5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

zombie ゾンビその9

1 : ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 12:57 ID:l9oyQkxd
このスレはゾンビ好きな人がゾンビをネタにした小説をupするスレです。

PART1:【ゾンビ】ホームセンター攻防扁【ゾンビ】
http://curry.2ch.net/occult/kako/1030/10304/1030468085.html
PART2:【ゾンビ】ホームセンター攻防扁【ゾンビ】 その2
http://curry.2ch.net/occult/kako/1034/10343/1034309472.html
PART3:【ゾンビ】ホームセンター攻防扁【ゾンビ】 その3
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1036704369/
【ゾンビ】ホームセンター攻防扁【ゾンビ】 その4
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047896148/
【ゾンビ】ホームセンター攻防扁【ゾンビ】 その5
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1052060297/
zombi ゾンビその6
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1054460858/
zombie ゾンビその7
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1055955467/
ZOMBIE ホームセンター攻防編 八日目
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062185351/

雑談用スレ
★【喋って】ホームセンター休憩所【食われる?】
http://www.shitaraba.com/cgi-bin/read.cgi?key=1056185489_1&bbs=itou&ls=100
●作品投下専用(作品保管庫)
★【死霊】ZOMBIE【復活!!】
http://www.shitaraba.com/cgi-bin/read.cgi?key=1055642709_1&bbs=itou


2 : ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 12:58 ID:l9oyQkxd
【スレのお約束】
1 基本的にsage進行。
2 作品投稿のage・sageは作者の任意。
3 作品には感想をお願いします。感想についての批判は作者・読者ともに控えましょう。
  「感想・意見・批評」と「誹謗中傷」は異なります。また表現にはくれぐれも気をつけましょう。
4 煽り・荒らしは放置、反応なしで。


【マナー。その他】
1 連続投稿数は5〜10レスを目安に。
2 作品投稿は間隔に気をつけてください。場合に応じて間隔をあけましょう
  投稿前と投稿後に宣言するとスレの流れがスムーズになります
3 自分の意見に返事を期待する方はトリップを付けましょう
4 個人攻撃、的外れな批難の類は流して。
5 496KBで警告メッセージが出力されます。512KBでスレッドが終了なので、950からか450KBを過ぎた時点で新スレッドへの移行の話し合いを


3 :ルシファー ◆BscOKdBOXY :04/04/30 12:58 ID:zVD3jBjs
2

4 : ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 13:00 ID:l9oyQkxd
●【ネタ例】
「夢落ち」
・夢の中のゾンビから逃れ、目覚めるとゾンビがすぐ側に.....。
「特撮ヒーロー」
・よい子を守る筈のヒーローが、怪人達と一緒に血に濡れた刃を観客に向ける!!
「コミケ」
・沢山のコスプレゾンビが会場を覆い尽くす。しかしその中に本物のゾンビが紛れていた....。
「映画」
・ゾンビメイクのまま撮影中に死んだ俳優。あたらなる血肉を求めエキストラの
ゾンビ達へと歩み寄る!!
「船舶」
・逃げ場のない密閉空間の中で、ゾンビ達が容赦なく乗客に牙を剥く!! 
生き残った人々を港で待ち受けていたのは? 安堵?それとも恐怖?

「列車編」
・悪態を付きつつ、いつもの様に通勤快速列車に揺られる若きサラリーマン。
同時刻に別の車両で年輩のサラリーマンが急死。その後ゾンビ化。
身動き出来ない車内で次々と近くの乗客を襲うゾンビ。
瞬く間に全車両の乗客がほぼゾンビ化。
首を極限までねじり、虚ろな瞳で獲物を見つめる周りの乗客達。
・旅の良きパートナー大陸横断列車。希望に満ちた乗客に紛れ、奴らも乗り込んでいた!!
旅は道連れ、世は情け.....しかしゾンビに情けの文字は無い!!!

