてどうもアリガトウ」

B子「はい、これプレゼントだよー開けてみてー」

A子「わぁ〜い何だろう?」

  ガサゴソ… ガサゴソ…

A子「あっ!クマの人形♪」

  あっクマのにんぎょう

  あくまのにんぎょう 

  悪魔の人形…

*こういう系のネタを書いていくスレ。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:24
悪魔の人形

A子「みんな誕生日会に来てくれてどうもアリガトウ」

B子「はい、これプレゼントだよー開けてみてー」

A子「わぁ〜い何だろう?」

  ガサゴソ… ガサゴソ…

A子「あっ!クマの人形♪」

  あっクマのにんぎょう

  あくまのにんぎょう 

  悪魔の人形…

*こういう系のネタを書いていくスレ。


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:24


4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:25
きょうふのみそしる
とか
あくのじゅうじか
とか?

5 ::04/02/29 16:27
そう。
新しいの開発したい

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:29
勝手にやってくれ。
スレ立ててまでやる事か?

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:31
>>5
これから考えるから
時間かかるYO。

8 :1:04/02/29 16:34
漏れも考える

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:38
芯出したい

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:41
ある村で少女が言った。「大変、みんな寝たままなの。」
確かに周囲の民家を調べてみると、村人全員まだ昼間だというのに寝ていた。
老若男女村人全員が寝ているのだ。不思議に思った私は少女に尋ねた。
「何でお嬢ちゃんは起きているの?
少女は答えた「だって私の髪は長いもの」
私はしばらく考えた、なるほど、そういうことだったのか。


11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:44
↑気になる。早く続きかけ

12 :1:04/02/29 16:46
…??? 髪の毛が長い…

やばい、なぞなぞになってきたw

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:51
なーんだ簡単だった。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:55
  |_∧
   |ェ)・ ) bokunokoto......yonda?
   |⊂
   |


     ♪  
    ♪   ∧_∧   クマッ クマ
      ヽ(・(ェ)・ )ノ   クマッ クマ
         (  へ)    クマッ クマッ
           く       クマ



   ♪    
      ♪ ∧_∧   クマッ クマ
      ヽ( ・(ェ)・ )ノ   クマッ クマ
          (へ  )    クマッ クマッ
              >    クマッ



15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 16:56
髪短い→ショートヘヤ→消灯部屋→寝る

16 :1:04/02/29 16:56
長髪だから、挑発したんだな!

・・・・違うか(´Д⊂

17 :1:04/02/29 16:57
>>15それだっ!(☆∀☆)

18 :1:04/02/29 17:01
そういやー、こんなのあったっけ…

A「ねぇちゃんと風呂入ってる?」
B「なっ…なんだよ、入ってるよ!」
A「えぇ〜マジでぇ〜!?」
B「なんだよ!?風呂入っちゃいけねーのかよ!?」
A「姉ぇーちゃんと風呂入ってるのー?」
B「ぎゃふん!そういうことか☆」

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 17:01
1さんはいい人だがこのスレ長生きしそうにねえな…

20 :1:04/02/29 17:02
ちっ…たしかにそうだな…(´Д⊂グスン

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 17:06
>>18
入ってますが何か?

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 17:12
お父さんと入るのはダメ??

23 :7:04/02/29 17:13
全然思い付かないな。
頭悪いのかな?

24 :1:04/02/29 17:17
こんなのも あったなー

A「ねぇねぇー、パン作った事ある?」
B「あー小学生の頃に授業で…」
A「えぇ〜!!マジで!?」
B「マジですが、何か?」
A「お前、パンツ食ったことあるのー!?」
B「ぎゃふん!」

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/29 17:26
ぎゃふんって久々に聞いたな

26 :7:04/02/29 17:27
ぎゃふんネタでなく
オカルトちっくな方向だったのでわ?

27 :1:04/02/29 17:29
( ゚д゚)ハッ! 
スレ立てして趣旨まちがえてた…

28 :7:04/02/29 19:02
【廃屋の霊】
それは蒸し暑い夏の夕暮れのことだった..。

豊:町外れのオバケ屋敷に肝試しに行かねえ?
弘:やだよ。
豊:びびってんのかよ!
弘:そんなんじゃね〜よ!
豊:じゃ、行こうぜ。
弘:お、おう...。

弘は何かとてつもない不安を感じた。
しぶしぶ車を出した弘。

弘:ちょっとスタンドに寄るから。
豊:俺が誘ったからガソリンおごるぜ。
「ハイオク満タンおながいします!」
弘:いいのかよ?
悪いな、さんきゅー!

弘はハイオクの礼を言った.....。
ハイオクノレイを言った......。

豊と弘のシリーズ続く

29 :28:04/02/29 19:04
>>1さん
できたよ!
漏れできたよ!


30 :1:04/02/29 19:15
"(,,゚Д゚)σ">>29さん! どうぞ!

31 :1:04/02/29 19:17
あ、28か!

