5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

も ち も ち の 木

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:00
こわくなかった?

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:00
まめたぁ!

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:01
もちもちの木に火がついている!

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:01
小学校の頃に先生が読んでくれたのを思い出す・・・

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:02
まめたがつけた名前だ

谷山浩子のオールナイト日本を思い出すワタシ

6 :はる:04/03/11 00:05
なつかしい!白黒の版画の様な挿し絵がまだ記憶に蟻。ストーリーは…わ、わ、ワスレタ(;´Д`)

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:05
つりばしわたれも怖い

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:28
なつかしいな。。
どんな話だっけ?

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:30
男の子とおじいちゃんが居たのは覚えてる。
男の子が夜、おしっこをしに表に出るんだっけ

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:42
もちもちの実から粉作ってもち作るんだっけ?
すっげー美味そうだった。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 00:56
じいさんとガキが住んでて
その住んでる家の庭にはモチモチの木があって
ガキはその木が怖くて夜はせっちんにも行けなくて
ある日じいさんが夜に苦しみ出して
ガキが夜中に医者のところまで走って行って
その帰りに見たモチモチの木が
雪が積もって後ろから星の光が射して
とても奇麗だったって話。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:10
いい話じゃないか

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:14
せつねえです

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:14
モチモチの木・あらすじ でググってみた

豆太はおくびょうもので夜中にひとりでせっちんにも行けない。
じいさまを起こして、し〜こらし〜こら、やってもらわなきゃ、
おしっこもできない。・・・とか、そんな書き出しだったと思う。
『モチモチの木』を知らない人や忘れてしまった人のために、簡単
にあらすじをいうと。臆病者の豆太はじいさまと二人暮し。庭には、
大きなモチモチの木があって、これが夜になるとオバケみたいに見
えて小さな豆太には怖く見えてしょうがない。勇敢な男の子には、
いつか、モチモチの木に火が灯るのが見えるというんだけど、豆太
は最初からあきらめたまま。でもある日、じいさまが病気になった。
苦しむじいさまのために、真夜中、街へ医者さまを呼びにいく。
坂道をターッて走って。裸足なもんだから足が切れるようにしばれる。
医者さまを呼び、家についたとき。モチモチの木にはキラキラ火が灯って
勇敢な豆太を迎えてくれた。とまあ、こんな内容。

http://www.188.co.jp/mika/Books/009.htmlより

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:48
怖いっていうから読んでみたらどこが怖がり所なのかわからなかった・・。

>>7のつり橋わたれって、
都会の女の子(主人公)が田舎に引っ越したか遊びにいったかして、地元の子と仲良くなるんだけど、
都会の自慢ばかりするから嫌われてしまう。
「遊んでほしかったらつり橋わたってみろ〜」といわれるが、主人公は怖くて渡れない。
地元の子は遊んでくれないので一人で遊んでると、一人の女の子が現れて一緒にあそんでくれる。
で、「もう一緒に遊べない」だかの理由で女の子が主人公のとこから立ち去ろうとするが、
それが嫌な主人公は立ち去る女の子を追いかける。気がつくと主人公は渡れなかったつり橋を
渡ってて(女の子を必死に追いかけていて途中つり橋を渡っていることに気づかなかった)
それをみた地元の子たちが「お前すごいな」と感心。
地元の子と主人公はそれから仲良くなりましたとさ(女の子はいつの間にか消えていて地元の子には見えず正体不明)

って話じゃなかったっけ?うろ覚えで長文、しかもスレ違いでスマソ。。。

16 :はる:04/03/11 01:50
おぉ(;´Д`)ストーリー思い出した!たしか小学校低学年の頃の国語の教科書に載ってたなぁ。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:52
親切な子妖怪が、都会から来た女の子をハミゴから助けてくれたんでつね(つД`)

18 :はる:04/03/11 01:55
否。橋から落ちた事に誰も気付かなかっただけ。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:57
おまえら、国語ので最初のぺージはあんだった?
おれのときは
あさ あさ あかるい あさ
だった

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 01:58
ふきのとう
だった気が

21 :はる:04/03/11 02:01
痴漢電車だった。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:02
シベ超?

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:04
僕は中3から、アニメに出てくる美少女キャラにハマっています。
アニメ系のグッズを集め、恋愛シュミレーションゲームに熱中する毎日で、
美少女キャラに真剣に恋をするほどです。恋愛シュミレーションゲームがあるおかげで、
僕のようにモテない男子でも恋のドキドキ感やトキメキを感じることができます。
しかし周囲の人は美少女キャラに夢中になる僕のことを「オタクだ」と言ってバカにします。
一つのことに夢中になるのは、素晴らしいこと。なのにスポーツやファッションとは違って、
美少女アニメだとバカにされるのは納得いきません。オタクの何がいけないの?

http://www.nhk.or.jp/shaberiba/list/list.html

24 :川口由希 ◆Yuki/im4ck :04/03/11 02:04
宮沢賢治の「クランボン」でしたよゴルァ

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:05
NHKだからどーせヤラセだよ


26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:07
みんな何でおぼえてるんだー記憶力良すぎ。
国語の教科書といえば、舞姫・こころ くらいしか覚えてない

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:07
>>26
それ高校の教科書だろw

28 :26:04/03/11 02:09
>>27
いやー、それくらいおぼえてないってことでw

29 :はる:04/03/11 02:09
23>前も見た。うざいコピペやめれ(-ω-)


24>マタマタ懐かしい。クラムボンって他誌か魚の話だった様な…

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:10
しし刈りもん金


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:17
川とノリオ

32 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/11 02:39
赤い実はじけた



「そのまぐろの叩き、あたしの友達が作ったんだよ」
が頭に残ってる。耳をすませばみたいな感じだった。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:48
>>32
「そのまくろの叩き、あたしの友達でつくったんだよ」
だったら怖い

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 02:51
語りのカセット聞かされたなぁ。

んもっちんもっちんの木ぃ

ってタイトル言ってるだけで怖いってのw


35 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/11 02:59
>>24
「クラムボンはカプカプ笑ったよ」
だったっけ?
懐かしいなぁ。
クラムボンの正体を探るスレがこの2chのどっかにあったはず。
何の板だか忘れちゃった。
俺は普通に泡だと思ってたなぁ。
もう一回読んでみたい作品のひとつだよ。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 03:21
良スレだ

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 03:46
さいたさいた さくらがさいた

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 04:01
スイミーとかな

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 04:06
懐かしいなあ。もちもちの木と聞いて「八郎」も思い出しました。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 04:18
>>39
花さか村…じゃなかった、花さき山が怖くて怖くてたまらなかったなあ、あのコンビのでは。
天の赤馬は好きだったけど。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 06:23
確か 釣り橋渡れ の絵って 鈴木よしじ が書いてたんだったっけ?

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 08:17
じーさまが、死んじゃう♪
じーさまが、死んじゃうよー♪


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 09:10
「もちもち」と言えばやっぱり・・・
http://food3.2ch.net/test/read.cgi/ramen/1067454195/

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 13:35
教科書にまめたの絵があってまめたの視線が何時もこっちを見てる感じがしたな
あるよねそういう絵って角度変えても目が合うって

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 13:51
>>44
懐かしいなー。絵は違うけど小学校の時同じ話題で盛り上がったよ。
結論は、カメラ目線の絵(写真)はみんなそうだってことだった。


46 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/11 14:10
モナリザの目は、両方とも普通の瞳の位置とは違うところに描いてあるんだって。
こうすることで全角度から目が合うようになるらしい。

あんま関係無いかもしんないけど。

47 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/11 14:11
なんかわかりにくい文になっちゃったなw
いいや、忘れてくれ。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 14:29
モチモチの木、懐かしいなあ。
小学校の時に、クラスで切り絵作ってOHPで映写してたよ。

あと、同じ作者だと思うけど「半日村」ってのもあったよね。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 21:30
小さい時の記憶だけど、なんとなく怖いって言うイメージがあった。もちもちって何だよ、意味わかんないって言うか、あとあの絵。
切り絵みたいな感じで、日本調なおどろおどろしさの様な。話自体はいい話なんだろうけど。
あと小学校で習ったかどうかは定かではないなぁ。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/11 23:41
宮沢賢治は「やまなし」な。
青空文庫とかで読めるはずだぞ。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 05:50
クラムボン・・・なつかしい。私も泡のことじゃね?って思ってた。
スイミーは挿絵がなんか好きだった。

あと、めっちゃ記憶にあるのが「ちいちゃんの影法師」。
影法師を10秒見つめて空を見ると影法師と同じ形が空にも見えるってことで、
実際にやってみたらほんとに見えたからしばらくこの遊びがはやった。
ちいちゃんの両親が爆撃かなんかで死んじゃって(戦争中のお話)、でもちいちゃんが影法師の
遊びをすると親のかげが空に見えて・・・みたいなラストが悲しかったよう。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 06:00
おれいま中3だけど小1のときのふきのとう覚えてる。
ふきのとう
夜が明けました。朝の光を浴びて竹やぶの竹の葉っぱが
「おはよう。おはよう。」とささやいてるよ
こんだけ

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 06:04
>>52
やるなお主!
朝6時からオカ板のぞく中学生っていうのもなかなか濃くてイイ!

