5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オカルトの本棚 知識造詣編 Part2

1 :必殺@スレ立て人(代理):04/03/03 00:26
彼の名スレ、オカルトの本棚 知識造詣編の続スレです。
ためになるオカルト関係書籍情報求む

前スレ
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1039/10398/1039832987.html


2 :必殺@スレ立て人(代理):04/03/03 00:26
依頼により
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1077954096/79

3 :3:04/03/03 00:48
3

4 :探求者:04/03/03 02:10
誰か、ナサニエル・クローチの『闇の王国』(The kingdom of darkness)について、何か知らないか?
稀覯書中の稀覯書で、入手は不可能だそうだけど、実在はするらしい。
英語の綴りも不明。
知っている香具師、情報求む。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 03:03
検索したらこんな綴りがあったが

Nathaniel Crouch, The Kingdom of Darkness (London, 1688)

あとは誰かよろしく

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 03:54
んで、適当に探したら原文全文掲載してるところがあったよ
コーネル大学の魔術書コレクション
ttp://historical.library.cornell.edu/cgi-bin/witch/docviewer?did=148

7 :探求者:04/03/03 19:21
>>5-5
おお、有り難う御座います!
便利な時代になったものだなぁ。
以前、どんなに探しても見つからなかったけど・・・。
本当に感謝します。

8 :探求者:04/03/03 19:22
>>5-5じゃなくて、5-6の打ち間違い(苦笑)

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 22:54
姉妹スレ
仙道の本棚 知識造詣編
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/sports/5611/1047094463/

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/03 23:09
関連スレ

【ぼっけえ】暗黒の文学館【きょうてえ】
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1059377824/
「魔術は英語の家庭教師」について
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1070981860/

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 12:46

ブラッバッキー以降の神智学の流れだと

アリスAベイリー
ベンジャミン・クレーム かな。
神保町の書泉で読める。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 19:24
すげー!一年越しの新スレおめ!!!

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 22:43
いやいや、ほんとにやっと立ったって感じだな

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/04 23:22
フリーメーソン黒書が入手できる場所、もしくは読めるサイトの情報お持ちの方いらっしゃいませんか?

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 20:27
前スレのように濃いスレになることを期待してage

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 20:35
ヴィテルボのアンニウスの偽書(系統こじつけの)について何か情報ないですか・・・
原文(またはその訳文)はどこで見られるのでしょう。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/05 21:07
ヴィテルボのアンニウスって何?

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 00:34
なんか本の探索ばかりになってきたな
前スレみたいな、本の推薦もどんどんやってくれ。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 09:01
じゃあ、初心者向けの本から

朝松健 著 マジカル・ハイスクール
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4829123826/

学園ものの小説だけど、魔術の入門書としては読みやすくていいんじゃない?
日本の魔術界のネタ話みたいなのも随所に盛り込んであるんで、自然といろんな知識が付いてくると思う。

Part2もあるらしいけど、誰か読んだ人いる?

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 09:28
   
   
         ___
         |ノットッタ!|
          ̄ ̄ ̄|
              ヽ○ <コノスレッドハ ワタシガ ノットッタ!!
               □ゝ
               <<
   
   

21 :探求者:04/03/06 18:50
フランシス・キング(FRANCIS KING)とか、ローラン・ヴィルヌーヴ(ROLAND VILLENEUVE)の
本を読んどけば、魔術界の全般的な流れとか、秘密結社の歴史なんかが把握出来るんじゃ
ないか。ヴィルヌーヴは翻訳もなく、フランス語だけど・・・。
最近、キングやヴィルヌーヴの次世代の、この手の本を書く人っているのかな?


22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 19:05
>ヴィルヌーヴは翻訳もなく、フランス語だけど・・・。

凄いな、フランス語読めるの?
フランシス・キングは確かに面白いし勉強になる。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 22:30
ほとんどの呪術とか、 おまじないの本は、嘘が多いのを知ってますか?
出版社というところは 売るためには嘘の本を平気で出します。
(某書房から出ていた 秘密の魔術団体の呪術書がありますが、その魔術団体は、ある占い研究家がその本に
権威付けをして売るために、でっちあげた架空の団体ですしね。 某社の有名な呪術書はゴーストライティングですし。)

日本でも外国でも、良い呪術の本は実はあまりありません。
インターネットのページはたいていパクりだし、商業目的の誇大広告の偽物も多いです。

それでも呪術を学びたい・・・・っていう方には、私はこんな感じで本を勧めます。

楠瀬啓 著 「実践悪魔学入門」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4576980416/

タイトルと違って、魔女という言葉の歴史の移り変わりや、世界の呪術を紹介した本です。
(この本も、聞いたところによると、多少のでっちあげ呪術は入ってるらしいですが)
なにより、他の本で見られない呪術の秘密の成功方法とか、呪術の限界について書いてあるのが凄い。

ニコラ・デ・パルフォード 著 「The Book of Spells―とっておきのおまじない」
世界のおまじないを紹介した本という意味では楠瀬さんの本と似ています。
でも呪術の数が少ないのと、秘訣が書かれていないので、先に楠瀬さんの本を読んでから応用するのをおすすめします。

マーガレット ピクトン 著 「ハーブの魔術」
ハーブを使った数少ないおまじないの本。

残念ながら今手に入る本で、私が「あー、これはまともだなあ」と思えるのはこれくらいしかありません。
あとは、詳しく理由は書きませんけど、「これはちょっと・・・」っていうのばかりです。



24 :23:04/03/06 22:31
すいません、リンク張り忘れました。

ニコラ・デ・パルフォード 著 「The Book of Spells―とっておきのおまじない」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883178935/
マーガレット ピクトン 著 「ハーブの魔術」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4878934328/

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 22:36
霊符・咒符スレッド
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/1033495251/

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 22:45
何故にsage?

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 22:49
>>26
2ちゃんねるデフォルトはsageだよ
IEとかで見れば分かる

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:13
魔術書復刊計画
ttp://cocofree.com/chaosmagic/fukkan.htm

定番の濃い本が、たくさん紹介されてます。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:15
なんだ?2ちゃんねるデフォルトって?

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:20
【】クトゥルフ神話の魔導書について語る【】一冊目
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1063872702/l50

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:29
>>29
この板のデフォルト名無しが「あなたのうしろに名無しさんが・・・」っていうのと同じ。
何も手を加えなければ自動的にsageになる。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:32
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4051034143/qid=1078583378/

もはや定番と言ってもいい、「奇跡の超能力第三の眼獲得法」 蹟見冠。
第三の眼を獲得するための具体的トレーニングマニュアルになっていて、お薦め。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:32
>>31
ウソ言うな、デフォルトはageでしょ。わざわざ書き込まないとsageにならない。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/06 23:37
危うく信じそうになった

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 00:05
>>33
だからIEでスレッド書き込み欄を見ろって……

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 00:08
>35
それってさ、以前sageで書いたときのcookieが残ってるだけじゃないの?

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 00:14
>35
一度、メール欄を空欄にして書き込んでみ?
次からは毎回上がるから。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 00:15
>>23
面白そうな本の紹介サンクス
「実践悪魔学入門」は、確かにいい本ですね。
書名はちょっとアレだけど。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 00:48
>>9
東洋系の情報はかなり充実してますね。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 03:45
>>23 >某社の有名な呪術書はゴーストライティングですし
どの本か分かるようにもう少し情報下さい。


41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 08:38
伊藤 武 著 「図説 インド神秘事典」 講談社SOPHIA BOOKS

タイトルは神秘辞典となってますが、前半はインドの生活・風俗などの世俗的な面の紹介が中心です。
後半が、占星術、哲学、ヨーガなど妖しいインドの神秘についての項目になります。
神秘辞典というより民俗学辞典と言った方がいいぐらい、多彩な分野について解説されてます。
結構怪しげな説も書かれていますが、(伊賀流忍術の祖はインド系渡来人で、甲賀流忍術は中国・朝鮮系とか)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062690926/



42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 11:42
今、前スレで出ていたザノーニ読んでいます。
流石本物のフリーメーソンが書いた小説は違いますね。
ちょっと訳者が難しい漢字使いすぎだけど。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 12:46
中沢新一さんの「はじまりのレーニン」を読んで、ヤコブ・ベーメに興味を持ったのですが、
何かいい入門書か解説書はないでしょうか?