5 : ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 13:01 ID:l9oyQkxd
「飛行機」
パニックになる間も与えられず、乗客のほぼ全員がゾンビ化。 残り少ない燃料、最後のドアを叩き続ける死人の群れ....
もう残す時間は後僅か。 着陸か、それとも全人類のために尊い犠牲となるか...。
苦渋の末に機長が下した最後の決断とは!?

「ゾンビ・ハンター」
ゾンビ化した母から生まれし双子。しかし皮肉にも神は二つの小さな運命を引き裂いた。
狩る者と狩られる者....姉弟の命をかけた戦いの火ぶたが切って落とされる!!

「ドラキュラ」
急激に増加するゾンビによって未曾有の食糧危機に陥る吸血鬼。
昼夜の区別無く行動できる知性皆無な数勝負のゾンビ達と、夜しか行動は できないものの知性もパワーもあるプライドの高い吸血一族。
2つの種族が一族の存亡を掛け火花を交えるその時、双方にとっての食料で しかない人類に残された道はあるのか?
「遊園地編」
・観覧車...長い停電の復旧後、園内にてゾンビが発生。ゴンドラの最終地点で次々と襲われる乗客。
刻一刻と迫る死の恐怖に貴方は耐えられるか!?
・ジェットコースター........スリルと恐怖を楽しむ乗客に、本物の恐怖がゴールに待ち受
けていた! 乗客の安全を守るはずのシートベルトが皮肉にも重い枷となる!
・着ぐるみ......子供に夢と希望を与えるカラフルなアイドル、某ミッキーネズミ。
しかしその正体は絶望と死を与えるだけのゾンビだった!! いま子供達の命をかけた鬼
ごっこが始まる!!

・入場口.......客の流れを一本化するため、出入り口を一本化してあるネズミーランド。
でもその流れが激流へと変わったとき、そこは地獄への入り口と化す!!
・チケット.....ゲートをくぐる時に渡されたチケットには「期限:無し。永劫に有効。譲渡、廃棄不可」
と記載されていた。不審に思いつつも楽しい音楽と着ぐるみ達に誘われるまま園内へ。
しかしそこで待ち受けていたのは....。
・パスポートチケット.....オープンを記念してスタンプラリー好評開催中。全ての施設を制覇された
方には素晴らしいプレゼントが.......。

6 :屍霊怪異禄 ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 13:02 ID:l9oyQkxd
 雨音が響く。
 暗く湿った場所で、私は目を覚ました。
 何も見えない。瞼が開けない。
 全身が暑く、重い。指先まで泥を詰め込まれたかのような疲労感。頭の中を何かが駆け回っているように痛む。
 いっそのこと額を突き破って外にはじけ飛んで欲しいぐらいの苦しみだ。
「……!――っ!!」
 大粒の雨音にあわせるかのように、何者かが聞き覚えの無い言葉で騒いでいる。
 遠く、近く。
 大きく、小さく。
 途切れて、途絶えず。
 縫い付けられたかのように固着した瞼を、引きつる痛みをこらえながら徐々にこじ開けていく。
 呼吸が止まった。
 驚愕に瞼が見開き、癒着していた皮膚が裂ける。
 まず目に入ったのは私を見下ろす巨大な顔だった。
 天井の代わりに視界のほとんどを埋め尽くす女の半顔は腐りかけ、白い蟲にたかられていた。
 目と目があうと、女は蛆のたかった顔を笑いの形に歪める。
 その動きに耐えられず、かろうじて表面をはいずっていた蛆虫が周りに降り注ぐ。
 それで気がついた。
 私が聞いていたのは雨の音ではなかった。
 大量の汁気を含んだ蛆虫が、零れ落ち地を打つ音だったのだ。
 恐怖はそれで終らなかった。
 女は信じられないほど長い舌をたらし、生臭くねばったそれで私の体を舐め回し始めたのだ。
 限界を超えた嫌悪感に、金縛りが解ける。
 はじけたように飛び起き、目の前にそびえる襖を突き破らんばかりに開く。
 そこにあったのは私の背丈ほどもある、節くれだった掌だった。