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 06:13
>>51
影法師じゃないよ、『ちぃちゃんのかげおくり』だよ。
四つか五つの女の子が空襲で家族とはぐれちゃって、
干し飯を少しずつ食べながら迎えに来るのを待ってるんだよね。
独りでかげおくりするラストは本当に悲しかった…。・゚・(ノД`)・゚・。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 08:21
くらむぼん=沢ガニ
だッた気が

56 :51:04/03/12 08:23
>>54
おお。そうだ、影おくりだ!訂正さんくす。
干し飯あったね〜。「ほしいいってどんな食べ物?」って先生にきいた覚えが。
戦争反対!!って心から思ったよ。

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 09:16
もーちもちの木にはー、もーちもちがーいーるー
よーるになると目を覚ますー
もーちもちがーーいーるー

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/12 09:17
霜が足に噛みついた!

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/14 01:20
もちもちの木、あれは挿し絵が恐怖というか気持ち悪かった。
あの独特なタッチの絵柄が…

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/17 15:26
おれいま36だけど小1のときの、みかんのきのあるてら、覚えてる。
みかんのきのあるてら
かえりに おしょうさんが みかんをくれました。
こんだけ

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 18:18
>>59
あの絵を描いた人は、旧版の角川文庫で江戸川乱歩シリーズの
表紙の絵も担当していたね。

切り絵の第一人者だと思う。


62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 19:42
もちもちの木の実で作った餅と
チビクロサンボのトラのバターで作ったホットケーキと
ぐりとぐらのカステラ食いて〜!

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 21:19
漏れの親父の田舎には「パンの木」なる木があって、
実際に木の実でパンみたいなのを作るらしい。
これってリアルもちもちの木じゃ・・・

64 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/19 21:23
>>63
俺の実家にはもちの木ってのが実際にあったよ。
なんでもそれで餅みたいのができて、それで小鳥を捕ってたらしい。
てか、関係ないか。。

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 21:24
あなたのお父様は東南アジアのご出身ですか

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 21:29
私が小学生だった頃の教科書にはもちもちの木はなかった。
「かまきりりゅうじ」とかいう詩が強烈だったのを覚えている。

おれはかまきり                  かまきり りゅうじ

おう なつだぜ
おれは げんきだぜ
あまり ちかよるな
おれのこころもかまも
どきどきするほど
ひかってるぜ

おう あついぜ
おれは がんばるぜ
もえるひをあびて
かまをふりかざす すがた
わくわくするほど
きまってるぜ

             「のはらうた」工藤直子より

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 21:47
>>66
カコ(・∀・)イイ!!

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 21:52
おかまきり

69 :  :04/03/19 22:27
ラーメン屋の名前じゃなかったのか・・・

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 22:31
あの切り絵が大人になってみるとなんでもないことでも
子供の頃だと怖かったことを思い出させてくれていい。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/19 23:27
サイタ
サイタ
サクラガ
サイタ

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 12:45
正直アノ切り絵はトラウマだった。
芸術性は高いのだろうが
子供向きじゃないな。


73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 15:53
>>66
うわー、のはらうたシリーズ大好きです!
3冊全部持ってる。
かぜみつる君の詩がお気に入り♪

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 17:44
>>37
>>71
戦前の人ですか

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 17:54
>>66
懐かしいかまきりりゅうじw
もちもちの木は確か劇でやったような気がする。

76 :希臘:04/03/20 19:08
おいは、かまきり中一だったんだけど?
あと「ふきのとう」小二ね。
印象に残っている作品は「ひとつだけの花」、「生きる」かな。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 19:53
うちにモチモチの木あるよ、大きくて小説の雰囲気そのまま。
このスレ懐かしい気持ちになるな

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 19:54
懐かしー

79 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/20 20:46
俺もかまきりは中一だったなぁ。
他にもいろいろな詩があって、先生がみんなになりきって読んでみせるように
言ったら、ある女の子がこの詩を読むって言ったのが印象的。

80 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/20 20:49
スイミーは既出だっけ?
それと赤いスポーツカーとか。
みかんの木の寺は上にあったね。

>>76見て思い出した。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 21:02
夏みかんが出てくる話ってなんだっけ?
動物園のライオンが主人公の話もあったけど
全く題名覚えてないな…

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 22:33
>>81
すごくあやふやだけどワシも覚えてる。
キーワードは、女の子・タクシー・夏みかん・モンシロチョウ・・・な記憶。
でも話はさっぱり思い出せない・・・
あー、タクシーの運転手さんもでてこなかったっけ?

83 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/20 22:39
>>82
おお、俺もそれ、思い出しそうだ。

俺があげられるキーワードは「信号機」

頼む、誰か全容を明らかにしてくれ。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 22:45
女の子がタクシーに乗り夏みかんを食べていたら、信号待ちのとき
初めて運転手がモンシロチョウだと気づいた

85 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/20 22:47
>>84
そうだ、もう少しだ。
匂いだ。匂いが大事だ。
どうか頼む。

86 :電波姫 ◆a.TgNskvck :04/03/20 22:48
怖かった・・

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 22:50
女の子が帽子でチョウを捕まえてて、
運転手が間違って逃がしちゃったんだっけ??

小学校の時、朗読発表会で俺もちもちの木の代表に選ばれたことある。
「雰囲気を出すため」とか言って衣装でハッピみたいの着せられたw
当時の俺オカッパみたいな髪型だったから似合いすぎた・・・。

88 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/20 22:57
>>87
それだ!帽子だ。
なんか記憶のジグソーパズルのワンピースが一つずつ埋まっていく快感があるな。
あ、俺、書き込み過ぎ?

89 :(@'ω'@) ◆OMEKOm1SRc :04/03/20 23:01
(@'ω'@)

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 23:02
ここは国語の教科書を懐かしむスレでつか?
しかしみんなよく覚えてるなー。
おれかわいそうなゾウくらいしか思い出せん。orz

91 :87:04/03/20 23:04
>>88
安心しる!
俺「みたいの」「みたいな」言いすぎだからwスマソ
>>84ハゲワラ

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 23:05
>>90
ゾウネタではオツベルと象ってのもあったな

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 23:08
信号待ちのとき夏みかんの匂いがしたんじゃなかったか?

「ゆずり葉」っていう詩今でも思い出して泣ける

94 :(@'ω'@) ◆OMEKOm1SRc :04/03/20 23:12
子供たちよ。
これはゆずり葉の木です。
このゆずり葉は
新しい葉が出来ると
入り代わってふるいはが落ちてしまうのです。

こんなに厚い葉
こんなに大きい葉でも
新しい葉が出来ると無造作に落ちる
新しい葉にいのちをゆずって 。

子供たちよ
お前達は何をほしがらないでも
すべてのものがお前達にゆずられるのです。
太陽のめぐるかぎり
ゆずられるものは絶えません。

かがやける大都会も
そっくりお前達がゆずり受けるのです。
読みきれないほどの書物も
みんなお前達の手に受け取るのです。
幸福なる子供たちよ
お前たちの手はまだ小さいけれど 。

世のお父さん、お母さんたちは
何一つ持ってゆかない。
みんなお前たちにゆずってゆくために
いのちあるもの、よいもの、美しいものを、
一生懸命に造っています。

95 :(@'ω'@) ◆OMEKOm1SRc :04/03/20 23:13
今、お前たちは気が付かないけれど
ひとりでにいのちは延びる。
鳥のようにうたい、花のように笑っている間に
気が付いてきます。

そしたら子供たちよ。
もう一度ゆずり葉の木の下に立って
ゆずり葉を見るときが来るでしょう。

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 23:19
>94、95
おお、これです。やっぱり好き

関係ないけどちんげまんトリップ違くない?ほんもの?

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/20 23:40
「これはレモンの匂いですか?」 「いいえ 夏みかんですよ」

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 04:37
「ごんぎつね」が挙がってないのはなぜだ!

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 05:20
ごんがつねキター

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 05:23
燃え上がるような気持ち 止められないのさモチモチマン
抱えた荷物 おまかせ もちろん持ちますモチモチマン
光る汗が 僕たちのプライド
届け あなたの未来へ
I wanna be your lucky man!