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/07 18:11
関連スレ

四柱推命の良書、探しています。
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/uranai/989101896/

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/08 00:40
世界の奇書・総解説
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4426624061/

古今東西の主な奇書が網羅されており、見取り図代わりに手元に置いて置くと便利。
個人的には、おまけみたいな第9部の「その他の奇書」が好き。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/08 20:51
>>42
ヌチノWノWノCヌォヌヌテ釼ヌテ・m・・鑵ヌサヌメヌηAノnナ[ノhノAノXノyノNノgヌサヌメヌι棉*ヌミヌ*ヌヌ・u纒鄙・ナvヌ貮。ヌ*ヌフヌリヌ貮オナA鵆・ヌ呻愽フヌヘヌ娯*・ヌ・ヌフヌネナ

47 :42:04/03/09 09:39
よめない

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/10 22:28
>>21
探求者さん、フランス語読める人なんてそうはいないので、この際もう少しローラン・ヴィルヌーヴに
ついて語ってください。

49 :探求者:04/03/11 12:59
>>48
レスが遅れて申し訳ありません。
ヴィルヌーヴは、1922年生まれの、いわばパリの渋澤龍彦ってところです。
渋澤なんかが、自分のエッセイで、散々ネタに使ったフランスの著述家です。
英国のフランシス・キング、フランスのローラン・ヴィルヌーヴってくらいの、
この分野の重鎮です。悪魔主義、魔術、性崇拝、倒錯、ジル・ド・レー、
超自然的な物事全般と、守備範囲は広く、仏語でオカルト本を読むとした
ら、まず最初に手に取る一冊だと思います。
代表作は『悪魔の宇宙誌』、『拷問博物館』、『吸血鬼の博物誌』等々です。
ヴィルヌーヴではありませんが、フランスのオカルト関連では、邦訳されて
いるクセジュ文庫の『錬金術』の著者、セルジュ・ユタンは、アレイスター・
クロウリーの伝記なんかも記しています。黄金の夜明けやクロウリー系の資料
でも、仏語のせいか、ユタンの本はあまり取り上げられる事がない気がするの
で、ちょっとこだわりたい人にはお勧めかも知れません。


50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 21:15
神道、陰陽道について学びたいのですが、
初心者にお勧めの本などを教えてください。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 22:03
>>49
セルジュ・ユタンですか、「錬金術」ぐらいしか読んだことないのですが、邦訳されたのって、
あの本だけなんでしょうかね。
せめて英訳があれば読めるんですが。

52 :48:04/03/11 23:28
>>49
丁寧に教えていただいて、ありがとうございます。
ヴィルヌーヴの本って、英語では出てないのですか?

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 00:11
>>50
学研の赤本シリーズは、もう読みました?

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 00:46
陰陽道って、なかなかいい本ない気がする

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 09:07
>53
赤本シリーズというとブックスエソテリカの本ですか?
まだ未読なのですが(手元にはあるのでこれから読もうと思います)、このシリーズは初心者向けなんでしょうか?
また他の本もありましたらよろしくお願いします。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 09:12
持ってるんなら最後のほうにあるブックガイドから探してみれば?>他の本


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 12:46
>>55
>このシリーズは初心者向けなんでしょうか?

と思いますよ。
いい本かどうかは疑問が残りますが、門外漢の人がとりあえずその分野の知識を得たい
ときは、便利なシリーズではないでしょうか。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 13:58
>>55
本じゃないけど、このサイトなんかどう?
ttp://www004.upp.so-net.ne.jp/dhistory/granvia.htm

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 14:18
UFO書籍もアリ?

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 21:44
>>59
ok

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 22:32
>>59
いい本なら
例えばどんなの?

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 23:12
>>50
実践したいのか、勉強をしたいのかによっても違ってくる

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 23:56
>>52
Amazon.comで検索しても、フランス語ばかりみたいだな

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 23:59
>56
あ、その手がありましたね。試してみます。

>57
とりあえずこのシリーズから始めてみることにします。

>58
結構難しそうなことも載ってますね……。
紹介してくれてありがとうございます。

>62
どちらかといえば勉強したいです。

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 00:05
>>64
こんなサイト見つけました。

橘流陰陽道総本部
ttp://www.t-onmyoudou.com/

仙道とか、魔術と違って、神道、陰陽道、修験道は、在家では難しいかもしれませんね。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 00:12
平凡社東洋文庫の『漢書五行志』なんかも読んだほうがいいかも。
どちらかというと宮廷陰陽師用のテクストという感じですが。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 00:16
>>50
古事記は読んだ?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 00:25
スピリチュアリズムやゲマトリアについて学びたいのですが
初心者にもとっつきやすい入門書はありませんか?
よろしくお願いします。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 00:29
>>68

スピリチュアリズムとゲマトリアって
全然分野が違うじゃん。
てかどのレベルの初心者か書いた方がいいと思うけど、
俺は答えられないけど、、、

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 00:32
斉藤 啓一さんの、「神聖ゲマトリア数秘占術」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054000541/
ぐらいしか、重いつかん

71 :65:04/03/13 00:33
>神道、陰陽道、修験道は、在家では難しいかもしれませんね。

訂正

陰陽道、修験道は、在家では難しいかもしれませんね。

72 :探求者:04/03/13 02:38
>>52
調べてみたら、ヴィルヌーヴは、ドイツ語やイタリア語やスペイン語の翻訳はあるみたいなのですが、英語は無い様です。悪しからず。

73 :52:04/03/13 09:15
>>72
英語だけないとは残念。
大陸の人に受けやすいでしょうかね?

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 10:37
>>70
斉藤啓一なら、ムーブックスの「秘法カバラ数秘術」の方が、入手しやすいし読みやすいんじゃない?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4051034380/

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 11:37
「捜神記」お薦め。
東晋時代の短い説話や伝承が集められているが、中国オカルトの元ネタとしては実に貴重。
俺は東洋文庫の訳を読んだけど、あっちこっちから出てるからもっといいのがあるかもしれない。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 20:08
英語だけど、Lon Milo Duquetteの「Understanding Aleister Crowley's Thoth Tarot」は、
クロウリーのトートタロットの解説書としては分かりやすいし貴重。
日本語で書かれたトートの解説書って、昔魔女の家ブックスから出たものぐらいしかないからね。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1578632765/




77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 21:35
>>64
いい本見つけたら、報告してね

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 22:19
>65
>71
うーん、難しいですか……
自分はあんまりこだわりがある訳じゃなくて、
ぼんやりと東洋魔術を勉強してみたいなあと思っていたので、
とりあえず神道、道教辺りから入っていこうかなと思います。

>67
古事記はやっぱり必読ですかね。
今度図書館行った時に借りてきます。

>77
分かりました。
自分みたいな初心者はなんか変な本を報告してしまいそうですが(笑)

79 :ダヌル・ウェブスター:04/03/13 22:30
>調べてみたら、ヴィルヌーヴは、ドイツ語やイタリア語やスペイン語の翻訳はあるみたいなのですが、
>英語は無い様です。悪しからず。

英語では、ヴァジャイナですね。


80 :67:04/03/13 23:22
>>78
>古事記はやっぱり必読ですかね。

一応神道では、聖書に当たる本だからねぇ

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/13 23:46
>>78
>自分はあんまりこだわりがある訳じゃなくて、
>ぼんやりと東洋魔術を勉強してみたいなあと思っていたので、
>とりあえず神道、道教辺りから入っていこうかなと思います。

東洋系魔術というだけで興味が漠然としているのなら、とりあえずここで情報収集した方がいいんじゃない?
ttp://jbbs.shitaraba.com/sports/5611/

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 01:03
修験道関係のいい本ってないですか?
ブックスエソテリカ以外で

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 08:54
ブックスエソテリカシリーズは、宗教の面白そうな部分をピックアップして紹介しているだけなので、
さわり程度のことしか分からないな。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 10:40
このスレって、陰謀論もあり?

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 13:38
いちいち聞かなくても、オカルト関係のいい本ならどんどん挙げていってくれ

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 15:03
アマゾンでいろいろ検索してたら、最近原書房で秘教入門シリーズってのが出来たみたいだね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-3713190-7870611

修験道と古神道があるから、読んでみたら?