7 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 13:06 ID:l9oyQkxd
以上です。
ゾンビ好きのみなさん、ゾンビ作品を書いたり読んだり楽しんでいきましょう。

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 13:29 ID:zzDMOuur
PIPさん乙!
ゾンビスレは長いですね。

9 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/04/30 18:18 ID:l9oyQkxd
休日で人がいないみたいですね。
週末には新作も貼られていくでしょうから、即死ラインを超えるまで繋いでいかないと。

えーと書き始めた怪異禄についてちょっとみなさんのご意見を伺わせてください。
この話は10レスほどで終わらせるつもりなんですが、同じ人物・設定でいくつか書きたい話があります。
ただ、話の中には主人公たちが死ぬものもあるんです。

つまり前の話では死んでいたのに、次の話ではみんなそんな事件がなかったかのように話が続くというわけです。
ゲームブックあたりが形式としては近いかもしれません。
主人公が前話で失敗した経験を次話で(経験してはいなくても)受け継いでいくのはずるいですかね?
メタ的な手法ですが、どうでしょう?

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 19:02 ID:zJVdUiPK
まったく抵抗ないんで、ドンドンUPして下さいな。



11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/30 21:08 ID:sVnA/lNt
皆様お疲れ様です!
毎日楽しみに携帯から見てます。
周りの知り合いにはゾンビ好きがいないので、このスレが心の拠り所です。
新旧の職人さん頑張って下さい!

12 :王都座夢 ◆T6J3cL3e6. :04/05/01 09:30 ID:W/aEdGW/
PIPさん、スレたて乙華麗様です。
同一主人公が様々な人生を経験する...ゲーム的で面白そうですね。
唐突に始まると混乱してしまいそうですが、事前にそう言うタイプの
物語だと知っていれば、何の問題もなく楽しめると思います。

屍霊怪異禄...何故この主人公がこのような目に遭うのだろう。
この巨大な腐乱女性自身に恨みを買ったのか...それとも、たまたま
運悪く遭遇してしまったのか...それとも物語の第三者に仕掛けられ
た物なのか...と初回は心霊タッチで想像し楽しみました。

2度目はゾンビFAN的に.....逃げる最中に倒してきたゾンビや
犠牲者の腐乱した遺体が脳裏に残り、逃げ込んだ場所での仮眠
中に悪夢となって彼らが鮮やかに蘇った...って感じで楽しませ
て頂きました〜。
続きが楽しみです!

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/01 14:14 ID:M6CM+vJa
PIPさん、和風テイストですね。
天井に浮かぶ腐った顔なんてみたら、私だったらそのまま気絶です。
しかも蛆虫の雨なんてめちゃくちゃ怖いですね。

気になっていたのですが、前スレの949〜951はPIPさんですか?
もしそうだったら前の話とこの話はつながっているのですか?

14 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/05/02 00:53 ID:msd4NCtp
>>13さん、繋がってます。
倒れた私が意識を取り戻したのがこの場面です、ハイ。

GWは連日出勤。
まあなんといいますか働けるだけ幸せですね。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 21:40 ID:M5tpZQTk
あのさ


前スレ全部つかっとこうぜ

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 22:56 ID:g72cZiAQ
ageてまでいうことか?
490k過ぎてるし950レスオーバーもしてる。
つーかひろゆきが埋め立ては鯖に負荷かかるから止めれっていってんべ。