気軽にお声をかけて 役立ちたいのさモチモチマン
重い荷物 お車へ
もりもり持ちますモチモチマン
光る汗が 僕たちのプライド
走れ あなたの未来へ
I wanna be your lucky man!

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 06:02
椎名誠の海と空か何かについての話、中学でやったのに
高校になったら、また教科書に載ってて(内容は長め)萎えたなぁ。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 08:23
ドイツが舞台で豚さんの解体ショーが出てくるお話、知ってる人いる?
マドンナBとかホッター先生とか、外国の学生達の描写が新鮮だった。教科書に載ってたのは小説の
一部分で、本としてのタイトルは「明日は晴れた空の下で」だったと思う。

「わたしをつくったもの」
これもヨーロッパが舞台。帰還兵のおじいさんと小さい頃の作者の話なんだけど、今まで聞いてた
戦争や兵隊さんのお話とは一味違って面白かった。

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 10:19
>ドイツが舞台で豚さんの解体ショーが出てくるお話

グリム童話だろ?


104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 17:17
>>102
死んだ豚の腹の中に手入れて「あったかい・・・」って
命の重みを実感する、みたいな話だったか?
マドンナなつかしい!

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/21 23:11
死んだ豚の腹の中に手を入れて「あったかい…」
マドンナのマンコの中に手を入れて「あったかい…」

さぁ、あなたならどっち!?

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/22 21:35
「赤い実はじけた」知ってる人いる?俺の場合「ぱちん!」じゃなく「ぐちょ」だったなあ・・

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 01:38
もちもちの木とベロ出しなんちゃらって話がゴッチャになってました。
あらすじを書いてくれた人、ありがとう。

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 01:43
斉藤龍介といえば、「ショーンのネズミ」のお姉さんの挿絵がハァハァだった・・・。
主人公のお姉ちゃんはアオザイの似合う巨乳美人の新婚さんだったのに、
ゲリラをかくまったことがばれて拷問の末処刑されちゃうんだよ・・・。
その拷問のシーンなのに乳にハァハァしてました。すんませんというかなんというか。
ところで「花咲山」ってどんな話だっけ?

スイミー、弟がオペレッタでスイミー役だったなそういえば。

で、ごんぎつねが出たのならぜひ「手袋を買いに」も思い出してくれ。
子守歌を聴いてお母さんが恋しくなる子狐が可愛かったと思わないか??

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 02:04
>>107
ベロ出しチョンマかあ。
あれは悲しかった、ごんぎつねも。
斉藤さんのはそうないけど、新美南吉の話はたいていが悲しすぎる…

110 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/23 10:56
>>106
>>32

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 13:11
>>109
国語の教科書に載ってる童話(?)って結構カナシー話が多いんだけど
当時は新しい漢字を覚えたりしなくちゃダメだから、あんまり真剣に
物語を読むってことは無かった記憶ありませんか?
オトナになってフっと思い出して悲しくなったりする・・・

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 18:22
>>81
タイトルは「車のいろは空のいろ」
タクシーの運転手さんの名前は松井さん。

だと思う。大スキだったから覚えてるよ。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 20:05
>>110 スマソ、気づかなかった。当時の俺は特に何も考えず「マグロたたき美味そう」
と呑気に考えていたが、今見ると・・・鬱

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 20:15
ドラエモンの最終回を思い出したよ。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 20:22
誰か「おれはなにわのらいおんや」って知らない。けっこうかわいい絵なのにラストが後味悪すぎ。


116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 20:22
129 名前: ノビタ 投稿日: 02/07/17 11:50 ID:+3qmSZMT

この前ジャイアンと戦ったんですよ、本気でね。
で、生まれて初めてジャイアンに勝ったわけですわ。正直以前には勝つのって不可能だと
思ってたのよ。みんなボコボコにやられてるからさ。
あのね、俺が間違ってた。人は諦めるもんじゃない。変化だね、人は変わるものだよ。
いままで殴られる時さ、めちゃめちゃびびって抵抗しないで、帰ってドラえもんに助けて〜って泣きついていたのよ
10秒くらいかけてさ。でなんかドラえもんに頼っちゃったのさ。
そしたら今晩ドラえもんがさ「未来に帰らなきゃいけない!」とか言うの。
同じ過ちは2度繰り返さないのが俺よ。
だから1人で戦ったのさ。えぇ、そりゃもう抵抗しましたとも。全てを忘れて戦ったよ。恐怖とか痛みとか今までの自分の弱さとか色々忘れてね。
だってドラえもんが安心して未来に帰れないからね。
そしてらエライ事になった。
もうすごい食らい付き。すごい覚悟。映画版くらい。ドラクエなら薬草だって使わない。
それで横見たらジャイアンがすごい勢いで逃げてんの。
正直「ドラえもん、助けて!」なんて逃げないで素直に自立にすりゃよかったと思ったよ。
心の底からドラえもんに心配かけてきた事を後悔したね。
で、夜が明けて1人で「君がいなくなったら部屋ががらんとしちゃった!でも慣れると思う。」とか思っちゃてんの。
ホントは俺ってダメ人間。
だけど誰の助けもいらない。


117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 21:54
>>116
いや、いいレスだとは思うんだが、こっちのスレ向きではないかね。

勝手に今日輝いていたレス大賞 46
http://that2.2ch.net/test/read.cgi/gline/1079259832/l50

……って良く見りゃ2002年の書き込みだし

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 22:04
ふと、かの名作童話集「赤い鳥」に載ってた「一房の葡萄」を思い出した・・・
漏れも小学生の頃あんな優しい美人の先生に受け持ってもらいたかったよー!

実際はバリバリ日教組系のサヨク丸出し教師とか新興宗教にハマッて夏休み中に失踪したキティ教師とか、
そんな香具師ばっかりだったな、漏れの小学校の担任_| ̄|○

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 22:32
猫を拾ったんだけど家じゃ飼えなくて仕方なく戻しに行ったら
近所の親父に猫を捨てるなって怒られる話何だったっけ?

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/23 22:38
もちもちの木は正式には「とち」の木なんですよね。
だからじさまがつくってくれたおもちはとちもち。

田舎に行ったとき作るのを手伝ったんだけど、物凄く手間隙かかるお菓子だった。
見た目はじみだけれどひなびた懐かしい味がしたよ

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 00:22
ごんぎつね

かあちゃん、おててがちんちんする

122 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/03/24 00:35
>>121
それは手袋を買いに
っていう童話。ゴンギツネと同じ新美南吉作だけどね。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 01:23
もちもちの意味がわかった!ありがとう

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 05:22
小1の頃おむすびころりんの話で初めて漢字が登場したのを覚えている。
たしか、「土」が初っ端に御目見えして、「おおお、これが漢字っちゅーヤツかい!」と
小2へのクラスチェンジを目前に妙に身構えてしまった記憶が。

ドイツの解体ショーの話ではブタかウシか忘れたけど、ブリギッテという女の子が
手を突っ込んで「あったかい・・・」と言ったのは覚えてる。その同級生達はビビって
手を突っ込めなかったんだよね。
あ、ついでに冒頭でドイツの小学校は半ドンがデフォだと聞いてうらやましく感じたな。

あと、じーさんとガンの話とか、たけのたけおとか、国語の教科書のエピソードに
関しては、貴重な共通の思い出ですねぇ。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 05:38
機関車やえもん

機関車トーマスなど目じゃない個性

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 05:46
孤児院出身の主人公がそこの神父だったルロイ修道士と会う話。
戦時中に日本兵だかにルロイ修道士が小指をハンマーで叩き潰されるシーンは
痛そうだった。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 06:20
おれがおっさんなのかな
知らないのが多い。
車掌の本分 とか知らね? モンキートレイン。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 06:34
>>127
全然わからん

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 13:41
おじいさんと雁だっけ?なかった?

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 15:39
>129
大造じいさんと雁だったっけ?