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 15:05
>>82へのレスでした

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 23:06
>>82
とりあえず、国書刊行会から出てる「修験道修行大系」は止めといた方がいい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336034117/
2万円以上もする大部の本だが、一部の専門家以外が読んでも面白くもなんともない本だと思われ。
近くの図書館にたまたま置いてたから、ただで読めたが、金出して買ってたら泣いてた。


89 :82:04/03/15 01:06
>>86
thxです。
早速捜してみます。
>>88
了解です。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/15 21:33
占い書籍・感想評価批判スレ
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0403/08/973425847.html

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 21:07
高橋克彦ってどう?

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 22:58
関連スレ

【】クトゥルフ神話の魔導書について語る【】一冊目
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1063872702/

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/18 20:53
>>84
前スレでメーソン本もたくさん挙がってることだし、全然問題ないだろう

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 06:46
大修館書店の「世界シンボル大事典」って買いですか?
14000円払うのに誰か背中押してください・・・

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 13:00
コンノケンイチの書いたやつがお勧め
まじめに読まなければかなり面白い

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 15:17
UFO本なら。『何かが空を飛んでいる』稲生平太郎
そういやぁ、最近コリン・ウィルソンのラブクラフト解説本を買ったぞ
まだ読んでないけど。

コリン・ウィルソンの他の本って面白い?

97 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/19 20:52
>>94
俺もそれ凄い興味あるわ。持ってる人の感想知りたい。

>>96
「アウトサイダー」買ったけど、オカルト的にはお薦めじゃないな。
あと、小説の「賢者の石」は面白かった。
精神寄生体は、、面白くなかったな。

あと、「おカルト」とか世界なんとか大百科シリーズは未読、てか読む気もないや。
ごめん。

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 23:42
>>95
>まじめに読まなければかなり面白い

ネタとして読むってこと?

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 00:16
>>96-97
「精神寄生体」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4059000663/
はいい本だと思うがな。
まだ読み通してないので、断定は出来ないけど

100 :志村のうしろに幽霊が・・・ ◆g6V0jYwopc :04/03/20 00:48
太田竜など

100

101 :95:04/03/20 07:25
>>98
あれまじめに読んだらやばいっしょ
あくまでネタとして読まなきゃ

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 09:15
>>100
太田竜は止めた方がいいと思うが

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 09:17
>>92
外出

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 00:20
陰謀論もありということで、ナチスとユダヤ財閥がらみの本だけど

シドニー・ウオーバーグ著
「ユダヤ財閥がヒトラーを育てた--ヒトラーへの使者が暴露した超一級極秘資料 莫大な資金をいかなる方法で援助したか」
http://product.esbooks.co.jp/product/keyword/keyword?accd=19976935

ちょっと問題のある出版社からでており、本文の前置きである訳者の解説文もあまり良くないが、
元になった本(1933年出版)は確かに重要資料らしい。
一応「シドニー・ウォーバーグ」という人物が作者だということになっているが、ウォーバーグ家にそのよう
な名前の人間はおらず偽名らしい。

内容は、第一次大戦後巨額の賠償金と失業者に苦しむドイツを健全化させるために、ロックフェラーなどの
アメリカ財界がシドニー・ウォーバーグを代理人にヒトラーに対し多額のドルを融資したという、タブーを裏付けるもの。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 00:22
>>91
竜の柩とか?

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 09:13
竜の柩ネタなら

牡牛と竜
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0401/25/1038203047.html

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 09:57
ゼブ・ベン・シモン・ハレヴィ 著 「カバラ入門―生命の木」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4915497895/

カバラの解説書としては、久々の良書だった。


108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 11:40
秋端勉 著 「実践魔術講座」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4882007770/

魔術の知識と訓練方法を解説していった書。
日本の魔術結社I∴O∴S∴の研究成果もこの中に含まれる。
現在、この 魔術結社はネット上でHPを運営しており、そのページでこの書の最新版の一部を
公開しているので、まずは、そちらから閲覧することをおすすめする。


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 18:07
東條真人の「シークレット・ドクトリンを読む」を買った人いる?
感想聞きたい。

110 :94:04/03/22 04:48
>>97
近所の図書館にあるんですわ。持ち出し禁止で。んで、手元に置くべきかなぁという。
錬金術なんかを解しようというときに結構役に立つと思います。超広辞苑級で、ごついです。
やっぱ所有したいので買うことにしました。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4469012491/ref=sr_aps_b_/249-4592902-0489143

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 11:26
>>110
あとで感想聞かせてください。

112 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/22 20:44
>>110
レスありがとう
俺はこっちは持ってるんだよなー。
元型と象徴の事典
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479175610X/ref=pd_sims_dp__3/249-6864250-9545963#product-details

でもこっちはあんまり、、、、

てか、俺も買いそう、14000円なら、、、

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 22:06
そろそろ水銀が現れる頃だと思ったよ


114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 10:26
>>112
アマゾンのアドレスは、ref=以降は省略可だよ

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 16:40
>>91
高橋克彦だったら、漏れは『バンドネオンの豹』だなぁ。
ジュブナイルだけど。
「精神寄生体」は読んでみようかな。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 20:23
>>115
それも悪くはないけど、単なる小説って感じがする。
このスレ的には、やっぱ「竜の柩」だろう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396325754/
>>106のネタ元になるぐらい、壮大な世界がある。
実は学問的には結構いい加減な点も多いのだが、読んでるとどうにも信じ込んでしまいそうになる。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 23:07
探求者さん降臨きぼん

日本語で読めない本について、もっといろいろ語ってください

118 :探求者:04/03/25 01:52
>>117
お呼び下さって、有り難う御座います。
ご希望に添えるかどうかわかりませんけれど・・・。
Erick Towers著、『DASHWOOD/THE MAN AND THE MYTH』。
この本は、オカルト史上名高い(悪名高い)「地獄の火クラブ」の
主催者である、フランシス・ダシュウッドの伝説と実像を記したも
のです。アレイスター・クロウリーよりも遙か以前に「欲するまま
を行うべし!」と獅子吼し、黒魔術と乱交の饗宴に耽る秘密結社
を創立したダシュウッド。オカルトや魔術の歴史を繙けば、必ずと
言って良い程に、言及されるダシュウッドの存在でありますけれど、
では、その生涯を詳細に記した本となると、なかなか見つかりません。
本書は、伝説の人物ダシュウッドの実像を、緻密に調べ上げた力作で
す。残念ながら邦訳はされていません。英語で読む苦労を厭わなけれ
ば、西洋魔術に興味のある人には、必読の一冊だと思います。


119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 00:59
わー探求者さんだ

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 20:49
>>118
渋澤龍彦の著作のなかに、「地獄の火クラブ」についての記述があって、
それ以来すごく気になってました。その本読んでみます。
わーい いいこと聞いたー!

121 :探求者:04/03/26 21:27
>>119
なんか、照れてしまいます・・・。

>>120
お役に立てて、こちらこそ嬉しいです。
渋澤のエッセイがお好きでしたら、エルヴェ・ド・サン-ドゥニにも興味が
おありでは無いでしょうか?どの著作で紹介されたものかは、失念して
しまいましたけれど、確か、渋澤は「夢を自在に見る方法」を追究した、
サン-ドゥニについて記していたと思います。
『夢判断』を書く際に、フロイトがサン-ドゥニの著作にいたく興味を示し
て、探したけど手に入れられなかったとの、逸話が残っていた様な・・・。
現代の夢研究からすれば、稚拙な感じは否めませんけれど、サン-ドゥニ
の著作で研究された「見たい夢を見る方法」や「夢日記」は、20世紀以前
の夢研究の白眉と言っても過言では無い、すぐれたものです。
原題は、『LES REVES ET LES MOYENS DE LES DIRIGER』。
著者の綴りは、HERVEY DE SAINT-DENYS。
フランス語が原文です。英訳本があるのかどうか、知りません。悪しからず。

122 :120:04/03/26 22:21
>>121
探求者さん、またまた興味深い情報をありがとうございます。
ビンゴです。面白そうですね!
フランス語は得意ではありませんが、辞書を片手に紐解いてみるやもしれません。

これだけではなんなので。検索したところ既出ではないようですが(?)
魔術研究の本で「Magic An Occult Primer」David Conway著 は、
非常に面白いですねー。魔術の入門書として白眉だと思います。
っていっても私、このジャンル全然詳しくないんですけどね。
どなたか読まれた方おられますか?

