5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◇ 心霊ちょっといい話 ver.6 ◇

198 :その2:04/05/06 18:51 ID:3sYe4byJ
それから1ヶ月ぐらい経ち、いつも通り寝る前にお願いをして
手を合わせた後、目を閉じて眠ると
夢の中に、写真でしか知らない爺ちゃんが現れて
私の側に座ると、買い物袋いっぱいに入ったポン菓子を食べながら
「心配せんでも、ワシ、ちゃんと見てるから」
と、笑顔で言い、私にもポン菓子を分けてくれました。

夢から覚めそうになった時、爺ちゃんは私の頭を撫でて
「今度、お母さんにカラメル焼き作って貰い。
あの子の作るのはコゲかけてるけど、美味しいから」
そう言って、私は目を覚ましました。

起きてスグ、台所に立つ母親に夢の話をすると
そのまま座り込み、子供みたいにワンワン泣き出し
「お父ちゃん、ありがとう・・・ありがとう」
ずーっと繰り返し呟いていました。

その後、ポン菓子は爺ちゃんの好物で
カラメル焼きは、一番最初に爺ちゃんが母に作り方を教えたお菓子で
何度作ってもコゲるのに、爺ちゃんは「美味しい」と食べてくれてたそうです。

長々と失礼しました。

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)