17 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/05/02 23:33 ID:gsfBGKzz
理解できなかった。
吐き気を催さずにはいられない腐敗臭。
その発生源たる身の丈ほどの幅がある手のひら。
なぜそれが目の前にあるのか。
あまりに常識を超えた光景に、脳が恐慌をきたし思考が止まる。
凍りついた私を、巨大な手があっさりと握り締める。
すさまじい圧迫と苦痛に呼気が喉から漏れ出すが、苦鳴とまでは至らない。
胸部を圧縮されているというのもあるが、それよりも締め付ける掌の感触が悲鳴をあげさせなかった。
服を通してもはっきりと伝わる冷気。腐りながら蛆たかられし屍体の感触。
屍者だ。幽冥に属するものだ。
皮膚を突けば穢れた腐汁が吹き出るに違いない。なぜか私の直感がそう告げる。
これは生者でも亡者でもない。死にきれずにうごめく屍者だ。
おぞましさにもがくが、腕は気にした様子も無く私の体をもとの部屋に押し込める。
嘔吐をこらえるために新鮮な空気を求めて顔をあげるが、狂笑を浮かべる女の顔でさらに胃液が逆流した。
苦しさと気持ちの悪さに、涙が浮かび視界がぼやける。
いっそ先ほどのように気を失ってしまいたかった。
だが緊迫される苦しみで意識はさらにはっきりとしてしまう。
ふいに笑いたくなった。現実逃避し一時的な躁状態に陥っている。
腐った巨顔から逃げ出した先に待ち構えていたのは、腐りかけた腕だった。
ならば残りはどこに行ったのだろう。
いや、にわか作りの牢獄を形作るこの腕は男のものだ。
ならば、彼らは屍人の夫婦というわけか。畳の上をはいずる蛆虫が子供の代わりか。
 腕だけの父親、顔だけの母親、子沢山の蛆虫。あまりにおぞましく、それがために笑うしかない。

18 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/05/02 23:57 ID:gsfBGKzz
 では、私の役割はなんだろう。
客ということは無いだろう。あまりに扱いが無体だ。
起きた私を舐めまわしたところから考えつくのは一つしかない。
一家団欒の食卓に花を添える役目を仰せつかったようだ。
久しぶりに故郷に戻ってきたというのに、幻影を見て意識を失い、熱にうなされたあげくに屍女の穢れを受けた。
必死の思いで逃げ出そうとすれば腐濁の詰まった皮袋に捕まり、惨めにも壁に磔られている。
無力でただ汚されるだけの存在でしかない。
ひとしきりの笑いが去り、ついで訪れたのは久しくなかった感情だった。
平静を失った心はたやすく穢れに堕ちる。分かってはいたがその感情を抑えることができない。
なぜ、私がこんな目に。絶望とともに怒りが吹き出してくる。
 一体私が何をしたというのだ。
 こんな非常の怪魔になぜ襲われる。
 こんな苦痛をなぜ受けさせられる。
 こんな穢れをなぜ身にまとわせる。
 おぞましい黒不浄。
 死穢に触れたものはその身と魂も穢れ、忌み人へと堕ちる。
 忌み人は新たな忌み人を産み、禍津毘はさばえなして地に満ち満ちる。
 感染、同化、増殖。
 死が屍を呼び、汚れが穢れを呼ぶ。
 千引き岩を越えずとも、屍者はここにある。
 まかるさはり、うむさはり、やまいのさはり、とつぎのさはり、つきのさはり、きたなきくひもの、くさぐさのくひもののけがれ。
 世に穢れは満ちている。
 流すべき汚れは多く、禊祓を行おうにも流れは澱んでいる。
 吹き払おうにも風は絶え、身を締め付けられて息吹も発せられない。