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 22:45
[77]朔04/03/21 20:27 DjjU3Aqvuh.
あまり古典的なものを読んでも、無意味ですね。

それより、高藤本の元ネタを読めればよいでしょうね。
中国語ですが、何回も読めば読めるようになるでしょう。
下記は推薦本です。

「天僊正理」(伍柳派)
「金仙証論」(伍柳派)
「築基参証」(伍柳派)
「性命法訣明指」(伍柳派)
「大成捷径」(伍柳派)
「孫不二女功内丹次第詩」(北派)
「金丹四百字」(南派)
「修真不死方」(南派)
「三峯丹訣」(三峯派)
「玄微心印」(三峯派)
「金丹真伝」(東派)
「証道一貫真機」(東派)
「方壺外史」(東派)
「方壺密法口訣」(東派)

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 23:20
高藤本の、遁甲魔術の元ネタは知らないか?

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 23:56
元ネタなんてあるのかなぁ?

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 09:24
オリジナルじゃないの?

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 11:23
New Age Software
http://www.saharasoftware.com/software.html

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 16:02
>>123-124
この朔さんという人は中国書の原著には詳しいようだけど、高藤本はちゃんと読んでないで
いろいろ言ってるようだから、割り引いて聞いておく必要がある。
前も結構高藤の悪口書いて、ここであっさり否定されてしまっているし。
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/sports/5611/1051588785/nt549-555

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 21:00
中国や台湾の本を安く買うにはどこがいいのでしょうか?

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 21:27
>>129
ここのリンク集で、大抵用は足りる。
http://cgi.mediamix.ne.jp/~k1476/cgi-bin/navi2/navi.cgi?mode=view&class=4&part=1

131 : :04/03/28 21:11


132 :虹のFaily:04/03/29 23:14
ムーブックスから出た高藤総一郎さんの「秘法!超能力仙道入門」

大周天までは詳しく書かれていていいんだけど
陽神、出神から途端にグダグダになる
ホントはもうちょっと前の小薬と大薬から
大薬ができると男の子はおちんちんが奥に引っ込み、女は生理がなくなるってゆーけど、
本当にそんなことが物理的に起こるのか?
本当に出神した陽神は他人にはっきり見えびっくりさせることが出来たのか?
本当に千里先に一瞬で行ったことがあるか?
いろいろ疑問が残る展開

それまでだったらはっきり答えてくれるであろうその調子が一気に曖昧になってる
ははあ、さては著者もそこまで進んでないなとはわかるんだけど
なんかすっきりしないなー・・・

ただ読んでて思ったのは、僕はカバラなんかの西洋神秘学の方も興味あってかじってるんだけど
なんか西洋でも東洋でもヨガでも魔術でも、みんな全部目指すところは一緒なんじゃないかな?
細部はいろいろと違うんだけどさ、仙道の最終目的は宇宙との一体化なんだけど、
カバラの最終目的もアダム・カドモンとの一致、そのアダム・カドモンが、仙道ではタオって呼ばれてるけど、
それって一緒のものを指してるんじゃないかな?なんかそー思うなー

あと高藤さんは仙道を科学と結びつけようとして、
仙道の最終は出現と消滅を繰り返す光子などの素粒子に戻ることだ!って言ってるけど
ちょっと夢がぶち壊れた
ただこの世界がとても不自由、肉体がとても不自由、ってゆーのは良くわかる


133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/29 23:49
まあ、一応人間はすべからく自己実現化を目指しているって言うのが
この世の定評なんですけどね。

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 00:15
>>132
>なんか西洋でも東洋でもヨガでも魔術でも、みんな全部目指すところは一緒なんじゃないかな?

悠かなる虚空への道読んだ?

135 :虹のFaily:04/03/30 00:29
>>134

いいえ 読んでません

136 :134:04/03/30 00:50
>>135
この辺りの事情についてのまとめの本だし、高藤本の中では一番の名著だから、ぜひよんどいたほうがいいよ

137 :虹のFaily:04/03/30 00:54
どうもありがとうございます

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 16:11
>>132
君が言っているようにどの神秘行も目指すところは一緒だと思う。
でも、仙道のタオってカバラではエインに当たるんじゃないかな?

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 18:02
>>137
悠かなる虚空への道については、>>9のリンク先にいろいろと情報があるから
参考にするといいよ

140 :虹のFaily:04/03/30 22:45
>>138

ごめんなさい、エインってわからないです・・・
本当に適当に興味持ったものを追いかけてるので・・・

ただカバラの火の蛇、ヨガのクンダリニー、仙道の赤蛇帰神、かなり似てますよね?
偶然にしては凄すぎる・・・ やっぱり細部の形だけ違う異種同系だと思う

世界中の神秘学やその体系をすべて集めて照らし合わせてみたら、何か謎が解けるかも?

>>139

ありがとうございます

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 22:57
俺もエインって知らない。
解説きぼん

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 23:18
「学研&ムーは厨房向け」と燃料投下してみたり。

143 :虹のFaily:04/03/30 23:31
ムーは雑誌じゃなく単行本の方も厨房向けなんですか?

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 00:39
>>143
そんなことはない。
結構いい本あるよ。
欠点と言えば、超能力指向が強すぎること、売れる本にするために、
著者の意向を無視して話を面白く書き変えるれてしまったりすることかな。

145 :虹のFaily:04/03/31 01:10
あぁそれはなんとなくわかるな・・・
なんか考えられないような伝説を載せて
いかにも極めればこんなことが出来ますよみたいな・・・

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 01:41
魔道書って高いよな、

どうでもいいが、魔術書復刊計画ってなくなっちゃったの?

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 09:27
>>146
サーバーが落ちてるだけじゃ?

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 13:00
>>142
トワイライトゾーンと比べてどっちがまし?

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 14:40
漫画だけど、諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズは、オカルト本好きには
たまらないネタでいっぱい。
読んでない人はぜひ読んでみて。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-0643905-0165853

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 14:41
リンク失敗

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 18:36
>>148
読んだこと無いからわからない

152 :94:04/04/01 05:39
買いますた。世界シンボル大辞典、世界神話大辞典、フーコーの振り子。
シンボルは前から欲しかったので。思ったより大きくなかった。
神話はアマゾンの「残り1冊」に踊らされて衝動買い。思ったより大きかった。
フーコーの振り子はこのスレを読んで買おうと思いますた。文芸春秋。
のっけから全開の勢いですね、フーコー。まだハナのハナしか読んでないけど。
んで、シンボル辞典の感想きぼんって方、俺、他に同類の本実際に見たこと殆ど無いので
比較してどこがどうとかわからんのです。だから質問とかあったりすると答えやすいです。

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 07:07
神話辞典のほうが高いじゃんw

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 13:56
>>142
あなたのお勧めは?