やるなー…なかなかいい作品だよ(*^ー゚)b
漏れも負けねぇぞぉ…待ってろよぉぉ

32 :28:04/03/03 17:50
>>1さん

何も思い浮かばないYO!

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/09 23:53
http://pink.jpg-gif.net/bbs/17/img/15757.jpg


34 :坊垣♯kuriharaaishiteru:04/03/10 00:53





35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/10 23:18
つづきは?

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:15
つづきまちさげ

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:26
mattenndesuga


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 09:15
∩(・∀・)∩age

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 10:05
 ‖
∧∧
(・A・) sage
∪ ∪

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 11:40
寂れた漁村に住む若い恋人二人。思いつめた顔の女がボソリと

女「私と死んで・・・」
男「えっっ!!??」



女「だから、私、都心で働くからもう会えないの。バイバイ♪元気でね☆」
男「・・・。」


41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 16:27
>>40を読んで「金太、マカオに着く」を思い出した

42 :7:04/03/14 18:55
意外と思いつかね〜のな。
概出ネタばかり浮かんでクルヨ。


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 19:52
ジェイソンとフレディ

J損豆腐レディ

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 19:55
没!!

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 23:00
少年は森の中を歩いていました。
するとどこからか「姉ちゃん、姉ちゃん」という
声が聞こえてきました。少年は怖くなって
走り出しましたが声はいっこうに止むことはありません。
それどころかその声は「姉ちゃん姉ちゃん姉ちゃん姉ちゃん」と
少年の足に合わせて速まっていくばかりです。
少年はふと気付いて足の裏を見ました。すると…

足の裏にはガムがくっついており、歩くとネチャネチャ
音をたてていました…。


ごめんなさい、>>1さん。僕にはやっぱり無理でした…_| ̄|○



46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 23:17
多分、猫みえスレのコピペ。

怪談猫の館
男は森の中で道に迷ってしまった。
やがて日は暮れ、あたりは漆黒の闇に包まれ、
さらに無情にも強い雨が降り始めた。
朦朧とした状態で森の中を彷徨うこと数時間。
男は森の中に古い廃屋を見つけた。
朽ち果てた館だったが男は矢も盾もたまらず飛び込んだ。
案の上館の中は荒れ放題、ガラスは割れ、強風が激しく吹き込む。
男は激しい寒さに耐えかね、二階へと上がろうと館の中を歩き回ったが、
どこにも階段が見当たらない。男は絶望のあまり呟いた。
「階段ね〜この館!」

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 23:51
はるみがメグミに向かって言った。
「ねー、ウンコした事あるー?」
メグミは顔を赤らめながら、こう答えた。
「人間だもん、あるに決まってるでしょ」
「えー、寝ウンコした事あるんだー。赤ちゃんじゃあるまいしー!」
メグミは隣にいた江梨子を後ろ向きに立たせ、ジャージとパンツと一気にむき下ろしてこう言った。
「江梨子ちゃんもさっきまで寝てたのよ」

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 12:58
>>46

ワラタ

>>47

?江利子ちゃんウンコしたノ?

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 01:38
友人作の奴だが一席
ある自動車修理工場に医一台の車が持ち込まれた
一見、何の変哲も無い車だった
紳士然とした車のオーナーが言う
「最近スピードが出なくなっちゃってさ」
「何か、心当たりはありませんか?
「う〜ん、こないだ心霊スポット言ってきたからたたりかな?」
「そんな馬鹿な・・・」
その時、オーナーの顔が別人のように見えたのを
修理工は見逃してしまった。
「・・・・」
気まずい沈黙の後オーナーは突然人が変わったかのように怒鳴り始めた
「我、こん車遅いちゅうとるやんけ」
狂気を孕んだ声に、修理工は恐怖した
(そういえば、隣町にかなりヤバイ心霊スポットが・・・)
「遅いねん、のろいねん、こん車ののろいのようせいや!!」

【呪いの妖精】

お後がよろしかったかしら?

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 15:49
>ようせいや!!

ん?方言?
当方、道産子ゆえ解説キボンヌ。



51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 15:58
理科、ちゃんと勉強してる?
的なスレですか?

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 16:03
>>51

今日、麩の味噌汁?
的なスレです。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 16:27
>>51
開くの十時か…的なスレです

参加者щ(゚Д゚щ)カモォォォォォォ━━━━━━━ン

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 21:49
こんなのもあったな。

「天国の話」

「あのよー、

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 11:38
シンプルイズベスト。
これって原点やね。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 02:03
>>50
激亀スレで申し訳なく

良くしろや → 良うせいや

関西弁とか広島弁とかがゴチャつー感じかと

57 :56:04/03/30 02:13
激亀スレだってさこいつばかじゃねーの
初心者は帰っちゃえYo!!





吊ってきまふ・・・

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 15:31
>>56

成る程(^_^)3 フムフム。
ニュアンス伝わりました。
ありがとう。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 12:24
アンティークドールが怖い。

60 :PPPa2395.tokyo-ip.dti.ne.jp :04/04/03 13:30
悪の十字架

61 :スリーG745号 ◆pGGG745Vco :04/04/03 13:33
恐怖の味噌汁→今日、ふの味噌汁
茹でた孫を食べる男→ゆで卵を食べる男
ガイシュツ?