19 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/05/03 00:38 ID:YivVxq1n
 このまま穢れを感染されてしまうのだろうか。
 死穢に汚れた屍衣をまとい、永劫に魂無き物怪と同道する。
 あまりのおぞましさに叫び出す寸前、耳朶に聞き覚えのある声で聞き覚えのある言葉が届く。
「なおびっ。なおび!!どうしたのっ!!障子を開けなさい!!」
 なおび。
 直毘。
 その意は穢れを禊祓いて、物事を正常に復すなり。
 それは私の名だ。
 それは禊祓いの神咒だ。
 神につかえし血統の乙女が唱えることにより、二柱の神の威で穢れを払う。
 一度だけでなく二度三度、だれかが私の名を呼ぶ。
 それに答えて、私の口から祝詞が自然に漏れ出す。
「ひふみよいむなや、こともちろらね」
「しきるゆゐつ、わぬそをたはくめか」
「うおゑにさりへて、のますあせえほれけ」
 ひふみ祓詞だ。
 習った憶えのない神咒がすらすらと流れる。
 一音ごとに圧迫感は失せ、半ばを唱えたあたりで腕は完全に消え失せた。
 最後の言霊を発し終わると同時に、天井の顔もこぼれ落ちた蛆虫も部屋になかった。
 部屋の陰気も薄れ、蛍光灯の明かりがあたりを照らす。
 痛む頭を振りながら、先ほどまで腐った腕で占められていた空間に目をやる。
 開け放たれた襖、隣の間、そして障子を開け放って突進してくる褐色の何か。
 ――突進?
「何やってんのよ!」
 褐色の何かは聞き覚えのある声で叫びながら、私に飛びかかってきた。
 もとより体の弱い方だ。まして今の体調は最悪と言っていい。
 だから布団の上に押し倒されたのも仕方がないことだろう。
「病人のくせに障子を閉めて何やってたっ!さらに祓詞だぁ?それはこの家が汚れているって言いたいんだな?よし、喧嘩なら買うぞ!っていうか黙ったままかっ!!」
 ……何を言われているのかよくわからない。
 ただ、ふらつく病人の上に馬乗りになって頭を揺さぶるのは良くない。それだけはよくわかった。

20 :PIP ◆dve/1Ebaqs :04/05/03 00:42 ID:YivVxq1n
本日分ここまで。
かじりとかに間違えがあったりしたらごめんなさい。
あと3つぐらいでこの流れは終わらせます。
では。

21 : ◆dve/1Ebaqs :04/05/03 21:06 ID:XgTbStuj
 先ほどまでの騒動で乱れていたせいもあるのだろう。
 揺さぶられた拍子にあっさりと寝巻きがはだけた。
「……感心しないよ。いきなり服をはぐのは」
 気まずいのだろうか?顔をこわばらせて黙り込んだ馬乗り従姉に冗談めかす。
 だが、彼女は小麦色をした顔を驚愕にこわばらせたまま、じっとはだけた胸を見ている。
 一体何に驚いているのだろう。
 私も自分の胸元に視線を落とす。
「!」
 胸元が青黒く染まり微かに異臭を放っている。
 鼻腔に届く臭いは先ほどまでいやというほど嗅がされた腐臭だった。
「な、なお。これって……」
 馬乗り娘が確かめようとしたのか指先を伸ばしてくる。
 私は思わず手を伸ばし、彼女の手首をつかんで胸元から突き放した。
 勝気な彼女は文句をつけようとしたが、私の表情に沈黙した。
「降りて。これに触っちゃだめだ」
 素直に降りて、私の横に彼女が座る。
「まさか、重い病気なの?」
 おずおずと聞いてくる。語尾が心配に震えていた。
 ……こういうところは変わらないんだな。
 三年の間、一度も連絡を取ったことが無かった。
 正直不安だった。
 彼女たちが変わっている事がじゃない。
 彼女たちに会ったときの自分が怖かった。
 もしかして何も感じないんじゃないか。
 望郷の念は単なる無いものねだりで、郷愁に引きずられているだけじゃないのか。
 そんなものに変わってしまっているんじゃないのか。
 もしそうだとしたら。
 それが怖かった。

22 : ◆dve/1Ebaqs :04/05/03 21:09 ID:XgTbStuj
 私は両親を早くに無くしたそうだ。
 だがそれを悲しいと思ったことは一度もない。
 いないものは仕方がない。無いものは無い。ただそれだけだった。
 離れた時間が、叔母一家のこともそう思うようにするのではないのか。
 それが怖かった。
 杞憂だった。
 昔と同じく彼女は、元気で、明るくて、乱暴で、そして優しかった。
 それが嬉しかった。彼女の自然な態度全てが、私を受入れてくれている証のように思えた。
「どっかぶつけちゃった?お医者さん呼んだ方がいい?」
 私が沈黙したことを苦痛のしるしと見たのか、盛んに容態を案じる。
「大丈夫だよ。ありがとう」

以上ここまで。
従姉の名前が決まらず、馬乗り娘だの従姉だの彼女だのとごまかしてみた。
なんかぴったりくる名前がないかなぁ?