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 22:44
以前邪眼スレで話題になった、
呉伯焔 著 「点穴・練功・薬功―武術は超科学だ!」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4583026684/

武術気功から眼精疲労功、青酸カリの作り方まで具体的に書いてある、ネタ満載の本。
この分野に興味あるなら一読の価値あり。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/02 11:45
>>140
エイン・ソフでぐぐると、いろいろ引っかかってくるよ

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/02 15:46
>>146
KAOIST MANIA自体が落ちてるかなくなってるみたいだな

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 11:50
関連スレ

絶版本入手術
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/sports/5611/1062808726/

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 11:51
水銀たまにはネタふれよ

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 20:25
THE R'LYEH TEXT
Hidden Leaves From The Necronomicon
http://www.chaosmatrix.org/library/books/rlyeh_text/rlyeh_text.htm

161 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/03 20:57
>>159
君の書き込み見て出かけて今日は近所の本屋で7000円分本買っちゃった。
全部文庫で。
ほとんどオカルト本だよ。
まあ、読んだ順からネタ振ってみるよ。全部は無理だけど。
ここはレベル高いからそれなりに厳選してね。

てか7000円もするんだったら世界シンボル辞典のために金とっとくんだったよウェーン

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 21:24
オカルト本ばっかりしかも文庫本で7000円っていうのも凄いな

163 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/03 21:40
>>162
>>162
こんな感じですよ。もしかしたら既出もあるかも知れないけどごめん。

カルロス・カスタネダちくま学芸文庫
島田 裕巳
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480086846/qid=1080995244/sr=1-7/
ref

科学と非科学の間ちくま文庫
安斎 育郎
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480037535/qid=1080995372/sr=1-1/ref

なぜ人はニセ科学を信じるのか〈1〉奇妙な論理が蔓延するときハヤカワ文庫NF←これは〈2〉も買った

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150502803/qid=1080995470/sr=1-1/ref

西遊記の秘密―タオと煉丹術のシンボリズム岩波現代文庫
中野 美代子
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006020708/qid=1080995544/sr=1-1/ref

山師カリオストロの大冒険岩波現代文庫
種村 季弘

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006020678/qid=1080995616/sr=1-1/ref

て、今見たら「山師カリオストロの大冒険」は中央公論社から半額以下で売ってんじゃん。
騙されたよ。

今は文庫も高いですね。とくにちくま学芸文庫。1500デスゼ。
まあ、貴重な古典なら納得もいくけど、島田の本にその値段は無いよね。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 00:05
下げるなよ

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 00:41
ちくまだと、そりゃ高いわな。
「なぜ人は〜」は最近、俺も読んだ。まあまあ面白いかな。オカルトというよりニューサイエンス系への批判だけど。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 00:50
ちくま学芸はエリアーデの「シャーマニズム」も出るよ
最近ハードカバー買ってしまった人はご愁傷様ということで。

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 02:52
>>128

[144]朔04/04/04 0:31 9daIXipwFlL
仙道書は、やはり神田あたりの台湾本を扱っているところで、
注文するしかないでしょうね。
中国本は簡化字なので読み辛いです。

ネット上で読めるものも多少ありますね。

「金仙証論」は八幡書店で「煉丹修養法」として、
日本語訳のものが復刊しています。
たにぐち書店というところでも同名で復刊しています。
「慧命経」も、たにぐち書店から日本語訳がでています。

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 02:54
>>128

http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=all&namber=1908&type=0&space=0

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 03:00
>>128

438 名前: ぺぺろぐぅ 投稿日: 2004/01/26(月) 22:45

あとは、天地門のBBSで田舎者仙人さんが紹介されていた『慧命経』なんですが、5千円なんで躊躇してしまいますね。


442 名前: 何気に一周年@∞周天 投稿日: 2004/01/26(月) 23:55

>438,440
買ってもいいと思うけど、ここをみている人は読んでもあんまり理解できないんじゃ
ないかな。仏教用語頻出だからそちらの素養が必要。更にそれを内丹的に改変して
解釈してるのでますますわかりにくい。伝統的な仙道書とはどんなものかを知りたい人
にはいいけど。そこから行を理解するのはかなり読解力がいるかも。店頭でみること
ができる人は試しに手にとってみる事を勧めます。

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 03:02
>>128

444 名前: ぺぺろぐぅ 投稿日: 2004/01/27(火) 00:32

仏教の素養は無いからなあ。
読み解きながら読書をするという習慣は今までの人生であまり無い。う〜む。

『慧命経』はいずれって事にしとこうか。なにより五千円だし。


447 名前: 何気に一周年@∞周天 投稿日: 2004/01/27(火) 22:59

>445
ユングの「黄金の華の秘密」(人文書院)ではなく、「慧命経」(たにぐち書店:東洋医学専門出版社)です。
黄金の華の秘密は、中国神秘思想に傾倒したユングが書いた、ユング「心理学」の為の書であるのに対し、
慧命経は、中国の原書を直接邦訳して解説したもので、「仙道書」です。心理学書ではないのでユングはありません。
道教の成立には仏教が大きく関係しています。特に全真教は禅の影響が顕著ですが、伍柳派の二人の祖師は禅門の僧
であり、その一人、柳華陽が書いたこの書も禅仏教の色彩の濃い内容になっています。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 10:21
>>167-170
なんか変なレスの仕方

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 12:34
>>161
水銀もえらいな、ネタのために本を買い込むなんて

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 17:41
オカルトに興味ある人間が、フロイト、ユングを読むとしたら、何から読んだらいい?
もしくは入門書としては、何が適当でしょう?

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 18:16
ユング自伝

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 18:20
この2冊は安くていいよ。

ユングとオカルト 講談社現代新書 秋山 さと子 (著)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061488414/qid=1081070200/sr=1-1/ref

ユング オカルトの心理学 講談社プラスアルファ新書

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062720205/qid=1081070200/sr=1-2/ref

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 19:09
こういうとき、ユングの本って出てきやすいんだけど、フロイトってなかなか出てこないんだよな。
確か前スレでもユングはあったけど、フロイト物はなかった。

177 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/04 21:03
>>173
フロイトに関しては「精神分析入門」じゃないかな。フロイトが一般市民向けに書いてる奴。
諸君!で始まる奴だ。文庫で三社から、単行本からは一社から出てたはず。

ユングに関しては、河合隼雄著「ユング心理学入門」培風館
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4563055115/qid=1081079976/sr=1-4/ref

アマゾンの書評も参考に。
オカルト好きには物足りないかも知れないけど、まずはきちんとしたこと知っていた方が
いいと思って。
余計なお世話だったらごめん。

あと>>174
にもあるようにユング自伝もお薦め。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 21:04
AmazonのURLにISBNより後の文字列はいらないです

これでよろし
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4563055115/

179 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/04 21:08
>>178
サンクス、以後気をつけます。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 21:53
>>174-177
みなさんサンクスです。
探してみます。


181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 22:46
どうせなんで、精神分析関係で他にも面白い本があったらおねがい

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 23:28
17 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2004/04/03(土) 19:02
本当にチャクラを開きたいなら、まず結界をはって下さい。
そして結界のなかで開くのですが、教科書としては「求聞持聡明法秘伝」が
有名です。学研から1992年に出版された「密教の本」も有効でしょう。
開き方をここに書くと結界をはらずに開こうとする人がきって出てきます。
その人は間違いなく霊に憑依されます。それから、クンダリーニチャクラは
原則として最後に開く、つまり通常は開かないチャクラです。
>1さん頑張って下さい。しばらくして、また伺います。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/05 10:16
ラカンとか岸田秀はどう?

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/05 13:10
>>180
「 フロイト その思想と生涯 」
           講談社現代新書

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/05 18:49
>>183
ものぐさ精神分析?

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 09:39 ID:mXmKNvhG
これだね
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122025184/
読み易いし、精神分析の入門書としてはいいんじゃない?

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 12:30 ID:oKd8ATM/
魔術関連ですが、ヤフオク見てたら魔女の家の絶版がでてきたので参考程度に・・・


ゲーティア ソロモンの小さき鍵
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g18431582

ソロモンの大いなる鍵
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h6976529

性魔術秘密教程 下巻
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d46345658

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 18:25 ID:SVtDhrVZ
>>187
いちばん下の性魔術秘密教程が近所の古本屋で
上下巻売ってるけどそんなするんだ。

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 20:45 ID:oKd8ATM/
>>188
即刻ゲトせよ!

190 :188:04/04/06 22:02 ID:SVtDhrVZ
この本ってどんな内容っすか?ググッてみても
どんな本なのか良くわからないっす。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/07 11:28 ID:v/oJ1xK9
アーサー王伝説関係で何かいい本ってない?

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/07 15:56 ID:mXV8Hktl
>>186
それ、いただき。
魔術本ってなぜ高い?

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 17:20 ID:QqPasBso
そろそろまた探求者さん来ないかな

194 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/09 01:13 ID:579vcNDK
島田君の「カルロスカスタネダ」読破しました。

結論、それまでのカスタネダ本をまとめた以上のことはありませんでした。
いや、このまとめたってことに意味があるんだよ。
買ってそんは無いはず。

195 :サクラ:04/04/09 01:46 ID:uo5gZ13d
黒野忍って何歳ぐらいの人ですか?
うちの出会い系サイトに自称黒野忍がいますけど…本人?