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 15:41
>>126 確かひょっこりひょうたん島の作者(名前忘れた)の作品じゃなかったっけ?
  俺は中三の時習ったが・・・
>>129 俺はあれに憧れてライフル銃(無稼動)を買った(ウソ)

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 17:57
機関車やえもん? 気になる

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 19:10
>>130
雁の名前が「残雪」なんだよな、確か。
懐かしいなー。

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 19:39
花いっぱいになあれっていうのなかった?
風船に花の種がついて飛んできて狐だかが育てるやつ。
最後には黄色い風船と同じ向日葵が咲くっていう話。

>>97
懐かしい!!正にそれ書こうと思ってたけど、荒筋忘れた〜〜。

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 22:19
>>134
「白いぼうし」
タクシーだかバスの運転手が、原っぱに落ちてる帽子をハケーン
誰かが落としていったのかと思って拾ってみると、中から蝶々だったかトンボだったかが逃げちゃう
(↑子供が虫を捕まえて、とりあえず帽子に捕らえておいたのね)
で、悪いことしたなあと思った運転手は虫の代わりに帽子の中に夏みかんを置く
子供が、虫→夏みかんに化けたのを見て、どんなにびっくりするかを想像して微笑む運転手

……とかそんな感じだったんじゃないかと。曖昧でスマソ

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 22:20
「チロヌップのきつね」は泣いた
マジ泣いた

137 :134:04/03/24 22:21
ごめん、もっと長い話だった。
ttp://www.gifu-u.ac.jp/~kameoka/aman1.html

「よかったね」「よかったよ」をすっかり忘れてたよ。

138 :135:04/03/24 22:23
>>137
さらにごめん、名前間違えた--;
134→135

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/24 23:10
>>134
あー、あったね。きつねが風船を花と勘違いして
枯れて悲しむんだよね。そしたら今度はヒマワリが咲くの。

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 03:37
>>136
猟師の罠にはまっちゃった子狐のちびこちゃんが出てくる話だっけ?

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 03:42
「ねずみのアナトール」はかわいくて好きだった。
フランス行ったとき、夕方になるとつい大通りをチェックしてしまった・・・自転車に乗ったねずみが通らないかと思っちゃったよ。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 04:46
「エミール」。主人公が友人の持ってるレアな蝶の標本をパクる話。
途中で蝶が潰れてしまったんだけどその後どうなったか覚えてない…。
ラストは罪滅ぼしの意味で自分の持ってる標本を全部潰したのは覚えているが。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 04:52
>>142
教科書に載ってたような・・・。
庭を「焼けた荒野の匂い」って表現してなかった?

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 05:27
小1の時の詩で「展覧会」ってあったような。
小2の時は「くじらぐも」「〜たぬきの糸車」「かさじぞう」とか?
あと「ウーラのなんとか」ってなかった?
かまきりりゅうじの詩の他にあと3つあったよね。「ホッ」とか「ケルルンクック」とか言ってたような。。

145 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/25 10:44
>>126
>>131

井上ひさしだね。俺も中3で習った。
葉桜が散る頃ってくだりがあって、それが今も頭に残ってて
葉桜見るとこの作品思い出す。
確かカナダに帰っちゃうんだよね。死に対して独特の考えを持ってたような。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 11:40
小2くらいのとき「スーホの白い馬」が好きだった
あと中学のとき魯迅の「故郷」に出てきたヤンおばさん…名前しか覚えてない

友達の蝶の標本を盗んで、粉々にしちゃって絶交された話とかなかった?
もう覚えてないんだけど

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 13:19
>>146>>142
ヘルマン=ヘッセの作品だったな。蝶の名前はクジャクヤママユだった。
「スーホの白い馬」知ってる!馬琴頭って楽器の語源なったんだよな。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 13:24
ハリネズミとか老いたウサギが麦畑の歌を聴きに行くってのなかったけ。
確か小五の時。「お月さんのランプにお星さんのろうそく」と麦畑に向かう
途中に歌うんだよ。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 14:33
飛び込め

って言う話もあったね。
船のマストに登って降りられなくなった子供に、その船の船長である父親が
無理に降りるよりも海に飛び込めと指示する話だったかな。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 23:32
>>149
あったあった。
本当に「危ないから海に飛び込め!」っていうだけの話なんだよな。
何故か描写がサスペンスタッチで、ドキドキしながら読んでたらタイトル通りの落ちだったという。。。


ところで、メガネをかけたうさぎが主人公で、夕飯に天ぷらを作ろうとするんだけど買い物の途中でメガネを落としてしまって、
近眼でよく見えないものだから、メガネを拾って届けに来たおばけにコロモをつけて揚げようとしてしまう話、知ってる人いる?



151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 23:33
>>150
それ面白そうな話だねw 

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/25 23:53
>>150
先日偶然本屋で立ち読みした絵本に似てる
コレか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591004899

153 :150:04/03/26 00:00
>>152
そう、これこれ!
何だか微妙に筋を間違えて憶えてたみたいだな。
懐かしいなあ。。。買って読み直してみようかな?

154 :150:04/03/26 00:07
教えてくれてサンクス>>152

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 00:08
「ねないこだれだ」と同じ作者か…

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 00:15
「ねないこ」はおばけになっておばけに連れて行かれちゃうんだよな・・・
最後のページの、おばけに手を引かれた「ねないこ」のおばけのシルエットが凄く怖かった。。。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 01:11
>>156
と言ってるおまいのシルエットがすでに「ねないこ」だったり

158 :134:04/03/26 01:53
>>135
禿しくありがとーん!
結構覚えてないもんだわ〜。
あー、また国語の教科書読んでみたいなぁ‥。
なつかしいっ!このスレいいっ!

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 08:33
がまくんとかえるくんが出てくる、手紙のお話のタイトルってなんだったっけ?


160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 08:56
「ガオー」って知らない?
ライオンの話なんだが

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 12:44
水門のはなしもあったなぁ。

水門を管理して居る一家の親父さんが、嵐の夜に河川の氾濫を防ぐため水門を開けに行ったけど、嵐のせいで作業は難航して…。
命の危機に見舞われたとき、昨年だかの嵐の時同じ水門で死んでしまった息子の霊が、
力添えしてくれて危機を回避出来た、そんな感じの話。

死んだのは長男で、物語の主人公はその弟だったかな。
良い話だけど哀しい話だった。

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:02
お赤飯の代わりだね

誰かがそんなことを言う

ってなんだっけ?
釜で着物を染めたら、よく洗ったにもかかわらず翌日からの飯は
黒ずんでいた、っていうはなしなんだけど。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:07
おまえら!
トニーゴンザレスさん、ポディマハッタヤさん覚えてるか?

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:11
国語じゃないけどインパクトで言えば「ジャンボォ、ハバリガニ!」はトップクラス。
うちの学校で使われていなかったのに、友達に見せてもらった
あのフレーズ(キャラも)が今でも忘れられないよ。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:12
過去ログで発見w
ゆずり葉の改造文ですな。

    厨房たちよ、
ここは2ちゃんねるです。
この2ちゃんねるは
新しいスレができると
入れ代わって古いスレが落ちてしまうのです。

こんなに熱いスレ
こんなに大きいスレでも
時が来るとdatに落ちる、
新しいスレにいのちを譲って――。

厨房たちよ、
おまえたちは何をほしがらないでも
すべてのスレがおまえたちに譲られるのです。
太陽のまわるかぎり
譲られるスレは絶えません。

輝けるAAも
そっくりおまえたちが譲り受けるものです、
読みきれないほどのコピぺも。


長いので分けます

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:13
続き

みんなおまえたちの手に受け取るのです、
幸福なる厨房たちよ、
おまえたちのちんちんはまだ小さいけれど――。
世の名無しコテハンたちは
何一つ持っていかない。
みんなおまえたちに譲っていくために
いのちあるよいスレ美しいスレを
一生懸命に造っています。

今おまえたちは気がつかないけれど
ひとりでにスレは伸びる。
馬鹿の一つ覚えのように荒らし
鬱のようにひきこもっている間に
気がついてきます。

そしたら厨房たちよ、
もう一度パソコンの前にすわって
2ちゃんねるを見る時がくるでしょう。

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:25
盆土産が印象深い。

しゃお とか うめもんせ とか。

えんびじゃねくて、エビフライ。

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:29
>>167
うむ、歯があれば尻尾もうめえや

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 13:38
>>163
懐かしい、鉛筆が出来る行程の話だな。

トニー・ゴンザレスさんが木材運ぶトラックの運転手で、
ポディマハッタヤさんが、黒鉛採掘してるんだったっけ?

(もしかしたら記憶違いで、トニーさんは木材伐採する人だった鴨)

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 14:23
>>167
あー!その話大好きだったなあ。
とにかくエビフライに関する描写がうまそうでうまそうで。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 14:30
ネズミがチーズ工場で働く話があった気がするんだが
何だっけ?

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 17:23
>>171 ねずみのアナトールじゃなかろうか。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 20:06
>>170
沼海老よせ集めて揚げたやつじゃなかったっけ…

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/26 20:35
>>159
手紙をもらった事がないので悲しむカエルに、友人のガマが手紙を書くんだよな。
でも手紙の配達をカタツムリに頼んだのでなかなか手紙が届かず、
家の前に一緒に並んで座って手紙が届くのを待つんだよね。
なんだか消防の教科書に載ってたとは思えない癒し系の話だな〜

>>157
((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 00:48
>>173
それは主人公の少年が未だ見ぬエビフライに対して
さまざまな想像を巡らせていた時の事ですよ。

フライと言うからには揚げ物には違いないはずだが、一体どういう物なのか。
給食で出る沼えびを纏めて衣とともに揚げたようなものなのか?