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/04 18:25 ID:qAqS6VaZ
人がいないのに次スレ立てんな

24 :バタリアン一杯 ◆BAvmdD6bXs :04/05/04 21:27 ID:9+K/+RE7
みなさんお久しぶりです。
もうそろそろネットが繋がるので復活できそうです。
無事に次スレも立ってて、新しい作者様も一杯いらっしゃるようでなにより♪
量がものすごいのでのんびり読んできま〜す。
次の登場をお楽しみに(挨拶だけしにきた模様)

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 11:44 ID:LLwNeKwG
◆dve/1Ebaqs はこういうときだけ出てきて仕切ってあとは書かない
で名無しで批評するとかたまに出てきてなんか言い訳する、これのくり返し
新しい人が育たんでしょ>こんなんじゃ
ちゅうと半端に中心にいようとするなはイクナイ

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 11:53 ID:LLwNeKwG
書き方悪くて反省
ようはここの住人はふだんはだんまりなのに自治とかの話のときだけ活気づくのがだめぽっていいたいだけ
批評批判と自治話ばかりで感想すくないし肝心なとこだけ◆dve/1Ebaqsらが仕切ってしまうから新しいひとすぐ消えてるでしょ
個人批判もくてきではないいので参考意見としてくろ

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 14:39 ID:FGZrtkTx
禿同
◆dve/1Ebaqsは糞

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:01 ID:FGZrtkTx
◆dve/1Ebaqsは新人潰し

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:05 ID:DGNpzPN6
個人名はアレだが、それ以外の部分にはおおむね同意。  

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:23 ID:FGZrtkTx
ようはここの住人はふだんはだんまりなのに自治とかの話のときだけ活気づくのがだめぽっていいたいだけ

プ
同人くさいオナニーだしw
板違いは創作文芸板でひきこもってろw


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:25 ID:i0WFUajq
このスレまだあったんだねー。
一番最初のスレッドで色々と書いてたけど、批判されて止めたのさ。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:44 ID:X4MLgI5o
一番最初はひどかったねー。
リレーがめちゃくちゃだったからさ。

>ようはここの住人はふだんはだんまりなのに
ようは黙ってつづきかけ。
感想なんかもとめるからだめぽっていいたいだけ 。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:47 ID:2xuLQNRh
★【喋って】ホームセンター休憩所【食われる?】
http://www.shitaraba.com/cgi-bin/read.cgi?key=1056185489_1&bbs=itou&ls=100
話しあいようのすれっど

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 15:52 ID:2xuLQNRh
新しいスレッドが話題になったのが4月25日でスレッドがつくられたのは4月30日です。
丸六日あったときに何も言わないで今になってから本スレの方で議論ですか。
過疎スレッドのふいんき(←なぜかへんかんできない)です。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 16:04 ID:ISCsjPqg
俺の文章そんなに難解?

>丸六日あったときに何も言わないで今になってから本スレの方で議論ですか
つまりそれだけいつも34はここを見てるわけだろ?
なのに自治とかだけでふだんは作品書くわけでも感想つけるわけでもない
六日なんて週一の休みに来るだけの人間には長くないよ
それをさも長く言うってことは34はそれだけ常に見てるってことだね

つまり仕切り話のときだけ出てくる連中は作者が名無しで自演レスしてるってことか
それとも作品も感想も書かないくせにエラそうなごたくだけ吐き捨てるROMか
どっちにしてもそういうとこが問題といってるだけなんだけどね