196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 10:15 ID:weeYLCO3
>>194
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/sports/5611/1047094463/r313-316

197 :探求者:04/04/09 18:48 ID:pdI9Mxx9
渋澤龍彦が『悪魔のいる文学史』で紹介し、渋澤が愛読していた酒井潔が
渋澤以前に『悪魔学大全』で取り上げていた、仏国伝説の魔術師、スタニ
スラス・ド・ガイタ。ド・ガイタは、日本でも古くから紹介されているにもかか
わらず、知名度は今ひとつでありますが、ジョセファン・ペラダンと共に創設
したオカルト結社は、かの黄金の夜明けさえ、その二番煎じに過ぎないと
言われる程に、近代魔術の復興を先取りしていました。机の引き出しに悪
魔を飼い、全てが赤一色の、深紅の部屋に暮らしたと云う魔術師ガイタ。
個人的な思い入れもあって、ド・ガイタの事を書き始めると、ついつい冗長
な駄文を認めてしまって恥ずかしいです・・・。
ガイタに関しては、いくらでも紹介したい誘惑に駆られますが、ガイタの著
作では無く、ガイタが所有していたオカルト文献を一冊に纏めた『スタニス
ラス・ド・ガイタとオカルト蔵書』を紹介したいと思います。原題は『Stanislas
de Guaita et sa Bibliotheque Occulte』。貴族に生まれ、財力にものを言わ
せて、オカルト文献を買い漁ったガイタの蔵書は見事なものです。実践的な
魔術師が、いったいどんな書物を本棚に並べていたのか、それだけでも興
味津々です。本書には、ガイタが蒐集した二千二百十五冊のオカルト文献
が記されています。まあ、それだけと云えば、それだけです。ただの目録で
す。
けれども、オカルト文献や稀覯書に関心を持つ者にとっては、宝の地図の如
き一冊となるでしょう。

>>193
拙い書き込みを覚えていて下さって、有り難う御座います。
再びお声まで掛けて頂いて、恐縮の次第です。

198 :虹のFaily:04/04/09 20:34 ID:rfrdp/mP
>>156

遅まきながら、調べてみました
確かにアダム・カドモンのことではなく、エイン・ソフのことかも?
アダム・カドモンのは魂の合一だもんね
タオは宇宙とひとつになるんだよね

ともかくありがとうござました

199 :虹のFaily:04/04/09 20:42 ID:rfrdp/mP
なぜ人はニセ科学を信じるのか〈1〉奇妙な論理が蔓延するとき

の逆バージョンみたいな本出ないかなぁ〜♪
いや、上の本も読んだことないんだけどさ

神秘主義が科学をボコボコにして欲しい・・・


200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 23:52 ID:0QquKxvi
>>199
魔術師の朝がそうなんじゃない?

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 00:54 ID:xlOoP9Lh
もしくは謎のカタカムナ文明とか

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 04:39 ID:JE4UEVj8
俺はむしろ逆を望むな・・・
隠秘学で科学を解体して欲しい。
オカルトは科学に取り組むことに及び腰になっている。
まるで親の敵のように。
天にあるものは地にあるもののごとく、逆もしかり、小宇宙と大宇宙の相関。
科学はオカルトを支持していると思う

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 10:36 ID:5lBePMhg
>隠秘学で科学を解体して欲しい

いまいち意味が分からないんだが

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 17:23 ID:chPIIbOd
>>202
ニューサイエンスとかトランスパーソナル心理学とかになるんじゃないか?
まぁ、あれはオカルトとはいえんか。

205 :193:04/04/10 18:16 ID:x5DJKx90
>>197
またまた貴重な書き込みありがとうございます。
拙い書き込みなんてとんでもないです。
遠慮せずにどんどん書き込んでください。

206 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/10 22:41 ID:MES+ARSa
>>199
そんな君にはアレスタークローリーの以下の言葉を捧げよう。

魔術の一定レベル以上の行法に進むには以下の条件の一つでもかけてはならない。

1)健康に優れている。
2)少なくても一つは得意なスポーツがある。
3)少なくとも一つの科学的分野で実験を行う能力がある。
4)いくつかの科学的分野にわたる広い知識がある。
5)基本論理的の試験に合格する能力がある。
6)イデアリズム、唯物論、合理主義、スピリチュアリズム、比較神学などを含んだ哲学史の試験に
合格する能力がある。


スレ違い失礼。
でもね、あんまり誤解が激しいから。神秘主義と科学は相反するものでは全くないし。
君はオカルトに興味をもつよりほかにやるべきことが沢山あると思うよ。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 00:25 ID:IjcgfEA+
ここの書評ってずいぶん厳しいけど、的確かどうか詳しい人教えて

ttp://home2.highway.ne.jp/miiboat/HP_Mithraism_Book_Review.html

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 12:27 ID:pm8jgRpf
フランスの思想家って面白い人多いね。
バタイユやボードリヤールって、オカルト文献としてみても結構良書だと思う。


209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 12:30 ID:53evfTsS
ちんこが勃起した状態で、おもいっきり背伸びすると
ちんこがしぼみます。

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 21:36 ID:HbDtx1PH
実川(紫龍仙)師の照真秘流の本は全巻ただで入手しました。
活字でないから少し読みにくいですけどね。
マニアというか拝み屋さんみたいな人は欲しいみたいですねえ。
特に実川師の照真秘流については○○宗のK氏の師匠の○野氏が大分改造省略した変な本を出してました。
八幡の本には実川師と瑞垣大人の修法がいくつか出てますね。幽体顕現法を神道流に直したものとか、十種神法の印とか。


211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 10:45 ID:J/V+60Vn
>>208
あとフーコーとかもな
このうち少なくとも一人は、どっかの秘密結社に関わってるはず

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 11:13 ID:/xKEAs4h
>>209

 ちんこの勃起は、脳ではなく脊髄反射でおきる。
と日系サイエンスの何月かで読んだよ。

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 11:14 ID:7cKHsDH9
www

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 14:12 ID:J/V+60Vn
>>202
>オカルトは科学に取り組むことに及び腰になっている。

ぜんぜんそんなことはないと思う

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 21:31 ID:2b9OXAvd
>>197
>ガイタに関しては、いくらでも紹介したい誘惑に駆られますが

いくらでも紹介してください

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 13:35 ID:klVHnU0X
いいスレなのにいまいち盛り上がらないね

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 14:50 ID:m7IizsC8
>>200
>魔術師の朝
またまた、いただき!
社会学的にオカルトを扱った本で、わりとオカルト寄りの本ってない?
懐疑本は読み秋田、

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 15:38 ID:klVHnU0X
オカルト時代って読んだことある人いる?
古そうな雑誌にも関わらずこないだ古本屋で200円で大量に売ってたんだけど、
その後大予言で3000円以上で売ってるのを見かけた。
買っといた方がいいかな?

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 22:57 ID:eK084ar7
>>217
知ってるかもしれないけど、邦題は「神秘学大全」だからね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4059001481/

インパクトは大きいし、著者の博学にも感心するけど、本当に科学をボコボコにできてるわけではないから

220 :虹のFaily:04/04/13 23:08 ID:ff9tM1TW
>>200&201

遅くなってごめんなさい!!
ありがとーございまーす!!