などと想像していた訳です。

>>170の言うところの描写は、パン粉のこげる香ばしい匂いが、とか、揚がった後の
エビフライの様子や食感などの事でしょう。
齧った時の擬音には「しゃお」という表現が使われてましたね。
さも美味しそうに書かれていましたっけ。

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 03:05
国語の教科書で思い出したけど確か小4かそのくらいの
時の教科書に「宝の地図」みたいな挿し絵が描いてあって
その挿し絵みたいのを元に自分で自由に宝物を見つけるまでの
ストーリーを考えて作文用紙にまとめて発表する…みたいなこと
やった記憶があるんだけど覚えてる人いない??
当時はそのストーリー考えるのがえらい楽しかった気する。

177 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/27 03:13
>>176
俺が小学校の勉強の時間で楽しかったのは唯一その作文のみだった。
後にも先にも親に自分の作文を見せたのはこれっきり。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 04:09
>>146
「豆腐屋小町」の異名をとるほど綺麗だった近所のお姉さんが
エラの張った貧相なババアになってて唖然、ってやつですな。

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 07:26
中学のだけど、野良猫と魚屋のおじさんが出てくる話が好きだったな。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 09:44
>>179 「おいのり」だよね。
魚屋のおじさんが倒れるとこから話が始まって、最後は猫がお祈りをするシーンで終わるやつ。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 14:11
どこかの星に人間の情報を送って生命体がいるかどうか実験する
話があったけどあれってどうなったんだろ。
まだ電波とどいてないんだろうか。

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 15:08
宇宙といえば、宇宙人が地球人の為に
砂漠に何か置いていってくれるんだけど
気付かれずに核実験であぼーんしちゃった
って、感じの話も教科書に載ってたよね?

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/27 15:23
>>182
星新一の「おみやげ」じゃないかな

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/28 11:11
繁栄の花

185 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/28 11:12
繁栄の花も教科書に載ってたの?小説で読んだ。

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/28 12:21
>>185
道徳か国語の教科書にのってたよ。
ムカツク宇宙人。
間抜けな地球人。


187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/29 07:03
こんな本見つけますた。既出だったらスマソ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/479663858X/takarajimasha-22/ref%3Dnosim/250-7674078-2425009


>>183
m9(・∀・)ソレダ!
「せっかくのフロル星人のおみやげがぁー」と思いながら読んでたよ。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/29 14:02
>>187
ほほう、なかなか興味深い本ですね。

……しかし、完全に国語教科書スレになっちゃったな、ここw

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/29 19:17
>>188
スレの趣旨が変わっても、面白いから(・∀・)イイ!
ただ、ネタ切れには弱そうだから、たまに怖い話もキボンヌw

190 :アレクサンダー:04/03/29 23:04
怖いかは微妙だけど、この話知ってる人いる?
とある家に住んでいる鼠の話で、その家のおもちゃの鼠と友達になるの。
んで、そのおもちゃの鼠が捨てられることになって、主人公の鼠が、そのおもちゃの鼠をを本物の鼠にするために紫色の石を探してくるっていう・・・。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 00:23
『赤い実はじけた』で太一が作ったのって、まぐろじゃなくてアジのたたきじゃなかったっけ?

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 01:48
中坊の教科書だったはずだが
六月の蠅取り紙知ってる香具師いる?

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 01:58
家が乾物屋の話?

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 02:05
ごんぎつねはいい話だったなあ。
あー懐かしい・・・


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 03:04
ベビーベッドで寝てる赤ちゃんがネズミに顔をかじられて血まみれ、って話がいまだにトラウマ。
中学か高校か忘れたけど、教科書にあったんだよな…

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 03:52
>>192
ねじめ正一のやつね。
六月は乾物屋にとって地獄だ。みたいな書き出しのやつ

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 06:31
やばい
めっきらもっきらどぉんどんと間違えた

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 07:42
このスレすげー懐かしくていいなあ
「ねずみの作った朝ごはん」って話が好きだった。
歯医者さんが、ねずみの歯の治療してあげて
そのお礼に朝ごはんに招待されるやつ。
あと、チーズ工場でねずみが、いろんなチーズの
味見して、おいしいチーズ作りの手伝いする話
なかったっけ。
なんかねずみの話ばっか思い出してるな…

199 :198:04/03/30 07:46
ごめん、チーズ工場の話、上で出てたな…

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 09:49
>>198
あったね。
朝ご飯のツクシとか玉子焼きがおいしそうだった。
アナトールも好きだったなぁ。

201 :192:04/03/30 09:53
そうそう、ねじめのやつ
あれ読んで店で売ってるモン一時期気軽に買えなくなったよw

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:20
おじいさんが雁を助ける話なっかった??
切ない話だった気が・・・

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:34
あった。題なんだったっけ?
おじいさんが雁を捕ろうとするけどリーダー格の雁が頭が良くて
捕まえられなくなったとかじゃなかったっけ
で、傷を負って?最後は捕まったけど、おじいさんが
傷の手当てをして空に放す
みたいな感じ
快い羽音一番→ここちよい… と間違えて呼んだ記憶がw

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:37
思い出した
狸の糸車はガイシュツ?

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:39
>>204
きーからからきーくるくる・・・破れ障子から狸が覗いてるよ。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:44
>>202-203
「大造じいさんと雁」だな

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 11:48
空色のたね

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 12:19
>207
チョッピーが初めて日本に来てあんこをのどに詰まらせるやつね。

「いこくのちでチョッピーはたねになる たねになったチョッピーは いつのひか もどるために
もどるためにチョッピーは さいごのねんを そらにまいた かえりたい かえりたい かえりたい」



209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 12:43
信号が青に変わるのを「1,2,3!」って当てる
おとーさんの話あったな。。確か絵がかわいかった。
曖昧でスマソ

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 13:08
>208
違うやい、
ぐりとぐらの絵と同じ画風のヤツだい。

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 13:25
>>190
レオ=レオニの『アレクサンダとぜんまいねずみ』!
『スイミー』もそうだし『ペツェッティーノ』『コーネリアス』等々
この人の絵本は本当に秀作揃いですな。


212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 13:26
>>210
空色のたねまいたら家が生えてきて元々狐のもんだったから
「お前らみんな出てけ」って言う奴だっけ

>>209
それ読んだ覚えがある、教科書じゃなくてサンリオの「いちごえほん」かなんかで。
確かクマの親子だったような気がする…
「お父さんすげえ」と子供心に思ったのだけは覚えてるなあ
その後しばらく信号機を変える云々を試してたw
ずっとやってると何となくタイミングつかめるんだよな、信号って
今じゃ何となく変わる直前がわかってしまう

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 13:27
>209
重森小夏の「鬼のいるパン工場」だね。

障害を持ったお父さんがパン工場に勤めているんだけど、工場長は世間殻よく見られたいがために
障害者を雇っていてそれを知ったお父さんが工場を辞める。辞めた帰り道に学校帰りの主人公と偶然会って
一緒に帰る。信号の前から動かないおとうさん。「見てごらん・・・」ってかんじ。

214 :212:04/03/30 13:29
>>213
なるほど。
じゃあ自分が読んだのは全く別の話みたいだなあ

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 13:34
>>209 『えいっ!』ってタイトルじゃなかったっけ?たしか小2でやった気がする(゜゜)

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 13:57
いろんな説がでてますな。。漏れも消防のころ教科書で読んだ気する。


217 :マンコX:04/03/30 14:07
やい!木ぃ!!>>213の木ぃ!!!ウンコもらせ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 14:28
ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

219 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/03/30 15:23
>>191
ぐぐったら、アジでした。


謹んで訂正いたしますm(_ _)m

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 15:56
>>219
ほーら、俺の言ったとおりじゃん!なめんなよタコ。
ニュー速に謝罪スレたてこい。今すぐ。平田さんYO!

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 16:30
あっ、、赤い実はじけたっ!