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 16:29 ID:2xuLQNRh

http://www.shitaraba.com/cgi-bin/read.cgi?key=1056185489_1&bbs=itou&ls=100
ここを見て。
おれはここを見て新規スレッドの話が25日には出てますと言っただけです。
どうしてそれが毎日見ていると言うことになるのですか。
おれはだまってROMしているだけなのでごたくは吐き捨てないし文句もつけません。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 16:34 ID:2xuLQNRh
それと創作や議論系のスレッドでは新しいスレッドのときに人が多くなります。
SF板をみればたいていそんなスレッドばかりです。
作品も感想も書かないくせにというのならあなたから作品や感想を書いてください。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 16:39 ID:2xuLQNRh
おれもスレッド違いでした。
ROMにもどります。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 18:19 ID:ISCsjPqg
いままでにも見たことあるパターンだね

自治話ばかりしてる→そんな話のときだけ出てこないでふだん感想つけたらという→
だったらお前書けよ、あと俺はROMに戻るからな、←険悪ムードだけ残してという>黄金パターン

前にほかのひとがやってたのをみたことあるけどそれを自分がやるとは鬱だ




40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 18:26 ID:ISCsjPqg
ま折れも同類だからこれで消えるけど
>おれはだまってROMしているだけなのでごたくは吐き捨てないし文句もつけません。

こういうやからが自治話のときだけこうやってでてきて最後はROMに戻る発言
これが二大問題のひとつだといってるだけだよ





41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 19:28 ID:ISCsjPqg
 「どうしてこんなところに来ちまったんだ。来るんじゃ・・来るんじゃなかった」
 篤史はもう幾度と無く繰り返してきた言葉を口にしながら髪を掻き毟った。
 最初は軽い気持ちだった。否、覚悟が出来ていた。少なくともそのつもりだった。現実を体験するまでは。
 篤史は死ぬつもりでいた。希望のない毎日に嫌気がさしていたのだ。そんなとき東京で暴動が発生した事を知った。
 どうせこんな人生生きていても辛いだけ、いっそ最後に命がけの戦いをしてその中で死のう、どうせ死ぬなら・・・そう、だれか殺してみたい、今の東京ならそれだって・・・
テレビのニュースを見ながら篤史がそう思うまでにそれ程の時間は必要なかった。篤史の心は病んでいたのだ。
 愛車に飛び乗った篤史は血と暴力、そして自らの死地を求めて東京を目指した。
 強引に検問を越えた時は気分最高だった。まるで映画の主人公にでもなった気分だった。
 「最高だ」束縛すべてを振り切り人生の自由を得た気分で愛車を猛スピードで奔らせた。
  

 
 

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 19:53 ID:ISCsjPqg
 ゴス!
 凄い音だった。それが人を撥ねたものだと気づいた時、篤史の心は一瞬にしてどん底に突き落とされた。
 覚悟はあるつもりだった。だが、唐突に訪れた現実が篤史の良心をあっという間に呼び覚ましていた。小心者
には悪に染まりきる事さえ出来ないものだ。
 狼狽した篤史は車を飛び降り、被害者の姿を確認しようと近づいた。
 若い女だった。ひしゃげた腕が宙を掴もうと奇妙な動きをしていた。
 瀕死に見えた女が急に身を起こし、そして篤史の方に顔を向けた。その顔は見るもおぞましく変形していた。
 奇怪な叫び声とともに女は篤史に掴みかかってきた。
 篤史は恐怖に駆られ、夢中で逃げた。
 車に飛び乗ると女は信じられない事に追いすがり、窓ガラスを叩き割ろうとしてきた。
 気がつくと、そこかしこから女と同じような不気味な姿の者達が篤史の車に周りに集まりだしていた。
 ・・・そこから先はあまりよく覚えていない。 

 


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 20:08 ID:ISCsjPqg
 篤史はアクセルを全開にし車を走らせた。何人撥ねたか、いや、そもそも撥ねたのは人なのか、それさえ分からない。
 かろうじてその場を離れたものの、車から見える景色はいたるところにいる人とは思えない奴らの姿だった。
 安全なところを求めて車を走らせても走らせても化け物としか見えない連中がどこにでもいた。
 車を止めるどころか少し速度を落とそうものなら、あっという間に取り囲まれた。
 「どうしてこんなところに来ちまったんだ。来るんじゃ・・来るんじゃなかった」
 呪文のように同じ言葉をつぶやきながら、篤史はただひたすら車を飛ばし続けた。
 カチ、カチ、カチ
 ランプが無常にも点滅し始めていた。そう、ガス欠だった。
 あと何分走れるのか?
 停まったらどうなるのか?
 