221 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/13 23:10 ID:K738Qrb1
>>220
続き番号のレスはこうやって貼るんだよ。

>>200-201

222 :虹のFaily:04/04/13 23:12 ID:ff9tM1TW
>>221

どうも・・・

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 23:15 ID:gyH5remP
大全といいつつ800円台に収まるというのがなんとも・・・はや・・・

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/14 00:02 ID:m0WvGKgn
>>223
だって抄訳だもん

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/14 09:37 ID:eo0lMD1i
確かに神学大全と比べると、小部の作だな

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/14 17:48 ID:eo0lMD1i
ちなみに「The Morning of the Magicians」の英語版は最近また出たよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0285635832/
未読だけど全訳だと思う。

227 :218 :04/04/15 11:12 ID:xDVPw5Ea
勘違いしていた、200円じゃなくて1000円。
大違いだな。
ぐぐってみたら
http://www.google.co.jp/search?q=cache:Qm8QbouwygwJ:www.asyura.com/sora/bd12/msg/66_.html+%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88%E6%99%82%E4%BB%A3&hl=ja&ie=UTF-8
地球ロマンのライバル誌だったらしいので、結構期待できるかも。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 21:49 ID:wpFflRtD
スレ違いだろうけど質問
オカルト系の書籍などを専門に扱っている国内・国外の店が知りたい。
通販出来るところが主に知りたいけど、出来なくても可。


229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/15 22:16 ID:ZmvERldj
>>228
>>130のリンクが結構役に立つよ

230 :228:04/04/15 22:42 ID:wpFflRtD
>>229
 ありがとうございます。
 このリンクは自分も結構利用しているのですが
 もっと書籍等を扱っている専門店はないかと思いまして



書籍の情報・販売店の情報をお願いします。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/16 10:55 ID:Qra4r9q3
>>230
専門店はないけど、池袋に行きなはれジュンク、リブロ、
旭屋なんかを巡れば売り場面積が大きいので絶版になって
いないものならかなりの高確率で手に入ると思うよ。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/16 16:35 ID:cUniTI+S
オカルト、古書店でぐぐると、いくつかみつかるけど

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/18 21:03 ID:qp49Lr/f
>>86
この本?
「修験道修行入門」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562037482/

読んでみたけどなかなかの良書だったよ。
修験道は先生につかないとだめなので、この本を読んで実践することはできないけどね。
入手しやすさ、値段の点から考えあわせると、修験道関係の本としてはいちばんいい本かもしれない。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 13:09 ID:xZfMz1NH
>>230
もうちょっと具体的に聞いたほうが、情報集まると思うけど

235 :228:04/04/19 23:13 ID:KwvAeeNZ
>>234
そうですね、ちょっと簡単に書きすぎました。


えーと、私は古今東西のオカルト書籍や道具を集めている者です。
ただのコレクターではなく主に入手した書籍や道具を使って実践をしています。

今探しているのは主に下記に関係あるものです。
 古神道
 仙道・神仙道
 魔術(系統問わず)
 陰陽道

これらに関係あるものを販売している専門店の情報や所有している方の感想が主にほしいです。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 23:22 ID:ZtK4e2eR
ということは、多分したらばの常連さんですね

237 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/19 23:23 ID:0p9qsNHx
>>235
八幡書店では満足できない?

238 :228:04/04/19 23:51 ID:KwvAeeNZ
>>236
したらばも結構利用しますね。

>>237
八幡書店のものは殆ど所持しているので・・・ ^^;
まだ殆どの方に知られていないような、又は知られているが入手困難なものを探しています。

239 :228 ◆/Y.s.P1y86 :04/04/20 00:05 ID:fz4yrcd0
トリップをつけました。

よく利用するのは下記のオンラインショップです。

The Kabbalah Centre - Study of Kabbalah, Books, Tapes, Classes on Kabbalah & Spirituality
ttp://www.kabbalah.com/k/index.php/

八幡書店
ttp://www.hachiman.com/index.html

専門書の杜
ttps://www.senmonsho.ne.jp/servlet/login?act=access

古書Dejavu
ttp://www.koshodejavu.com/

魔術堂
ttp://eyes.iris.ne.jp/majyutsudo/

無極庵のホームページ
ttp://www1.sphere.ne.jp/mukyoku/

鴨書店
ttp://www.kamo-books.co.jp/

精神世界専門書店-吉四六書房-
ttp://www5.ocn.ne.jp/~kittyomu/index.htm

日本の古本屋
ttp://www.kosho.or.jp/index.html


240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 11:28 ID:nV3lvdgk
ちょっとジャンルが違うかもだけど相談させてください。
荒深道斉って人の書いた「草薙劍」てタイトルの日本のピラミッドつか山?についての本を持ってるんだけど、いらないので処分しようかと思ってる。
昭和30年代の古い本だけどどこに持って行けばいいんだろう。中野の「大予言」?
ちなみに表紙は菊の紋柄の布貼りでかなりステッキーな感じ。

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 11:42 ID:KZNu/Xr6
オークションは?

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 12:07 ID:RnSUOhKS
三密堂書店
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sanmitu/0601.html
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sanmitu/0301.html

243 :86:04/04/21 09:17 ID:Qu80LyGj
>>233
そう、それ
今度読んでみるかな

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/23 14:35 ID:EZwpLG25
良スレ上げ

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/24 19:31 ID:gfLLMSdH
>>146
魔術書復刊計画、復活したみたいよ。

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/24 23:05 ID:utuShjqu
>>239
>>130のリンクいつの間にか増えてるけど

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/25 19:18 ID:Yv5dUWDC
このスレの人から見て、「エコエコアザラク」ってどう?

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/25 19:21 ID:63uU+93/
『2ちゃんねる住人はばかじゃない』を買いたいんですが、
どんな内容ですか?

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/25 22:47 ID:gVNT7kld
柳田国男の遠野物語なんか日本オカルトの原点だな。

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/25 23:46 ID:Yv5dUWDC
原点なら古事記じゃないの?
あれのどこがオカルトじゃ?というなら、日本霊異記とか

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 11:36 ID:rRgnwosA
>>248
オカルト?

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 20:57 ID:nISwjGn0
島田明徳の『「悟り」の意味』という本をブックオフで買ってきたら
"あなたを変えるのはあなただけ"という文と共に本人のサインが入ってたw

それにしても、こういう本を売っても良いのか。

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 17:00 ID:D1Mw7ti+
最近探求者さん見ないけど

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 10:05 ID:1MZ6T52j
>>208
「湾岸戦争は起こらなかった」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314008695/
は、貿易センタービル爆破テロ、イラク日本人人質事件を理解する意味でも
いまだに有効な見方を提供してくれる本だね。
Amazonで検索してみたら
「パワー・インフェルノ」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757140509/
とか、相変わらず精力的に執筆している様。
かなり年いってるはずなのに、元気だな。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 13:28 ID:B8eICa60
「知の欺瞞」もな。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 16:44 ID:XHFxtip5
知の欺瞞がどうしたって?

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 23:49 ID:zdism2tx
>>255
もうちっと分かりやすく書いてくれよ。
何が言いたいのか全然わからん

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 00:10 ID:nBKmOjbd
『「知」の欺瞞』という本があるということ。
フランス系思想をオカルト本として読むには、ある意味最適の手引きだね。

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 00:16 ID:9pSBNHJl
>>258
書名だということぐらいは知ってるんだが、どの書き込みにどう掛かってるかがよく分からなかったんで。

>フランス系思想をオカルト本として読むには、ある意味最適の手引きだね。
未読なんで、もうちょっと詳しく教えて

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 00:23 ID:nBKmOjbd
>>208>>254の流れに乗っただけ。

要するにラカン、クリステヴァ、イリガライ、ラトゥール、ボードリヤール、
ドゥールーズ、ガタリ、ヴィリリオの著作に使用されている科学用語はオカルチックだってこと。

ttp://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/FN/

261 :208:04/04/29 00:51 ID:9pSBNHJl
俺が書いたオカルトって、自然科学の知識がどうのこうのといった、そういう表面的な意味じゃなかったんだけどなぁ。
>>211の言うように、秘密結社関係の知識に関することだよ。
あまり詳しくは書けないけど。

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 01:14 ID:nBKmOjbd
だから「ある意味」って書いた。
揚げ足取りっぽくなったなスマソ。

263 :208:04/04/29 09:13 ID:lGelmM+E
まあ言いたいことはわからんでもないけどな。

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 12:26 ID:GrGJ2Q/m
「鋼の錬金術師」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757506201/
て、どうなんでしょう?
ちゃんとしたオカルトの知識に基づいて書かれたものなら買ってみようかと
思っているのですが。
読まれた方いらっしゃいますか?

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 13:56 ID:3kIjpIPx
>>264
実際の錬金術に等価交換の法則は無いと思われ。


ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/9866/bh.html
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/renkin1.htm
ttp://www005.upp.so-net.ne.jp/macrocosm/alchemy/earth/hermetica.html


266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 17:21 ID:GrGJ2Q/m
>>265
というか、漫画読まれたんですか?