222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 16:32
3年峠・・・ひびきが怖い!
転ぶと余命が3年に。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 17:01
「もずのこども」が怖かったよ。
かっこうの託卵の話。
かっこうのひなのあの真っ赤な口が
今でも目に焼き付いて離れない。

224 :10歳のイズコ(゚∀゚*):04/03/30 17:05
>>222
ホンキデ ヒャッカイモ コロンデ キズダラケニナッテイルデアロウ ジイサンノ アタマンナカガ コワイヨ

225 :10歳のイズコ(゚∀゚*):04/03/30 17:11
・・・・ト オモッテミタリ

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 19:39
こけて転んでひざついて
しりもちついて でんぐり返し

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/30 20:33
>>81
「サーカスのライオン」じゃないですか。小2の教科書の最後の方にあった。
いまだにこのラストを思い出すと泣けます。

小4の教科書に載ってたと思うのですが、美術館?の絵を見て
「○ちゃんだ、これは○ちゃんです」って言うの。
○ちゃん=絵を見てる人の弟の少年時代?かなにか。
なんか星新一っぽい話でした。
山奥の学校で複式学級で、自分は5年生だったのですが、4年生が音読してた内容で
唯一覚えてるのがこれ。でも星新一はかなり読んだけど、それらしき話が見つからないんです。
昭和50年前後生まれの方で覚えのある方いらっしゃいませんか。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 02:27
三年峠のことをおじいさんに言いにきた謎の男・・・怖い・・・

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 18:15
>>210
空色の種、確か何かのCMでアニメであったよな。
最後は家が弾けちゃうんじゃないっけ?

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/03/31 23:03
サーカスのキキ
最後は鳥になっちゃったんだよね
題名なんだ?

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 10:02

>230
「罰 〜奇人鳥人男ミセモノゴヤデワラフ〜」だね。


232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/01 14:31
微妙にワラタ

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/02 06:31
志賀直哉の「城之崎にて」は始まり方が衝撃的過ぎ_| ̄|○

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/02 10:59
脊椎カリエス〜

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/03 17:55
ヰタセクスアリス

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 08:10
「山手線の電車にはねられて怪我をした」

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/04 21:23
教科書ネタじゃないけど押し入れの穴の話タイトルなんだっけ?
保育園かなんかで2人の男の子が騒いでてだか喧嘩してだかで
先生に押し入れの上下にそれぞれ閉じ込められて
押し入れの中の壁の木目が奥へと続くトンネルになって
青白い炎の鼠の子分達と、最後に親玉が出てきて
ポケットに入ってたスーパーカーと機関車(電車?)のミニカーに乗り込んでライトで照らしてやっつけるの
誰か知ってる?


238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/05 05:07
>>237
おしいれのぼうけん

ネズミばあさんが怖かった

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/06 22:40 ID:htWy9pt0
ここで保守兼ageだ

240 ::04/04/06 22:50 ID:w/N16lS8
喧嘩して押入れに入れられたんだけど、
上の段と下の段からそれぞれ手を伸ばしてしっかり握り合って
最後は協力して敵と戦う ってあらすじだったと思う>237
確かもう20年くらい昔、幼稚園で読んだ・・・

絵本界は新作が少ないのか、かなり昔からある絵本がまだ平積みされてたり
するような気がしますな。でも悪いことではないと思う。

241 :237:04/04/06 23:34 ID:NoaCCPDR
>>238
>>240
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!!
それそれそれでつ
なつかしいなぁ

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/07 02:59 ID:qWoZFnW1
ふるやのもり

かいだんこぞう

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/07 15:09 ID:lu+b537i
猟師が飼ってる猫が、猫の仲間から
飼い主を殺せって言われて、やっぱり出来ない、と猟師に告白。
何だかんだあって、結局猟師は隠し弾で猫の親玉を殺す…

みたいな話、載ってませんでしたっけ。
お膳をぼんと飛べ、だったかな。
挿絵もだけど、描写がえらく怖かった記憶が…。

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/07 15:39 ID:qyP7ovzz
>>243
題名が、モキチと猫だかそんな名前だった気がする。
適当(w
化け猫になりたがった猫が
ツクモガミに入れ知恵されて、飼い主を殺せば望みを叶える。見たいなこと言われて、作戦失敗。
ツクモガミは火縄銃で退治され、猫は主の元へ帰りますた。
そんな感じの怖い話だったかなぁ。
ほっかむりした猫の絵が可愛かった(w

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/07 22:37 ID:UujNqTIm
>>243
化け猫志望の子猫が飼い主を殺すようにそそのかされるんだけど、
「おれはあいつ(飼い主)が好きだからやっぱりイヤだべさ」みたいなこと言うんだよな。
化け猫の親玉を退治した猟師が「おめーみたいなちびっこ猫が生意気なことするでねえ!!」と怒るんだけど、
そのまま子猫を抱っこしてやって一緒に家に帰ってめでたしめでたし。

挿絵も内容も怖いんだけど、何かカワイイ。

246 :243:04/04/07 23:36 ID:lu+b537i
>>244&245
レスありがとうございます!お陰で内容を思い出せました。
そういえば、244さんのレスにあるように
タイトル「茂吉と猫」だったかもです。

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 00:54 ID:jx5e+nFx
井上靖 しろばんば

教科書には 赤い実 と題名がつけられていた。
抜粋された一部分が赤い実と関連していたね。
南天?

「羽毟って弁当のおかずにするんだ〜」

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 00:57 ID:jx5e+nFx
追記

tp://www.sgy2.com/bilbo/books/ehon1/tsuji/

紙芝居もあるね。。。

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 01:02 ID:UPj9J1fe
スーホの白い馬。
哀しいお話だよぅ…。

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 01:22 ID:x88WTdJD
漢文でさ、人が気付いたら虎になってて
友人を食べようとする話なんだっけ?

251 :脱糞小僧84ヽ(´Д` )ノ ◆C5unco/BT. :04/04/08 01:25 ID:x+/HUAD6
人虎伝

252 :脱糞小僧84ヽ(´Д` )ノ ◆C5unco/BT. :04/04/08 01:26 ID:x+/HUAD6
山月記かな...

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 01:30 ID:x88WTdJD
>>252
ああ!多分それそれ!脱糞さんきう(はぁと

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 02:49 ID:azRqz/AD
自分は才能があったけど、それを鼻にかけて自意識ばかり強くて、
「人生は何かをなすには短く、何もなさぬには長すぎる」なんて
偉そうなこと言ってた。
結局何もやり遂げられないまま人の心を失くして寅に
なっちまったよー、、、っていう友人の話だっけ。

高校の教科書だったかな。
クラスで頭良くて尊敬してた奴が、大人になって会ってみたら
ダメ人間になっていた・・・・
そんな再会は嫌だなあと想像しながら読んだよ。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 04:22 ID:kG9wVxPr
良スレハケーン

>>254 臆病な自尊心と尊大な羞恥心ねw虎に変化した男は2ちゃんの学歴厨みたいなヤシ
だったような。なつかすぃ・・・。

小2の「手袋を買いに」がまだ出てないね。狐の親子が手袋を買いに行く話し。
「お母さん寒いよう。お手手がじんじんするよう」って今でも覚えてる。

小4の「ひとつの花」娘にコスモスの花を手渡したパパは戻らないんだよね。

あとは小6の「わら靴の中の神様」主人公の爺さんとばあさんの馴れ初めの
話でなんかあこがれた記憶がw

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 04:56 ID:JJtNIPDr
教科書かどうか忘れましたが、猫柳の白いポワポワを布団の中に入れて寝たら
白い子猫になった。。。という話ってありませんでしたか?
当時(今でも)猫が大好きだったので、猫柳の白いポワポワを取って胸に抱いて寝た
思い出があります。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 05:03 ID:x1i6BDdS
>>256       凄い和むな…そうゆう話他にないかなー

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 05:08 ID:9WliSSQW
あれは?井戸の中のスイカをお父さんが帰ってきてから食べようねって言ってた話

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/08 07:59 ID:Kt+MyKSE
>>256

(*´Д`)

260 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/09 00:27 ID:579vcNDK
あの調子にのって質問するけど。
ある駅の駅員三人が休暇を取るんだ。
一人は上りにのって、一人は下りにのって。
で、最後の一人がどこかいくんだ。
で、オアシスにたどり着いてってやつ。
憶えてる人は詳細教えてね。お願い。

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 03:59 ID:drRQnklx
わー、駅員の話覚えてるよ!
小学校の中学年か高学年の教科書だよね。

小さい駅の3人の駅員(荷物運びと切符切りとあとなんだっけ)が、全然旅人が
来ないから暇で、仕方ないから自分たちがひとりずつ旅人をやるんだよね。

1人目と2人目が、東と西(北と南?)の方向にそれぞれ汽車で行ってみる。
で、それぞれお土産を買ってきたり、見てきたことを話して聞かせるんだよね。

3人目はもう汽車の方向が残ってないから、線路のない砂漠を歩いていく。
残りの2人が心配して待っていると、砂漠に行ったはずの3人目が
果物と花束をお土産に持って帰ってくる。
それでオアシスの話をするんだったかな。