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 13:57
【おっかない話】

ある日 安藤君は、学校に忘れ物を取りに行きました。
今日出された宿題に使わなくてはならない物です。

夕暮れ時の校舎は、ひっそりと そして不気味に佇んでいます。
主事さんは、見回りの時間なのか・・・主事室にはいません。
A君は、暗い廊下を 恐る恐るあたりを見回しながら歩きます。

時折 後ろに誰かいるような気配を感じたり、
前方に人影を見たような気がしたり・・・

やっと自分の教室に付いたA君は、静かに教室のドアを開けると・・・

『おっかない』 

そう ソコには、安藤君と同じように 忘れ物をした 金井君がいたのでした。
『おっ!金井。』(゚Д゚;)ビックリシタゼ。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 14:07
【こわいぃ話】

この話は、決して大人にはしてはいけません。






子は、いい話。

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 14:13
【血を噛んで吸う】

まだ暗い朝方の事。
ふと目が覚めると、玄関先で人の気配を感じた。

”誰かいる!”

ある予感を感じなながら、オレは玄関先の ”誰か”に向かって叫んだ。
『誰だ!』

すると 奴は・・・





『朝刊で〜す。』

ちょうかんです。→ちをかんですぅ。→血を噛んで吸う。


あぁぁ・・・ちょっと無理があったかも・・・

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 14:20
>>64

その苦し気な感じがツボですた。ぷっ。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 16:36 ID:CkYVMrhl
【猫の怨念】
あの家には
















猫がおんねん。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 15:17 ID:nkAMrhA3
既出しまくりーの。

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 20:56 ID:X3WAftbW
【蛙の怨霊】

とあるカップルが夜、車で山にドライブに行きました。
山道を進んでいくと急に景色が開け、そこには月明かりに照らし出された大きな池がありました。
車の中にはクラシックが流れ、なかなか良い雰囲気です。
車を池のほとりに停め、2人は楽しく談笑していました。
と、突然蛙が一斉に鳴き始めました。それもかなりの数です。
男が「やれやれ、これじゃ音楽が聴こえないな。」とボリュームを上げようと手を伸ばした時です。
女がぽつりと言いました。












「変えるの?音量。」

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 21:04 ID:i5g3FN22
【子猫の亡霊】

中学生のA君は道で子猫を拾いました。
可愛いので色々いじくっているうちに、
ムラムラとサディズムが刺激され、カッターをとりだし
惨殺してしまいました。
そのひの晩。

















にゃ〜ん

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/16 18:55 ID:S0jCdBhJ
僕が部屋の暗がりに目を遣ると、そこには確かにあの子猫が居た!
だが明らかに昼間とは様子が違う。
その泣き声、部屋の薄明かりの中に浮かぶシルエットは、
僕にあの子猫である事を否応無しに認識させるが、何か、
何かが違う。
今までに感じた事の無い違和感に困惑していると、
子猫が喉を鳴らしながら僕の方へ一歩近づいてきた。
「…!!!!!」
嘘だ!こんな事がある訳が無い!!!あの…あの猫が
銀が眩しいメカの体を睨ませてこちらに向かってくるのだ!!!!

















ロボチガウ

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/17 16:07 ID:uX1vQ4Jq
>>70

小猫登れ
コネコノボレ
小猫の亡霊..?

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/17 20:57 ID:HMhrtVw+
>>71
それ以前に>69と>70は同一人物?
>69が結局オチてなくて、
それを引き継いだっぽい>70も結局オチてなくて・・・
早い話がスレの趣旨に沿ってないと。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 10:13 ID:aAHpyKGs
それなら、おっかね話をしてやろう。
俺が学生の頃だからだいぶ前の話さ
終電に乗り遅れた俺は仕方なく歩きで帰るのを覚悟した。
どれぐらい歩いたろうか、いいかげんくたびれたころに
かなり先のほうでなにかが光っている・・・・。
その時はたいして気にもとめなかったのだが、だんだんと
近づいてくる。
何だろう?
ある予感が頭を巡るが・・・とにかく近づいてみよう。
そして俺は予感が現実である事を確信した、その光るものは!

    「おっ!   100円玉だ。」

                 ・・・・おっ金・・・・


74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 13:37 ID:ekopNpFV
【鏡】
館に1枚の鏡がある、2時にその鏡を見たものは
次の日死んでしまうという、ある夜オカルト専門のカメラマンが
その鏡の真相を突き止めるべく2時ちょうどに鏡の前にたちカメラを向けた
すると鏡の前には女が予想もしなったものが写っていた
次の日女は噂どおり死んでしまった

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 15:35 ID:m3O/DtyN
チャッキーの花嫁サン。。。オ顔が素晴らしく恐ろしいワよ。

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)