 

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/05 20:11 ID:ISCsjPqg
>作品も感想も書かないくせにというのならあなたから作品や感想を書いてください

37に言われ37と同じくROMに戻るのは無責任だから書いてみました。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 17:55 ID:lXR1W0BI
その意気や良し。
人を殺したくて自分から来たってところが新しくていいとおもたよ。
がんがれ!

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 19:27 ID:MuQKblL4
まとめサイトって存在しないんでしょうか?
過去ログのURLは別のサイトになっていたりと・・・・・

47 :篤史:04/05/07 00:15 ID:+d4gCSVJ
 突然だった。最初は化け物の一匹が襲ってきただと思った。だが違った。
「た、助けてくれ」
 血まみれの男が物陰から飛び出すなり、車のドアを開けようと必死になっていた。
 ロックされたドアをガチャガチャと引っ張り窓を叩きながら男は哀願した。
「お願いだ、開けてくれ。入れてくれ、はやく!」
 男のすぐ背後には怪物どもが迫っている。
 篤史は男の言葉に慌ててドアのロックを確認した。だがそれはドアを開けるためではなかった。
 それは単純な事だった。篤史は単に男が車に入って来れないことを確認したのだった。
 とにかく怖かった。恐ろしかった。男もその後ろの気味の悪い連中も。
 男の哀願と絶望の入り混じった眼を振り切るように篤史はアクセルを目いっぱい踏みこんだ。
 「待ってくれ!お願いだ!」
 男が悲痛な声で叫んだが、それも一瞬だった。男の叫びは瞬く間に悲鳴と絶叫に変わっていた。
 バックミラーには凄惨な光景が映し出されていた。得体の知れないあいつらが男に群がっていた。
 それが男の全身に喰いついているのだと気づいた時、篤史は強烈な吐き気と目眩を感じた。
 あまりの光景にミラーから目が離せなかった。完全に釘付けになっていた。
 そして、篤史が気づいた時には車は曲がりきれずにマンションらしき建物に突っ込んでいた。

 
 


48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 11:44 ID:0BpCHdBG
旧スレを使い切れよ!!

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/07 15:02 ID:K9vIJjo2
15 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/05/02 21:40 ID:M5tpZQTk
あのさ


前スレ全部つかっとこうぜ


16 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:04/05/02 22:56 ID:g72cZiAQ
ageてまでいうことか?
490k過ぎてるし950レスオーバーもしてる。
つーかひろゆきが埋め立ては鯖に負荷かかるから止めれっていってんべ。

50 :王都座夢 ◆T6J3cL3e6. :04/05/08 13:14 ID:Xepm3XBQ
PIPさん、乙です。
シンシンと降る雪のように、とても静かに、そしてズシッと
重みのある恐怖が感じられる作品ですね。
どんな形でゾンビが出てくるのかも楽しみだけれど、
主人公と勝ち気な女の子の今後(ロマンス!?)も気になるところです。

>41さん?篤史さん?
初めまして。
いきなりメインデイッシュ!!って感じで、唐突に始まる
スピード感ある展開に、ドキドキしながら読ませて頂きました。
もう今にも食われてしまいそうな状況の主人公が、どんな活躍や
心の変化を魅せてくれるのか....続きが楽しみです。

前のスレの感想を書いていないのですが、新スレに入って
しまったのと、あまりにも時間が経ちすぎているので
失礼ながら感想を省略させて頂きますね。
済みませんです。
でもどの作品もとても面白く、改めて「ゾンビ小説」は
最高〜!!と思ってしまいました。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/09 19:59 ID:rZeeCr/D
巡査部長さんのファンです。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)