でも、タイトルや作者は覚えてないや。

262 :豆太 ◆xma0y946pU :04/04/09 04:57 ID:kImlHMXG
>258
「いどにおちたおとうさん」だね。
子供に食べさせてあげるはずのすいかを上司に取られて井戸に落ちたとうそをつく話。

>261
「あの世行きの片道切符」だね。
三人目は砂漠で死んでいて帰ってきたのは魂だったて言うオチ。
当時は怖かったなあ。「まぼろし?いやくだものがまだあるぞ!」が結構トラウマで
りんごとか見るのいやになったっけ。

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 05:29 ID:Gzl2zd0h
>>261-262     切なくてそうゆう話も好きだなー

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 07:01 ID:1UAD8xhK
「車掌の本分」が考えさせられたな。

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 19:19 ID:W5AIWKVU
262、でたらめ書くな。
260は知らないが261は違うだろ

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 21:52 ID:PP9MQhdZ
繁栄の木って怖かったよね

267 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/09 21:54 ID:579vcNDK
>>261
そうそう、そんな感じ。
なんかしみじみとした感じだった。
引き続き情報募集

268 :イズオ ◆xZ9NIUcSBY :04/04/09 22:08 ID:wUA//poq
>>267
切符切りは一番厚い切符を選んで渡した。ってのが記憶に残ってる。

自分がその切符切るからわざわざ厚いやつ渡したわけ。
たかだか1ミリ前後の切符なんだから、大した差なんてねーっつーの。
当時はそう思ってた。

でも今なら理解できる。
それは切符切りの駅員にとって、ある種の矜持だったんだなと。

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 22:16 ID:/Hul4oNF
消防の頃の教科書かな?小学生の男の子が帰り道に
いろんな考え事(妄想)をしている話なんだけど
例えば、突風で看板が飛んできて僕の首を撥ねていく、とか
そんな内容の書いてあるやつ

それから少しして神戸の事件があり
TVでその話の「首を撥ねていく」という記述が問題になって
削除という話題が上ってたので
ちょっと印象深い

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/09 22:42 ID:vMusDlGe
>>261
そんなんあったなあ。3人バラバラに旅に出るってところと
スミスさんって奴が出てきたことだけ、今でも時々思い出す…

残りの奴はジョーンズとブラウンだっけか。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 01:58 ID:hfIxWkn+
>>260
以前オーストラリアの大陸横断列車に乗ったときに、
路線のちょうど中間地点の砂漠の真ん中にある列車を行き違いさせるための駅に停まったんだけど、
そこは地図にも載ってる町なのに駅員が2人住んでるだけだっていう説明を聞いてあの話を思い出したよ。
まさか現実にそういう町があるなんて思わなかった。
でも、列車はそう頻繁に来るわけじゃないから退屈だろうし、夜なんか真っ暗で恐いだろうなー

微妙にスレ違いsage

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 10:23 ID:sMMweaH0
>270
これ読みたいなあ。どうすればいいんだろう。
本当に読みたい。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 10:36 ID:5su0DWGD
ちいちゃんの影送りって
オカルトそのものだろ

当時みんなでやったが、誰一人として出来なかった

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 10:45 ID:IZcPO7QP
山海塾

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 11:22 ID:92QRdJ75
>>272
探したぜ!!
ジョーン・エイキン「三人の旅人たち」だ。
http://66.102.7.104/search?q=cache:2Agel9vKgwIJ:www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7797/5-sannninnnotabibitotati.html


276 :イズオ ◆xZ9NIUcSBY :04/04/10 11:31 ID:+2HbsW1h
>275
いい腕してやがる。ごくろう!

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 14:25 ID:s8Pd7boi
>>275
ありがとう。読ませてもらいました。懐かしい!
なんか泣けた。お土産がすごいいいよね。見てきたものの表現の仕方も。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 14:48 ID:9Ib4nZ6s
教科書じゃないんですけどちょっと昔読んだ話でこういうものがありまして。

あるところに決まりに縛られた僧がいて大変今の生活に不満を抱いていた。そこからどういう経緯である寺に
いったのかは失念しましたが、そこで決まりを破った僧の末路を見てそれからは決まりを守ることにした僧の話。

決まりを破った僧は死んであの世に行って霊になってからも木に縛り付けられ熱い鉛を呑まされるという残酷な
描写が印象に残っていて・・・。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/10 18:40 ID:zUpVWtaW
「…こんな寂しい場所に人を二人しか置いてないと、喧嘩をしやすいのです。
でも、三人だと、そのうち二人は、いつでも三人目の人について、二人でぶつぶつ
文句を言う事が出来るので、とても具合がいいのです。」

このフレーズが当時大好きだった。
きれいごとを言わず、しかもちょっとトボけた味の
働く大人のタフな感じがあって。

>>275サンクス!!

280 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/10 22:21 ID:MES+ARSa
>>275
おお、最高だ。
ありがとう。解説よりも「そのもの」だよな。

>>279
そうそう、なんか押し付けがましくないのになんか学ぶとこあるよね。
そこが良かった。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 00:35 ID:vS5c6N5S
このスレ住人的には聖書のようなもんかもしれないが……

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895281175/
光村ライブラリー全18巻セット

ちょっと高いよね

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 03:40 ID:ENUHZnYP
>>273
あれは網膜の残像って言うか焼き付きに近い現象を利用するから
個人差、それから明るさによっては出来にくい

ちなみに俺は出来た

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 04:09 ID:EMTs9qIM
豆太が医者を呼びに行くシーンの挿絵を横向きにしたらライダーキックだ、とか言ってた覚えがある。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/11 22:19 ID:bP43WllH
>>275
ありがとう。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 07:24 ID:b/St7eAR
>275
うえあええあえあえあえあ!ありがとう。272です。ほんとうにありがとう。最高でした。

>279
俺もこのフレーズ覚えてた。でも「三人組について国語の先生(山川先生)が生徒(漏れたち)に言った教訓」だと勘違いして覚えていた。



286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 15:05 ID:WdZGMqvm
中学くらいのときに教科書に載ってたようなきがするんだけど、
電車で友達の家に遊びに行ったとき、帰りに切符をなくしてしまって
駅から出られなくて、困った・・・すると壁の向こうに子どもたちがたくさんいて・・・
っていう話なかった?題名が思い出せない

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 16:17 ID:P0tvxJ6C
この話って歌無かった?
消防の頃に学芸会でやったんだけど、途中で半分リコーダー
半分歌で演奏した記憶がある。
豆太ぁ〜で始まって最後は、もちもちの木に火が灯るのを〜だった気がする。


288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 23:47 ID:B9VKUyEQ
昔ある山奥に川に毒を流して大量に魚を漁る漁師達がいた。
ある日漁の合間に一服している漁師達の前に謎の僧が現れる。漁師は空腹の僧に団子を勧め、
僧はそれを口にすると彼等の行き過ぎた殺生を咎め、二度と川に毒を流させない事を約束させて去ってゆく。
しかしその後、漁師達は僧との約束を破り再び川に毒を流してしまう。
大量に浮かび上がる魚達。その中に一匹だけ桁違いに巨大な岩魚の姿が…
大漁に湧く漁師達は早速その巨大岩魚を引き上げさばこうとするが、その裂かれた腹の中からは
あの僧が食べた筈の団子がコロリと…

漁師達は全員発狂し、以後二度と川に毒が流される事は無かった…


289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/12 23:59 ID:4qJCNzfe
なんか昔話と混じってんなぁ
スレチガイsage

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/13 15:44 ID:rr8kdd9Z
ちなみに>>288はイワナの怪

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/16 10:06 ID:E8kj1+EE
>>286
「子供のいる駅」じゃなかったっけ?
誕生日会に呼んでくれた子の名前がヨシダクンってカタカナで書かれてたり、子供達に会って駅に残った主人公が
「大人になるまで僕はここから出ないだろう」って普通に思ったり、妙な感覚の話だった。

292 :286:04/04/16 10:48 ID:pie52O2u
>>291
それだ!thx!
なんかすごい気味の悪い話だったの覚えてるよ

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/19 07:05 ID:cBDzDu4L
「一塁手の生還」で出てくる野球の描写。文章だけだとどうもわかりにくいと言うことで、
それを教室で再現した野球部の子達がヒーロー扱いになった。

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/20 23:25 ID:95cBYTvl
もちもちsage

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/23 13:54 ID:an1qS0uS
トラがバターになるのは「ちびくろサンボ」?

むくどりの夢っていつになってもおかあさん鳥が
帰ってこない(実は死んでしまった)という話でしたっけ?