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/01 08:52 ID:3fzHeqX5
水銀、寝たふりまだかよ
本買いこんで大分日数立つぞ

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 18:58 ID:Ixey3D2O
>>264
錬金術関連書が便乗商法で、ここぞとばかりにやたらと出荷されていますw
ハガレンの読者が読んでも、あまり楽しくないだろうと思うのだけどね。

269 :紙石鹸 ◆fP8/p/c8pk :04/05/03 09:23 ID:V1q96zTj
既出かもしれないけど。

http://www.ne.jp/asahi/wholelife.catalog/wlc-home/hopistory.html

ネイティブアメリカン『ホピ物語』字が小さくて読みづらいかもしれないけど
面白かったよ。

270 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/05/03 22:28 ID:0HFXUD1c
>>267
すまない。感想書き込むの面倒でさ。へへっへh
じゃ
山師カリオストロの大冒険岩波現代文庫
種村 季弘

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006020678/qid=1080995616/sr=1-1/ref

から。
これ、はっきり言って面白い。めちゃくちゃ面白い。まず著者の文章が面白い。真面目なんだけど
堅物じゃなくて、ユーモアがある。カリオストロに対する愛が感じられる。
そしてもちろんカリオストロが面白い。俺、この本読むまでカリオストロってどっかの王族か
貴族の末裔と思っていたよ。つまりカリオストロにまんまとはめられた訳ね。
このへん世界史の専門家だったら常識かもわからんけど、俺、専門外だから許してね。

はっきり言って、トリックスターね。貧民街とはいわないけど一般庶民だった訳ね。
それがあっという間に稀代の詐欺師に成長していく。しかもその騙しっぷりがすごく
気持ちいい。フリーメーソンの内部にまで侵入してたと言うからその辺は本当すごいよね。

それからフランス革命。フランス革命も同書によればカリオストロの首飾り事件が遠因になったと言う。
と言ってもこの件に関しては直接には関係してないんだけど。でもフランス革命を予見していたことは
注目に値するね。

って訳で、この本はお勧めです。本当だよ!

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/04 19:29 ID:8Sb/eXF8
ソロモンの大いなる鍵とか小さき鍵のPDF(英語)が
入手できるページ、既出じゃないですよね。

ttp://www.chaosmatrix.org/library/books.php

272 :水銀:04/05/05 00:00 ID:KELT3xry
最近買ったのはこれ。

ダライ・ラマ自伝文春文庫
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167651092/

まあ、チベット仏教の習慣とか分かって面白い。
ただ、オカルト的な要素は低いかな。
でもやっぱいろんな人からシャンバラのこととか聞かれるらしい。

それらの答えは読んでのお楽しみ。
あと、どうやってダライラマが決められるかとか選ばれる方から
書いてあるのが興味深い。
途中までしか読んでないけど、中国から亡命するときの心境などは
楽しみ。


273 :水銀:04/05/05 00:08 ID:KELT3xry
あと一つ

宇宙創成から人類誕生までの自然史―140億年の9つの進化を探る読んで楽しむ教科書
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860640357/

これもオカルトってか科学読本だけど、科学の基礎を知らないで
いい加減な理論振り回す人とか、超古代文明ものでいい加減な
こという人もいるし、こういうのもいいかなと。

内容は宇宙の始まりから始まって、太陽系の形成、生命の誕生と
進化、人間の誕生までを扱ってます。

俺のHPでこんなのやりたかったんだよね。。。

274 :探求者:04/05/05 02:29 ID:/QDZbXbB
もし、場違いな書き込みでしたら、申し訳ありません。
諸賢のご意見を伺いたく思います。
私は西洋のオカルティズム、とりわけフランスのオカルト運動と錬金術に多大な関心を有して
います。文献なども、かなりの数を蒐集して、自分なりに、翻訳してみたりしました。
ラムスプリンの錬金術書を原文のラテン語から、無名作者の錬金術書などを仏語から手慰みに訳してみたり・・・と、まあ、自己満足の趣味に没頭してきましたけれど、その成果を、いつか
ネット上で発表してみたいとの想いを抱いていました。
で、ぶっちゃけ、どう思いますか?
http://www.genpaku.org/
の杉田玄白プロジェクトに掲載してもらうか、或いは、いっその事、2chで発表してしまうか・・・。
いえ、その前に、勝手に翻訳したものを、ネットで公開したりして、問題は無いのかどうか、知
識の有る方の意見を参考にさせて頂きたいのです。
ラテン語からの場合、時代的にもう問題は無いと思いますけれど、仏訳を経ての場合、どうな
のだろうか・・・とか、私には分からないところがあります。
取り敢えず、薄い錬金術書の二冊分の、翻訳が手元にあります。勿論、自分で翻訳したもの
です。この日の目を見ない原稿を、どうにか、喜んでもらえる同好の士に晒す可能性を模索し
ているのです。
アドヴァイス、意見をお持ちの方、御指南頂ければ幸いです。


275 :探求者:04/05/05 03:10 ID:/QDZbXbB
↑の追記で、本人的には、自分のライフワークとして、割と真剣に考えているので、
もし、メールで個人的に意見を下さる方の為に、捨てアドですけれど、メールアドレス
を晒しておきます。
どうか、よろしく!

276 :228 ◆AbcJzk6pUY :04/05/06 01:47 ID:tZR8OurU
トリップ変更。

探求者さん、メール送りました。

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 20:05 ID:SqUU7EZM
>>274
そういえば、カスタネダの無限の本質?を丸々一冊翻訳していたサイト
があったけど問題無かったんじゃなかったっけ。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 22:47 ID:HhNeIjuj
探求者さんならご存じだと思いますけど、参考までに

しゅんしゅんの著作権講座
ttp://www.geocities.jp/shun_disney7/

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 00:45 ID:98IwORr2
カスタネダの本って、捏造じゃなかったでしたっけ?
と学会の山本弘が、厳しく批判してました。
「人は真実よりも、信じたいものを信じたがる」の典型例として。

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 01:23 ID:Vie0H9Fr
>>279
そのスキャンダルは皆知ってる。
知っている上で、思想や哲学に共感してるんです。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 18:46 ID:35vbVEIs
>>278
某所のイメージストリーミングスレでsasuさんに噛み付いていた人?
そこのサイトってフランスの著作権の事は書いていないのでは。


282 :278:04/05/07 21:09 ID:0tfVtq0i
>>281
>某所のイメージストリーミングスレでsasuさんに噛み付いていた人?

違いますよ。
単にWebの著作権を考える際の定番サイトを紹介しただけで、それ以上の意味は全くないです。

283 :281:04/05/07 22:29 ID:hJBnzpv4
>>282
俺の勘違いだったのか、ごめん。

そういえば、下記のリンク先にて「明晰夢―夢見の技法」という本に
49000円という物凄い金額をふっかけていますが今日リブロで普通に
売ってた。 

これってレア本が再販されたって事なのか、それとも...

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393361156/

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 23:25 ID:0tfVtq0i
アマゾンのマーケットプレースは、時々一桁間違ったような変な値段をつける人がいるので、
あんまり深く考える必要はないと思いますよ。

285 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/05/08 01:06 ID:Z8Y/aZ3Z
>>274
遅いレスだけど、そのフランスの出版社に問い合わせてみるのが一番だと思う。
その出版社が存在しないくらい古い書籍なら問題ないのでは?

あるいはよくHPにあるように、
「著作権に問題があるようなら連絡ください」
と日本語とフランス語で併記するとか。

ごめん、知恵なくて。

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/08 09:45 ID:3hu2hxc1
問い合わせれば確実かもしれないが、出版社は著作権に厳格すぎる立場を採るところが多いようなので、
断られる可能性が高い。
日本の出版社も、自社の出版物のごく一部を利用するのも不可、みたいなことをホムペで宣言していることが多いし。
こういう文句は無断駐車1万円いただきます、と同じようなもので単なる脅しに過ぎず、本当に参考に
なるのは実際に出版者側が訴えた場合の判例。

一般に著作物は、著者の死語50年存続することになってるが、その作品を別の言語に訳した場合は
事情が少し違うかもしれない。

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/08 13:12 ID:Gpn42pX7
出版社に訴えられて「対価」を請求されたらつらいな。
法律の知識をあんまり持ってないなら訴訟があったらしんどいかも。

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/08 16:01 ID:5vgX0N33
とりあえず断られても痛くない出版社に問い合わせて雰囲気を探ってみるというのは?

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)