296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/23 23:47 ID:WJ0/f9+B
もちもちage

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/24 00:42 ID:PHTh+t8i
ももちちの木



298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/24 00:56 ID:FtGwuU7Z
>>288 >昔ある山奥に川に毒を流して大量に魚を漁る漁師達がいた。

実は、それは昔話ではなく、今でも日本国内で、しかも自然遺産に
登録された地域の近く(もしくは中で)行われています。

関係ないので、sage


299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/24 10:44 ID:NDW00ofF
小学校1年生の、いっちばーん最初の教科書のお話は、「大きな家」というのだった気がする。
「大きな家に小さな猫」とかいうフレーズがあって、木の上に登った子猫が犬に吠えられていて、親猫が助けるという話が入っていたと思う。

あの頃は良かったなー・・・(つД`)

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/24 12:17 ID:z/RXcPCa
漏れの消防1年の教科書の最初の話は、
たしか「子猿が船の絵を描いて、仕上げにしっぽもつける」って話だった。

(´-`).。oO(あの頃は漏れも無邪気な子供だった気がするのに、
一体どこでどう間違えてこんな現在の漏れになったのやら。。。)

301 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/04/25 10:38 ID:fO934Kbj
一番最初に読んだのはふきのとうだったなぁ。
その作品を親に話したら、ふきのとうが食べられると教えられ、
毎日食べさせるようにせがんだもんだよ。
結局今まで食卓に上ったことはなかったんだが。
普通に売ってないよね。

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/25 11:51 ID:WZkZYjOh
>>301
うちの近所だと売ってるけどな〜。田舎だからか?

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 00:09 ID:35SUwlOT
>>301
ジャスコへいこ〜よ♪

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 11:38 ID:Dexpzk0A
山菜だとたらの芽やふきのとうって地方にしか売ってないような気が。
彼女の実家に初めて行った時にスーパーのお惣菜コーナーに渡りカニのから揚げやこうもりの炒め物が
あって驚いた記憶がある。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 23:31 ID:TjV0D5o0
>>304 タラノメに関しては、首都圏にしっかり市場ができてるよ。
山形とかの農家が東京とか、そこら辺を目的にして生産している。
ただ、地元でしか消費されない山菜っていうのも、やはりあって、
東北だと、コゴミ、ミズなんかが代表例だと思う。 この二つは
農業的に生産できないし。

ちなみに、俺も友達の実家にいったら、「もくずがに」っていうのを
道の駅で売っててびびった。

フキノトウは商品価値が低いので、どうなってるかわからない。

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 23:51 ID:Ftdbjr3D
>>304
ワタリガニは分からないでもないけど、こうもり?!
あの、黒くて夕暮れにひらひら飛んでるあれを食うですか?

安房直子さんの作品が好きで、図書室に行っては片っ端から借りて読んでた。
いつだったか、教科書に「青い花」が載ってた時は嬉しかったなー。

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/26 23:53 ID:lJdKqDjd
モチモチの木、スイミー(・∀・)ナツカスイ!!
後ねチックとタック。


308 :Mercury ◆YXXD24Gj2U :04/04/26 23:55 ID:aOY1ArkL
ん?田舎じゃないけど普通にフキノトウ売ってたよ。昨日のことだけど。
思わず買いそうになったけど、どうやって食ったらいいか分からないから
買わなかった。

でもくいて−な。自慢に聞こえるかも知れないけど、実家に庭には普通に
フキが自生してた。そんで春にはフキノトウとフキを食ったもんだ。
懐かしいよ。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 00:11 ID:aNoDpoHo
うちの庭にも毎年春になるとふきのとうがわさわさ生えます。
なるべく若いうちに摘んで、テンプーラにして食う。(゚Д゚)ウママー

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 00:13 ID:shD5RY9k
とりあえずスーホの白い馬は長過ぎるってこった。

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 00:35 ID:eEHBxIUi
アナトール工場へ逝く。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 02:50 ID:aBkM5Tpd
>>308
>>309
ふたりとも自慢しすぎ!聞いてるほうがうれしくなっちゃう自慢だけど!
コウモリは実は私の以前住んでたある地方では普通に売ってましたね。
そのものじゃなく普通にお肉がパックで売ってましたよ。お惣菜はちょっと記憶にないけれど。
コウモリなんかおいしいし見た目もいいけどイナゴや蜂の幼虫、カミキリ虫が売っているところもありますよ!
父の仕事の関係で引越しが多かったのでたいていの文化はうけいれられるようになったなあ。


313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 03:05 ID:aBkM5Tpd
書き終わって思い出したので連投させていただきます。
我が家に伝わる「かめのおにく事件」です。
地方に引越し、荷物を片付けていると近所のおじさんがやってきて挨拶をしていました。
父に「○○も挨拶しなさい」と呼ばれ玄関に行くとおじさんが少し驚いた顔で
「お子さんがいらっしゃったか!」と言うやいなや帰ってしまいました。
5分もたたないうちに戻ってくると、無造作に缶詰が5〜6個入ったしわくちゃのスーパーの袋を父に押し付けるように渡しました。
缶詰を見るとレトロな亀の親子の絵(親亀の上に子亀が乗っているやつで、いまでも忘れられない・・・)が書いてありました。
なんでも子供が引越してきたら亀の肉を差し出すのが風習で本来は生肉が正当らしく
「缶詰でごめん、本当にごめんな、わるいな。」と必死に謝られていました。
父が「引越しそばみたいなものですか?」と聞くと「引越しそばって言ったらあんた、引越しした時に食べるものだろう?
亀は引越しした時に食べるものなんだよ。」と少し不機嫌そうに言い帰られました。
結局理解ができなかった私たち家族三人がきょとんとしていたのを覚えています。

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/28 19:45 ID:IY7QM11O
このスレ、話が逸れ過ぎw

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 19:46 ID:bW+xx01s
おうい、くじらぐも!

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 21:16 ID:pNM/SnzL
なつかしーね。
もちもちは絵本で読んだ。
で、半日村は小四の時学芸会でやったよ!
子供役だった。
「んだ、朝日だ!」って台詞W
音楽劇だったからイパーイ歌ったよ。
話逸れすぎスマソ

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 22:15 ID:5dvJ2pao
象列車が走る って上野動物園の話だっけ
学芸会で歌った覚えが
あとおばけのコタンって話教科書にのってたって人いる?

318 :埼玉の黒い奴:04/05/02 22:31 ID:XJPuoGbq
豆太の乾電池オナニー

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:50 ID:bAMZEDDg
とんちで不死者になったおじいさんの話なかったっけ?小3あたりの。

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:53 ID:dXIHSo3B
>>319
ナントカ峠って奴で、転んだら3年しか生きられないって奴だよね?
あ、3年峠か。
転がりまくって不死身になるんだよね。

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 16:14 ID:i7uuremP


322 :オナってる人:04/05/05 16:17 ID:9jYk1hA7
>>218
どうも。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 16:50 ID:XTC5DTSV
で、結局モチモチの木といふのは
トチのことかね?
あれもモチとまぜるが

324 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :04/05/05 17:11 ID:DFuvwVA+
そうだよ。トチ餅のことだよ。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 17:36 ID:MVr2vItP
四じかんめの ことです。
一ねん二くみのこどもたちがたいそうをしていると、
そらに おおきなくじらがあらわれました。
「一、二、三、四。」
くじらも たいそうを はじめました。
のびたり、ちぢんだりして、
しんこきゅうも しました。
みんなが かけあしで うんどうじょうをまわると、
くじらも そらを まわりました。

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 22:03 ID:Oe2b/sR8
>>275
なんかええ話やのぅ…

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/08 20:02 ID:/+T2WnqS
むちむちage

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/08 21:41 ID:kjDMgwE6
>>320
不死身にはなってないぞ、長生きしたって書いてあるだけだ

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 02:26 ID:UcXlabC2
ぞーうれっしゃよいっそげー♪

330 :319:04/05/09 13:31 ID:pLVOvfZn
サンクス。
なんか読んだ時頭いいなこの爺さんとか思ってて、思い出したかった。
小学校は他にもいいのがあっていいけど、
なんで中学国語になると急にドキュメンタリー物だらけに
なるのだろうか。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 23:50 ID:x7QjV47k
漏れ、ここに出てくるのほとんど知ってるな。
モチモチとごんぎつねは挿し絵が怖い系だったような気がする。

教科書って何種類かあるはずなのに「モチモチ」で集まってきた奴らだから
同じ教科書使ってたってことなのかな?
それともいくつかの話はどの教科書にも入ってるのかなー。

既出してないのは、一番昔の記憶で「くじら雲」。
あとは猫が子供を生む話、牛がもらわれていく話、スーホの白い馬、
子供が「ひとつだけ頂戴」と言う話、大造じいさんとガン。


332 :331:04/05/09 23:54 ID:x7QjV47k
↑あぁ、ごめん、100までよんで読み切ったと勘違いして書いてもおたw


79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)